カードローン本日中

カードローンで本日中に融資をしてもらう時は!

本日中にカードローンで融資をしてもらいたい場合は、短時間で審査から契約まで運べるカードローンが相応しいですよね。

でも、カードローンを利用するのがはじめての場合、「何処が最短で借金ができるのか?」、「カード発行までにかかる時間がどれくらいか?」など、次から次へと疑問点が出てくると思います。

なので、今回はスピーディに契約まで運べるカードローンや、その申込方法、審査のポイント、メリットやデメリット、また必要となる書類などを分かりやすく説明していきたいと思います。

中には本日中に利用できない商品もありますし、融資の時間帯も場所によって違ってきますので、必ずWEBサイトで最終チェックをするようにしてください。

本日中の借入も可能なカードローン

スピードに定評あります!

CMなどでよく聞く大手カードローンの多くは銀行と提携しており安心して使えます。さらに最短60分で契約までできますので本日中に現金を必要としている方にぴったりです。

 
振込でも本日中!

自分の口座の残高がピンチという時には土日でも振込対応をしてくれて本日中に補充してくれる最大手カードローンを活用してください。24時間365日いつでも最短10秒入金という早さの業者もあります。

 
早さを生み出すネット申込!

大手カードローンで本日中の利用の可能性が高くなったのはインターネットによる申し込みが大きなポイントです。お店に行く必要がないため時間を大きく短縮することができます。またそれにより誰にも会わずにできるという安心感もあります。

本日中の即効融資を狙うなら!

 銀行系カードローンが最近のおススメ候補です。なぜなら本日中に借入可能なほど素早い対応をしてくれるだけでなく低利で利用方法も分かりやすいなどメリットが多いからです。もちろんその中でも大手金融会社と呼ばれるような安心して使える場所を選ぶことも大切です。

申し込む前に準備しておくことは?

申し込む前に準備しておかなければならない点として大切なのが返済計画を立てておく事です。

返済シミュレーションを活用すれば返済スケジュールを確認することができますので計画的な使用には欠かすことのできないサービスの一つです。

そして、次に大切になるのが申し込みに必要な書類をそろえておくことです。

申し込み必要書類は契約上絶対に必要なものですので無ければ当日振込は難しくなります。

通常は運転免許証などの身分証明書類があれば十分ですが、キャッシング会社によって必要書類は異なりますのでこの点も事前に確認しておきましょう。

さて、こうした事前の準備や調査が済んだならばいよいよ申し込みです。

インターネット申し込みの場合、申込ページから必要情報を記入していきます。

必要情報として記述するのは貴方の年齢や住所氏名、職業や勤務形態、他社からの借入の有無などです。

この際に絶対に嘘をつかないことが重要です。

キャッシング会社はいわば審査のプロですので嘘は容易にバレてしまいます。

そして嘘がバレると契約は極めて困難になると考えるのが妥当です。

また、嘘がバレると家族に知られてしまう可能性もあるので、内緒で当日振込をしてもらいたい場合は誠実な対応を心がけるようにしてくださいね。

来店不要でキャッシングできる業者は?

当日中に来店不要でキャッシングできる業者から借りたいと考えている場合、審査時間は気になる部分ですよね。

審査時間については各会社のホームページに概要が記載されているので申込時にチェックしておくと良いでしょう。

ここでも主なキャッシング会社の審査・融資時間を下記で記載しますので参考してください。

カードローンで申込手続きを行うポイントとして、就業形態、勤務年数など正確な情報を提供することが重要になります。

少しでも偽った情報を提供すると審査時間も長くなりますし、バレてしまいますので正確な情報を提供しておくことは重視されます。

また、審査時間は会社によっても相違があるので、急いで貸金業などを選ぶ際は、なるべく自分自身が知っているような知名度が高い消費者金融を選ぶようにすると良いでしょう。

有名な消費者金融ならサービスや融資スピードが充実しており、インターネットで速く資金の振り込みに対応してくれるはずです。

プロミス アコム SMBCモビット
審査時間 最短30分 最短30分 最短30分
融資時間 最短1時間 最短1時間 最短本日中
限度額 ~500万円 ~800万円 ~800万円
実質年率 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%

プロミスは審査時間や融資時間が早い!

プロミスの即日融資

プロミスでは審査にわずか最短30分しか要せず、借り入れに至るまでは最短1時間程度で完了するので、本日中にお金を借りたい方にはピッタリの商品となっております。

そのほかの業者であっても手続は迅速ではあるものの、最短で1時間で融資に至るのはプロミスともう1社のみです。

融資の迅速性という観点からすれば、ありとあらゆる金融機関のなかでは群を抜いて早いのです。

また、担保や保証人を要しないばかりでなく、来店すら要しないために便利であるばかりでなく、これが功を奏し審査を迅速にしているといえるでしょう。

主婦でも夫、家族に内緒で貸付してもらえる!

プロミスで誰でもばれないように借りる方法

レディースプロミスの特徴は、電話で応対するオペレーターが女性であることです。これ以外では特に変わりはありません。

通常のプロミスであっても女性が対応することが多いのですが、レディースプロミスではいずれの対応についても女性が行っているのです。

主婦が借入をするに際して、家族に内緒で実行できるかと問われれば可能です。夫に了承を得なければ貸付不可能ということはありません。

レディースプロミスでは、例外なく女性が対応してくれますから家族に内緒で借り入れしたいというのであれば、この点について相談を持ちかけやすいといえます。

印鑑や保証人や担保は不要に融資が!

プロミスでは、来店を要しないのですが、WEB上での本日中の融資に際しては、平日の午後2時までの手続を完了させ契約した上で、午後2時50分までに振込依頼を行っておきましょう。そうすると当日融資が可能となります。

ただ、三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関では、24時間365日随時振込可能なのです。必要書類については、本人確認が可能となる免許証などが該当します。

上記で述べたとおり、担保や保証人を準備する必要性はありませんし、印鑑も必要ありません。

カードレスの契約が可能

カードレスのカードローンを探す場合プロミスが便利です

。やはりキャッシングカードを作るにあたって不安な部分とすれば、両親や身内や友人などにキャッシングしていることがばれることだと思います。

でも、プロミスでは、WEBから申し込み、契約を全てWEB上でやることで、カードレスで契約書や利用明細書が自宅に郵送されることがなくなりますので、周りの方にばれることはなくなります。

プロミスはとても便利なキャッシングカードを発行しているので、持っておいても損はないと思います。

プロミスなら速攻

カードレスサービスもあるプロミスは、土日も審査を行っているため、休日などに急いで貸し入れしたい時にも最速審査で契約ができます。振込サービスの早さには定評がありますので、カードローン業界の中でも最速で利用できる場所として認知されています。他の面でのサービスも充実しており、トータルで一番おすすめできるサービスです。

アコムは本日中に発行できるカードローン!

アコムの即日融資

金融会社の中で大人気のアコムは、本日中に発行できるカードローンとして昔から注目をされています。

即効融資を希望される方も最短で1時間で借入が可能となりますので、緊急事態でどうしても資金が欲しい方にピッタリの金融会社となっています。

SMBCモビット

モビットで即日融資

SMBCモビットは最短で本日中に融資をしてもらうことができる老舗のカードローンです。実質年率はアコムと同様、3.0%~18.0%となっています。

そして、SMBCモビットはバレないようにお金を借りる時の配慮が優れていますので、両親、親戚、知人、彼氏や彼女に借入れしていることを秘密にしておきたい方にオススメできます。(お申込みの時間帯によって、本日中の融資ができない場合があります。)

プロミスとアコムとSMBCモビットの魅力は?

上記でプロミス、アコム、SMBCモビットについて、記載しましたが、安全にお得にお金を借りる女性の方にこの3社はかなりオススメができるカードローンです。

この3社共通のメリットとして、来店不要、担保や保証人不要(もちろん連帯保証人も)また、年会費なども無料、コンビニなどのATMで本日中に融資、返済などができるなど、長期的に利用し続けることができる有名で良心的なカードローンとなります。

無利息期間が長いサービスを利用!

お得な消費者金融選びなら無利息サービスに注目して比較することをおすすめします。最近話題になっているのは一定期間無利息になるサービスです。

なぜこのサービスに注目して比較するのがいいのかというと、他のサービスに比べて各社で違いがハッキリとあるからです。

例えば金利で比較してみると大手の上限金利は0.2%程度の違いしかありません。

しかし無利息サービスを見てみると、このサービスを行っていない会社もあれば、「30日間無料」「完済後なら何度でも7日間無利息」など違いがかなりあるのです。

もちろん他にも比較できるポイントはありますが、支払う利息に直結したこのサービスに注目すればお得な会社が浮かび上がってくるのです。

もちろん単純に無利息期間が長いサービスが良いというわけではありません。貴方の借入にあったサービスを選ぶことが大切なポイントです。

また無利息期間が同じであれば他のポイントで比較することも必要になってきます。

いずれにしても無利息サービスがこれまで以上に魅力的な金融商品にした事は間違いありませんので、うまく活用して貴方も金利ゼロでお得に借りれるローンを利用してください。

プロミスは個人事業主でも資金調達が!

個人事業主が運営費を工面するためにプロミスを利用される方もいらっしゃいますよね。

プロミスのフリーキャッシングは、利用限度額が最大500万円と銀行カードローンと遜色がありません。

また、適用金利は審査により決まるため、返済総額が抑えられる可能性もあります。

ですが、50万円を超える契約や他社借入と合わせ100万円を超える場合、個人事業主、個人の方関係なく所得証明書類の提出が必要です。

所得証明として提出できるものは、最新の源泉徴収票や確定申告書、給与明細(直近2ヶ月分と1年分の賞与明細)のいずれかになります。

手元にこれらの書類がなく、必要最小限運営費などのローンを組む場合は、申し込みする際には希望額を50万円を超えないようにするのがポイントです。

郵送もカード発行もなしでも!

プロミスではカードの発行なしで借り入れができるので、カードの有無によってキャッシング利用がばれることはありません。

なので、個人事業主などの方が内緒でローンを組む時に便利と言えます。

プロミスから送られてくる郵送物もWEB申し込み時に自宅に届かないように設定可能となりますし、WEBアクセスが可能な環境であれば証明書類も写真で送信するだけで審査を受けられるので便利に活用ができると思われます。

中小企業の高額貸付けに最適なカードローン会社は?

高額対応のカードローン

融資の上限の目安

個人向けのローン 500万円~800万円前後
プロミス・アコム・SMBCモビットなど
ビジネスローン 1000万円~1億円前後
アクトウィル・アイフルビジネスファイナンス株式会社など
不動産担保ローン 100万円~3億円前後
住信SBIネット銀行・楽天銀行不動産担保ローンなど
ファクタリング 5000万円~3億円前後
資金調達プロ・ファクタリングのTRYなど

上の表に掲載されているのはあくまでも目安の限度額ですので、正確な金額を把握したい場合、公式ホームページで確認してくださいね。

急いで小額を借入したい、短期間で返済することを考慮されている方には消費者金融系が向いているでしょう。

最近はIT系キャッシングなども人気があります。大手が扱う事業ローンはネット上でお手続きができ、カード発行もないので指定した銀行口座へ振込するなど素早く対応してくれます。

人手を使わずにお手続きが完結するのでスピード対応です。忙しい方、事業のための高額なお金をすぐに準備したい中小企業には向いているともいえます。

運営費は急ぎで必要になるでしょう。そういう時に運営費用ローンが利用できると一時的に助かりますし、計画的な返済計画も立てるとよいです。

どの金融機関を選べば良い?

個人事業主や法人企業の方が資金調達をする場合、銀行から事業融資を受ける際には1ヶ月から3ヶ月といった期間を要します。

結果、必要な資金が得られず資金繰りが悪化し、事業の継続が困難になるケースもありますし、売り上げがあっても売掛金の回収が遅れ、黒字倒産することもあります。

個人事業主なら審査・契約、そして融資実行までの期間が最短本日中と短いため、大手消費者金融のビジネスローンを利用するのがおすすめです。

銀行のカードローンは事業に利用出来ないといって制約がありますが、ビジネスローンなら事業性資金に利用でき、カードローンのように繰り返し利用できるものもあります。

一方、売掛金がある法人企業であれば、ファクタリングにより金融機関からの融資より高額な資金を調達することが可能です。

また、売買に掛かる費用は手数料のみとなり、利息の支払が経営を圧迫するリスクを回避出来ます。

本日中に利用できるケースがある?

ビジネスローン即日融資

法人企業や個人事業主にとって、急な経営環境の変化により、運転資金が必要になることがあります。

取引先からの受注が激減、災害により事業停止や受注停止という場合でも、最短で本日中~翌日には必要な資金を調達出来る環境が整っています。

貸金業者であれば、当日中に審査と契約手続きを済ませ、銀行口座へ融資を受けることも可能です。

中には、審査時間は最短30分という業者もあり、審査に必要な書類がそろっていれば、急な融資にも対応が可能です。

また、ファクタリングによる売掛金の売買も申し込みの最短翌日で資金調達ができ、ファクタリング会社の担当者が自社へ来訪して面談や審査を受けることが可能です。

融資時間 実質年率 WEB申込
アイフルビジネスファイナンス株式会社 最短本日中 3.1%~18.0%
アクトウィル 最短本日中 7.50%~15.00%
MRF 最短3日 15.00%以内
オージェイ 最短本日中 8.50%~15.0%
デイリーキャッシング 5.2%~14.5%
TRYフィナンシャルサービス 6.8%~12.65%

中小企業の運営費の貸付けは!?

ビジネスローンを利用してでも、どうしても資金が必要で急いで貸付けを受けたいとご検討されている中小企業の方は多くいらっしゃいます。

貸付けというと個人向けのイメージがありますが貸付け額も少ないので運営費の準備には不十分かなと感じてらっしゃるかもしれません。

ビジネスローンは運営費として使うことができるので、資金が足りない中小企業の方はご利用を検討されても良いかもしれません。

銀行や信用金庫は審査時間がかなり書類提出など必要になり手続きに時間がかかります。

また振込額によっては保証人や担保が必要になることがあるので素早い対応を期待される場合には匹敵しないかもしれません。

有名な消費者金融でしたらスピード対応なので本日中の振込も大半は可能です。

ですが銀行と比べると金利が高いのでその点も認識した上で手続きを行うべきです。

お金が必要になった時に即座に対応するビジネスローンは魅力的なので中小企業の運営費の準備に活用している方も多いです。

緊急事態にはココが一番!

 高額借入だけでなく素早く審査もできるようなビジネス貸付けなら、ネット申し込みに対応したタイプが今の一番人気です。全国どこからでも夜間や土日でも申し込めるため、地方で開業しておられる中小企業の方などにもよく利用されています。無担保・無保証タイプも手軽でスピーディーで人気です。

法人融資は速さで選ぶ!

短時間で審査が終わる法人ローン!

法人ローンは公的融資などと比較すると断然スピードが速いのが特徴です。大手の信頼できる場所を選べば『最短本日中』で審査が完了するので緊急融資にピッタリです。

担保や保証人が原則不要の手軽さ!

大手では担保や連帯保証人が原則不要で契約できる場所も多いので、準備の時間もそれほどかからず手軽に申込ができます。来店不要で24時間WEBからのアクセスが可能です。(※代表者の連帯保証が必要となるケースがあります)

個人事業者の利用も可能!

法人ローンでは個人事業者にも門戸を開いている場所が増えています。また便利なキャッシングカードを発行してくれる所もあり、契約後はコンビニなどの提携ATMを利用できます。

来店不要で借りれる!

中小企業の運営費調達に対応をしている老舗の事業資金ローンは来店不要で借り入れをすることができてとても便利です。

そのメリットはさまざまありますがいくつか取り上げてみたいと思います。

第1に来店不要でも借りることができることです。資金のことですから直接、窓口に行って借りたい人も多いと思います。

しかしこんなときもあります。例えば、仕事が忙しくお店に行っている時間がないけれどそれでも現金を借りなければいけない。

事業資金ローンが来店不要で借り入れできるメリットがここで発揮されます。会社や自宅にいながら借りれることはとても便利だと実感できます。

第2に無利息で借りれるケースもあります。これは特別で業者にもよります。ある一定期間、はじめて借りる人に向けて無利息というキャンペーンを行っているところもあります。

このように来店不要だったり、ケースにもよりますが無利息で借りれるサービスもあるので便利です!

運営費を借りる時は低い利子で!

中小企業が運営費を借りる時も低い利子の借入が可能の事業資金ローンを選ぶと先々を考えてお得ですよね。

しかし、中小企業によっては事業ローンというと急いでいる場合は小口借入のイメージが強いかもしれませんが、事業者専用の貸金業者もありスピーディーな高額の借り入れも可能ですし、ネットで契約をされてカード発行をされると使いやすいので最近は特に運営費として利用する中小企業経営者の方が増えています。

事業ローンを資金として用いる何よりのメリットは「借り入れまでのスピードの速さ」です。

必要な書類を揃えておきさえすれば最短で本日中に貸し付けをしてくれる事も少なくないので資金繰りに困った時には何より頼りになる存在です。

そして銀行に近い低金利な事業者向けも増えてきたので金利負担が少ない事も中小企業の運営費として用いられている理由です。

では運営費としての活用を考えて、どのように業者を選べばよいでしょうか。

事業者向け消費者金融といっても様々なタイプがありますので、まずは御社が借入先に一番望むことが何かを考えてみてください。

「すぐに貸してほしい」、「高額貸付けをしてほしい」「借入れまでに時間が多少かかっても低金利で借りたい」など希望条件を明確にする必要があります。

条件が明確になれば希望の借入先が見つかるでしょう。

担保はなしで良い?

近年のビジネスローンの多くは、一般向けのカードローンの仕組みを取り入れているので借り入れの自由度が非常に高くなっています。

あらかじめ審査で決められた限度額内であればいくらでも借り入れができるようになっています。

何度でも繰り返し利用できるので、法人の方が急場をしのぐ以外にも様々な使い方が可能です。

また事業目的であれば比較的利用制限が緩いのも一つの魅力です。

それとビジネスローンを扱う会社は『担保が必要なし』ということで、融資スピードの早さは銀行に比べ桁違いに早いことが最大の魅力です。

使い道を指定せずに自由に使うことができるというのもメリットで、融資された資金は最寄りのコンビニのATMでキャッシングすることが可能です。

もちろん保証人、連帯保証人、担保等は会社によって有無が異なる点もあるかもしれませんので、しっかり確認しておきましょう。

保証
アイフルビジネスファイナンス株式会社 原則不要(※法人の場合は代表者の原則連帯保証が必要となります。)
アクトウィル 原則第三者保証人不要
オージェイ 原則不要(※法人の場合は代表者の原則連帯保証が必要となります。)
MRF 連帯保証人原則不要(※法人の場合は代表者の連帯保証が必要な場合があります。)
デイリーキャッシング 原則不要

キャッシング、ビジネスローンなどを使い分ける!

中小企業の方が運営費を借入できるところをお探しの場合、アイフルビジネスファイナンス株式会社、ビジネスパートナーなどのビジネスローンなどもありますし、ファクタリング事業も多々ありますので、選ぶ時に困難になる事もありますよね。

当然事業を進捗させるに際しては、資金の確保が肝要です。その資金調達方法は、個人事業主と法人とでは、共通しているものもあるのですが、大まかにいうと適しているものに差異がある傾向があります。

それというのも個人事業主の場合であれば、プロミスやアコムのようなキャッシングが適しており、法人の場合であれば、ビジネスローンやファクタリング会社での資金調達が適しています。

運営費のローンを組む時に、法人になるか個人事業主に留まるかの目安としては、概括的に述べれば、売上見込みが1000万円程度あるかどうかで判断するとよいとされています。

メリットやデメリットを確認する!

会社の運営費が必要になった場合に、事業資金ローンで借り入れする経営者の方も多いですよね。

キャッシングの利用は、ある程度の慣れが必要なものなので、初めての人が利用する場合は慎重に行動しなければなりません。

たとえば、信頼できる業者を探すために時間をかけることが大切です。

安易に申し込んでしまうと、返済をする段階になって苦労することが多いです。

さまざまな業者がキャッシングカードを発行しているので、まずはそれぞれの特徴、メリット、デメリットをきちんと確認しなければなりません。

上手に業者を利用している人は、メリットを有効に活用しています。

逆に、失敗しやすい人はデメリットを把握しきれていないことが多いです。貸金業というと不安の大きなものというイメージがありますが、適切な業者で申し込むようにすれば安心できるものなのです。

運営費等の大変な手続きが分かりやすいかどうか、金利が低いかどうか、来店不要かどうか、などを確認することがポイントです。

週末に50万円必要の個人事業主は!

個人事業主の方も週末に急遽50万円程度の経営資金が必要になることってありますよね。

でも週末は金融関係の窓口は休みだし、と困ってしまうことはないでしょうか。

消費者金融なら、うれしいことに土日祝日など週末でも契約が可能な業者が多いのです。

経営資金以外に急いで50万円が必要、といった時には消費者金融のキャッシングはオススメです。

週末だって事情は待ってくれないですからね。安定した収入が見込める方であれば借入は可能です。

パソコンかスマホからWEBで申込みをしまして、審査結果を電話かメールで受け取るところまでを済ませてから、自動契約機まで出向いてカードを発行するのがよいでしょう。

これですと審査の待ち時間なくスピーディーにその場でカードで借入が可能です。

とは言いましても審査に思ったよりも時間がかかったり、審査や自動契約機の週末の営業時間は店舗によって異なりますから、時間を確認して業者を選ぶのがよいでしょう

また通常50万円以下の借入ですと収入証明書の提出の必要はないのですが、個人事業主の方は提出を求められることがあります。

もっと大きな金額を借入したい場合でしたら事業ローンを活用するのがよいでしょう。大手消費者金融では事業者向けの商品を扱っていることが多くあります。

このように突然の出費に備えて低利子で借りる方法等も併せて知っておけば安心できますね。

大規模な案件があっても安心!

大手の事業資金ローンを利用すれば最大1000万円など高額な借り入れ可能ですので、大規模な案件に対しても活用することが出来ますよ。

一般向けの商品では禁止されている『事業性資金』としての利用が、事業資金ローンであれば可能です。

給与の支払いや備品の購入などに使えるのですが、申込み先としておすすめなのは借入限度額の高い大手です。

ビジネスでは『設備の購入や取引先への支払い』など、大きなお金が必要になる場合もあります。

そんな時に借り入れで乗り切ろうとしても限度額が低くては不足してしまうかも知れません。

でも『最大1000万円』など上限が高額な大手であれば、大規模な案件でも利用できる期待が持てます。

「そこまでは必要ない」と今は思っていても、いざという時が来るかも知れませんし限度額が高いことで何かデメリットがあるわけでもありませんので、限度額の高い大手をおすすめします。

事業者向けの銀行系ローンで!

中小企業の経営者が急いで運営費を借りる手段のひとつに銀行系ローンがあります。申し込みした当日あるいは翌日に貸し付けが可能な事から利用者は増えています。

銀行系の特徴は、先にも述べた様に迅速性が高いという事以外にも、使用用途は自由だったり担保や保証人の設定が不要といった事が挙げられます。

又、最近ではwebからの申し込みも可能で、パソコンやスマートホンなどからも利用する事が出来ます。

これまでは、店頭に出向いてたり、自動契約機から申し込みするといった方法が主流でした。

しかし人目が気になったり、日中は仕事などで忙しくて出向く事が出来ないことなどで、利用をためらうケースは多かったです。

しかし、webサービスの普及により自宅からでも出先からでも、24時間申し込みする事が出来る様になった事で、先に述べた悩みを解消する事が出来ます。

キャッシングサービスは銀行や貸金業など多くの金融機関で利用する事が可能となっています。

特に金融業者では、はじめて運営費等に利用される経営者には、一定期間無利息で利用出来るといったお得なサービスを展開しているところもありますので便利です。

手数料無料の会社で!

 お金を貸し入れするのであれば、当然お金を貸してもらう際の手数料が高かったら返済時の利息と重なるので、その分も損をしてしまいますよね。でも今は手数料無料で借り入れできる運営費用ローンも存在します。また、一定期間内ならゼロ金利で振込をしてくれる事業資金ローンもおすすめができます。

アイフルビジネスファイナンス株式会社は知名度がナンバーワン

中小企業の方が運営費を調達する場合、大手で借りるのが貸付け条件面でも利便性でも優位なのですが、特に業界最大手の一社であるアイフルビジネスファイナンス株式会社は個人事業主から法人の中小企業経営者まであらゆる人におすすめできます。

同社は10万以上の口座契約実績がありますし、ネット申し込みにも対応しているので日本全国から契約・利用ができます。

来店不要で申し込みができるので忙しい中小企業経営者でも利用しやすいですし、担保や連帯保証人も原則不要なので低負担でサービス利用ができます。

実質年率・限度額は?

アイフルビジネスファイナンス株式会社は大手消費者金融のアイフルの系列会社ですので知名度が高いという良さに加えて、『実質年率3.10%~18.0%』と低金利のビジネスローンを利用したい時にオススメができます。

そのアイフルビジネスファイナンス株式会社は日本全国オンラインでの利用ができますし、年会費や保証料なども無料となっているので、お得に使い続ける事も可能です。

また、アイフルビジネスファイナンス株式会社は総量規制の対象外となっており、最大で1000万円まで融資が可能となっていますので、高額の資金融資を希望される法人にピッタリです。

スピーディに借りる事が!

大手で借りる場合、サービスに利用者が多いことから申し込みから貸付け実行まで時間がかかってしまうケースが有り、急いでいる際に利用しにくい面があります。

しかしアイフルビジネスファイナンス株式会社の事業性融資サービスはネットで24時間365日申し込みができますし、契約に必要な書類の提出もメールやFAXで済ませることができるので申し込みから契約までを最短で本日中に速やかにできます。

また契約後は電話で手続きをすれば振込での借入もできるので非常に便利です。

お申し込みから貸付けまで4ステップ!

アイフルビジネスファイナンス株式会社は緊急事態に対応していて限度額も高額なので運営費を工面したい中小企業や個人事業主の方におすすめしたい金融会社です。

そのアイフルビジネスファイナンス株式会社は、中小企業の方が運営費が足りないときなどに借り入れするカードローンですので、突発的なトラブル時等々、いざという時にとても助かります。

申し込みの手順としては、まずインターネットから申し込みしてから、仮審査が行われます。

その後担当者より、仮審査の結果連絡があります。それから必要書類を提出し、本審査にて貸付けが可能かの判断が行われます。

そこで無事に審査に通れば、カードを発行して借入額を決めていくことになります。

アイフルビジネスファイナンス株式会社はいつでも利用ができる!

大手で運営費を借りる場合、様々な提携金融機関のATMから必要に応じていつでも借り入れができるため、急に事業性資金が必要となった中小企業の方に非常にピッタリなのですが、アイフルビジネスファイナンス株式会社のカードローンも全国の提携金融機関のATMで利用できるので緊急時に重宝します。

アイフルビジネスファイナンス株式会社のカードが利用できるATMはセブン銀行ATMや東京スター銀行のATM、アイフルの提携ATMなど多岐にわたるので日本中で必要な時に借り入れができるのです。

中小企業にも人気!

アイフルビジネスファイナンス株式会社が中小企業の方におすすめの理由として、多くの実績を積み重ねているのが関係しています。

中小企業に対しても一定額の貸付けをしており、運営費として活用することで、困難な状況を乗り越える事ができています。

これからお金を借りることを考えている中小企業にとって、心強い存在になっているのがアイフルビジネスファイナンス株式会社です。

トラブルやアクシデントが少ないのも信頼に繋がっており、安心感を与えられるようにしています。

低金利で高額対応

アイフルビジネスファイナンス株式会社は、中小企業の運営費の貸付けに強い会社です。

限度額は初めてのアイフルビジネスファイナンス株式会社の利用時は上限500万円ですが、それ以降は限度額50万から1000万円になります。

ビジネスローンの中では高額なので、中小企業で資金の調達に陥ったときには、アイフルビジネスファイナンス株式会社を検討することをおすすめします。



同ジャンル・関連ページ