企業貸付

中小企業の緊急の貸付はビジネスローン

会社運営上、今すぐに貸付を希望される中小企業経営者の方もいますよね。

現在、消費者金融のサービスも数えきれないぐらいありますが、早くお金を借りたい経営者の方はノンバンク系のビジネスローンを検討してみるのもおすすめです。

ビジネスローンは、大抵の場合、第三者連帯保証の必要がなく、当日の貸付にも対応するスピード決済、そして基本的には無担保で貸し付けてくれる融資サービスです。

多くの銀行やその他金融機関が様々なビジネスローンを行っています。

特にその貸付スピードの速さを考えると、緊急に資金調達が必要となった時に企業経営者の方にとって強い味方となってくれます。

サービスによってはオンラインで貸付可能かどうかの簡易審査も可能です。この場合、わずか数十秒で目安となる結果が出ますので、まさに緊急の時に活用するのにもってこいです。

コンテンツ一覧

企業経営者の審査前にココをチェック

企業経営者の方が当日中に貸付をしてもらう時には注意点があります。

まずはビジネスローン選びですが、その他にもポイントがあるので、まとめてピックアップしていきたいと思います。

 
1.聞いたことがある大手を優先して選びましょう。

大手のビジネスローンやカードローンは沢山の方が利用されていますので、企業経営者の方が当日貸付を受けたい場合はそれら大手を選ぶ事が一番失敗しない方法の一つとなります。

 
2.難易度が低いなどの文言には要注意です。

新聞のチラシ、朝起きて郵便受けに入っていたような聞いたことのないビジネスローンで当日貸付可能と記載してあっても、それらを利用する際は警戒心を十分に持って行動するようにしましょう。

友達や親戚、家族などが知っている場合は多少安心です。企業経営者なら広告で見つけるより、大企業のビジネスローンが向きます。

3.消費者金融選びは慎重に行いましょう。

審査時間は最短60分で完了する所も多くなってきました。特にネットで申し込みや審査ができるビジネスローンなら素早い貸付を希望されている方も検討してみる価値があると思います。

 
4.なるべく午前中に申し込みを。

商品によっては、平日14時までに申込を完了していると審査結果によって、当日貸付が可能になります。

お客さま方が安心して利用できる大手はサービスも充実しているので返済についても計画的にご利用頂けます。

 
5.返済シュミレーションを活用しましょう。

ビジネスローンで貸付を受けたい時や返済のシュミレーションを考えたい場合は公式ホームページをしっかりと確認しましょう。特に利息の低さや貸付の上限も見ておく事を忘れないようにしましょう。

そのちょっとした意識が今後の安定した経営に繋がります。特に返済時には利息も含んだ金額の支払いが必要になる為、計算が面倒だと感じている方も多く、そういった方は返済シュミレーションを活用することで、すぐ返済金額が分かり予算も決めることができます。

 
6.先に限度額を確認しておきましょう。

ビジネスローンは通常のキャッシングなどと比較すると、貸付限度額が高いので事業者の資金調達方法として使いやすいのもおすすめの理由です。

消費者金融系のビジネスローンには貸付限度額の範囲内であれば自由にキャッシングカードでの追加貸付が可能なサービスもありますので、不慮の事態に備えて契約しておくといざという時に焦らずに済みます。

高額対応のビジネスローンは?

高額対応

高額の借入を希望されるなら、ビジネスローンも選択肢の一つになりますが、どのような会社を貴方なら選びますか?

低金利の商品を希望されると思いますが、現在は法の改正によりビジネスローンの金利も以前より低くなってきました

現金を少額で貸してもらうにせよ、高額の借入を希望されるにせよ、やはり借入限度額が大きく、そして低金利で貸してもらえる所を探すのがおすすめです。

また、インターネットから申込みもできたり、便利な所はそのまま来店不要で銀行口座に振り込みを受けられるので、きちんとメリットを確認してから選ぶようにしましょう。

低金利で高額の事業貸付は?

最近では、多くの経営者からビジネスローンが事業貸付の補充のために利用されています。

事業者向けのこのようなサービスは、多くの金融業者で積極的に取り扱われるようになってきています。

また、一部では金利変動型のローンもあり、的確な利用方法を行うことで従来の形式のサービスに比べて、同額を借りた場合の返済額に違いが生じます。

また、これまで以上にこのようなタイプの商品が取り扱われることも見込まれており、事業資金の追加でまだまだ期待が寄せられることが予想されています。

無金利で借りれる期間はあるの?

無金利で借りれる金融業者も注目されています。

もちろん、長期間というわけではないのですが、最長で30日間という無利息サービスもあります。

昔とは金利やシステムが異なり、ネットでも貸付が可能な銀行系ビジネスローンや当日に借入ができる貸金業者がまだまだ普及していくと思います。

中小企業向けの金融業者をお探しでしたらアクト・ウィルという会社が無利息期間があり、利用しやすいのではないかと思います。

ビジネスローンの会社も大手と中小とあり、審査基準や提供しているサービスに差があります。

大手は手軽さをアピールした内容が掲載されていますが、銀行と提携しているところも多く、審査が厳しくなっているのも事実です。

最初は大手に申込み、審査に通らなかった場合は中小へ申込んでみるのも一つの方法です。

資金業法改正により倒産した金融業者も多く、それ以降も継続して営業しているような業者は基盤がしっかりしていることが分かります。

中小でも融資力はあり、審査の柔軟性もあるので借り入れする側にとってのメリットは大きいので利用している会社は多いです。

貸付が必要だと感じたら、まずは銀行へ、そこで審査に通らなければ金融業者で審査を受けるのが借入への近道ですね。

もちろん初めてお金を貸してもらう際には金利や利用上限額、WEBでの契約が可能か、などをしっかりと確認しておいてください。

商業向けのビジネスローンも!

ビジネスローンは高額貸付で個人向けのものよりも金利が低く設定されていることが多いです。

会社経営者や個人事業主の方は毎月、お金のやりくりに苦労していることも多いでしょう。

そういう時にビジネスローンを活用できると便利ですよね。

経営に必要なお金というと高額になるので、知り合いに相談することも難しいでしょう。

計画的に利用すれば、返済が厳しくなることもありません。

低金利になっていますし、返済計画も上手に立てやすいよう、公式ホームページには返済シュミレーションが掲載されています。

借入金額、返済期間など入力するとすぐに返済額が分かるようになっています。

以前とは違うサービス

 商工ローンなどと呼ばれた時代もあった商業向けサービスですが、今はビジネスローンと呼ばれるようになり、高品質で安全なものとして一般的に認知されるようになりました。

金利がぐっと下がり実際の資金供給までの時間も短縮されたことも人気の要因です。使えるサービスとして経営者の支持を得ています。

スピーディに審査を進めるには?

申込方法はインターネット、電話などで手続きができるようになっています。

大口貸付を希望している場合、審査に時間を有することがあります。

申込時点で誤字脱字、もしくは手続き時の書類などミスがあることで、審査結果が希望にそぐわないこともあり、時間のロスになりますので、手続きをする時には必ず確認をしましょう。

そして、なるべく早い時間に申込みを済ませておくこともスピーディに契約をするためには大切になります。

ビジネスローンの審査方法は?

当日審査

会社を運営する以上、事業資金の補充で借り入れを余儀なくされる事も多いと思いますが、緊急でのビジネスローンの選出はどのようにするのが一番なのでしょうか?

現在は、急いでお金を貸してくれるビジネスローンも多くなっています。

審査の時間は当日~2日前後という所も多く、必要になる書類を揃えなければいけませんので、余裕を持って行動するのが大切です。

数秒で貸付可能か判断できる仮診断などもありますので、それで判断してみるのも良いでしょう。

小口から大口利用まで対応可能

 ビジネスで使うには高額の極度額が求められますよね。ビジネス向けのサービスではそうした大口にも対応しておりますので、小口利用が主な個人経営者の方から、中小法人企業の大規模融資もOKです。選ぶ際のコツは信頼できる取引数の多い会社を使うことです。

すぐにネットから申し込める

事業資金の充てるお金を借りたいという場合、事業者向けローンは借りたいという時にいつでも自由に申し込みが出来ます。

申し込みはオンラインで24時間365日に対応しており、申し込み先の営業時間を気にすることがありません。

また、オンラインでの申し込みのほか、審査から契約手続きまで来店不要など、窓口で申し込みから契約手続きが必要な金融機関に比べ、資金調達までの時間を短縮することができます。

特に会社経営者や経理担当役員の方は、スケジュール調整が難しく、手続きに時間が掛かり資金調達が難航するといったことも避けられます。

安全と言える二つの訳は?

