新入社員キャッシング

新入社員でもキャッシングできるの?

新入社員や新社会人の方が新しい生活を始めるにあたっては何かとお金が掛かるものですよね。

一人暮らしの方なら家賃や電気代、ガス代なども自分で払わなければいけません。

お給料で賄えれば一番良いですが、生活を始めたばかりの時は勝手がわからず、お金が足りなくなってしまう時もあるかもしれません。

そのような時に手早く借りれるキャッシングで給料日までのつなぎ資金を借りようという方もいるかもしれませんね。

初めてお金を借りる場合は「新入社員はキャッシング契約できるのかな?」という疑問が湧いてくると思います。

それぞれの会社によって申込条件や審査難易度に違いがありますので、当ページで新入社員、新社会人が安全に利用できるキャッシング会社の情報などを記載していきたいと思います。

新入社員は審査に通るの?

収入の高低よりも安定した収入が大切

ほとんどのキャッシング会社の審査条件には「安定した収入があること」と記載されています。

キャッシングの審査に通るかは本人の収入が一つの鍵になってくるのですが、この収入のかたちも重要で、年収の高低などではなく毎月安定した収入があるかどうかが判断基準となっています。

ですので、半年や2~3ヶ月に1度収入があるというような毎月の収入に偏りがある方の場合は通るのが難しくなってしまうことがあります。

逆に公務員などの場合ですと一般的な職業よりも安定性が高いため通りやすいと言われています。

また、勤続年数が長い方が審査で有利に働くと言われていますので、働き始めて間もない新入社員の方は不安に思うかもしれませんが、クレジットカードの利用履歴(返済遅れがないかなど)や勤務先などの情報を総合的に判断されるため、一概に勤続年数が短いから落ちるとは言えません。

そして、信用情報から見た返済能力があるかどうかという点も見られるため、他社からの借入が既にあるかどうか、過去の借入の際にトラブルがなかったかどうか、といった情報に基づいて審査されます。

他社からの借入が既に多い場合には、総量規制という収入の3分の1までしか借入ができない法律によって収入証明書類の提出が求められるケースもあります。

また、比較的厳格な銀行カードローンでは他社からの借入が既にある場合は契約が難しいということもあるようです。

しかし、先程も述べましたが審査基準は各社異なりますので、たとえ勤続年数が短い新社会人であっても契約に応じてくれる消費者金融があるかもしれませんので、探してみることをおすすめします。

関連記事:審査に落ちる理由と通るためのポイントを解説

希望金額を少なくしておくのもポイント

新入社員がキャッシングの申し込みをする時には希望金額を少なくしておくのも審査に通過するためのポイントとなります。

総量規制で年収の3分の1までと借り入れできる金額が決まっているので、高過ぎる希望を記入してしまうと不必要に審査が厳しくなってしまうこともあるからです。

返済可能な適度な金額を記入して申し込むのが良いですね。

虚偽の情報を記入しない!

審査に通りたいからと言って嘘の勤務先や勤続年数を記入しても虚偽の情報だということが分かってしまいます。その場合、悪質だと判断されて契約できない可能性が高くなりますので、自分の情報を入力する時には必ず正直に正確に書くようにしましょう。

在籍確認の電話の対策をしよう

言い訳を考えておこう

カードローンの申し込みをすると通常、在籍確認をする時に勤務先に電話連絡がきます。

新入社員の方が気にされることの1つとしてこの職場への在籍確認の連絡というのがあると思います。

電話をかける時は金融会社の社名ではなく担当者個人の名前で名乗りますが、職場でカードローンの利用をした経験のある人は在籍確認の電話と感づいてしまう事があります。

それで職場の人にバレてしまう可能性があるので対策をしておく必要があります。

職場の人に知られないようにキャッシングをする時は在籍確認の電話がかかってくる前にクレカを作ったなど何かしらの口実を作って職場の人に伝えておけばキャッシングの在籍確認と思われない事が多いです。

それでも心配という方もいると思いますが、そのような方は、オペレーターに相談することで代替案を提示してくれる業者も中にはありますので、まずは連絡してみると良いでしょう。

職場への電話連絡はなしにできる?

電話連絡での在籍確認がない

電話連絡なしのローンで契約を行えば、職場に内緒で借入を行いたい新入社員の方も安心です。

カードローンの使用には本人や職場への電話連絡での在籍確認が不可欠と思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。

実は、収入証明書類や社会保険証を提出するなどの幾つかの条件をクリアすることで、職場や会社への電話連絡を無しに出来る借入先が存在します。

その様な場所へ申し込みを行うことが出来れば、「職場にはばれないように契約したい」と思っている新入社員の方や「自分に電話がかかってくるのが嫌」と考えている方も手続きが行いやすくなりますね。

もちろん業者サイドが定める条件をクリアする必要がありますので、誰もが電話連絡なしで申し込みが行えるわけではありませんが、ご自身が利用可能かどうかを一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

また、職場への電話連絡なしで契約できるキャッシング会社もありますので、そのような会社で申し込みをするというのも一つの方法としてオススメです。

>職場への連絡なしで手続きできる業者

新入社員の借入先の選び方

顧客満足度が高い

新たな社会生活を始められた新入社員の方がキャッシングをするなら、誰もが名前を知っている様な大手の借入先を選ぶべきです。

大手の借入先をおすすめるのにはもちろん確かな理由があります。

まずは知名度の高さからくる安心感です。

誰も名前を知らない様な場所から借りるのは大きな不安を感じてしまいますが、有名な所ならその心配はありません。

また有名になるまでに成長したのは「サービスの質の高さ」があるからです。

「申し込みや契約手続きの行いやすさ・借入返済が手軽で無理無く行えること・様々なサービス&サポート」という利用者が求める条件を全て満たしていないと大手にはなれません。

会社での仕事に慣れるのにも大変な新入社員が借入を行うなら「安心安全な場所」であることが重要ですよね。

だからこそ、キャッシングするなら大手から行う様にしましょう。

SMBCモビットのWEB完結について

SMBCモビットのWEB完結

新入社員の方がキャッシングする場合、職場への在籍確認が心配という方が多いのではないでしょうか。

そんな時は、SMBCモビットのWEB完結申込がおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結申込は他社にはない原則電話連絡なし※で審査、契約が可能となっています。

WEB完結申込をするには2つの条件(三井住友銀行・ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行のどれかの口座がある、そして社会保険証または組合保険証がある)を満たしている必要がありますが、電話連絡を避けたい新入社員の方にはおすすめの借入先です。

※審査状況によって電話連絡をする場合がございます。

>SMBCモビットの詳細はこちらから

アコムは契約まで最短1時間

急な出費でお金を貸してもらいたいと思ったときにもアコムなら緊急時の対応もしっかり行っています。

ネットから24時間申し込みが可能なため、急な事態でも最短1時間で来店せずに契約を行うことができます。

そして休日などでも審査対応を行っていますので曜日を問わず契約してお金を貸してもらう事ができます。

また、会社への在籍確認や自宅への電話は何としても避けたいと考えておられる新入社員の方の相談にも親身に対応してくれます。

在籍確認の電話に関して言えば、絶対にできると断言はできませんが、口コミなどの情報を参考にすると、給与明細や社員証や社会保険のコピーで対応してくれたというケースが多く報告されていますので、一度相談してみることをお勧めします。

>アコムの詳細はこちらから



同ジャンル・関連ページ