『信用情報機関』ってなに?

消費者金融の審査がスピーディなのはなぜ?

消費者金融では、現在、審査は速ければ最短30分で終わるシンプルなものとなっています。

ここでは審査についてもう少し考えてみましょう。

審査に際に出てくる耳慣れない言葉の一つが「信用情報機関」です。

信用情報機関とは、銀行や消費者金融などの会社や信販会社が加盟しており、加盟している各社から登録された信用情報を一元管理している組織のことです。

加盟企業からの申し出に応じて信用情報を提供することで貸し倒れを防ぎ、悪質なユーザーをブロックすることが目的です。

内閣総理大臣の認可の下に数社の信用情報機関が設立されています。

それらの会社の審査時間が速いのは信用情報機関からデータがすぐに送られてくるからです。

個人でも法人の借入の場合も銀行やその他金融機関からの借入や返済の状況が信用情報機関を通して申し込んだ会社に知らされることになります。

ですから他社からの借入に関するデータも共有されていますので申し込みの際に決して虚偽の申請をしない事が大切です。

信用情報機関について

信用情報機関とは加盟団体に登録されている個人の信用情報を収集・管理し、依頼があれば提供を行う機関のことをいいます。

代表的な機関としてCIC、JICC(日本信用情報機構)、全国銀行個人信用情報センターが知られています。

信用情報は住所など個人情報とキャッシングやクレジットカードの契約状況や返済状況、金額、残高などのデータも含まれています。

登録データの中でも返済履歴は特に重要で延滞をしている記録があると新規契約が大変厳しくなります。

クレカの分割払いも対象となりますので、携帯電話などで分割購入しているケースも多いので料金延滞にはお気をつけください。

クレジットカード会社や消費者金融は信用情報機関に加盟をしていて必要なときに照会を行えます。

例えば、新規に申込がありますと、信用情報機関に問い合わせ、それを元に審査をします。

問題がないと判断されますと融資が可能となります。

消費者自身も自分の信用情報を機関から開示して受け取ることもできますよ。

信用情報は過去数年の間にトラブルとなった人だけでなく、カードを作った段階で登録されるようにもなっています。

収入に合った借入をして返済を延滞などしなければ全く心配のないものです。

審査の基準ってどうなってるの?

審査基準というのは基本的に各社とも公開していないので明確な基準は判りません。

しかし、一般的にこういった審査の際には信用情報と現在の資産状況を見られるといわれています。

信用情報というのは、現在の借り入れから過去の返済についてのデータであり、住宅ローンの借り入れ状況から携帯の月賦払いまですべてのデータが記載されています。

それと現在の収入などを組み合わせて、毎月の返済額を出し問題なく完済できるかを確認すると言われています。

審査は一般的に、キャッシングの場合は金利が高い代わりに銀行よりも基準が緩いと言われていますが、現在は総量規制などもあり、大きな差がないとも言われています。

そこでキャッシングは銀行に負けない為に審査の速さや対応の広さで対抗しています。

例えば、来店不要のネット完結契約などはどこの金融会社も行っていますし、基準もスコアリングシステムを利用し今日中に終了させるのが一般的と、銀行にはないサービスを実施しています。



同ジャンル・関連ページ