【お金の学校】金銭面の知識を短時間で|マネースクールでお金を学ぶ

借金が返せなくなった時は?どこで相談すれば良いの?

キャッシングの契約手続きは大変スピーディにできるサービスなので、初めてであるからといって、難しい手続きがあるわけではありません。

気楽に使えるからこそ、貸し付けを受ける際には注意点などをまず確かめることが必要になります。

キャッシングをすることができても、借金の返済が滞ってしまうと遅延損害金が発生しますし、弁済が滞ってしまった事によって自分の信用を落としてしまいます。

しかも、また幾度となく延滞すると利用出来なくなってしまうのです。

借金が膨らみ過ぎて返済できなくなった場合、一人で悩むのではなく、専門家に相談するというのも一つの解決策です。

日本司法支援センター貸金業相談・紛争解決センター国民生活センターなどといった、多様な形の専門の窓口が在ります。

国民生活センターとは、国家の運営進行する独立の事業体で、多く積み重なった債務など生活の中での借金紛糾の相談に乗ってくれる場所です。

各々の都道府県に置かれた受付けでは其の分野の専門家が無料で相談に乗ってくれます。

どういった機関であれば自分が話し易いのかなど、自分の条件に合っている相談先を選ぶことも大切ですので、金融業者のトラブルが起きた場合は躊躇わないで相談に乗ってもらいましょう。

最近ではパソコンなどを使う事で手軽に資料を見る事ができるので、困ったことが発生してしまった際には自分だけで悩むことはせずにすぐに法律専門家に話を聞いてもらいましょう。

>金融庁ホームページの多重債務についての相談窓口

多重債務の解消におまとめローン

多重債務解消するというと自己破産などの悪いイメージがつきまとい、おまとめローンの利用を躊躇しがちです。

しかし、おまとめローンは弁護士や裁判官などが関わる自己破産などの“債務整理”とは全くの別物です。

おまとめローンは債務整理とは違って元本をきちんと返済するので業者に対して不義理ではありませんし、多重債務を解消しやすくするために、国がわざわざ総量規制の対象外にして推奨している制度です。

このため、多重債務を解消するならばおまとめローンは安心安全な制度となっています。

ローンの一本化と債務整理の違いは?

借金地獄の解決方法はいくつか考えられますが、ここでは一本化と債務整理の違いを紹介します。

借金を一本化するのと債務整理は全く異なるものです。

・借金の一本化

借金の一本化は、複数の借金を利息がより低いローンに借り換えて一纏めにするものであり、借金元本の減額はしません。

・債務整理

債務整理とは、借金が膨らみ過ぎて返済が難しくなった時に借金減額や免除の法的手続きをすることです。

債務整理の手続きとして挙げられるのが、大きく分けて『任意整理・民事再生・自己破産』の3種類となります。

債務整理は、借金元本を減らせるという大きなメリットがありますがデメリットもあります。

債務整理は個人信用情報機関に事故履歴が記録されるため、最低5年以上ローンを組めなくなります。

また、弁護士や司法書士に報酬を支払い対応してもらうなど、法律の専門家に頼る必要もあります。

ヤミ金には気を付けましょう

貼り紙やチラシ広告、ポストに投げ込まれる融資関連の広告には、ヤミ金によるものが多くなっています。

そのような広告には、「借入が多い方でも大丈夫!」「ブラックでも可能」などと言った言葉が書かれており、巧く乗せて誘うことが手口なのです。

借入しているお金を片付けたいがためにヤミ金融に一本化を依頼してしまうというケースもあるのですが、その行為は借金の上にさらに危険性を重ねるような行為です。

そのようなところで借金をしてしまう事がないように気を付けて下さい。

ヤミ金を利用してしまった時は?

万が一、法外な金利で営業しているヤミ金に首を突っ込んでしまったとしても、違法な業者ですから返済義務はありません。

かと言って、自宅の住所や勤務先などといった契約の際の個人情報を知られてしまう為、トラブルが生じてしまう可能性が有りますし、個人では対処しきれない時もあるでしょう。

そのようなトラブルが起きてしまった場合には、相談先として、警察や弁護士、司法書士、その他にも貸金業相談・紛争解決センターや消費者生活センターなどが挙げることが出来ます。

自分が相談しやすい専門家を見つけられるようにしましょう。



同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。