現金化当日

当日で現金化できるファクタリング会社を徹底比較!

今は現金化まで掛かる期間が申込日の最短当日というファクタリング会社も多く、税金滞納で支払期限が迫っている場合でも利用が出来ます。

銀行の場合、申し込みから1ヶ月から3ヶ月、貸金業者のビジネスローンでも最短約1週間ほど融資実行までに期間を要するため、支払期日が迫る費用の支払に間に合わない可能性が生じてしまいます。

ですが、最短当日ほどで現金化が出来ることで、税金滞納による資産の差し押さえ、支払遅延による取引先との関係悪化も回避することが出来ます。

赤字決算や税金滞納時でも利用できる

経営状況が悪い時でも利用できる?

銀行や貸金業者から融資を受ける場合、赤字決算や税金の滞納があると融資を受けることが困難になります。

しかし、ファクタリングは売掛金つまり資産を売却するため、融資にならず、赤字決算や税金滞納は影響しません。

2社間、3社間取引きとは?

ファクタリングでの売掛金を売却譲渡して現金化する場合、2社間取引き、3社間取引きのどちらが選択できるのか取引基本契約書から確認するのがポイントです。

取引先との契約に売掛金の譲渡に関する禁止事項が無く、相談も可能であれば、3社間を使用する方が手数料も少なくて済みます。

3社間取引きの仕組み

また、ファクタリング会社への入金も取引先が行うため、自社での会計処理や入金処理の手間が無くまります。

一方、売却譲渡について禁止事項が設けられている場合、2社間となり、手数料が割高になり、自社での会計処理の手間も掛かることからどちらが使用出来るのか事前に確認するのがポイントです。

2社間取引きの仕組み

契約に必要な書類や審査の注意事項

ファクタリングを使用する際、売掛金が発生し、請求書を発行していることが最も重要ですが、売買譲渡契約を行う際には取引先との取引基本契約書が必要になります。

取引基本契約書には、売掛金の売買譲渡を禁止する項目も設けられていることがあり、ファクタリング会社への売却が禁止事項に抵触しないかのチェックが必要です。

また、売掛金の査定のため、取引先との取引履歴を準備する必要があり、特に過去に支払遅延が無かったかどうかに注意する必要があります。

取引先からの入金が遅れることが多い場合、契約が出来ない、もしくは買取額が低くなってしまいます。

その他、契約をする際には、金融機関からの融資同様に決算書の提出や会社説明などの書類、預金口座の取引履歴も必要になるため、資金調達を急いでいる際は速やかに準備する必要があります。

当日に現金化が可能なファクタリング会社は?

当日に現金化を可能にする場合、ファクタリングのTRY、オッティ、クイックマネジメントなどが評価を高めているスピーディなファクタリングですよね。

どこも審査開始までの時間が短く、手数料も低めの設定なので、資金調達を素早く可能にする経営者から高い評価を得ています。

もちろん、選ぶ視点は早さだけを見るのではなく、全体を見る必要があります。特にホームページ内は必ず確認してから申し込みをしましょう。

・ どれくらい現金化ができるかを確認!
・ 赤字、税金滞納時でも大丈夫なのかを確認!
・ 調達までの時間を確認する!
・ 2社間でも契約ができるかを確認!

ファクタリングのTRY

ネットの口コミで事業資金の調達スピードで評判となっているのが、ファクタリングのTRYです。

ファクタリングのTRYは、設立が2018年2月と創業から間もないものの、24時間365日体制の電話受付を行うなど、数日のうちに事業資金を調達したいという際に強い味方になります。

また、必要書類も様々なケースを考慮し対応してくれるため、請求書があり債権が確定しているもの取引基本契約を締結していないからといって、買取対象外とすぐに断られることがありません。

24時間365日対応なので利用のしやすさで評判!

ネット口コミでも評判のファクタリングのTRYは、24時間365日対応、状況に応じた柔軟な審査対応、そして少額の売掛金の現金化にも対応しているとして評価されています。

急に資金調達を行う必要が生じたものの、夜間遅く翌日の営業開始まで待つ時間が勿体ないという場合は、24時間365日対応のホットラインは資金調達までの時間を短縮するのに役立っています。

また、柔軟な審査対応としてはお役所仕事のように書類が揃っていなければダメということではなく、売掛金の発生していることを重視し取引実態を考慮した柔軟さがあります。

また、個人事業主など100万円以下の取引となるケースが多く、100万円以上からの業者を利用することができません。

しかし、ファクタリングのTRYは10万円から対応しており、法人企業との取引なら買取に対応しています。

支払に数万円だけ足りないという場合、無駄に買取を依頼することがなく、利益減少を避けることもできます。

審査までの時間は?

売掛金のスピード審査と現金化でネット口コミでも評判となっているファクタリングのTRYは、申し込みから審査、買取契約そして入金まで最短当日で対応しています。

申し込みを午前中に行い、午後一番で必要書類の提出を行えば、15時までの入金も可能です。

銀行からの入金手続きはネットバンキングに対応していない場合、都市銀行から地方銀行への振込は14時40分や14時50分までに済ませる必要があります。

しかし、ファクタリングのTRYなら15時に着金確認ができるように対応してくれます。

2社間で取引ができるので評判!

ファクタリングのTRYは、口コミでも内密取引ができ安心できると口コミでも評判です。

2社間取引きを専門とし、情報管理にも徹底しています。

取引先に売掛債権を支払期日前に現金化していることを知られることなく、会社の信用低下により取引停止や受注を減らされるといった心配がありません。

自社とファクタリングのTRY間で内密の取引を行い、取引先には連絡することがないため自社内の情報管理を徹底することでリスク管理もできます。

資金調達プロ

資金調達プロを利用して売掛債権売却を行えば、迅速に資金が調達可能になります。

資金調達プロは売掛債権売却を行いたいと思いついた事業主様にとってオススメのファクタリング会社紹介サイトです。

ここには1000社を超える提携事業者が登録してあり、理想とするファクタリング会社を時間も労力もかけずに見つけることが可能なんです。

このサイトの利用方法はとても容易です。

サイト上にある無料診断のフォームに社名などの入力を行い送信するだけ。これだけで相談申し込みが完了します。

申し込み直後に使用ができるかどうかの診断結果も出ますので、売掛債権の売却が行えるか不安を感じている事業者様にとっても助かりますね。

手元に売掛債権を幾ら抱えていてもそれだけでは事業資金と呼ぶことは出来ませんが、資金調達プロを利用して売掛債権売却を行えばスグに事業資金へと変わります。

迅速に手続きが行われますので、当日での現金化もこのサイトを使用すれば不可能ではありません。

会社の経営状態を悪化する要因にもなり得た売掛金ですが、ファクタリング会社に買い取って貰える様になれば融資を受ける以上に頼りになる存在となります。

ファクタリング会社と一口に言っても、それぞれ違いがあり求める条件を満たさない会社であっては資金繰りの改善にあまり効果が無いかも知れません。

でも最適な会社を紹介してくれる資金調達プロならそんな心配は無用です。それぞれの会社にあった最適な方法で迅速に資金調達が行えます。

急に現金が必要になった時に

売掛金を金融機関で現金化しようとする場合、審査などのために数日間待たされることは珍しくないですし、経営が厳しい場合待たされている場合に経営が詰まってしまうということはよくあります。資金調達プロであれば売掛金さえあれば、最短で当日融資に対応しているので、急に現金が必要になったと時に非常に役立ちます。

当日利用までの流れを解説

資金調達プロではWEB上から手続きを行えるので、24時間全国どこからでも申し込みをすることが出来ます。

まずは公式ホームページを開いて専用ページに飛ぶと、10秒でできる無料の簡易診断を行うことが出来ます。

そこで希望する金額やおおよその翌月、翌々月の売掛金額などを入力フォームに入力していきます。

選択方式なので初めて利用する人でも迷わず簡易診断を受けられて便利です。

その後、資金調達可能という結果であればそのまま登録から必要書類の提出へと進むといった流れです。

もし当日中に利用したい場合は、混雑状況や銀行の営業時間なども加味してできるだけ早い時間帯に申し込むことが大切になります。

個人事業主の利用は認められてる?

資金調達プロはたくさんのファクタリング会社の中から自分にあった会社を選ぶことのできるファクタリング紹介サービスですので、個人事業主であっても問題なく活用することが出来ます

公式サイトでは10秒でできる簡単無料診断というものが行えるようになっており、その際に希望金額や売掛額などを入力する欄と一緒に、種別で「法人」と「個人事業主」とを選べるようになっております。

そこで「個人事業主」を選んで診断することで、個人事業主でも使用できる会社を探すことが出来ます。

安全と言える3つの根拠は?

当日中の現金化もできる資金調達プロは3つの点から安全に利用が出来ます。

まずは売掛金があれば利用ができるということです。

通常のローンとは異なる方式での資金調達なので現状赤字などの場合でも売掛金があれば利用は出来ます。

2つ目は融資ではないので負債にはならないため、会社の信用情報にも影響しないという点です。

3つ目はファクタリングで一番ネックになってくる売掛先への影響です。

これも資金調達プロでは2社間取引が可能なので、売掛先に影響することなく使うことが令和でもできるのです。

店舗改装費の補充にも

資金調達プロを通して現金化したお金の使い道はビジネス目的であれば自由なので店舗改装費にも当然利用が出来ます。

ファクタリングでの資金調達は融資ではありません。売掛金を買い取って貰う方式ですから、買い取りが完了すれば返済などを考える必要はありません。

国も認める健全な資金調達方法であるファクタリングを使用してスムーズな現金化を行えば、店舗改装費はもちろん設備の買い替えなどお店の環境を改善することが出来ます。

だたファクタリング会社というのも実は国内に幾つもあるんです。その中でどこを選ぶかがとても重要。だけど、どこを選んでい良いかわからない。

みなさんがそうですが、資金調達プロを利用すればその悩みは一気に解決します。なぜならこのサイトはファクタリング会社の紹介を専門としているからです。

資金調達プロは売掛金を現金にしたい経営者様とファクタリング会社の間を取り持ってくれるサイトです。

顧客が満足してくれる相手を紹介しなくては、このサイトも信用を得ることが出来ません。ですからキッチリと希望に合う会社の紹介を行ってくれます。

経営者様の希望を叶えてくれる業者を選ぶことができれば、行いたいと思っていても準備することが難しかった店舗改装費をスムーズに手にすることが出来ます。

自分のお店の為と大切なお客様の為に、得た資金でお店を生まれ変わらせてあげてはどでしょうか?

事業資金エージェント

事業資金エージェントは、今すぐお金を借りたい、経営者の方に早く事業資金を調達できると定評があります。

売掛金を現金化することによって資金調達ができるので、「売掛金はあるのに手元に現金がないから困った」というときにもオススメです。

最短で当日現金化も可能で、資金調達を急いでいる経営者の方に人気があります。

利用可能額は、100万円単位から3億円までと幅広いニーズに対応しているのも魅力的です。

急いでいる場合にも素早く対応してくれるから、早く事業資金を調達したい経営者の方にオススメです。

どうしてここまで早いの?

事業資金エージェントがどうしてここまで早く事業資金を貸し付けすることが出来るのかというと、ファクタリングという事業資金調達方法を取り入れているからです。

ファクタリングとは、お客様が保有する「売掛金」を事業資金エージェントが買い取り、その売掛債権の現金化までを行う売買方法です。

通常は、売掛金は売掛先の支払期限まで現金化できませんが、ファクタリングなら、通常の支払期限より早く現金化することができるので、今すぐ資金を借りたい経営者の方にオススメなのです。

担保・保証人不要なので安心

借金とは異なっており、事業資金エージェントが実施するファクタリングの人気理由として、担保や保証人が不要になっております。

事情によって担保や保証人が確保できない方に対し、少しでも事業資金調達を行えるようにしています。

また売掛先倒産が発生した時、支払いする義務がないのも魅力の一つです。リスクを最小限に抑えられており、速やかに調達することが令和でもできるのです。

更に事業資金エージェントは、売掛金を素早く現金化できるので、女性経営者や個人事業主から高い人気を誇っています。

ファクタリング東京

ファクタリング東京のメリットはスピード審査という点です。そもそも企業がファクタリングを利用する理由は売掛金を回収期日前に現金化したいからです。

仮に審査で1週間、2週間とかかってしまうのであれば意味がありません。

その点でファクタリング東京はスピード感を大切にしており、場合によっては当日で現金化してくれます。

それを可能にしているのが独自の審査ですので、安心して受けることができます。

赤字決済、債務超過でも利用できる?

最後に取り上げるメリットは赤字決済や債務超過していても利用できるということです。仮に赤字決済や債務超過している企業が銀行などから融資してもらおうととしても、ほとんどの場合それは実現しません。

そうした場合、企業はますますキャッシュフローが悪化し、せっかく仕事を受注しても資金がなくできないという悪循環に陥ってしまいます。

しかし、ファクタリング東京の場合にはたとえ赤字決算でも売掛金を買い取ってくれます。なぜなら、信用情報機関の情報を用いないで審査するからです。

買い取り対応金額は?

ファクタリング東京では利用する方の実情に適した対応を可能としています。

個人事業主の方にも最適な小額から1億円までの買い取り金額に対応してくれます。

また、銀行や金融機関に融資を断られた方、キャッシュフローに余裕のない方、資金不足で仕入れに支障をきたしている方、決算の数字が赤字になってしまっている方、創業1年未満の方、ベンチャー企業の方なども独自の審査によって活用することが出来ます。

事業資金エージェント

売掛金を買取してもらう事によって融資よりも短期間で資金調達を行うことが可能ですが、さらに事業資金エージェントの場合は契約完了後は最短当日で買取実行がされるので速さを求めている時には最適な場所と言えます。

申込はインターネットから24時間365日いつでも行なえ、審査前に行われる面談も来店が難しい場合にはスタッフが出向いてくれますし、必要な時間も1時間ほどで済みスピーディーです。

早くて便利な場所をお探しの企業や事業者にはおすすめです。

事業資金エージェントのメリット!

最短当日の速さが支持されている

ファクタリングは融資に比べると契約までの時間が圧倒的に短いと言われていますが、事業資金エージェントなら最短当日で現金化を可能にしています。ですから緊急事態にこそ一番に使いたいサービスです。

手数料の低さが話題に

ファクタリングの際に必要になる手数料の低さは業者選びの一つのポイントです。事業資金エージェントは数ある業者の中でも手数料の低さが話題になっています。最低1.5%からの業界最低水準ですので安心して利用できます。

手間がかからない事にも注目

事業資金エージェントなら、来店不要で申し込みができるだけでなく保証人や担保も全く必要ありません。ですから利用される経営者の方が準備するものが圧倒的に少なくて済むのです。シンプルで合理的に資金調達したいなら最適な場所です。

審査の目安はどれくらい?

オンライン審査の目安時間は1時間に設定されているので、スピーディーな審査を実現しているのが事業資金エージェントです。

審査時間が短くても問題なくファクタリングを行えるのか判断しています。

そして問題無かった場合は、相応の金額を最短当日で現金化してもらうことが可能です。

買取可能な額が最大3億円と大きいので、事業拡大など大きな目的にも利用可能です。

全てオンライン上で完結

事業資金エージェントは対面審査を実施していなくて、全国対応しているのが大きな特徴です。

全てオンライン上で完結することができるので、わざわざ所定の場所に行く必要はありません。

そして審査に問題なかった場合は、一定額を最短当日中にファクタリングによって現金化できます。

秘密を保持して使える?

売掛金を売りたい企業と買取先の間のみで行う『2社間取引』が、事業資金エージェントでは利用可能です。

申込企業と買取先、売掛金の相手先企業の3社間で契約を行う3社間取引とは違い、売掛金の相手先企業に知られること無く現金化を行うことが出来ますので、「売掛金売買によって取引先からの信用を落としてしまうか不安・買取契約で迷惑をかけたくない」などの悩みを解消することが出来ます。

もちろん申込みや審査時に伝えることになる情報に関する秘密保持も、しっかりと行われます。

担保・保証人不要で準備が少ない

事業資金エージェントでファクタリングを行う際には担保も保証人も不要ですので、多くの企業が準備にかける手間も少なく利用することが出来ます。

決算書や確定申告書など業績を確認する為の書類や印鑑証明書など、どこで売掛金買取を行う際にも提出を求められる書類の準備は必要にはなりますが、担保や保証人というのは用意をするだけでも大変であり、保証人へ迷惑をかけるのではという不安も付きまとってしまうことになります。

それらが一切不要となれば手間が減るだけでなく安心感も高くなりますね。

税金滞納や保険料滞納でも可能性がある?

税金の滞納や保険料の滞納を行っている状況だと、一般的には金融機関から新規の融資を受けるのは難しくなりますが、事業資金エージェントならば利用出来る可能性が十分にあります。

なぜなら売掛金の現金化の際に重要視されるのは、売掛金そのものの信頼性、つまりその支払いを行う相手先企業の信頼性だからです。

ですので買取の申込みを行った企業が赤字決算など経営状況が芳しくないとしても、買取が実行出来る可能性はあります。

つまり融資を断られてしまった企業様の資金繰り先としても、とても頼りになる場所ということです。

女性経営者でも使える?

男性の経営者なら資金不足に悩んでいる時にすぐに業者を利用して対応する事が多いですが、女性の場合は借金をするのをすごく嫌うので融資という形に抵抗が出て今います。

その影響で悩みをなかなか解決する事が出来ないでいる女性経営者も少なくありません。

しかし事業資金エージェントはファクタリング業者なので売掛金で資金調達する事が出来ます。

融資という形ではないので女性経営者でも安心して利用する事が出来ます。

売掛先が倒産してしまった時は?

事業資金エージェントでは、買い取って貰った売掛金の相手先企業が万が一倒産してしまったとしても返済を求められることがありませんので安心して利用することが出来ます。

買取が完了した後の売掛金に対して責任を持ち続ける必要がないということで、社員に対しての給料の支払いや設備投資など必要な時に現金化したお金を使いやすくなりますよね。

他社からの乗り換え利用も

事業資金エージェントは他社の乗り換えに対しても柔軟に対応しており、無事に手続きを完了することができた法人や個人事業主にファクタリングを行っています。

乗り換え利用だからといって、審査が著しく厳しくなったり、手数料が一気に高くなるということは一切ありません。

株式会社JTC

株式会社JTCでは、入金前払いシステムにより最短当日でスピーディに資金調達することが出来ます。

これをもう少しわかりやすく言い換えると、支払期日前の売掛金を現金化することで資金を得るという方法です。

売掛金の譲渡については、取引先の承諾が必要な契約、取引先の承諾が不要な契約の2パターンを選べます。

取引先に資金繰りが悪いと判断されたくない、取引先との関係悪化を心配する会社でも安心して利用することが可能です。

この前入金前払いシステムは繰り返し利用することもでき、資金調達が必要な時はスポットでの利用だけでなく、継続して取引をすることも出来ます。

また、審査や書類の提出も株式会社JTCは土日対応しているため、週明けに必要な現金が入金され、時間の無駄も避けられます。

売掛金の見積や審査は無料

株式会社JTCの入金前払いシステムなら、売掛金の見積や審査のために、会社まで足を運ぶ必要が無く、その場に居ながら調達できる金額を知ることが出来ます。

経験豊富なスペシャリストが対応し、無料で査定が受けられます。

査定に必要な書類は、メールやFAXで提出することができ、多忙な経営者が不在になるといったこともありません。

無料査定だけの依頼もでき、調達額に納得がいけば契約という流れになるため、相見積することも出来ます。

スピーディで迅速に!

株式会社JTCを活用したファクタリングを一言で表すとすると、『スピーディ』という言葉に要約することができるでしょう。無料査定に対する返事はとても迅速ですし、申し込み後の審査結果が知らさせるまでの時間も極めて短いです。このスピードは他社と比較しても劣ることはないはずです。それでいて取引上限が大きいため一気にキャッシュを手にすることも夢ではありません!

必要な情報を入力するだけでOK

株式会社JTCの申し込み方法は、公式ホームページの『お申し込み・お問い合わせフォーム』からいつでも24時間行うことが出来ます。

このフォームに記載すべき情報は基本的なもので、詳細な会社情報を入力する必要がないため短時間で手続きを済ますことが可能です。

申し込み情報として記載するのは、会社名、連絡先、そして希望する資金調達額とベーシックなものです。

申し込み後は株式会社JTCの担当者から連絡が入るのを待つだけです。担当者からの連絡を受けて本査定に必要となる書類などを準備することが出来ます。

売掛債権の種類によって準備する書類が変わってくる可能性がありますので、担当者からしっかりと確認をとりましょう。

株式会社JTCは申し込みから最後の契約手続きまで、すべての局面が分かりやすく手間が少ないため、業務で忙しい社員や経営者の方への負担も最小限で準備を整えることが令和でもできるのです。

えんナビの特徴とは?

えんナビはまだ入ってきていない売掛金を資金化できるサービスです。

売掛金はどうしても何ヶ月も後になってようやく現金として振り込まれる、となっているわけですが、これではどうしても資金繰りに困ることがあるわけです。

それを改善できるサービスであり、ファクタリングと呼ばれる金融行為でもあります。

現金化スピードは?

最短当日で現金化できるのが特徴です。売掛金さえあれば当日で現金化できるわけです。

秘密厳守であり、売り掛け先にも通知がされることはありませんから、どこからの信用を落すこともなく、資金繰りに活用することができるようになっているわけです。現金化する際の手数料は5%になります。

売掛金があれば保証人不要?

売掛金があればあくまで保証人などが不要になっています。対応できる金額としては30万円から5000万円です。

金融機関とは違って審査の内容が根本的に違います。融資ではなく、資金化であり、借りているわけではないので保証人などが不要になっています。つまりバランスシート上も負債になることがないわけです。



同ジャンル・関連ページ