ファクタリング即日

即日対応のファクタリング会社

即日対応のファクタリング専門業者も増えたので、緊急事態の事業資金の調達に便利ですよね。

金融機関から貸し付けを受けようと思う場合、銀行の融資審査は1ヶ月から3ヶ月、ノンバンクの貸金業者でも1週間ほど掛かるといわれています。

しかし先ほどお伝えした通り、ファクタリングであれば(場所によって多少異なりますが)、早くて即日で売掛金を現金化でき、必要な運転資金をスピーディーに調達することが可能になっています。

また、金融機関の融資では、決算書から赤字決算でないことや負債が膨らんでいないことが精細にチェックされ、信用情報機関の与信確認もあり、経営状況が悪ければ貸し付けを受けることが難しくなっています。

ですが、ファクタリングは赤字決算だったとしても売掛先の信用度に応じて、売掛金の買取審査となるため、自社の影響により審査落ちというリスクが低くなっています。

また、税金滞納中で銀行口座に入金された時点で口座が差し押さえになるといったことも、ファクタリング会社に相談しておくことで回避することが可能になっています。

ファクタリングの契約する前に!

・手数料が何%でいくらになるかを確認すること!
・入金のタイミングで資金繰りが間に合うか確認!
・税金滞納や赤字経営の状態でも大丈夫かを確認!
・2社間ファクタリングでの対応が可能か!

ファクタリングのTRY 株式会社オッティ 事業資金エージェント
現金化までの時間
最短即日
手数料 5%~20%程度 5%~ 1.5%~
WEB申込み
※500万円まで来店不要
秘密
2社間対応
詳細 詳細 詳細 詳細

 

コンテンツ一覧

ファクタリングのメリットとは?

最大手を選べば最短即日も!

ファクタリングの人気が急上昇している理由は、最短即日現金化ができるからです。最大手の事業者を選ぶことが一つのポイントですが、この速さは銀行融資や金融公庫を絶対的に上回るスピードです。

来店不要で全国対応!

最短即日というメリットに加えて、24時間いつでもネットで申込みを行える便利さも注目です。またネットを活用することで全国どこの事業者でも利用できるため事業地や地域によるハンデがありません。

高額対応でまとめて!

ファクタリングは売掛金の売買のため貸付よりも大型利用が期待できます。最大3億円までの高額契約ができる大手業者も存在しています。資金調達の悩みを速攻で解決できます。

資金調達プロ

最短即日調達
来店不要
10秒診断
最大3億の資金!
銀行で断られても

お申し込みはコチラ

ファクタリングのTRY

最短即日
来店不要
赤字決済時も
全国幅広い業種で
徹底した秘密厳守

お申し込みはコチラ

クイックマネジメント

最短30分入金
来店不要
日本全国対応
赤字・債務超過でも
24時間365日対応

お申し込みはコチラ

売掛金さえあれば良い?

銀行からの融資や貸金業者のビジネスローンの場合、営業年数や経営状況の条件が設けられており、銀行なら3期分の決算書、貸金業法なら2期分の決算書が必要になります。

その結果、起業から間もない会社すなわち1期目や2期未満の会社は貸付けを受けることが出来ません。

ですが、ファクタリングの場合、起業から間もない会社やベンチャー企業でも使用でき、売掛金さえあれば利用可能という業者が大半です。

そのため、運転資金がすぐにでも必要、あるいは事業拡大や販路拡大、大口の契約のために資金が必要という場合でも、売掛金の金額に応じてスムーズでまとまった資金調達が可能になっています。

また、売掛金の金額や買取方法により、手数料が低くなる傾向にあり、金融機関での利息よりもコストを抑えられる可能性があります。

必要書類や審査の注意事項

ファクタリング契約では、売掛金が発生している取引先の情報(取引契約者を含む)、売掛金を確認する請求書、定期的な取引が行われ入金がされていることを確認するために銀行口座の取引履歴が基本的には必要です。

これらの情報から、売掛先の信用度が審査され、売掛金の買取手数料や掛け目が設定されます。

また、2社間取引を利用する場合、自社の経営状況や信用度のチェックのため、決算書が2期分や登記簿謄本が基本的には必要になります。

これらは会社が存在していることを確認するだけでなく、ファクタリングにより資金繰りが改善されるかどうかのチェックも行われ、資金繰りの改善が見込めず、ファクタリングにより資金繰りがさらに悪化する場合は審査通過は厳しくなります。

また、税金や社会保険料を滞納している場合、各種納税証明書や社会保険料納入証明書が追加提出する必要があります。

ファクタリングは利用する会社の状況により、必要な書類が変わるため、申し込み手続き前に予め確認しておくことがおすすめです。

財務上のメリット

ファクタリングは即日契約というスピード面でのメリットが一番強調されていますが、これまでも考えてきたように赤字決算などの貸し付けが難しい企業でも利用できるという間口の広さも魅力の一つです。

それに加えて忘れてならないのは財務上のメリットです。経営者の方であればすぐにお分かりになる点ですが、借金や債務が多くキャッシュが少ないと、売り上げがいくら多くても倒産の可能性が潜んでいます。

いわゆる『黒字倒産』です。これを防ぐためには、債務を減らすとともにキャッシュを常にキープしておく必要があります。

この点で役立つのがファクタリングなんです。売掛債権は数か月後に現金になるとはいえ、債権のままでは何の利益も生み出していない事になります。

それをファクタリングによって早期に現金化することで、財務上では収益を上げてキャッシュを手にしたことになります。

また融資ではないため債務とはならないためバランスシートにおいては健全な財務状況へと移っていくことになります。

そうすれば銀行融資をさらに引き出すこともできますし、社会的な信頼を得る事にもつながりますよね!

最短『当日中』の資金調達ができる
日本全国どこでも利用ができる!
2社間契約対応なので安全性が高い!
保証人や担保不要なので使いやすい!
手数料が5%~利用できる!

スピード 地域 手数料
即日資金化 全国対応 5%~
2社間契約 申込時間 WEB完結
可能 24時間365日 対応

 最短で当日中に買取をしてくれるファクタリングのTRYは赤字決算、税金滞納時でも利用できますし、2社間契約にも対応しているのでかなり注目をされています。また日本全国に対応してますし手数料が『5%~』とお得になっています。

最短で3時間対応なのでスピーディ!
日本全国どこでも利用ができる!
最大5,000万円まで資金調達が可能!
赤字決算、税金滞納時でも利用可能!
保証人や担保不要なので使いやすい!

審査時間 限度額 赤字決算
最短3時間 5000万円まで 対応可能
地域 2社間契約 WEB完結
日本全国 可能 可能

 最短で3時間で対応してくれる株式会社オッティは最大5千万調達ができる便利なファクタリング会社です。2社間契約も可能ですし税金滞納、赤字決算の時でも素早く契約を進められるので緊急時の資金調達にピッタリです。

事業資金エージェント

最短『3時間』後に入金が可能!
日本全国どこでも利用ができる!
最大『3億円』まで資金調達が可能!
手数料が1.5%~と業界最低水準!
保証人や担保不要なので使いやすい!

スピード 限度額 手数料
最短即日 最大3億円 1.5%~
WEB申込 地域 2社間取引
24時間365日 全国対応 対応

 事業資金エージェントは最短1日で売掛金を現金化してくれますし、最大で『3億円』まで可能となっています。また『1.5%から』という業界最低水準の手数料で売掛金の売却が行えるのも人気の理由です。

最大『3億円』まで資金調達に対応!
保証人や担保不要なので使いやすい!
インターネットで全国対応している!
最短『10秒』の無料診断も可能!
利用事業者数は1万社を突破!

スピード 限度額 無料診断
最短即日 最大3億円 最短10秒
申込時間 ネット契約 つなぎ融資
WEBで24時間 対応可能 対応可能

 最大で『3億円』までの資金調達に対応している資金調達プロのファクタリングは無料診断はわずか10秒で行えますし、最短で即日取引ができるので便利です。利用事業者数も1万社を突破いる便利な業者です。

早いファクタリング会社を使って即日現金を

 
ファクタリングだから絶対的に早い!

融資よりも契約までの早さでは絶対的に早いと言われているのがファクタリングによる取引です。大手の会社であれば最短即日現金化も十分に可能です。審査がわずか3時間で終わる場所もあります!

 
月々の返済はありません!

ファクタリング会社を使うメリットの一つが債権の売却取引のため毎月の返済や利息の支払いの必要がないことです。取引の際に支払う必要がある手数料の低いおすすめの会社を使えば高値で売却することも可能です。

 
新規事業者にも門戸が!

即日利用も可能なファクタリング会社では新規事業者や業歴が浅い法人にも取引の可能性があります。また融資ではないため赤字決算が続いている事業者でも有効な債権を持ち合わせていれば申し込むことができます。

ファクタリングと銀行融資の違いは?

商品の納品やサービスの提供が完了したものの支払期日が来ておらず、未だ入金されないお金のことを指す売掛金。その現金化を早めてくれるサービスがファクタリングです。

銀行融資との違い!

ファクタリングは、すでに商品が売れ、確実に返ってくるお金を前借するという仕組みのものであり、担保を預けることで返済できるかどうかは分からないお金を借りる融資やローンとの違いはそこになります。

そのため、支払い期日を待たずに資金を調達し他のことに転用できるのがファクタリングのメリットです。当然、お金が返ってくることは分かっているので担保も不要です。

ビジネスローンとの違いは?

ビジネスローンとファクタリングは、同じようにビジネス資金を用意する方法として知られています。

しかしビジネスローンとは審査体系が異なるためより多くのタイプの会社にチャンスがあるという特徴があります。

ビジネスローンとの違い!

ファクタリングは、売上債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金を調達します。

また、ファクタリングは会計上は売上に分類されますが、銀行融資やビジネスローンは、借入金となってしまいます。

借り入れに関しては、その企業により借入枠が決まっており、その枠を使い切ってしまうと借りられなくなってしまいます。その場合はファクタリングを利用して、手数料を支払い売掛債権を買い取ってもらうことで資金を調達することが可能となります。

印象が悪くなる事もありません!

事業資金を調達する時に銀行やビジネスローンを利用するのが一般的ですが、融資という形になってしまうので信用情報に履歴が残ってしまいます。

融資を受けている企業は他社から見ると印象が悪くなってしまうので取引をするのを断られてしまう事もよくあります。

ファクタリングのメリット その1

ファクタリングは未回収の売掛金を業者に売却して現金化する方法なので融資という形ではありません。

それで信用情報に融資をした履歴が残らないメリットがあるので、他社からの印象が悪くなる事もありません。

赤字決算や税金滞納時でもできる!

ファクタリングを行う会社は融資とは異なり、貸した資金を回収できないという事態を考慮せずに済みます。

そのため審査は非常にスピーディで比較的通りやすいものとなり、資金調達の手続きもとても短くスムーズです。

ファクタリングのメリット その2

赤字や税金滞納で銀行などの金融機関からの新たな融資を受けづらい状況であっても、しっかりと返済されることが分かっているため、ファクタリングを行う会社は売掛金を現金化してくれます。

ファクタリング会社を比較する時は早さと手数料をチェック!

即日で売掛金を現金化できるファクタリング会社を選ぶ際のチェックポイントを2つご紹介します。

①現金化までのスピードと買取手数料をチェックすること

スピードについては即日審査なのか、それとも即日現金化なのか見極める必要があります。

即日対応とホームページ上に大きく宣伝していながら実際に売掛金を現金化するまでに最短1日といったファクタリング会社もあります。

実際に即日対応となるのは審査までで、契約や現金の入金が翌営業日以降かは、必ずチェックするもしくは相談時に確認するのがおすすめです。

②次に買取手数料については手数料と別途発生する費用が別々になっていないかがチェックすること

手数料を低い割合で掲げていながら債権譲渡登記に掛かる固定費は別請求というファクタリング会社があります。

結果、少額の利用で手数料と債権譲渡登記費用が相殺され予想外に少ない入金になってしまいます。

そこで、買取手数料については債権譲渡登記費用も含んだものになっているか確認し、含まないのに割合の高いファクタリング会社は避けるのが重要です。

チェックポイントまとめ

・現金化までのスピード
(「即日審査」、「即日資金化」など会社によって違いがあるので注意してください。)

・買取手数料はいくらなのか
(別途費用(債権譲渡登記に掛かる固定費など)が発生する会社もあるのでホームページなどで確認しておくと良いでしょう。)

契約に必要な書類や審査の注意事項は?

必要書類

契約を結ぶ際には、商業登記簿謄本、過去三年分の決算書の写し、これまでの取引と入金が確認できる書類、取引先との基本契約書の写し、売上債権に関する資料などが必要となります。

必須ではありませんが、書類がそろっていればいるほど取引はスムーズになります。

この時の注意点としては、何よりもしっかりと契約書を確認するということです。

手数料が法外な値ではないかや相手が正規の業者であるかなど、リスクを回避するための情報は全てそこに詰まっています。

現金化したことは内緒で取引可能!

大手ファクタリング会社であれば即日利用を行ったとしても秘密厳守で取引することが可能です。ファクタリングには大きく分けると2つの方法があります。

 
①債権を発行した企業を含めた3社間取引
 
②ファクタリング会社と御社との間で行う2社間取引

 
2社間取引を選べば冒頭でも述べたように秘密厳守で取引を行う事ができますので、債権発行元の取引先企業には内緒で現金化を早期に行う事ができるんです。

この時に注意してい欲しいのは、情報を適切に管理してくれる大手で信頼できるファクタリング会社をしっかりと選ぶことです。

そうすれば取引先に余計な心配や迷惑をかけることなく、経営資金を手にすることができるのです。

2社間・3社間のメリット・デメリットは?

上記のように、ファクタリングでは主に2つの取引方法に分類されます。

それぞれの取引にはメリットやデメリットがありますので、自分の会社に合っている方法を選ぶようにしてください。

まず、2社間取引を選択した場合、3社間取引より手数料が割高になってしまうというデメリットがあります。

手数料が安くなるメリットがあるので3社間取引でファクタリングをする事を選ぶ経営者も少なくありません。

しかし、3社間での取引においては、売買契約に関して取引先に通知されるので事業資金を調達した後に関係性が悪くなってしまう可能性が少なからずあります。

取引先と良好な関係を続けていきたいと考えている場合は、秘密にできる2社間取引を選択するようにしてください。

またスピード面でも2社間の方が一般的には速く最短即日契約が主流ですが、3社間では取引先の了承を得るなどが必要なため数日かかるのが通例です。

ファクタリングのTRY 株式会社オッティ えんナビ 事業資金エージェント
資金化までの時間 即日買取り 即日対応 即日資金化 即日入金可
手数料 5%~20%程度 5%~ 5%~ 1.5%~
WEB申込み
※500万円まで来店不要
2社間対応
秘密
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

手数料の低さで考えるとファクタリングのTRY!

24時間365日対応と即日現金化のファクタリング会社と人気のあるのがファクタリングのTRYですが、手数料もほかの会社よりも低く設定されています。

業界最低水準の5%から20%程度の範囲で売掛金の買取を行っています。

しかも、この手数料には債権譲渡登記や登記抹消の費用も全て含まれており、トータル的な資金調達コストが抑えられるといってメリットがあります。

中には、買取手数料は低くなっているものの債権譲渡登記や抹消費用は別請求となり、少額に売掛金の買取を依頼した結果、手数料で現金がほとんどの残らないといったケースがあります。

しかし、TRYならその心配もなく、少額の売掛金でも他社より高い金額が期待できます。

>ファクタリングのTRYの詳細はこちら

ファクタリングのTRYの2つのメリットは?

即日対応のファクタリング会社として人気のあるTRYには、他社とは異なるメリットが2つあります。

1つ目のメリットは、24時間365日対応かつ即日入金といった点にあります。

ファクタリングのTRYでは、スタッフが常駐し対応するため、深夜や早朝の申し込みも速やかに対応してくれます。

その結果、即日中の入金にも対応することができ、資金調達を急いでいるときにはメリットのあるものとなります。

一般的な会社の場合、受付は24時間対応ではあるものの、受付内容の処理やその後の対応は営業開始以降になり、待ち時間が必要になってしまいます。

しかし、ファクタリングのTYRならその時間を無駄にすることがありません。

2つ目は、提出書類に対する柔軟性にあります。

取引先との契約書、売掛金を証明する請求書や通帳の写しなどが必要になるものの、ファクタリングのTRYでは契約書が無いケースにも対応しています。

取引実態を優先するため、個別契約は行っていないものの、発注書と請求書で対応することもでき、大手のように審査で最初から断られることがありません。

取引先に知られたくない時も!

ファクタリングで資金調達をする時は売掛金を現金化する事になります。そのような時はファクタリング業者に取引先を加えた3社間取引で行われる事も多いです。

3社間取引だと取引先に売掛金を現金化する事がバレてしまうので関係が悪化するリスクもあります。リスクを考えて銀行から融資を受ける事を考えてしまう会社も少なくありません。

しかしファクタリングのTRYを利用すれば取引先を除く2社間取引で行われるので売掛金を現金化する事がバレる心配もありません。

法人の資金調達をする時に取引先との関係を良好な状態に保ちたい時もTRYを利用するのがおすすめです。

バランスの良さで定評のあるえんナビも!

最短即日で売掛金を現金化できるファクタリング会社として、えんナビも定評があります。

現金化のスピード、手数料の低さそして対応する金額範囲が30万円から5000万円と個人事業者にとって程よい設定になっています。

高額な売掛金の買取に対応しないのではないため、少額の取引が多く100万円に達しない売掛金を現金化して運転資金に充てたいという時に強い味方になります。

また、幅広い業種に対応し、販売業や製造業だけでなく、建設業や運送業そして医療業にも対応した会社です。

売掛金が取り扱い専門外だと断られる心配もありません。

>えんナビの詳細はこちら

最短即日で契約可能!

ファクタリング会社のえんナビを利用して事業資金を調達する時はまず取引先から売掛金の請求書を発行してもらいます。請求書の発行が完了したらえんナビを契約して売掛金を買取してもらう形になります。

契約する前に審査が行われますが、基本的に信用性の高い売掛金の存在を確認する事が出来れば可決されます。

契約が完了したら最短即日で振込してもらえるので手続きがスムーズなのが特徴です。早く事業資金を調達する事が出来るので利用しやすい会社です。

必要書類は?

えんナビのファクタリングを検討しているものの、審査や契約手続きに必要な書類が明記されていません。

しかし、えんナビで必要な書類は一般的に必要とされる書類と違いがありません。

会社概要や事業概要を説明している書類、過去の決算書、資金繰りが分かる書類や通帳、そして売掛金を証明する書類や取引先との契約書が揃っていれば審査や契約手続きに不足はありません。

また、税金滞納や社会保険料の滞納がある場合、それを確認できる書類も追加で必要になります。会社概要や決算書、通帳などは準備に手間も掛かりません。

売掛金を証明できる書類は請求書と入金が確認できるものとして通帳となるため、改めて書類を準備する必要がありません。

基本的には多くの書類は、既に会社にあるものばかりとなり、追加で必要なものとして印鑑証明書は最新のものを準備しておくのが重要です。

償還請求権なしのノンリコース!

ファクタリングは売掛金を買取してもらい現金化する資金調達方法ですが、会社によっては取引先が倒産して回収不可能になった時に償還請求権してしまいます。

その影響で一部償還しなければいけなくなる事もあるので不安を感じてしまうでしょう。

しかしえんナビは償還請求権なしのノンリコースで契約する事が出来るので取引先が倒産しても完全保証という形になります。

取引先が倒産するリスクを心配する必要がない点は良い部分です。

事業資金エージェントはスピーディな対応!

事業を運営していると赤字決算で経営が苦しくなってしまったり、新しい事業や現在行っている事業の拡大のために人件費や運営資金が早急に必要になったりという場合もありますよね。

そんな今すぐお金を借りたいという状況の経営者の方におすすめなのが事業資金エージェントのファクタリングです。

事業資金エージェントなら最大3億円までの高額の資金を最短3時間で調達することができるので、様々な状況下で便利に利用しやすくなっています。

>事業資金エージェントの詳細はこちら

オンライン完結で手続きできる!

資金不足で悩んでいる経営者の場合は、資金調達をする時に来店しなければいけない事に抵抗が出てしまう人も少なくないでしょう。

資金調達にために来店して手続きをしている時に知り合いに見られたら借金をしているのではないかと疑われてしまう心配をしてしまいます。

しかし事業資金エージェントはオンライン完結で手続きを行うので対面審査などは行われません。

来店する必要もないので女性の経営者でも手軽に手続きをして資金調達をする事が出来ます。

資金調達プロとえんナビの違いは?

優良なファクタリング会社として有名な一つが「えんナビ」です。

えんナビは満足度93%という評価を得ている会社であり、資金繰り改善率“93%以上”という資金調達プロと似たような評価を得ているファクタリング関係の会社となっています。

しかし、えんナビと資金調達プロはファクタリングに関係はしていても利用目的が異なる会社です。

えんナビは利用契約してファクタリングを実際に行う会社であり、資金調達プロは自分にぴったりな業者を紹介してもらう為に利用する会社です。

また、“対応金額”も大きな違いがあります。

資金調達プロは100万円~3億円の金額で行うファクタリング会社を紹介してくれますが、えんナビの対応金額は30万円~5,000万円となっており、資金調達プロで紹介してもらえる業者のように億単位の調達はできませんが、より少額から利用できるようになっています。

他社比較ができる資金調達プロ

資金調達プロとえんナビの違いは「他社比較」ができるかどうかです。

資金調達プロはファクタリング会社を斡旋してくれる業者ですので、直接資金提供をしてくれるのではなくたくさんの提携業者から自分にあった業者を教えてくれるサービスです。

対してえんナビは、大手ファクタリング会社ですので直接売掛金を買い取ってもらうことができます。

即日中に取引を行う事もでき、更に最低30万円からという少額の取引も可能なこともあって、個人事業主や中小企業の一時的な事業資金不足に便利です。

ただし資金調達プロと違い、他社比較はできないので、自分で条件にあうかどうかを判断したり他社と比較したりする必要はあります。

早さで考えると株式会社オッティがおすすめ!

即日で売掛金を現金化できるファクタリング会社なら、株式会社オッティがおすすめです。

株式会社オッティのファクタリングなら即日現金化ができるだけでなく、最短3時間で入金を受けることもでき、資金調達を急いでいるときには強い味方になります。

また、24時365日の電話対応となっており、夜間や早朝の申し込みでも営業開始まで待たされることもありません。

さらに書類が足りずに審査や契約を断ることのない、柔軟性のある対応により売掛金の現金化にも定評のある会社です。

>株式会社オッティの詳細はこちら

株式会社オッティの魅力を解説!

色々あるファクタリング会社の中でも特に早さが魅力的なのが株式会社オッティです。

一般的に3社間のファクタリングより2社間での取引の方が即日中に資金調達しやすいと言われていますが、株式会社オッティも2社間取引に対応していて最短3時間の素早い対応をしてもらう事ができます。

またメールだけでなく電話で365日対応してもらえるのも素早い資金調達を売りにしているオッティならではのメリットで、土日や連休などでも曜日を気にせずにいつでも問い合わせや申し込みをする事ができます。

柔軟な対応を行ってくれます

即日対応してくれるファクタリング会社として人気の株式会社オッティですが、特に魅力的な点が2つあります。

先ず、株式会社オッティでは24時間365日対応の受付があり、スタッフが常駐しています。

そのため、資金調達を直ぐに行う必要がある会社にとって、時間を有効に使えるだけでなく、時間的な余裕を持つことができます。

さらに遠方でも出張対応してくれるため、わざわざ遠方から株式会社オッティの窓口まで審査や契約のために足を運ぶ必要もありません。

2つ目は、必要な書類の不足に柔軟な対応を行っているということにあります。

書類が1つ足りないというだけで、お役所や大手の考えの固いファクタリング会社のように事務的に断られることがありません。

売掛金の発生している相手先との契約書がないといったことは少なくはありません。

しかし、株式会社オッティでは請求書や入金を証明できる書類で対応してくれることから資金調達を急いでいるときに大きなメリットとなります。

どんな事業者が使えるの?

ファクタリング会社によって対応してくれる業種が限定されてしまう事もありますが、株式会社オッティは幅広い業種に対応してくれます。その影響でいろいろな業種の経営者が株式会社オッティで事業資金の調達をしています。

製造業や情報通信業などの企業の経営者だけでなく自営業の人も利用している事が多いです。

自営業の人は企業の経営者に比べて事業資金の調達をする時のハードルが高くなる事が多いので不安になってしまうものですが、株式会社オッティを利用すれば問題ありません。

  • 資金調達
  • スピーディな対応の株式会社JTCで!

最短1日で資金調達できる株式会社JTC!

スピーディに審査!

ファクタリング大手の株式会社JTCなら最短1日での資金調達も不可能ではありません。審査はネットから申し込みに対応していますので、キャッシュに不安を感じたらすぐにアクセスできます。

 
土日対応で安心!

土日もしっかりと審査や契約対応してくれるので、売掛金の現金化がスピーディに行われます。全国どこからでも申し込みが行えますし、様々な売掛金に対応しています。

 
安心の相見積もりOK!

少ない手数料で売買できるのが株式会社JTCです。相見積もりを取ることができるのは手数料の低さに自信があるからです。他社からの乗り換えやリピート利用も多い実績ある会社です。

資金調達は株式会社JTCのファクタリングで!

株式会社JTCでのファクタリングサービスでは100万円から調達可能になります。売掛金額に応じて様々な提案をしてもらうことができます。決算状況が悪くても問題ないです。

さらに『資金調達した事と取引先に開示されないようにして欲しい!』という希望にも対応してくれます。それと当然1日でも早く借りたい!等を思われる事業者も沢山いらっしゃると思います。

もちろん株式会社JTCは急ぎの資金調達に対応しています。資金調達が出来るまでの期間としては最短で申込みから入金までで1日になります。

書類が揃っていることが前提ではありますが1日で入金まで終了できます。平均しても3日ほどで、という早い審査と入金までのスピードになっているわけです。

また、平日になかなか申込みができないとしても土日対応、全国対応、出張をします。振込み実行は平日になりますがある程度、土日でも話を進めることができます。

また情報管理もISO27001の取得をしており、情報セキュリティの重要性を意識して対応しているのです。

最短1日で資金調達!債権にならない!

株式会社JTCは売掛金等の現金化をするファクタリング会社ですが、何といっても早い。最短1日で現金化ができるので、事業資金ですぐにお金が必要なときなどには、迅速に対応してくれるので、非常に助かるシステムになっています。対応も年中無休でやっていますので、いかなるときでも相談できるのもメリットです。

また、売掛金等を現金化するファクタリングは、融資ということではないので、借り入れをするわけではないです。ですので負債になることがないので、万が一会社が赤字決算や税金未払いの場合でも優良な債権さえあれば、現金化することができるので、使い勝手のいい現金化する手段だと思います。

情報セキュリティがバッチリなので安全に利用できる!

 株式会社JTCファクタリングは、情報セキュリティ・管理の徹底の国際規格を取得している企業です。融資を受けるというのは大きな個人情報であり、他社に漏洩してしまうと大変な不利益を被る可能性があります。しかし同社であれば漏洩の心配がなく、安全に融資を受けることができるのです。

株式会社JTCとは?

ファクタリングの株式会社JTCは融資における銀行の様な売掛金を買い取ってもらう相手として安全性の高く信頼できる大手ファクタリング会社なんです。

「お金を借りよう!」と考えた時、誰もが銀行や大手消費者金融の様な信頼できる場所を選びたいと思いますよね?それは安全性が高くないと後から大きなトラブルが起きてしまうかも知れないからではないでしょうか。

株式会社JTCは売掛金を買い取ってくれる場所として、そんな銀行の様に信頼できる場所なんです。

お客様の大切な情報を取り扱う会社として『ISO27001』を取得していたり、テレビやラジオでCMを流すことによって知名度向上に努めていたりもします。聞いたこともない場所というのは利用するのに不安もあるものですが、JTCならそんな心配もありませんね。

もちろん素早い契約や買取実行などファクタリング会社として必要なサービス内容も優秀ですから、とても頼りになる存在です。

売却手数料や入会費は?

株式会社JTCのファクタリングは入会費などは不要で、売却手数料も買取金額の2%からと「資金調達にかかる費用を抑えたい」企業様におすすめできる場所です。

売掛金の買取を行ってくれる株式会社JTCでは契約の際に入会費や年会費といった費用は必要になりません。

必要になるのは売却手数料です。これは銀行などからお金を借りた時に発生する利息に近いものと言えます。ただ違うのは返済期間中ずっと支払うことになる融資の場合の利息と違い、売却手数料は売却時に支払えばそこで終了になることです。

しかも2%からとなっていますので、思いの他手数料が安く済む可能性も高いんです。実際に何%が適用されるかは買取を希望する売掛金の額などの様々な条件によって変わってきます。

ですが2%の手数料での買取を行ってもらえる可能性があるのは事実ですから、まずはサイトの「お問い合わせ」フォームから相談してみてはどうでしょうか?

無料で入会!手軽な手数料!

 株式会社JTCをおすすめする理由の一つが、入会費や年会費などが無料で利用できることと、売却手数料が極めて少ないことです。取引額や状況によって手数料は異なりますが、最低で2%~という低額ですので利息を毎月支払っていく融資と比較するととても手軽に利用できることがわかりますよね!

取引先に内緒でできる?

株式会社JTCなら2社間取引を利用することで売掛金の取引先に内緒で契約までを行うことが出来ますので、「取引先からの信用を落としたくない!」とお考えの企業様も安心して利用していただけます。

ファクタリングは決して怪しい資金調達法ではなく国も認める信用できる資金調達法です。ですがそれでも相手先に迷惑をかけたくないなどの事情で取引先に内緒で買取を実行したいとお考えならば、株式会社JTCに『2社間取引』を希望してみてください。

2社間取引を使えば取引先に何か連絡が行ったり手続きを行ってもらう必要がありません。申し込みを行った企業様とJTCの間だけで契約が行われますので安心して利用することが出来ますよ。

また『2社間のみ、3社間のみ』ではなく状況と希望に合わせて取引方法を選択することが出来るのも、この会社の強みと言えます。

売却に必要な書類は?

株式会社JTCで売掛債権を売却したい場合、必要な書類は登記書類を始め数種あります。入金予定があっても資金繰りが支払期限に間に合わないこともありますよね。

そんな際には売掛債権の売却を活用していくことも一つの方法として有効ですよ。

株式会社JTCを利用する場合の必要な書類は、決算書(2期分)、請求書や納品書、契約書などの取引関係書類(直近3か月分)、入金口座・当座照合表(原本)、持っていれば小切手帳・手形帳、身分証(原本)、住民票(世帯全員の省略のないもの)、謄本(3通)、法人の場合には印鑑証明(3通)、法人各種納税証明書、社会保険料納入証明書(2年分)となります。書類の他に実印やゴム印も必要です。

取引内容や債券の種別により多少必要書類が異なってくるため、あらかじめ確認は必要です。しっかり用意が整っていれば株式会社JTCとの取引がスピーディに進みますから、しっかりと押さえておきたい点です。

信頼できる会社を使って!

 近年急速に浸透してきたとはいえ、まだまだ社会的な認知度が高いとは言えないファクタリングです。だからこそ顧客に支持されている信頼できる所を選びたいですよね。株式会社JTCは業歴は浅いものの急速に顧客数を伸ばしている会社です。その発展を見ればここが信頼できる会社であることを裏付けています。

こんな時は融資よりファクタリング!

株式会社JTCは時として銀行融資よりも頼りになる、債権買取によって資金不足を解消してくれる場所なんです!

大きな特徴としては『融資よりも資金調達のスピードが素早い』ことと『赤字決算などでも利用可能で経営状況が審査に大きく影響しない』ということが挙げられます。

株式会社JTCは特にスピード感のある債権買取を行ってくれる場所ですので、最短1日での資金調達も可能です。資金不足で少しでも早く現金を手にしたい時などには、銀行融資よりもかなり頼りになる存在に違いありません。

また審査に経営状態が大きく影響することはなく、買取を希望する売掛債権の信用性が重視されます。

ですから銀行での審査を通過出来なかった企業でもファクタリングであれば利用できる可能性も充分にあるということになります。

つまり銀行に頼ったけど審査を通過できなかった時や早急の資金調達を行いたい時はファクタリングが頼りになり、その中でも特に株式会社JTCがおすすめということなのです。

ファクタリングを利用しているのはどんな会社?

株式会社JTCの利用企業として特に向いているのは、建設関係やアパレル関係などの業種と言われています。

中小企業の資金繰りに活躍してくれるファクタリングですが、特に利用に向いている業種は天候次第で仕事のスケジュールが大きく変わってしまったりする建設関係や、流行りや季節によって仕入れが大きく変わりタイムリーな資金繰りが必要になるアパレル関係の様な業種です。

また、大きな売掛債権を抱えやすい企業も資金繰りに苦労しやすいのでファクタリングの利用企業として向いていると言えます。

『入会金前払いシステム』によって2社間と3社間のどちらかの契約方法を選択出来て、最短1日での素早い買取も行える株式会社JTCは、高額での取引も可能で売掛債権の相手先が破綻した場合などでも返済義務の無いなど多くのメリットがある会社です。

もちろん今回ピックアップした2業種に関わらず、医療系や他業種でも利用されていますのでまずは気軽にWEBから相談してみましょう。

償還請求権とは?

株式会社JTCに限らずファクタリングを利用しようと思った時にでてくる必須ワードの一つが『償還請求権』です。

まず考えておく言葉として『償還請求』について考えてみると、これは債権を発行した会社が倒産などをして債権不履行となった際に、それに対する補償を行う事です。

売掛債権を担保にした銀行などによる融資では償還請求権が設定されるのが通常です。

つまり債権不履行となった場合は債権を担保にお金を借りた側は損失を補てんする必要が生じるわけです。

しかしファクタリングは売掛債権の売買ですので、償還請求権は基本的に発生しませんので、売却後の債権については責任を負う必要はないのです。

ですからここにもファクタリング取引による資金調達のメリットがあるわけです。リスクの少ない取引で素早く資金を得ることができるため、人気はますます高まっています。

えんナビのファクタリングは?特徴や詳細について

最短1日で売掛金を現金化できる

えんナビのファクタリングは、最短1日で資金調達をする事ができるようになっています。急いでいる時にも質の高いスタッフがスムーズに対応してくれます。

30万円~最大5,000万円までの資金が調達できる

えんナビでは売買金額が30万円から5,000万円と幅広い金額に対応しているため、小規模の事業主の方でも大口希望の方でも資金調達しやすいという利点があります。

秘密厳守なので内緒にしたい時に安心

えんナビのファクタリングは秘密厳守の対応となるため、社外だけでなく社内においても関係者以外に売掛金の売却により資金調達を行っていることが知られることがありません。

現金化までの時間 最短1日
限度額 30万円~5,000万円まで
手数料 5%~
2社間 可能
秘密
保証人・連帯保証人 不要
対応地域 全国
出張 対応可能
税金滞納・債務超過・赤字決算 可能
利用業種 建設・運送・不動産など

 

ファクタリングを徹底分析!

ここでは、えんナビをはじめとするファクタリングを徹底分析してお伝えしたいと思います。

 
① 融資でないから毎月の返済は無し!
 
売掛債権の買取によって資金調達をする方法ですので、取引後に月々の支払いなどは一切必要ありません。ですからその後利息の返済に追われるという事は皆無です。

 
② バランスシートが改善!
 
借金ではなく売却による資産増加となりますので、対外的な財務状況は改善することになります。つまり新たな銀行融資などを引き出せる可能性がアップするというメリットもあります。

 
③ 売却益は使途自由!
 
当然ですが売却によって得られた資金は何に使っても問題ありません。御社の資産として自由に経営に活用することができます。

このように使途が限定されないという点で、目的や使途を事前に申請して登録する必要がある公的援助よりも使いやすいでしょう。
 
ファクタリングをこれまで利用したことがないという法人の方も、こうした魅力を考えると真剣に利用を考慮されるに違いありません。

ますます成長していく事が確実視されているこの取引方法に今から精通しておくことで、経営の核となる資金問題を恒常的に安定させる助けになることでしょう。

赤字決算の時でも利用できる?

えんナビのファクタリングは赤字決算でも優先債権さえあれば利用可能ですので、銀行系等の融資では不可能で資金繰りに苦労している会社の味方になります。

ファクタリングは売掛金があればそれを買い取ってもらうシステムですので、これまで審査に中々通らなかったケースでも試しる価値はかなりあると思われます。

それと、もしも金融機関等に何度も融資を申込んだことが取引先に知られてしまった場合、経営が危ないのではないかと先方に感じられてしまいますし、そうなるとその後の健全な取引が難しくなってしまうリスクがあります。

えんナビの場合、利用者の個人情報などはしっかり管理しているので漏洩の危険性がなく、安心して融資を受けることができます。

急な受注でも資金調達可能!

会社にとって、期中に大きな取引を受注することがあります。しかし、期中に銀行から借り入れの計画をしていないため、融資実行までに期間が掛かるだけでなく、満足な融資を得られない可能性があります。

ですが、えんナビのファクタリングを利用することで、短期間かつ複数の売掛金を売買することで必要な資金を調達することが出来ます。

取扱金額と手数料について

売掛金の買い取り上限金額は、それぞれの業者によってバラバラです。

取引概要を見てみると、えんナビでは最低取扱金額は30万円からの利用となっています。そして、売掛金の金額が大きい場合は最大で5千万円まで利用できます。

つまりえんナビは御社が持っておられる売掛金の規模が小さくても大きくても基本的には利用の可能性があるんです。

ですから御社の資金需要に合わせてフレキシブルに対応できると言えるでしょう。

事業資金が必要なときの手段として、銀行などからの借り入れをする場合は、金額や返済年数によって利息が増えますが、えんナビでは一度のファクタリングに対して最初に売却手数料(5%~)を払えばいいだけですので、銀行などからの融資等に比べて取引後の負担がとても軽くなるのでお勧めです。

24時間365日で対応してくれる!

えんナビは、24時間365日対応してくれます。そして電話対応はフリーダイヤルになっています。普通の金融機関では、平日の昼間に対応することが普通ですが、えんナビでは常にお問い合わせができる状態です。また、お問い合わせは電話だけではなく、えんナビのサイト上からすることもできます。

ファクタリングを利用した時のメリットは?

えんナビのファクタリングでは、徹底した情報管理が行われ、債権を買い取ってもらったという事について取引先に知られることがありません。

そのため、取引先との関係が悪化しないというメリットがあります。

また、貸金業者からの融資とは異なるため、銀行などから後日更に融資を受ける際に信用度が低下するリスクも回避出来ます。

さらに、貸借対照表上においても売掛金の減少と現金収入の増加としか記載されませんので、金融機関から融資を受ける際に不利になることもありません。

むしろバランスシートでいうとプラスの影響となりますので、信用度が上がることになります。

内密で行う事はできるの?

ファクタリングをする際には、売掛債権を発行した取引先に関する点が主な審査対象となるために、自社が赤字であったとしてそれほど大きな問題ではありません。

またえんナビの審査をするにあたっては、取引先に知られることなく審査を実行することが可能です。

売掛債権や過去の取引実績などの資料から債権そのものの安定性をみますので、取引先にその事実が知られることはないのです。

そのため、安心してファクタリングを申し込むことが可能となります。

ですからもし「必ず知られたくない」ということであれば、えんナビでファクタリングを申請すると良いでしょう。

それと赤字でも審査を受ける事ができますので普通なら融資を受ける事ができない事業者にかなりオススメすることができます。

先ほども述べたように、審査の際に一番大切なのは債権そのものの安定性だからです。

ですから大手が発行した債権であるなど払い出しに信用性があるならば、赤字決算が続いていても問題なく取引ができるでしょう。

えんナビだからできる!

ファクタリングと言っても業者によってできることやできないことがあります。えんナビなら最短1日で現金化を行う事ができます。また業界最低水準の手数料で取引を行うことができます。秘密厳守で売掛先への通知なしでの売却ができます。24時間365日対応で全国どこからでも相談ができます。ここだからこそ多くの事が可能になるんです!

ヒアリングで必要となるのは?

ファクタリングのえんナビへの申込み後の審査には財務状況よりも売却希望額や売掛先情報などのヒアリングが重点的に行われますが、質問内容に関する答えをある程度用意しておけばスムーズな受け答えをすることが出来ますよ。

ファクタリングの審査では申込み企業の財務状況はあまり重要ではなく、

『いつまでにどれくらいの額が必要で、売却希望の売掛金の額と信用性はどれくらいか?』

ということが重要視されます。

ですから、えんナビの審査時のヒアリングでもその点についての質問が行われることが多くなります。

もちろんそれ以外の質問が行われる可能性もあるのですが、出来れば『希望買取額・売掛先情報・買取の希望日時・自社の業種や売上についての情報』などはすぐに答えられる様にしておくと安心です。

ファクタリング会社とのヒアリングと聞くと構えてしまいがちですが、前段取りをしておけば大きく慌てることにはなりませんよ。

準備するものが少ない!

ファクタリングの特徴の一つとして担保や保証人が不要であることです。融資とは異なるためこうした少ない準備で済むわけです。もちろんえんナビも担保や保証人は不要で利用できますので、抵当権の設定が難しい方も安心して申し込めます。ヒアリングの際には会社情報や売掛債権の情報が必要となりますので、それはしっかりと準備しておきましょう。

一般的に必要になる書類は?

えんナビでファクタリングをする際に必要になる書類は取引内容によって詳細は異なりますが、一般的には次の書類を用意する必要があります。

1.免許証やパスポートなどの「本人確認書類」

2.売掛先からの過去の支払い履歴が確認できる「通帳(WEB通帳含む)」

3.請求書・見積書・基本契約書など「売掛先との契約関連書類」

4.商業登記簿謄本や印鑑証明書

1~3の書類は審査の前に提出する必要のある書類です。また、4の書類は契約時に必要になる書類ですので、1~3の書類をあらかじめ用意しておくとスムーズに手続きが進みます。

留保金や前払金はいりますか?

えんナビはファクタリングの申込みを行い売掛金の現金化を行う際に、留保金や前払金は必要無く業界最低水準の手数料(5%~)を支払うだけで資金調達が行なえます。

「手元に現金が無いからこそ、素早く資金調達が行えるファクタリングを利用したい!」と思っているのに前払金が必要となっては使いやすいとは言えませんよね。

また留保金が必要となると必要なタイミングで必要な額が準備できなくなってしまう可能性も低くはありません。

ですが、えんナビは手数料はもちろん必要となりますが『留保金・前払金』のどちらも不要ですから安心です。

えんナビは30万円から5000万円まで対応可能で、売掛金さえあれば即日資金化も可能な頼りになる場所ですので、お急ぎの企業様も手数料以外の余計なお金に振り回されたくないとお考えの企業様にもおすすめ出来る会社と言えます。

余分な費用はかかりません!

ファクタリングを行うに際してえんナビでは留保金や前払金などは一切不要です。必要になるのは売却に際して支払う手数料です。この手数料も業界では最低水準のパーセンテージと言われていますので安心して利用できます。もちろん手数料は債権の種類や金額によって変わってきます。でも余分の費用が掛からないのは本当に助かります!

3社間取引のメリットとデメリットは?

えんナビは「3社間取引」によるファクタリングも行えます。この取引は、ファクタリング業者・利用者・売掛先の3社を交えて行う取引であり、売掛先からファクタリング業者に売掛金を払う事を納得してもらって行います。

3社間取引のメリット

ファクタリング業者のリスクは2社間取引と比較すると遥かに小さくなるので手数料が割安になるという良さがあります。

3社間取引のデメリット

売掛先にファクタリングを知られてしまうという大きなウィークポイントがあります。

2社間取引のメリットとデメリットは?

えんナビは一般的な『3社間取引』だけでなく売掛先へ通知しない『2社間取引』が利用出来ますが、2社間にもメリットとデメリットがあります。

2社間取引はファクタリング会社、つまりこの場合はえんナビと申込み企業の間だけで契約が完結する取引方法です。

2社間取引のメリット

取引先相手に対してファクタリングの利用を知られることがないということが挙げられます。

また、3社間で行う場合は売掛先に対して売買の承認を取る必要が出てきますが、その必要がない為に素早い買取が期待出来ます。

2社間取引のデメリット

2社間取引は3社間取引に比べると手数料が少し高くなりがちというデメリットがあります。

どちらの取引方法が良いかは、申込みをされる企業様次第ということになります。急いでいるのかいないのか?取引先に対して知られても良いのかなどを考えて、どの方法を選ぶかを選択するのが良いのではないでしょうか?

他社と比べてみた

えんナビのファクタリングを他社と比べた長所としてまず挙がるのが、『手数料の低さ・30万~5000万円までという対応可能額の幅広さ・現金化までのスピード』といった幾つもの点がすぐにあがります。

それに加えて秘密厳守の徹底など利用の際のリスクの低さも忘れてはならないポイントであり、これといったデメリットが見つからない使いやすさも人気の理由なのです。

ファクタリング会社を選ぶ時、やはり『他社と比べた長所』を考える方が多いですよね。

えんナビは業界最低水準の手数料など長所がたくさんあるのですが、デメリットを冷静に考えてみても選ぶだけの価値を感じられます。

実際、この場所を選ぶにあたってこれといったデメリットは見つからないはずです。

申込みも容易で全国どこからでも利用可能だったり、担保も保証人も無用なのですから利用価値はどんな企業にとってもあるはずです。

売掛債権の相手先への通知を行わないなど情報に関するリスク管理も徹底されていますので、安心して債権の買取を申し込むことが出来ますね。

ファクタリングの基礎用語解説

えんナビでファクタリングの申し込みを行おうとしている皆様は、基礎用語とも言える『①売掛債権 ②償還請求権 ③ノンリコース』についてはご存知ですか?

基礎用語とも言える知っておくべきこの3つの単語について説明していきますね。

 
①売掛債権とは

ファクタリングの利用に絶対に必要となるものであり、これを買い取ってもらうことで資金調達を行うことになります。

商品(サービスも含みます)を提供した場合の対価として受け取るはずの代金を請求出来る権利が『売掛債権』であり、売上債権と呼ばれることもあります。実際の所、多くの企業様が手元にこの債権をお持ちなはずです。

 
②償還請求権とは

債権を買い取って貰った後、相手先企業の倒産などで支払いが行われなかった場合、債権を売った企業に対して支払いを求めることが出来る権利です。

 
③ノンリコースとは

「償還されない」という様な意味になり、この方式を採用しているファクタリング会社と契約をすれば債権の相手先企業に何かがあったとしても支払いを求められることがありません。

もちろん、えんナビはノンリコースが選択出来ますので安心して利用していただけますよ。

手形との違いは?

えんナビで行えるファクタリングと、約束手形や受取手形を使った手形割引は同じ様に思われがちですが、実は『返済義務の有無』という大きな違いがあるんです。

まず『ファクタリング』とは売掛債権を売却することによって資金調達を行う方法です。

次に『約束手形』とは「何月何日に何円を支払います」と記載されている書類(有価証券)とお考えください。

そして『受取手形』とは指定された日に指定の金額を受け取ることが出来る権利が記された書類という感じです。

これらの手形も指定日になればお金が受け取れますが、それまでに資金調達をしたい場合には手形割引という方法で資金を得ることも出来ます。

これは期日前の手形を金融機関に買い取って貰う方法ですが、期日が遠ければ遠いほどに割引され受け取れる額が減ってしまいます。手形割引でもどちらでも、本来支払いが行われるより早いタイミングで資金を得られるという点では同じです。

ですがファクタリングは、もしもの場合も返済義務は原則ありませんが、手形割引には返済義務が発生するという違いがあります。ですから取引完了後の安心感で言えば、えんナビでの債権の買取をして貰う方が断然有利となりますね。

違いを見極めてメリットを生かす!

ファクタリングはこれまでの資金調達方法と全く異なる方法ですので、しっかりと手形取引や融資との違いを見極めておきましょう。特にえんナビを使えば少額から高額まで様々な売掛金をスピーディに取引できますので使えるシチュエーションはたくさんあるはずです。従来型の融資と併用させることで円滑に手元資金を充当できます。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる