妊娠中にお金を借りる

妊娠中はお金がかかる!

赤ちゃんがお腹の中で育っていくのは、一生に何度もない幸せな期間です。

もちろん大変な面が多いのも事実ですが、妊娠して出産するまでの時間はご夫婦二人にとって大切な思い出にもなるはずです。

ただ妊娠中から出産までには、忘れてはならない『お金の問題』が存在します。

慌ててお金を借りることにならない為にも、『出産までにかかるお金』について勉強しておきましょう。

出産までの費用はどれくらい?

妊娠中には『妊婦検診』を受けることになりますが、平均では1回あたり5千円程度で高い場合は1万円ほどになることもあります。

大きな差ですが費用が高めの産院は設備が整っていたりしますので、単純に費用だけで選ぶのはおすすめしません。

妊婦検診は出産までに14回が目安であり、初診料合わせて8万円から15万円ほどが必要になります。

次に出産にかかる費用は50万円程度と言われていますが、これは自然分娩で5日ほど入院した計算です。

帝王切開となったり無痛分娩を希望した場合は、10万円から20万円ほど高くなります。

この他にも母親学級に通ったり、マタニティウエアの購入など細かなお金が多く必要になります。

総額としては60万円から100万円ほどが必要になる可能性がありますが、ある程度の蓄えが無いとお金を借りることになりかねない額ですね。

費用を助けてくれる助成金について

少子化が進んでいる現代なのもあり、国や自治体も妊婦さん達を手助けするために『助成金』や『補助金』という形でお金を負担してくれています。

これらを上手く利用できれば妊婦中や出産時の費用を賄え、お金を借りる必要もなくなるかも知れませんよ。

妊娠中は費用をほぼ半額に抑えることができる『妊婦健康審査受診票(妊婦検診助成)』が役立ちます。

出産時には『出産育児一時金(出産手当金)』の申請をすることによって、最大42万円まで出産費を負担してもらえます。

とても大きな額ですし医療機関に対して直接支払いをしてもらうことも可能ですので、利用しない手はありませんね。

他にも入院費などが高額になった場合は『高額療養費』の対象となりますし、悪阻の影響で働けなくなった場合は疾病手当金を申請することも可能です。

助成金を受け取るためには早めの取り組みが肝心!

助成金はできる限り利用すべきですが、どのタイミングでどこに申請すれば良いかを知らないと得られるはずのお金が得られない危険があります。

妊娠がわかればすぐにでも妊娠届を市役所や支所に提出して妊婦検診助成の申請をすべきですし、出産育児一時金の直接支払いを利用する場合などは入院前に手続きを始めて、出産後には医院に対しての書類提出が必要になります。

妊娠中や出産後は色々と大変ですし、後から手続きしても認められない可能性もありますので、可能であれば子供を授かる前に手続き方法について一度調べておくことをおすすめします。

補助の対象にならない費用もたくさんある!

幾ら妊娠中や出産時にかかる費用が補助の対象になると言っても、全てがその対象というわけではありません。

例えばマタニティウエアなどの衣料品や入院中に必要になる日用品は補助が出ません。

他にも病院に検査を受けに行く際の交通費なども自費で支払うことになります。

他にも妊娠中のつわりがひどく点滴などの処置を受けた場合や、出産時に帝王切開など医療的行為が行われた際には健康保険の対象となり、3割を負担することになってしまいます。

出産まで母子ともに健康な状態が続くのが理想ですが、いつ何が起きるかわからないのも本当のことです。

思わぬトラブルでお金が足りなくならない様に、幾らかの蓄えをしたりお金を借りる用意をするのは必要かも知れませんね。

妊娠中の費用を節約できる?

妊娠中に必要な費用は、妊婦検診については多くを『妊婦健康診査受診票』によって賄うことが可能です。

ですがマタニティ用品などは自分たちで購入することになり、必要となるお金は思った以上になることも少なくありません。

ですが『リサイクルショップ』や『フリマアプリ』などを利用すればマタニティ用品にかかる費用は大きく抑えられます。

新品の半額から数分の1で済む可能性も大きいので、「長い期間使うものではないから」と考えてこれらの方法を選ぶのもありですね。

もし身近に先輩ママがいて、自分たちが使っていた物を譲ってもらえるとすれば遠慮せずにいただいて大丈夫です。

困った時は助け合いですから、元気な赤ちゃんの姿を見せてあげることでお礼とすればOKですよ!

スマホを使っている女性

妊娠中にお金を借りるなら?
おすすめのカードローンは?

妊娠中にお金を借りる方法を探している妊婦さんも、産まれてからの育児費用が足りなくなる事を心配する新米ママさんも、「生まれる前であっても出産時であっても借入可能」な金融機関があります。

これから親になろうとする方にとって何よりも大切な子供ですが、元気に産んで育てていくには妊娠中からたくさんのお金が必要です。

妊婦さんがお金の心配をたくさんしているのはお腹の中の子供にとっても良いとは言えませんよね。

そんな時には思い切って金融機関から融資を受けるのも1つの選択肢です。

少しずつコツコツと返済を行っていけば大丈夫ですので、急に支払いを求められるというようなことはありません。

カードローンで借りたお金は原則的に使いみちは自由です。子供が少し大きくなってから学校の入学費用に使っていただくのもアリです。

もちろん育児費用が足りない時でも使っていただけます。

子育てを続けていくのに費用の悩みは付き物ですが、不意のピンチに上手く借入を行えば悩みはかなり少なくなるはずですよ。

妊娠中の借り入れに

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。

一日でも早く貸付けを受けたい時は?

一日でも早く消費者金融の貸付けを受けたいならスマホからがおすすめです。

急に費用が必要になったら、今すぐにでも申込みを済ませてちょっとでも早く現金を受取りたいと思いますよね。

そうなったとき、PCから申し込むとなるとPCがある会社や自宅に戻らないと申込みができません。

特に会社のPCの個人利用は避けた方が良いのはすぐわかりますよね。

また、そうした使い方をすれば会社の人にバレる可能性も高くなりますので避けたいところです。

かといってカードローン会社から申し込むのも誰かに見られたらと思うと躊躇しますよね。

家に戻る時間や誰かに見られる不安を解消してくれる、便利でおすすめなのがスマホからのキャッシング申込みです。スマホならいつでも何処からでも可能です。

極端な話を言えば旅行先や出張中はもちろんのこと、通勤途中や買い物の最中でも契約が出来るという事です。

今の時代であれば財布とスマホは必ず持ち歩いていますよね。

スピード貸付けを受けたいなら、スマホからWEB完結で契約が出来る会社を選ぶ事をおすすめします。

もちろん、カードローン会社を選ぶ時はそこだけを見るのではなく、金利や返済方法などサービスを多角的に検討してみて自分にメリットの多いところを選んでくださいね。

妊娠している中でいくつもの業者を探すのは大変でしょうから、スピードと安定性で定評のある最大手の会社を幾つかピックアップして選ぶのが、妊娠中のおすすめの方法です。

>即日融資が可能なカードローンはこちらから

配偶者貸し付けがあるカードローン

妊娠中の方の中には仕事を辞めて収入がないという方もいるかもしれません。

現在、ベルーナノーティスのレディースローンでは配偶者貸し付けを行っているため、収入がない主婦の方でも配偶者と合せた年収の三分の一まで借入が認められています。

この方法は総量規制の対象外となっているため、配偶者の同意が必要ですが、収入が少ない方や専業主婦の方でも利用することができます。

>配偶者貸し付けがあるカードローンはこちらから

出産のための借り入れ

30代の男性ですが、妻が出産を迎え、急遽帝王切開にて出産になったために、予想していた金額よりも出産費用がかかるようになってしまいました。

支払った出産費用の内、ある程度の医療費はあとから戻ってくるとはいえ、退院時に一度出産費用を全額支払う必要があり、支払うことができるお金がありませんでした。

そのため、速攻で調べて契約したカードローンを利用して20万円借り入れて出産費用の支払いを行いました。退院後3ヶ月程度で医療費の返金がありました。

そのため、そのお金で返金を行い、3ヶ月の借り入れだったために利息もほとんどかかりませんでした。このように、後から戻ってくる金額がある場合の一時しのぎには非常に便利だと思いました。



同ジャンル・関連ページ