借金したいアルバイト

借金したいアルバイトの方が選ぶべきカードローンは?

アルバイトの方が借金をしたいと思っても、申し込みをする会社の審査に通過しなければいけません。

それぞれのカードローン会社では年齢の上限と下限を審査条件として定めています。

そして返済能力を判断するために「定期的な収入があること」も多くの場合は必須の条件として定めています。

アルバイトの方が借金したいと思って申し込みをされる場合は、そのカードローン会社がその方の収入状況をもとに、お金を貸すことができるか、あるいはいくらまで貸すことができるのかを判断します。

ですから、短時間労働だからといって借金をあきらめることはありません。

ですからまずは無料でできる申し込み診断をすれば、ある程度の目安を知ることができるので試してみてください。

令和に注目のローン会社などでは、インターネット上で貸し付けや返済のシミュレーションを無料でやってくれるところが多いです。

匿名でできますので、審査に通るか心配なアルバイトの方は借金の申し込みをする前にまずこうしたオンラインサービスを利用されてはいかがでしょうか?

一般的には、「年齢・年収・他社からの借入金額」の3点を入力すればすぐに結果が出ます。

勤続1ヶ月で審査に通る可能性は?

借金したい方がカードローン会社で申し込みする時には、職業と勤続年数などの就業状況について記入する欄が必ずあります。

けれども仕事の業種や職種、正社員ではないとか、派遣社員や請負社員だとか、アルバイトやパートかどうかということで、審査をする上で不利になったりすることはほとんどありません。

それよりも大切なことは勤続年数だと一般的には言われています。

審査基準には「継続的で安定した収入があること」ということが書かれています。

これはどういうことかというと、キチンと返済してくれる見込みがあるかどうかを審査しているのです。

ですから、もしあなたがアルバイト先に勤務して1ヶ月だったとすると、この先続けて働いてくれるだろうか、返済をしてくれるだろうかと、カードローン会社さんは心配になります。

ということで、一般的には勤続1ヶ月の方が借金したいと思っても審査に通る可能性は少なくなると言われています。

半年以上、できれば1年以上の勤務実績があれば、審査が通るだけでなく貸してくれる限度額もより多くなることが見込めます。

新しい仕事や職場で頑張り始めた方々が借金したいと思った時には、まずはもう少し頑張って社会的な信用を高めてからという事も選択肢の一つになるでしょう。

しかしこの点に関して言えば各社で基準は違いますから必ずしも半年以上働かないとダメというわけではありません。

定期的な収入ってどれくらいのこと?

カードローンでの絶対的な一つの審査基準は「定期的な収入があること」です。

これは貸した方にちゃんと毎月キチンと返済能力があるかどうかを判断する大切なポイントだから最重要にされる項目なんです。

ですから、数ヶ月前に単発の短時間労働者をやったことがあるというような場合では、急いで借金したいと思ってもどこの会社でも審査を通すのは難しいでしょう。

逆にたとえ少額であっても決まった会社で毎月働いて収入がある、という場合でしたら通る可能性はグッと高まってきます。もちろん最終的な結果は総合的な判断ですのでこの点だけで必ず通過するとは言えません。

お金を貸してもらえるというのは、ある意味で社会的な信用を持つということでもあります。

ご自身がどれほどの信用を得られているのかを確かめる意味でも、借金したい方は令和でも注目され続けているカード会社の申し込み診断を使用してみてはいかがでしょうか?

ネットでの簡易診断なら匿名でわずか数分でできますよ。

 どんなアルバイトが可能性あり? 

・同じ職場に長く働いている方が審査合格の可能性あり!
・借入れする希望額が少ない方が合格する可能性があり!
他からの借金が少ない方が審査に合格する可能性あり!
・アルバイトの収入が多い方が合格の可能性あり!

金利や利便性などを踏まえて検討しよう

「急いで借金したいから契約出来ればどこでもいい!」なんて安易に考えないでください。カードローン会社はたくさんあって、それぞれ特色があります。

どの会社もひとりでも多くの優良なお客さんに利用してもらおうと必死になっていますので、それぞれの得意分野を生かしたサービスを打ち出して競争をしています。

それが金利を安くしたり、お客さんの利便性を考えたサービスだったりします。

金利は返済する際の利息は当然安いほうがいいですけれども、全体で考えたときに一番安いのはどの会社か、便利なサービスはどの会社か、比較して考えるべきです。

アルバイトの方が初めて借金したいと思った場合は、初回30日間無利息などのサービスを利用するのがベストでしょう。

継続的に利用する場合には金利(実質年率)が重要になってくると思いますが、意外と大きな負担になるのがATMの手数料です。通常、コンビニATMの手数料は、1万円以下で108円、それ以上で216円掛かります。

もちろん身近な場所で借り入れや返済ができるのは便利ですが、回数が多ければ額も大きくなります。

銀行ATMについても、それぞれのカードローンごとに、手数料無料だったり有料だったりしますので、ご自分のライフスタイルに合わせて、便利さと費用を考慮してください。

こうしたコンビニATMを使えるサービスの他、カードレスや利用明細のオンライン化、女性向け専用サービスなど、令和に注目のローン会社はさまざまなサービスを用意しています。

こうしたところも、カードローン選びのポイントになります。

条件次第で『50万円以上』借金できる?

カードローン会社からのキャッシングにおいては、短時間労働者の方でも50万円までは収入証明書なしで貸付けしてもらうことができます。

ただし他社から既に借り入れをしている場合はそれらとの合計金額が100万円までが収入証明書なしとなります。

収入証明書が要らないということは、本人確認書類である運転免許証やパスポートだけを用意すれば良いということです。

ただし、借金したい希望者すべてに50万円まで貸し出しをしてくれる訳ではなく、総量規制といって収入の3分の1までしか貸してはならないという規則(貸金業法という法律に基づく決まり)があります。

これは多重債務によって利用者が借金の返済で生活が成り立たなくなることを防ぐためのものです。

こうしたことから、50万円まで貸してもらいたい方は、最低でも150万円以上の収入が必要だということになります。

その上でそれぞれのカードローン会社の独自の審査がありますので、こうした条件をクリアした場合に50万円まで借金させてもらうことができるようになると言えます。

けれども、短時間労働者であるからといって融資条件が不利になる訳ではありませんので、十分な年収があれば本人確認書類だけで50万円まで、収入証明書を付ければそれ以上を貸し付けしてもらえる可能性は十分にあります。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる