えんナビファクタリング

えんナビの公式ページを読む

えんナビのファクタリングは?特徴や詳細!

最短1日で売掛金を現金化できる

えんナビのファクタリングは、最短1日で資金調達をする事ができるようになっています。急いでいる時にも質の高いスタッフがスムーズに対応してくれます。

30万円~最大5,000万円までの資金が調達できる

えんナビでは売買金額が30万円から5,000万円と幅広い金額に対応しているため、小規模の事業主の方でも大口希望の方でも資金調達しやすいという利点があります。

秘密厳守なので内緒にしたい時に安心

えんナビのファクタリングは秘密厳守の対応となるため、社外だけでなく社内においても関係者以外に売掛金の売却により資金調達を行っていることが知られることがありません。

現金化までの時間最短1日
限度額30万円~5,000万円まで
手数料5%~
2社間可能
秘密
保証人・連帯保証人不要
対応地域全国
出張対応可能
税金滞納・債務超過・赤字決算可能
利用業種建設・運送・不動産など

えんナビ

 

  • 最短1日で現金化ができるので便利!
  • 限度額が『30万円~5000万円』と高額対応!
    • スピード
    • 即日現金化
    • 限度額 
    • 5000万円まで
    • 赤字決算
    • 対応可能

    えんナビは赤字決算の時でも最大5000万円まで対応してくれるので高額の調達をしたい経営者に注目されています。4ステップで契約完了するのも嬉しい点です。

    • 保証人
    • 不要
    • 担保
    • 不要
    • 税金滞納時
    • 可能
    • 地域
    • 日本全国
    • WEB完結
    • 可能
    • 2社間契約
    • 可能
    保証人担保
    不要不要
    税金滞納時地域
    可能日本全国
    WEB完結2社間契約
    可能可能

     

    ファクタリングの魅力を徹底分析!

    えんナビをはじめとするファクタリングの魅力をここでは徹底分析してお伝えしたいと思います。

     
    ① 融資でないから毎月の返済は無し!
     
    売掛債権の買取によって資金調達をする方法ですので、取引後に月々の支払いなどは一切必要ありません。ですからその後利息の返済に追われるという事は皆無です。

     
    ② バランスシートが改善!
     
    借金ではなく売却による資産増加となりますので、対外的な財務状況は改善することになります。つまり新たな銀行融資などを引き出せる可能性がアップするというメリットもあります。

     
    ③ 売却益は使途自由!
     
    当然ですが売却によって得られた資金は何に使っても問題ありません。御社の資産として自由に経営に活用することができます。

    このように使途が限定されないという点で、目的や使途を事前に申請して登録する必要がある公的援助よりも使いやすいでしょう。
     
    ファクタリングをこれまで利用したことがないという法人の方も、こうした魅力を考えると真剣に利用を考慮されるに違いありません。

    ますます成長していく事が確実視されているこの取引方法に今から精通しておくことで、経営の核となる資金問題を恒常的に安定させる助けになることでしょう。

    赤字決算の時でも利用できるの?

    えんナビのファクタリングは赤字決算でも優先債権さえあれば利用可能ですので、銀行系等の融資では不可能で資金繰りに苦労している会社の味方になります。

    ファクタリングは売掛金があればそれを買い取ってもらうシステムですので、これまで審査に中々通らなかったケースでも試しる価値はかなりあると思われます。

    それと、もしも金融機関等に何度も融資を申込んだことが取引先に知られてしまった場合、経営が危ないのではないかと先方に感じられてしまいますし、そうなるとその後の健全な取引が難しくなってしまうリスクがあります。

    えんナビの場合、利用者の個人情報などはしっかり管理しているので漏洩の危険性がなく、安心して融資を受けることができます。

    急な受注でも資金調達可能!

