事業費が足りない時におすすめの資金調達方法

事業費が足りない時にビジネスローンやファクタリングを利用して資金調達をする経営者の方もいるでしょう。

ビジネスローンやファクタリングは、銀行に比べると資金調達までのスピードが速いのが特徴となっているので、急ぎの時には特に重宝しますよね。

しかし、中小のビジネスローンやファクタリングだとサービスがあまり良くない事もありますし、融資を受ける時の条件が悪くなってしまうケースも少なくありません。

ビジネスローンやファクタリングを利用する時はサービスが優れている大手や契約内容をしっかりと伝えてくれる業者がおすすめです。

事業資金を調達する時はそのようなところで借りる事を検討してみましょう。

気軽に資金調達できるビジネスローン

開業して間もない法人や個人事業主は事業性資金を調達するのに苦労するケースが多いのですが、そんなときに利用をおすすめしたいのがビジネスローンの活用です。

手軽に利用できる事業性融資としては銀行などの当座貸越が有名ですが、カードローン型のビジネスローンは原則保証人や担保が不要で契約できますし、WEBで契約申込みや問い合わせができるようになっているので、とても便利で地方の経営者の方でも利用しやすくなっています。

最も手軽に事業性資金を調達できる方法の一つと言っても過言ではないのではないと思います。

総量規制対象外となります

ビジネスローンは「総量規制対象外」で融資を受けることができるため、一般向けのカードローンに比べて利用可能な限度額が高くなりやすいです。

ですので、一般向けのカードローンでは借りられないような高額な資金調達ができる可能性があるのでビジネスの可能性が広がりますよね。

そういった事からビジネスローンは、現在の事業を更に拡大したい場合や新しく事業を始めたい時に向いているローンです。

事業費が足りない時はアイフルビジネスファイナンス株式会社

アイフルビジネスファイナンス株式会社の融資スピードが速いのには、中小企業に融資するためのバックボーンがしっかりとした形で整備されているためと考えられます。

三井住友信託銀行と消費者金融アイフルとの共同出資で設立されたアイフルビジネスファイナンス株式会社は、融資など金融事業に関するノウハウが両者から受け継がれています。

アイフルビジネスファイナンス株式会社としても、中小企業を中心に多くの実績を積んでいます。

そんな経験とバックボーンの強さから、現在のような融資スピードを実現できていると言えます。

大手企業のノウハウを詰め込んだサービスを中小企業や個人経営者のためにフィードバックしていますので資金が足りない時でも質の高いサービスがスピーディに味わえるのです。

事業を動かすのに役立ちます!

手元に事業費などの資金があると足りない時に役立ちますよね。商売は素早い判断と行動力がカギです。それにこたえるのがスピードあるビジネス向け会社です。水商売など銀行援助が期待できないと感じておられる経営者の方もまず一度試してみてください。事業費の補充や設備投資にも活用できます。

法人の方はアクト・ウィル

担保や保証が原則不要なのもアクト・ウィルの大きなメリットですよね。

アクト・ウィルは法人の方限定のビジネスローンとなっています。

必要書類を前もって準備しておく必要がありますが、最短で60分で審査が完了、早ければその日のうち(即日中)には融資可能とスピーディに契約ができるビジネスローンです。

先ほど記載した通りビジネスパートナーは、担保・保証が原則不要で最大5,000万円までの借入が可能ですので、まとまった融資を必要としている法人に向いています。

新規貸し付けキャンペーン

アクト・ウィルのメリットとして挙げられる点は先ほども記載した融資スピードと担保や保証が原則不要な点ですが、次に挙げられるのが、最大で30日もの間、金利0円で融資が受けられるという点です。

これは、初めてアクト・ウィルで契約をする方で小切手・手形をお持ちの方限定にはなりますが、事業資金の融資を受ける方にとっては非常に大きいメリットとなります。

金利0円の間に全額返済出来なくとも、ある程度元本を返済しておけば、金利0円期間終了後は、元本の残額に対して金利がかかる形になるので、利息の増加もかなり抑えられます。

ビジネスパートナー 不動産担保ローン

ビジネスパートナーの不動産担保ローンは、法人はもちろん、個人事業主の方でも利用できる商品です。

100万円~10億円という大口にも対応しており、実質年率も2.50%~15.0%となっているため、幅広いケースに対応しやすくなっています。

そして、土地や建物を担保にするので通常のビジネスローンより審査に時間が掛かってしまいますが、それでも最短5日で融資可能とスピード対応となっています。

カードローンタイプの不動産担保ローンとなっているので、利用限度額の範囲内で自由に借入・返済をすることができてとても便利です。

契約の際に受け取ったカードは全国のセブン銀行ATMで24時間使うことができます。

融資型クラウドファンディング

個人事業主や法人が事業費を調達する方法は様々ありますが、ガッチリと多額の事業費を調達したいならばクラウドバンク・フィナンシャルサービスがオススメです。

クラウドバンク・フィナンシャルサービスが提供する事業者向け融資は「融資型クラウドファンディング」であり、資金の源泉はインターネットを通して不特定多数の投資家達から集められるシステムとなっているので、最大10億円借りれます。

初めて貸してもらう場合であっても最大10億円貸してもらう事が可能です。

ファクタリングのメリットはスピード

事業者向けローンは、業者によっては保証人や担保が必要な場合もあり、審査に時間もかかるので申し込みから融資まで時間がかかってしまうというデメリットがあります。

一方、ファクタリングは多くの業者で保証人や担保が不要になっているため、審査も早く終了し、申し込みから入金まで最短即日で完結させることが可能なほど、現金化のスピードが速いことがメリットになっています。

急いで事業資金が必要な時などにファクタリングは頼りになります。

赤字や税金滞納していても可能

事業者向けローンに事業融資の申し込みをすると審査で会社の経営状態を調べられます。

問題なければ審査に可決されますが、赤字状態だったり税金を滞納していたりすると否決される可能性が高くなってしまいます。

しかし、ファクタリングをする場合は売掛金が存在していれば、会社が赤字状態だったり税金を滞納していても審査に通過する可能性があります。

融資を受ける時に会社の経営状態に問題がありそうな場合はファクタリングをして資金調達をするのがおすすめです。

今すぐ必要ならファクタリングのTRY

今すぐお金を借りたいという場合、今まででしたら銀行や金融会社などからの融資を依頼する形がほとんどでした。

ですが最近ではファクタリングによる資金調達もできるようになりました。

ファクタリングでは専門の業者を通じて売掛金の売買を行うわけですが、その中でもファクタリングのTRYは『最短1日で現金化』できることから、ファクタリング業者の中でも特に人気があります。

秘密主義なので安心

ファクタリングを利用するに際して、取引先にその事実を知られたくない場合もありますよね。

その場合に至っても、ファクタリングのTRYは2社間取引きが可能ですので、取引先に対して秘密を漏らすようなことはしないのです。

そのために、自ら打ち明けでもしないかぎり、自社が資金難であることを取引先に察知されるようなことはありません。

そのために、ファクタリングのTRYを利用したとしても、何ら取引先は関知してきませんから、安心して使える業者となっています。

実績が多い資金調達プロ

事業費が足りない時にどのような方法で調達をするのが適しているのか分からなくなってしまう事も多いです。

それで事業費の調達の方法で悩んでいる時間が多くなりビジネスが進められなくなってしまう事もよくあります。

しかし資金調達プロは提携事業者数が1000社以上なので最適な方法を見つけてくれます。

また、スムーズに手続きする事が出来るのでビジネスも進めやすくなり会社の経営状態が回復していく事にも繋がっていきます。

即日で資金調達が可能

資金調達プロはファクタリングという方法で資金調達をするのでまず取引先に売掛金の請求書を発行します。

その後に売掛金がしっかり存在している事を確認してもらい売却する事が出来れば即日で資金調達をする事が可能です。

事業者向けローンは審査で融資可能なのかどうかを判断する事が多いですが、資金調達プロは売掛金の存在がある事が重要なので手間がかからない流れで行われるので早く資金調達する時におすすめのファクタリング業者と言えます。

全国各地に対応している

事業費の調達を目的でファクタリングをする時に業者に依頼する事になりますが、地域制限がある事も多いので対応してくれない場合もあります。

それで事業費の調達をする事が出来なくて困ってしまいケースもよくあります。しかし資金調達プロは全国各地に対応しているのでどの地域に会社がある場合でもしっかり対応してくれます。

事業費の調達方法についていろいろなサポートをしてくれるので足りない時でもすぐに調達する事が出来ます。特に地方の経営者は資金調達プロをよく利用しています。

審査が最速の株式会社オッティ

事業資金がどうしても足りないから一分一秒でも早く調達したいという人にオススメなのが、株式会社オッティが提供している「ファクタリング」による事業資金調達です。

ファクタリングは事業者向けローンとは違い、売掛債権売却による事業資金調達であるのでサービス利用者の経営状況や信用力に関わらず資金調達できるメリットがあります。

そして、オッティのファクタリングは素早く資金調達できるというメリットもあり、業界最速レベルの審査スピード(最短3時間)によって「最短1日」で売掛金を現金化する事が可能となっています。

全国対応!いつでも申込み可能

株式会社オッティならオンラインでの手続きが可能になっているため、来店などの必要もなく全国どこからでも申し込みをすることができます。

受付時間も24時間いつでも受付しているので都合の良い時間帯に申し込むことが可能です。

法人の融資ですと何かと手続きが複雑だったりもするものですが、株式会社オッティのファクタリングなら申込は全てオンラインで行うことができます。

2社間取引が可能

ファクタリング利用者の多くの人が思っているのが、「売掛先へのファクタリングの利用バレを防ぎたい」というものです。

株式会社オッティなら可能となります。事業者向けローンは、ローン利用者と金融業者の間だけで取引が完結しますが、ファクタリングは売掛金を売却する為に売掛先の業者も取引に関わってくる事になります。

しかしオッティは、事業資金(売掛金売却代金)を払ってもらったファクタリング利用者が新たな売掛金(売掛債権)所有者となったオッティの代わりに、後日、売掛先から資金を回収して払うという「2社間取引」を認めているので、売掛先にファクタリング利用がバレません。

赤字決算などでも可能性がある?

売掛金や手形などを担保にした融資サービスは銀行でも取り扱いがありますが、銀行の融資サービスの場合、自社が赤字決算をしていたり税金を滞納しているなど、決算書の数値や業績が思わしくない場合には融資を断れてしまう可能性が非常に高くなっています。

しかし株式会社オッティであれば赤字決算をしていても税金を滞納していても売掛金があれば資金調達が可能なので、書類上の業績が思わしくない場合でも便利に利用できます。

事業資金エージェントは即日入金

事業資金エージェントは、法人経営者だけではなく個人事業主の方に対し、積極的なファクタリングを実施しています。

ファクタリングは借金とは違った形になっており、売掛金を買取することで、事業資金を調達する形になっています。

即日入金は当たり前としており、最短で3時間後に入金できる可能性もあるほどのスピード対応となっています。

事業資金エージェントはスピーディーなファクタリング手続きを実施していき、短期間でお金を資金調達できるように取り組んでいます。

株式会社JTCで事業費を

事業費の調達を急ぐ場合、申し込み手続きや売掛金の査定手続きはスムーズなファクタリングが好ましくなります。

株式会社JTCなら少ない情報を記入するだけの『カンタン無料査定』のサービスがあり、急いでいる時にもスムーズに査定依頼を行うことが出来ます。

調達額もその場で分かるため、現金が足りない時でも空いた時間に査定依頼を行うことができ、経営者や経理担当者の業務を妨げてしまうという問題が解決出来ます。

また、土日も対応しているため、週明けに回答されるということもなく、土日の間、資金繰りで悩み続けるということも無くなります。

審査方法に魅力があるえんナビ

審査方法がこれまでのファクタリング会社とは異なっていることがえんナビの特徴です。

銀行によるファクタリングで問われていた問題点としては、債務超過や税金滞納などによって審査に否決する場合が多々あったようです。

しかし、金融機関などによる審査方法が異なっているために、売掛金さえ不足がなければ最短当日で資金調達を可能としているのです。

365日24時間対応だから早い

えんナビ最大の特徴は、その優れた顧客対応力です。

365日24時間いつでもネットからの申し込みができますし、問い合わせをすることのできるフリーダイヤルが用意されているのです。

申し込みに関する問い合わせはもちろんですが、利用中の各種質問や問い合わせにも随時対応してもらうことができます。

通常の金融機関営業時間には、忙しくて問い合わせができないという業種の方も存在するでしょう。

多くの事業者の方が、安心かつ便利に利用することができるようにと用意されているサービスなのです。

ビジネスにおいては、支払期日の厳守は企業の信頼性という点で非常に重要な点です。

365日24時間ファクタリングの申し込みに対応しているため、急ぎの資金調達の希望を叶えてくれることでしょう。

ファクタリング東京なら当日調達

ファクタリング東京は最短で当日調達ができるので、緊急事態に金融会社を探している時に非常におすすめができます。

当然売掛金等を利用した融資サービスといえば、銀行の手形割引などが有名ですが、銀行の融資の場合審査が厳しく、リスケ中や赤字決算の場合融資を断られてしまう可能性が高いと考えられます。

しかしファクタリング東京なら、リスケ中でも赤字決算でも税金を対応していても利用可能なので、非常に便利な融資サービスといえるのです。



同ジャンル・関連ページ