事業者向けローン

金利が低い事業者向けローン

「事業者向けローンを利用したいけど、金利が低い安全性がかなり高いところは存在するのか?」等々疑問に思う方も当然多々いらっしゃいますよね。

今現在は金利も法律の改正によりかなり下がってきて便利に効率よく活用することができるようになってきました。

そして、事業者向けローンの審査時間もかなり短縮をされてきていますので、法人や個人事業主の人も積極的に活用することで御社の資金調達の安定化に役立つはずです。

近年の事業者向けローンではスピーディーで比較的低金利での貸付が可能となっており、事業資金や緊急時のつなぎ融資として活用できる利便性の高い商品となっています。

低金利での貸し付けといっても銀行融資レベルでの融資は期待できないと考える人がいるならば、是非最新のサービスを調べてみるようにおすすめします。

最近の事業者向けローンの充実ぶりは目を見張るものがあります。

これまでは早い振り込みが期待できても金利は高いというのが一般的なイメージでしたが、業界内の競争が激しい事もあり低金利での貸付けや様々なサービスを打ち出すことで各社がそれぞれの魅力をアピールしています。

事業者向けローンにも銀行系や信販系など特色をもったサービスがありますが、特に最近のおすすめはインターネットから契約できる事業者向けローンです。

インターネットからの申し込みにより、各社は余分な人件費を減らしその分良いサービスを提供してくれるのがうれしいポイントです。

しかもインターネットからの申し込みでも最短で今日中の振り込みに応じてくれますので緊急時にこそ活用したいサービスです。

万が一初めての利用で不安のある方は、当サイトの厳選した優良な事業者向けローンの中から選ぶようになさってください。

サービス面だけでなく安全性にも目を向けた信頼できる実質年利が低い会社ばかりですので、初めて利用するという経営者に特におすすめです。

コンテンツ一覧

利用しやすい事業者向けローンの特徴は?

金利が低くサービスは向上中!

事業者向けローンはここ数年でさらに規模を拡大しています。特に以前と比較して金利が低く限度額が大きなタイプが増えています。ローンカードを使って24時間対応の融資が行えるなどサービス面でも進化しています。

 
大型融資もインターネットから!

億単位の大型融資もインターネットから手軽に申し込める事業者向けローンがあります。またこうしたネット対応のローンであれば全国どこからでも申し込めるため地方企業の利用者が増えています。

 
まさかの事態に備えて今からでも!

24時間対応の事業者向けローンなら今からでもすぐに申し込めます。また申し込み後最短1日で利用可能な場所もあります。緊急事態に備えて今から契約をとりあえず行っておくというのも一つの選択肢です!

ビジネクスト株式会社

4ステップで!
アイフル系列!
満20歳~満69歳
1万~1000万円
来店なしで契約可能

お申し込みはコチラ

セゾンファンデックス

セゾンファンデックス【不動産担保ローン】

最大3億円!
日本全国対応!
24時間申込が!
年利2.65~9.90%
個人事業主でも!

お申し込みはコチラ

TRYフィナンシャルサービス

全国即日キャッシングのTRYフィナンシャルサービス

個人法人問わず
来店不要
日本全国対応
担保・保証人不要
年率6.8%~12.65%

お申し込みはコチラ

資金調達プロ

最短即日調達
来店不要
10秒診断
最大3億の資金!
銀行で断られても

お申し込みはコチラ

ファクタリングのTRY

最短即日
来店不要
赤字決済時も
全国幅広い業種で
徹底した秘密厳守

お申し込みはコチラ

クイックマネジメント

最短30分入金
来店不要
日本全国対応
赤字・債務超過でも
24時間365日対応

お申し込みはコチラ

即日融資も可能な事業者向けローン

困った時にすぐに資金提供をしてくれる金融機関は経営者にとって本当に必要ですよね。そうしたスピードと安全性が高いことに加えて実質年率が低い業者が最近は増えています。特にネット申し込みなどによりコストカットしている事業者向けローンは低利でスピーディーなため人気です。

金利が低い業者か比較しよう

当サイトでは金利が低い金融業者のサービス比較をして選ぶことができますので御社にピッタリあった事業者向けローンを選ぶことができます。

事業者向けローンを活用する前にまずはサービス内容を比較することで本当にお得な商品を知ることができます。

自分一人でいくつも会社を回るのは大変ですが当サイトを活用すればわずかな時間でサービスを比較することが可能です。

では事業者向けローンを比較するときのポイントはなんでしょうか。まずは御社が振り込みして欲しい金額や時期を考えてみてください。

緊急に貸付をして欲しいなら当日中の振り込みに対応した事業者向けローンを中心に考えてみることができます。

借入金額が低いなら審査の時間も短くて済むケースも多くありますので緊急時には貸付希望額を抑えるのも一つの方法です。

逆に事業資金としてまとまった金額を借り入れたい時には大型貸付けに対応した場所を重視して探す必要があります。

限度額に注目して比較すれば御社に適した場所が見つかるはずです。

また初めての貸し付けの場合ですと、金利は上限金利に近い金利が適用されることが多いので、まずは上限金利だけで比較するのも本当にお得な事業者向けローンを探すコツです。

他の比較ポイントとしては、コンビニなどに設置している提携ATMを利用できるかどうか、返済の際に手数料が必要かどうかなども確認しておくのは良いことです。

実質年率が低いローンは注目の金融サービスの一つですので、当サイトでしっかりと最新情報を得てお得に活用なさってください。

比較方法はどうする?

金利やスピードという基本スペックに加えて、限度額の大きさや使える場所(提携ATM数や銀行)などは大切なポイントになります。特に初回から大型融資を希望する場合は、限度額を重視してみてください。また当サイトのような金融まとめサイトを活用して優良業者を下調べするのも有効です。

即日融資の事業者向けローンは?

最近は特に低金利の事業者向けローンは即日融資で緊急時の対応に最適です。

急に資金調達する必要が生じた時に頼りになるのは初めての利用でも即日借りられる金融機関です。

しかし銀行から貸し付けしてもらおうと思うと即日融資はなかなか難しいのが事実です。

しかし事業者向けローンなら本日中の融資に応じる会社が多くありますので、サービス比較をしながら御社に最適な金融業者を選んで活用することも可能です。

当日中の融資のためには早めに申し込むことは必須ですが、最近の事業者向けローンならインターネット申し込みもできますので夜分に申し込みを行い朝イチで貸してもらうということもできるわけです。

また貸し付けの方法として口座振り込みを選択することもできますので、支払いの引き落としが迫っている時などは支払い口座に直接融資をしてもらう事で余分な手間を省いて引き落としに対応することも可能です。

また提携ATMを活用した貸付けもできますので夜間など銀行が閉まった時間でもコンビニに併設されているATMを活用して24時間融資を受けることもできます。

事業者向けローンでは今日中の貸し付けに対応する会社が増加傾向にあるとはいえ、審査状況によっては本日中の振込みが難しいケースもありますので、緊急事態に備えて今からカードを一枚作っておく事をおすすめいたします。

今から当サイトで各業者のサービス比較を行い気になる低金利の場所をチェックしておけば万が一の事態に備えておく事ができるでしょう。

審査は短時間で済むの?

