レディース向けのビジネスローンやファクタリングは!?

ビジネスローンを利用される女性経営者も多いですが、一時的な借入ならスピードが速いビジネスローン、長期的に考えているなら低金利で貸付が受けられる銀行などからの融資が適しています。

大手の法人向けのビジネスローンはネットでの借り入れが主流になっていますので、非常事態でお悩みの女性経営者の方はネットを利用して相談や申し込みをされてみても良いのではないかと思います。

その際も必ずウェブ内を確認して連帯保証人の有無、限度額、返済額、返済期間などをチェックしておきましょう。

もちろん、法人だけではなく個人事業主であっても貸してもらう事ができるところもあるので、女性経営者の方は気軽に相談してみるのもおすすめです。

ビジネスに向いているのは?

昨今のビジネスモデルにおいては、スピードも大切な要素になっています。ここという時に即決断をして、すぐにそこに資金を投下することが大事なのです。そこで現時点で資金調達もビジネスに最適なものとして、無保証・無担保のスピード重視の貸付が女性経営者の方にも人気となってきています。

事業資金の最速での調達方法は?

今なら一日で審査が終わる

事業資金の調達方法として急速にシェアを拡大しているのがビジネスローンです。インターネットから申し込みがいつでも行えて、早ければ一日で審査が終わる場所も大手には存在するので便利です。

 
来店不要が今のブーム

ビジネスローン大手ならば来店不要でどこからでも契約ができる時代です!インターネットからの申し込みというのがその方法です。営業担当者に頭を下げる必要はありませんので気持ちも楽なはずです!

 
ファクタリングならさらにスピーディ

事業資金の調達方法としてファクタリング(売掛債権の売却)を選択する事業者も増えています。最大のメリットは即日現金化することができて、使用用途も自由な事です。また赤字決算企業でも利用が見込めます。

3億円まで現金化してくれるところも

事業資金を調達する際にはどれだけ貸付をしてくれるかが気になりますよね。法人向けのカードローンで1000万円まで貸付してくれる場所もありますが、ファクタリング業者を利用することで3億円まで売掛金の現金化ができる場所もあります。高額の貸付をしてもらう際はそのような業者を活用しましょう。

事業資金の貸付の時に用意しておく書類は?

貸し付けが必要になった際には、当然に必要となる書類の提出が求められてきます。

まず、どのような事業計画を行っているかが判明する旨の事業計画書、資金調達した金額をどのような用途で用いるかを記載した資金使途を説明した資料の提出が求められてきます。3つ目は決算書関係の書類となります。

賃借対照表や損益計算書などといったものがこれに該当します。まとまったお金を借入する際には、以上の書類を事前に用意しておきましょう。

初めての女性経営者はアイフルビジネスファイナンス株式会社

女性経営者が事業資金のためにお金をすぐに貸し付けしてもらいたいという場合、『アイフルビジネスファイナンス株式会社』でのキャッシングはおすすめです。

アイフルビジネスファイナンス株式会社の事業者向けのキャッシングは、オンラインで24時間365日申し込みができ、法人と個人事業主の双方に対応しています。

事業資金のためのお金を数日のうちに貸し付けしてもらいたいという場合でも、アイフルビジネスファイナンス株式会社のキャッシング審査は最短申し込みした当日に完了し、即日貸し付けを受けられる可能性があります。

また、書類提出もメールやFAXに対応してるため、申し込み後に書類提出のために窓口まで足を運ぶ必要がありません。

急いでときには夕方以降や深夜、早朝にかけて申し込みを済ませ、時間を有効活用することができます。

女性経営者におすすめな2つの理由

女性経営者にアイフルビジネスファイナンス株式会社の事業者ローンが最適な2つの理由があります。

一つ目として、アイフルビジネスファイナンス株式会社の事業者ローンは業歴1年以上かつ決算書もしくは確定申告書を提出することができれば、審査を受けることができキャッシング契約を行える可能性があります。

一般的なビジネス系のキャッシングでは決算書類が2期分もしくは3期分、確定申告書も同様の期間分が必要となり、起業から1年や2年で資金調達を行いたいという場合では貸付条件から外れ、契約することが困難になっています。

2つ目として、アイフルビジネスファイナンス株式会社の事業者ローンは消費者向けのキャッシング同様にオンラインで申し込みができ、来店不要で手続きを行うことができます。

また、銀行や地域の貸金業者とは異なり、審査もスピーディな対応が行われ最短即日でお金を貸してもらうことができます。

そのため、お金を借りたいものの業務で忙しいという場合でも安心して申し込みすることができます。

契約までの流れを解説

アイフルビジネスファイナンス株式会社はわずか4ステップで貸し付けまで完了するので初めての方でも申し込みしやすいです。

申し込みのときに今の状況で借りられるか簡単な審査を行います。他社借入れ件数や年間売り上げなどを自己申告します。

アイフルビジネスファイナンス株式会社の基準に沿っているか社内で確認してから、担当の方から折り返し仮審査をした結果の連絡が来ます。

問題なければ正式な申し込みに入ります。必要書類に借入目的、住所氏名、勤務先などを記入し提出すると、今度は職場への在籍確認と信用情報機関へ照会します。

本審査の結果、問題なければすぐに貸し付けしてもらうことができるようになります。来店不要でスピーディに対応しているので急ぎでもスムーズに貸し付けの審査を行ってくれます。

カードローンタイプの事業者ローン

急に事業資金のためのお金を貸し付けしてもらいたいという場合でも、アイフルビジネスファイナンス株式会社のキャッシングならカードローンタイプの事業者ローンがあります。

カードを利用して提携ATMから24時間いつでも追加利用ができ、お金を借りる都度、契約審査と手続きを行う必要がありません。

そのため、急にお金を確保するという場合でも、時間に余裕を持つことができます。

また、追加で必要な分だけを借り入れることができ、どれだけのお金が必要なのか分からない場合でも不必要に借りることもなく、利息を抑えることもできるようになっています。

最短3日のビジネスパートナー

企業の方がローンを始めるなら即日審査、保証人や担保原則不要のビジネスパートナーが便利ですよね。

ビジネスローンを利用したいけど保証人になってくれる人がいないので利用する事が出来ないと考えている人も少なくありません。

しかしビジネスパートナーは原則保証人が不要なので探す必要がありません。

法人で利用する時でも代表者の連帯保証があれば保証人は不要になるので安心してお金を貸し付けしてもらう事が出来ます。

クラウドバンク・フィナンシャルサービス

ビジネスローンで女性事業者が事業資金を調達する際に、重要なポイントはいくつかあります。

限度額・金利・資金調達スピードなどです。ビジネスローンを提供している「クラウドバンク・フィナンシャルサービス」は、これらのポイントの内、限度額最大10億円という他のビジネスローンを圧倒するほどの事業資金の貸し付けを行っている為に、限度額というポイントにおいてユーザーから最高評価を獲得しています。

限度額が10億円?

なぜ限度額10億円という他のビジネスローンを圧倒して最高評価を獲得するほどの貸し付けが可能となっているのか。

それは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスの提供しているビジネスローンが「融資型クラウドファンディング」となっている為です。

これは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスが融資型クラウドファンディングで事業資金を調達しようとしている事業者の事業計画をインターネットで公開し、その事業計画に賛同した不特定多数の投資家たちに投資してもらって資金を集め、その資金によって貸し付けているので女性事業者であっても審査次第で10億円という莫大な金額が可能となっています。

銀行融資とは異なる独自の魅力が!

銀行融資が提供しているビジネスローンは自分が保有する資金を源泉にして貸し付けを行っている為に、新規事業者や赤字決算など信用力に問題がある女性事業者だと、どれだけ素晴らしい事業計画を思いついたとしても、事業計画書を読んでもらう事すらできない事が少なくありません。

しかし、インターネットを通じて不特定多数の投資家から集めた資金を源泉にして貸し付けを行っているクラウドバンク・フィナンシャルサービスは融資リスクが最低限になっているので、事業者の信用力に関係なく、事業計画書を審査の基準にしています。

銀行のビジネスローンとは違い、信用力に問題があっても事業計画書の良し悪しによって審査してもらえて、最大10億円も借りられるという独自の魅力があるクラウドバンク・フィナンシャルサービスはユーザーから最高評価を獲得しています。

日本政策金融公庫を使うならユウシサポ

日本政策金融公庫が事業者に提供している貸し付けサービス新創業融資制度は、融資限度額が最大3,000万円、基準実質年率が2.26%~2.85%(平成30年8月24日現在。

市況によって変動します)という低金利、原則無担保無保証人で貸し付け可能となっているので、ユーザーから高評価を得ているビジネスローンとなっています。

経済産業省から経営革新など支援機関として認定を受けている「ユウシサポ」を利用して新創業融資制度に申し込むと、たたでさえ低い実質年率が0.15%引き下げられて2.11%~2.70%と更に低くなるのでオススメです。

利用対象は?

日本政策金融公庫が提供している貸し付けサービスは、新創業融資制度という名前の通りに新創業、つまり、新規にビジネスを始める人を対象にしています。

この「新規」には、「新たに事業を始める人」の他にも「事業開始後税務申告を2期終えていない人」も入っており、事業を既に開始している人でも経歴が浅ければ新規にカウントされるので対象者が幅広くなっています。

ユウシサポもそれに対応してこれから新しく事業を始めるレディースや、事業開始後税務申告を2期終えていない人という幅広い対象に徹底的にサポートしたり、「利息-0.15%サービス」を提供してくれるので高評価となっています。

サポートで審査通過率が上がる?

借入申込書・創業計画書・事業計画書といった申し込みに必要な書類の徹底審査や、厳しい面談が行われるので個人で申し込みをした場合の通過率が10~20%程度しかないという点です。

ところが、ユウシサポを活用すれば専門知識を持っている公認会計士・税理士から書類作成や面談に関しての徹底サポートを受けられるので、審査通過率が90%以上に跳ね上がるので、ユーザーから高評価を得ています。

『ファクタリング』という方法も

女性経営者が事業資金を調達する方法はビジネスローンなどによる「借金」が基本的な方法となります。

しかし、経営者は男性ではなく女性である場合も少なくありません。男性に比べてデリケートな精神をもつ傾向にあるレディースにとっては、多額の事業資金を借金する事は大きなストレスとなってしまいます。

そこで、女性経営者におすすめしたい事業資金調達方法が「ファクタリング」です。

ファクタリングは売掛債権売却による事業資金調達方法なので借金ではないのでストレスフリーで資金調達ができます。

早急に何とかしたいという人に

ファクタリングは女性経営者におすすめというだけでなく、事業資金を早急に確保したいという人にもおすすめです。

ビジネスローンなどの借金は融資したお金を回収できるか不透明である為に審査を厳重にします。

しかし、ファクタリングは売掛債権である為に、基本的には売掛先がきちんと支払いをできるか調査するだけなので審査スピードがとても早く、最短即日で資金調達ができます。

また、遅くとも申請をした翌日には資金調達する事ができる事が多いので、ファクタリングはとても資金調達の早い方法となっていす。

ファクタリングの良さは?

ファクタリングの良さの一つは、女性経営者の経営状況に左右されないという点です。ファクタリングは借金ではなく、売掛債権を割引売却するという「資産売却」による資金調達です。

この為、基本的に審査は売掛先にするのでユーザーが赤字であろうと、税金を滞納してしまうほどに経営が苦しかろうとも活用する事ができます。

デリケートな精神をもつ女性経営者の企業が赤字だったとしても、ファクタリングならば資金調達が可能かどうか悩む必要がなく、ストレスを軽減できます。

ファクタリングの良さの二つ目は、バランスシートを改善できるという点です。ビジネスローンなどはバランスシートの状況が審査に大きな影響を与えます。

ファクタリングによって資金確保をしてバランスシートを改善する事によってビジネスローンなどを利用できる可能性が生まれます。

ファクタリングのTRY

男性と比較して精神的にデリケートである場合が多い女性。そんな女性事業主におすすめしたい事業資金調達方法が、「ファクタリングのTRY」でのファクタリングを利用した借金とは違う資金調達方法です。

ファクタリングのTRYは売掛先に秘密で利用できる「二社間取引き」をしたり、2期連続赤字であろうとも親身に対応してファクタリングを行った事があるなど実績豊富な業者なのでデリケートなレディースでも安心して利用できます。

手数料や現金化までのスピードは?

ビジネスローンなどの借金による資金調達方法の場合、融資リスクの高さから金利が高くなり、審査時間も長くなるのでデリケートな女性事業主に多大なストレスを与えます。

しかし、売掛債権売却による資金調達をするファクタリングはリスクが低いのでそんな女性事業主のストレスを解消できます。

特に、ファクタリングのTRYが提供するファクタリングは、借金の金利に相当する手数料が業界最低水準の5%~(最大手数料は非公表)、現金化も最短1日で可能というスピーディーさとなっており、手数料の低さと現金化の速さを両立させたバランスのとれた業者となっているのでおすすめです。

バランスシートを改善できる

ファクタリングが女性経営者におすすめな理由の一つは、複数社からの借金によってバランスシートが悪くなろうとも、2期連続赤字であろうともファクタリング可能な点です。

連続赤字はもちろん、複数社から借金を重ねるごとにバランスシートは悪化してしまいます。

こうなると借金の審査に非常に通りにくくなりますが、ファクタリングは借金ではなく資産売却による資金調達方法なのでファクタリングをして資金調達ができます。

特に、ファクタリングのTRYは手数料の低さや現金化スピードが速いのでデリケートな女性事業主におすすめです。

おすすめな理由の二つ目は、バランスシートを改善できる点です。

ファクタリングは借金ではないので、複数社から借金をして悪化したバランスシートを改善する事が可能となり、銀行などへの新たな借金申込の審査に通りやすくなります。

借金したくない女性経営者はえんナビ

「事業資金を今すぐ調達したいけど、借金はしたくない。」そんな要望を叶えてくれる資金調達方法がファクタリングです。

特に、「えんナビ」は最短一日で現金化可能なファクタリング業者なのでおすすめです。

また、事業者がえんナビの所在地である東京以外の人であっても、えんナビスタッフが事業者の所まで出張してくれたり、電話・メールなどで契約できる場合もあるので東京まで行く時間がないという人にもおすすめです。

ファクタリング業者の会社に入るのを不安に思う女性事業主も安心して利用できます。

担保や保証人は必要ない?

借金によって事業資金を調達する場合、リスクの高さから担保や保証人が必要になる場合が多くあります。

しかし、女性の社会進出が進んだ今でもビジネスの世界では男女差別が残っている事が少なくなく、女性事業主だと信頼が薄いとして保証人を得ることができない場合があります。

しかし、ファクタリングは借金よりもリスクが少ない事から、えんナビは担保や保証人不要でファクタリングをする事が令和でもできますので、保証人を得るのが難しかった女性事業主でも資金調達が可能になります。

えんナビは安心安全な業者?

ファクタリングは海外では認知度の高い一般的な資金調達方法です。しかし、日本では歴史が浅く、馴染みが薄い状況です。

そんなファクタリングを利用する場合、業者が本当に信頼できるのか不安になってしまいます。特に、デリケートな女性事業主にとっては不安が大きいものとなります。

しかし、えんナビは「満足度93%」という実績抜群な安心安全なファクタリング業者となので、女性事業主におすすめできます。

えんナビが女性事業主におすすめできる理由の二つ目は、「二社間取引き」を提供している点です。男尊女卑が長い間続いた為に、女性の社会進出が進んだ今でも女性事業主の信頼性に疑問をもつ人は少なからずいます。

そんな状況で女性事業主がファクタリングを行うと、ファクタリングされるのを快く思わない売掛先から著しく信頼を失ってしまう事があります。

しかし、えんナビは売掛先に秘密で活用可能とする二社間取引きを提供しているので、事業主がファクタリングを快く思わない売掛先からの信頼を損なうのを防げます。

年間300件以上の実績があるオッティ

女性の社会進出が進んだ現在、女性が事業主である事は少なくありません。しかし、女性が男性よりも繊細なデリケートな精神をもっている場合が多いのは事実です。

そんなデリケートな女性事業主にとって、海外では昔から盛んなものの、日本ではまだ歴史が浅い、借金以外で事業資金を調達できる「ファクタリング」を利用する場合、不安から多大なストレスがかかる場合があります。そこで、株式会社オッティの活用をおすすめします。

オッティは来店不要で審査でき、信頼できるスタッフが対応してくれ、年間300件以上の支援実績があるので安心して利用できます。

審査時間は?

女性経営者でも利用可能な株式会社オッティでのファクタリングには「スピーディー」という特徴があります。事業資金を調達する場合、借金だとリスクが高くなるので審査が長くなる傾向にあります。

特に、事業拡大ではなく経営状況が思わしくない為に事業資金を調達したいような場合は財務状況がよくない傾向にあるので審査が長くなり、デリケートな女性事業主に多大なストレスを与えます。

しかし、売掛債権を売却するファクタリングならば事業者の財務状況は関係ない上に、借金よりもリスクが少ないので審査がスピーディーに終わります。

特にオッティは業界トップクラスの最短3時間という時間で審査が終わるのでレディースにおすすめです。

売掛金さえあれば…

ファクタリングが銀行融資より優れているポイントの一つが、事業者が赤字でも資金を調達できる点にあります。

女性が事業主の赤字企業だと、質の悪い行員がいる銀行だと借金を断られるばかりか、審査した人から「これだから女性は」などと精神的に責められる場合があります。

しかし、株式会社オッティならば信頼できるスタッフが揃っている上に、ファクタリングの審査は売掛先を重点的に行うので赤字企業の女性事業主でも安全に2020年でも使用できます。

銀行融資より優れているポイントは「借金ではない」という点です。

ファクタリングは売掛債権を売却する「資産売却」による資金調達である為、銀行融資と違ってバランスシートを改善する事すら可能になり、借金を申し込む際に審査に通りやすくなります。

事業資金エージェントもおすすめ

借金をする事なく事業資金を調達する方法がファクタリングです。

ところが、このファクタリングは海外ではポピュラーな資金調達方法となっていますが、日本ではまだ浸透していない取引なので女性事業主がファクタリングを不安に思ってしまう場合があります。

しかし、ファクタリング業者の一つである「事業資金エージェント」は、事前に「相談・仮審査」をして様子を確認する事もできるので事業主の方も安心して活用できます。

来店や対面審査不要?

女性事業主にとって、借金ではないファクタリングによる事業資金調達であっても、対面審査や契約などの為に業者の店舗に来店する事がストレスや不安をもたらす事は多々あります。

ところが、事業資金エージェントは金額が500万円までならば、申込から現金化までの全てを「オンライン完結」させる事ができる「来店・対面審査不要」のファクタリング業者となっているので、女性事業主であっても安心してファクタリングを2020年でも使用できます。

手数料は?

ファクタリングは借金ではなく、売掛債権売買による資金調達方法であるのでファクタリング業者にとってはリスクが借金よりも低くなります。

この為、事業資金エージェントでは保証人・担保不要で行える上に、手数料も業界最低水準の1.5%~(最大手数料は非公表)となっていてお手軽・お得に利用ができるので、初めてのファクタリングにおすすめな業者となっています。

上限金額は?

初めての女性会社経営者におすすめな理由がもう一つあります。上限金額が3億円と莫大な金額である点です。

事業資金エージェントのファクタリング可能上限金額が3億円と非常に高いために、複数の業者を利用する必要がないという利便性があるので初めてのファクタリングにぴったりです。

また、慣れないファクタリング業者の利用は一つの業者を使うだけでも女性事業主に多大なストレスを与えます。

事業資金エージェントならば、複数の業者を使う必要がなくなるのでストレスを軽減する事が可能となります。

レディース向けのローンもスピーディ!

レディース向けだからといってサービスの質が下がることは決してありません!

安全に利用するという点でさらに配慮が払われているだけでなく、最短で即日貸し付けができることや30日間の利息ゼロサービスがついているなど最近では最高レベルのサービスで利用ができます。

ですから女性の方はまずそうしたサービスを考えてください!

経営費用の貸し付けはファクタリングや企業ローンで

法人の資金調達

企業向けのローンをご検討している方、貸し付けまで時間がかかり大変と感じてらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

会社の運営資金のやりくりなど、当然毎月苦労をされますよね。

経営費用が少し不足している時、利子が少ない企業向けローンで貸し付けしてもらえると便利ですよね。

まず金融業者選びが必要になります。テレビCMでも馴染みのある消費者金融や銀行など様々なところがありますね。

この中から選んでいくわけですが、まず何を優先し業者選びをするか明確にしておきましょう。

金融会社によって金利、審査、借入限度額など様々な点に違いがありますよね。銀行の申込時には、担保として会社の土地や権利などを用意する事が求められます。

手続き書類が多々必要になり審査時間もかなり有するので、その点は理解しておきましょう。

消費者金融は、無担保、保証人無しで手続きができ、インターネット申込が可能で周りに内緒で申込、借入、返済ができます。

経営費用の貸し付けも即日対応の時代へ

1.申込から早い所を!

企業向けのローン選びは『24時間申込対応可』の場所を探すことから始めてください。時間に捕らわれることなくインターネットで申込ができることで、実際の貸し付けまでの時間も短縮することができるんです。

2.最短即日の審査の早い所で!

申込が24時間対応であることに加えてすぐに審査対応に入ってくれる場所を選ぶことで1日での貸し付けを受けられる可能性が広がります。審査が早い所は無担保での契約が基本です。

3.限度額を重視した選び方も!

企業向けローンでは限度額が高く大型利用ができる場所もあります。ネット対応で最大10億円という人気の場所もあります。個人事業者でも申込できますのでおすすめをご覧ください。

ファクタリング業者選びは資金調達プロ

中小企業の経営者などが資金不足でお困りの際、最大3億円までの資金調達が可能になる資金調達プロが今、注目をされていますよね。

急いで現金の補充をする時でも借りるまでがとにかく速いファクタリング業者なので、大きなトラブル時などにおすすめができます。

ファクタリングの場合、ただただお金を借りるわけではなく、売掛金の権利を売り渡すという形であるため、銀行に貸し付けを申し込む場合のように、審査に落とされたり、審査完了から貸し付けまでの時間がかかるといったことは一切なく、最短即日で資金調達が令和でもできるため、急場を凌ぎたいという方にも持って来いと言えます。

それと、資金調達プロは資金繰り改善率も高く、提携事業者数も高い有名なファクタリング業者なので、気楽にスピーディに現金をこれから調達したい中小企業などの方にも便利な業者となっています。

ローン以外の選択肢も!

資金調達プロなどを利用してファクタリング取引によって資金を補充することを考えることもできます。

企業ローンと異なる点は、売掛債権が必要となることです。

ローンに比べると審査速度がさらに早いのが一般的で、債権の売買取引となるため返済の必要がないという強みもあります。

売掛金による事業取引がある場合は一つの選択肢となるでしょう。

迅速な対応の経営費用貸し付け

近年は非常に迅速な対応で申し込める法人向けや大口振り込み可能のスピードキャッシングが増えてきており、即日振り込みに対応している審査時間が短いキャッシングも非常に増えてきています。

キャッシングを行なうにあたっては、担保や保証人を必要としないサービスが一般的ですし、同居人や家族に気付かれる事無くお金を借り入れられることも出来ます。

最近はお店へわざわざ行かなくても査定をインターネットを通じて済ませてくれるサービスもあったり、ネットから申し込んで自分の口座へとお金を振り込んでもらえるといった形態のキャッシングや大口貸付も可能な業者なども多く見受けられるようになりました。

お店へ行く必要が無いので仕事が忙しい人や家事で手が離せない女性でも便利にお金のピンチを乗り越えることが出来ます。

カードローンでの借入はハードルが高いイメージがありがちですが、無人の店舗を活用すれば人目に付かずキャッシング出来ますし、女性の利用者も多いです。

消費者金融であれば無人店舗の場合でも女性のオペレーターが親身になって対応してくれたり、分かり易くサービスの利用方法を伝えてくれるので安心です。

上記に記載した法人向けカードローンや大口の借入などには必要になる書類なども増えたりもしますよね。

企業経営者の方の即日振り込みなどはしっかりと、ウェブサイト内の保証人、連帯保証人、大口の振り込みでの注意事項や必要書類などをしっかりとチェックしておきましょう。

また、本日中にATMに振り込んでくれる業者も増えていますが、貸し付けの金額が大口になると「店頭でしか無理です!」などを言われる場所も多々あります。

ですのでATMから資金が振り込まれるのか?ネット銀行を経由するのかなどもチェックしておくことも大切です。

大口の借入ができる消費者ローンで!

大口借入ができる企業経営者向けの消費者ローンがあることをご存知でしょうか?

キャッシングと言うと個人が利用するものと考えてしまいがちですが企業経営者向けの消費者ローン、キャッシングも多くあるのです。

企業経営者向けキャッシングの特徴としては、やはり限度額が高く設定されていてまとまった金額を貸してもらうのに適しているという点でしょう。

また金利も一般向けに比べると企業経営者向けは低く設定されているサービスが多いようです。

これは通常個人よりも法人の方が返済能力が高いとみなされるからです。

そして消費者ローンの良さである貸し付けまでのスピードの速さと借入や返済の際の便利さも当然兼ね備えているわけです。

こうして考えてみると意外と知られていないかも知れませんが、企業経営者向けキャッシングには様々なメリットがあることに気付かれるでしょう。

大口の振込だから難しいと結論付ける前に調べてみると貴方の会社にピッタリな良いサービスが見つかるかもしれません。

大口の貸入を受ける場合は?

事業主や法人、企業経営者が大口の貸入をする場合に、一番注意するべき点は利子の高低ですよね。

当然500万円前後の大口の振り込みとなると、利子は大きく変わりますので、実績がある低金利のところで借り入れをされるのが一番です。

もちろん法人や個人事業主、企業経営者が大口の貸入を希望される場合、どれくらいの金額なら即日の貸し付けが可能になるかなどは確認しておきましょう。

個人事業主の融資は可能?

個人事業主でも貸し付けてくれるの?と疑問に感じている方も多いはずです。

中小企業主、個人事業主の方は毎月の経営費用のやりくりも大変なはずです。

お金がピンチになった時、どうします?個人事業主向けのキャッシングがあるのでご安心ください。

キャッシングというと個人向けの印象をお持ちになることが多いですが、最近はこうしたキャッシングは個人事業主からも人気があるんです。

ご利用されている方も多く、利用者数も年々伸びています。大口の振り込みを希望されるでしょうし、低金利にて提供しているので、ご希望にあったサービスとも言えます。

やはり賢く使ってらっしゃる方も多く、こういった個人事業主対応のキャッシングは、企業経営者の強い味方になります。

法人や個人事業主向けの商工ローン

商工ローンなら最大500万円の貸し付けもバッチリその日のうちに行う事も可能ですので資金調達を考慮なさっている企業経営者の方は商工ローンを調べてみるようにおすすめいたします。

商工ローンは法人や個人事業主向けの金融商品の一つです。銀行融資のような大型融資も可能ですし、キャッシングのように振り込みスピードが速いメリットもあり両者の良さを兼ね備えたサービスと言えます。

商工ローンは様々な種類があり限度額が1000万円と大きなものや、金利が銀行融資並みに低金利な商品など御社の必要に合わせた選択が行えるのも一つの長所です。

ここでは低金利なところの返済例を取り上げてみたいと思います。仮に500万円を20年間借り入れるとします。

金利はある商工ローンの金利例から4.5%と設定します。この場合の月々の返済は31632円となり支払い総額は7591674円です。

ちなみに300万円を同条件で借りたとすると、月々の返済は18979円で支払い総額は4554951円です。月々の支払いが非常に少ないので負担を気にせずに会社運営を行えるのではないでしょうか。

先程も述べましたが商工ローンは様々なタイプがありますので、賢く利用するためのカギは何といっても最新情報と最新サービスを把握することです。

ぜひ当サイトを活用して最新の情報を取り入れてください。つなぎ資金だけでなく経営費用としても融資可能な企業、商工ローンは御社の安定経営を助けるものとなるに違いありません。

信販系カードローンの特徴

信販系カードローンで企業の方が貸し付けしてもらう時にはどんなメリットがあるでしょうか?

企業向けでもある信販系カードローンの特徴としてクレジットカードを扱う会社が行うローンですので安心感があることをあげることができます。また限度額が比較的高いことも特徴の一つと言えます。

「安心感」や「限度額の高さ」などの信販系カードローンの特徴はまさに法人が貸し付け先に求める条件の一つですし注目されているところですよね。

それに加えて銀行と比べると振り込みまでの手続きや査定がシンプルであることも特色です。

また以前ですと銀行のほうが低金利で使用しやすいというイメージが強かったのですが、現在では低金利でWEBで完結もできる信販系カードローンも多くみられるようになりましたので金利面でも遜色ないサービスを期待できます。

カードローンは今や戦国時代といってもいいほど競争の激しい世界です。ですから企業の方にも用いやすい信販系カードローンが色々とあります。

大切なのは最新の情報を取り入れて活用することです。

スピード対応してくれるのは?

1.わずか60分で借りれる業者がある!

大手金融業者なら数百万円という高額貸し付けも可能で、申込みから借入れするまで最短60分というスピードまでも兼ね揃えています。さらにたくさん借入れする場合でも必要となる書類は本人確認書類と収入証明書のみで、担保も保証人も準備する必要はありません!

 
2.高額ならさらに低金利に!

高額利用を希望することで適用される金利を低く設定してもらうことが期待でき、利息を抑えての借入が可能となります。契約時の限度額が理想には届かなかったとしても、借入実績を増やすことで限度額の増額が可能となり段階的な金利引き下げが期待できます。

 
3.事業者向けでも1日で審査が終わる!

高額貸し付けを受けることが可能で最短即日での契約も行える事業者向けのカードローンは、他にも『事業資金への利用も可能で総量規制の対象外』という大きなメリットがあります。総量規制の対象外となることで、収入の3分の1以上の借入が行えるようになります。

高額貸付をしてもらう前に!

1.いくらまで借りられるかを公式HPで確認!
2.実質年率が低いところを選ぶこと!
3.延滞した際の利率を見ておく!
4.借りたい金額が総量規制の範囲内かを確認する!

アイフル系列のアイフルビジネスファイナンス株式会社は緊急時対応

アイフルビジネスファイナンス株式会社を個人事業主が利用するメリットとしては、借りられる金額が他の会社よりも多く行える可能性があるからです。

一般的に個人事業主用に用意されている事業用ローンは、500万円くらいが最大と言われていますが、これ以上の金額を借りる場合は複数の金融機関を利用しなければならなかったり担保を供出する必要もでてきます。

しかしアイフルビジネスファイナンス株式会社の場合は、最大で1000万円まで契約のできる仕組みとなっていますので、事業用ローンでも多くの金額を得られて、より大きな仕事を行えるというメリットがあります。

もう1つの理由は、申込みの年齢幅が広いことです。

最長で69歳まで利用できる事業用ローンを持っていますので、60歳を過ぎている状態でも、個人事業主として開業して事業用ローンを使いたいと思っている時に活用できます。

アイフルビジネスファイナンス株式会社を利用したいときには、高齢となっても契約できるメリットがあるので長く個人事業主として仕事をしたいと思っている方にも安心です。

ファクタリング!

事業性資金でも、担保と保証人が不要で借り入れが可能であり、審査もスピーディーです。

資産を担保に借り入れする、売掛金を担保に借り入れするといった方法もありますが、審査に時間が掛かることや会社の信用にも関わってきます。

しかし、資金調達は短時間で済むだけでなく、保証人を依頼する手間が掛からないのが魅力的です。

また、売掛金を担保にして借り入れする必要もなく、取引先に迷惑が掛かりません。

資金調達プロ

資金用途自由の調達方法としてファクタリングは人気ですが「3社間契約を利用したら取引先への連絡が行われ迷惑をかけてしまうのでは?」と売掛金の買取について躊躇している経営者様もいらっしゃるかも知れません。

ですが取引先への連絡を行わない「2社間契約」が行える業者を紹介してくれる資金調達プロを使えば情報の秘匿性は保たれますのでご安心ください。

ファクタリングは貸し付けではありませんので、買取を行った業者が現金の使いみちに対して何か条件を付けてくることはありません。

手に入れた現金をどう使うかは経営者様の考え方次第ですので、用途自由なのを利用して様々なシーンで活用していくことが出来ます。

当然の事として会社を運営するにあたって取引先企業との関係性は良好に保ちたいものです。

ファクタリングを使って用途自由のお金を得た代わりに信用を失ってしまったらと買取に消極的になるのはもったいないものです。

ぜひ覚えてほしい点ですが、この方法は国や経済産業省も認めているやり方ですので信頼を失うようなことはあり得ません。

「それでも取引先への連絡が迷惑となる可能性はゼロではないのでは?」と、お考えなら業者と御社の間のみで契約が成立する2社間契約をご利用ください。

1000を超える業者と提携している資金調達プロなら理想とする業者を紹介してくれますので、情報の秘匿性が保たれる2社間契約が可能な業者を紹介してもらうことが可能です。

「自由に使える現金を得ながら秘匿性も保つ」なんてことも資金調達プロを使えば容易なのです。

スピード利用できる消費者金融で

プロミスやアコムは知名度も高く安心して利用できる金融業者のサービスです。

しかもどちらも高額利用ができる高限度額でも知られています。

短い審査時間で対応してくれますので緊急貸し付けを希望されるお急ぎの方にも安心して利用していただけます。

申込はネットで行うのが一番早くて便利です。口コミでの評価もプロミスとアコムはダントツで高ポイントです。

安心の『プロミス』から

高額の貸し付けを可能にしたい場合はプロミスが即日貸し付け対応なので便利ですよね。

プロミスには最大で500万円までの借入ができるメリットも大きいですが、お得に利用したい方に無利息サービス、低金利でのサービスなどもありますし、他にもたくさんのメリットがあるので注目をされています。

更に、プロミスカードを持っている人には「おとくらぶ」という会員優待サービスが受けられます。

この「おとくらぶ」はプロミス会員限定の優待サービスで飲食店の割引クーポンや旅行に行った際の温泉割引券など、お得な内容が盛りだくさんです。

それと、応募で美味しい食材や、ホテルの宿泊券などが当たる抽選も数多く揃えられています。女性の方にはコスメなどの特価での販売も行われているので、女性にも優しい特典となっています。

更に利用に応じて会員ポイントも貯まっていくという、1枚持っているだけでこれだけお得になるカードは他にはありません。優待サービスや会員特典のメニューが幅広いです。

このサービスをフルに利用することで、大変お得に買い物や食事、旅行にも行けるので非常にありがたいですね。

何を重視するか?

緊急であっても高額利用をしたい時には、まず優先すべき項目の一つは極度額という事になります。

でもそれだけでは選択肢を絞ることは難しいでしょう。

別の要素についても考えてみてください。スピードを次の優先事項にしますか?

それとも金利や便利さを優先しますか?そうすることで消費者金融大手にするか銀行系に絞るかが決まってくるでしょう。



同ジャンル・関連ページ