法人ローン

ビジネスローンランキング

アイフルのグループ会社なので安心安全!
全国どこからでも申込可能!
最大限度額『1000万円』と高額対応
3.10~18.0%と安心の金利設定!
セブン銀行なら24時間利用が可能!

契約まで 実質年率 限度額
4ステップ 3.10~18.0% 1~1000万円
使用用途 来店不要 総量規制
自由 可能 対象外

 法人や個人事業主でも利用できる事業者向けローンのビジネクストは最大限度額が1000万円までと高額対応になっているので、事業拡大やつなぎ資金、設備投資などに幅広く利用することが可能です。また、東証一部上場の『アイフル株式会社』のグループ会社なので安心感もあります。

最短60分審査!最短即日融資!
最大5,000万円までの高額対応!
24時間365日ネット申込みができる
7.50%~15.00%の金利設定で安心
4ステップで素早く契約完了!

スピード 限度額 実質年率
最短60分審査 最大5000万円 7.50%~15.00%
地域 WEB申込 無利息期間
全国即日対応 可能 30日間

 アクト・ウィルは審査が最短60分、即日融資対応と緊急事態で急いで資金調達をしたい法人に注目されているビジネスローンとなっています。年利は7.50%~15.00%と設定されているのでお得に安心して利用できます。

最短即日で融資!
日本全国対応!
8.0%~15.0%と低金利!
多数のプランで選びやすい
最大1億円まで融資が!

スピード 限度額 実質年率
最短即日融資 10万円~1億円 8.0%~15.0%
地域 WEB申込 遅延損害金
全国即日対応 可能 20.00%

 オージェイは最大1億円までの融資に対応している経営者向けの業者です。アクト・ウィルと同様、最短で即日の融資にも対応しているので、急いで資金を調達する法人に注目されています。

プランによって限度額や実質年率が異なります。詳細はオージェイの詳細ページをご確認下さい。

日本全国即日対応!
5.2%~18.0%と低金利!
様々なプランが役立つ
最短即日で融資可能!
最大8,000万円まで融資可能!

スピード 限度額 実質年率
即日融資 1万円~8,000万円 5.2%~18.0%
地域 WEB申込 遅延損害金
全国即日対応 可能 年率20.0%

 デイリーキャッシングは最大で8,000万円まで融資可能な経営者向けの業者です。アクト・ウィルやオージェイと同様最短で即日融資に対応していますし、プランもフリーローン、おまとめローン、不動産担保ローン、ビジネスローンなど多数あります。

プランによって限度額や実質年率が異なります。詳細はデイリーキャッシングの詳細ページをご確認下さい。
全国即日キャッシングのTRYフィナンシャルサービス

法人・個人事業主でも利用可能!
6.8%~12.65%と安心な金利設定!
日本全国どこでも申込ができる!
限度額300万円~5,000万円まで対応!
保証人・担保不要なので使いやすい!

実質年率 限度額 資金ショート時
6.8%~12.65% 300~5000万円 対応可能
返済期間 保証人 担保
~最長30年 不要 不要

 TRYフィナンシャルサービスのビジネスローンは限度額が300万円~5,000万円、実質年率が6.8%~12.65%と法人や個人事業主の資金調達時に適したサービスです。事業の拡大やつなぎ資金、設備資金にも安心して使うことができます。

MRF ユニーファイナンス

経営者の資金調達は最短即日の法人ローン

事業者ローン(ビジネスローン)を利用して資金調達を行う企業は年々増加しています。

単純な金利による比較だけをすれば『資金調達=公的融資や銀行融資』というイメージが強かったのは事実ですが、『中小企業向けビジネスローン商品』が増え、サービス内容が洗練され使いやすさが大幅にアップした結果、中小企業を中心に利用者が大きく増加しています。

支払期日や決済が迫った状況下では、いかに早く貸してもらえるのかが一番重要なポイントになる事もあります。

これこそがビジネスローンの最大のメリットです。

資金を実際に調達できるまでの速さが段違いに早いので、切羽詰まった状況の時こそ利用するメリットは大きいと言えます。

また公的融資を利用する事が難しいという法人企業の方でも、事業者向けローンなら利用できるケースもあります。

これは利用条件などが異なるためですが、審査の結果次第ではより多くの法人の方が使えるというのもメリットの一つと言えるでしょう。

融資時間 限度額
ビジネクスト 最短即日 1000万円まで
アクトウィル 最短即日 5000万円まで
TRYフィナンシャルサービス 300万円~5000万円
オージェイ 最短即日 10万円~1億円
MRF 最短3日 100万円~3億円

日本政策金融公庫を検討しましたか?

国民政策金融公庫は政府が出資する政策金融機関で中小企業の事業のサポートをするための融資を行っています。

日本経済を発展されるには大手企業だけでなく中小企業も活性化させていく事が大切になってくるので国民政策金融公庫ではニーズに適切に対応して融資をしていきます。

中小企業の資金調達の方法の選択肢の一つにもなっていて活用している企業もあります。

また国民政策金融公庫は民間金融機関ともしっかり連携しているので安心して資金調達をする事が出来ます。

審査に時間が掛かることがデメリットとなりますが、時間的な余裕があるようならビジネスローンよりもまずは日本政策金融公庫からの融資を検討するのをお勧めします。

>日本政策金融公庫の公式ホームページはこちらから

緊急事態には法人ローン

最短1日で融資も

法人ローンの魅力は何といってもスピードの早さです。融資まで最短1日という速さで資金調達ができる商品(ビジネクストやアクト・ウィルなど)もあります。24時間いつでもネットから申し込めるのですぐにアクセスできるのもメリットの1つです。

来店不要で手間いらず

人気の法人ローンであればWEBからの申し込み後も手続きは来店不要で自宅や会社から行う事が可能です。担保不要での利用ができるため準備する書類も少なくて済みます。

大口の利用もできる

数十万などの比較的少額利用もできますし、500万円~800万円規模のまとまった大口の利用もできるのが法人ローンの良さです。緊急事態にスピーディにまとめて貸してもらえるので一気に資金問題を解決できます。

銀行融資との違いは?

法人ローンと銀行融資の大きな違いの一つが担保や連帯保証人の有無です。抵当権の設定や保証人の選任はかなりの手間と労力を必要としますし、すでに抵当権を設定しているなどの状況では新たな資金調達が難しいケースもありますよね。そんな時でも使えるのが法人ローンを行っているノンバンク系の金融会社です。

使うべきタイミングは?

ビジネスローンを使うべきなのはどんなタイミングがふさわしいのでしょうか?

先ほどの項でも扱ったようにスピードを何より優先すべき時には一番にあがる選択肢となります。

ここではそれ以外の状況を取り上げていきましょう。

担保の供出が難しい時

ビジネスローンの特徴の一つは無担保で使える点です。

ですから既に銀行などに資産や土地などを担保として設定しているケースで新たな抵当権の設定が難しいならばローンを選択すべき時と言えるでしょう。

担保 保証
ビジネクスト 不要 原則不要(※法人の場合は代表者の原則連帯保証が必要となります。)
アクトウィル 不動産担保不要 原則第三者保証人不要
TRYフィナンシャルサービス 原則不要 原則不要
オージェイ 原則不要 原則不要(※法人の場合は代表者の原則連帯保証が必要となります。)
MRF 土地・建物に根抵当権設定 連帯保証人原則不要(※法人の場合は代表者の連帯保証が必要な場合があります。)
デイリーキャッシング 原則不要 原則不要

保証人の選出が難しい時

先ほどの無担保利用と同じように代表者以外の保証人なしでの利用が可能です。これもやはり親族や家族などを保証人にしたくないとか選出が難しいケースでは役立つに違いありません。

公的融資の見込みがない時

まず公的融資の可能性を探るのは経営者として当然の事でしょうが、いつでもそうした公的な支援を得られるわけではありませんよね。そうなると民間のノンバンクが受け皿として役立ちます。

使用用途は自由?

こちらで紹介する大半のビジネスローンは事業目的であれば基本的には使い道が自由となっています。

新しい事業展開のための設備投資などの資金、従業員の給料や賞与の支払い、法人税など納税のための資金など事業目的であれば幅広く使用する事が出来るので便利です。

事業をしているといろいろな部分でお金に困るので使い道が自由なのは大きな魅力です。

総量規制について

貸金業者は総量規制の対象になっているので収入によって限度額も決められてしまいます。

しかし当サイトで紹介している大半のビジネスローンは事業性資金の融資に分類されるので総量規制の対象外になります。

総量規制の対象外になると貸付を受ける時に収入による制限もなくなるので多額の借り入れをしたい時に好都合になります。

利用者が増えている理由は?

事業者ローンを選ぶ経営者が増えている理由として大きいのは、『融資までのスピード』が素早いからです。

申込み手続きを終えた後は、早くて1日から数日で貸し付けが受けられる場所も多く急ぎの時にも助かります。

さらにWEBや郵送を使って契約までの手続きが行え、少ない手間で契約できることで利用価値も大きく向上しています。

地方からも申込ができる?

『利便性』が追求されている事業者ローンは申込みを365日24時間WEBからいつでも行えるのが基本です。

さらに書類提出や契約の手続きも郵送やWEBを活用し完了できるので、全国中どこからでも活用することができるのです。

このおかげで魅力的な借入先を見つけた際にも、来店不要で地方から使用することも容易です。

来店せずに契約 特徴・備考
ビジネクスト 可能 30秒でスピード診断
アクトウィル 可能 最短60分審査
MRF WEBで仮審査:無料
デイリーキャッシング 可能 融資まで3ステップ
オージェイ 面談あり(来店、または出張サービス) 少額から大口まで幅広く対応

 
より早くシンプルに

最短で『即日融資』が可能な事業者ローンも増えており、「少しでも早く資金調達を行いたい」と願う経営者の希望も叶いやすくなっています。

融資までに必要な『申込み→書類提出→審査→契約→借入』という流れも老舗は非常にシンプルですから、初めてビジネスローンを利用するという企業もスムーズに手続きが進められます。

スピーディでも限度額が高い

短時間で資金調達が行えても必要な額が用意できないとなれば、資金調達が成功したとは言えません。

ですが『最大5000万円』など高い限度額の場所を選べば、問題解決できる可能性は高くなります。

中には億単位の借入ができる事業者ローンもありますので、大きな目的のための貸付けを受けることも不可能ではありません。

自営業者は利用できる?

法人のみでなく自営業者の方も事業者向けのビジネスローンは利用可能です!

審査には『本人確認書類・確定申告書・事業内容が確認できる書類』などの提出が必要になりますが、指定の書類が準備できれば使用は決して難しいことではありません。

手軽に貸付が受けられることで、資金調達の悩みは大きく軽減できるはずです。

カードローン型なの商品もある

幾つかの事業者ローンでは『ATMカード』を利用しコンビニATMなどから手続きを行うことで、24時間いつでも貸し付けを受けることが可能です。

時間を問わず素早く現金を調達できることで、現金が必要になった時にもスムーズに対応できる様になります。

さらにATMカードを使わずに、口座振込による融資も利用できます。

審査に必要となる書類は?

法人ローンで必要となる書類を表にまとめました。

本人確認書類はほとんどの業者で必須となっていますし、決算書も必要となる所が多くなっています。

このほかに必要となる書類がある場合もありますので、申込時にしっかりとチェックしておくのがおすすめです。

必要書類
ビジネクスト(ビジネスローン) 法人:代表者の本人確認書類・決算書など
個人事業主:本人確認書類・確定申告書・当社所定の事業内容確認書など
アクトウィル 代表者の本人確認書類・決済報告書の一部(損益計算書、売掛金、買掛金内訳書)など
オージェイ(ビジネスローン) 小切手・手形(法人:代表者の担保が必要)・決算書2期分(確定申告書)・登記簿謄本・身分証明書・納税証明書・印鑑証明など
MRF 本人確認書類2点・不動産登記簿謄本・公的な営業許可証または届出書・事業実績を証する書類・残高証明書または返済予定表と引落通帳
デイリーキャッシング 本人確認書類・決算書2期分・法人登記簿など

事業者に人気のローンは?

「事業資金を即座に調達したい」という時に、ビジネスローンは人気の調達先となっています。

事業資金を借入する方法は多々ありますが、事業資金という特性上、借入金額が大きくなり、借入までに時間が必要となる場合が珍しくありません。

しかし、ビジネスローンは一般向けのカードローンのように、審査スピードを自慢にしていて利用契約をした当日に最短即日で、事業資金という多額のお金を借入する事ができる場合があります。

また、銀行などでは信用力の問題で借入を断られたという個人事業主であっても、ビジネスローンならば審査に通過する場合があるのでオススメです。

ここからは、事業者に人気のローンを厳選して紹介していきたいと思いますので、参考にして下さい。

ビジネクスト

ビジネクストは『スピード審査・来店不要・最大限度額1000万円・原則無担保無保証』という、多くの経営者が事業者ローンに求める条件をしっかり満たしています。

さらに専用カードでセブン銀行など提携ATMからの借入も行えます。

限度額内であれば何度でも貸し入れ可能ですので、契約しておけば大きな安心感が得られます。

アイフルのグループ会社なので安心安全!
全国どこからでも申込可能!
最大限度額『1000万円』と高額対応
3.10~18.0%と安心の金利設定!
セブン銀行なら24時間利用が可能!

契約まで 実質年率 限度額
4ステップ 3.10~18.0% 1~1000万円
使用用途 来店不要 総量規制
自由 可能 対象外

 法人や個人事業主でも利用できる事業者向けローンのビジネクストは最大限度額が1000万円までと高額対応になっているので、事業拡大やつなぎ資金、設備投資などに幅広く利用することが可能です。また、東証一部上場の『アイフル株式会社』のグループ会社なので安心感もあります。

事業者ローンについて

ビジネクストの事業者ローンには、ビジネスローン・カードローンという2つの商品があります。

この違いは、ビジネスローンは1回の借入の後は返済のみをする商品となるのに対して、カードローンは利用限度額内なら何度でも借り入れできる商品となっています。

金利は、ビジネスローンが3.10%から18.0%、カードローンは5.0%から18.0%に定められています。

限度額は、ビジネスローンが50万円~1,000万円、カードローンは1万円~1,000万円(新規取引時は500万円まで)となっています。

数あるビジネスローンの中でも有名な会社ですので、すでに多くの人が申込をしており一定額の融資を受けている状況です。

来店不要で契約可能

基本的にビジネクストはインターネットで申し込むことができるので、店舗に行かなくても契約できることもビジネクストのメリットです。

4ステップで借入する方法

1.まずは公式サイトを訪問しましょう。

その際に、個人名か会社名などを始めとする必要事項を記載するとともに、規約に同意します。この際に審査に悪影響を及ぼさないためにも正確に記載することを心掛けましょう。

2.そして、この記載事項に基づき仮審査がなされるのですが、これが完了した後で必要書類を郵送します。

3.その必要書類を基準に本審査を経るのですが、仮審査ほどは入念になされません。確認をする程度に留まっています。

4.本審査に通過すれば借入可能となります。

このようにすべての手続きがネットで完結できるので忙しい法人の方にはこちらもメリットになります。

契約後はローンカードで土日も借りれる

土日祝日はビジネクストは休業日となっているので審査を受けるのは週が明けてからになります。

ですが、カードローンタイプですでに契約中であれば土日でもローンカードを利用して提携ATMからキャッシングをする事ができます。

セブン銀行や東京スター銀行、アイフルのATMなど身近なATMで借りれるので、土日に資金管理をされている事業者の方なども利用しやすくなっています。

そういった事から、できるだけ平日に審査を済ませておくと土日にゆっくり資金管理ができるのでおすすめです。

アクト・ウィル

ビジネスローンを利用しようとした場合、融資額も高額だったり必要な手続きが多かったりするため、実際に借りるためには数週間を要するという場合も少なくありません。

ですが、アクト・ウィルのビジネスローンでは、スムーズに手続きが進められれば、最短60分審査、最短即日の貸し付けも可能になっており、審査や融資スピードの評価がとても高いです。

ただし、申し込み時間が遅い場合などは即日中の貸し付けが難しくなる可能性もあるので、可能であれば事前に余裕を持って相談や申し込みをすると良いでしょう。

(アクト・ウィルは、中小企業の方をサポートする会社となっているので、申し込みできるのは法人の方に限定されています。)

最短60分審査!最短即日融資!
最大5,000万円までの高額対応!
24時間365日ネット申込みができる
7.50%~15.00%の金利設定で安心
4ステップで素早く契約完了!

スピード 限度額 実質年率
最短60分審査 最大5000万円 7.50%~15.00%
地域 WEB申込 無利息期間
全国即日対応 可能 30日間

 アクト・ウィルは審査が最短60分、即日融資対応と緊急事態で急いで資金調達をしたい法人に注目されているビジネスローンとなっています。年利は7.50%~15.00%と設定されているのでお得に安心して利用できます。

契約の流れについて

先ほども記載しましたが、アクト・ウィルは、申し込みから融資まで最短即日※でできるのが魅力的です。

来店不要でインターネットから①申込み、②審査、③審査結果を連絡、必要書類をFAXか郵送で提出、④契約・融資、指定の銀行口座へ振込みか、スタッフが直接届ける形となります。

①から④までを最短即日でしてくれます。このスピードは他のビジネスローンには見られませんので、火急の事態の法人の方には最適な借入先となるはずです。

(※但し、申込時間や状況によって審査に時間が掛かる場合があります。)

担保や保証が不要

銀行で融資を受けるとなると担保や、保証人が必要になることがあり、それらを用意するだけでも時間や手間を要してしまうというデメリットがあります。

その反面、『アクト・ウィル』の「ビジネスローン」は利用するにあたって担保も保証人を求められることはなく、それでいながら最大限度額が5,000万円と大口融資が可能となっており、金利も7.50%~15.00%と抑えられているので、利用しやすくなっています。

ですから、アクト・ウィルは、少しでも早く手軽に事業資金を調達したい方にオススメの金融業者といえます。

社名 アクト・ウィル株式会社
代表取締役社長 新谷達哉
所在地 東京都豊島区東池袋3-11-9
設立日 平成25年5月9日
資本金 5500万円
登録番号 東京都知事(2)第31521号
日本貸金業協会 第005834号

オージェイ

株式会社オージェイとは、経営者、法人や個人事業主向けに商業手形割引・手形・小切手貸付・無担保融資・不動産担保融資・動産融資・売掛債権担保融資・介護・診療報酬担保融資を行っている金融会社です。

オージェイは、事業資金という名目であれば用途は自由ですし、追加融資サービスも行っているため非常に利用しやすいとくちこみでも様々な業種の方に好評です。

なかでもおすすめしたいポイントは、無担保・保証人不要であるにもかかわらず最大利用額500万円という点です。

建物のメンテナンスやリフォーム・医療関係であれば医療機器など、どの業種も経営をしていくにあたり高額な維持費などがかかる場面もあるはずです。

しかし、お金がかかるからといって節約しすぎてしまうと経営に差支えてしまいますので不安が残ります。

そこで「まとまったお金が急に用意できない」「お金がかかる案件がほかにもある」など困った時は24時間対応で申し込みを受け付けているオージェイの事業者ローンを上手に利用して乗り切りましょう。

デイリーキャッシング

原則担保不要、保証人不要のビジネスローンを扱っているデイリーキャッシングなら、資金調達のための抵当権の登記手続きなどの面倒なしで契約が可能です。

事業者向けのローンを利用するにあたって大きな負担となるのが「担保」です。

不動産を担保に入れること自体不安を大きくさせますし、抵当権の登記手続きという手間のかかる作業も必要になってしまうからです。

でも「事業者向けローン=担保が必要」というわけではないというのがここ数年の常識です。

担保不要で利用可能な事業者向けのローンが多く設立しており便利に使えるからです。

また、融資まで3ステップ「①申込、②審査、③契約」と手間がかからない点もデイリーキャッシングの特徴となっています。

とても急いでいる場合などに便利に活用できる借入先となっています。

MRF

MRFは、西日本を中心とした中小企業への融資実績が多くなっています。

融資までは最短3日と他のビジネスローンと比べると時間が掛かってしまいますが、その分「長期間元金据置プラン」では限度額が100万円~3億円、利息(契約年率)が4.00%~9.90%と高額融資、低金利での利用が可能となっています。

専門のスタッフも多く在籍している点や相談・プランニングなどは全て無料な点も安心できるポイントです。

ですので、西日本に会社を構えている経営者の方は利用を検討してみるのも良いかもしれません。

トライフィナンシャルサービス

ビジネスローンも色々なものがありますが、中小企業が行っているビジネスローンで注目されているのがトライフィナンシャルサービスです。

「中小企業が行っている」というと不安に思われるかもしれませんが、トライフィナンシャルサービスは、東京都知事(3)第31474号、日本貸金業協会会員第005778号としてしっかりと登録されており、貸金業法に則って運営している正規の会社なので安心です。

トライフィナンシャルサービスではビジネスローンだけでなく、通常のフリーローンや借り換えローン、不動産担保ローンなど幅広く事業を行っています。

もちろん中小企業の法人や個人事業主の方も融資を受けられますし、来店せずにWEB上から24時間申し込みができるので契約の手間を省けます。

300万円から5,000万円まで融資可能、年率は6.8%~12.65%、担保保証人は原則不要となっており、大手とあまり変わらないスペックで対応してくれるので、事業規模を更に拡大していきたい時などにも非常に便利です。

また、申込に関する情報入力の目安時間は僅か10分程度でスマホやパソコンから申込する事が可能となっています。

ビジネスパートナー

ビジネスパートナーは、ビジネスローンや不動産担保目的ローン・不動産担保フリーローンなどの商品があります。

ビジネスパートナーのメリットは、全国にあるセブン銀行が使えるので24時間365日いつでもどこでも利用することができる点です。

セブンイレブンがあれば、自分のペースで借り入れと返済ができるのはメリットとなるはずです。

そして、最短即日審査もしてくれますので、急な資金の調達が必要になったときにはとても便利なカードローンです。

またカード発行から借り入れ返済が誰にも会わずにできることもとても助かりますよね。

申し込みの流れは4ステップとなっており、申し込み、審査、契約、借り入れとなっています。

審査結果は電話かメールで知らせてくれるので、待っているだけで大丈夫です。審査結果において適切だと判断された場合に契約になります。

三井住友ビジネスカード

法人や個人経営などの方の経営費用調達に役立つ法人ローンだけでなく、経営を効率化するのに最適な三井住友ビジネスカードについても少し取り上げておきたいと思います。

ビジネスクレジットカードを利用する企業は年々増えており特に中小規模の事業者にとっては大きなメリットがあります。

特に三井住友ビジネスカードは事業規模や利用形態に合わせて、クラシック・ゴールド・プラチナと3つのグレードから選べるのが大きな特徴です。

そして名前を見てわかる通り三井住友ブランドですので何より信頼できるのが大きなメリットです。

ビジネスクレカを導入する利点についてもう少し詳細にみると、単に支払いに現金を用いないというだけでなく、出費口座を一元化することができるため経費処理や税務処理が格段に楽になるというメリットがあります。

ですので特に中小企業では社長自ら経費計算などを行う事もありますが、経理庶務業務をコンパクトにして社業に一層専念する点で大きな助けになるのです。

また、海外旅行保険などの保障もついていますので、出張などの際には大きな助けとなります。

付帯サービスとして様々な割引特典もついていますので日常業務の中でも意外なメリットを発見できるはずです。

はじめて会社にビジネスクレジットカードを導入するという経営者の方に最適な安心と信頼のブランドで、様々な特典もついて経営者に利点の多い24時間申し込みができる三井住友ビジネスカードは、経営の簡素化とスピード化を図るのに最適です。

ファクタリングという選択肢もある

経営者で借金に抵抗があるものの、事業資金を調達する必要があるというのであれば融資ではないファクタリングという選択肢があります。

ファクタリングは支払期日到来前の売掛金を現金化するため、資産の売却譲渡となるため融資にはなりません。

また、複数の売掛金を同時に現金化できることや繰り返して利用することもできるため、支払サイトにより流動化が難しい売掛金を流動化することができ、事業資金として有効活用できる現金を増やすことができます。

事業者向けの資金調達方法のまとめ

銀行融資だけに頼っていては難しかった資金繰りも、『事業者ローン』と『ファクタリング』を併せて使用することでスムーズな資金調達が行える様になります。

それぞれの資金調達方法のメリットを理解して上手く活用することができれば、今までの苦労が嘘の様に解決できるかも知れません。



同ジャンル・関連ページ