在籍確認なし消費者金融

在籍確認なしで契約できる消費者金融は?

在籍確認は契約申込時に記入した職場で本当に働いているかを電話連絡によってチェックするものです。

実際、こうしたチェックは審査の一部として不可欠なものと言われていますので、基本的に在籍確認をなしにすることはできませんが、確認の『方法』を職場への電話連絡ではなく、勤務先に勤めていることが分かる書類を提出することによってする方法もあります。

これを行っている消費者金融は数は多くありませんがあると言えます。

当ページでは、職場への電話による在籍確認なしで契約できる消費者金融や利用条件、職場にばれないようにするための方法などを解説していきたいと思います。

どうしても在籍確認が困る場合は?

電話連絡での在籍確認なし

電話があまりかかってこない職場の場合、電話での在籍確認をされるとそれだけで少し怪しまれてしまう可能性があります。

また、外部から(または、知らないところから)の電話を繋がない職場の場合、確認をするのが困難になっていまいますよね。

そのような場合は、事前に業者に相談する事で電話以外の方法でしてもらえるケースがありますし、条件はありますが職場への電話連絡なしで契約できる消費者金融もあるので、そちらを利用するのがおすすめです。

では、電話以外の方法とは何かというと、勤務先に勤めているしていることが分かる書類(給与明細書や社員証、社会保険証など)を提出するという方法です。

こちらの方法を取れば電話での在籍確認をなしにできる可能性があるため、より職場にバレる確率を減らすことができます。

注意点として、全ての人が全ての消費者金融で利用できる方法ではありませんので、事前にオペレーターに相談しておくのがおすすめです。

原則として契約にあたってはどのような方法であったとしても在籍確認を行うのがルールとなっていますので、あくまで『受けるもの』という前提で考えてください。

SMBCモビットのWEB完結契約

SMBCモビットのWEB完結

職場への電話連絡なしで契約できる消費者金融としてSMBCモビットが挙げられます。

SMBCモビットのWEB完結申込(カードレス・郵送物なし)が他社と違うところは、原則電話連絡がない※というところです。

キャッシング審査をする時には必ずある在籍確認の電話ですが、煩わしく感じる方や職場にバレるのではないかと心配される方もいるかと思います。

そのような悩みは、SMBCモビットのWEB完結申込が解決してくれますので、電話連絡や郵送物なしで契約したいという方はこの方法で申し込みをすると良いかもしれません。

但し、SMBCモビットのWEB完結申込は条件があり、以下の条件を満たしている方のみが申込できるようになっています。

WEB完結申込の条件

「三井住友銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行のどれかの口座を持っている方」そして、「社会保険証または組合保険証を持っている方」

(※状況により電話連絡がある場合がございます。)

>SMBCモビットの詳細はこちらから

アコムの在籍確認

消費者金融と契約をする場合、申し込み時に入力した勤務先に本当に勤めているのかをチェックする「在籍確認」をオペレーターが行うのが通常の審査の一部です。

大手消費者金融のアコムでも原則、オペレーターによる確認がなされることになっています。

しかし、在籍確認の際には契約申込者のプライバシーに配慮して担当者はアコムの名前を出さず、担当者本人の名前を出すので、職場の人に消費者金融の利用がバレる危険性は少ないと言えます。

それでも、職場への電話連絡は難しいという人のためにアコムは「書類による在籍確認」を行ってくれる可能性があります。

給料明細書や健康保険証、社員証などを提出することによって電話連絡なしで契約が可能となる場合があります。

状況によっては書類による確認が難しい場合もあるようですので、事前にオペレーターと相談するのがオススメです。

>アコムの詳細はこちらから

プロミスの在籍確認

プロミスの在籍確認は基本的にアコムと同様に職場への電話連絡で行われます。

その時にはプロミスという社名は出さずにオペレーターの個人名で行われるため、会社の人に怪しまれる可能性は低いでしょう。

電話での在籍確認が難しい場合は、事前にオペレーターに相談するようにしてください。

>プロミスの詳細はこちらから

在籍確認はどのように行われるの?

在籍確認はオペレーターの個人名で連絡

大手は特にですが、周囲に消費者金融を利用している事を防ぐ為に様々なサービスを用意してプライバシーを守るように配慮してくれています。

職場への「在籍確認」も最大限プライバシーに配慮してくれるので周囲にバレる心配が少なくなっています。

電話連絡する際、契約申込者以外の人が電話に出た場合、担当者は「消費者金融」の社員であるとは言わず、自分の名前(個人名)を出します。

例えば、「もしもし、私は〇〇(担当者の名前)と申します。〇〇さんをお願いします。」という感じで、個人の知り合いを装ってくれるのでばれる確率は低いでしょう。

もし本人が出ることが出来なかったとしても電話に出た方が「席を外しております」などと返答をしてくれるだけでも完了出来るということになります。

回答が「お答えできません」の場合は確認が取れたとはみなされない可能性がありますので、注意してください。

念のために言い訳を考えておこう

言い訳を考えておくと安心

在籍確認が終わった際に何の電話だったのか職場の人に聞かれる場合もあると思います。

その場合を考えて念のため良い言い訳を考えておくと安心です。

例1.クレカの審査でも同様の電話があるので、クレジットカードの申込をしたから連絡があるかもしれないと話しておくのも良いかもしれません。

具体的にクレジットカードの名前やブランドを考えておくとより良いですね。

例2.保険などの勧誘だった

例3.営業マンの方なら「取り引き先の人からの電話だった」

このように聞かれた時のことをシミュレーションしておくことによって慌てることがなくなるため、怪しまれずに在籍確認を完了することができると思います。

土日祝日の在籍確認は?

大手消費者金融は、スマホ・PCを利用したネットからの申込をすれば土日祝日であっても契約が可能となります。

そこで気になるのが「在籍確認」についてです。

会社が休日の土日祝日はどうなるのかという疑問や心配がありますよね。

「在籍確認なし」にはできませんが、融通がきく消費者金融なら、それ以外の契約条件をクリアしている場合は「仮契約」という事で数万円の少額ならばキャッシングを許可してくれ、月曜日に電話連絡による在籍確認を完了させてから「本契約」という形になるという口コミ投稿もあります。

しかし、これはすべてにあてはまる状況ではないかもしれません。

土日祝日の在籍確認については、別の解決方法を提案してくれることもあるので、オンラインからの申し込み後に一度オペレーターに相談してみると良いです。

また、より確実に早く契約したい場合は大手業者なほど対応も丁寧に迅速に行ってくれやすいです。



同ジャンル・関連ページ