経営者当日

経営者が急ぎで資金の調達をご検討でしたら当日融資可能なビジネスローン、売掛金の資金化であればファクタリングがおすすめです。

WEB対応の業者であっても、60分程度で審査の結果が分かる所や高額融資にも対応している所などもありますので、それぞれの要望にあった使い方ができるはずです。

では、ここからはそれぞれの金融会社の特徴や融資時間、限度額などを解説していきたいと思います。

申込~融資完了までの時間

アイフルビジネスファイナンス株式会社 最短当日に融資
アクトウィル 最短当日に融資
オージェイ  最短当日に融資
デイリーキャッシング 最短当日に融資

最近のビジネスローンはとてもスピーディな対応となっており、最短当日融資という会社が多くなっています。

その中でもアクトウィルは最短60分審査可能なので、いち早く結果を知って融資を受けたい経営者の方に向いていますね。

この3社はつなぎ資金やお給料の支払いなど、急いでお金を工面したい経営者の方におすすめできるスピードです。

融資の上限がいくらなのか

アイフルビジネスファイナンス株式会社 最大1,000万円まで融資
アクトウィル 最大5,000万円まで融資
オージェイ  最大1億円まで融資
デイリーキャッシング 最大5000万円まで融資(ビジネスローンの場合)

アイフルビジネスファイナンス株式会社はビジネスローンだけでなく、カードローンタイプの商品も扱っているので、必要な分だけを利用しやすくなっています。

アクトウィルは、中小企業の資金調達に向いている借入先となっています。

オージェイは、10万円からという少額から利用可能となっており、商品の種類も多いため、それぞれに合った使い方ができる会社です。

デイリーキャッシングは、融資まで3ステップ(申込→審査→契約・融資)ととてもシンプルな手続きとなっているのが特徴です。

ネット申込が可能な時間

アイフルビジネスファイナンス株式会社 24時間申込
アクトウィル 24時間申込
オージェイ  24時間申込
デイリーキャッシング 24時間申込

人気のビジネスローンを扱っている会社はどこもインターネットサービスが充実しており、どんな状況にも対応できるようになっているのが特徴です。

インターネットを使えば24時間365日いつでも空き時間に手続きを済ませる事ができます。

そして、アイフルビジネスファイナンス株式会社とアクトウィル、デイリーキャッシングは来店不要で契約可能なので、忙しくてお店に出向く事が出来ない経営者の方におすすめです。

ファクタリング

ビジネスローンの他に、事業資金の調達方法で注目を集めているのがファクタリングです。

ファクタリングはビジネスローンとは異なり、既にある売掛金を売ることで資金を調達できる方法です。

つまり融資ではないため、ビジネスローンとは審査方法が異なります。

手続きもシンプルなので事業者向けの資金調達方法でありながら素早い資金調達が可能になっています。

経営者が『当日』で資金調達をするなら?

経営者の方が当日に事業資金の調達をしたい場合は、事業ローンを活用すれば審査時間も短く済みますので迅速に資金調達が可能です。

しかも事業資金として大口融資を受ければ、たいてい通常よりも低金利で借入れることができますのでカードローンでも銀行並みの低い金利で事業資金の調達が可能なのです。

もちろん経営者の方の小口融資の場合でも以前よりも格段に金融会社全体の金利が下がっているため負担の少ない形で借入れることができます。

審査までの時間は業者や状況によって異なりますが、最短即日で審査を受けることも可能です。

急に訪れるビジネスチャンスの際も当日に事業資金を金融会社から借りることができれば、即座にビジネスに生かすことができますよね。

経営者が当日に可能にするなら

経営者向けの当日融資対応のサービスは急に資金が必要という会社経営者の方の助けになるでしょう。

ビジネスローンは当日に対応してくれる所もあります。

「備えあれば憂いなし」といわれるように、まさかの事態に備えてあらかじめ契約しておくというのも経営者として一つの賢いリスクマネージメントです。

また、経営者を対象にした当日振込のプランもありますので、様々なサービスを今から検討しておくことも大切なことでしょう。

ビジネスローンの長所の一つは融資のスピーディーさと大口の借り入れができる便利さです。会社経営者にとってもそうしたサービスは魅力的なはずです。

現在は有名なビジネスローンでは1000万円~5000万円まで対応可能となっています。

多い所であれば1億円まで対応という商品もありますので、大口でお金を借りる場合にはおすすめができます。

金融会社によって違いがありますが、借入診断を行っている業者もあるので、自社が利用可能かどうかを調べる際にも活用できます。

融資時間 実質年率 限度額
アイフルビジネスファイナンス株式会社 最短当日 3.1%~18.0% 50万円~1000万円
アクトウィル 最短当日 7.50%~15.00% 5000万円まで
オージェイ 最短当日 8.50%~15.0% 10万円~1億円
MRF 最短3日 15.00%以内 100万円~3億円
デイリーキャッシング 最短当日 5.2%~14.5% 200万円~5,000万円
TRYフィナンシャルサービス 6.8%~12.65% 300万円~5000万円

ウェブ完結型なら忙しい時でも

ウェブ完結型のローンとは申し込み、審査、契約、振込の全てをウェブ上でできるローンのことです。

テレビCMでも多くの当日振込もできるようなスピーディなローン会社がこのウェブ完結型ローンを宣伝しています。

なぜこれほどウェブ完結型ローンが話題なのかというと、これまで以上に便利でスピーディーな振込ができるからです。

便利さについて考えてみると、スマホやパソコンからですと自宅に限らず移動中や仕事の休憩の際に申し込みができます。

そして審査を待つ間も自分の仕事や用事を行なう事ができますので時間を有効活用できます。

振込までのスピードはどうでしょうか?店頭や自動契約機に行く時間を省き、融資も口座振り込みで借入時間も短縮できます。

このように便利さとスピーディーな振込の両面を兼ね備えたサービスがウェブ完結型ローンなのです。

これまで以上に便利なウェブ申し込みと審査についてさらに考えてみましょう。

申込にかかる時間の目安

入力に慣れている方  3分~6分前後
入力に慣れていない方 5分~10分前後
全然慣れていない方  10分~15分

上記の時間についてはあくまでもおおよその時間です。携帯入力に慣れていない方はパソコンを利用するようにしましょう。

また経営者の方が高額の融資をしてもらう時には、情報入力に手間がかかる可能性もあります。ですので、その時間も考え早めに申込みをしましょう。

来店せずに契約 特徴・備考 申込
アイフルビジネスファイナンス株式会社

30秒でスピード診断 WEB(24時間365日受付)
アクトウィル

〇(30日間無利息※)

最短60分審査
デイリーキャッシング

融資まで3ステップ
MRF

WEBで仮審査:無料
オージェイ 面談あり(来店、または出張サービス) 少額から大口まで幅広く対応
TRYフィナンシャルサービス

ビジネスローン以外にも様々なサービスがあり。

※小切手・手形をお持ちのお客様が対象です。

急いでお金を借りる際にも!

