母子家庭でお金を借りる

母子家庭の生活費はどれくらい?

母子家庭が必要とする生活費は、『何人の子供を育てているか?』で大きく変わってきます。

母と子1人の場合でも家賃と食費と光熱費だけで10万円近いお金が必要になります。

さらに、これに車のガソリン代や医療費もかかってくるでしょうし、月に一度くらいは外食や遊びにでかけることもあるはずです。

それらを合計してみると平均的に毎月15万円程度は必要になると言われています。

もちろん、育てている子供の数が増えるとさらに生活費は多くなります。

1人増えるにつき5万程度の出費が増えると考えられますので、2人の子供がいるなら20万円、3人なら25万円と月の生活費はドンドンと増えていってしまいます。

子供を成人まで育てるにはこれだけかかる!

子供が産まれてから成人するまでには、たくさんのお金が必要になります。

ある報告によれば、小中高と公立の学校に通ったとしても500万円ほどの教育資金が必要になり、大学まで通うとなれば1,000万円はかかると考えなくてはなりません。

ですが子育てをするには、教育費だけでなく様々なお金が必要です。

習い事や塾に通う子供もいますし、ある程度の年齢になればスマホを持つかも知れません。

その結果、子供1人に対して2000万円近くかかってしまっても不思議ではないのです。

しかもこれは公立校に通うことを前提としていた計算ですので、育て方次第ではさらに多くのお金が必要になるかも知れないのです。

シングルマザーの働き方は?

母子家庭の生活を支えるシングルマザーは、パートやアルバイトで収入を得ている方が半数近くであり、正社員として働いている方は決して多くはありません。

これが母子家庭の収入が低くなっている大きな原因なのですが、特に子供が小さい場合は家事の負担も大きくフルタイムで働くのは容易ではありません。

また残業や休日出勤への対応が難しいと考えらてしまうことから、企業としても正社員として雇うのに抵抗を感じている場所が多いとも言われています。

母子家庭の平均収入は?

厚生労働省が平成29年に公表した『平成28年度全国ひとり親世帯調査』の結果では、母子家庭の年間収入は平均で243万円となっています。

ちなみに父子家庭の場合は420万円となっており、親1人で子育てをしているのは同じでも収入に大きな差があることがわかります。

年収的にあまり高いと言える額ではなく、シングルマザーで家計を支えるのは難しいと言わざるを得ません。

実際に母子家庭の半数以上は貯金が50万円以下という非常に厳しい状況で生活をしています。

貧困率に関しても5割以上という高さですので、日々の生活さえもままならないという家庭も決して少なくは無いのです。

養育費を受け取る方法

死別などではなく子供の父親にあたる方が生きている母子家庭ならば、相手から『養育費』を受け取ることが可能です。

話し合いで養育費の額などを決めることができるのが一番ですが、支払いを認めてくれない場合などは『養育費調停』を家庭裁判所で申し立てることができます。

当人同士では感情面の問題もあって話し合いが上手く行かないことも少なくはありませんが、調停委員が間に入ってくれることで話がまとまりやすくなるはずです。

それでも話がまとまらない時には『審判』の手続きが行われ、相手方は支払いを命じられることになります。

養育費調停を起こすには相手側が子供を自分の子と認めている必要がありますので、そうでない時には『認知調停』も必要になる可能性があります。

お金がない母子家庭の方はまずは公的支援制度を利用しよう

様々な問題が現在の社会を悩ませていますが、『母子家庭の貧困』も大きな問題の一つとなっています。

離婚や死別などの理由から母親1人で子育てをしている家庭は全世帯の2%弱を占め、シングルマザーが生活を支えている家庭の半数以上が貧困に悩まされており、普通に生活することすらままならない状態と言われています。

景気は回復傾向と言われだしてから時間が過ぎていますが、母子家庭の貧困率の大きな改善は見られず、状況的には悪化傾向すら見られているのです。

賢く使いたい公的扶助!

母子家庭が貧困に陥りやすいのは確かですが、そうならないための支援制度が存在します。

まずは『児童扶養手当』です。

離婚や夫との死別によってシングルマザーになった家庭が対象であり、月5万円程度の手当を受け取ることができます。

ただ夫が死別したことで遺族年金を受け取っている家庭は対象外となることと、所得制限があることにはご注意ください。

東京都では『児童育成手当』という名称で父または母がいない家庭に子供1人に対して月13000円の支給が行われています。

他府県の自治体でも名称は違っても同様の制度が行われていることが多くあります。

この他にも20歳未満の子供を育てていて月額1万円を超える家賃を払っている方なら、『住宅費助成制度』が利用できる可能性があります。

これは制度が無い自治体もありますので一度ご確認ください。

せっかくの制度を活用するためにも、一度はお住まいの自治体へ制度について問い合わせてみてはいかがでしょうか?

関連記事:母子家庭を支援する制度を知っておこう

公的貸付制度について

子供の教育資金など、まとまったお金が必要な時には母子家庭も対象としている公的貸付制度の『母子・父子寡婦福祉貸付金』が頼りになります。

3年から20年という長めの返済期間が設定されていることと、金利の低さがこの制度の魅力です。

連帯保証人が用意できれば金利をゼロにすることが可能で、もし準備できなかった場合も利用目的によっては金利はゼロとなり、そうでない場合でも1%程度の低金利で融資を受けることができます。

申込みなどに関しては、お住まいの自治体に確認すれば相談に乗ってくれます。

少し足りない時は借りる選択肢も!

育児代が足りない時には、先ほども言ったように自治体が行っている『母子福祉資金貸付制度』を利用して融資を受けることが可能です。

低金利で借り入れできるので母子家庭にとって助かる制度なのですが、手続きの面では容易とは言えず急ぎの時にも利用しにくいのが実際です。

ですから、急ぎの時や少額の借り入れを行いたい時には消費者金融のキャッシングを利用するという選択肢もオススメです。

手続きもさほど複雑ではなく、即日で借りれる可能性も高いので急いでいる時には検討してみてはいかがでしょうか?

学費や塾代、養育費が足りないなどの悩みを抱えながら生活するよりも、素早く問題解決ができるはずですよ。

母子家庭でもお金を借りれるキャッシングは?

「母子家庭でも借りれるキャッシングってどこでしょうか?」「生活費が足りないので借金をしたいのですが、融資をしてくれるところってあるのでしょうか?」

このような質問が来たので、今回説明をしていきたいと思います。

生きていく中でどうしても今日中にお金が必要になることもありますし、急いでキャッシングしないといけないなんて事もあると思います。

もちろん、その時でも金利を見比べて冷静に借りなければ後々問題が出てくる可能性があります。

現在、申し込みから審査、借入までの時間が短縮されていますが、初めてお金を借りる女性の方はしっかりと今日中の借入に間に合う時間帯を考える必要があります。

母子家庭や3世代同居の方にもおすすめ!

 最近の女性向けローンでは、即日貸付けでのスピード契約に加えてばれずに契約できるWEB完結方式を採用している場所が増加しています。自宅への郵送物をなしにできるので、親バレや子バレを防いでスピーディーな利用ができます。利用は振込やコンビニなどを利用できます!

母子家庭でも借入れが本当にできるの?

母子家庭でも金融業者で借入れができるのでしょうか?

答えはイエスです。

母子家庭の方が申込前に確認するのは、安定した収入があるかどうかということです。

消費者金融各社のホームページにもはっきり書かれていますが、借入できる人の条件として安定した収入を持っていることとなっています。

ここで言う安定した収入とは判断が難しいかもしれませんが、少なくも2、3か月に1回発生する収入は安定したとは言えません。

注目したいのは収入の額ではなくて、安定した収入です。

それで、パートでもアルバイトでも構いませんので、毎月収入がある状態であるならば審査を通過する可能性はあります。

また、実際キャッシングなどを通して女性の方がお金を借りるケースは増加している事をご存知だったでしょうか?

収入がない主婦の場合、借入先がどうしても限られてしまう傾向はありますが、一定の収入がある方なら利用できる金融会社は多くあると言えます。

ローン会社は借入れまでの時間が短い事や金利が以前よりも安くなっているなど、お得なポイントがたくさんあるので利用者が年々増えているのです。

また、金融業者が主婦の方によく利用されている別の理由は、家族に内緒で借りることが可能だという点もあります。

収入だけで判断されない

申し込み時の査定診断はあなたの収入だけで判定されているわけではありません。低収入でも毎月働いている事や、安定して仕事を継続していることは大事な要素として、契約においては収入以上の重要なファクターになる事もあるのです。ですから申し込み時には正直に正確に記載してくださいね。

利用しやすいローンは?

1.本日中でも借りれる!

母子家庭向けの最近のローンは本日中に貸付けも可能で母子家庭の方でも利用できる可能性が十分にあります。パートやアルバイトなど収入が限定されるケースでも契約されている例が口コミでも報告されていますよ!

2.実は負担が少ない!

大手の商品でも30日間無利息サービスが行われており少ない負担で利用できます。この期間内であれば繰り返し借りたとしても利息はかかりません!初めての方には絶対におすすめのサービスです。

3.対応が親切!

対応が親切で分かりやすいのも母子家庭向けのローンの特徴です。来店不要のスマホ契約を選択したとしても分からない事や不安な事があれば公式サイトのQ&Aを参考にしながら進めていけます。大手を選べばサイトが充実しているため不安を取り除くことができますよ!

審査時間が短いキャッシング

最短30分審査

すぐ貸付けしてもらいたくなった時に借り入れができるキャッシングやレディースローンが使えると便利だなっと感じてらっしゃる方も多く、審査時間もスピーディーなのでご利用している方も年々増えています。

利用しやすいので出先からでもATMを使うことができるしチョット借りたい時など小額からの利用も可能なので上手に活用できます。

急な出費に備え今すぐ貸付けしてもらいたい時に便利に使用できる借り入れがすぐにできるローン会社は生活の一部になっているケースも多々あります。

審査基準も会社によって各々違いがあるのでその辺はチェックすべきです。

今すぐローン業者を利用したい場合、借入をすぐにしたいって時にも審査結果は最短30分で分かりますし安心して利用できます。返済計画も返済シュミレーションで必要事項を入力すればすぐに結果が出ます。

母子家庭の女性が貸してもらう時には返済時のことも考慮し金利分を含めての返済額を準備が必要になります。

母子家庭も心配しなくて良い!

 働く時間がどうしても少なくなる母子家庭の方は収入証明をだすということを不安に感じるようです。でも提出書類が免許証だけという会社が増えていますし、パートぐらいの比較的月給が少ない方も査定をパスしているのが現状ですので心配せずに申し込みをしてみてください。

審査に不安がある人は簡易診断を

生活費が足りない母子家庭のシングルマザーがキャッシングを利用するためには、審査に通過しなければなりません。審査を通過することなしに融資を受けることはできません。

借り入れをするために受ける審査でありますから、ほとんど人が審査に通過するかどうかに不安を感じることでしょう。

審査に不安が強くある女性の方は金融会社のサイトにある「簡易診断」を受けてみることが良いでしょう。

これは、数項目の事項の記入ですぐに審査してくれるというもので、絶対に本審査に通るというものではありませんが、審査に通るかの大きな指標にはなります。

それにこの診断の良いのは、この診断自体は匿名ですることが可能ですので、もし簡易診断で融資ができないというような結果が出ても、申し込みの履歴などには記載されることはないということです。

こうした簡易診断はたいていの人気の大手キャッシング業者のサイトにあります。

もちろん、生活費が足りない母子家庭の方でもしっかりとした収入(一定の収入)があってカードローンの審査に通過したら借りられるので便利です。

緊急でお金が必要な時には?

母子家庭の女性の方で緊急でお金が必要になった時に「速攻借りられないかな?」っと感じることもあるでしょう。

お給料日前は特に生活費などが足りなくて困ることもあると思いますが、レディースローンが利用できるとその場で借りることができるのですぐにお金を工面することができます

キャッシングを申し込んでおくと、お金にピンチになった時に近くのATMから必要な分を緊急時でも借入できるので便利です。レディースローンの申込が初めて利用する母子家庭の女性の方はイメージが判らないでしょう。

ウェブサイトには申込の具体的な流れも掲載がありますしオンライン申込で母子家庭の女性の方でも、もちろん誰も気づかれずに貸付けができるようになっています。

正確な情報を申込時には提供することで審査時間も短くなりますし、キャッシング会社がお客さまが提供した情報と信用情報を元に審査して結果が判ります。

店頭に行かずに手続きできる

WEB完結でばれない

生活費が足りない母子家庭の人がばれないようにお金を借りるのに適しているのは、インターネットでお金を借りれるキャッシング会社だと思います。

昔だと秘密でお金を借りるなんて不可能だったであろう事も、今の時代はそれが出来る会社が多くなりました。ハッキリ言えばほとんどの会社で可能です。

理由の一つは、インターネットが普及し何もかもが店頭に行かずに手続きできるようになったという事だと思います。

学費や塾代、養育費が足りない時に店頭に行かなくても申込める便利な時代になりました。

インターネットで申込めば、書類などの封書が自宅に届かないようにする事も可能なので、家族の誰かにバレてしまう事も防げます。

この点がとても人気で、生活費が足りない母子家庭の方にも信頼できるキャッシングとしてユーザー数も年々増加傾向にあります。

しかし、秘密で借りる事が難しくなくなったからこそ返す時の事も考えておかなければなりません。

お金を借りるときについてくる利息の事や無利息期間のサービスの比較も大切になってきます。

スマホやパソコンで即日の融資の申し込みをされる前は、必ず金利が安いかどうか、実質年率がどれぐらいか、知名度が高いキャッシング会社かどうかをしっかりとチェックしておくようにしましょう。知識が少ない方の場合は特にゴールデン番組のコマーシャルで出ているようなレディースキャッシングがオススメできます。

秘密で借りる母子家庭に!

家族、身内に秘密で借りるたいと希望されている母子家庭の方も多いと思います。

現在、ばれないようにお金を借りれる所としてあげられるのは大手のレディースキャッシングですが、母子家庭の人で内緒でお金を借りるなら、申込み時の設定を郵送なしで設定し、スマホやパソコンで審査を受けてくださいね。

秘密で借りれるキャッシングを探す際は、質問などはオペレーターがキチンと対応をしてくれるレディースキャッシングもオススメできますし、それらを上手に利用することによって、親に知られずに借りれるようになってきています。

自宅に何かを送られるとばれる可能性があるならば、郵送なしとなるWEB完結やスマホ完結と呼ばれるサービスを選んでください。これはネットから申し込むだけでなく取引などもスマホなどWEBを活用するものです。各社で違いがありますがカードレスで振り込みによる融資が主流です。

友人、知人に頼むよりも

最近は母子家庭の方も金融業者を利用されていますが、今この時代どれくらいの人が貯金をして余裕な生活をしているでしょうか。

子供一人育てるのにも相当な経済力がなければならないと思います。

何事も計画通りに進めば問題ないと思いますが、そればかりを考えていたら人は躊躇して前に進めなくなってしまうのではないでしょうか。

親戚や友人にお金を借りる女性の方もいると思いますが、トラブルになってしま可能性が大きいので本当に返す気持ちがある人なら友人、知人に頼むことはしたくないと思います。

そのような時には即日融資でお金を借りれるという便利な方法があります。

しっかり働いて返せる自信があるのなら、最短でネット契約をしてくれるレディースローンに申し込むほうが迷惑をかけなくて済むので良いと思います。

きちんと審査して融資して貰えるということは、ちゃんと返済できる見込みのある人だと認めてもらえたということです。

提出書類は?

必要書類

では母子家庭の方がためにはどんな書類が必要なのでしょうか?最近では、借入額が少額の場合だと必要な書類が少なく本日中に貸付けしてくれる会社も多くなってきています。

最低限身分が分かる証明書、アルバイト、パートをされているなら過去の給与明細を準備しておくと良いと思います。いつ何時、貸付けしてもらいたい緊急事態が来るかは誰にも予想できません。

これらの書類を普段から用意しておくといざという時に素早く動けるので、必要な書類は頭に入れておくと良いですね。

また、母子家庭の方でも働いていれば免許等の身分証明の提示だけで完了する会社もありますのでその点もチェックしておいてくださいね。

気にせずアクセス!

 母子家庭だと何かと利用しにくいサービスがあるのも残念ながら事実です。でも女性向けのレディースローンは堂々と安心して使っていただけます!近所の人やご実家の方などにばれずに契約できるネット完結タイプで本日中に貸付けを受ける事もできるので、ちょっと困った時や子供のために何かをしたいと思った時にもこのサービスを有効活用できます。

30日間無利息のキャッシングも

無利息サービス

生活費が足りない時にも今では様々なキャッシングで『無利息サービス』を受けることができ、以前までは大手消費者金融のキャッシングだけだったものの、銀行カードローンにも無利息サービスがあります。

しかし、無利息サービスといっても適用される日数が固定されたものなのか、それとも最大日数なのかの違いがあります。

そして、現在人気なのは『最大30日間』ではなく、『30日間』と定まった日数のものとなっています。

無利息サービスが適用されるのは、初回利用時から30日間となり、契約日の翌日から適用されるものに比べると無利息サービスが無駄になりません。

そのため、万が一に備えて契約していても、無利息サービスの適用がされなくなったという問題も無くなります。

先ずはキャッシングを契約する際は、無利息サービスの適用条件と期間に注目するのがポイントです。

じぶん銀行カードローン

収入の高低よりも安定した収入が大切

じぶん銀行カードローンの審査には母子家庭であることは全く影響しません。

申し込み条件は非常にシンプルでして、契約時の年齢が満20歳以上であり70歳未満であること、そして安定した収入を持っていることを満たせば基本的に申し込み可能です。

安定した収入というのは会社員を指すわけではありません。

主婦でパートの方やアルバイトをしている学生、年休受給をされている方も含まれます。この他に保証会社であるアコムの保障が受けられるという条件もありますが、これは審査次第ですのであまり気にしないでください。

上記の条件の中に母子家庭に関する項目は全くありません。

申し込みをされる方の家庭環境よりも今まで行ってきた借入れでトラブルが無いかなど、貸したお金をキチンと返してくれる方がどうかが重要な判断基準となります。

収入も要素の1つではありますが、限度額が低めに設定されることはあっても安定した収入があれば申し込みは可能です。

そして母子家庭だからお金を返してくれないなどと審査で考えられることは全くありません。

そんな考えでは、大切なお客様を借入先も逃すことになってしまいます。コンビニATMが無料で利用出来たりauと契約されている方は金利優遇があったりとお得感の高いサービスですので、まずはトライしてみることをおすすめいたします。

くちこみや評価について

じぶん銀行カードローンは数多くの女性の方に利用されている商品です。ユーザーの女性の方のくちこみによく書かれているのがau限定割のお得感。

最大で0.5%もの金利が引き下げられるのはやはり大きなメリットです。また、おまとめローンとしても使えるのも頼りになります。

他にもATMの手数料が無料であることも人気の理由の様です。くちこみで書かれているデメリットとしては、やはり実店舗が無いことが影響しています。

申込方法がスマホやパソコンを使ったネット経由でしか行えないこと、そして実際に利用できる様になるまでに日数がかかってしまうことが挙げられます。

ネット銀行だからそのメリットも多いのですが、それがデメリットにもなり得ると言えます。ですがネット銀行であることを理解した上で女性の方のくちこみは概ねで好評です。

レディースプロミスは母子家庭に人気?

レディースプロミスは大手レディースローンとしても注目されている業者です。申込方法も沢山あり、インターネット、電話、郵送、来店の4つの方法から選べます。

貸付け方法は申し込みした際に指定した口座への振込、プロミスATMや三井住友その他提携ATM(ゆうちょ銀行)などで借り入れると言った形になります。

返済方法は口座振替、インターネット返済、プロミスATMなどがあり、提携先のATM(ゆうちょ銀行)などでの返済も可能です。

また、レディースプロミスは連帯保証人や担保も不必要な業者なので、当然主人がいない状況でも審査対象になります。

30日間無利息サービスを使おう!

生活費が足りない30代の子持ちの主婦の方などが資金を貸してほしいと思ったならプロミスがオススメである理由として、30日間無利息サービスという魅力的なサービスが利用できることがあげられます。

このサービスは30日間一切利息を支払う必要がないというサービスで、プロミスをはじめて利用するという方のみが利用することができる特別なサービスです。

なので、30代の子持ちの主婦の方は子育ての資金が必要になったり、それ以外にも生活資金などいろいろなことにお金がかかってしまうので、家計が助かるという点で30日間無利息サービスがとても役に立つんです。

そして、家計が助かるという点以外でも利息を支払うということに不安を感じているという女性の方がはじめて金融業者を利用するきっかけとして使うこともできるという点でもオススメすることができます。

生活費が足りない時には?

例えば奨学生のローンは学費のために、住宅ローンなら家を建てるために利用しなければならないと目的が決まっていますが、プロミスレディースのカードローンは生計費(生活資金、レジャー資金、教育資金など)の補充などに活用することができるので、誰もが気軽に借りられるようになっております。

ですので生活の細かな補充などにも使いやすく返しやすいというメリットがあります。

保証人などをたてることなく借りられて貸してもらう人を選ばないため、生活費が足りない時には頼りになるサービスです。

アコムは利用できる?

あかね
あかね

母子家庭でもばれないように金融会社を使えるんですか?

れいわ
れいわ

最近は、内緒で使いたいという母子家庭の方が増えていますので業者もそうした点に配慮した申し込みや契約方法を提供していますのでご安心ください!ばれずに利用する最初の大事なポイントはネット申し込みですのでパソコンやスマホから申し込むことが前提です。

あかね
あかね

私だけでなくみんなも同じように感じているんですね♪でもネットから申し込むとなぜいいんですか?

れいわ
れいわ

ネット申し込みのメリットは、お店に行かずに自宅から申し込みができるので、誰にも会わずに済むので知られる危険性がぐっと減る点です。これを発展させて、最近はプロミスやSMBCモビット、アコムが提供しているWEB完結型の契約など申し込みから利用まで全てをWEB上でできるサービスが一番ばれにくいといわれています。

あかね
あかね

WEBですべてができるんですね!その良さをもう少し教えてもらえますか?

れいわ
れいわ

WEB完結型の契約ではカードレスでの利用となりますので、基本的に自宅へのカードの郵送がありません。つまり郵便物から家族などに知られる危険性がなくなるわけです。またサービスによっては会社への在籍確認の電話もないため、同僚に疑われる可能性もなくなります!

あかね
あかね

それなら安心です♪家族や同僚には絶対に知られたくないので、これが良さそうですね!

れいわ
れいわ

カードレスといっても、スマホやパソコンから振込依頼をして最短10秒でお客様の口座に振り込まれるサービスなどもありますのでたとえ母子家庭の方であっても不便さを感じる事はありません!また最短で即日利用できますのでスピード面でもメリットがあります♪

あかね
あかね

WEB完結型の契約がばれたくない人に一番おススメということですね!早速アクセスしてみます♪

母子家庭でも借りれる?

アコムは母子家庭の女性であっても条件が整っていれば借りられます。

アコムでは女性へのサポートも充実しており、『働く女性のカードローン』を扱っています。

女性の利用実績が多く、女性ユーザーのニーズに合わせて、女性専用フリーコールが設けられています。

初めてのキャシング契約で不安がある、男性オペレーターとの対話が怖いといった女性でも安心して利用することが出来ます。

女性専用のカードローンと言っても、通常のカードローンと基本的に貸付条件は同様のものが適用されるのであり、パートやアルバイトで収入がある方でも利用出来ます。

もちろん安定した収入がある事が審査の条件なのでその点だけはご注意下さいね。

申し込みが終わり、カードを手に入れた場合は24時間365日コンビニやネットで借り入れや返済ができます。

使い勝手がいいのは、子育てや家計を支えるのに忙しい母子家庭の女性にはありがたいですね。

アコムの特徴は?

1.最短30分審査という速さが評判!

母子家庭の女性に高く評価されているのは、来店不要でみんなに内緒でスマホで申し込めるシンプルな手続きです。また短い時間で終わる最短30分審査という速さもクチコミでは高い評判につながっています。

2.お得に使える事も人気の理由!

初回利用など幾つかの条件を満たせば最大30日間借入利率が0円になるので、利息を少しでも減らしたい母子家庭の女性やOLさんに人気です。アコムの窓口や自動契約機のATMだけでなく、銀行口座への振込での借入を選択すれば利用手数料が無料というのもうれしいですね。

3.返済は少しずつ!

基本的にリボ払いでの返済ですので、毎月の返済負担は少なくて助かります。余裕のある時にはまとめて返すこともできるので自分のペースで返していけます。パートやアルバイトの方でも条件を満たせば利用のチャンスが十分あります!

アコムの借入方法や返済方法について

アコムは、母子家庭の女性やアルバイトの大学生でも、審査条件の安定した収入と返済能力があり、年齢制限内であれば借入ができます。

雇用形態によって申込みができない、という事が無いあたりもアコムのメリットです。

借入のお申込みは、スマホ・ケータイ、パソコン、電話、郵送、店頭窓口・自動契約機、これら5つの方法で可能です。

お申し込み方法によりますが、申込み完了後最短1分程度で、申込者本人名義の金融機関口座への振込が可能です。

返済方法は、店頭窓口・ATMを利用する、提携金融機関ATMを利用する、お振込・口座振替を利用する、インターネットを通じてお客さまの取引金融機関からアコムへの返済、などが可能です。

申込後に最短で即日借入が!

 「今すぐに申込をしたい!」とお急ぎの母子家庭の女性の方も、最短即日借入に対応可能なカードローンなら何とかなるかも知れません。借入れまで来店は不要でも可能なのもお急ぎの方にとってアコムを利用すれば助かりますね。

母子家庭の経済問題をまとめて解決!

母子家庭でのいろんな出費で厳しいお財布事情の経済問題を解決してくれる役立つ存在になり得るので人気となっています。

シングルマザーだと教育費や生活費などお金の心配がよくありますよね。

働いていても今月は収入がいつもより低かったという場合もありますが、かといって子供にかかるお金は削れないものです。

子供がある程度成長すると受験や入学シーズンなど、大きな出費が必要なことも出てきます。そんなときに心強い存在になってくれます。

シングルマザーだと、申し込めないイメージを持たれる方もいますが、それだけで落とされるという事はありませんので大丈夫ですよ。

しっかり働いていればシングルマザーだからという理由で受け付けてもらいえないということはありません。

今どきは母子家庭も多いですし、現にもう利用している方もたくさんいるので安心です。

お財布事情が苦しいときやいろんな出費が重なるとき、アコムなら経済問題をまとめてすばやく解決してくれます。

子供にバレないからお母さんも安心

母子家庭の方がアコムを利用したいとき、母としての体面もありますから家の中で子供にバレないかと不安で申し込めない人もいるでしょう。

でもそんな心配は不要です。なぜかというと、家族にバレない方法で借入れすることができるからなんです。

まず心配なのは家に電話がきたり、郵便物がきたりして子供に見られてしまうのではということだと思います。

しかし電話に関しては連絡先の電話番号は自宅の電話ではなく携帯電話の番号を記入しておけば解決できます。

これで固定電話にかかってきて子供が受話器を取るという心配が全くなくなりますよね。

そして郵便物については契約書類やカードが送られてくることが気がかりだと思います。

それについては自動契約機で受け取ってしまえば、自宅に郵送されずに間違いなく自分で手にすることができます。

利用明細は電磁交付にする設定にしておけば、家の中で書類を見られることもなく体面が保てます。

万が一郵送物が来てしまった場合も、差出人はアコムとはわからないよう配慮がされています。母子家庭でも子供にバレないから安心して利用できますよ。

母子家庭の方が利用しやすいのはなんで?

母子家庭で働く時間が短い方や、申し込みなどの時間が限定される方の経済面のピンチを助けます。

シングルマザーで子供が小さい方だと、幼稚園や保育園のお迎えの時間がありますからパートやアルバイトなど限定された時間の中で、働く時間が短い勤務を選んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし正社員の方だけでなくパートやアルバイト、派遣などでも問題なく申し込みができます。

パートやアルバイト勤務だと月によって給料の額に差があることもよくあります。

子供の習い事や行事にお金がかかるのに、今月はとてもお給料が少なかったということもあり得ますね。こういった経済面のピンチに使えます。

利用するメリットはなんと言っても早いことです。

即日融資可能ですから、条件さえ満たせば必要になった当日にお金が借りられるのです。これはすごく助かりますよね。

それから1万円からの少額でも借入れできることもポイントです。

無理にたくさん借りる必要はないので安全に借りられます。少しだけ借りれば返済も少しずつで済みますので母子家庭の方も安心して利用できますよ。

バレない利用方法は?プライバシー保護は?

バレないように借りたい母子家庭の女性の方におすすめなのがネットから申込できるサービスです。

ただしキャッシング用のカードは自宅に届いてしまいますので、家族にバレたくない場合には、インターネットで契約をした後に自動契約機などに審査完了後に取りに行く、またはカードレスの契約がオススメです。

また返済の時にも口座振替だと通帳に履歴が残ってしまいますので、振込みで返済をすると安心です。

お申し込みの際に、ご自宅および勤務先にご連絡する場合がありますが、申込者様のプライバシーを考慮して、会社名ではなく担当者個人の名前でご連絡いたしますので、アコムをご利用だとの情報が洩れる心配はございません。

また、通常はカードの利用明細書をご自宅に送付致しますが、「電磁交付」に関してあらかじめご承諾を頂いている場合は、ご利用明細書のご自宅への送付は行わず、ホームページの画面でご確認頂く形になります。

ネット完結で申込手続きをすればバレない!

アコムでお金を借りる時は店頭窓口か自動契約機で申込手続きをする母子家庭の人が多いです。

しかし入室する時などに家族に見られてしまうというケースも少なからずあります。

また郵送物が送られてきて家族にバレてしまうケースも少なからずあります。

店頭窓口や自動契約機で申込手続きをすると家族にバレる可能性がありますが、スマホでホームページにアクセスしてネット完結で申込手続きをすれば家族に見られてしまう事はありません。

郵送物も一切なくなるので家族に内緒にしたい時はスマホで申込手続きをするのがバレないのでオススメです。

アコムの一押しサービスは?

アコムを利用したい母子家庭の女性に一押しのサービスは『30日無利息サービス』です。

ここ数年の消費者金融人気を牽引しているのがこの『30日間無利息サービス』なんです。

少し詳しく説明すると、アコムをはじめて利用する母子家庭の方が最大30日の間、無金利で利用することができるサービスです。この適用期間内であれば極度額の範囲内で繰り返し利用することができます。

契約の翌日からサービス期間が始まりますので、契約の次の日に借りて期間内に完済すれば元金の返済だけで済む可能性もあるわけです。

評判が良いのはやはり最大30日間という適用期間が長いことと、適用条件がそれほど厳しくないことです。

これを上手に活用すれば利率が低いと言われる銀行系ローンよりもさらにお得に使うこともできるので一押しサービスとしてご紹介しています。

もちろん振込サービスや最短当日中に契約ができるスピードの早さなどのメリットもあるのですが、お得さという点で考えてみるとまず注目してほしいのがこのサービスなのです。

他業者と比較しても負けることがない大きな長所です。大手で安全性も高くはじめての女性の方も安心して手続きができると思います。

年齢の制限や提出する必要がある書類について

申し込み条件についてもしっかりと確認しておきましょう。

20歳から69歳かつ安定した収入があることが条件となっています。

しかし、職業属性や勤続年数にといった審査条件の設定がないため、母子家庭の女性やアルバイトしかしていないという方でも基本的には契約することが可能です。

また、勤めてから期間が浅い場合でも収入に応じた融資を受けられるため、新社会人の方でも安心して申し込むことが可能です。

それとお申し込みの際には、運転免許証、個人番号カード、パスポート等の申込者本人であることが確認出来る書類が必要です。

顔写真がついていない書類、または書類に記載された住所が現在の住所地と異なる場合は、現在お住まいの住所地が記載されている次の書類(発行日または領収日から6ヵ月以内のもの)をあわせてご準備ください。

例えばそうした書類として使えるものとしては、住民票、公共料金の「領収書」(電気、ガス、水道等)、「納税証明書」のうちいずれか一点をお願い致します。

アコムの職業や勤務先について

母子家庭の女性の話をしてきましたが、実は学生の場合でも定期的な収入がある場合には利用可能となっています。

また派遣やパートの主婦、ホステスさんなど水商売をしている女性でも安定した収入があれば利用は可能です。

公務員や個人事業主、正社員の方も可能で、特に職種による制限はありません。また50万円までは原則収入証明書なしで利用できます。

それと個人事業主に人気の女性の経営者でも契約ができるビジネスサポートカードローンがあり、これにはメリットが色々あります。

一つは、年収の3分の1を超える借入が可能で、次にアコムカードローンを持っている場合、切り替えができるという便利さがあります。

また、申込み後当日の融資にも対応してくれて、カードローン同様に限度額内繰り返しの利用が可能です。



同ジャンル・関連ページ