【お金の学校】金銭面の知識を短時間で|マネースクールでお金を学ぶ

無駄を省いて快適に過ごすには?

女性にとって毎月の生理用品代は負担です。

お腹が痛くなったり、気分が悪くなったりするだけでも嫌なのに、その上お金がかかるわけですから憂鬱に感じてしまう人も多いようです。

そんな時おすすめなのが布ナプキンです。

普通のナプキンのように使い捨てではなく、洗って繰り返し使うことができます。

家族が多かったり、子供がいる家庭は毎日洗濯機を回すのでそれほど負担にもなりません。

お風呂に入ったときに一度さっと洗い、あとは洗濯機にいれるだけで、毎月のナプキン代を節約できるすぐれものです。

環境にも優しく、節約にもなる布ナプキン、とてもオススメです。

無駄を省いたミニマム生活

一人暮らしを初めて10年が経ちますが、物の多さに困っていました。どこに何があるかも探すのが一苦労で、まさに物に支配されている感じでした。

取り合えず物がある充実感ではなく、間違いなく物に支配されているイライラ感でストレスを感じる毎日でした。

それを打破したきっかけは脱サラだと思います、無駄に気づいたんです。人間関係の無駄に。

人間関係を保つ為には見栄をはらなければならない、すると流行りの洋服を買って着飾ろうとする、付き合いで高価な料理屋で飯を食わされる、面白くもないのにスノボに付き合わされるなど、

その為には無駄な買い物をしなくてはならなくなり、物が増える、仕事を辞めて好きな絵を書いて生計を立てる暮らしをするようになってから、見栄を捨て物を捨て電話帳の無駄な人間関係を捨て、今私の周りにあるのは、小さなソファーとローテーブルとスマホだけです。

本当はもう少しありますが、理想はそんな感じです。

こんな生活に変わって身が軽くなったせいか、少し幸せ太りを経験し、腹の底から笑えるようにもなりました。

本当に1歩踏み出す決断の大切さを知りました。

リサイクルショプでの掘り出し物やお得な話!

私は良くリサイクルショップで買い物をします。

特に洋服関係は、新品もあり、結構品数豊富でかなり我が家も助かっています。何といっても中古なんだけども安いです。

中でも、服は100円台からあり、カバン靴、着物、この時期の浴衣なんてお高いじゃあないですか?

400円位からありわざわざ下駄から帯、着物、髪飾りまで揃えたら10000円は要ってしまうでしょう。

中古ショップなら3000円位で揃います。そうでなくても、夏の行事で物入りでしょう。

ですので、ひと夏なら中古でも大満足ですよ。

髪飾りも結構掘り出し物がありますので、たえずその頃お店を覗きに行くといいですよ。

いい商品はすぐ売れますから、一気に一度、まとめ買いするので、いいな、と思っているとすぐなくなります。

安く買うのでこれも賢い節約の術だと思います。

あと、節約でおすすめができるのは、新聞紙をゴミ袋代わりに使うと良い節約になります。

最近、スーパーなどでビニール袋の有料化が進み、エコバックを使うようになってから、ゴミ箱に入れるビニール袋をわざわざ購入して、それを利用していました。

ビニール袋の代わりに、古新聞を使って自分でゴミ袋を作って使うようになってからは、そのまま捨てることができるし、ゴミの中身が丸見えにならず、使い勝手もいいと思います。

テレビを見ながらでも作れるし、とても簡単にできます。

毎日たまっていく読み終わった新聞紙を活用することで、古新聞を古紙としてゴミに出す手間も省けるし、古新聞の置き場所にも困りません。



同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。