経営費が足りない時に利用できるビジネスローンの特徴は?

経営費が足りない時には何とかして資金の確保をしなければいけませんよね。

足りない経営費を貸してもらう際のビジネスローンの選び方はいろいろありますが、事業者の方の多くは『安心して借りられるかどうか』という点を重要視している傾向にあります。

やはり経営費としてまとまったお金を借り入れるということになるため、信頼できる企業で安心して利用したいと思うのでしょう。

これからご紹介するのは、どこも信頼の置ける安全な業者です。

ビジネスローンを選ぶ時のポイントは?

経営者の方は信頼できる金融業者を選ぶのもポイントです。

事業者向けのローンを取り扱う会社は大小様々あります。

安心して利用したいという場合には会社の規模のほか、インターネットから申し込みができ、審査や契約手続きも来店不要の金融業者を選ぶ必要があります。

申し込みはインターネットからできるものの、審査や契約手続きは窓口対応という場合、金融業者へ出入りを社員や取引先、友人知人に目撃されてしまうリスクがあります。

また、遠方となる場合出張費用も必要となり、キャッシュフローがショートしそうな時にはデメリットになってしまいます。

そのため、来店不要とオンラインやメールそしてFAXで対応できる会社を選ぶのがおすすめです。

また、安心安全という点は基本として、最近のトレンドとしては2種類のローン業者があります。

1つ目は、申し込みから融資までのスピーディな対応がウリの業者です。急に経営費が足りない時などに便利です。

2つ目は、限度額が高くまとまった経営費を一気に借り入れることができる業者です。自分の会社にあったローン会社を選ぶようにしましょう。

無担保でも貸し付け可能?

無担保で貸し付けを利用したい方のご希望にあった金融商品としてメジャーで誰でも知っているようなビジネスローンは後々の少しずつの返済等で考えても最適でしょう。

貸し付けといっても銀行系、金融会社はどう違うの?と意味を理解していない方も多いですよね。

申込を検討したとしても融資の意味を理解していないと、返済時にご自分が苦しくなることもあるのでしっかりと理解しておきましょう。

貸金業者は「金融機関からお金を借りること」になります。

銀行系と消費者金融系とあるので、また違いを理解しておくべきです。銀行融資は審査が厳しいというイメージもありますが、最近はだいぶ改善されてきました。

当サイトでは金融に詳しい知識を持ったものが金融商品を分かりやすいよう評価しているのでご参照下さい。

無担保、保証人無しでローンが利用できると精神的にも楽ですよね。

家族にバレる心配もいりませんし、手続き後に自宅へ郵送物も一切ありません。

また、金利が低いビジネスローンでどうしても当日中に審査をされたい方もいらっしゃいますよね。

今現在お申し込みから審査、貸し付け等までの時間が昔からみたら特に短縮をされております。

借入までの時間も大手なら大抵1時間以内となっており、早急にお金を借り入れなければいけない非常事態にもかなり適しているので、個人事業主の運営資金の補充等にも気楽にご利用頂けたらと思います。

経営者が借入する場合は!

1.法人や個人事業者向けの会社を選ぼう!
2.本日中に借りれるビジネスローンを選ぼう!
3.ネットで審査が可能の場所を選ぼう!
4.安心して返済していける低金利の場所から!
5.提出書類が少ない場所を選ぼう!

保証人や連帯保証人なしでも可能?

最近は保証人なし、連帯保証人なしで貸し付けしてくれる大手のビジネスローン等もかなり増えています。

事業融資の審査を当日でできるだけ通過させることが金融会社の目的でもありますので、それらのサービスをできるだけスムーズに展開させる事が金融会社の目標でもあると思われますし、それらの要員により、ビジネスローンの利用者にも大きなメリットが多々出現してきております。

事業融資の審査の時間で考えると、最短30分で審査が可能になる所もありますし、借入が可能かどうかの軽い診断は3秒前後でできたりする所もあります。

それらを上手い具合に利用することによって、非常事態に陥ってどうしてもお金を即日で振込してもらいたい方は、満足のいく借入ができると思われます。

先ほど記載しましたように今現在、保証人や連帯保証人なし、無担保融資、低金利に期間限定無利息サービス等大きなメリットが色々な貸金業者等で行っております。それらは当サイトのランキング等をご参照下さい。

