中小企業向けのビジネスローンで事業資金の融資

中小企業向けのビジネスローンで融資を受け、上手に経営している企業もたくさんあります。

事業資金がどうしても足りなくなった時に中小企業向けのビジネスローンが利用できると便利です。

不足している金額をすぐに融資してもらうことで不足分を補えますし、経営にも影響がでてくるのでお金は滞りなく支払っていくべきです。

どのビジネスローンにしようかと迷われた時には、資金業法改正後も安定して営業している会社を探してみると良いですね。

貸金業法改正により多くの消費者金融が倒産するなどの事態に追い込まれましたが、その後も勢いよく事業を展開しているところは地盤がしっかりとしている証拠です。

大手や中小の消費者金融と様々ありますが特徴が各々違いがありますし、中小は地域限定の融資を行っているなど経営方針も大きく差があります。

大手で審査に通らなかった場合は中堅の審査が早いビジネスローン、スピードキャッシングをご検討してみるのも良いでしょう。

中小企業向けのビジネスローンはドコ?

スピード自慢のビジネスローン!

中小企業の資金調達ではスピードが特徴のビジネスローンが人気となっています。最近は最短1日で融資が完了する速さを持つ大手もあります。大至急現金を補充したい時に最適です。

 
来店不要とネット手続きだから早い!

中小企業向けのサービスでも来店不要で資金調達できる場所がどんどん増えています。またネットから24時間手続きできる手軽さも魅力になっています。こうした便利なサービスは大手金融会社が中心となっています。

 
低金利で利用しやすい!

中小企業向けのサービスは近年さらに低金利になってきています。ですから公的融資と併用する企業も増えています。また小口利用もスピーディにできるため差し迫った支払いへのつなぎ融資としての活用もよくなされています。

>法人の資金調達はこのカードローンで

事業者向けならネット対応のビジネスローン

消費者金融で個人が行うフリーローンキャッシングは、サービスの充実化が進んでおり、インターネット通信が可能となるスマホなどの端末が個人個人に普及するようになった現代では、WEBによる利用申込みや、WEBでの手続きだけで利用契約が完了する業者もあります。

では、個人事業者や法人が事業資金を調達する為に利用するビジネスローンには、ネットに対応しているサービスを提供している金融業者がないのか疑問になります。

答えは「ある」です。

ネット対応のビジネスローンサービスを提供している金融業者ならば、フリーローン同様にWEBからの申込みや、WEBでの手続きだけで利用契約を完了させられる業者もあるので、ビジネスローンを利用する時は、ネット対応のビジネスローンサービスを提供している金融業者を選択すると時間効率が良くなるのでオススメです。

中小企業向けのアクト・ウィル

法人専門ビジネスローンのアクト・ウィルなら、一時的に借金があって早急に返済する必要がある場合や、新事業の予算をすぐに確保しなければならない場合などでも、『来店不要で最短即日融資が可能』なので安心です。

ビジネスでは資金を調達できるかどうかで経営が大きく左右される場合もあるため、即日融資可能なアクト・ウィルは頼りになります。

ただし、もし即日中の融資を希望する場合はできるだけ早い時間帯に申し込む必要があります。(状況によってご希望に添えない場合がございます。)

全国対応なので地方の法人企業でも

事業者向けローンを利用して事業融資を受ける時に地域が限定されてしまう事があります。

会社がある場所は対象外の地域だと申し込みをする事が出来ないので、資金不足になっている時に困ってしまいますが、アクト・ウィルを利用すれば問題ありません。

アクト・ウィルはホームページから申し込みをする事が出来るので、全国どこでも事業融資を受ける事が出来ます。

特に地方に構えていて事業者向けローンで融資を受けたい法人の方は、来店不要で手続きできるアクト・ウィルを利用するのがおすすめです。

担保や保証人は必要?

銀行で事業資金の融資を受ける時は担保や保証人が必要になる事が多いです。

担保や保証人を準備するのにはいろいろと手間がかかるので特に急いで資金調達したい場合は問題が発生してしまいます。

しかし、アクト・ウィルのビジネスローンは原則第三者保証人や不動産担保が不要なので準備する手間を省く事が出来ます。

限度額も最大5,000万円、金利も7.50%~15.00%(融資額に応じて金利優遇があり)で設定されているので、多額の資金調達をする事が出来る点を魅力に感じて利用している法人経営者も多くなっています。