    会社にとって、期中に大きな取引を受注することがあります。しかし、期中に銀行から借り入れの計画をしていないため、融資実行までに期間が掛かるだけでなく、満足な融資を得られない可能性があります。

    ですが、えんナビのファクタリングを利用することで、短期間かつ複数の売掛金を売買することで必要な資金を調達することが出来ます。

    30万円から5千万円!手数料も安い!

    売掛金の買い取り上限金額は、それぞれの業者によってバラバラです。

    取引概要を見てみると、えんナビでは最低取扱金額は30万円からの利用となっています。そして、売掛金の金額が大きい場合は最大で5千万円まで利用できます。

    つまりえんナビは御社が持っておられる売掛金の規模が小さくても大きくても基本的には利用の可能性があるんです。ですから御社の資金需要に合わせてフレキシブルに対応できると言えるでしょう。

    事業資金が必要なときの手段として、銀行などからの借り入れをする場合は、金額や返済年数によって利息が増えますが、えんナビでは、一度のファクタリングに対して最初に売却手数料を払えばいいだけですので、銀行などからの融資等に比べて取引後の負担がとても軽くなるのでお勧めです。

    24時間365日で対応してくれる!

    えんナビは、24時間365日対応してくれます。そして電話対応はフリーダイヤルになっています。普通の金融機関では、平日の昼間に対応することが普通ですが、えんナビでは常にお問い合わせができる状態です。また、お問い合わせは電話だけではなく、えんナビのサイト上からすることもできます。

    徹底した情報管理と信用維持!

    えんナビのファクタリングでは、徹底した情報管理が行われ、債権を買い取ってもらったという事について取引先に知られることがありません。そのため、取引先との関係が悪化しないというメリットがあります。

    また、貸金業者からの融資とは異なるため、銀行などから後日更に融資を受ける際に信用度が低下するリスクも回避出来ます。

    さらに、貸借対照表上においても売掛金の減少と現金収入の増加としか記載されませんので、金融機関から融資を受ける際に不利になることもありません。むしろバランスシートでいうとプラスの影響となりますので、信用度が上がることになります。

    内密で行う事はできるの?

    ファクタリングをする際には、売掛債権を発行した取引先に関する点が主な審査対象となるために、自社が赤字であったとしてそれほど大きな問題ではありません。

    またえんナビの審査をするにあたっては、取引先に知られることなく審査を実行することが可能です。売掛債権や過去の取引実績などの資料から債権そのものの安定性をみますので、取引先にその事実が知られることはないのです。そのため、安心してファクタリングを申し込むことが可能となります。

    ですからもし「必ず知られたくない」ということであれば、えんナビでファクタリングを申請すると良いでしょう。

    それと赤字でも審査を受ける事ができますので普通なら融資を受ける事ができない事業者にかなりオススメすることができます。

    先ほども述べたように、審査の際に一番大切なのは債権そのものの安定性だからです。ですから大手が発行した債権であるなど払い出しに信用性があるならば、赤字決算が続いていても問題なく取引ができるでしょう。

    えんナビだからできる!

    ファクタリングと言っても業者によってできることやできないことがあります。えんナビなら最短1日で現金化を行う事ができます。また業界最低水準の手数料で取引を行うことができます。秘密厳守で売掛先への通知なしでの売却ができます。24時間365日対応で全国どこからでも相談ができます。ここだからこそ多くの事が可能になるんです!

    ヒアリングで必要となるのは?

    ファクタリングのえんナビへの申込み後の審査には財務状況よりも売却希望額や売掛先情報などのヒアリングが重点的に行われますが、質問内容に関する答えをある程度用意しておけばスムーズな受け答えをすることが出来ますよ。

    ファクタリングの審査では申込み企業の財務状況はあまり重要ではなく、

    『いつまでにどれくらいの額が必要で、売却希望の売掛金の額と信用性はどれくらいか?』

    ということが重要視されます。

    ですから、えんナビの審査時のヒアリングでもその点についての質問が行われることが多くなります。

    もちろんそれ以外の質問が行われる可能性もあるのですが、出来れば『希望買取額・売掛先情報・買取の希望日時・自社の業種や売上についての情報』などはすぐに答えられる様にしておくと安心です。

    ファクタリング会社とのヒアリングと聞くと構えてしまいがちですが、前段取りをしておけば大きく慌てることにはなりませんよ。

    準備するものが少ない!

    ファクタリングの特徴の一つとして担保や保証人が不要であることです。融資とは異なるためこうした少ない準備で済むわけです。もちろんえんナビも担保や保証人は不要で利用できますので、抵当権の設定が難しい方も安心して申し込めます。ヒアリングの際には会社情報や売掛債権の情報が必要となりますので、それはしっかりと準備しておきましょう。

    一般的に必要になる書類は?

    えんナビでファクタリングをする際に必要になる書類は取引内容によって詳細は異なりますが、一般的には次の書類を用意する必要があります。

    1.免許証やパスポートなどの「本人確認書類」

    2.売掛先からの過去の支払い履歴が確認できる「通帳(WEB通帳含む)」

    3.請求書・見積書・基本契約書など「売掛先との契約関連書類」

    4.商業登記簿謄本や印鑑証明書

    1~3の書類は審査の前に提出する必要のある書類です。また、4の書類は契約時に必要になる書類ですので、1~3の書類をあらかじめ用意しておくとスムーズに手続きが進みます。

    留保金や前払金はいりますか?

    えんナビはファクタリングの申込みを行い売掛金の現金化を行う際に、留保金や前払金は必要無く業界最低水準の手数料(5%~)を支払うだけで資金調達が行なえます。

    「手元に現金が無いからこそ、素早く資金調達が行えるファクタリングを利用したい!」と思っているのに前払金が必要となっては使いやすいとは言えませんよね。

    また留保金が必要となると必要なタイミングで必要な額が準備できなくなってしまう可能性も低くはありません。

    ですが、えんナビは手数料はもちろん必要となりますが『留保金・前払金』のどちらも不要ですから安心です。

    えんナビは30万円から5000万円まで対応可能で、売掛金さえあれば即日資金化も可能な頼りになる場所ですので、お急ぎの企業様も手数料以外の余計なお金に振り回されたくないとお考えの企業様にもおすすめ出来る会社と言えます。

    余分な費用はかかりません!

    ファクタリングを行うに際してえんナビでは留保金や前払金などは一切不要です。必要になるのは売却に際して支払う手数料です。この手数料も業界では最低水準のパーセンテージと言われていますので安心して利用できます。もちろん手数料は債権の種類や金額によって変わってきます。でも余分の費用が掛からないのは本当に助かります!

    3社間取引のメリットとデメリットは?

    えんナビは「3社間取引」によるファクタリングも行えます。この取引は、ファクタリング業者・利用者・売掛先の3社を交えて行う取引であり、売掛先からファクタリング業者に売掛金を払う事を納得してもらって行います。

    3社間取引のメリット

    ファクタリング業者のリスクは2社間取引と比較すると遥かに小さくなるので手数料が割安になるという良さがあります。

    3社間取引のデメリット

    売掛先にファクタリングを知られてしまうという大きなウィークポイントがあります。

    2社間取引のメリットとデメリットは?

    えんナビは一般的な『3社間取引』だけでなく売掛先へ通知しない『2社間取引』が利用出来ますが、2社間にもメリットとデメリットがあります。

    2社間取引はファクタリング会社、つまりこの場合はえんナビと申込み企業の間だけで契約が完結する取引方法です。

    2社間取引のメリット

    取引先相手に対してファクタリングの利用を知られることがないということが挙げられます。

    また、3社間で行う場合は売掛先に対して売買の承認を取る必要が出てきますが、その必要がない為に素早い買取が期待出来ます。

    2社間取引のデメリット

    2社間取引は3社間取引に比べると手数料が少し高くなりがちというデメリットがあります。

    どちらの取引方法が良いかは、申込みをされる企業様次第ということになります。急いでいるのかいないのか?取引先に対して知られても良いのかなどを考えて、どの方法を選ぶかを選択するのが良いのではないでしょうか?