また、事業融資を消費者ローンで利用する際に注意したいのが、お金を借入する際に立てる保証人制度です。

少額の振込ではこのような保証人を用意する事は少ないですが、大口融資を希望すると、保証人や保証会社が必要になることがあります

この制度は、万が一債務者が返済する事が不可能になった場合に代わりに返済してもらう事により貸し手側の保護を担うものでもあります。

この保証人制度には保証人と連帯保証人といった異なる2つの種類があります。

保証人というものは、債務者が消息不明や自己破産をした時など返済する術がない場合のみ、債務者に代わり借金の返済を求められます。

すなわち債務者が支払い能力があるときは、保証人には返済義務がなく、催促の抗弁権や検索の抗弁権といった民法でも取り決められていますので、そう簡単には借金の肩代わりをする事はありません。

又、複数の保証人がいれば、人数分で分割して借金を返済することも可能です。

一方の連帯保証人は、保証人の様に手厚い保護はなく、債務者と同等の立場になります。

例えば、債務者自身に支払能力も手段も保有資産までもあるの場合によっては、実際にお金を借り入れていないにもかかわらず、債権者からの返済請求に応じなければなりません。

さらには自己破産で債務者が自らの債務を放棄しても、連帯保証人に返済義務が課せられます。この様に言葉は似ていますが性質は全く異なります。

万が一、本人の知らない間に連帯保証人として勝手に名前を使われていた場合には返済義務はありませんので、この様な事態に陥った場合には専門家に相談する事が得策です。

ネットからすぐに申し込める

来店不要

経営者がすぐにお金を借りたいと考えた場合には、銀行などの金融機関を利用するよりもビジネスローンを利用した方がはるかに効率的と考えられます。

銀行などは申し込みができる時間に制限があるケースが多いですし、申し込みの際にはわざわざ店頭窓口へ来店する必要があります。

一方でビジネスローンの場合ですと、ネットで24時間365日申し込みができるケースがほとんどですし、来店不要で契約も可能なのでスピーディーに資金調達をしたい場合に便利です。

中小企業が経営費補充の申込をするなら

中小企業の方が会社経営費の補充のために金融機関を利用するときもありますよね。

地域によっては、地元密着型の商品なども多々ありますし、会社経営費の補充のためにお得に借入ができるような中小企業向けの金融商品を紹介しています。

キャンペーン実施中の金融機関もありますし、活用してみるのもよいでしょう。

中小企業や個人事業主の方など、大口の会社経営費の補充をご希望になるケースも多く、低金利で活用できると嬉しいですよね。

ビジネスローンはそういったお客さまのご希望に合致しています。

返済計画もご負担が少ないよう公式ホームページ上に借入金額や期間を入力するとすぐに返済金額が分かるようになっています。

返済シュミレーションで素早く計算できるようなシステムを提供しているので、事前に確認すると不安も解消されますし上手に会社経営費の補充ができます。

中小企業の経営者におすすめは!

 会社経営費の補充に四苦八苦する中小企業経営者に人気なのは、緊急でも大口融資に対応してくれる大手金融会社です。近年は銀行系だけでなくノンバンクの人気が特に高まっておりWEB申込でスマートに事業性貸付ができるようになってきています。自営業者でも活用できます!

会社経営費の補充に使える金融は?

1.まずは速さで比較してみる!

中小企業の方が会社経営費の補充に悩んでいるなら、速さで比較して選ぶのが一つのポイントです。最近の大手ビジネスローンなら最短1日で審査結果がでる速さです。ですから支払いが迫った時には非常に役立つサービスです。

 
2.ネット対応も重視!

中小企業向け金融機関でもネット対応が目立つようになってきました。大手なら24時間いつでもスマホからの申し込みに対応していますし、来店不要で契約までのプロセスを行えます。

 
3.大手で安心!安全!

会社経営費の補充のためにはどこを使っても同じと考えないようにしてください!大手なら実績も豊富で便利さにも大きな違いがあります。カードの発行で契約後は提携ATMを通じて24時間使えるなど、便利さと安全性で大きなメリットがあります。

大口の借入は上限額をチェックしよう

商業向けキャッシングの上限額は普通のキャッシングよりも高く設定されているため、会社経営費の補充のための大口借入を行う事も場所によってはできます。

つまりキャッシングは素早く振込をしてくれるので便利であるだけでなく事業のための大口の借入にも対応しているということです。

当日の貸付に対応しながら上限額が1000万円という商業向けキャッシングもあります。

ですからこうした商業向けでキャッシングをして大きなビジネスチャンスを逃さず拡大を目指した投資することも可能ですし、決算間近で会社経営費の補充に困っている経営者の方にとっても助けになるサービスです。