TRYフィナンシャルサービス

通常、事業融資を受ける時は金利が高く設定されてしまうので利息も多く加算されてしまいます。

事業融資は多額になる事も多いので、金利が高く設定されていると返済する時に負担も大きくなってしまいます。

しかし、TRYフィナンシャルサービスを利用すれば実質年率が6.8%~12.65%、限度額が300万円~5,000万円までとなっているので、他社より低金利で高額の事業融資を受けられる可能性があるというメリットがあります。

低金利の事業者向けローンで事業融資を受けたいと考えている法人企業はTRYフィナンシャルサービスを利用検討してみるのもおすすめです。

原則無担保・無保証人だから評価が高い

TRYフィナンシャルサービスのビジネスローンは、WEBから24時間申込ができるので、日本全国の事業主が事業性資金を用意するのに便利なサービスとなっています。

また、借入れがしやすいことに加えて、実際に同社のサービスを利用したことのある経営者からの評価が高いという安心感があります。

TRYフィナンシャルサービスは、原則無担保・無保証人※で契約と借り入れができるので、低負担、且つ他人に迷惑をかけずに借入れができます。特に真面目な経営者に好まれています。(※条件によって必要になる場合があります。)

アイフルビジネスファイナンス株式会社

事業が不安定な場合に資金の確保というのは非常に難しい問題で、期日厳守のものなどがほとんどのため急を要する場合というものも必然的に多くなりますよね。

金融業者のアイフルビジネスファイナンス株式会社の融資なら申し込みも最短3分で完了することができますし、早ければ申し込んだ即日中でも融資してもらえるので資金繰りが厳しいという場合などはとても頼りになります。

また審査に通るか不安という方は、公式サイトに30秒でできる簡易審査も設けられていて気軽に試せるのでオススメです。

来店不要で当日の融資の可能性

事業資金を直ぐに準備したいという女性経営者にオススメできるキャッシングとして、アイフルビジネスファイナンス株式会社の事業者ローンがあります。

アイフルビジネスファイナンス株式会社なら来店不要で融資が受けられるだけでなく、申し込んだ当日の融資を受けられる可能性があります。

また、創業から間もない会社でもアイフルビジネスファイナンス株式会社は融資に対応しており、経営が軌道に乗り設備を購入したい、事業を拡大したいという場合に融資を受けられる可能性があります。

さらにローンカードにより近くの提携ATMを利用することで、直ぐに運転資金を調達したいという場合でも対応することができます。

また、夜間や早朝でも借り入れができるため、翌日まで事業資金の調達に不安を抱えることもなくなります。

オススメする2つの理由は?

アイフルビジネスファイナンス株式会社の事業者ローンは、女性経営者でも安心して利用できるキャッシングとしてオススメする2つの理由があります。

先ず1つ目の理由として、申し込んだその日に融資を受けられる可能性があります。

銀行融資は1ヶ月や2ヶ月、消費者金融でも1週間ほどかかります。

また、担保や保証人が必要となることも多く、保証人を依頼する人を探すだけでも時間や手間を要してしまいます。

ですが、アイフルビジネスファイナンス株式会社の事業者ローンは無担保無保証人での契約が可能であり、借金の保証人を家族や親族、友人知人に頼むことを避けたいという方にはオススメです。

2つ目に創業1年目での契約や赤字決算での契約に対応しているといった柔軟性があります。

一般的な事業者向けのキャッシングは少なくとも創業から2年ないしは3年であること、赤字決算ではないことが条件になっています。

しかし、アイフルビジネスファイナンス株式会社は業歴1年以上で決算書もしくは確定申告書を提出することで審査を受けることができます。

また、赤字決算でも財務状況だけでなく事業内容さらには事業の将来性を考慮して審査を行うため、一時的な赤字で打開のための資金調達を行いたいという場合でも融資を受けられるチャンスがあります。

  • アイフルビジネスファイナンス株式会社やアクト・ウィルです

    中小企業経営者の即日融資の際、よく利用されているビジネスローンは、アイフルビジネスファイナンス株式会社、アクト・ウィル、OJ(オージェイ)です。

    どのビジネスローンも最短で即日融資が可能になっていますし、アクト・ウィルに関しては30日間金利0円で融資ができるため、利便性が高いビジネスローンと言えます。

  • 即日融資ビジネスローン
  • プロミスやアコムがおすすめです

    高評価を得ている個人事業主向けのカードローンはプロミスの自営者カードローン、アコムのビジネスサポートローンなどです。

    また、ビジネスローン系ですとアイフルビジネスファイナンス株式会社やOJ(オージェイ)です。アクト・ウィルは無利息サービスがあるのでお得ですが、残念ながら個人事業主は利用できません。

  • 個人事業主の資金調達はこちら
  • 売掛債権の現金化

    ファクタリングとはお客様がお持ちになっている売掛金をファクタリング会社に売却し、現金化することにより売掛債権の『入金日より前に』代金を受け取ることができる商品の事を表します。

    即日で現金化できるファクタリングで有名な所ですとファクタリングのTRYや資金調達プロ、最短で30分で入金が可能になるクイックマネジメントなどが注目されています。

  • 即日のファクタリングはこちら

ビジネスパートナー

ビジネスパートナーは経営者がスピーディに借入する際に便利な大手ビジネスローンです。

申込、審査から契約までスピード感がある手続きが行われますので、法人や個人事業主がキャッシングなどで資金調達をする際ピッタリです。

そのビジネスパートナーの手続きに関して軽く説明させて頂きますが、まずは、インターネット上から申込みフォームに必須となる事項を入力していきます。

申込みが完了となると、その旨を通知するメールが送信されてきます。

そして、審査が実施されるのですが、審査結果は電話かメールにて伝達されます。

審査に通過した場合、契約内容に何らかの誤りなどがなければ契約に至ります。

契約を終えた後で、カードを発行していれば、セブン銀行にて融資が可能となるのですが、振込を希望することもできます。

24時間キャッシングや返済が可能

個人事業主や経営者に適した事業者向けのビジネスローンで顕著なビジネスパートナーですが、全国のセブン銀行に設置してあるATMにより、24時間キャッシングや返済が可能なのです。

メンテナンスを行っている午後11時40分ないし翌日午前0時20分までは利用不可能なのですが、これを除けば毎日随時利用できるのです。

契約を終えてカードさえ発行されていればスピードのある利用ができることとなるために、個人用途である消費者金融同様の利便性を有しています。

どんな業種でも利用できる?

飲食店経営の場合は保証人を立てるのが難しい、建設業経営の場合は売上に波がある、小売業経営の場合は銀行融資の審査が不安などいろいろな問題点が発生して資金調達をする事が出来ないケースがあります。

しかしビジネスパートナーは保証人不要でしかも事業計画が評価されると審査が可決されて融資を受ける事が出来ます。

建設業経営、飲食店経営、小売業経営でも手数料無料でカードを発行してもらえるので安心して資金調達をする事が出来ます。

仮審査や本審査、必要書類について

ビジネスパートナーに融資の申し込みをする時は、まずホームページで簡単な項目を入力して仮審査をしてもらいます。仮審査が可決されると必要書類の提出を求められます。

代表者の本人確認書類、登記事項証明書、印鑑証明書、決算書が必要書類になるので提出をしてその後に本審査に入ります。

本審査が可決されると融資条件が提示されて同意すれば契約完了となります。契約完了すれば融資可能の状態になるので都合に合わせて資金調達をする事が出来ます。

比較的スムーズに申し込みから融資までの手続きが出来るのですごく便利です。

ビジネスパートナーを経営者に!

経営者の方が経営のためにどうしても借金をしたいならビジネスパートナーをまず考えてみることをおすすめします。その理由は速さと便利さで他社の上を行くサービスを提供しているからです。特に契約後にキャッシングカードが利用できて、24時間いつでも提携先を使って現金を引き出せるという便利さは他社には中々ないサービスです。

そのほかの事業資金の調達方法は?

最近国民政策金融公庫やクラウドファンディングから資金調達する流れがありますが、まず第一に国民政策金融公庫は手続きが面倒です。

短期の資金を必要としている方が多数いらっしゃることを考えると利便性がはよくないと言えるでしょう。

クラウドファンディングは運営主体がよくわからないので集めたお金をそのまま持ち逃げというパターンが横行しているので信用に欠けます。

やはり短期の調達はビジネスローンやファクタリングに限ります。

国民政策金融公庫やクラウドファンディングより、バレない可能性が高いですし、速さで考えても最短即日で融資をしてくれます。

ファクタリング

ファクタリングと一口にいっても、ファクタリングサービスを提供している金融業者によってファクタリングの質が大きく異なります。

ファクタリングを行うなら、ファクタリング完了スピードが速く、手数料が低い金融業者がオススメです。

大手ファクタリング金融業者を中心として、「最短即日」で取引契約を完了させて資金を調達できる金融業者が増えてきています。

そして、大手を中心として低い手数料でファクタリングをできる金融業者も増えてきています。

ファクタリング手数料とは、諸経費も含まれますがその大部分は売掛金の割引部分です。

手数料が低ければ低いほど売掛金の割引率が少なくなるのです。

折角の売上なのですから、売掛金をなるべく高い金額で売却できるように、手数料が低い金融業者でファクタリングを行いましょう。



同ジャンル・関連ページ