ファクタリング事業資金エージェント

非常時のファクタリングなら事業資金エージェント

 最短当日中に現金化!

ファクタリングは緊急事態に一番早く資金調達する方法の一つと言われていますが、中でも事業資金エージェントなら最短当日中に現金化できるほどスピーディです。間近に迫った支払い期限などがあるならココです!

 
 欧米ではポピュラーな調達方法!

ファクタリングは欧米では一般的に行われている金融取引の一つで日本でも急速に普及しています。経産省もリポートを出すなど人気が上昇しています。実績のある事業資金エージェントは手数料の低さも業界では有名ですので、初めての利用の方には特におすすめです。

 
 来店不要で24時間OK!

契約までに来店する必要は原則としてありませんし、申し込みは24時間いつでもWEBからOKという手軽さも事業資金エージェントの魅力です。また担保や保証人も不要ですから審査に必要な書類も少なくて助かります。

資金化までの時間は?

事業資金エージェントは、ファクタリングを専門に扱うプロの事業者です。

ファクタリングとは、売掛金を買い取る性質で現金化をそのまましてくれるため返済の必要性がなく、貸し付けとは根本的に異なります。

一般的には、売掛金はその期日が到来しない限りは現金とはならないわけなのですが、事業資金エージェントを利用することで、その期日よりもスピーディーに現金に変えることができるわけです。

資金化までの時間

「最短即日入金」となっているので、スムーズに現金化を行いたいという場合にはとても重宝されている会社です。

手数料について

事業資金エージェントは、手数料が1.5パーセントと業界最低水準の安さになっていますので、初めての利用でも安心して利用することができます。

売掛金の現金化を考えたときは、とりあえず事業資金エージェントを検討してみたら良いでしょう。

業者選びのポイント!

ファクタリングはキャッシングローンなどでの借り入れとは違いますので、取引に対する手数料をいかに低く抑えれるかが大事なポイントです。

いくらまで対応してるの?

会社を経営していくにあたって、常にいろんな資金繰りが必要になると思います。

売掛債権の金額も少額から多額まで様々だと思いますが、事業資金エージェントでは最大3億円まで対応しています。

また、実際にファクタリングを利用する前に、いくら調達が可能かの診断もすることができるので便利です。

事業資金エージェントは、経営者の強い味方になるので、一度診断をしておくことをオススメします。

取引先に内緒にしたい時は?

事業資金エージェントはファクタリング業者なので借金をするわけではありませんが、売掛金を現金化する形になるので取引先にバレてしまうと思ってしまう経営者もいるでしょう。

2社間取引も可能!

2社間取引なら、取引をする時は業者とお客様になるので、取引先には内緒にする事が出来ます。

2社間取引をする時に覚えておきたいこと!

本来はファクタリング業者自身が行う売掛金の回収をファクタリング利用者に依託する形式になる為に、業者は利用者にお金を持ち逃げされるリスクを負うことになります。

この為、2社間取引は3社間より手数料が高くなる傾向があることを覚えておきましょう。しかしスピード面や秘匿性という観点からすればメリットは2社間の方が大きくなります。

担保、保証人なしで

ファクタリングは、売掛金という信用があるので担保や保証人も不要で現金化をする事が出来てしまいます。

取引先に秘密にする事が出来る、担保や保証人も不要で現金化する事が出来るのも事業資金エージェントのメリットで、初めてファクタリングを利用する経営者におすすめです。

返済の必要がないって本当?

ファクタリングではスピーディーな売掛債権の現金化を実現することができますが、その仕組みについてはまだ一般的には理解されていない事も多く、よく貸付けと誤解される傾向にあります。

ファクタリングは得られた現金をそのまま使うことが可能であることはもちろんのこと、売買取引による調達ですので、得られた現金を返済する必要が何らないのが特徴です。

この売買取引は、事業性融資の場合と比べて審査はとてもシンプルなものとなっているため、融資の審査に望むときのように身構える必要性は特にありません。

シンプルであるゆえに、よりスピーディであり、より多くの事業者が活用できるチャンスがあると言えるでしょう。

銀行融資とは異なる申込基準

税金を滞納していたり、同業他社ですでに多額の借入があれば、その分次の利用の際の審査に大きく響くのが通常の貸付ですよね。

これは銀行などの貸付の際にはバランスシートや決算書などから財務環境が厳しくチェックされるからです。

しかし、事業資金エージェントでは、税金の滞納があったとしても必ず審査に落とされるものではありません。

それにほかのファクタリング業者を利用していた、または利用しているというケースでも、これが審査に影響することは基本的には全くないと言っても良いでしょう。

これは融資と債権売却取引の違いによるところが大きいのですが、これが利用者にとっては大きなメリットにつながることは言うまでもないですよね。

債務超過や経営自体は赤字となっているとしても利用の可能性が十分に残されています。

それに事業資金エージェントでは、他の業者を利用しているけれど乗り換えを検討している際にも、親切に対応してくれる強みがあるのです。

申込みの基準は?

「取引企業に対して売掛債権を持っているか」ということが利用条件の一つになっています。

なので、赤字決算、税金の滞納、設立時期、関係なく申込みできるようになっています。

そもそもファクタリングってなに?

ファクタリングとは、通常のキャッシングローンとは違い、今現在売上は上がっているが、未だに現金化できていない売掛金を現金化してもらうサービスになります。

ローンのように金利を返済するのではなく、ファクタリングに対する手数料を支払えばいいのでとても便利だと思います。

しかも通常のキャッシングローンのように、保証人や担保も必要とされていないというのは、既に土地や建物などに抵当権が設定されているという企業にとってはかなりメリットがあるといえるでしょう。

こうした取引手法はヨーロッパなどの欧米においては古くから用いられている経済手段の一つであり、日本でも近年急速に普及が広まっています。

特にメリットが大きいのは中小企業や個人事業主などの事業規模が比較的小さいケースです。

新規投資こそが安定した企業運営につながる現代では、いかに入金サイトを早めて手元にキャッシュを確保するかが生命線です。

そうした点で考えてみても現代のビジネスモデルにマッチしたサービスと言えますし、今後もさらに普及は続いていくと予想されています。

オンラインでの完結可能

事業資金エージェントのファクタリングは、ネットからオンラインで申し込みから契約手続きを行うことができます。

来店不要での契約手続きに対応しており、申し込みはネットからできるものの、対面審査や契約手続きのために遠方から時間や費用をかけることもありません。

対面審査の場合、利用ができないという判断の際には時間や費用が無駄になるものの、事業資金エージェントの場合は会社に居ながら資金調達を完結できます。

仮審査だけでもOK?

事業資金エージェントは、仮審査の申し込みだけでも問題がありません。

売掛金の買取見積を依頼した結果、審査後は契約必須となり、買取額や手数料に納得できない状態で契約することがありません。

また、現在利用しているファクタリング会社と買取額を比較して、契約先の変更を行いたいという場合でも安心してネットから申し込みができます。

欧米では一般的な手法

事業資金エージェントのファクタリングは、欧米で一般的な手法であり、確立された資金調達方法のため安心して活用できます。

日本国内では、これまで手形取引が主流であったものの、ファクタリングという手法も古くから存在しています。

融資や手形取引のように信用という不確定要素の大きい情報を審査で考慮するのではなく、確定している売掛債権を売買取引するものです。

また、情報管理も徹底されており、取引先に売掛債権の早期現金化を知られたくないという場合でも安心して利用することができます。

売掛先が倒産しても大丈夫?

事業資金エージェントのファクタリングは、償還請求なしのノンリコースだから売掛先が倒産した場合でも、自社に買取代金が請求されることがありません。

売掛先の倒産リスクを含めて買取を行うため、連鎖倒産というリスクを負うことがありません。

手形取引で裏書譲渡する場合のように振出人が支払不能になった際、裏書譲渡人が請求されるといったことにならないのがメリットです。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる