休日にお金が必要

ランキングはコチラから

借入申込が上手くいった女性

休日にお金が必要な時には
土日対応の最大手で

「緊急事態で休日にお金が必要になったんだけど、どこから引き出すのが一番早く解決ができるのかな?」とか、「金融会社で契約したいけど、どこが審査時間が短くて済むのか?」など知りたいことがたくさんありますよね。

休みの日にお金が必要になった時に素早く現金を引き出すことができたら、楽しみを損ねることなく買いたい物も買えますので、楽しい休日や家族とのひと時を過ごすことができそうですよね。

ですので、今回は休日に現金を素早く引き出す時に便利なATM設置率が高いカードや、令和でも人気が高いカード会社など、金融情報を掲載していきたいと思います。

休日に多額の出費に迫られたら?

休日にどうしてもお金が必要な時にキャッシングカードを使用して現金を下ろしている方も沢山いらっしゃいますよね。

休日には特別なイベントが多くあったり、お祝い事などが幾つも重なったりすることもあるものです。

友人の結婚式のご祝儀が必要になったり、旅行に誘われたり、あるいは意中の異性とのデートが実現したりする場合もあります。

そんな時には大きな金額のお金が必要になりますが、キャシングであれば休日でもお金が必要な事態に対応可能です。

キャッシングでは10万や20万円といった形であなたが必要なお金を貸し付けしてもらえます。

10万円を超えるような現金を休日にいきなり知り合いから借りることは難しいものですが、そのような出費に迫られた場合でも、令和でも注目され続けている業者であれば対応できるのです。

プロミス

プロミス

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利 4.5%~17.8%
1万円~500万円まで

お申し込みはコチラ

アコム

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円まで

お申し込みはコチラ

SMBCモビット

モビット

最短即日融資
来店不要
バレずに借入
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円まで

お申し込みはコチラ

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。【プロミス】※30日間無利息サービスは メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。【モビット】※SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

平日は忙しい人でも利用できる?

平日が仕事で忙しくて空いた時間が休日しかないという方でも、大きなキャッシング業者であればあなたの必要に応じて利用できます。

通常規模の大きなキャッシングであれば休日でも平日と同様に申込対応しています。

そして申込みが完了し、審査や契約手続きに無事に通過さえすれば、休日であっても問題なく融資金を受け取れるのです。

キャッシングを使用するためにわざわざ仕事を休む必要はありません。

休日の空いた時間に落ち着いて申し込めるため、休みの日しか落ち着いてできる時間がない方でも安心してキャッシングを使用できるのです。

借り入れは老舗で

キャッシング会社は老舗から中小までたくさんありますが、借りる時の条件が大きく異なってきます。

融資スピードも異なってきますが、特に異なっているのは限度額の設定です。

中小のキャッシング会社だと、状況にもよりますが数万円程度などの少額の借り入れしか出来ない限度額の設定が多いのですが、老舗は多額の借り入れにも対応する事が出来る限度額の設定になっています。

多額の資金が必要になった時はCMなどでよく見かけるキャッシング会社を使用するといいでしょう。

休日に必要になったらプロミス

休日に急遽お金が必要という場合でも、プロミスなら休日も審査対応してくれ契約もできます。

インターネットを利用してWEB完結で手続きが行える上、審査は最短30分となっており、契約までスムーズに進めば1時間ほどで貸し付けを受けることも可能です。

休日ではあるものの、家族サービスで時間的な余裕が無い方でも安心できます。

ローンカードの受取も無人契約機から行えるだけでなく、特定の銀行口座であれば休日でも振込融資が受けられます。

また、休日でも振込融資が受けられる口座が無い、ローンカードの受取ができないという場合でもスマートフォンのアプリを使用することでコンビニATMから借り入れすることも可能になっています。