事業資金のためにお金を借りたいという場合、ビジネスローンなら安全を得ることができます。

安全と言える理由は2つあり、1つ目は事業資金を借りる際に保証人が不要という点です。

保証人や連帯保証人が不要ということは、万が一の際に第三者に負担を強いることが無いだけでなく、信頼関係の悪化といったことも避けられます。

2つ目の安全と言える理由は、徹底した情報保護にあり、第三者に契約の事実を知らせるだけでなく、会社に電話を行う際でも不用意に会社名を名乗らないといったことがあります。

事業資金の調達を社員に知られたくないという場合には、会社名を名乗らずに対応するという点では社員に不安を与えない安心があります。

企業経営者におすすめなのは?

企業経営者の方が貸付を受ける時におすすめなのは、大口貸付ができる大手のビジネスローンです。

会社経営をされている方でも「今日中に貸付してもらいたい!」「何時までに申込の手続きを済ませておけば良い?」など疑問に思う点はあるでしょう。

たくさんの業者がありますので、これから利用する際に、どれか一つを選ぶというのはなかなか難しい選択になります。

ですので、こちらでおすすめしているビジネスローンから選択すると良いでしょう。

当日の貸付はアイフルビジネスファイナンス株式会社

アイフルビジネスファイナンス株式会社の特徴

企業経営者の当日の資金調達ですと、アイフル系列のアイフルビジネスファイナンス株式会社が安心です。

アイフルは皆様がすでに知っている会社だと思いますし、アイフルビジネスファイナンス株式会社は最短当日に貸付が受けられるので、お急ぎの経営者に最適な借入先です。

審査に必要な条件は?

アイフルビジネスファイナンス株式会社は「ビジネスローン」「カードローン(キャッシング)」という二種類の事業者ローンを用意しています。

条件は、「満20歳~満69歳までの個人事業者または法人」であり、「業歴1年以上で、決算書か確定申告書を提出」すれば担保や保証人不要(法人の場合は原則、代表者が連帯保証人になる必要あり)で審査をしてもらう事が可能となります。

(アイフルビジネスファイナンス株式会社は開業前資金としては利用できないので注意してください)

経営者に最適な2つの理由は?

初めてビジネスローンを利用してお金を借りたいという経営者にアイフルビジネスファイナンス株式会社は最適です。

理由の一つ目は、ビジネスローンとカードローン(キャッシング)の二種類がある事です。

最初に一括で借りるビジネスローンは50万円~1,000万円貸付してもらう事が可能であり、好きな時に好きなだけ借りられるカードローンは1万円~1,000万円(新規取引時は上限500万円)貸付してもらえるので、自分の目的や利用スタイルに合った商品を選択できます。

理由の二つ目は、赤字決算でも利用可能な点です。

赤字決算だと審査に通らない場合が多く、初めて利用する経営者を悩ませます。

しかし、アイフルビジネスファイナンス株式会社は過去の業績だけでなく将来性も審査の重要な項目としているので、将来性があれば赤字決算でも利用可能となります。

事業性資金を借入するならビジネスパートナー

カードローンなど個人向けのキャッシングの多くは事業性資金としては使えません。

消費者金融の中には自営者向けのローンを実施している所もありますが、法人の方の利用はできません。

ですが、ビジネスパートナーなら個人事業主、法人どちらの方でも大丈夫です。何故ならビジネスパートナーで受けた貸付は事業資金に対してのみ使うことが出来るからです。

逆に言えば生活費などには使えないことにはなりますが、そのおかげで銀行ではないのにも関わらず総量規制対象外(年収の三分の一以上の借入も可)として利用可能です。

つまり、ビジネスパートナーは経営目的で使えるローンとして、資金繰りに活用していただける商品なのです。

資金としての利用のため多くの額を借り入れする可能性がありますが、返済方法には借入時残高スライド元金定額リボルビング返済が採用されていますので安心です。

これは借入残高に応じて返済元金が決められており、元金と金利を足した額を毎月返済していく方法です。

毎月の返済元金も無理の無い額が設定されており、金利ばかり返済して一向に元金が減らない様なこともありません。

事業性資金として使え無理のない返済が行える、ビジネスパートナーのローンは仕事上のお金のやり繰りの負担を軽くしてくれるはずです。

24時間いつでも利用できる

提携ATMを使えば24時間いつでも利用できるビジネスパートナーは多くの企業経営者の方に支持されています。

法人や個人事業主の方ですと、労働時間が深夜や早朝にまで及ぶ方も多くいらっしゃるはずです。

また、深夜より前には仕事が終わっているという場合でも、午前中や昼間などの仕事中に「ちょっと銀行へ」という時間がとれないという場合もありますよね。

そんな忙しい企業経営者の方におススメしたいのがビジネスパートナーです。

ビジネスパートナーはセブン銀行ATMと提携しており、カードを使って全国のセブン銀行ATMで365日利用することができます。

セブン銀行ATMはセブンイレブンはもちろん、駅などのATMコーナーやスーパーマーケットなど全国様々な所にあります。

追加借入も随時返済もいつでも自分の時間のとれるときに行えるというのは、忙しい企業や個人事業主の方にはとても嬉しい内容ではないでしょうか。

利用時間も、毎日0:20~23:40と、深夜の40分間のメンテナンス時間を除けばいつでも利用できます。

まとまったお金が必要な時は不動産担保ローン

まとまったお金が必要な中小企業の経営者が貸付をしてもらう際には、ビジネスパートナーの不動産担保ローンが高い評価を得ています。

まとまった費用を急遽貸してもらう時でも100万円~10億円まで貸付が可能(審査あり)となっていますので、大口の現金を借入れする企業経営者の方に適した商品となっています。

不動産担保ローンとなっているため、土地・建物を担保にする手間と、それを査定する必要があるので審査に時間がかかる可能性がありますが、通常の商品より多額の資金を借りられる可能性があるのが大きなメリットとなります。

また、実質年率も2.50%~15.0%と低く設定されていますし、限度額の範囲内なら何度でも繰り返し使うことができるのも助かる点ですよね。

申込みはWEBからできますし、契約後の利用のしやすさという点でも優れた点があります。

アイフルビジネスファイナンス株式会社など先行する大手と比較するとあと一歩という感じではありますが、利用価値は十分に高いといえるでしょう。

クラウドバンク・フィナンシャルサービス

事業拡大や設備投資のために纏まったお金を借りたいという場合、クラウドバンク・フィナンシャルサービスなら最大10億円の融資に対応し、企業だけでなく個人事業者にまで対応しています。

申し込みはオンラインで行うことができ、高額な貸付でも来店不要で契約手続きを行うことができます。

さらに銀行や一般的な貸金業者とは異なり、審査では事業内容や投資内容で期待効果も考慮した対応がされるため、高額融資も期待できます。

そのほか、返済方法も自社にあったものを選ぶことができ、高額貸付における返済計画も最適なものを選択できます。

普通のキャッシングと比較した2つの特徴は?

事業資金のためにお金を借りたいという際、クラウドバンク・フィナンシャルサービスの融資は一般的なキャッシングには無い大きな特徴が2つあります。

一つ目は、クラウドバンク・フィナンシャルサービスの最大10億円の融資は、会社に営業年数や直近の経営状態よりも将来的に貸付により投資効果が期待できるかどうかを判断しています。

銀行や一般的な貸金業者のキャッシング審査では、申し込み時点での信用と経営状態が重視され、投資による収益効果があったとしても貸付を受けることが難しくなっています。

そのため、起業するために事業資金を調達するといったこともできます。

二つ目に高額な貸付を受けられるのは、企業経営者だけでなく個人事業者にも対応している点にあります。

事業者向けのキャッシングでは、法人に限定されたもの、ビジネスローンは個人事業主に対応しているものの融資額は低く抑えられています。

しかし、クラウドバンク・フィナンシャルサービスなら企業経営者だけでなく個人事業者といったことで有利不利がないのも一般的なキャッシングとの大きな違いです。

関東や東京以外でも使える?

事業資金のためにキャッシングでお金を借りたいものの、東京や関東圏ではなく地方で契約手続きができないという心配もクラウドバンク・フィナンシャルサービスならありません。

オンラインで申し込みができ、東京や関東圏外でも来店不要で契約を行うことができます。

審査に必要な書類提出はメールやFAXで対応することができ、契約手続きも郵送された書類を返送する方法となるため、わざわざ地方から遠くまで契約手続きのために赴く必要がありません。

そのため、地方でも申し込みがし易いだけでなく、資金調達のために無駄なコストを抑えることができます。

アイフルビジネスファイナンス株式会社は最短で当日に貸付ができる

事業資金や開業資金を公的融資により確保することは可能なものの、申請から融資融資の実行さらには審査通過といった問題があります。

しかし、アイフルビジネスファイナンス株式会社の事業者ローンなら緊急時でもインターネットから申し込みができ、融資実行までのスピードが申し込んだ最短当日というメリットがあります。

さらに公的融資のように事業内容に何度も確認がなく、必要な資金を短期間で調達できます。

そのほか、申し込みの際には複雑な提出書類もなく、準備に時間を掛けることもありません。

さらに、アイフルビジネスファイナンス株式会社の事業者ローンはカードローンタイプなら必要な時に、必要な分だけ繰り返して借り入れすることができ、その都度申し込みから審査を受けるといったこともありません。

その他の大きな特徴

①起業年数が浅い会社でも利用可能!

アイフルビジネスファイナンス株式会社のメリットは、起業年数が浅い会社でも融資が受けられる点にあります。特にベンチャー企業の場合、銀行からの融資を受けるためにはハードルが高くなります。

財務諸表の提出は最低でも3期分必要になります。ですが、アイフルビジネスファイナンス株式会社の申し込みに必要な財務諸表すなわち決算書は2期分で済むというのは大きなメリットです。

売り上げや収益が安定している会社でも、3期分という条件で必要な運転資金を得られる可能性が減ってしまいます。

しかし、アイフルビジネスファイナンス株式会社なら2期分で最大1000万円まで融資が受けられるため、事業拡大で資金が必要な会社にはおすすめです。

②繰り返し利用可能なカードローンで必要な時に利用出来る!

アイフルビジネスファイナンス株式会社は、一般的なビジネスローンを得意とする貸金業者と異なり、繰り返し利用可能なカードローンタイプもあります。

そのため、必要に応じて融資が出来るというのが大きなメリットです。資金が必要になる度に審査を受ける必要がないため、緊急時でもスピーディに新規事業への取り掛かりが可能になります。

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローン

アイフルビジネスファイナンス株式会社は、申し込みから貸付実行まで4つのステップとなっているため、審査手続きから時間も短くスピーディーに借り入れが可能です。

先ず1ステップ目は、インターネットからの申し込みとなり、2ステップ目は仮審査の回答を受けるという流れです。

そして、本審査が3ステップ目で必要な書類をその場に居ながら提出することが出来ます。

最後の4ステップ目は振り込みによる貸付ですが、この際に返済計画の相談も可能になっています。

会社に居ながら申し込みから契約手続きが出来るため、忙しい経営者や経理担当が窓口まで足を運ぶ必要もありません。

また、銀行のように営業時間が決まっていて、スケジュールを調整し面談することもないため、貸付を急いでいる時でも安心して申し込みが出来ます。

限度額と実質年率は?

緊急時に事業資金を貸し付けしてもらおうと思った場合は利息だけでなく利用限度額やその他色々なポイントに注意して借りる必要がありますよね。

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンでは最大1,000万円までの金額を実質年率3.10%~18.0%で利用することができます。

他にも貸し付けしてもらえるまでのスピードも速いので、色々な人が気軽に利用できることから多くの経営者から高い評価を得ています。

カードの発行に手数料は掛かる?

アイフルビジネスファイナンス株式会社のビジネスローンは、ローンカードで借り入れおよび返済が出来るため、必要な時に必要な分だけ借り入れすることが出来ます。

また、返済も提携ATMから行え、発生する利息も利用した日数分だけで、無駄な利息も抑えることが出来ます。

また、契約時は印紙代が実費で必要になるものの、ローンカードの発行自体は手数料が掛かりません。

そのため、借り入れの都度、印紙代が必要となる証書貸付融資に比べ、契約コストを抑えることが出来ます。

急遽、資金が必要な時でもローンカードで借り入れが出来るため、緊急時でもスピーディーに資金調達も可能です。

担保や保証人の用意は必要?

資金繰りに困っている時は事業者向けのローンを利用して対応する事が多いですが、担保が必要だったり保証人が探さなければいけなかったり面倒な部分も多いものです。

そのような時は不安も大きくなるので申し込みをするのに抵抗が出てしまう事も少なくないでしょう。

しかしアイフルビジネスファイナンス株式会社は担保や保証人が不要のビジネスローンなので面倒な部分はほとんどありません。

事業資金を調達する時もすごく安心なのでアイフルビジネスファイナンス株式会社を利用するのがおすすめです。(※法人の方は代表者に保証人をお願いしています。)

24時間365日いつでも貸付可能

アイフルビジネスファイナンス株式会社のカードローン商品では申し込みだけでなく貸付も気軽に行えるため人気があります。

セブン銀行ATMをはじめ、東京スター銀行ATMやアイフルATMでも取引することができるので、全国様々な場所から24時間365日いつでも気軽に利用することができます。

東京スター銀行だけは貸付のみとなっていて返済に利用することはできませんが、セブン銀行やアイフルのATMであれば貸付だけでなく返済まで行うことができるのでとても便利になっています。

カードがあるから追加もすぐに

アイフルビジネスファイナンス株式会社には二種類のビジネスローンがあります。

一つは、借入後に返済するだけの通常の「ビジネスローン」で、50万円~1,000万円の間で貸付を受けられます。

そして注目の二つ目が、「カードローン」タイプです。

カードローンタイプは1万円~1,000万円の間ならば(新規取引時は最大500万円)、カードを利用して提携ATM(セブン銀行・東京スター銀行・アイフル)から何度でも利用可能となっているので、追加融資をすぐに受けられるので非常に利便性が高くなっています。

ビジネスパートナーの審査は最短一日

審査スピードが違う!

急いで大口の貸付を必要とする中小企業の法人にはビジネスパートナーをおすすめします。なぜなら最短1日で終わる審査スピードの早さが他社と比較するとスピーディだからです。来店不要で契約できるのも注目してほしい点です。

 
最大500万円まで

ビジネスパートナーは500万円までの貸付に対応していますので、大口利用を考えている企業経営者の方も満足できるはずです。利用限度額の範囲内で繰り返し自由にカードを使ってお金を引き出せるのもメリットです。

 
ローンカードは24時間使える!

発行されたローンカードはセブン銀行ATMと提携していますので、ATMが設置されているコンビニなどを活用すれば24時間いつでも利用可能です。規定された限度額の範囲内であれば新たな審査や電話連絡などは不要ですので、自由に貸付を受けることができます。

事業性資金として自由に使える

ノンバンクの事業性融資のメリットはビジネスで発生する様々な費用に利用ができる点です。

一般的な企業向け融資(政策金融公庫など)では目的が定められているため、その目的のためにしか用いることはできません。

また一般的なカードローンなどは事業性資金としては利用する事が出来ず、生活費やショッピングなど個人的な目的でしか利用が出来ません。

ですがビジネスパートナーは事業性資金として利用可能なローンです。

従業員に対する給与の支払いが滞りそうな時やどうしても仕事上で必要な設備を購入したい時、取引を行っている企業に対しての支払い金が不足しそうな時など仕事上でお金が必要になった時に活用することが出来るのです。

ある意味では会社としての資金が増えることになりますが、返済に苦労してしまう様では意味がありません。

ですがビジネスパートナーの金利は9.98%から18.0%と無理をせず返済可能な金利が設定されています。

さらに来店不要で申込みから契約まで行え、担保も保証人も不要というメリットまであります。

ストロングポイントとなる事は?

審査の早さで選べばビジネスパートナーが企業経営者の緊急事態に適したカードローンです。

審査スピードの早さは展開の速いビジネスの世界では大きなストロングポイントです。

特に資金をクイックに準備できる会社はさまざまな局面に対処できるだけでなく成長する企業に共通する特徴です。

そうした観点で考えると、資金調達先として素早い審査で速攻貸付してもらうことができるビジネスパートナーは、最適な金融機関のひとつといえます。

また、女性の方で企業経営をされている方もいらっしゃいますよね。

スピード重視の経営戦略を掲げる経営者の女性の方にとって大きなメリットを持つカードローンといえるでしょう。

ネットから審査申し込みができるということは、全国どこに拠点を持っていても大丈夫ということです。

そして24時間いつでも審査申し込みができるということでもあります。

信頼できるビジネスパートナーのようなブランドをしっかりと把握して、時代に見合ったスピードを身につけることをおすすめいたします。

ベンチャー企業でも資金調達できる?

大企業ではなかなか真似することが出来ない革新的なチャレンジを行い、成長を目指すベンチャー企業の企業経営者にこそビジネスパートナーの利用をおすすめします。

これから大きな目標を持ち、成長段階であるベンチャー企業の多くは規模的には中小企業であることがほとんどです。

そのため資金繰りが事業主様にとって大きな悩みになっているのではないでしょうか。

大企業の様な豊富な事業資金があれば問題はありませんがそうもいかないでしょうし、銀行からの資金サプライも容易ではなく援助を受けられるとしても多くの時間が必要になってしまうからです。

ですがビジネスパートナーであれば、契約を行っておけば実際の貸付を受けるのもスピーディーです。

資金が必要となればビジネスパートナーへ電話やFAXで希望を伝えるだけです。ちなみに回答も必要書類が揃えば最短1日で得ることが可能です。

そして契約が完了すればスグに貸付が受けられる可能性もあります。申し込みは公式サイトからオンラインで行え手間要らずです。

他社に負けじと営業や開発を行う時間を無駄にすることもありません。

このサービスのおかげで資金繰りがスムーズに行える様になれば、ベンチャー企業の成長速度もグンとアップ出来るかも知れませんね。

成長段階の中小企業に必要なのはスムーズな資金調達です。そして、ビジネスパートナーはスムーズな資金調達を可能としてくれる企業です。

ベンチャーも新興企業も

 最近はデスク1つで起業するベンチャー企業や新興企業が増えてきましたよね。そうしたいわば個人経営や新規事業者にも状況次第で利用できるのがビジネスパートナーです。拡大にどうしても必要な資金調達なら公式サイトからのオンライン申込です。最短1日からなのでチャンスを逃しません。

手続きの一連の流れ

中小企業の法人を中心として会社経営をする大きな手助けとなってくれるビジネスパートナーの利用には申し込み後の審査に通る必要があります。

審査と聞くと不安になってしまうかも知れませんが、最短1日で審査回答が得られる審査スピードも自慢の1つですので長く心配することにはなりません。

また申込みには担保も保証人も必要無く、審査に必要な書類も申込み段階での本人確認書類のみです。

仮審査まで進むと登記事項証明書や決算書、確定申告書などが必要となってきますが、それらの必要書類をスムーズに準備し提出することによって審査を早く進めてもらうことが可能となります。

最短1日での審査回答を受けたいとお考えの企業経営者は申込みの準備を進めると共に、仮審査後の必要書類の提出に備えておくことをオススメします。

無事、本審査をクリアすれば後は契約となります。契約が完了すれば貸付OKとなり、電話やFAXを使い貸付可能です。

来店なしで貸付できる?

ビジネスパートナーは、忙しい経営者様の貴重な時間を無駄にしません。

審査や契約に必要な書類の提出もWEBで全て完結することができるので、申込みだけではなく貸付まで来店不要で手続きを行うことが出来ます。

来店して手続きを行う場合は、移動などの手間もかかるだけでなく窓口の営業時間も気にしなくてはなりませんが、ビジネスパートナーならそのような心配は無用となっています。

空いた時間、都合の良い時間を利用して様々な方法で申込みを行い、契約の手続きも会社や自宅で行えるので負担は小さくて済みます。

その分の時間や労力を有効に使えるのは何より助かりますよね。

担保も保証人も原則不要であり、繰上返済時の手数料も不要と様々なメリットを持つビジネスパートナーは申込みを行う価値があるビジネスローンです。

個人事業主は契約できる?

「300万円を何とか用意したい」と個人事業主の方がお悩みなら、貸付までのスピードが早いビジネスパートナーがおすすめです。

個人事業主が貸付を受けるには銀行を利用する方法もありますが、貸付を受けられるまでにかかる時間は決して早いとは言えません。

300万円と考えている方が、少しでも早く貸付を受けたいのであればビジネスローンが最適なのです。

なぜなら原則として無担保無保証で契約出来るので、それらの準備をする手間も省けますし、契約まで来店する必要もありませんので、栃木の建設業の方や大分の小売業の経営者など全国に利用者がいます。

審査などのスピードが早いだけでなく、手続きにかかる時間もビジネスパートナーなら少なくて済むのです。

ビジネスパートナーは個人事業主に対して積極的な貸付を行っています。その結果、多くの個人事業主が会社経営の負担を少なくすることに成功し喜ばれています。

300万円用意したいなど、お金に関する悩みを抱えているなら一度相談してみる価値があります。中小企業の法人経営に重要なスピード感のある資金調達を可能としてくれます。

スピード勝負なら?

 事業経営はスピード勝負と言われて久しいですが、事業融資もスピードが大事です。そんなスピード勝負ならビジネスパートナーがおすすめです。やはり最短で一日で貸付の判断をしてくれますので、急ぎの支払いや商機をしっかりとサポートしてくれます。個人事業者でも利用可能です。

金利を計算してみると…

ビジネスに重要な資金調達も、最低金利9.98%のビジネスパートナーからの貸付なら大きな負担にはなりません。

幾ら事業性資金として利用可能でも、利息が大きくなってしまって会社経営が楽にはなりません。

ですが、9.98%というビジネスパートナーの最低金利であれば、返済の負担は低くなります。

金利の数字だけではイメージしにくいかも知れませんが、実際に金利計算を行えばこの金利がどれくらい利用しやすい数字なのかご理解いただけると思います。

例えば50万を貸付してもらった場合、9.98%の金利で1年間(365日)の間に発生する利息は49,900円です。約50,000円ですが、これはあくまで1年間で発生する利息です。

毎月利息を含めて返済を進めるのであれば、月に支払う利息はこの12分の1となります。実際は支払いを進める間に元金が減り利息もさらに少なくなります。

次に200万円を貸付してもらった場合の金利計算を行ってみると、同じく1年間で発生する利息は199,600円です。

一括で利息を支払うと考えると決して小さなお金では無いかも知れませんが、毎月順調に支払っていけば大きな負担にはなりません。

200万円と大きな額を貸付してもったことを考えれば、金利計算の結果は不安を感じていた程ではないはずです。

利用しやすい金利のビジネスパートナーは、会社経営の強力なパートナーになってくれます。

店舗改装費を用意したい時は?

店舗改装費を今すぐに用意したいならビジネスパートナーがスピーディーかつ手軽です。

店舗改装費を用意する為に銀行の貸付を希望したが残念ながら断られてしまった、店舗の内外に問題が発生して支給対応をしてもらいたいが銀行融資では時間がかかり過ぎる、そんな悩みもビジネスパートナーが解決してくれるかもしれません。

もちろん審査がありますが、銀行と同じ基準で審査が行われるわけではありませんので、銀行融資を断られてしまった場合でも利用出来る可能性は充分にあります。

また審査にかかる時間も、必要書類が揃った翌営業日に原則審査回答となっています。

どうしても時間のかかりがちな銀行での審査と比べるとスピードの違いも歴然です。

だから銀行での貸付を断られてしまったとしても店舗改装費の資金援助を受けられる可能性があり、なるべく早く貸付を受けたいという希望も叶えることが可能なのです。

さらに一度契約を完了してあり限度額に10万円以上の余裕があれば、追加利用を受けることが可能です。

今回、店舗改装費を得る為に契約したビジネスパートナーが違った場面でまた活躍してくれるかもしれません。

担保も保証人も原則不要ですから、申し込みも気軽に行えるはずです。

使途自由なので使いやすい

 ビジネスパートナーは使途自由ですので、店舗改装費でも新規備品購入でも利用可能です。もちろん社員のボーナスや給与のために用いる事もできますので、事業全般で役立つこと間違いなしです。売掛金が入るまでのつなぎ資金として活用される法人企業も多いので、緊急事態のパートナーになると思います。



同ジャンル・関連ページ