    他社と比べた長所は?

    えんナビのファクタリングを他社と比べた長所としてまず挙がるのが

    『手数料の低さ・30万~5000万円までという対応可能額の幅広さ・現金化までのスピード』

    といった幾つもの点がすぐにあがります。

    それに加えて秘密厳守の徹底など利用の際のリスクの低さも忘れてはならないポイントであり、これといったデメリットが見つからない使いやすさも人気の理由なのです。

    ファクタリング会社を選ぶ時、やはり『他社と比べた長所』を考える方が多いですよね。

    えんナビは業界最低水準の手数料など長所がたくさんあるのですが、デメリットを冷静に考えてみても選ぶだけの価値を感じられます。

    実際、この場所を選ぶにあたってこれといったデメリットは見つからないはずです。

    申込みも容易で全国どこからでも利用可能だったり、担保も保証人も無用なのですから利用価値はどんな企業にとってもあるはずです。

    売掛債権の相手先への通知を行わないなど情報に関するリスク管理も徹底されていますので、安心して債権の買取を申し込むことが出来ますね。

    ファクタリングの基礎用語解説!

    えんナビでファクタリングの申し込みを行おうとしている皆様は、基礎用語とも言える『①売掛債権 ②償還請求権 ③ノンリコース』についてはご存知ですか?

    基礎用語とも言える知っておくべきこの3つの単語について説明していきますね。

     
    ①売掛債権とは

    ファクタリングの利用に絶対に必要となるものであり、これを買い取ってもらうことで資金調達を行うことになります。

    商品(サービスも含みます)を提供した場合の対価として受け取るはずの代金を請求出来る権利が『売掛債権』であり、売上債権と呼ばれることもあります。実際の所、多くの企業様が手元にこの債権をお持ちなはずです。

     
    ②償還請求権とは

    債権を買い取って貰った後、相手先企業の倒産などで支払いが行われなかった場合、債権を売った企業に対して支払いを求めることが出来る権利です。

     
    ③ノンリコースとは

    「償還されない」という様な意味になり、この方式を採用しているファクタリング会社と契約をすれば債権の相手先企業に何かがあったとしても支払いを求められることがありません。

    もちろん、えんナビはノンリコースが選択出来ますので安心して利用していただけますよ。

    手形との違いは?

    えんナビで行えるファクタリングと、約束手形や受取手形を使った手形割引は同じ様に思われがちですが、実は『返済義務の有無』という大きな違いがあるんです。

    まず『ファクタリング』とは売掛債権を売却することによって資金調達を行う方法です。

    次に『約束手形』とは「何月何日に何円を支払います」と記載されている書類(有価証券)とお考えください。

    そして『受取手形』とは指定された日に指定の金額を受け取ることが出来る権利が記された書類という感じです。

    これらの手形も指定日になればお金が受け取れますが、それまでに資金調達をしたい場合には手形割引という方法で資金を得ることも出来ます。

    これは期日前の手形を金融機関に買い取って貰う方法ですが、期日が遠ければ遠いほどに割引され受け取れる額が減ってしまいます。手形割引でもどちらでも、本来支払いが行われるより早いタイミングで資金を得られるという点では同じです。

    ですがファクタリングは、もしもの場合も返済義務は原則ありませんが、手形割引には返済義務が発生するという違いがあります。ですから取引完了後の安心感で言えば、えんナビでの債権の買取をして貰う方が断然有利となりますね。

    違いを見極めてメリットを生かす!

    ファクタリングはこれまでの資金調達方法と全く異なる方法ですので、しっかりと手形取引や融資との違いを見極めておきましょう。特にえんナビを使えば少額から高額まで様々な売掛金をスピーディに取引できますので使えるシチュエーションはたくさんあるはずです。従来型の融資と併用させることで円滑に手元資金を充当できます。


    同ジャンル・関連ページ


    当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる