Mentor Capital(メンターキャピタル)

Mentor Capital(メンターキャピタル)

① 30分で現金化が!

ファクタリングは融資に比べて断然スピーディに取引ができますが、Mentor Capital(メンターキャピタル)はその中でもスピードには自信を持っています。最短30分で審査が終わりますので即日利用も十分可能性があります。

 
② 来店は必要なし

メンターキャピタルはネットで申込みができますので来店する必要はありません。地方企業の方も利用が可能ですし、24時間いつでもアクセスできますので、忙しい法人の方にもおすすめです。

 
③ スピード以外の注目点

スピードの速さに加えて業界随一の手数料の低さもメンターキャピタルの魅力です。ですから債権を少しでも高く買い取ってもらう事を希望される方にも絶対に満足されることでしょう。

急いでいる時に選ぶべき基準は?

売掛金の売却による資金調達は、銀行やビジネスローンよりも短期間で現金を得られる可能性が高いのですが、どこの業者でも良いというわけではありません。

急いでいる時は…

選ぶべきなのは『即日対応可能』とホームページにもしっかりと記載している場所です。メンターキャピタルは即日の対応が可能なだけでなく、『最短30分』というスピードです。

審査結果が早く出れば、それだけ次の対応も行いやすくなりますよね。

ですから少しでも早く売掛金売却による資金調達を行いたいのならば、選ぶべきはメンターキャピタルのような対応が素早い業者ということになります。

ネットでの申込みの方法は?

Mentor Capital(メンターキャピタル)はパソコン・スマホのどちらからでもホームページ経由で申込み手続きができる『いますぐ手続きが始められるファクタリング業者』です。

ネットからの申込みは公式サイトの無料相談フォームから行えます。

24時間365日いつでも手続きが行なえるので、営業時間などを気にする必要もありません。

無料相談フォームに入力する項目は希望調達額・お名前・お電話番号・メールアドレス・問い合わせ内容)などを入れるだけです。

スマホからでも入力できる内容ばかりですから、問い合わせを行うのに手間もほとんどかかりません。

口コミでは多くの成功例がある

ファクタリング業者として人気上昇中のMentor Capital(メンターキャピタル)は、口コミでも『スピード・手数料の安さ・対応の丁寧さ』が高く評価されている場所です。

ファクタリングを利用したことがないという企業もまだまだ少なくはありませんが、「細かなことから親身になって丁寧に説明してくれる」と好評のこの場所なら安心です。

それでいて「即日で買取をしてもらえた!」「相談して比較してみたら手数料が他社よりも安かった」という声も多数ありますから、初めて売掛金の売却を行う場所としても他社からの乗り換え先としてもお勧めです。

業績が悪くてもまずはトライ

公式ホームページを見るとメンターキャピタルでは、直近の御社の業績よりも売掛債権の信用性を審査で重視しているようにも感じられますので、「業績が悪くて銀行融資の審査に通れなかった・・・」という企業も審査にトライする価値があります。

『お客様の売掛金の詳細をヒアリングし、スピード審査します』という記載が見つかるメンターキャピタルの公式サイトには、『回収見込みのある売掛金をお持ちならば、基本的にはご利用いただくことが可能です』とも書かれています。

つまり審査には、何よりも債権の信用性や実効性を大切にしているということです。

ですから取引実績がしっかりとある債権がありさえすれば、資金調達が行える可能性は充分にあるんです。

2社間取引に強いメンターキャピタル

売掛金の取引先に連絡などを行わずに、申込み者と買取業者間で現金化を行うのが『2社間取引』ですが、メンターキャピタルはこの実績が豊富なだけでなく、外部に情報を漏らさない『秘密主義』の情報管理もバッチリです。

ファクタリングの利用を躊躇してしまう理由の1つとして「取引先に知られるのが怖い」ということが挙げられます。

ですがMentor Capital(メンターキャピタル)は『取引先に知られること無く秘密主義での資金調達が可能です』と、サイト上のよくある質問にも記載している業者ですから心配無用です。

取引先に対して情報を漏らす様なことは決して無く、安心して資金調達を行うことができますよ。

2社間取引と3社間取引のどちらにもメリットがある

ファクタリングには、2社間取引と3社間取引があります。

どちらにもメリットがあり、2社間取引なら債権発行元に売掛債権の売却譲渡を知られずに利用できる上、発行元からの譲渡承認を得る必要がないため、資金調達までのスピードが速くなっています。

2社間取引なら売掛債権の回収により得られた代金を自社を経由してファクタリング会社に入金するといった方法になり、商品を販売し代金を貰って、仕入れ先に支払うといったフローと大きな差がありません。

一方、3社間取引は取引先の売掛債権の譲渡通知や債権譲渡の承諾を受ける必要があるものの、自社はファクタリング会社から売却した対価を受け取り、取引先がファクタリング会社に入金するといったフローになります。

代金の回収に自社が絡まない分、取引先の信用が買取査定や手数料に大きく影響し、買取手数料が低くなるなど資金調達コストを抑えることが可能です。

売掛債権の売却なので負債にならない!

ファクタリングは、銀行や貸金業者からの融資による資金調達とは異なり負債にはなりません。

売掛金は売掛債権となり資産となります。その資産を第三者に売却譲渡して対価を得るため、設備などに売却により得られる資金と同様の扱いになります。

決算書類の貸借対照表でも同じ資産の部で売掛金が減少し、資産が増加するといった形になります。

そのため、売掛債権を現金化しても、販売した商品やサービスの代金が回収されるのと同じ状態となり、資金調達を行ったと把握することもできません。

審査基準が融資とは異なるため幅広い方が対象

銀行や貸金業者から融資を受ける際、法人登記証明、決算書類の提出や会社の信用状況を基に審査を受けることになります。

その際、2期分や3期分といった決算書類が必要となり、起業から間もない会社が融資を受けることが難しくなっています。

しかし、ファクタリングは融資ではなく、売掛債権という資産の売却によりその対価を得る方法です。

そのため、売掛債権が発生している取引先の信用が重視され、定期的に取引を行っている会社があり売掛債権が発生していれば利用することのできる資金調達方法です。

建設業や土木業の売掛債権の扱いが得意!

Mentor Capital(メンターキャピタル)は幅広い業種の売掛債権に対応しており、年間300件以上の取引実績があります。

特に、建設業や土木業の売掛債権の扱いを得意としています。

というのも、建設業や土木業では、仕事を下請けに出す際に請負代金を前払いする習慣となっており資金を常に必要としているのですが、メンターキャピタルは365日対応している上に、最短3時間で資金調達できるスピード重視なスタイルが建設業や土木業には最適だからです。

売掛債権売買取引なので融資NGの場合も

Mentor Capital(メンターキャピタル)が提供している資金調達方法は、融資ではなく“売掛債権売買取引”、つまりファクタリングです。

このため、売掛先に対する審査を重要視しているので“融資NG”な経営状況であった場合も資金調達できる可能性があります。



同ジャンル・関連ページ