1日でファクタリング

ファクタリングを利用して1日で資金調達するなら?

キャッシュフローを改善するためや新規事業や設備購入のために資金調達する際は、事業者向けローンだけが選択肢ではありません。

事業者向けローンは、審査において会社の経営状態が影響するため利用できない可能性もあります。

しかし、ファクタリングという資金調達方法なら既に発生している売掛金を売却譲渡して代金を受け取るため、会社の経営状況を気にすることなく利用することができます。

また、審査もスピーディーに行われ、最短1日で資金調達できる可能性がありますので急いでいる経営者にオススメができます。

当ページでは、ファクタリングの特徴や1日で資金調達ができるファクタリング会社の詳細を解説していたいと思います。

ファクタリングの仕組み
 

ファクタリングのメリットは?

利用するメリット

ファクタリングは事業者向けローンと異なり、申し込んだその日のうちに審査が完了し、売掛金の買取代金を受け取ることもできます。

事業者向けローンの場合、貸金業者でも1週間ほど、銀行の場合では1~2ヶ月といった審査期間を必要とすることが多く、急いでいるときには不向きです。

しかし、ファクタリングは売掛金という資産を買い取るため、商品の売買と同じような仕組みになっています。

今ではインターネットからオンラインで申し込みから契約ができる会社も多く、キャッシュフローがショートしそうで直ぐに改善したいという時には有効な資金調達方法となっています。

赤字企業でも調達できる理由

銀行や貸金業者事業者向けローンは、赤字決算の場合では審査は非常に厳しく、一般的には契約は困難です。

また、税金滞納中の場合、融資審査では直近の支払状況も審査されるため、事業者向けローンで貸付を受けることができません。

しかし、ファクタリングは融資では無いため、赤字決算や税金滞納中でも資金調達を行うことができます。

売掛金は資産に該当するため、資産の売却により対価を得る方法です。

そのため、赤字決算や税金滞納中だからといって契約を断られることがありません。

必要書類や審査の注意事項

ファクタリング契約では、売掛金が発生している取引先の情報(取引契約者を含む)、売掛金を確認する請求書、定期的な取引が行われ入金がされていることを確認するために銀行口座の取引履歴が基本的には必要です。

これらの情報から、売掛先の信用度が審査され、売掛金の買取手数料や掛け目が設定されます。

また、2社間取引を利用する場合、自社の経営状況や信用度のチェックのため、決算書が2期分や登記簿謄本が基本的には必要になります。

これらは会社が存在していることを確認するだけでなく、ファクタリングにより資金繰りが改善されるかどうかのチェックも行われ、資金繰りの改善が見込めず、ファクタリングにより資金繰りがさらに悪化する場合は審査通過は厳しくなります。

また、税金や社会保険料を滞納している場合、各種納税証明書や社会保険料納入証明書が追加提出する必要があります。

ファクタリングは利用する会社の状況により、必要な書類が変わるため、申し込み手続き前に予め確認しておくことがおすすめです。

ファクタリングのTRY

企業が商品やサービスを提供した際の売掛金が実際に入金されるまでには時間を要することがあります。

このタイムラグを減らして素早い資金調達を可能にしているのが「ファクタリングのTRY」です。最短で1日で対応できるケースもあるので売掛金をなるべく早く受け取りたいという場合には便利なサービスです。

また手数料が低く設定されているというのも特徴で、最低限の費用で利用することができます。

2社間にも対応

ファクタリングは取引先に知られることでその後の取引に影響を与えてしまう可能性もあり、自社とファクタリング会社による2社間取引きにより、取引先に知られることなく資金調達を行なうことができます。

もちろんファクタリングのTRYでも、この2社間取引きに対応しており、依頼主の秘密を守りながら契約を行なうことが可能となっています。

さらに契約までの手続きがスピーディというのもメリットのひとつであり、法人、個人事業主を問わずネットから24時間いつでも申し込みができるほか、最短1日での売掛金の買取や初めて利用する方への相談にも応じています。

経営状態は審査に影響する?

資金不足で困っている時は事業融資を受ける事を検討するでしょう。

銀行などで事業融資を受ける事が出来ますが、経営状態に問題があったりすると審査が否決されてしまい融資を受ける事が出来なくなります。

しかしファクタリングのTRYはしっかり対応してくれます。

赤字決算や税金滞納の状態でも売掛金があれば資金調達をする事が出来ますので、会社の経営状態が不安な場合はファクタリングのTRYを利用するのがおすすめです。

株式会社オッティ

銀行などの金融機関が提供する事業者向けローンで融資を受ける場合、契約の際には担保や保証人が必要なケースが多く、それ故に貸し付けまでに手続きや審査に時間がかかってしまいがちで、速やかに資金調達をしたい場合に使いにくい側面があります。

一方で株式会社オッティの場合、電話で申し込みをすればスピーディに対応しますし、最短で1日で売掛金を現金化できるので急いでいる場合に大変便利です。

買取手数料が少ない

株式会社オッティの2社間ファクタリングは手数料の低さで定評があります。

一般的な2社間ファクタリングでは、買取手数料が15~20%の間になるケースは数多くあります。

ファクタリング会社も買取した売掛債権が回収困難となるリスクを考慮して、手数料を高く設定するのが一般的です。

しかし、株式会社オッティでは2社間ファクタリングでも買取手数料が5%からと設定されているため、他社に比べて手数料を抑えられる可能性があります。

売掛債権が発生している取引先の信用が高い、自社も一時的な資金調達のために利用するというケースであれば、手数料は業界最低水準で契約できる可能性もあり、資金調達のためにコストをかけるといった必要もなくなります。

バレてしまうリスクはないの?

事業者向けローから融資を受けた場合には、取引先に売掛金を担保に借り入れしたことがバレてしまうリスクがない一方で、ファクタリングは売掛金を利用して資金調達をしたことが取引先に通知されてしまうこともあるため利用しにくいと考える経営者は少なくありません。

しかし株式会社オッティは取引先に通知せずに現金化できる2社間取引にも対応しているため、安心して活用できます。プライバシーが気になる経営者でも安心して利用できるのです。

財務状況を向上させる可能性

金融機関の事業者向けローンから融資を受ける場合、財務諸表の上では負債が増えることとなるので、その後新しく銀行に融資を申し込んだ場合に審査を通過しにくくなってしまいます。

その点、株式会社オッティを利用した場合、売掛債権を現金化できるため、キャッシュ・フロー改善のメリットも得られます。

財務状況が改善することでそれまでは貸付けを受けにくかった金融機関からの融資も受けやすくなると考えられます。

資金調達プロ

会社の経営者や個人事業主がファクタリングで資金調達をする時は専門業者を利用することが多いですが、たくさんあるのでなかなか選べない場合もあるでしょう。

そのような時は最適なファクタリング業者を紹介してくれる資金調達プロがおすすめです。

提携業者数が1000社以上なのでホームページで必要項目を入力するとすぐに診断してくれます。

また早く資金調達をしたい、手数料を安く抑えたいなど明確な重視項目がある場合にもそのようなメリットがある資金調達プロを利用するのが向いています。

1日で資金調達が可能!

ファクタリングで人気の資金調達プロでは申し込みから審査を終え、売却益を受け取ることのできる期間がとても短いことが特徴として挙げられます。

一般的な金融会社ではこれらの工程をすべて完了させるためには最低でも数日はかかります。

ですが資金調達プロを使うことで最速で「1日で回答を受け取れる」可能性があり、即日もしくは数日以内に売却益を受け取ることができます。

資金調達プロの特徴は?

最短1日で調達が!

資金調達プロを使ったファクタリングなら最短で1日で経営資金を準備することも可能です。売掛債権の売却は融資よりもスピーディに取引できる事が多いため緊急事態に最適な方法です。

最大3億円までの契約が可能

最大3億円までの取引が一度にできるため、一気に現金を手元に集めることも可能です。契約までのプロセスはインターネットを通じて来店不要で行う事ができます。

新しい資金調達方法として注目

ファクタリングは経産省も実効性を認めた安全で有効な経営方法で急速にユーザー数が増えています。最短なら1日で対応もできる資金調達プロはその中でも実績豊富な大手の一つです。

最大で3億円までの資金調達が可能

資金調達プロで一度の取引で取り扱い可能な限度額は「3億円」となっており、これは数あるファクタリング会社の中でもトップクラスに大きく設定されていることになります。

この高い限度額設定により設備や事業による投資に幅広く対応することが可能になります。

この債権売却取引を利用するための申し込み方法も特別な事でもなく、WEBサイトからスムーズに申し込みが行えて幅広い債券を買い取ってもらう事ができる対応力に優れた業者です。

審査や現金化までのスピードが評判となっている資金調達プロは、限度額100万円~3億円まで対応しています。事業拡大や設備投資に充てる事業資金を直ぐにでも調達したいという場合、高額な売掛金が自社で取引先に発生していれば調達が可能です。高額な売掛金の買取でも最短1日~3日で現金化できるため、銀行や貸金業者からのように1週間や数ヶ月かかるということがありません。

無料診断で目安がわかる

資金調達プロを利用するメリットの一つ目は無料診断があるということです。この無料診断は公式ホームページから行うことができます。

いくつかの条件を入力するだけで瞬時にいくらくらい確保できるのかがわかります。

一般の会社では申し込みをしてみないとわからないようなことでも、資金調達プロならばネットの無料診断ですぐに判断できるのです。時間と労力をかけずにおおよその額がわかるというのはメリットです。

安心・強力な経営サポート

北海道から沖縄まで全国対応をしており、サポート体制が整っているのもメリットの1つです。ファクタリングを初めて行う経営者も当然いる中で、サポートしてくれるスタッフがちゃんと整備されていることはなによりも心強いことでしょう。

また、資金調達プロのサポートは売掛債権売却だけでなく、経営・財務整理、事業再生、さらにはM&A等までこなす経営コンサルティングの一面も持っています。

経営に関して悩んでいることがあれば、アドバイスを受けることのできるアドバイザーとしても協力をしてくれることでしょう。

業界トップクラスの提携事業者数

提携事業者数が1000社以上と同様のビジネススタイルを主としたサービスの中ではトップクラスの数を誇っています。

この数は、資金調達プロが業界内で信用を確保している証しであり、安心してサービスを使うことのできる証しです。

またこれだけ多くの提携会社があるということは、その時点で自分が最も必要とする債権売却先をタイミングよく探すことにも繋がります。

安心できるサービス環境下で自分にあった相手をじっくり探すことが出来るので、御社の大事な売掛債権を最も良い形で売却する点で役に立つに違いありません。

借りない資金調達方法

覚えておいてほしい大事なポイントをもう一度述べると、ファクタリングはあくまで貸し付けとは違うということです。キャッシュ(現金)を得るという意味では同じですが、そのための方法や理論が全く違います。

ファクタリングは売掛金を回収期日よりも前に他社に売却することによって、早期のキャッシュ化を実現するサービスです。そのため財務上負債が残る融資とは全く違います。

そして、資金調達プロでは安全にこの債権売却取引を利用することができるのです。中には手数料が相場よりも異常に高いファクタリング会社もありますが、多くの実績から証明されているようにここではそんなことはありません。

他社と比較した2つのメリットは?

資金調達プロで売掛金を現金化させることで流動的に手持ちの資産を活用する事ができるため、キャッシュがすぐにでも必要という時には有効な経済手段といえるでしょう。

そして、他社と比較して少なくとも2つのメリットがあります。

まずその一つとして利用することで売掛金を1日で現金化できる可能性があるという早さを持っている点です。

ファクタリング会社の中には審査対応は即日ではあるものの、契約手続きと入金まで最短でも1日かかることもあり、即日現金化に対応していないことがあります。

しかし、資金調達プロが提案するファクタリングでは、顧客の緊急性を最大限考慮してくれて、1日で現金化できるファクタリング会社を提案してくれます。

2つ目に資金調達に特化した事業だからこそ、御社に適合した複数の買い取り先を提案してくれる点にあります。

売掛金の特徴に応じて、買い取り先の得意不得意を考慮してくれますので多様な債権に対応することができ、その売掛債権を最も良い形で売却できる可能性がある買い取り先を紹介してくれるのです。

医療系債権や建築債権など事業内容に応じて発生する多種多様な債権をスムーズに売却したいならここです。

即日利用までの流れを解説

資金調達プロを利用して、売掛金を即日現金化する流れとして申し込みは無料診断から行うことができます。申し込みした条件から最適な提携するファクタリング業者を選出してくれます。

その後は、ファクタリング会社で売掛金の買取審査を受けて、契約手続きを行えば入金されるというのが大まかな流れになります。

買取審査はオンラインでも手続きだけでなく、その場で契約手続きも行える出張対応も可能になっています。

また、契約完了後は速やかに入金処理が行われ、1000万円から最大3億円を1日で現金化することができます。

安全と言える3つの根拠は?

資金調達プロのファクタリングは、1日で売掛金が現金化でき資産を流動化させることができます。そのため、資金繰りを改善する方法として人気があります。

しかも資金調達プロは安全性も高いものとなっています。そう言える3つの根拠があります。

1つ目は、徹底した情報管理により、2社間取引なら取引先へ通知を行わないことが徹底されています。そうすることで売掛金を譲渡したことが発覚し、その後の取引に影響することが防げます。

2つ目は、売掛金が発生している取引先が倒産もしくは支払不能となった場合でも、償還請求権なしとなり自社へ支払を請求される心配がありません。取引先が支払不能になるリスクも考慮し、売掛金を買取します。

3つ目は、資金調達プロがしっかりと調査した上で提携事業者を紹介してくれる点にあります。

ファクタリングの場合、インターネット上で検索すると大小さまざまな業者があり、その中には手数料が非常に高い中小業者も含まれています。

しかし、提携している業者はプロのスタッフが審査しているため、怪しい業者を選んでしまうといった心配がありません。まさに御社にとって必要かつ最適な会社を素早く選定してくれるんです。

2社間取引きが可能

できる限り秘密でファクタリングを行いたいと考えている法人や個人事業主に合わせて、2社間取引きを行っているのが資金調達プロです。

これによって審査を通過することができれば、秘密厳守の中で目的の資金調達が可能です。

法人や個人事業主の秘密をしっかりと守ってくれる部分も口コミで評価されている部分です。

個人事業主の利用は認められてますか?

資金調達プロでファクタリング業者を紹介してもらう際に気になるのが、個人事業主が利用できるか否かです。

答えは、“個人事業主でも利用できる”です。

しかも、ただ利用が認められているだけではありません。基本的に多くの業者では“最低利用額”が決められていて、最低利用額が数百万円~などというような個人事業主には額が高すぎて使用が難しい業者もあります。

しかし、資金調達プロは100万円~3億円という幅広い対応ができるので、個人事業主でも使いやすい最低利用額の低いファクタリング業者を紹介してもらえます。

事業資金エージェント

事業資金エージェントは、少額から最大で3億円まで対応しているので、個人事業主や法人の高額案件に安心して活用できます。

2社間取引と3社間取引がありますが、2社間取引を選べば取引先企業への連絡通知はないので売掛金を売買したことを知られることはなく、今まで通りの取引先企業との関係を維持することができます。

また、事業資金エージェントでは30万円の買い取り実績もあるので、小口の売掛金に対してもしっかりと対応してもらえます。

そして、500万円までならインターネットで全ての手続きを完結できるので、来店と対面審査という手間が省けます。

したがって、事業資金エージェントは利用用途が広範に及ぶものといえます。そのために、些細な金額が必要な際にも重用できるのです。

最短3時間後に入金

通常の銀行などの融資では、もし利用しようとする企業について審査をしようとする場合に、特段の事情があることによって審査が長期間にわたることも少なくありません。

そのうち、高額融資の場合であれば、万一の債務不履行を懸念して、審査が入念になされます。

そのために、通常の銀行などの融資は数週間程度の期間を要するのですが、事業資金エージェントであれば、最短で審査がなされた3時間後に入金をすることが可能となっているのです。

また、ホームページには24時間申し込みができるフォームが用意されているので、気軽にいつでも申し込みができます。

赤字決算や債務超過、銀行返済が滞っている場合などでも申込可能なので、最初から諦めるのではなく相談してみれば利用できることもあります。

クイックマネジメント

クイックマネジメントに売掛債権の買い取りをしてもらい資金調達を行う方法は、きっと誰もが想像するよりも難しくはありません。

申し込みはクイックマネジメントの公式サイトにある専用フォームに必要事項を入力して送信するだけです。

専用フォームに入力する内容も必須項目だけなら少ししかありません。

もちろん必須項目以外も入力しておけばその後の手続きや審査がスムーズになりますので、入力可能な項目については入力しておくことをおすすめします。

申し込みが終われば次は審査となりますが、銀行での融資とは査定判断内容が全く違いますので査定時間も少なくて済みます。

売掛債権の査定とともに、話がまとまれば契約へと進んでいきます。契約完了後、代金が口座へ振込まれます。

これにて資金調達完了となりますが、クイックマネジメントは申し込みから振込までが最短30分で行われます。

もし急に資金が必要になった場合、銀行の融資では間に合わない可能性が高いですが、クイックマネジメントであれば間に合うかも知れないのです。

24時間インターネットから申込みの受付をしていますので、お急ぎなら今スグ連絡をすることをオススメします。売掛債権の買い取りによりスムーズな資金調達が行われるはずです。

債務超過や滞納状態でも

クイックマネジメントの口コミをチェックすると『個人事業主や経営状態が悪化している企業の味方』であることがわかります。

税金の滞納状態や債務超過だと融資を受けるのはかなり難しくなります。

また個人事業主の場合も融資を受けるのは容易ではなく、銀行融資が上手くいかずに資金繰りで苦労してしまうことが少なくはありません。

でもクイックマネジメントは債務超過や税金を滞納している状態であっても、それだけで契約を断られたりはしません。

なぜなら審査で何より重視されるのは『売掛金の信用性』だからです。実績のある取引先との売掛金があるのなら、契約を行うのは難しいことではありませんよ。

信頼できる売掛金さえあれば大丈夫なおかげで「銀行融資を断られてしまい、途方に暮れていたのを救われた」という企業も多くあります。口コミでも評判のクイックマネジメントは、中小企業にとっての頼りになる存在です。

えんナビ

少額の買取にも対応し、買取金額の幅広さやスムーズな対応でバランスの良さを発揮している「えんナビ」も活用しやすいファクタリング会社のひとつです。

手数料は最低水準を維持しつつ、最短1日対応や2社間取引きによる秘密厳守も徹底されているので、小規模の法人や個人事業主でも利用しやすくなっています。

最低買取価格を30万円と低く設定することで間口を広げ、使いやすくしているのもポイントです。

安全な取引ができる理由

ファクタリングは売掛金を買い取ってもらう資金調達方法として近年注目されていますが、実際に利用する場合、もし売掛先が倒産したりして売掛金を回収できなくなった時にどうなるのかは気になる点ですよね。

えんナビはノンリコース契約となっていて、仮に売掛先が倒産などで支払いが不可となってしまった場合でもファクタリング後は支払いなどの責任は発生しないので安心して安全に取引する事ができます。

スムーズに利用するためには?

えんナビで円滑にファクタリングを行うには、各市区町村の窓口で発行請求が必要な印鑑証明書や、法務局本局・支局・出張所で取得できる商業登記簿謄本など用意するのに手間のかかる書類を事前準備しておくと円滑に手続きを行えます。

また、契約する際には「えんナビ営業スタッフ」に来てもらう事で契約する「出張サービス」を利用すると円滑に契約ができます。

(出張サービス以外にも、電話とメールで契約できる場合があります)

株式会社JTC

株式会社JTCは、最短1日で事業資金の調達もできますし、日本全国で対応しているので売掛金を現金化したい事業経営者から高い評価をえています。

しかし、クチコミで評判が高い理由は何処にあるのかとか、税金滞納していても契約可能なのか、銀行に貸し付けをしてくれない状況であっても本当に利用できるのかなど、知らない点も多いと思われますので、こちらで分かりやすく株式会社JTCについてお話させて頂きます。

資金調達スピードは?

株式会社JTCは融資実行までの速さに定評があり、売掛金さえあれば最短で1日で契約と実行を行うことができます。

また人によっては平日は身動きが取れずに契約が難しいという人もいるでしょう。

しかし株式会社JTCは土曜日や日曜日も受付から契約までの対応を行っていますし、利用者が遠方にいるという場合には全国に出張対応もしてくれます。対応が早い上に利用者のことを第一に考えた応対を行っているのです。

当然すでにお分かりの通り、銀行の企業向け貸付の場合、申込みをしてから実際にお金が振り込まれるまで、数日から数週間待たされることが一般的ですし、場合によっては1ヶ月以上待たされるということもあります。

しかし株式会社JTCであれば、先ほど記載した通り、最短1日で現金を渡してくれるので、急いで資金調達をしたい時に便利です。

税金滞納でも利用可能?

税金を滞納していれば、融資は概ね断られるのが通常です。しかし、ファクタリングは融資ではなく、売掛金の買取であっていわば資金調達の手段の一つなのです。

そのために、税金に未納があろうと関係なく資金調達を実現できるのです。

もちろん、税金を滞納していること自体はほめられたものではないですが、納付を先延ばしにしているなど、何らかの理由で納付の遅延に至っていることもありますよね。

そうした際には、ファクタリングを用いてみてはいかがでしょう。

株式会社JTCでは法人の利用に対応しているのはもちろん、個人事業主にも対応しており、少額の取引も扱っているので高い多様性を兼ね揃えていると考えられます。

取引額は100万円から受け付けているので、少額の取引であっても気兼ねなく相談ができますし、前払い入金システムを導入しているので、入金日を待たずに信頼かつ融通性ある取引を行うことができます。

株価への影響も減る

ファクタリングは、キャッシュフローの改善だけに留まりません。バランスシート(BL)すなわち貸借対照表上においても、売掛金が減少し、売上が増加します。その結果、上場している企業にとっては経営の不安定さにより株式が売買されてしまい、株価が下落するというリスクも避けられる可能性があります。

取引先に知られない?

株式会社JTCのファクタリングサービスは取引先に知られずに売掛金の売買ができるという大きなメリットがあります。

売掛金を現金化することで嫌な顔をする取引先もあるので、そのような意味でファクタリングサービスは多少のリスクがあるのですが、株式会社JTCなら安全に取引ができるのです。

また同社は情報セキュリティ管理の国際規格の取得もしているので、問題なく大切な情報の開示を行うことができます。

また、株式会社JTCでのファクタリングに関して、申請した企業には審査がなされませんので、融資が困難とされる企業であっても資金調達できる可能性がまだ残されているといえるのです。

また、仮に貸付けが可決されたにしても、希望通りの借入金額に至らないこともあるかと思われます。そのような貸し付けにおけるデメリット面をカバーしているのです。

入金前払いシステム

株式会社JTCの入金前払いシステムを利用すれば、入金日を待たずに、売掛金を現金化することができます。

申し込みから最短1日での入金や、高額の資金調達も行なっており、業界最高水準の買取実績を誇っています。

取引先に入金前払いシステムの利用を知られたくない場合も秘密で取引きができ、その際、株式会社JTCから取引先へは連絡せずに審査からお支払いまで使用することができます。

任せて安心の実績豊富な会社

株式会社JTCは実績も豊富な会社ですので、これまで売掛債権の売却を行ったことがないという企業の方でも安心して任せることができるはずです。ファクタリングは現在急速に拡大中ですが、くちこみなどでも投稿数が多い株式会社JTCのような実績ある会社を選ぶことが、早くて安全な取引を行う面で不可欠です。

申込時に記入することは?

情報セキュリティの国際規格も取得しているので、情報管理の面でも安心です。

申し込み・問い合わせをしたい場合は、メールで連絡を取ると時間もかからず便利です。やり方は簡単です。

まずは株式会社JTCのHPを開きます。HPを開くと、下の方に、お申し込み・お問い合わせというメールフォームがあります。

そこに会社名や事業形態、代表者名、連絡先、問い合わせたい内容などをいくつか記載し、送信すれば問い合わせ完了です。

このとき、返信方法を電話かメールで選べます。問い合わせは短時間で済むので、迷っているときは1度、メールしてみると良いと思います。

事前に無料査定をしてみよう

調達額がその場でわかる無料査定も実施しています。既に、他のファクタリング企業を利用している方も、見積もりだけでも良いので、検討してみてはいかがでしょうか。

できればなるべく費用をかけずに資金調達したいと考えているのならば、他社との相見積もりをしても良いと思います。

無料査定ならば費用も抑えられますし、業界トップクラスの好条件がどのようなものなのか、自分で確かめて納得の上で利用するのが賢い資金調達なのだと思います。

口コミでは速さが注目されています

ファクタリングに関する口コミ投稿で多いのが、やはりその速さに対する驚きです。融資とは審査項目が全く異なるため驚くほどの速さで取引が成立して現金化することができるのです。株式会社JTCもそうした速さに定評のある業者の一つです。来店不要で行えるため全国どこからでも申し込みを行うことができますよ!

多くの企業が利用可能

口コミを見ても分かるように株式会社JTCを利用している企業は多岐にわたります。

そこで見えてくる一つの特徴は、これまでであれば融資や経営の再生を諦めていたであろう事業者の方の利用が増えている事です。

先ほども少し述べたように、赤字決済となった企業や税金を滞納しているという状況であっても、良質な売掛債権をもっているなら取引が可能なケースもあるのです。

そうした事業者の方がクチコミを見て株式会社JTCにネットで申し込みを行い売却に成功したという事例がいくつも報告されているのです。

ですから今まで以上に多くの方がファクタリングという新たな方法を活用して経営の再生に成功しているという事が分かるでしょう。

契約に必要なものは有効な売掛債権ですので、会社の経営状況は最重要項目ではありませんのでまずは勇気をもって申請を行うことが重要です。



同ジャンル・関連ページ