ビートレーディングのファクタリングを解説

急な受注のために手元資金が不足という事態は、事業をしているとよく発生します。

こういった場合にファクタリング会社が売掛金を買い取ることで売上げを先に資金化することができてキャッシュフローを改善させることができます。

資金調達の流れがスムーズになれば事業の拡大はスムーズに進んでいくことになります。

ファクタリングは本来であれば時間のかかる自己資本比率の向上をお手伝いをしてくれるのです。

このようなメリットがあるため、素早く資金調達をしたい時にはファクタリングを検討してみるのも方法の一つです。

緊急時にはファクタリングは最適な方法となり得ます。

ビートレーディングは、最短即日で売掛債権の買取をしてくれるのでノンバンク系を含めたどのタイプのビジネスローンなどよりも早く現金を得ることが可能となります。

そして、買取金額30万~最大3億円で一気に買取が可能など超大型の利用もできます。

当ページでは、その仕組みや実際の現金化までのプロセス、必要な書類などを書いていきますので、申込前に参考にしてみて下さい。

ビートレーディングのファクタリングの特徴3つ

最短即日で現金化!

ビートレーディングでは、ネットで申し込んで最短即日売掛金を現金化することができます。貸し付けとは異なるためこの速さでの契約ができる可能性があります。

 
手数料が低い!

ファクタリング取引では貸付のように利息を払う事はありません。その代わりに契約の際に手数料を支払いますが、ビートレーディングは2社間取引で約10~20%、3社間取引で約5~9%となっているため安心して使えます。

 
厳しい経営状況でも可能性がある

赤字決算や税金滞納など銀行取引が難しい状況でもファクタリングなら利用の可能性が十分にあります。ですので、過去の経営に自信がない経営者の方も気楽に申込をすることができます。

バランスの良さで定評がある!

最短即日で売掛金を現金化できるファクタリング会社として、ビートレーディングも定評があります。

現金化のスピード、手数料の低さ、そして対応する金額範囲が30万から最大3億円と小口で資金調達したい経営者にも大口で資金調達したい方にも、どちらにも対応可能となっています。

少額の買取に対応しない会社が多い中で、ビートレーディングは30万から対応しているため、少額の取引が多く100万円に達しない売掛金を現金化して運転資金に充てたいという時に強い味方になります。

また、幅広い業種に対応し、販売業や製造業だけでなく、建設業や運送業そして医療業にも対応した会社です。

売掛金が取り扱い専門外だと断られる心配もありません。

審査にかかる所要時間は?

ビートレーディングは審査もスピーディで、最短1日で申し込みから売掛金の買取までを行った実績も多くあり、「審査の所要時間が少ないファクタリング会社はどこ?」とお探しの方におすすめ出来る場所です。

具体的な審査にかかる所要時間については、資料を提出してから最短30分以内に回答が可能となっています。

そして、資金調達までは『最短で申し込みから入金まで1日』と書かれていることからビートレーディングなら契約まで短時間で済む期待は大です。

ファクタリングだからスピードが早い

事業資金を借金で調達しようと考えている経営者にとって、資金調達が完了するまでの時間は不安になります。

銀行の場合では融資審査から契約そして融資実行までに1~2ヶ月を要したり、貸金業者の場合は1週間前後かかることも少なくはありません。

しかし、ファクタリングは会社資産の売却譲渡となり、売掛金の査定は売掛先の信用度により行われます。

融資審査のように審査が長期時間かかることがなく、最短当日もしくは1日で現金化を行うことが可能です。

オンライン対応で、遠方から申し込んだ場合でも出張対応、メールやFAXでの書類提出や契約手続きも行えるため、地方の会社でも短期間で運転資金を調達することが期待できます。

審査通過率は?

売掛金を売る場所としてビートレーディングがおすすめな理由の1つは、『審査通過率98%』のファクタリング会社だということです。

銀行融資やビジネスローンなどで融資を断られた場合でも、この会社なら受け付けてくれる可能性がありますので、相談してみるのがおすすめです。

月の契約数が約400件と実績があるビートレーディングですから、状況に合わせて対応してくれ赤字決算や税金滞納時でも利用できる可能性があります。

来店は必要?

ビートレーディングなら審査の為に来店する必要はなく、契約も出張対応してくれますので「地方企業にとっては利用しにくい」なんてことならずに安心です。

ビートレーディングは東京都港区に本社を構え、仙台・大阪・福岡に営業所を持ちます。

ですので、お近くの企業であれば来店しての面談や契約手続きも容易なのですが地方企業となればそうもいきません。

大切な仕事を休んで遠くまで来社することになっては大きな負担になってしまいますよね。

このファクタリング会社は『全国対応・出張可能』となっていますから、都合の良い日を選んでビートレーディング側から訪問してもらって契約の手続きを行うことが出来るのです。

これなら負担に感じることはほとんどないはずですよね。

全国どこからでもネットを使って申し込みが行なえますし、出張対応もしてもらえますので仙台・大阪・福岡・東京から遠く離れていても心配せずに問い合わせを行ってみてください。

無料で行える「見積もり・診断」

ビートレーディングには、申し込み前の項目に無料で行える「見積もり」や「ファクタリング診断」が行えるサービスが存在します。

診断は、「調達希望日」や「業種」、「翌月の売掛金」、「希望の融資額」などを記入すると最適なサービスを診断してくれるというものです。

診断を行うためにはこれらの金額を事前に把握しておかなくてはなりません。

調達額の査定は申し込み前時点で行うため、WEB上であればモバイル機器からでも行えますし、入力項目は少ないので希望の融資額と売掛金さえ把握していれば入力は容易です。

買取対応している売掛債権は?

24時間365日の受付対応や即日現金化で評価の高いビートレーディングですが、買取対応している売掛債権は売掛先が法人であればどのような債権(業種)でも対応可能となっています。

どんな売掛金でも売掛先が法人であれば利用でき、商取引で発生する売掛金のほか、建設業債権、診療債権にも対応しています。

建設費業債権に対応している点においては、工事完成前にキャッシュフローがショートしそうで速やかに運転資金を調達したいという際には強い味方になってくれます。

また、ビートレーディングでは2社間取引はもちろん、3社間取引も行っています。

取引先に利用通知が送られることがない

ビートレーディングは「2社間取引も可能」ですので売掛金の売却取引を利用したことを取引先に伝えられることはありません。

このシステムにより自社の評判を落とすことなくキャッシュの準備を行う事が出来ますし、売掛債権を売ったという経営側にとってのマイナスイメージを外部に通知することはありません。

ビートレーディングは「秘密厳守」を掲げており、限度額3億円の高額取引可能なファクタリングに加えて、利用通知を送られないという安全性を考えると利便性の高さはトップクラスです。

資金調達までの4ステップって?

ファクタリングで資金調達を行う際には4つのステップがあります。

まず一番は、初めに買い取ってもらう為の取引先への売掛金の発行が必要です。

次にファクタリング会社(ここでいうとビートレーディングですね)に請求金額を先払いしてもらいます。この時点でスムーズな資金調達が可能です。

ステップの3つめとして取引先からの売掛金の入金となります。

最後のステップとして入金された売掛金をファクタリング会社に支払いをして総ての取引が終了する流れとなっています。

必要な書類や審査の注意事項

いざ審査を受けようとするときに求められる書類が3つあります。

まず、ビートレーディングが用意した申込書となります。

さらに、成因証書(注文書・請求書など)、これで本当に債権があるのかどうかのチェックをします。

さらには今まで取引があったのかどうかのチェックのために通帳のコピーも必要になります。

そして、契約に必要となる書類は、登記簿謄本と印鑑証明書であり、身分証などとなります。

注意点としては原本はキチンと手元に置いてコピーを提出することです。

買取手数料は?

ビートレーディングは、ネット評判も高いものとなっています。

特に審査により決定する2社間取引きでの手数料が10%から20%程度と上限がちゃんとあるため、『業界最低水準』という別の他社で申し込んだ場合のように表示されている手数料と大幅な乖離があるという心配がありません。

また、2社間取引きでの契約の場合、掛け目や買取手数料だけでなく債権譲渡登記の費用が別途かかることもあります。

しかし、ビートレーディングでは買取手数料に債権譲渡登記の費用も含んだものとなるため、コストを抑えて資金調達を行うことができます。

売掛金があれば経営状況は関係ない?

通常、資金調達を行う際にはできるだけ早く現金化しておきたいものですが、ファクタリングであれば、例え赤字決算や税金滞納時でも売掛金さえ上がっていれば当日現金調達といったことも可能になってくるのです。

売掛金を売却するので借入金とは違って返済の必要性がないところや銀行に利用していることがわからないということも嬉しい側面となっています。

銀行融資を断られた際にも可能性としてファクタリングを抑えておくことで安心に繋がります。

担保なしでいける!

ファクタリングのメリットの一つが基本的に担保や保証人が必要ないという事です。なぜなら債権の売買ですのでそうした保証が不要だからです。抵当権の設定が難しい経営者の方などには特におすすめです。そうした保証が不要ですので準備すべき書類も少なくて済むという特徴もあります。ですから当日中に取引を行う事もできるんです。

財務改善という副産物

ビートレーディングで即日資金調達をした経営者の方の中には、資金調達以外のメリットも発生しており財務改善を図ることができたと報告されている方も少なからずいます。

ファクタリングは債券取引の一つですので、融資とは全く異なります。

それでこの方法で調達したとしてもバランスシートが悪化したり負債が増える事は一切ありません。

むしろ負債になることなく手元資金が潤沢になるため、財務状況を改善させることが可能です。

手にしたキャッシュは自由に用いることができますので、債務の返還に充てたり、滞納していた他の支払いに充てる事でバランスシートの向上に役立ちます。

低い手数料でこうした取引を行ってくれますので、御社の持つ大事な売掛債権を良い形で活用するのにきっと役立つはずです。

個人事業主も利用できる?

ビートレーディングは、法人だけでなく個人事業主にも対応してくれる業者として高い人気を集めています。

ビートレーディングでは、徹底した秘密厳守を掲げており、個人事業主が不安とする、取引先へ知られるリスクも非常に低いというメリットがあります。

取引先に売掛金を売却譲渡したことが発覚し、会社経営に対する不信感により取引を断られるといった心配がありません。

また、売掛金の買取で心配となる買取手数料も低く設定されており、資金調達により経営を圧迫するといった心配がないという点でオススメです。

ビジネスローンや銀行融資と違う点は?

ファクタリングがビジネスローンや銀行からの融資と違う点は、借入金ではないということです。

売掛金に対する請求金額の先払いなので売上げがあれば資金調達が可能になるのです。

ファクタリング会社独自の審査方法が採用されているのでビジネスローンよりもスピーディーに審査が進んでいきます。

また審査のポイントは取引先の信用度にあるのでビジネスローンと違って赤字でも資金調達は可能ですし、銀行の融資が断られていても利用できるのです。

違いをしっかり見極める!

ファクタリングとビジネスローンの違いをしっかりと見極めれば適した資金調達方法が見えてきます。株式会社として経営を行っておられるならどちらも基本的には利用可能です。ファクタリングは売掛金を持っていることが一つの条件ですが、融資に比べるとスピーディーで経営状態に左右されにくいというメリットがあります。



同ジャンル・関連ページ