 経営者の方が急いでお金を借りる際に、店頭にいって書類の不備があって不可能になるというケースも少なくはありません。インターネットで今日中の振込を経営者の方がされる際には、ロスが少なくはありますが、来店してから書類が足りないなどのミスがあった場合、当日にお金を借りる事ができないなんて話もありますので、その点は十分にご注意ください。

経営者は借入極度額も確認を

借入極度額が高い経営者向けキャッシングは急いで資金を必要としている時にありがたいサービスです。

最近経営者向けキャッシングの数は充実してきており、利用される経営者の方も比例してどんどん増加しています。

経営者向けキャッシングを利用する企業が増えているのは、極度額が高くフリーローンであるため事業目的であれば自由に使えるという利便性の高さにあります。

例えば極度額で見てみると、600万円前後まで可能というキャッシングが多くありますので、つなぎ資金としても新規投資のための資金としても活用できる金額です。

そしてフリーローンですので、融資目的を記した書類やそれを裏付ける書類などが必要ないため、申し込みの準備がそれほど必要なくて済むわけです。

結果として振込を受けるまでの時間も短くて済みますので、資金が必要なその時にすぐに振込を受けることができるという大きなメリットがあります。

もちろん契約に際しては審査がありますが、経営者向けキャッシングでも最短で当日振込が可能な会社もありますので、支払い期日が迫っている時などには特に重宝されるに違いありません。

金利面でも利用しやすくなっており借入極度額の高額化や利便性の高さなどを考慮すると、経営者向けキャッシングは御社の第二のメインバンクになりうるだけの魅力を持っていると言えます。

無保証・無担保(無抵当)の場所で

大規模のローンなどとは異なり、当日に借入をする場合は担保も保証人も無しの貸付けを受けることができるケースがたいていなのです。

もし金融機関からお金の借入れをするとなったらこういった一般知識やデータを把握し、可能な限り有利に効率的な借り方ができると良いですね。

無保証・無担保(無抵当)という場合の担保というのは何のことかといえば、万一振込を受けた後に返済が困難になった際に対する備えとして用意する物です。

要は貸付け金の代わりとなる物、巷間でいわれる借金のかたなどといわれるものになります。

無担保や担保無しというのは、担保無しでもお金を借りられるという事を表します。

銀行や信販会社、消費者金融においてはキャッシングの場合に収入を証明できるものを必要なため、事前の源泉徴収票・所得証明書といった書類を用意しなければいけません。

ただ、金融機関によりますが借入れ額が五十万円に満たない場合でおいては提出の必要が無いことが多いです。

また借入金の受け取り手段も種類があります。

具体的に挙げると、スマートフォンやケータイを用いて予約手続きを行っておき指定預金口座への融資金の振込みといったやり方や、無人店舗や街の提携ATMを利用して借り入れる手等様々な方法があります。

キャッシングの申込みにおいて、貸付けを受ける金融機関や借入れ内容ごとに必要である書類が違ってきます。

借入れの審査をできる限り滞りなく終わらせるためにも何の書類を用意しないといけないのかを前もってちゃんとチェックして、要る書類を間違いなく支度することが重要です。

保証 担保
アイフルビジネスファイナンス株式会社 原則不要(※法人の場合は代表者の原則連帯保証が必要となります。) 不要
アクトウィル 原則第三者保証人不要 不動産担保不要
オージェイ 原則不要(※法人の場合は代表者の原則連帯保証が必要となります。) 原則不要
MRF 連帯保証人原則不要(※法人の場合は代表者の連帯保証が必要な場合があります。) 土地・建物に根抵当権設定
デイリーキャッシング 原則不要 原則不要
TRYフィナンシャルサービス 原則不要 原則不要

申込に必要となる書類は?

個人での小口融資とは違い、法人の方がビジネスローンなどで資金調達をする場合は、必要になる書類が多くなる場合があります。

事前に確認して用意しておくとスムーズに手続きが進みますので、ここでおおまかに確認しておきましょう。

必要書類
アイフルビジネスファイナンス株式会社(ビジネスローン) 法人:代表者の本人確認書類・決算書等
個人事業主:本人確認書類・当社所定の事業内容確認書・確定申告書等
アクトウィル 代表者の本人確認書類・決済報告書の一部(買掛金内訳書、売掛金、損益計算書)など
オージェイ(ビジネスローン) 本人確認書類・小切手・手形(法人:代表者の担保が必要)・決算書2期分(確定申告書)・登記簿謄本・納税証明書・印鑑証明など
MRF 本人確認書類2点・公的な営業許可証または届出書・事業実績を証する書類・不動産登記簿謄本・残高証明書または返済予定表と引落通帳
デイリーキャッシング 本人確認書類・決算書2期分・法人登記簿など

基本的にどの会社も代表者の本人確認書類は必ず必要になりますし、決算書が必要なところも多くなっています。

しかし、表を見て分かるように業者ごとに違いがありますので、申込時によく確認する事が大切となります。

経営者の借り入れに

消費者金融の魅力はスピード感ですが、経営者の大口の借り入れは必ず速さと同様に実質年率の高低の確認を欠かさないようにしましょう。場所によっては金利ゼロの期間が30日間付くところもあります。短期の大口なら無利息ですべて完結ができますので便利ですよ。

アイフルビジネスファイナンス株式会社

当日に審査や融資をしてもらいたい経営者の方に『アイフル系列』のアイフルビジネスファイナンス株式会社がスピーディなビジネスローンなので便利ですよね。

アイフルビジネスファイナンス株式会社は個人の申し込みなら保証人と担保は必要としません。(法人の方は代表者の連帯保証が必要となります。)事業資金なら使用用途問わず申し込めます。

実質年率は3.10%~18.0%で借りられるので、10万円前後借りた場合最初の利息は約1500円です。

元金と利息を合わせて月々2500円ずつ返済していけば5年で完済します。

仮に100万円を実質年率15.0%前後で借りたとして5年で完済する場合の利息は、1ヶ月で約12,500円となります。

ですから大きな負担ではないという事がこの計算からも分かりますね。

ちなみに最小融資金額は1万円から貸し付けしてもらうことができます。

また、アイフルビジネスファイナンス株式会社は来店、郵送、訪問という三種類の契約手段を用意しているので利用申込~契約まで全ての手続きを“原則来店不要”で完了させる事ができるので抜群の利便性となっています。

アクトウィル

アクトウィルでの借入限度額は、最大5000万円までと大きく、会社経営における多くの用途に活用することが出来ます。

審査は最短60分、融資までは最短当日とスピード対応な点も、急いで事業資金の調達を考えている経営者の方におすすめできる理由の一つです。

金利は、7.50%から15.00%となっており、融資額によっては金利優遇を受けられる可能性もあるのも、返済を進めていく上で助かりますね。

返済方法は一括または分割返済(元金均等払い)が採用されています。

更に、このビジネスローンは不動産担保や原則第三者の保証人が不要です。

担保や保証人を準備するのは、経験した方ならご存知でしょうが大変面倒なことです。そんな面倒をしなくて済むというのも、この商品を選ぶ理由になるはずです。

(※アクトウィルは法人の方限定のビジネスローンとなっているため、個人事業主の方は利用不可となっています。)

オージェイ

最短当日にの融資も可能な株式会社オージェイですが、オージェイの特徴は10万円から1億円までと、『少額から高額』の貸し付けもできるようになっているところです。

また、商品の種類も多く、それぞれの事業者様の状況に合ったものを選択、活用できるようになっています。

一つ商品の例を挙げると、無担保融資(ビジネスローン)は限度額が30万円~2000万円、実質年率が10.00%~15.0%以下となっており、保証人・担保は原則不要です。

事前に無料の仮審査を受けられるので、審査通過するのか心配だという方でも気軽に利用ができます。

デイリーキャッシング

デイリーキャッシングは、借り入れまでの時間の短さ(最短当日)が際立つ法人や経営者のためのサービスです。

今すぐ現金が必要という事態や緊急契約をしてすぐにでも融資をしてほしいという時に役立つ存在です。

ビジネスローンの限度額は200万円~5,000万円まで、年率は5.2%~14.5%となっています。

申し込み方法はWEBを活用して24時間行え、融資まで3ステップ(申込・審査・契約融資)で完了する分かりやい流れとなっているのも特徴の一つとなっています。

TRYフィナンシャルサービス

TRYフィナンシャルサービスなら融資の申し込みが完了し次第、スピード審査をしてくれますので素早く借りる事が可能になります。

限度額も300万円~5,000万円までと幅広くなっているため、従業員の給料が不足したり、協力会社に支払う資金が不足したときにも何も困ることもありません。

TRYフィナンシャルサービスなら支払日の前に余裕をもって融資の申し込みをすれば支払日に間に合わせることができます。

MRF

MRFは西日本を中心としたエリアに強いビジネスローンとなっています。

また、専門知識を持ったスタッフが対応してくれるので、申込時にも契約完了後にも困ったことがあった時には気軽に相談が出来ます。

また、ネットで仮審査が無料でできるのでそれを上手に活用して、心配を解消してから契約を行うのも容易に出来ます。だから、この場所は『安心して利用出来る』と人気なんです。

ビジネスパートナー

経営者の方でも最短当日に審査を受けられるビジネスパートナーの無担保ローンのメリットは2つあります。

1つ目は、担保がない状態で融資をうけることができる点です。ビジネスパートナーでは最大で500万円が無担保で借りることができます。

不動産や土地などに抵当権を設定するための書類を用意する必要もありませんので、手間が省けるというのも嬉しいですね。

2つ目は、先ほども書いた審査スピードの速さです。担保ありのローンの場合は、提示された担保にどのくらいの価値があるものなのかという査定も必要となってしまうので、その分業者サイドは書類を取り寄せたり案件によっては現地を視察するなど時間を要してしまいます。

しかし、無担保ローンであればそのような査定はありませんので必然的に契約までのスピードに差が出ます。

審査は最短当日で、融資は最短で5日で可能なビジネスパートナーの無担保ローンは経営者の方にはとっても魅力的な内容となっています。

夜でも現金をすぐに!

 ビジネスパートナーでの借入れは発行されるカードを使って行うことができますので、提携ATMを上手に活用すれば事実上24時間いつでも可能です。限度額の範囲内で何度でも追加利用ができますので、夜や祝祭日でも短時間で現金を引き出すことができます。利用できる金融機関や提携ATMについては公式サイトで確認できます。

必要な書類はこれだけ

ビジネスパートナーでの借入れまでに必要となる書類は法人か個人経営かによって違ってくるのですが、どちらにしても必要な書類は決して多くはありません。

まず、どちらの申込者にも必要となるのが「本人確認書類」と発行3ヶ月以内の印鑑証明書です。

本人確認書類は法人の場合は代表者様の物をご用意ください。免許証などが使えますので、準備をするのも容易だと思います。

法人の場合は、この他に発行後3ヶ月以内の登記事項証明書と原則直近2期分の決算書をご用意ください。

個人事業主の場合は原則直近2期分の確定申告書とビジネスパートナー所定の借入れ計画書などが必要となります。

必要な書類はそれほど多くないとは言っても、前もって準備をしておけばそれだけ契約までがスピーディーに行えるということですので、なるべく早くに用意をしておくことをおすすめします。

審査や書類提出で来店の必要なし

ビジネスパートナーは最短当日審査で、申し込みから借入れまでの手続きを全て来店不要で行えるビジネスローンです。

現金の借入れを申し込んだ先によってはどうしても来店による面談や審査が必要となり、忙しい日中にちょっとした手続きを行う為だけに時間を作る必要性が出来てしまい大きな負担になってしまいます。

所在地によっては遠方まで行く必要も生じてしまいます。

ですが、このビジネスローンはWEBから申込みが行えるだけでなく、書類の提出も郵送を利用して行えるので契約まで全て来店不要となります。

来店する必要がないということは「現金の借入れの手続きを自分のペースで行うことが出来る」ということです。

店舗に出向くための移動時間や待ち時間が必要ないのは助かりますね。

「時は金なり」と考えておられる法人の経営者様にとって、この商品は最適と言えるのではないでしょうか。

他社と比べて少ない準備で!

  ビジネスパートナーは借入れにあたって必要なものが少ないのも特徴の一つです。例えば来店の必要がありませんし、担保や保証人も原則いりません。大手でしっかりとした資本基盤があるので心配することもありません。必要なのはネットで申し込むことと提出書類をしっかりとまとめておくことだけです!そうすれば最短当日に回答をくれるスピードで至急現金を借入れすることができます。

代表者の連帯保証とは?

ビジネスパートナーのビジネスローンは、原則として担保だけでなく保証人も不要となっていますので最短当日審査が可能です。

その代わりに法人の方が利用するにあたって必要になるのが代表者の連帯保証です。

「保証人」とは会社とは関係のない第三者を立てることをいい、借りたお金を返済できない状況になった際に肩代わりして返済をする必要がでる立場の人を指します。

しかし「連帯保証」とは返済不能となった場合等ではなく、債務者(この場合は会社全体を指します)と同じ立場という扱いなので、請求があれば返済が必要になります。

「代表者が連帯保証人となる」ということは、保証人を立てる必要がないという意味なので何か返済に関してトラブルが発生した場合でもほかの人に迷惑をかけずに自分自身で解決できます。

加えて第三者に保証人を引き受けてもらうようお願いする時間や労力も節約することができます。

ですから法人代表者の連帯保証で済むという事は手間と時間を短縮することにつながるメリットの多いことだと言えるでしょう。

借入れまでの準備が少ないので助かる!

  ビジネスパートナーの借入れを利用しておられる経営者の方の声を聞くと、準備の少ないのが助かるという声が多く聞かれました。基本的に無担保・無保証で利用できるため短時間で準備を整えることができるんです。至急現金を必要とする時にはこうしたクイックサービスが一番会社運営には助かると好評です。

カードローン仕様なので便利に使える!

ビジネスパートナーでは、まるで消費者金融や自分の銀行口座からの引き下ろしの様にATMから手軽に限度額内での追加借入れをさせてもらうことが出来ます。

全国各地にあるセブン銀行ATMから手続きが行なえますので、イトーヨーカドーやセブンイレブンに何かの用事で寄った際に現金調達が行えるということですね。

これだけ利便性の高いビジネスローンはそうはありません。またATMからの借入れだけでなく、電話やFAXを使い振込による借入れを希望することも出来ます。

急いでいる時はコンビニATMなどを利用して素早く、出かける時間がない場合などにはFAXや電話を使っての振込融資を希望するという様に、その時々によって借入れをさせてもらう方法を選択することが出来ますよ。

資金調達を手早く便利に行えるのがビジネスパートナーなのです。

提携ATMでの24時間入出金可能!

 当然現金の借入れは24時間できるのが一番ですよね。その点ビジネスパートナーは提携ATMでの24時間入出金が可能です。お近くのセブン銀行ATMでビジネスパートナーのカードが利用できます。仕事でなかなか銀行へ行けない時も仕事が終わった際にコンビニでの返済が可能となっています。また、限度額内であれば引き出す事もできますので、急な出費などにも24時間対応できます。

借入れした土木業や小売業の口コミは?

口コミから見るビジネスパートナーの利用者層は、土木業や小売業の方が多くいらっしゃるようです。

土木業や小売業などの事業者の方は、まとまった休みをとることはもちろん、日々の仕事の合間に銀行など金融機関に行く時間もなかなか取れないのではないでしょうか?

土木業の方は日中に作業をすることが必須ですので自由な時間というと夜間までとれないことも多いはずです。

小売業の方も、日中は店舗の経営があり合間をぬって時間をとるにしてもいつ店舗に戻らなければならなくなるかわかりません。

そんな日中、金融機関が開いている時間に忙しい土木業や小売業の方に注目されているのがビジネスパートナーです。ビジネスパートナーでは「原則として来店不要で郵送での手続き」が可能です。

24時間対応のネット申し込みを行った後は、必要書類を用意して指示に従って提出すればローンの契約が可能なのです。

口コミではこの点が非常に便利だと支持されており、上記のように忙しい事業主さんの強い味方として大活躍していることがうかがえます。

忙しい事業主さんだからこそ、ビジネスパートナーのような時間を気にせずとも契約を勧められる点を評価しているのではないでしょうか。

短時間でスピードある対応が期待できます!

  ビジネスパートナーの最大のメリットは借入れまでのスピードでしょう。限度額の高さも業界随一と噂ですが、至急現金を借入れしたい時に即応してくれる素早さこそ経営者の方が求めているものです。このサービスの根幹をなしているのがオンライン申込です。店舗に行く時間を丸々カットできるからこそ素早く審査に移行できるのです。どこに本拠地を構えておられる経営者の方でも素早くアクセスできます!

ユニーファイナンス

ユニーファイナンスのビジネスローンは、他のビジネスローンと比べて原則担保不要という設定がされています。

他のビジネスローンでは、担保を準備しないと審査に落とされてしまう場合も少なくありません。

少しでも多くの経営者に融資を行えるようにユニーファイナンスのビジネスローンは、担保を準備する必要は原則ありません。

事情に担保を準備することができない経営者の方も安心して申込を行えるように配慮されています。

担保を準備できない時でも!

ユニーファイナンスのビジネスローンに向いている法人もしくは個人事業主は、どうしても担保を準備できないという法人や個人事業主になります。

事情によって担保を準備できない経営者の方も審査に悪い影響を与えないで、手続きを行うことができます。

そして融資を受けられるチャンスが発生するので、ユニーファイナンスのビジネスローンに向いています。

更に融資を受けてから3年以内に完済できる経営者にも向いているのが特徴です。

経営者は『当日』のファクタリングを!

個人で事業をしていたり会社を経営していると、経営が厳しく資金不足になったり反対に規模を拡大するために当日に資金が必要になるタイミングはたくさんあります。

そういった場合に従来であれば経営者ローンが主な資金調達方法でしたが、最近はファクタリングも非常に人気があります。

ファクタリングはローンを組んでお金を借りるものではなく、すでにある売掛金を買い取ってもらう資金調達方法です。

融資ではないので資金調達までとてもスピーディーに行う事ができます。

ビジネスローンとの違いは?

ファクタリングとビジネスローンの違いは色々ありますが、実際に利用する場合に一番大きな違いは利息がかからない事です。

ビジネスローンは融資なので定期的に返済する必要があり、その期間が長引くほど年率に応じた利息がかかってきます。

ファクタリングは売掛金を買い取ってもらうだけなので、定期的に利息がかかるという事はありません。

買取時に手数料はかかりますが、借入の利率と比べると安くなっていて5%ほどから利用でき、継続してかかる事もないためお得に資金調達ができます。

独自の2つのメリット

ファクタリングの1つ目のメリットは、資金調達がしやすい事です。

売掛金を買い取ってもらうだけなので、個人で事業を立ち上げて間もない方や赤字決済が出ていたとしても、回収見込みのある売掛金さえあれば資金を調達する事ができます。

そういった事からローンを組もうとして断られてしまった場合でも利用できる資金調達方法でもあります。

2つ目のメリットは負債にならない事です。融資ではないので利用した事が信用情報に載ることがないため、気軽に安心して資金調達をする事ができます。

ファクタリングのTRY

何かの支払い期限が迫ってきて、急にお金を準備しなくてはいけないという時もファクタリングのTRYは、スピーディーな現金化を行っています。

最短当日にファクタリングを行えるように最善を尽くしてくれるので、急な事態にも申込完了することができれば、対応できるようになっています。

ノンリコースの安心設計!

ノンリコースのファクタリングを行っているのがファクタリングのTRYなので、多くの経営者から高い評価を獲得しています。

そして経験豊富なスタッフができる限り望んだ結果を出せるように取り組んでいるので、たくさんの経営者が申込を行っています。

財政上のメリットも!

ファクタリングのTRYは財政上のメリットとして、2社間での取引も実施しているのが特徴です。

秘密厳守を心掛けており、審査を実施しても問題ない経営者に一定額の現金化をを行っています。

そしてお金の問題を乗り越えられるようにサポートしているのが強みです。

女性でもいける!

女性でも審査を無事に通過することができた経営者や個人事業主は、ファクタリングのTRYからファクタリングをしてもらうことが可能です。

そして一定額のお金を獲得でき、発生しているお金の問題をサポートできるように取り組んでいるのがこの会社です。

掛かる手数料について

ファクタリングのTRYは、気軽に申込を行えるように5%からの手数料に定められているのが大きな特徴です。

その他にもむやみやたらと第三者に情報を提供しないように取り組んでいるので、安心して依頼を行うことができます。

株式会社オッティ

経営者の方にも人気のファクタリングによる資金調達を実施しているのが株式会社オッティで、審査は最短3時間、当日対応も可能なほどスピーディな対応を心掛けています。

2社間での取引にも対応しているので、プライバシーを守りながら資金調達を実施できます。

このような秘密厳守を徹底的に行っているので、多くの人から満足した評判や口コミを獲得しています。

365日いつでもスマートフォンで申込が!

納得した評判や口コミが多い株式会社オッティなのですが24時間365日いつでもスマートフォンで申込を行うことができます。

急にお金が不足した場合も株式会社オッティに申込して、無事に申込完了することができれば、最短当日にファクタリングをしてもらうことが可能です。

審査は最速レベルの高評価!

大きな特徴になっているのが審査が最速レベルの素早い審査を実施しています。

できる限り短い期間で、目的のファクタリングを行えるようにしているのが株式会社オッティです。素早い審査でも問題ないか判断しており、問題ない経営者にファクタリングを行っています。

この審査の部分に関して、高い評価の評判や口コミが目立っており、評価されているのが特徴です。

手数料も優秀!

多くの評判を見つけることができる株式会社オッティなのですが審査だけではなく、手数料も少なくなっているのが魅力です。

ファクタリングを実施する時、多くのお金を提供できるように少ない手数料が設定されています。

秘密厳守の2社間取引!

秘密厳守を心掛けている株式会社オッティは、2社間取引を実施して、ファクタリングを行えるようにしています。

口コミの中には秘密厳守の中で利用できているので、このように高い評価をしているケースが目立っています。

ファクタープラン

経営者の方が事業資金調達方法の一つであるファクタリングを行うならば、「ファクタープラン」という業者がおすすめです。

ファクタープランは“現金化スピード”が自慢の業者となっており、柔軟でスピーディーな審査を行う為に“最短5時間”という驚異的なスピードで売掛債権の現金化を可能としています。

「トラブルによって1秒でも早く資金を調達したい」という経営者の方にぴったりなファクタリング業者となっています。

担保・保証人不要!

ファクタープランは現金化に至るスピードだけでなく、利便性にも定評のあるファクタリング業者となっています。

ファクタープランは一社あたり最大3,000万円までという高額な売掛債権に対応していますが、これほど高額な金額のやり取りをするにもかかわらず、“担保・保証人不要”で利用できるのです。

これは、“売掛債権売買取引契約”である事によります。

借金ではなく、売買取引である為に経営者の方でも担保・保証人が必要ないのです(手形、当座口座なども必要ありません)。

10秒で無料診断が可能!

経営者の方がファクタリングをする際に気になるのが、自分の会社がどれだけ資金調達が可能なのかという点でしょう。

ファクタープランは、その悩みを素早く解決してくれる利便性の高い“無料診断サービス”を用意しています。

このサービスは公式サイトの専用フォームに、「希望金額」「都道府県」「翌月の売掛金は?」「翌々月の売掛金を選択」「種別」「売掛先への通知」「会社名」「代表者名」「メールアドレス」「メールアドレス(確認)」「電話番号」「携帯電話」「ご住所」「ご要望・お問い合せ内容」の項目に記入して送信するだけで、僅か“10秒”で診断できるようになっています。

事業資金エージェント

事業資金エージェントの現金化までのスピードは、当日入金はもちろん、最短3時間後に入金してもらえる可能性もあるほどのスピードとなっています。

また、ファクタリングを行うために対面審査を必要とする業者は多数ありますが、事業資金エージェントは“500万円まで”ならば対面審査や来店が不要で、全ての手続きをオンラインで完結させる事ができます。

仮審査だけでもOK!

ファクタリングによる事業資金調達を現在は必要としていなくても、将来的には必要とする場合があります。

事業資金エージェントは万が一将来必要となった場合に利用できるのかを確認するために、相談や仮審査だけを無料で依頼する事もできます。

欧米では一般的な手法で安心!

ファクタリングは日本ではまだ馴染みが薄い資金調達方法です。

しかし、欧米では1900年頃から本格的に導入された100年以上の歴史をもつ資金調達方法となっており、不動産担保融資よりもポピュラーな資金調達方法として広まっている実績のある手法なので安心して資金調達できます。

事業資金エージェントのような信頼性の高い業者を利用するとより安心して活用できます。

赤字状態でも可能性が!

ファクタリングは融資ではなく、売掛債権売買取引となっています。

このため、事業資金エージェントでは利用者ではなく“売掛先”を審査対象としているので融資を断られるような赤字状態の経営者の方でもファクタリングできる可能性があります。

(2社間取引きを利用する場合は利用者に対する審査も少しだけあります。)

売掛先が倒産しても大丈夫!

ファクタリング業者の中には売掛先から売掛金を回収できなかった場合、利用者から代わりにお金を回収する“償還請求権(リコース権)”を保持する契約を要求する業者もあります。

しかし、事業資金エージェントは償還請求権を放棄した“ノンリコース”で契約できるので、万が一売掛先が倒産して売掛金の回収が不可能になっても、利用者が代わりにお金を業者に払う必要はないので安心です。

資金調達プロ

資金調達プロは経営者の方でも最短当日に入金してくれるので、運転資金を緊急で準備するのに最適とも言えるファクタリングを利用したい方におすすめの信頼できるポータルサイトです。

このサイトでは現金を素早く調達できる金額が10秒でわかるカンタン資金調達チェックにより最適な方法を知ることが出来ます。

特にファクタリングに関しては毎月500社以上からの問い合わせがあり、この分野での実績もトップクラスです。

このサイトを通して調達を行った結果93%以上の企業で資金繰りが改善しているという実績がホームページでも掲載されているのです。

ファクタリングについての詳しい説明もあるので、売掛金はまだ手元にあるけどどうして良いかわからないという経営者の方でも安心して利用できます。

資金調達プロとは事業資金を手に入れたい企業にとって大変便利な存在なのですが、まだ創業してからの歴史は長くありません。

2010年創業と歴史が浅いにも関わらず多くの企業から信頼されているのは高いサービス内容のなによりの証しと言えるのではないでしょうか。

「資金調達プロとは?」とか、「本当に信頼できるの?」と思ってしまうのも仕方が無い面もありますが、既に多くのメディアでも取り上げられており認知度は日に日に増しています。

インターネットを利用して申し込みが行えるなど利便性の高いこの大手の業者は、これからの時代にフィットした現金の調達が行えるサイトと言えますね。

スピーディーに10秒で結果をお知らせ!

 資金調達プロはファクタリング界の最大手です。人気の理由は10秒で無料診断をしてくれる対応の速さです。法人経営者の緊急の問題を最速で解決してくれる可能性があるので、多くの事業者に支持されています。ファクタリングにより経営改善効果を感じておられる経営者の方は非常に多くおられますよ!

中小企業のパートナーとして

ファクタリングは特に中小の企業経営者にとって頼りとなる資金調達の方法です。

たくさんの売上が合ったとしても売掛金のままでは本当の意味で儲かったとは言えませんし、相手先にもしものことがあった場合は売掛金のままで消えて無くなってしまうかも知れません。

そうならない為にもファクタリングの利用をオススメしますが、どこの業者を選んでも良いわけではありません。

重要なのは希望の条件を満たし、最高のパートナーとなってくれる業者を見つけること。そしてそのパートナーは企業1つ1つにとって違ってきます。

資金調達プロが行っているのは、企業とファクタリング業者の間の橋渡し。借り入れできるか悩んでいる経営者の方も、無料診断はたった10秒で結果が出ますので気楽に決断ができます。

まずはこの無料診断を受けてみてください。複雑な手続きも必要とせずに、最高のパートナーを見つける事が令和でもできます。

新たな投資で一気に成長企業へ!

ファクタリングのメリットの一つは素早い取引で売却益をすぐに得られることです。

そして得た現金は自由に用いることができるので新たな投資を行う事ができるわけです。

経営者の方であればお分かりのように、新たな投資は資本を生み出し利益や利潤を生みだします。

逆に新たな投資が行えないと業績は現状を維持することもできません。つまり素早く現金を得て新たな投資を行い続けることが成長を可能にするのです。

資金調達プロを活用したファクタリングはその点で大きな役割を担えます。

最短当日に債権を新たなビジネスのための投資へと変化させることができるのです。

実績が明らかにしているように債券売買に関しては日本有数の規模を誇りますので、最短スピードでの現金化に最適なのが資金調達プロなのです。

新たな投資は新たな需要と供給を生み出しますので、一気に歯車を動かして成長へと舵を切ることも可能です。

そのための調達ならファクタリングを活用することをおすすめします!

貸付より負担が少ない!

 必要書類は最低限のものがいるのは当然ですが、貸付ではないため経営状況のチェックに多くの時間が不必要でトータルで提出書類は少なくてすみます。また赤字決算だと利用しにくいというわけでもないので、そうした点でも気楽に申し込みができます。メリットを考えると法人経営者の第一選択肢となり得るものです。

固定資産税や消費税の支払いにも!

ファクタリングは一時的な支払いに充当するのにも適した資金調達方法です。

例えば、多くの場合年に4回ある固定資産税の支払時期や、年度末の消費税の支払時期などには一時的な資金需要が高まりますが、そのような時にファクタリングなら最短当日に売掛金を売却して使用使途が自由な現金を得ることができるわけです。

もちろん、手元資金や預金が潤沢であればそうする必要はないかもしれませんが、往々にしてそうした時期には他の支払いも重なることが多いのではありませんか?

そのような時に売掛金を眠らせておくのではなく、ファクタリングにより有効活用することで、余裕を持った経営戦略を打つことができますし、事業本体に多くの経営資金を投下することもできるわけです。

税の支払いだけでなく社員のボーナス時期などにも有効な調達方法となります。

例えば資金調達プロを活用したファクタリングならば、最短当日・最大3億円までの買取ができるので不測の事態に対処するにも有用な存在となるはずです。

これからさらに普及が見込まれる調達方法ですので今からしっかりと信頼できる業者とつながりを持っておくのは10年先を考えてもメリットがあるはずです!

10秒でスピーディに診断してくれる!

 資金調達プロの良い所はやはり最短当日入金というスピードです。買取までの早さもありますが、簡易診断など契約までの前段階においても早いんです。ですから緊急を要する法人経営者の問題を解決するのに最適な場所と言えますよね!お手持ちの売掛債権が残っているなら手早く現金化してすぐに経営資金として注入することができますよ!

資金調達プロは現状が赤字決算でも問題なし

資金調達プロを利用する最大のメリットは現状にとらわれない資金調達ができるということです。

経営者で特に銀行などで融資してもらおうとすると赤字決算の場合は融資を受けられないことがほとんどです。

ピンチの時こそ融資してもらいたいところですが、審査に通らなければ資金調達は不可能です。

ですが資金調達プロなら、すでにある売掛金を買い取ってもらうかたちになるため現状が赤字決算でも問題ありませんし、他にも起業して間もない企業や個人事業主の方なども気軽に利用することができます。

知名度や実績が高くて安全!

 資金調達プロはファクタリングに関して毎月500社以上から問い合わせがありますし、業績自体もトップクラスとなっていますので、今後の企業再生、事業資金の貸し付けなどをスピーディに可能にしたい中小企業の経営者の方にもかなりお勧めができますよね。93%以上の企業で資金繰りが改善していますのも人気が高い理由の一つとなっています。

えんナビ

えんナビは、口コミにおいて審査時間の早さも評価されており、売掛金の当日現金化を掲げています。

入金も当日対応となるため、審査も金融機関の営業時間内に間に合うようにスピード対応となります。

そのほか、審査だけでなく契約手続きも約45分とスムーズに行われるため、資金調達を当日に行いたいという経営者の方には大きなメリットとなります。

評判となっている理由は?

えんナビは、ネット上の口コミでも評判となっており、安心して利用できるという点が評価されています。

運営会社名だけでなく、代表取締役の氏名や住所をしっかりと公開している点が評価されています。

ファクタリング会社の中には、会社名と住所が公開されているものの、代表者氏名が公開されていないことがあります。

代表者氏名が公開されている点は信頼性を評価できる情報になります。

利用者にとって必要な情報はしっかりと開示しているというわけですので、安心につながりますね。

また、えんナビでは徹底した顧客情報の管理に努めているため、資金調達を外部に知られる心配もありません。

利用者にとって不利益につながる情報はしっかりと守っているのも安心できる要素ですね!

顧客満足度の高さも評判の一つ!

口コミサイトでも評判の良いえんナビですが、顧客満足度の高さも評判の一つになっています。

公式ホームページにおける顧客満足度の掲載、他口コミサイトでの利用者の評価も高いものとなっています。

顧客満足度はある程度の実績がなければ数値とすることができないものの、えんナビの場合は顧客満足度から営業実績の豊富さも伺うことができます。

また、24時間365日対応を行っており、資金調達を急いでいるという法人や個人経営者にとって大きな強みとなっています。

えんナビの手数料はかなり低い!

えんナビが評判となる理由には、審査だけでな適用される手数料にもあります。

手数料は業界最低水準の5%からと2社間ファクタリングでは比較的に良心的な手数料からのスタートになります。

また、えんナビのメリットには買取対応となる最低額も少額である30万円から対応している点にもあります。

少額の売掛金の買取に対応している点は、小回りの利いた資金調達が行える点として評判になっています。

2社間で取引きができる!

ネットの口コミでも評判となっているえんナビは、2社間取引きに特化しています。

2社間取引きに特化することで、徹底した秘密厳守や資金調達までのスピードの早さを実現しています。

そして2社間での取引を選択したとしても償還請求権がなしでの契約ができるため、万が一取引先が倒産した場合でも自社に請求されることもありません。

2社間取引きに特化することで、取引先から債権譲渡に関する承諾を得る必要がなくなるため、資金調達までのスピードさらにが早くなっています。

Qpa

最短当日現金化が可能なQpa(キュッパ)は中小企業の法人経営者がファクタリングでの資金調達に対して求める要素を数多く満たした、選ぶだけのメリットがある会社です。

Qpa(キュッパ)を選ぶ最初のメリットは、メールでの相談や利用可能かの診断が24時間対応であることです。

相談可能な時間が経営されている会社と同じであっては、思う様にその時間も取れないかも知れません。

ですが24時間対応を行ってくれるキュッパであれば、その心配は必要ありません。一息ついたタイミングでメール相談を行ってみることが可能ということなんです。

ファクタリングで資金調達を行う際に気になるポイントの1つが「取引先に知られてしまうのでは無いか?」ということです。

ファクタリング自体は全く違法性があるわけではありませんし、国も認める資金調達の方法の1つです。ですが取引先に連絡が入って迷惑がかかるのを避けたいと考える方も多いはず。

その点キュッパは公式サイトにも「取引先への連絡なし」とキチンと書いてあります。

ファクタリングを行っていることや利用される企業の情報は秘密厳守。だから安心して利用することが出来ますよ。

さらには最短当日に資金を調達することが可能な、スピードというメリットも備えるQpa(キュッパ)は中小企業の法人経営者にとって理想的な会社かも知れませんね。

ファクタリング東京

ファクタリング東京では独自の審査方法を行っており、経営者の方でも最短当日に現金化が可能となっています。

また、仮に赤字決済の場合でも契約が可能になるケースも多々ありますので、審査に不安がある経営者の方も申し込みをしてみる事をおすすめします。

そして、2社間での取引きになっているのも大きな利点です。ファクタリングで現金の補充をする場合、3社間すなわち取引先に対し、売掛金に対する債権譲渡の承諾を得る必要があります。

しかし、ファクタリング東京なら2社間での取引きになるため、取引先から承諾を得る必要がないため、取引関係に支障を受けるリスクを回避出来ます。

最短で当日資金化

 法人経営者の方は特に銀行融資などの場合には融資を受けるまでに時間がかかってしましますが、ファクタリング東京の最大のメリットになるのが、スピード買取により着手から資金化までが最短の場合には当日に可能という点です。キャッシュフローの焦げ付きや資金不足により仕入れができない場合などで急ぎの資金が必要な場合に大変役に立つサービスです。

最大1億円の高額買取が可能!

高額買取も可能のファクタリング東京は最大で1億円まで資金調達が可能となっていますので、高額の資金がどうしても必要な経営者にピッタリの業者となっています。

ファクタリングサービス以外に商品買取サービスを行っており、過剰在庫や不動在庫、そしてブームで売り損ねた商品でも現金化することが、ファクタリング東京では可能です。

商品買取対象も幅広く、アパレル・貴金属・食品・貴金属・宝石・電化製品・日用雑貨でも現金化し、資金繰りを改善することが可能です。

製造メーカーや小売業者の場合、どうしても在庫が発生してしまいますが、適切な査定により資金調達が可能です。

赤字決算でも資金調達可能!

 銀行や貸金業者から融資を受ける場合、審査結果に業績が影響するため、赤字決算期では融資を受けられる可能性が低くなります。しかし、ファクタリング東京の場合は赤字決算でも回収可能な売掛金があれば、それを元に資金調達が可能です。結果として、資金繰りの改善に繋がり、新規契約の獲得も可能になります。

個人事業主でも利用可能!

ファクタリングをする事が出来るのは法人に限定されてしまう事がよくありますが、ファクタリング東京は企業の形式を問わないで幅広く対応をしているので法人だけではなく個人事業主でも利用する事が出来ます。

個人事業主でも資金不足になる事もよくあるので利用する事が出来るのはメリットになります。

また、10万円から最大で1億円までの買取が可能で、2社間取引き・3社間取引きも選べますので、比較的少額の売掛債権の買取を希望する中小企業や零細企業の経営者にもおすすめできるファクタリングサービスとなり、さらに早急に現金が必要な個人事業主もスピーディに利用可能となっています。

土木建築業での実績が多い!

銀行や貸金業者からの融資の場合、土木建築業は厳しく審査が行われてしまいます。

技術者の高齢化や資金繰りの悪化などにより、地方の土木建築業者は技術や能力があっても、融資を受けられないといったケースがあります。

また、新たな仕事に着手しようとしても、以前の仕事に対する入金がされておらず、仕事を進められないことがあります。

しかし、ファクタリング東京は土木建築分野での資金調達に於ける実績が多く、銀行や貸金業者から融資を断られても、売掛金が存在していれば最短当日に次の仕事への資金を得ることが出来ます。

土木建築業者が資金調達を検討する際は、銀行や貸金業者に次ぐ企業となります。

赤字決算の土木建築業者でも!

銀行融資やビジネスローンの場合には、赤字決算の場合には土木建築業者や個人事業主等関係なく審査に通るのが非常に難しくなります。

しかし、ファクタリング東京の場合には独自審査を行いますので、赤字決算でも創業1年未満でも審査に通る可能性があります。

従って、銀行から融資を断られた場合にも審査通過する可能性があります。審査不可となるのは、売掛金の支払期限が過ぎている場合となります。

ファクタリング東京で最短当日補充!

 経営者の方が事業資金で悩んでいるならファクタリング東京を使うことを検討してみてください。最大1億円まで買い取りしてくれるなど大型事業資金にも対応しています。売掛金をすぐにでも売却して現金化することができるファクタリングは経産省もお墨付きのしっかりとした経済活動ですので安心して利用できます。

信用情報が審査に影響しない!

法人や個人経営者でも銀行や貸金業者から融資を受ける場合、信用情報機関の登録情報を利用し審査が行われることとなります。

もし、取引状況および取引事実において事故情報があった場合、融資否決となってしまいます。

しかし、ファクタリング東京のサービスにおける審査は、信用情報を利用しないことから取引状況および取引事実於ける事故情報を気にするとなく申し込むことができ、現金の補充が可能です。

それと、起業年数やベンチャーに影響しないのも利点となります。起業年数が浅い会社やベンチャー企業といった場合、金融機関の融資は厳しい審査が行われます。

特に『起業し1年も満たない』、『目新しい事業を営む』といった会社の場合、書依頼性の面で不安要素があり、融資条件に不利になります。

しかし、売掛金が既にある状態であれば、起業年数やベンチャーといった属性に捕らわれることなく、資金調達が可能です。

償還請求権が無い!

如何にファクタリングサービスを利用した資金調達と言っても、売掛金が発生している取引先が倒産または事業継続困難となった場合は、返済を続ける必要があるものもあります。

しかし、ファクタリング東京は『償還請求権が無い』ため、取引先から売掛金の回収が困難になっても、自社が返済をする必要がありません。

そのため、取引先の倒産や事業継続困難、廃業となっても自社が債権回収により連鎖倒産するリスクを避けることが可能です。

黒字倒産を防げる!

個人事業の場合、取引先から入金されないことにより、収益が期待できるのに税金や金融機関への返済、社員への給与支払いが出来なくなり、倒産するケースがあります。

この際、取引先にも企業体力があり、事業を継続しているものの、自社だけが倒産するといったこともあり得ます。

しかし、ファクタリング東京を利用し、売掛金を即時に現金化することにより、黒字倒産を回避することが出来ます。

つまり、取引先の入金が自社の事業継続を左右しない状況を作り出せます。

最短当日に事業資金の補充ができる!

 どうしても経営に用いるお金となると時間と手間がかかっていましたが、来店不要で最大1億円までも最短当日準備できる可能性があるのがファクタリング東京です。話題となっている売掛債権の売却という調達方法を活用することで事業運営は一気にスピードアップすることも可能です!

三井住友ビジネスカード

 

経営者が利用対象である三井住友ビジネスカードは、海外キャッシュサービスなど様々な特徴と頼りになるメリットを持つ、経費の管理をスムーズに行いたいとお考えの経営者様に最適なビジネスカードです。

三井住友ビジネスカードは海外キャッシングサービスとショッピングでの一括払いでのカード払いにご利用いただけます。

従業員にこのカードを持たせる様にしておけば、出張時のホテル代の支払いなどでも現金は必要ありませんし海外で出張費が不足する様な場合もキャッシングサービスを利用すれば大丈夫です。

年会費にプラスすることによって複数名で利用することも可能です。

一般向けのクラシックカードの場合は使用者1名で年会費1,250円(税抜き)、1名追加するごとに400円(税抜き)の費用が必要となりますが充分なメリットを感じられるはずです。

しかも三井住友ビジネスカードにはカードには機能を追加出来るという特徴があります。

東海道新幹線のネット予約やチケットレスサービスが利用できるプラスEXサービスや法人用のETCカードを発行することが出来ます。しかもETCカードは一枚のビジネスカードに対して複数枚発行可能なのも嬉しいポイントです。

他にも海外旅行障害保険やショッピング保証を付けることが出来るなど、このカードを選ぶメリットはたくさんあります。ただのビジネスカードでは無い特徴ある商品をお求めなら、このメリットの多いカードをおすすめします。

また、メリットで注目をされているのは何といっても経理関連のシンプル化とコストダウンです。

なぜクレジット導入がそうしたメリットと関連があるのかというと、まずビジネスクレジットカードを導入することで諸費用を法人会計から一括して支払う事になるので、支払い管理が非常に楽になることです。

それに伴う費用と労力が格段に下がるのでコストダウンが見込めるわけです。

またおすすめする三井住友ビジネスカードなら、クラシック、ゴールド、プラチナと3つのクラスがありますので会社規模に合わせた選択が可能です。

ですから気になる年会費も1250円(税別)~とコストをそれほど気にしなくて良いので導入コストも少なくて済みます

そして利用に応じたポイント還元がありますので、使用状況によっては年会費を上回る還元を受けることも難しい事ではありません。

新たな技術やシステムを会社に導入することには一時的な苦労もあるかもしれませんが、発展につながる投資をしたいならスムーズな経理運営に役立つ借入も素早く可能の三井住友ビジネスカードをおすすめします。

ユウシサポ

日本政策金融公庫から低金利でお金を借りるときにユウシサポは便利に活用ができます。

ユウシサポは高額の資金を調達する時でもかなり迅速な対応をしてくれるので注目が高まっています。

クラウドバンク

クラウドバンク・フィナンシャルサービスなら融資限度額は最大10億円と大口融資が期待できるため、事業拡大や設備更新といった資金を調達することができます。

ネット申し込みも可能となっている上、融資可能かの相談はオンラインかつ無料で行うことができます。

資金調達をコンサルタント会社に相談する場合、相談料が別途発生してしまうものの、クラウドバンク・フィナンシャルサービスならその費用を抑えることができ、融資可否に対する不安を事前に解消することも可能になっています。



同ジャンル・関連ページ