【お金の学校】金銭面の知識を短時間で|マネースクールでお金を学ぶ

保証人と連帯保証人の違いは?

融資を受ける時や家を借りる時に良く聞くのが「保証人」とか「連帯保証人」という言葉です。

よく似た言葉ですが、意味の違いを理解していないと困ることもでてくる重要なキーワードなのです。

ここではしっかり知っておきたいこの二つのキーワードの意味の違いについて考えていきます。

保証人という制度は民法つまり国の法律によって規定されているものです。

保証人に関する民法を少し噛み砕いて説明すると、保証人とは、主債務者(お金や不動産を借りた当人)が債務(借りたお金や家賃など)を履行しない時に、その履行を行う人(代わって支払う人)と規定されています。

では保証人と連帯保証人はどう違うのかというと、これも民法で規定されています。

大きな違いは、催告の抗弁権と検索の抗弁権があるかどうかという違いです。

保証人にはこの二つの権利が与えられていますが、連帯保証人はこの権利がありません。

ではこの二つの権利がなにかといえば、シンプルにいえば、支払いを求められた時に「まず借りた当人に請求して下さい」と述べて代わりに支払う事を差し止めることのできる権利のことです。

もちろん借りた当人(主債務者)に返すだけの支払い能力がない時には保証人は支払う義務があります。この権利がない連帯保証人は、いうなれば主債務者(借りた当人)と同じ責任を負う事になります。

つまり借りたお金や支払うべき家賃を、借りた当人と「連帯」して支払う義務を負う事になるので連帯保証人というのです。

ですから連帯保証人契約を結ぶ前に、主債務者(借りる人)は自分の財産や資産状況などを連帯保証人となる人にしっかりと説明する責任と義務があります。

また連帯保証人は自分が負う債務についてあらかじめしっかりと知っておく必要があります。

このことから分かるように保証人と連帯保証人の違いは一言でいえば、連帯保証人の方がより大きな義務を負う保証人ということができるでしょう。

現在は銀行からお金を借りる時や不動産物件の賃借、病院への入院時、奨学金の申請やアルバイト契約の際などに、連帯保証人が必要になるケースが多くあります。

しかし、ノンバンク系のカードローンなどでは保証人なしでお金を借りることができますし、不動産物件の賃借でも保証人なしで借りることのできる物件も増えてきています。

保証人を立てるとどれだけ大変なの?

一般的に保証人を立てようと思うとどんな下準備が必要になるのでしょうか。

まず、保証人となってくれる方の所にお願いに行かなければなりません。

恐らく家族の誰かや近しい親族や友人がそうした候補となるでしょうが、進んでなりたいという方は皆無と言ってもいいでしょう。

ですからお願いするだけでもかなりの労力が必要になります。

次にそうした方に書類に記入していただく必要があります。

その方の収入を証明する書類や状況によっては印鑑証明なども取得していただく必要があります。

代行して執筆したりサインすることはできませんので、書類の受け渡しなどが必要で時間が掛かることがわかりますよね。

こうした作業を行ったうえで審査を受けるので多くに日数が必要になるのです。



同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。