上限額を高く設定したいなら余裕を持って申し込むことも大切です。当日振込が可能といっても上限額が高い場合は通常よりも審査時間がかかるケースもあるからです。

また必要書類がしっかりと揃っているかどうかをチェックしておくのも大切なことです。

急いでいる時に助かるのはネットから申し込めるサービスです。利用するために難しい手続きは必要ないので、最近は商業用のキャッシングでも広く活用されています。

ネット申し込みを活用しても上限額やサービスに違いはありませんので、店舗まで行く手間を省いたネット申し込みを活用することには大きなメリットがあります。

ビジネスの世界にスピードをもたらす中小企業の会社経営費の補充のために人気の金融機関を活用する事で御社のビジネスをスピーディーに安定拡大へと導くことも夢ではありません。

貸し付けまで短時間のビジネスローンは?

当日中に大口貸し付けをしてもらいたい事業者や会社経営者の方にとって最大手で安全性が高い老舗のビジネスローンなどが貸し付けの手段の代表的な存在となっています。

最近は実際に事業者の方がお店や自動契約機へ行かずとも、インターネットからスマホやパソコンなどを通じて契約を短時間で済ませられ、自分の口座へと借りたお金を振り込んで貰えるサービスもとても多いです。

お金に困った時、人からお金を借りたり誰かを頼るのは非常に難しいですし勇気が必要ですが、短時間のビジネスローンを活用すれば誰にも迷惑をかけず、人にお金の悩みを一切知られること無くこっそりとお金のピンチを乗り越えられます。

大口の振込でない限りは特に担保や保証人なども必要なく事業者の方でも貸し付けしてもらえます。

また、最近は一時間程度あれば契約できたりと、当日中の振込に対応しており非常に迅速な対応が売りのローンも多く存在してます。

事業者が大手のビジネスローンを選ぶ際は無利息期間の有無を確認したり、金利を業者別に比べることも事業者の方なら特に大事ですが、返済のしやすさや返済プランについて考慮することも大事です。

大手のサービスならコンビニATMからの返済に対応していたり、月一万円などスローペースでお金を返せることも良く有ります。

最優先に考えてほしい安全な貸し付け

ビジネスローンを選ぶなら大手で知名度の高い所をぜひともまず考えてください!当日中に利用できる可能性が最も高いですし、安全性や安心感や満足度も高いからです。借金という大切な事だからこそ失敗したくない気持ちが強いと思いますので、口コミ評価も高い場所を当サイトでは推薦しています。

早さを重視する時はアイフルビジネスファイナンス株式会社

1.WEB対応でスピーディな審査!

スピーディに足りない費用を補いたい起業家の方は、ビジネスローン大手のアイフルビジネスファイナンス株式会社がおすすめです。申し込み前の、事前診断は30秒で完了しますし、

申し込みフォームの入力も3分程で完了できるため経営費が足りない時に気軽に申し込むことができます。

申し込みから『最短即日』で借り入れ可能など、とにかく早く経営費を調達したいという、スピードを重視する事業者の方から支持されています。

 
2.追加利用もカード利用で素早い!

アイフルビジネスファイナンス株式会社では、事業者向けビジネスローンとしてカードを利用した便利なサービスを展開しています。

限度額の範囲内で借り入れと返済をカードで気軽に行うことのできるカードローンですので足りない経営費の追加がとても素早くできます。

申し込み以降も追加で融資を受ける可能性があれば、カードローンタイプにしておく経営費追加をする時に便利です。

3.幅広い事業者が活用できる

アイフルビジネスファイナンス株式会社を利用するとオンライン申し込みが出来るので来店不要になります。

また満20歳~満69歳までの法人の経営者及び個人事業主が融資対象者なので幅広い人が事業資金を調達する事が出来ます。

この2つの理由がある事で初めての人でも利用しやすくなっています。

ビギナーでもスピーディに契約できる?

足りない経営費を補うために初めて借りるという場合ならアイフルビジネスファイナンス株式会社は、ビギナーにも安心して利用できる融資サービスです。

初めて経営費を調達する際、どうしても時間的に余裕がなく、焦ることがあります。

しかし、アイフルビジネスファイナンス株式会社は最短本日中に審査を受けられる可能性があり、経営費の調達に焦るといったことが回避できます。

インターネットから申し込みを行うことができ、契約手続きもインターネットを利用して行うことができます。

融資も指定した銀行口座へ振込対応してくれるため、窓口まで足を運ぶ時間がないという個人事業主でも安心して申し込みすることができます。

審査が早いアイフルビジネスファイナンス株式会社は緊急時にこそ使う!

急ぎの資金需要に最適!

アイフルビジネスファイナンス株式会社はビジネスローンの大手でこれまでの実績も豊富な会社です。

特に貸し付けまでの速さには定評があり、審査翌日には貸し付けを受けられたという例も多く報告されています。

急な資金需要の高まりに対処するには最適です。

 
審査対象は個人事業主にも!

アイフルビジネスファイナンス株式会社は法人企業だけが対象ではありません。

個人事業主の方にも審査の扉を開いています!しかも申し込みはWEBからいつでも行えますので、来店は不必要です。

 
小口資金の利用もできる!

アイフルビジネスファイナンス株式会社では1万円から最大1000万円(新規取引時は500万円まで)までの貸し付けが可能です。

最小1万円からという小口取引にも対応している点が他社と比較した便利さです。

また最大1000万円の大口の貸し付けも行えますので、多業種の方が便利に活用しておられます。

知名度で選ぶビジネスローン

ビジネスローンを選ぶ際には知名度も参考になさってください。この点を最優先して大手を選べば当日中の安全な貸し付けの可能性が高まります。それに低金利や利息ゼロサービスが付帯しているなど総合的なサービスで優れています。お金を借りるという大事な場面だからこそ大手の信頼できる貸金業者を選ぶんです!

中小事業者はビジネスパートナー

ビジネスパートナーは中小企業や個人事業者でも最短即日の審査対応となっていますので、最速のスピードでどうしても資金補充をしたい方にピッタリの商品となっていますよね。

しかし、初めてビジネスパートナーを利用する際、どのようなメリット、デメリットがあるのか?審査にはどのような書類が必要なのか?金利や限度額はどれくらいなのか?等々わからない方もいらっしゃると思います

ですので、今回はビジネスパートナーの特徴を具体的に分かりやすく説明をしていきたいと思いますので、今後早急に事業資金を補充したい中小企業経営者、個人事業者、法人の方は参考にしていただけたらと思います。

審査や貸し付けが極めて早い!

ビジネスパートナーは審査最短即日、審査に通過することができれば翌日に貸し付けが可能となっています。

そのため期日が迫った支払いにも間に合うように対応することができます。

このスピードがビジネスパートナーが多くの人に支持されている一つの理由であると言えるでしょう。

クラウドバンク・フィナンシャルサービス

1.最大10億円の大型契約も!

新規プロジェクトや新店舗オープンなど、数百万単位ではなくもっと高額な経営費の追加を希望している方には、クラウドファンディング方式で資金を募る形の融資はいかがでしょうか?

クラウドバンク・フィナンシャルサービスでは、最大で10億円という大口の契約を結ぶことも可能です。

必要な経営費が足りない時に借り入れたいという方におすすめです。

 
2.個人事業主でも大型利用が!

大型の契約を結びたいけれど、個人事業主であることを理由に躊躇しているという女性の方もいらっしゃるでしょう。

億単位の大きな経営費は、ある程度大きな会社でないと借りられないと思っていませんか?

クラウドバンク・フィナンシャルサービスでは、個人事業主でも、魅力的なプロジェクトを提案できれば、高額な資金を募ることができるでしょう。

借り入れに頼らない新たな形の「ファクタリング」

事業性資金のローンとなると、いわゆる『借金や負債』を抱えることとなります。

経営費の借り入れをしたくないけど、手元の現金が足りないという起業家の方におすすめなのがファクタリングによる資金調達です。

売掛金を売買することで、本来の振込日よりも早く現金化することができます。

これならば売掛金の売買なので、借り入れとは違い借金を抱えることにはなりません。

赤字決算やリスケ中でも大丈夫?

事業性のローンを申し込むと、会社の経営状況などの審査が行われます。

そこで、赤字決算や銀行などへの返済をリスケジュールしているということがわかると「きちんと返済してくれないかもしれない」ということで審査を通過するのが厳しくなってしまうでしょう。

その点、ファクタリングはしっかりとした売掛金さえあれば個人事業主の方でも申し込むことができるのでOKですので、ローンを申し込むことができない時にもおすすめです。

個人事業主や創業1年未満の企業でも

売掛債権の売買での資金調達は、個人事業主や創業1年未満のベンチャー企業にとって非常に頼りになる選択です。

事業を展開していく上で、どうしても資金繰りが難しくなる場面に直面することはあるでしょう。

その際に大手企業ではなく個人事業主や創業1年未満のベンチャー企業は、銀行融資ではなくファクタリングで資金を手に入れる方が得策とされています。

なぜなら個人経営の場合や、会社設立からの年数が浅い場合などは担保力や信用性が薄いと判断され審査に通らないことや、利用限度額が低めに抑えられてしまうケースが多いのです。

しかしファクタリングであれば、売掛金を売買する資金調達方法なので中小企業であっても希望金額に近い額の限度額を手に入れることが可能になりえるのです。

売掛先に秘密にできる?

ファクとリング契約には『3社間取引と2社間取引』の2つの取引方法があります。

3社間取引の場合、売掛先に譲渡承諾を得る必要があります。

売掛先がファクタリングに関する認識がない、寛容的ではないという場合には信用失墜など今後の取引に大きな影響を与えてしまいます。

しかし、2社間取引の場合、売掛先に譲渡承諾を得ることがなく、秘密で利用できます。

売掛金という資産を売却譲渡し、取引先からの入金前に債権だけを売却、売掛先から入金される代金を代行して自社が回収し、提携業者に入金するだけとなり、売掛先が関与することがありません。

安心して使えるファクタリング会社は?

ここからは、安心して利用できるファクタリング会社をいくつか紹介していきたいと思います。

ファクタリングの場合は現在既にある売掛金を買取ってもらう形になるので、手続きに必要以上に時間がかかるという事がありません。

融資ではないので担保などもいりませんし、売掛金さえあれば気軽に利用できて非常にスピーディーな手続きが可能になっています。

株式会社オッティ

1.審査完了までの時間が早い!

とにかく足りない経営費を調達しようと急いでいる事業主の方から人気が高いファクタリング業者に株式会社オッティがまず第一に挙げられます。

年間300社以上の支援を行っているという実績があり、経験豊富なスタッフがサポートしてくれます。

申し込みから審査完了までは、なんと最短で3時間というスピード対応が評判です。

 
2.リコースでの取引が可能

株式会社オッティではノンリコースでの取引ができるようになっています。

2社間取引の場合に一番心配なのが、売掛先を通さずにファクタリングを行うリスクとなっていますが、そのリスクを株式会社オッティ側が背負ってくれるので安心してファクタリングする事ができます。

 
3.資金調達のしやすさ

ファクタリングは売掛金の売買になるので、現状赤字決算が出ていたり、税金滞納している状況や他社のローンの審査に落ちてしまった場合でも、売掛金さえあれば基本的に利用することができます。

また、開業したばかりで銀行融資が難しい会社でもしっかりとした売掛債権さえあれば利用できる可能性があります。

ファクタリングのTRY

1.初めてでも安心の業者!

初めてファクタリングにて経営費を調達しようと考えている事業主の方は、わからない点も多く不安を抱えている方もいらっしゃるでしょう。

ファクタリングのTRYでは、申し込みから融資まで専任の担当者が対応してくれるので、応対が安心できると評判です。

もちろん、最短1日で売掛金の資金化ができるという対応力の高さも人気の一つです。

 
2.業界最低水準の手数料

ファクタリングのTRYの手数料は5%からとなっているので安心です。

また、この手数料には債権譲渡登記に関る手数料も含まれいる“総額手数料”である為に余分な支払いは発生しません。

 
3.秘密厳守で取引きができる

ファクタリングのTRYは豊富なファクタリング実績を持っている業者です。

2社間取引もできるので売掛先にファクタリングをしていることを知られることなく、秘密厳守で安全に売掛金を現金化することができます。

えんナビ

1.2社間・3社間どちらも可能

徹底した秘密主義と、業界最低水準の手数料がポイントのファクタリング業者えんナビでは、2社間・3社間の取引きを行うことができます。

資金難で売掛金をファクタリングで資金化しているということがバレないように慎重な対応をしてくれます。

 
2.最短1日で現金化!

えんナビとは、最短1日で現金化できる口コミでも評判のファクタリング会社です。

業界最低水準手数料5%からであること、最低30万円から最大5000万円まで幅広く対応してくれること、また徹底した秘密厳守によって、利用者の利益と安心をサポートしてくれます。

 
3.ノンリコースだから安心

安心して使えることに重点を起きたいという方におすすめなのがえんナビのファクタリングです。

えんナビはノンリコース契約で利用する事ができ、仮に売掛金売却後に売掛先が倒産してしまったりしても支払いなどの責任が発生しないので安心して利用する事ができます。

 
4.顧客満足度の高さが評判

えんナビは利用者満足度93%と、高い満足度を誇っています。口コミを見ても、「即日現金化ができた」と迅速な対応に高評価がなされています。

また少額からの取引ができるという点にも多くの声が集まっており、顧客の要望に合わせた利用が評判です。

資金調達プロ

1.自分にあった業者を選択できる

一言でファクタリングといっても、自分とファクタリング業者の2社間で行うもの・取引先と自社とファクタリング業者との3社間で行うものとがあります。

このようなファクタリングの仕組みや関連用語などをわかりやすく解決してくれるのが、資金調達プロです。

ファクタリングの仕組みを理解した上で、経営費が足りない時に自分にあった業者を選んでくれるので、どこに決めて良いのか分からない時などには特に資金調達プロは利用しやすい業者です。

 
2.資金化までの時間の目安は?

資金調達プロは、ネット上の口コミでも評判となっており、売掛金を資金化するまでのスピードが高く評価されています。

申し込み後、審査から契約手続き、入金までのスピードが最短即日になっています。

審査を受ける提携業者、買取依頼を希望する債権のタイプ、買取対象となる売掛金の金額により、審査時間は変化するものの高額な売掛金でも2日や3日で資金化することができます。

 
3.簡単な無料診断が可能

資金調達プロでは簡単な無料診断ができます。

入力する項目は、「希望金額・会社の所在地・翌月の売掛金・翌々月の売掛金」の4つとなっています。

この4項目を入力するだけで現在いくら資金調達ができるかが素早くわかるので、資金繰りにお困りの方におすすめができます。

無料診断はインターネットから24時間できるようになっているので仕事の空き時間などに手軽に利用することができます。

 
4.もちろん全国対応!

資金調達プロは即日対応しているだけではなく、全国対応しているので様々な地域に存在している会社や個人事業主の方も問題なく申込できます。

そして審査を実施していき、無事に申込を完了することができれば、一定額のファクタリングを実施してもらえます。

法人企業に最適な資金調達方法は?

1.ニーズに合った方法を!

資金調達までの早さで考えるならビジネスローンやファクタリングです。最短即日利用が可能ですので、急ぎでキャッシュを用立てたい法人企業には最適な方法です。

 
2.銀行だけが大口融資を行っているわけではない!

実は便利なビジネスローンにも最大10億円という大型融資を実施している場所があります!審査や契約に際してはインターネットを通じて行えるため全国どこからでも使えるというメリットもあります。

 
3.ファクタリングという新たな選択肢を活用!

法人企業におすすめの資金調達方法の一つがファクタリングです。主なメリットは『赤字企業でも利用可・利息不要・担保不要・財務改善』などがあります。急速に人気が拡大しています!

法人企業の資金調達方法の多様化

金融機関の多様化も更なる追い風に!

融資方法が多様化しているので法人企業や自営業者にとっては新たな取引を結びやすくなっているのも注目ポイントです。

例えば経済産業省のレポートの中でも融資ではないファクタリングが有効な資金調達方法であることと記載されるなど、資金調達方法の多様化は、いわば国も認める状況なのです。

 
黒字倒産の悪夢を避ける手立てを!

バブル以降増えているのが資金ショートによる黒字倒産です。

売り上げが上がっているにも関わらず、入金サイトが長く運転資金が厳しくなり倒産するというケースが増えています。

こうした状況に対応するためにはスピーディで手軽な資金調達方法を知っておくことがポイントになります。

ノンバンク系ビジネスローン

メリットは?

一番のメリットは融資までのスピードです。最短1日で契約ができる場所も大手には見られます。

近年では24時間いつでもオンライン申し込みができて来店不要で契約までできる手軽なビジネスローンが法人企業にも人気です。

また限度額の範囲内であれば繰り返し使えるのも大きな特徴です。

 
デメリットは?

以前に比べると貸付金利は低くなったものの、銀行融資と比べると依然として割高に感じる企業経営者もいます。

また500万円~1000万円が限度額という場所も多く、まとめて借りたいという時にはボリュームが足りないケースもあります。

 
こんな時にはビジネスローン!

支払いが迫った時や資金がショートしそうという緊急事態には一番頼りになる金融機関と言えるでしょう。

一時的な利用に適していますので、不測の事態に備えて契約を済ませておくという法人経営者もいます。

全国対応している大手企業がこうしたケースではとても便利です。

すぐにでも使えるおすすめ業者

アイフルビジネスファイナンス株式会社
  
ビジネスローンの中でも知名度と実績が豊富でスピード面でも法人企業から高い評価を受けているのがアイフルビジネスファイナンス株式会社です。

担保や保証人も不要でオンラインでの申し込みがいつでもできるのです。

契約後はカードが発行されるため、事実上いつでも限度額の範囲内で融資を受けることができます。

 
アクト・ウィル

今すぐお金を借りたいと考えている法人の方は、アクト・ウィルに申込をすることで即日融資をしてもらえる可能性があります。

これまでに多くの中小企業に融資を実施しており、実績を積み重ねているのが特徴です。

更に、スピードにもこだわっており、最短60分審査というように短い期間で融資を行えるように取り組んでいます。

このような特徴を持っているので、事業資金に困っている法人の方は、心強い存在として頼ることができます。

 
ビジネスパートナー 不動産担保ローン

通常のビジネスローンと比較した時、100万円~10億円までのお金を借りる事ができるのがビジネスパートナーの不動産担保ローンになります。

千万単位のお金を借りたいと考えている法人や個人事業主の方は相応のお金を借りる事ができるので、様々な事業資金として活用することが可能です。

その他にも一般的なビジネスローンと比較して担保が必要になるため、事前に担保を準備しなくてはいけません。

そして担保与信・担保物権の調査があるため即日融資というわけにはいきませんが、最短5日で融資を受けられます。

このような違いが発生しており、多額の融資を実施しているのがクラウドバンク・フィナンシャルサービスです。

 
オリックスクラブカード

オリックスクレジット「ORIXCLUBCARD」は、業歴1年以上の個人事業主の方が利用できるカードです。

担保や保証人が不要となっており、借入限度額は最高で500万円までとなっていますので、今後早急に事業資金の追加や補充、事業拡大を考えられている事業主の方に、総量規制対象外で人気が高いオリックスクレジット「ORIXCLUBCARD」はおすすめできます。

また、オリックスクラブカードのメリットは何といっても事業資金融資であるにもかかわらず最短60分で審査が完了するというスピードの速さです。

ですからつなぎ資金や季節要因などの一時的な資金需要の高まりに対応するのにもってこいなのです。

必要な時に迅速対応してくれる金融機関は経営者のマストアイテムともいえます。

ファクタリング

メリットは?

最短即日で売掛債権を現金化できるスピードの速さがあります。

また融資ではなく債権の現金化のためバランスシートの改善が図れます。

銀行融資が難しいとされる赤字決算や税金滞納状態でも取引の可能性があるため、より多くの法人企業や個人事業主の方が利用できるでしょう。

デメリットは?

売掛債権の取引となりますので、対象となる売掛債権がなければ利用する事ができません。

日本ではまだマイナーな資金調達方法といわれているため不安を感じる企業経営者の方もいますが、その便利さゆえに急速に利用が広がっています。

 
こんな時にはファクタリング!

銀行からの融資が難しそうでも資金を迅速に用立てたいなら、選択肢として非常に有効となるでしょう。

起業してからまだ間もない新興事業者でも利用できるため、ビジネスローンでの契約が難しいとされた法人企業にも利用の可能性が大いにあります。

今から申し込める推薦業者

ファクタリングのTRY

スピードとサービスの質で考えると『ファクタリングのTRY』が第一候補となるでしょう。

来店不要で最短即日契約ができるため、納税時期や社員のボーナスなどでまとまったキャッシュが必要な法人の方におすすめです。

またどちらも多くの実績がある人気業者ですので初めての利用でも安心して使えます。

 
えんナビ

えんナビはスピーディーな審査にも自信のあるファクタリング会社となっています。

30万円~5,000万円という幅広い金額にファクタリング対応しているにもかかわらず、スピード審査によって最短即日で売掛債権を現金化できるので口コミで評判となっています。

また、えんナビの信頼性は“顧客満足度”というファクタリング実績からも確認できます。

えんナビでファクタリングをした利用者の93%が満足だと解答しているのです。顧客満足度が非常に高いために、口コミでも大きな評判となっています。

 
株式会社オッティ

最短3時間で即日対応のスピードが口コミなどで話題になっているのが株式会社オッティです。

ネットでいつでも申し込みができるのも忙しい経営者から好評です。東京以外の全国どこからでも来店不要で申し込みができます。

また、売掛金の発行元に気を遣う経営者の方も2社間取引ができる株式会社オッティなら安心です。

売掛金の発行元へは連絡がされませんので信用や信頼を損なう心配はありません。

 
クイックマネジメント

売掛金の買取を目指すならクイックマネジメントが早さと手軽さで人気です。

最短30分買取のスピード実績と来店不要でWEB手続きができる手軽さから、全国の多くの経営者が利用しています。

急遽受注があるような場合や、支払いに追われる企業も少なくはないでしょう。

そうした際に、銀行や消費者金融であれば、借り入れに至るまでにある程度の時間を要するのですが、クイックマネジメントを利用することによってスピーディな資金調達に役立つこともあることでしょう。

そのために、企業の信用を失いかねない事態を回避できるかもしれません。

 
事業資金エージェント

高額な売掛金をお持ちであれば、事業資金エージェントです。

限度額は最大3億円ですので、現金化すれば一気にキャッシュフローを改善することができます。

また、即日入金はもちろん、最短3時間後に現金化も可能となっているので急ぎの時でも安心です。

ファクタリングはバランスシートの改善や2社間取引で秘密を守って取引できるなど、融資にはないメリットがたくさんあります。

経産省も認めた資金調達方法ですので安全性にも信頼がおけます。

 
資金調達プロ

100万円から最大3億円の限度額に設定しており、状況に応じてファクタリングを実現しているのが資金調達プロです。

法人や個人事業主の方で、無事に審査を通過して申込完了することができた場合、一定額の金額をファクタリングしてもらえます。

このように大きな金額に関しても状況によって、資金調達してもらえるので納得した評判に獲得しています。

クラウドファンディング

メリットは?

インターネットの普及と共に盛り上がりを見せている資金調達方法です。

出資者の評価を得ることができれば、新興事業者や中小法人企業であっても大口資金を受ける事ができるようになっています。

従来の銀行融資とは審査ポイントが異なると言われており事業計画が大きなポイントとなっています。

 
デメリットは?
  
ビジネスローンと比べると少し融資までに時間がかかる可能性があります。

また大口融資となるケースが多いため、事業計画に加えて担保が必要となるケースもあります。

まだ多くの企業が対応しているわけではないため選択肢が限定されるという点もデメリットと言えるでしょう。

 
こんな時にはクラウドファンディング!

まとめて借りたい時には一番最初に考えてみてください。

また事業計画やプレゼンテーションに自信がある方にもおすすめです。

急速に知名度が広がっている事もあり、今は使いやすい環境になってきています。

 
手間がかからない初めての利用はココ!(クラウドバンク・フィナンシャルサービス)

クラウドバンク・フィナンシャルサービスは最大10億円までの取引が可能なため、従来型のどの融資よりも大型利用が見込めます。

しかもオンラインで24時間申し込めるなど手間がかからない事も評価されています。

多業種の法人企業が利用されており、自営業者も契約可能となっております。

日本政策金融公庫

メリットは?

何といっても低利で使えるのがメリットです。

また財務省所管の特殊会社のため信頼性や安全性の点でも最も高い評価を得ています。

中小法人企業や小規模事業者のためのサービスと言えますので、事業規模が小さくても安心して申込ができます。

 
デメリットは?

審査に時間が掛かるのが一番のデメリットです。

また通常の申し込みであれば合格率は約2割と言われており、必ずしも容易な事ではありません。

しかしサポートを受ける事でこうしたデメリットを解消することもできるのです。

 
こんな時には日本政策金融公庫!

一番低利で利用できる可能性があるため、長期に渡って融資をしてもらいたい時には積極的に活用することができます。

他の融資と並行して用いる事もできますので、日本政策金融公庫をメインにビジネスローンやファクタリングを活用する方法も有効です。

 
サポートを受ければ合格率が一気にアップ!(ユウシサポ)
  
日本政策金融公庫の審査時間と合格率の問題を解決するのがユウシサポです。

国の認定支援機関であり税理士さんのサポートを受けられるため、活用すれば合格率は驚異の9割以上となっています。

地方の法人企業であってもスカイプなどで面接支援があるため全国どこからでも申し込める点も注目されています。

 
経営者の負担を減らす資金調達を!

様々な資金調達方法とおすすめ業者を幾つか紹介してきましたが、すべてに共通するのがオンラインでの申込に対応しているという点です。

最新の調達方法は、インターネットを利用して来店不要で契約するというものです。

そうすれば経営者にとっては時間と労力を大きくカットすることができます。

また全国どこからでも利用できるため、地方を基盤とする方でも自社にとって一番メリットの大きな方法を選ぶこともできます。



同ジャンル・関連ページ