当日振込対応のJ.ScoreのAIスコア・レンディング

当日振込対応のJ.ScoreのAIスコア・レンディングでキャッシングをされる方もいらっしゃるかと思います。

J.ScoreのAIスコア・レンディングのキャッシングは、スピード審査かつカードレスに対応しており、周囲へ知られることなく契約および借り入れが可能です。

カードレスなら自宅にカードが郵送されることを防げるだけでなく、財布の中を見られてもキャッシングをしているとは分かりません。

この方法なら、スマートフォンから申し込みを済ませ、指定銀行口座へ振込依頼をするだけですので外出する必要なく全ての手続きが完了します。

また、最短で考えると申し込みの当日中に借入れできますので、お急ぎの方に便利な業者とも言えます。

このように急ぎの時にメリットがあるJ.ScoreのAIスコア・レンディングですが、今日中に借りたい時は最短で出来る契約方法を知っておくと便利なので、ここでポイントを学び、短時間で契約完了して頂けたらと思います。

J.ScoreのAIスコア・レンディングのキャッシング

J.ScoreのAIスコア・レンディングで契約場合、基本的にWEBからの申し込みとなります。

24時間申し込みが可能で、50万円以下、または他社借入も含めて100万円以下なら原則収入証明書類の送付提出の必要もありません。

申し込み内容が了承されれば、最短当日で融資可能になります。

借入利率は審査によりますが、0.8%~15.0%で、限度額は最高1,000万円となっています。

借りる時は銀行口座への振込融資が使え、返す時は銀行振込・口座振替・ペイジーが使えるのでとても便利です。

WEBページはパソコンだけでなくスマートフォン・携帯電話からも利用できます。

返済時も同じく銀行窓口・ATM・コンビニATM・WEBを利用して返済ができるので、自分の都合によって使い分けることができます。

最大の利点は、ソフトバンクとみずほ銀行が作った個人融資向けサービスなのでとても安心です。

ただ、スピーディに行う際はなるべく早めに審査を完了させておくようにしておいてくださいね。

最短即日で借り入れができる!
スマホやパソコンからのWEB完結契約
カードレス契約
限度額は『10万円~1,000万円』
金利(年)0.8%~15.0%と低金利!

融資時間 実質年率 限度額
最短即日 0.8%~15.0% 10万円~1,000万円
来店不要 年齢 土日祝日
満20歳~満70歳

 J.ScoreのAIスコア・レンディングは『ソフトバンクとみずほ銀行が作った個人融資向けサービス』となっています。最短当日で振込融資が可能となっているため、急ぎでお金を工面したい時にオススメができます。また、消費者金融の中でも金利が低く設定されているのが特徴です。

信頼できる金融機関です!

J.ScoreのAIスコア・レンディングを作ったのがソフトバンクとみずほ銀行であり、信頼できる金融機関の融資先であることがわかります。利用できる条件は満20歳以上満70歳以下かつ安定した収入を有している人であるため、パートやアルバイトの方でも審査通過できる可能性があります。都市部の銀行を取引先にしている場合は、振込の対応時間が長いJ.ScoreのAIスコア・レンディングが最適です。

カードレス来店不要

J.ScoreのAIスコア・レンディングは、他のカードローンと異なり、カードレスでキャッシング契約することになります。

申し込みから借り入れ・返済までWEB完結で行うことができ、店頭に行かなくても契約することができます。

さらにカードレスなら自動契約機からローンカードを受け取る手間もありません。

そもそも、J.ScoreのAIスコア・レンディングは店舗や自動契約機はなく、WEB(インターネット)に特化した融資サービスとなっています。

そして、平日22:55までに振込申請をすれば即時対応※で振込融資を受けることもでき、夜間や早朝にわざわざ外出する必要もありません。

さらに、手続きが完了した後は直ぐに振込で借り入れすることができ、仕事で忙しい方には利便性があります。

WEB完結で手続きしたい女性でも

J.ScoreのAIスコア・レンディングはWEBで申込みを行い、その後の書類提出の手続きや契約締結手続き、さらには契約後のキャッシング手続きも全てWEB経由で行えるWEB完結になるため、人目が気になるという女性でも安心して利用できます。

契約手続きの際もキャッシングを行う際も実店舗へ来店する必要がないのでキャッシングをしているシーンなどを知り合いに見られてしまうリスクがないのです。

金利や極度額は?

J.ScoreのAIスコア・レンディングでお金を借りるときの金利は、実質年率0.8%~15.0%ですので18%が多い消費者金融の中でも低金利となっています。

極度額は10万円から最大1,000万円まで契約可能で、限度額が高くなると金利は下がっていきます。

さらに、ソフトバンクやみずほ銀行、ワイモバイル、Yahoo!JAPANとの連携により、実質年率0.1%の引下げが可能になるので、より低金利でお金を貸してもらうことができます。

それと、J.ScoreのAIスコア・レンディングのフリーキャッシングは、実際に利用した方のクチコミも好評のものが多いので安心して手続きができます。

特に、スマートフォンやパソコンを使って申込みと契約ができるため、時間や場所に関係なく、また契約時に店舗に行かないでも良いということでユーザーから高い評価を得ています。

ですので年利や利便性、信用度が高い場所で融資を受けたい場合はオススメできます。

アルバイトやパートでも利用可能?

今月お金がピンチとなったのでのカードローンなどで貸してほしいと希望する方は正社員の人ばかりではありませんよね。

アルバイトの学生やパートの女性などもキャッシングを希望します。

正社員でなければ消費者金融と契約はできないのではないかというイメージがありますが、J.ScoreのAIスコア・レンディングならばアルバイトの学生やパートの女性であっても契約が可能です。

J.ScoreのAIスコア・レンディングが求める条件は、満20歳から満70歳までの人、毎月安定した収入があることの2つだけであり、職業や性別による利用の制限はありません。

口座残高が不足した時は?

手元に現金が無いとき、そして銀行口座の残高に余裕がないとき、J.ScoreのAIスコア・レンディングなら最短当日振込とWEB完結契約(店舗に行かないで申込から融資まで完了する契約方法)ができるので、短時間で対応することができます。

また、銀行口座に残高が不足しており、口座引き落としが不能になるといった状況でも振込融資を使えば借り入れすることができ、引き落とし不能を回避することができます。

さらに、平日22時55分※まで手続きを済ませれば、当日中の借り入れも可能です。仕事で忙しく店舗に行く時間がない女性の方にはおすすめです。

(※金融機関によって時間が異なる場合がございます。)

カードレスなら郵送もなし

J.ScoreのAIスコア・レンディングのキャッシングならカードレスで契約となるので、ローンカードの郵送がされず、安心して使うことができます。

さらに、インターネット上の取引になるのでWEB明細となり、利用明細が自宅に送られるという心配もなく、家族に内緒で使うことができます。

振込融資が使える消費者金融は多いものの、自宅にローンカードが郵送されるだけでなく、振込融資の利用条件として利用明細の発行が必要というケースがあり、利用明細の発行を希望しなければ振込融資ができないといった状況です。

その結果、家族に郵送物を開封されてしまうリスクが実際には回避できないものの、J.ScoreのAIスコア・レンディングならその心配が無いためおすすめです。

保証人なしだから準備が少ない

J.ScoreのAIスコア・レンディングは、保証人だけでなく担保不要でもあります。

ですから「印鑑を押してくれそうな相手が見つかるだろうか・・・」という不安も、「担保に出来るものなんて何も無いし、何かあった時に担保を取られてしまうのも怖い」なんて心配もしなくて大丈夫なんです。

契約までに必要となるのは、原則として『本人確認書類』です(借入限度額が50万円を超える場合などは収入証明書も必要)。

本人確認書類には免許証や健康保険証、パスポートなどが利用可能ですから、準備する手間がそんなにかからないのも一つのメリットとなりますね。

提出するものが多くなるとそれだけ労力も必要となります。

準備が少なくて済むJ.ScoreのAIスコア・レンディングならもともと来店不要ですし、手続きの負担はとても軽く感じるはずですよ。

最高金利に着目しよう

消費者金融は最高金利が18.0%から20.0%で設定されている事が多くなっています。

銀行カードローンは最高金利が15.0%以下で設定されている事が多いので消費者金融はそれよりも高金利と言えます。

J.ScoreのAIスコア・レンディングは最高金利が15.0%で設定されているので消費者金融の中では低金利、また銀行カードローンと比較しても遜色ない金利になります。

キャッシングをする時に金利を重視する場合はJ.ScoreのAIスコア・レンディングを利用するのが適しているといえますね。

ソフトバンクやみずほ銀行、ワイモバイル、Yahoo!JAPANと情報を連携することにより実質年率0.1%の引下げが可能となりますので、お得にキャッシングをする事が出来ます。

計算方法は?

利子の計算方法は、『お利息 = ご利用金額 × 借入利率/365日 × ご利用日数』となっています。

そのため、例えば1万円借りて30日後に返済する場合を例にあげて計算してみましょう。

利用金額10,000円に借入利率0.15(上限金利が15.0%となっているため)を365日で割った値をかけて、最後に利用日数である30日をかけると、123となります。

これが利子になるので、トータルで支払うのは10,123円ということです。

同様に10万円を借入して30日後に返済をする場合の利息は1,232円となり、トータルで支払う金額は101,232円となります。

5万円の場合の利息は?

では5万円の場合はどういう計算になるかというと、利子 = 50,000 × 0.15/365 × 30 = 616.438….となります。

J.ScoreのAIスコア・レンディングでは1円未満は切り捨てで計算すると利息は616円となり、5万円を30日で返済する場合のトータルの支払額は50,616円になります。

50万円の場合では5万円の10倍となるので、トータルの支払額は506,164円です。この際、借入をした日にちは利用日数に含まれないため計算する際は注意が必要です。



同ジャンル・関連ページ