休日でも瞬フリなら安心

プロミスなら休日でお金が必要、そして家族の目があり外出して借り入れが難しいといった場合でも安心できる瞬フリがあります。

指定の銀行口座を持っていれば、休日でも24時間そして約10秒で融資を受けることができます。

融資は口座へ振り込まれるため、銀行のキャッシュカードを使って出金できるため、ローンカードを見られてキャッシングがバレるといった心配がありません。

また、休日はゆっくり過ごしたい、移動は必要最小限に留め生活圏内で借り入れしたいという場合でも瞬フリなら近くのコンビニATMを利用して借り入れも可能です。

レジャーに大活躍の『おとくらぶ』

プロミスのフリーキャッシングはお金が必要という状況だけでなく、休日のレジャーや旅行でも大活躍です。

プロミスと契約するだけで会員優待サービスである『おとくらぶ』が利用でき、日本各地の施設で利用料金の割引が受けられます。

そのため、レジャー費用を節約できる上、費用以上に内容を充実させることができます。

借り入れが無い状況でもおとくらぶは活用できるため、必要最小限の利用限度額で契約していれば、お得な効果は最大限に発揮でき、新たなローン契約で不利になるといった心配も無くなります。

アコムは24時間いつでも来店不要

アコムなら申し込みは24時間いつでもインターネットで受付しており、来店不要となっています。さらにWEB完結契約を利用することで、来店不要で契約を行うことができ、振り込みによる貸し付けも受けられます。

申し込んだ当日中に貸し付けを受けたいものの、仕事でお店まで行く時間がないという場合においてはアコムを利用するメリットは大きくなっています。

夜もしくは朝早い段階にインターネットから申し込みを済ませ、仕事中に審査回答を受ける、勤務の空き時間に契約手続きを済ませ、自身の銀行口座から帰宅時に現金を引き出すことも可能です。

さらに、深夜や早朝にお金が必要という場合でも特定の銀行であれば、24時間いつでも貸し付けが受けられ、翌日の口座引き落としに対応したいという場合でも休日でも自宅にいながら手続きが行えます。

初心者はココがおすすめ!

初めてキャッシングローンを利用するキャッシング初心者の方なら、アコムがおすすめです。

アコムなら休日にお金が必要という場合でも審査対応を行ってくれ、申し込みした当日に審査そして契約、さらに貸し付けを受けることができます。

そして、契約した翌日から30日間の無利息サービスが受けられます。

無利息サービスは、面倒な手続きも無く適用されるため、キャッシングに不慣れで無利息サービスを利用するための手続きが漏れてしまい、適用が受けられないといった心配がありません。
 

メモをとる女性

休日にお金が必要になる原因は何?

今まではどうしても休日にお金が必要な時に何処が素早く現金を引き出すことができるのか?などのお話をしていきましたが、これからは話をちょっとずらして、現金を皆さんが休日にどのように活用をしているのかなどのお話を掲載していきたいと思います。

私の場合は休みの日は取材も兼ねて旅行に行ったりとか、パソコンを使ってのお仕事を続けているのでパソコンの部品を購入するために色々と近場の電気屋に行ってパソコンの部品などを見に行ったりします♪最近は大きなモニターが結構安くなってきていますよね。(どうでもよい話ですけどね)

ですので、これからはみんなが休みに使う金額や、どんなことで資金を使っているのか?家族サービスでいくらくらいかかっているのか?車の遠出でいくらくらいかかったのかなどのクチコミを集めましたので、皆がいくらくらいの現金を休みの日に使用しているのかなど、みんなのお財布事情に興味がある方は読んでみて頂けたらと思います。

日曜日しか休みがない!

お茶を飲むうさぎ休日は、心や体を休ませる日だと思っているので、お金はほとんど使いません。理由は、カレンダーの赤日だけしか主人が休みじゃないのが一番かもしれません。季節の変わり目などに大きな買い物があればそれなりの出費はありますが、それ以外の休みの日は、家でのんびりしています

子供が小さい頃は、何処かに出掛けようかと早くから相談して、それなりの出費もありましたけど、今は殆どなくなりました。お互い朝はゆっくり寝て、好きなテレビを見たり、気ままにパソコンをしたり、本を読んだりと、朝昼晩のご飯の時以外は、それぞれ自由に過ごします。

土曜日や日曜日は、基本的に何処へ出かけても人で一杯ですし、献立も早めに決めてしまいますから日常的な食料の買い物にも出掛けません。本当にノンビリするのが我が家のスタイルです。時間を贅沢に使うのもリッチな気分ですよね。

毎週末は自分のための日

週末は趣味のカルチャースクールに行っています。休みのたびに自分が興味のあるスクールに色々と通いだして一年以上がたちました。最近は料理教室に通っています。ここの面白いところは毎回自分の家では作ったことのない料理が出てくることです。

普段絶対作らないだろうと思われるメニューを作ることができるので楽しみで仕方ありません。毎回一回ずつの支払いになるので、材料費も含め6000円くらいかかりますが、自分の家で一から材料を揃えて作るとなると、それ以上の費用が必要になってしまうので安く済み助かっています。

最近はローストビーフやローストチキンなどを作りました。自分の家で食べるのはクリスマスくらいですが、それを料理教室で食べることができるのが楽しいんです。

作ることよりも食べることが楽しみになっているのはどうかと思いますが、これからもカルチャースクールに通い続けようと思います。

次に通いたいのは陶芸教室です。

お金の行方はどこだ!

基本的に土日休みなので、一気に必要な買い物に行きます。食品などはチラシを見て平日でも安売りの日に買いに行ければ良いのですが、そうも行かず、土日を使って、近くのスーパーでお買い物します。

主に食品ですが、1週間から2週間分は買いだめをするため、一回の買い物は5千円前後になります。朝昼晩、帰りが遅いと夜食も食べる時もあり、食費にしか使ってない気がします。

日用品や調味料も買いだめすると、1万近くいってしまうこともあります。給料は8割支払いに無くなります。保険に通信料、光熱費にローン、交通費に交際費、奨学金。

給料が入っても手元に残るのは僅かです。外食も中々行けませんし、自分のお小遣いはありません。貯金するために何かを削ろうと考えますが節約レシピを考えて豆腐やもやしでしのぐ日々もあり、貧乏人の暮らしで、食費を少しでも浮かせるしかありません。

ボーナスが入った時でも、外食に行くか貯金をしようかちょっと贅沢しようという余裕が無いのが現状です。だからといって、すぐに、給料が上がる会社でもなくギリギリの生活です。会社の付き合いや行事があるときも現金が無いから行けないとはいえず苦労してます。

彼と過ごす休日

デートするカップル20代のOLです。休日は現在お付き合いをしている彼と過ごすことがほとんどです。お互い買い物が好きなため、よく都内に出掛け洋服や雑貨、小物を見て回ります。

通常はお昼頃から集合し、まずランチを食べます。その時々によって金額は異なりますが、1人1,000~2,000円程度であることが多いです。

そのショッピングビルを見て回り、必要なものがあれば購入します。洋服を見ることが多く、好きなものが見つかった場合は購入し、10,000円程度の洋服であることが多いです。

お買い物で歩き疲れたら15時過ぎにカフェに入ります。そこでは1人500~1,000円程度を使います。その後は夜ご飯という流れですが、外で食べる場合は、お酒を飲むことも好きなので、毎回1人4,000~6,000円程度になることが多いです。

自宅で作る場合には、食材を買って帰り合わせて2,000~3,000円程度になります。どこまでが本当に必要なのかと言われると疑問ですが、結婚する相手を見極めるためには一緒に行動するのも必要なので、これも幸せになるために必要なお金だと思って、休日は結構使っています。

試合の食費が普段の2倍…

休日はほぼ毎週くらい次男のスポ少サッカーの試合があります。1時間くらいかけて試合会場まで移動するので移動中の食料やお弁当、カロリー補助食品、水分補給商品、おやつなどの食費で土曜日曜の2日間だけで8千円くらい使っちゃいます。

でも頑張っている子供の姿見ていると何かしてあげたい親の熱い気持ちで金額云々ではなく栄養を付けてさらに頑張って欲しいと願っています。

6年生で少し反抗期気味だけどサッカーの試合に行く時は移動中もサッカーの話で盛り上がれて、試合途中の昼食の時も「母さん、今日の弁当美味しかった!」と言ってくれたら食費がいくらかかっても良いお金の使い方できたなと自分で満足しています。

丁度成長期なのでこれからももっと食費はかかるけど、これが子供の身になり大きく強い体に育ってくれると思ったら頑張って働く意欲になります!

子供のために

自分の家族は、子供3人の5人家族です。休日になると主に買い物行くのですが、ほぼ食費で使っています。1週間分の食材を買っています。だいたい食費だけでは、8,000円を目安にしているのですが、なかなかうまい事いかず毎週10,000円ほど使っています。

まだ子供も小さいのでいい食材をと思い少し高くなってる気が…でも、子供の成長の為と思いこんな金額になっています。1週間この金額だと別に多くない?と思われがちなんですが、毎週生協さんも使用させてもらっているので実際は、1週間の食費では、15,000円ほど使っています。

また休日の時は、子供をどこかに遊びに連れていってあげようと思い色々と資金がかかります。お金のかからない公園に連れて行こうと連れていっても外食してしまい、だいたい休日だけで10,000円ほど使っています。自分の家族では、休日で、予算を20,000円ぐらい使っています。

土曜日は趣味の会

パソコン教室をする老人シニア世代のパソコンやタブレットを趣味している同好会の集まりが、毎月第1土曜日と第3土曜日に会場を借りて楽しんでいます。借用している会場には、新しいパソコンが20台ありプロジェクターも備えてあります。

現在私達の会員は15名で組織しており、ある程度スキルを持っている人達の集団です。趣味の会として組織を立ち上げたので、パソコン教室の様に会員を募集する必要がありません。

この会場の借用費用は3時間6,000円で、参加した人数で割り勘にしています。例えば12名参加すると一人当たり500円になります。例会の内容はその時の例会担当者がパワーポイントやムービーメーカー等で作った創作作品を皆に公開します。

作品を担当者した人への講師料として3,000円、また、休憩時間にコーヒーやお菓子等の経費がかかります。合計で毎回1,000円かかりますが安い例会費用です。

ほぼ食費ですね…

私は外食が多いのでまずは食費からです。少し遅く目覚めた土曜日の朝はコンビニでサンドイッチなどとコーヒーを一杯、400円ほど使います。昼はランチ、少し遅めの2時くらいです。

休日ですので夜は、ちょっとお酒を飲みながらの食事をします。ビール2~3杯とおつまみ、あとは〆の麺類などをたべて3,000~5,000円くらいになります。

朝昼は日曜も同じくらいですね。夜は日によってまちまち、飲みに出れば同じくらいですし、買い物して料理してみたりもします。

その他は、電車で街まで出かけます。そして本屋で本を買って、その本を持ってコーヒーショップへ。コーヒーを飲みながらゆっくり読書をして、400円前後でゆっくりした時間を過ごします。毎週合計9,000円くらい使っています

結構使ってるなぁ

私はあまりお金を使わない方なので、休日にお金を使う時は友人などと飲みに行ったり、食事などで使用することが多いです。1回の飲み会や食事で大体3,000~8,000円くらい使っています。

逆に外に出ないで家にいるような日だと1,000~2,000円で済んでしまうこともあります。それ以外に必要な買い物を土曜日や日曜日にする場合もありますが、買い物では3,000~5,000円くらいです。

普段あまり買わない服や靴などの買い物の場合は、もう少し値段が高くなります。

あとは回数は頻繁ではないですが、両親や兄弟が来た場合などに外食をする場合は20,000~40,000円くらいする場合もあります。

まとめて購入しています

まず、土日祝日などは食料品、日用品を購入するのにお金を使います。ちょこちょこ買い物をすると余計なお金を使ってしまうし、何度も買い物に行くのが面倒な為、一週間分まとめて購入するようにしています。

だいたい8千円位です。ただ、調味料や洗剤等が切れて多く買ってしまう時は1万円を越えます。

あとはレジャー費で5千円から1万円使います。ショッピングモールへ行くと、子どもの雑貨や洋服、本等を購入したり、自分や夫の洋服も買います。

外食は子どもはファストフードが好きなので、あまり高い飲食店へは入らず、フードコートが多いです。レジャー費の内、2千円から3千円くらいを外食費に充てています。

あとはガソリン代に資金を使うこともあります。子どもの習い事の送迎に車を使うことが多い為、セルフで2千円分位給油しています。

なので、もろもろ合わせると、1万円5千円から2万円くらいの現金を使っています。

ほとんど美容代に使ってます

私の土曜日曜祝日の過ごし方は、主に自分のメンテナンスです。美容院でカットやカラーをしたり、ネイルサロンでジェルネイルをしたり、マツエクをつけてもらったり、脱毛したりしています。

美容院は1回で約15000円くらい、ネイルとマツエクは5000円くらい、脱毛は都度払いではなく先払いなのですが、1回が40000円くらいです。一日にこれを全部こなすわけではないので、土曜日曜合わせて使う金額は平均して5000円くらいです。

脱毛を除けばもっと安くなります。自分が可処分所得のうち何に最もお金を使っているかといえば、美容代だと思います。

趣味にはまって楽しそうにしている友達もいますが、自分が趣味にはまったらもっとお金が飛んでいくと思うとなかなかはまれません。

週末、2人で3万円

夫婦2人暮らしで、土日の出費はご飯代がほとんどです。土日の夜は外食と決めていて、出掛けると昼御飯も外で食べるのでので、安いときは二日で5,000円~25,000円くらいまでの間で16,000円くらいが平均です。

土日は車で出掛けたり、観光地巡りなどをして必ずどこかへ出掛けます。ですから、食事代の他には高速代5,000程とガソリン代です。

たまに映画を見たりしますが500円で映画券を購入したりするので、それほどかかりません。

スポッチャやボーリング場、バッティングセンターなどのアミューズメント施設に土日の内の一日行くこともありますが、二人で6,000円くらいです。すべてを合わせた土曜日曜の休日では3万円くらいを必要経費として二人で使用しています。

平日の仕事に向けての栄養補給

日々の過酷な労働を意欲的にこなしていくために、休日の食事や買い物にはなるべくお金に糸目をかけないように考えております。

と言っても、性格上高いものを好んで購入したり食したりするようなタイプではないので、それほど大きな金額ではないのですが、1回の土日に食事が妻と合わせて1万円程、買い物は洋服等がメインであり2万円程度は消費しています。

食事に関してはアルコールは飲まないので食事だけの金額が必要になります。

毎週この程度のお金を休日には消費しているので、私にとっては決して安くない金額ではあるのですが、土曜日や日曜日などの休日に食事や欲しいものを手に入れて満たされることは、次の週に向けての栄養補給で必要であると考えており、よりよい仕事の結果につながるための必要経費でもあると考えています。

良い気分転換として

土日祝などの休日は基本的に家族と過ごします。平均すると土日祝で7,000円~20,000円ほど毎回お金を使っています。内訳としては、一つ目は大きなものや重たいものの買い物です。妻が平日には持てない男手が必要な買い物などを休日にまとめて行うからです。

生後4ヶ月の息子がいるので、息子のミルクやオムツなどかさばるものかつ絶対に必要となるものを休日に買います。そのほか、家具やインテリア、雑貨なども夫婦の好みをあわせるために休日に一緒に見て買い足します。

二つ目は遠出です。近場へ日帰りで遊びに行ったり、大きな施設や公園、イベントなどに家族で出かけたりして、そこでの食事やお土産などに必要なお金を使います。

平日は買い物も最低限のもので済ませているので、休日の土日祝は買い物や食事の両方で少し贅沢をしながら、良い気分転換として過ごしています。こうしたお金は必要な費用であり、楽しくリフレッシュするのに必要なお金だと割り切っています。

でも必要とは言え十分に資金があるわけでもないので、必要度合いの重要性を見極めて本当に必要なものから予算を組むようにしています。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる