健康保険証でお金を借りる

健康保険証でお金を借りるには!

「健康保険証だけでお金を借りる事ができるのでしょうか?」という疑問が多かったので、今回返答させて頂きますね。

大手消費者金融の場合、必要となる書類は本人確認書類として「運転免許証」や、「パスポート」が使えるのはもちろんですが、健康保険証も本人確認書として利用できるようになっています。

プロミス アコム アイフル SMBCモビット
利用できる本人確認証 運転免許証
パスポート
健康保険証
個人番号カード

 
このようにどの会社も健康保険証が利用できるようになっています。

基本的に、借入が50万円以下、または他社との合計が100万円以下の借入なら本人確認書類だけの提出で契約が可能となっています。

50万円を超える借入、または他社との合計が100万円を超える借入の場合は収入証明書が必要となります。

注意点として、プロミス・アコム・アイフルでは健康保険証を本人確認書類として利用する場合は、(顔写真が付いていないため)プラス1点の書類が必要となります。

そのプラス1点として使えるものは、例として住民票や公共料金領収書、納税証明書などとなっています。

SMBCモビットでは、状況によっては収入証明書の提出を求められる場合がありますので用意しておくと安心です。

借入希望額が50万円以下なら原則、本人確認書類だけで契約できるので簡潔に済ますことが可能です。

それぞれの業者で利用できる書類は?

一般的に利用できる書類は、本人確認書類なら運転免許証、パスポート、健康保険証(表・裏)、収入証明書なら給与明細や確定申告書などとなっています。

借入希望額が50万円以下、借入希望額+他社借入れ=100万円以下の場合は、基本的に上記の本人確認書類だけで契約することができますし、プロミスやアコム、アイフルなら健康保険証でも+1点提出することによって利用することができます

ここからはそれぞれの業者で使える必要書類について詳しくみていきましょう。

プロミス

借入希望額が50万円以下の場合 ・借入希望額が50万円超の場合
・希望借入金額+他社利用残高=100万円超の場合
必要書類 ・運転免許証
・パスポート
健康保険証+住民票
・給与明細
・最新の確定申告書
・最新の源泉徴収票
・給与明細書(直近2ヶ月分と、1年分の賞与明細書)
提出方法 ・携帯電話カメラやスキャナなどで画像化して送信
・スマホアプリから送信

プロミスで健康保険証を利用したい場合は、プラス1点、住民票などの書類を事前に揃えておきましょう。

このような必要書類を事前に用意しておけばスムーズに手続きが進みやすく、最短1時間での借入も可能になります。

アコム

借入希望額が50万円以下の場合 ・借入希望額が50万円超の場合
・希望借入金額+他社利用残高=100万円超の場合
必要書類 ・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード(マイナンバーカード)
健康保険証+住民票、または公共料金領収書、納税証明書
・源泉徴収票
・給与明細書など
提出方法 ・携帯電話カメラやスキャナなどで画像化して会員ページから送信
・スマホアプリで送信
・FAXで送信など

アコムでは、健康保険証にプラスして、住民票・公共料金領収書・納税証明書の3つのうちどれか1点を用意することで本人確認書類として利用することができます。

また、マイナンバーカードも利用できるようになっているので、自分が利用しやすいものを提出すると良いですね。

アイフル

借入希望額が50万円以下の場合 ・借入希望額が50万円超の場合
・希望借入金額+他社利用残高=100万円超の場合
必要書類 ・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・住民基本台帳カード
健康保険証+住民票または公共料金領収書
健康保険証+年金手帳など
・源泉徴収票
・所得証明書
・給与明細書
・住民税決定通知書
・確定申告書
提出方法 ・書類提出サービスから提出
・メールからアップロードして提出

アイフルでは、他社よりも利用できる書類が多くなっているのが特徴です。

健康保険証もプラス1点用意すれば利用できますし、母子健康手帳もプラス1点用意できれば利用可能となっています。

SMBCモビット

借入希望額が50万円以下の場合 ・借入希望額が50万円超の場合
・希望借入金額+他社利用残高=100万円超の場合
必要書類 ・運転免許証
・パスポート
健康保険証
・源泉徴収票
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書(直近、2か月分と、賞与がある方は賞与明細書)
・税額通知書
提出方法 ・スキャナなどで画像化してパソコンから送信
・スマホアプリから送信

SMBCモビットは、基本的に50万円以下の借入の場合、本人確認書類だけで大丈夫なのですが、状況によっては収入証明書などが必要な場合がありますので念のために用意しておくと安心ですね。

また、カード型の保険証の場合は裏面のコピーも必要になりますので覚えておいてください。

モビット

WEB完結契約なら内緒にできる!
融資までは最短1時間とスピーディ!
SMBCグループの一員だから安心安全
最大利用限度額『800万円』!
3.0%~18.0%と安心な金利設定

審査時間 実質年率 限度額
最短30分 3.0%~18.0% 1万円~800万円
保証人 担保 借入診断
不要 不要 可能

 SMBCモビットはアコムやプロミスなどと同様に、審査・融資時間が短い最大手となっています。安全面でもSMBCグループですので、安心して長期的に利用することが可能です。

(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。)

書類提出時の注意ポイント

必要書類を提出する時には気を付けるポイントがあります。

書類の住所と現在住んでいる住所が違う場合には、以下の書類も必要になりますので確認しておきましょう。

・納税証明書
・公共料金の領収書(電気、水道、ガス、NHKなど)
・住民票の写し
…など

撮った写真がぼやけていないか確認をしましょう。(ぼやけていると再度提出になり、時間が掛かってしまいます。)

・個人番号カードの提出は個人番号(マイナンバー)が見えないように隠して写真を撮りましょう。

提出前に上記の3つのポイントを確認しておくことで、スムーズに手続きをすることができます。

健康保険証には種類がある

健康保険証は大きく分けると4種類あります。

・社会保険証(会社員など)・・・全国健康保険協会が発行している

・組合保険証(公務員・自衛官・会社員など)・・・公務員の共済組合や各会社の健康保険組合の共済組合が発行している

・船員保険証(船員)・・・全国健康保険協会が発行している

・国民健康保険証(自営業者・その他)・・・都道府県及び市町村が発行している

このように種類があり、それぞれ発行元も違います。

社会保険証や組合保険証があれば、会社に勤めていて一定の収入があることの証明になりますので国民健康保険証に比べると審査が有利に働くと言えるでしょう。

健康保険で何が分かるの?

健康保険の種類は審査を受ける際に「社会的な信頼度」の判断基準の1つとして利用されていると推測されます。

一口に保険証と言っても色々な種類が存在します。

公務員(家族を含む)が持てる「組合員証」や企業に勤めている方と家族がお持ちの「健康保険被保険者証」、自営業や派遣や自営業をされている方がお持ちの国民健康保険被保険者証などです。

つまりどの保険証を持っているかによって、どの様な働き方をしているかの判断をすることが出来るんです。やはり有利なのは「組合員証」です。

「健康保険被保険者証」も審査で有利に影響することが多い様です。

こうなると「国民健康保険被保険者証じゃダメなの?」と思ってしまいますが、それだけで審査落ちすることはありません。

あくまで判断材料の1つであることを忘れないでくださいね。

提出することでメリットがあるところも

SMBCモビットのWEB完結申込

健康保険証を書類として提出することでメリットがある業者もあります。

通常、カードローンの審査では職場へ『電話での在籍確認』がなされますが、この電話が心配…という方も多くいらっしゃいます。

そのような時に、健康保険証に「+α」することで職場への電話連絡をなし※にすることができるのが『SMBCモビットのWEB完結申込』です。

SMBCモビットのWEB完結申込は、職場への電話連絡がないだけではなく、カードや郵送物も一切ないため家族や友人にバレる心配がありません。

利用するには3つ条件があり、

・三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のうちどれかの口座を持っている方

・健康保険証(社会保険証、または組合保険証)を持っている方

・収入証明書類の提出

この条件を満たせばSMBCモビットのWEB完結申込を利用することができます。

なぜ、健康保険証(社会保険証、または組合保険証)や収入証明書類を提出すると職場への電話連絡をなしにできるのかというと、社会保険証や組合保険証を持っているということはそれだけで会社員、公務員などとして働いているということが分かるためです。

また、収入証明書類を提出することでどれだけの収入があるのか分かるため、返済能力の判断をすることができます。

その他にも要因があると思いますが、SMBCモビットでは健康保険証に「+α」することでメリットがある会社と言えますね。

(※状況によっては電話連絡がある場合がございます。)

健康保険証はきっと誰もが持っている身分証明書類の一つですよね。これを使って審査時間の短い銀行系の契約をすることも可能です。多くのケースではこれにプラスして公共料金の請求書や領収書などの現住所が確認できるものも必要となります。早い場所ですとその日のうちに契約をすることもできますので便利です。

運転免許証を持っていなくても

本人確認書類として提出出来る書類は幾つかあるのですが、その1つとして健康保険証も挙げられています。

ただ健康保険証にも色々な種類があります。公務員が入られる公務員共済や、労働組合に加入されている組合保険もあります。

他には上記に含まれない会社勤めの人が多く加入している社会保険などもありますが、これらの保険証は会社勤めをしている証明ともなり得ますので、本人確認と共に仕事をしている証明とも考えられるモノです。

ある意味で安定した収入が得られるという保証ともいえるわけです。

ですがそう考えると、保険料を自己負担で収めることによって加入出来る健康保険はあまり価値がないと思われるかも知れませんね。

ですがそんなことはありません。あくまで保険証は本人確認書類として貸金業者に提出するものです。

健康保険もそれと併せてもう一つ書類を準備すれば十分にその役目は果たしてくれます。健康保険証しかお持ちでない方も安心して申込みを行ってくださいね。



同ジャンル・関連ページ