大喜びしている少ない金利で借入ができる事業者向けローンも審査時間は非常に短いので最短で今日中の貸付を受けることも可能です。

通常の事業者向け貸付の場合、数日から2週間ほど審査に時間が必要となることも少なくありません。

また提出する書類が多かったり何度も連絡を取り合う事が求められることもあります。

しかし事業者向けローンならそうした余分の手間から解放されます。

またインターネット申し込みを活用すれば店舗に一度も出向くことなく貸付けを受けることも可能です。

最大の特徴は貸付までの時間が短い事で可能なスムーズな振り込みですので急いで振り込みして欲しい時には最適な金融機関といえます。

早いだけでなく最近は金利面での進化が見られていますので事業者向けローンは特に注目されている商品の一つです。

事業者向けサービスを展開している会社にも銀行系や消費者金融系など一口に事業者向けローンと言っても多くの種類がありますのでその特徴を捉えて選ぶ必要があります。

審査時間が短くすぐにでも振り込みして欲しいならネット申し込みができて本日中の振り込みに対応している事業者向けの中から選んでみてください。

また限度額が比較的高いものもありますので大型融資を受けることも可能です。

その場合融資額が大きいほど時間は長くなる傾向にありますので十分前もって少ない実質年率で貸し入れができる業者への申し込みを行う事をおすすめします。

ベーシックな書類だけ

事業資金の貸付ですと一般向けのサービスよりもやはり書類が多くなる傾向はあります。しかしそれでも経営者であれば一般的なベーシックな書類だけで済むことがほとんどですので、それほど手間がかかるわけではありません。担保や保証をしてくれる人を準備していた時代と比べると格段に便利です!

低金利を求めるなら銀行カードローン

事業者向けローンも展開する銀行カードローンで申込みをすればお得に融資を受けることができます。

事業者向けローンは金利が高いというイメージを覆すサービスがあります。それが銀行系カードローンが行う事業者向けサービスです。

事業者向けサービスですので限度額も通常のカード会社よりも高めに設定されている事も多くあり、まとまった資金が必要な人にも十分満足できるサービスです。

何よりうれしいのは銀行系ですので銀行から借りるのと同じような低金利での借り入れができることです。

それに加えて銀行系なら総量規制の対象外というメリットもありますので年収に縛られることなく貸し付けを受けることができます。

幾つかのメリットを考えてきましたが、これまでにない多くのメリットが今の事業者向けローンにあることがわかるでしょう。

希望に沿ったサービスを展開するカード会社を探してぜひアクセスしてみてください。

お急ぎの時にも余裕をもった対応ができるように今から事業者向けローンで低金利の申込みをできる所についてさらに詳しく調べておくようにおすすめいたします。

低金利で貸付けてくれる時代に!

低金利で貸付をしてくれる事業者向けローンも増えてきました。銀行外の選択肢が増えてきたので、今は狙い目の時といえます。事業資金の供給を希望するならキャッシングやノンバンクも含めて視野を広げて考えてみると、さらにいい形での融資を期待できるはずです。

資金を貸してもらう時の必要書類は?

説明をし始めている画像事業資金を貸してもらう時に必要書類を提出する必要があります。

でも、どんな書類が審査の際に必要なのかわからない方もいらっしゃると思いますので、ここで細かく説明をさせて頂きます。

定番の書類の一部として、申し込まれる方の本人確認書類を用意することになります。法人の方は代表者の方の書類になります。

運転免許証やパスポート、マイナンバーカード、健康保険証などで名前や住所の確認に使用されます。

次に収入を証明する書類として法人の場合は大抵決算書最近2期分、個人事業の方ですと確定申告書2年分が必要です。

しかし、業者によって決算書1期分で良い場所もあります。創業間もない会社の場合は収支計画書や事業計画書が必要な場合もあります。

金融業者によって必要書類が若干異なります。法人の場合は登記事項証明書(履歴事項全部証明書)の提出を要求されることも多いです。

ご用意できる書類をチェックして備えておくといざというときにスムーズに活用できますよ。

安全性が高いからビジネスに最適

最近の事業者向けローンは大手事業者が参入したり実績豊富な会社も増えているため極めて安全性が高い商品となっています。サービスの質も高く実質年利が低いことや即日に融資をしてもらえるスピードの速さも魅力となっています。便利なカードの発行も定番サービスとなっていますので契約後の使用は24時間提携ATMを使って自由に行えます!

ビジネクストの事業者向けローン

ビジネクストの事業者向けローンは、オンラインで申し込みから審査、そして契約手続きができ、融資を受けれれるまで最短即日というケースもあります。

一般的に銀行からの融資や貸金業者の事業性ローンは、審査に1ヶ月や2ヶ月を要することがあり、運転資金を直ぐの調達したいという場合には不向きです。

しかし、ビジネクストの事業者向けローンなら申し込んだその日に貸付けを受けることも可能であり、日数が掛かった場合でも1週間ほどで貸付を受けることも可能です。

さらに、オンラインでの手続きは、必要書類の提出もメールやFAXに対応しており、遠方から書類の提出する際に日数を増やす要素となる郵送事情の問題も解決できます。

何で評価されているの?

