【お金の学校】金銭面の知識を短時間で|マネースクールでお金を学ぶ

同時礼と分離礼ービジネスシーンで使うお辞儀

最近になって知ったことの一つがビジネスマナーっていうんですか?ちゃんとしたあいさつの仕方です。

ビジネスシーンで使うお辞儀、大きく分けて2種類あることはご存知ですか?

一つは「同時礼」もう一つは「分離礼」です。

同時礼とは、言葉を発すると当時にお辞儀をするもの、分離礼は挨拶をしたあとにお辞儀をするものです。

同時礼は日常でよく使われますが、頭を下げながら挨拶するため相手に声や表情が伝わりにくいという欠点があります。

一方の分離礼は挨拶の言葉を発することとお辞儀をすることを一つずつ行うため、動作にメリハリが生まれ相手に丁寧な印象を与えます。

そのため接客業では分離礼が使われます。

明るい表情で挨拶をし、丁寧にお辞儀をする。それだけでもお客様に与える印象は格段に良くなります。

鏡を見ながら訓練すると良いらしいですよ。

さらに一段上のテクニックもあります。

お客様から離れた距離にいるときは分離礼を使い、まず声で自分に気付いて頂いてからお辞儀をします。

そしてお客様との距離が近づいたら再度、同時礼で挨拶をします。そうすることによってより礼儀正しく品のある印象を与えることができます。

こんなこと知っていましたか?わたしはOLさんですけど最近友達からきいてはじめて知りました(笑)。

まぁ事務職ですからそれほど必要ないのかもしれないですけど、こんなのあるならちゃんと教えてよ~と上司にいいたいです。

まぁそれだけうちの会社はアットホームで形にこだわらない気楽さが一つの魅力なんですけどね。

会社や上司との距離感が近いというのか、いつでも頼りにできそうな感じがわが社の売りです。

なので仕事が押している時とかはみんながワァーと協力して一気に仕上げるみたいな感じで、やりがいがあります。

そういうのが苦手という人もきっといるかとは思います。

でも自分にはあっているのでいい会社に就職できたなぁと思います。



同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。