ロードスターファンディング評判

低金利で限度額が高い!
東京都知事(2)第31574号で登録!
代表者の連帯保証は原則不要!
他人名義の不動産も担保として使用可能
担保不動産の所在地は東京都心が中心

実質年率 限度額 赤字会社
4.0%~15.0% 3000万~10億円 検討可能
創業直後 WEB相談 融資期間
検討可能 可能 最長3年程度

 ロードスターファンディング株式会社は、ロードスターキャピタル(東証マザーズ上場)の100%子会社となっている会社です。不動産担保ローンは実質年率が4.0%~15.0%、限度額は3000万円~10億円となっている商品です。

ロードスターファンディング株式会社とは?

ロードスターファンディング株式会社は、貸金業者登録をしている安全な会社です。

登録の貸金業者登録番号は、東京都知事(2)第31574号で、加入団体は日本貸金業協会会員の第005911号です。

これらの情報は金融庁のホームページからも確認できます。

不動産担保ローン

低い実質年率が評判を上げる!

ロードスターファンディング株式会社の実質年率は4.0%~15.0%となっており、他の貸金業者よりも金利が低く借りられることが口コミで広がっています。

なお、実績ベースの金利は4.0%~6.0%となっていることが評判が高い理由です。

借入金額が少ない場合や審査の内容によっては金利が高くなる場合がありますが、それでも最大で15.0%の金利は魅力です。

融資可能額は最大で10億円!

ロードスターファンディング株式会社の融資額は3000万円から10億円程度まで対応可能です。

不動産の担保の評価は、内部評価と外部鑑定士によって評価を行っています。

不動産担保の評価額が高くなれば、10億円以上の融資にも対応できることで口コミで知られており、貸金業者の中でも評判が高いです。

赤字会社でも借入の可能性がある!?

創業直後は赤字会社になるかもしれません。

しかし、ロードスターファンディング株式会社は不動産を担保に審査を行いますので、結果次第で借入することは可能です。

口コミを見ても、赤字会社でも借入ができたということが書かれています。

また、審査は代表者の連帯保証が原則不要というなっています。

ロードスターファンディングの流れは?

ロードスターファンディング株式会社の融資までの流れは、まずホームページか電話で申し込みをします。

それから面談を含んだ審査に移ります。

審査後は正式に申し込みをして、クラウドファンディングで融資金額を募集します。

融資金額が集まれば契約をして融資が行われます。



同ジャンル・関連ページ