ビジネクストの事業者向けローンは、一般的な貸金業者の事業性ローンと比較して、便利さが高く評価されています。

一般的な事業性ローンは貸し付けを受ける際には、都度審査や契約手続きが必要となり、融資実行まで時間を要します。

しかし、ビジネクストの事業者向けローンは、専用カードを使用して必要な時に必要な分だけ、提携ATMを使って融資を受けることができ、急に資金調達が必要という際にはスピーディーになっています。

また、申し込みもインターネットからオンラインで行うことができ、必要書類の提出もメールやFAXに対応しているため、会社代表者が窓口まで足を運ぶことがなく、スケジュール調整も不要などメリットがあります。

提携ATMで24時間借り入れ

ビジネクストの事業者向けローンは、専用カードを使用して提携ATMから24時間借り入れすることができ、利用限度枠内であれば繰り返し融資を受けることができます。

急につなぎの運転資金が必要、設備や備品が壊れ購入するための資金が必要という場合でも、改めて融資審査や契約手続きを行う必要がないため、スピーディーに資金調達を行うことができます。

また、返済に余裕があるときには提携ATMから繰り上げ返済することもでき、利息を抑えられるといったメリットもあります。

高額融資を希望するなら

高額の融資を希望するなら、クラウドバンク・フィナンシャルサービスの事業者向けローンがあります。

資金限度は10億円と貸金業者の事業者向けローンと比べて高額であり、銀行融資と遜色がありません。

契約年率は6.00%~15.00%となっており、法人だけでなく個人事業者にも対応しています。

インターネットからオンラインで申し込みができ、貸し付けに関する情報の記入は3分程度で完了でき、あれこれ記入する情報に悩まされないのも大きな特徴となっています。

返済方法も4パターンが用意されており、返済計画を検討できるのもメリットになっています。

幅広い活用ができる

高額な会社経営資金が必要、最新設備を導入するための投資資金が必要という場合なら、クラウドバンク・フィナンシャルサービスの事業者向けローンがあります。

最大10億円の資金調達が可能であり、製造業なら工場の新設資金を賄える金額も期待できます。

高額な資金調達ができるのは有名な法人企業、経営が安定した法人企業だけと考えがちですが、クラウドバンク・フィナンシャルサービスの事業者向けローンは、法人だけでなく個人事業者にも対応しており、個人事業者も事業拡大や生産能力のアップも実現可能になります。

有担保型の事業者向けローンではあるものの、預金担保や不動産担保、そして売掛債権担保など自社が持つ資産を有効に活用して低い年利での契約も期待できます。

そのため、返済コストも抑えられるなど会社経営に与える負担も軽減できます。

オンラインでの申込・審査

大型融資を契約する際、銀行や貸金業者の担当窓口や営業担当と直接面談が必要となるケースが多く、経営者や経理担当部門の管理者がスケジュール調整を行って対応する必要があります。

しかし、業務への支障を避けたいという場合、クラウドバンク・フィナンシャルサービスの事業者向けローンがあります。

クラウドバンク・フィナンシャルサービスならオンラインでの申し込みが可能となっており、会社に居ながら申し込みから審査が受けられます。

また、申し込み時の必要書類も本人確認書類(運転免許証など)、印鑑や印鑑証明書そして納税証明書と準備し易いのも大きな特徴です。

ファクタリングという事業者のための調達方法

キャッシュフローを改善するために資金調達を行う、新規事業や設備購入のために資金調達する際、事業者向けローンだけが選択肢ではありません。

事業者向けローンは、審査において会社の経営状態が影響するため、資金調達を行えない可能性があります。

しかし、ファクタリングという資金調達なら既に発生している売掛金を売却譲渡して、代金を受け取るため会社の経営状況を気にすることなく資金調達を行うことができます。

また、ファクタリングは法人だけでなく、個人事業者にも対応しており申し込みもオンラインで行うことができます。

さらに審査もスピーディーに行われ、申し込んだその日に資金調達できる可能性もあります。

ファクタリングのメリットは?

ファクタリングは事業者向けローンと異なり、申し込んだその日のうちに審査が完了し、売掛金の買取代金を受け取ることもできます。

事業者向けローンの場合、貸金業者でも1週間ほど、銀行の場合では1~2ヶ月といっ審査期間を必要とすることが多く、資金調達を急いでいるときには不向きです。

しかし、ファクタリングは売掛金という資産を買い取るため、商品の売買と同じような仕組みになっています。

今ではインターネットからオンラインで申し込みから契約ができるファクタリング会社も多く、キャッシュフローがショートしそうで直ぐに改善したいという時にはファクタリングは有効な資金調達方法となっています。

赤字企業でも調達できる理由

銀行や貸金業者事業者向けローンは、赤字決算の場合では審査は非常に厳しく、一般的には契約は困難です。

また、税金滞納中の場合、融資審査では直近の支払状況も審査されるため、事業者向けローンで貸付を受けることができません。

しかし、ファクタリングは融資では無いため、赤字決算や税金滞納中でも資金調達を行うことができます。

売掛金は資産に該当するため、資産の売却により対価を得る方法です。

そのため、赤字決算や税金滞納中だからといってファクタリング契約を断られることがありません。

また、2社間取引きの場合、税金滞納中ではファクタリング会社から売掛金の買取対価が銀行口座へ入金された際に差押えられるといった不安があります。

しかし、ファクタリング契約時にはしっかりと債権譲渡登記を行うため、ファクタリング会社への支払が滞るといった心配もありません。

2社間、3社間取引きの違いは?

ファクタリングの契約には『2社間取引き』と、『3社間取引き』の2通りの契約方法が存在し、2社間取引きは、「ファクタリングを利用する企業」と、「ファクタリング業者」の2社が同意した上での取引となります。

一方、3社間取引きは、これらに「売掛先」が加わり、3社が同意しなければ取引は成立しません。

2社間取引きの場合は、売掛先の同意を得る必要がないため、ファクタリングを利用する側にとっては3社間取引きの時よりも早く資金を調達でき、売掛先に資金繰りに困っていることなどを知られることもありません。

一方、3社間取引きの場合は、返済が行われないリスクが小さいことから利用する側も安い手数料で利用でき、2社間取引きと比べて早く売掛金を回収できるというメリットがあります。

ファクタリングのTRY

企業が商品やサービスを提供した際の売掛金が実際に入金されるまでには時間を要することがあります。

このタイムラグを減らして素早い資金調達を可能にしているのが「ファクタリングのTRY」です。最短で即日対応できるケースもあるので売掛金をなるべく早く受け取りたいという場合には便利なサービスです。

またファクタリングのTRYは手数料が低く設定されているというのも特徴で、最低限の費用でファクタリングを利用することができます。

2社間にも対応

ファクタリングは取引先に知られることでその後の取引に影響を与えてしまう可能性もあり、自社とファクタリング会社による2社間ファクタリングにより、取引先に知られることなく資金調達を行なうことができます。

もちろんファクタリングのTRYでも、この2社間ファクタリングに対応しており、依頼主の秘密を守りながら契約を行なうことが可能となっています。

さらに契約までの手続きがスピーディというのもメリットのひとつであり、法人、個人事業主を問わずネットから24時間いつでも申し込みができるほか、売掛金の即日買取や初めて利用する方への相談にも応じています。

経営状態は審査に影響する?

資金不足で困っている時は事業融資を受ける事を検討するでしょう。

銀行などで事業融資を受ける事が出来ますが、経営状態に問題があったりすると審査が否決されてしまい融資を受ける事が出来なくなります。

しかしファクタリングのTRYはしっかり対応してくれます。赤字決算や税金滞納の状態でも売掛金があれば資金調達をする事が出来ます。

法人の資金調達をする時に経営状態が不安な場合はファクタリングのTRYを利用するのがおすすめです。

株式会社オッティ

銀行などの金融機関が提供する事業者向けローンを利用する場合、契約の際には担保や保証人が必要なケースが多く、それ故に貸し付け実行までに手続きや審査に時間がかかってしまいがちで、速やかに資金調達をしたい場合に使いにくい側面があります。

一方で株式会社オッティのファクタリングを利用して資金調達をする場合、電話で申し込みをすればスピーディに対応しますし、最短で1日で売掛金を資金化できるので急いでいる場合に大変便利です。

バレてしまうリスクはないの?

事業者向けローンを利用した場合には取引先に売掛金を担保に資金調達をしたことがバレてしまうリスクがない一方でファクタリングは売掛金を利用して資金調達をしたことが取引先に通知されてしまうこともあるため利用しにくいと考える経営者は少なくありません。

しかし株式会社オッティのファクタリングは取引先に通知せずに資金化できる2社間取引にも対応しているため、安心して活用できます。プライバシーが気になる経営者でも安心して利用できるのです。

財務状況を向上させる可能性

金融機関の事業者向けローンを利用して資金調達を行う場合、財務諸表の上では負債が増えることとなるのでその後新しく銀行に融資を申し込んだ場合に審査を通過しにくくなってしまいます。

その点株式会社オッティのファクタリングを利用した場合、売掛債権を現金化できるため、資金調達に加えてキャッシュ・フロー改善のメリットも得られます。

財務状況が改善することでそれまでは貸付けを受けにくかった金融機関からの融資も受けやすくなると考えられます。

えんナビ

少額の買取にも対応し、買取金額の幅広さやスムーズな対応でバランスの良さを発揮している「えんナビ」も活用しやすいファクタリング会社のひとつです。

手数料は最低水準を維持しつつ、即日対応や2社間ファクタリングによる秘密厳守も徹底されているので、小規模の法人や個人事業主でも利用しやすくなっています。

最低買取価格を30万円と低く設定することで間口を広げ、使いやすくしているのもポイントです。

安全な取引ができる理由

ファクタリングは売掛金を買い取ってもらう資金調達方法として近年注目されていますが、実際に利用する場合、もし売掛先が倒産したりして売掛金を回収できなくなった時にどうなるのかは気になる点ですよね。

えんナビのファクタリングはノンリコース契約となっていて、仮に売掛先が倒産などで支払いが不可となってしまった場合でもファクタリング後は支払いなどの責任は発生しないので安心して安全に取引する事ができます。

スムーズに利用するためには?

えんナビで円滑にファクタリングを行うには、各市区町村の窓口で発行請求が必要な印鑑証明書や、法務局本局・支局・出張所で取得できる商業登記簿謄本など用意するのに手間のかかる書類を事前準備しておくと円滑にファクタリングを行えます。

また、契約する際には「えんナビ営業スタッフ」に来てもらう事で契約する「出張サービス」を利用すると円滑にファクタリングできます(出張サービス以外にも、電話とメールで契約できる場合があります)。

資金調達プロ

会社の経営者や個人事業主が資金調達をする時はファクタリング業者を利用することが多いですが、たくさんなるのでなかなか選べない場合もあるでしょう。

そのような時は最適なファクタリング業者を紹介してくれる資金調達プロを利用するのが向いています。

提携業者数が1000社以上なのでホームページで必要項目を入力するとすぐに診断してくれます。

また早く資金調達をしたい、手数料を安く抑えたいなど明確な重視項目がある場合はそのようなメリットがあるファクタリングのトライを利用するのが向いています。

ユウシサポ

国営の金融機関である日本政策金融公庫は、新たに会社を立ち上げる人や、事業開始後税務申告を2期終えていない人を対象にした「新創業融資制度」という事業者向けローンを提供しています。

この事業者向けローンは無担保・無保証人で最大3,000万円まで融資を受けられ、基準となる実質年率は2.26~2.85%(平成30年8月24日現在。市況によって変動します。)という低金利なっているのですが、国の認定支援機関である「ユウシサポ」を利用して新創業融資制度に申し込みをした場合は更に低金利となり、金利が0.15%低くなって実質年率2.11~2.70%となるのでとてもお得になっています。

全国どこからでも申込可能

ユウシサポを利用する事によって日本政策金融公庫の事業者向けローンである新創業融資制度の利息が安くなるといっても、ユウシサポの利便性が悪いと利用する気にはなれません。

しかし、ユウシサポは利便性も抜群となっています。ユウシサポを利用するには、公式サイトから会社名(任意)・利用者の名前・業種・融資希望金額・メールアドレス・電話番号・電話連絡希望日時・生年月日(任意)・質問(任意)を入力するだけで24時間365日いつでも、全国どこからでも利用申込可能という利便性を誇っています。

書類に加えて面接対策も

新創業融資制度は無担保・無保証人かつ、低金利で大金を融資してもらえる事業者向けローンですが、借入申込書・創業計画書・事業計画書などの書類を完璧に作成した上で厳しい面接もクリアしなければ貸付してもらえません。

その為に、個人で日本政策金融公庫の新創業融資制度に申込した場合の審査通過率は全体の20%程度しかありません。

しかし、ユウシサポは公認会計士・税理士という専門家が書類作成から面接対策までの全てをサポートしてくれるので、ユウシサポを利用して新創業融資制度に申込をした場合の審査通過率は90%以上となっています。

株式会社JTC

株式会社JTCは口コミでもかなり評判が良いファクタリング会社ですよね。

最短1日で事業資金の調達もできますし、日本全国で対応しているので、非常事態でどうしても売掛金を現金化して現金を手にしたい事業経営者から高い評価をえています。

しかし、クチコミで評判が高い理由は何処にあるのかとか、税金滞納していても利用可能なのかとか銀行に貸し付けをしてくれない状況であっても本当に資金調達ができるのかなど、知らない点も多いと思われますので、こちらで分かりやすく株式会社JTCについてお話させて頂きます。

 
融資までの速さに定評がある!

最短1日で売掛金の現金化が行える株式会社JTCで行うファクタリングは、速さに定評があるため流行りとなっています。ネットから24時間アクセスできるため、夜間の申込みにも対応しています。

 
多くの会社が利用可能!

ファクタリングの口コミを見ると、税金滞納やリスケ中など銀行取引が難しい法人企業の方でも契約ができたという喜びの声があります。融資とは異なる審査基準のため、より多くの会社が利用の可能性があります。

 
来店不要で手間いらず!

株式会社JTCでは来店不要でネットで申込みなどの手続きが行えるため、口コミを見ると全国各地の企業の利用が見られます。非常事態でもネットで手続きができる手軽さが、資金調達を急ぐ経営者の方に評価されています。

資金調達スピードは?

株式会社JTCは融資実行までの速さに定評があり、売掛金さえあれば最短で1日で契約と実行を行うことができます。

また人によっては平日は身動きが取れずに契約が難しいという人もいるでしょう。

しかし株式会社JTCは土曜日や日曜日も受付から契約までの対応を行っていますし、利用者が遠方にいるという場合には全国に出張対応もしてくれます。対応がはやい上に利用者のことを第一に考えた応対を行っているのです。

当然すでにお分かりの通り、銀行の企業向け貸付の場合、申込みをしてから実際にお金が振り込まれるまで、数日から数週間待たされることが一般的ですし、場合によっては1ヶ月以上待たされるということもあります。

しかし株式会社JTCのファクタリングであれば、先ほど記載した通り、最短で即日現金を渡してくれるので、急いで資金調達をしたい時に便利です。

税金滞納でも利用可能?

税金を滞納していれば、融資は概ね断られるのが通常です。しかし、ファクタリングは融資ではなく、売掛金の買取であって、いわば資金調達の手段の一つなのです。

そのために、税金に未納があろうと関係なく資金調達を実現できるのです。

もちろん、税金を滞納していること自体はほめられたものではないですが、納付を先延ばしにしているなど、何らかの理由で納付の遅延に至っていることもありますよね。

そうした際には、ファクタリングを用いてみてはいかがでしょう。

株式会社JTCでは法人のファクタリングに対応しているのはもちろん、個人事業主のファクタリングにも対応しており、少額の取引も扱っているので高い多様性を兼ね揃えていると考えられます。

ファクタリングは100万円から受け付けているので、少額の取引であっても気兼ねなく相談ができますし、前払い入金システムを導入しているので、入金日を待たずに信頼かつ融通性ある取引を行うことができます。

株価への影響も減る

ファクタリングは、キャッシュフローの改善だけに留まりません。バランスシート(BL)すなわち貸借対照表上においても、売掛金が減少し、売上が増加します。その結果、上場している企業にとっては経営の不安定さにより株式が売買されてしまい、株価が下落するというリスクも避けられる可能性があります。

取引先に知られない?

株式会社JTCのファクタリングサービスは取引先に知られずに売掛金の売買ができるという大きなメリットがあります。

売掛金を現金化することで嫌な顔をする取引先もあるので、そのような意味でファクタリングサービスは多少のリスクがあるのですが、株式会社JTCのファクタリングなら安全に取引ができるのです。

また同社は情報セキュリティ管理の国際規格の取得もしているので、問題なく大切な情報の開示を行うことができます。

また、株式会社JTCでのファクタリングに関して、ファクタリングを申請した企業には審査がなされません。

そのために融資が困難とされる企業であっても、資金調達できる可能性がまだ残されているといえるのです。また、仮に貸付けが可決されたにしても、希望通りの借入金額に至らないこともあるかと思われます。

そのような貸し付けにおけるデメリット面をファクタリングはカバーしているのです。

入金前払いシステム

株式会社JTCの入金前払いシステムを利用すれば、入金日を待たずに、売掛金を現金化することができます。

申し込みから最短1日での入金や、高額の資金調達も行なっており、業界最高水準の買取実績を誇っています。

取引先に入金前払いシステムの利用を知られたくない場合も利用可能で、その際、株式会社JTCから取引先へは連絡せずに審査からお支払いまで使用することができます。

任せて安心の実績豊富な会社

株式会社JTCはファクタリングの実績も豊富な会社ですので、これまで売掛債権の売却を行ったことがないという企業の方でも安心して任せることができるはずです。ファクタリングは現在急速に拡大中ですが、くちこみなどでも投稿数が多い株式会社JTCのような実績ある会社を選ぶことが、早くて安全な取引を行う面で不可欠です。

申込時に記入することは?

情報セキュリティの国際規格も取得しているので、情報管理の面でも安心です。

申し込み・問い合わせをしたい場合は、メールで連絡を取ると時間もかからず便利です。やり方は簡単です。

まずは株式会社JTCのHPを開きます。HPを開くと、下の方に、お申し込み・お問い合わせというメールフォームがあります。

そこに会社名や事業形態、代表者名、連絡先、問い合わせたい内容などをいくつか記載し、送信すれば問い合わせ完了です。

このとき、返信方法を電話かメールで選べます。問い合わせは短時間で済むので、迷っているときは1度、メールしてみると良いと思います。

事前に無料査定をしてみよう

調達額がその場でわかる無料査定も実施しています。既に、他のファクタリング企業を利用している方も、見積もりだけでも良いので、検討してみてはいかがでしょうか。

できればなるべく費用をかけずに資金調達したいと考えているのならば、他社との相見積もりをしても良いと思います。

無料査定ならば費用も抑えられますし、業界トップクラスの好条件がどのようなものなのか、自分で確かめて、納得の上で利用するのが、賢い資金調達なのだと思います。

口コミでは速さが注目されています

ファクタリングに関する口コミ投稿で多いのが、やはりその速さに対する驚きです。融資とは審査項目が全く異なるため驚くほどの速さで取引が成立して現金化することができるのです。株式会社JTCもそうした速さに定評のある業者の一つです。来店不要で行えるため全国どこからでも申し込みを行うことができますよ!

多くの企業が利用可能

口コミを見ても分かるように株式会社JTCを利用している企業は多岐にわたります。そこで見えてくる一つの特徴は、これまでであれば融資や経営の再生を諦めていたであろう事業者の方の利用が増えている事です。

先ほども少し述べたように、赤字決済となった企業や税金を滞納しているという状況であっても、良質な売掛債権をもっているなら取引が可能なケースもあるのです。

そうした事業者の方がクチコミを見て株式会社JTCにネットで申し込みを行い売却に成功したという事例がいくつも報告されているのです。

ですから今まで以上に多くの方がファクタリングという新たな資金獲得方法を活用して経営の再生に成功しているという事が分かるでしょう。

利用に必要なものは有効な売掛債権ですので、会社の経営状況は最重要項目ではありませんのでまずは勇気をもって申請を行うことが重要です。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる