株式会社オージェイ審査

オージェイのビジネスローンの特徴

・即日審査・融資が可能

条件次第では即日審査・融資も可能なスピードとなっています。インターネットでの申込みが手軽にできるので、今すぐに借入をしたい事業者の方にはとても助かる対応の早さです。

・多様な商品プラン

「商業手形割引」「手形・小切手貸付」「無担保融資」「不動産担保融資」「動産融資」「売掛債権担保融資」「介護・診療報酬担保融資」の7つのプランがあるので、会社の状況に合わせて選択できるようになっています。

・大口の資金調達に

それぞれのプランによっても利用限度額は変わりますが、10万円という少額から1億円の大口融資まで幅広く対応しているのが特徴です。事業の拡大や設備投資、つなぎ資金など様々な面で便利に活用できます。

オージェイのスピードは?

状況次第で申し込みをしたその日のうちに審査結果を知ることができ、スムーズにいけば契約まで完了できるスピードとなっています。

経営者は、支払いを毎月きっちりと行わないと取引先から信頼を失いますし、会社の運営危機にも陥る可能性があります。

そうなる前に計画的にビジネスローンをして事業資金の不足分を補えば会社経営も安定しますし、信頼を失うこともありません。

申込みはウェブサイトからできるので、事前にミスがないように必要な書類は全てチェックしておきましょう。

申込みから融資までの流れ

① 問い合わせ

インターネットからの申し込みなら24時間365日受付していますので、時間がない経営者の方も隙間時間に手続きができますよね。

ホームページ上に応募フォームはコチラからというバナーがあり、そちらからお問い合わせができるようになっています。

② 面談

都合の良い日に来店をするか、来店する時間がなければ担当者が出張して面談を受けることができます。

この時に希望に沿った最適なプランを提案してくれます。

③ 審査

オージェイが長年培ったデータをもとに審査が行われ、原則として当日中に審査が完了します。

④ 契約

来店しての契約、または郵送にての契約となり、契約が完了したら融資が受けられます。

申し込みをしたら面談を受ける必要がありますが、担当者の出張でも対応してくれるので融通が利き、手間がかかりません。

必要書類

審査をスムーズに進める為、あらかじめ必要な書類は準備しておきましょう。

プランによって必要書類が変わってきますが、一つ例を出してみていきましょう。

無担保融資(ビジネスローン・事業資金融資)の必要書類

小切手・手形(法人の場合:代表者の担保)・登記簿謄本・決算書2期分(確定申告書)・印鑑証明・身分証明書・納税証明書・その他当社が必要と判断した資料

となっています。

無担保融資の場合は、ここに書かれている必要書類を最低限そろえておくとスムーズに手続きが進みます。

その他にも状況によっては必要になってくる書類がありますので事前に確認しておくと安心ですね。

融資対象

プラン名 融資対象
商業手形割引 法人・個人事業主
手形・小切手貸付 法人
無担保融資 法人・個人事業主
不動産担保融資 法人・個人事業主
動産融資 法人・個人事業主
売掛債権担保融資 売掛債権を持っている法人
介護・診療報酬担保融資 病院・介護事業者・調剤薬局・診療所

このようにプランによって多少違いがあることが分かると思います。

また、商業手形割引以外では『決算書2期分が必要』になので、必然的に2年以上の事業歴があることというのが条件になることが分かります。

金利・限度額について

プラン名 限度額 実質年率
商業手形割引 10万円~5,000万円 9.50%~15.0%
手形・小切手貸付 30万円~1,000万円 10.00%~15.0%
無担保融資 30万円~2,000万円 10.00%~15.0%
不動産担保融資 300万円~1億円 8.00%~15.0%
動産融資 30万円~2,000万円 10.00%~15.0%
売掛債権担保融資 30万円~2,000万円 10.00%~15.0%
介護・診療報酬担保融資 30万円~1億円 8.50%~15.0%

これもプランによって違いがありますが、どのプランでも15%を超えることがないので安心して利用することができます。

どんな時に利用するのが良いの?

オージェイのビジネスローンの優れているところを挙げるとすれば、他の融資方法に比べて急に資金が必要になった際に、すぐに対応できることだと感じている経営者が非常に多くいらっしゃいます。

審査の速さは業者によって様々ですが、他の融資方法に比べると非常に早く、即日中に融資も可能になっているのもメリットの一つです。

もう一つの良さは、一時利用に適しているという点です。

経営をされている方で資金繰りの問題に頭を悩まされたことのある方は少なくないと思います。

ビジネスローンは公的融資や銀行に比べ少し金利が高く設定されていますので、長期的な借入ではなく、あくまで次の融資が決まるまでの『つなぎ融資』『緊急時に対処するための資金』として捉え利用することにメリットがあります。

返済について

これもプランによって違いますが、無担保融資や不動産担保融資などでは、一括返済・一括返済・元金均等・元利均等・自由返済ができるようになっています。

ここで、300万円を15.0%で3年(36ヶ月)借りた場合の毎月の返済額は、103,996円となります。

500万円を10.0%で3年(36ヶ月)借りた場合の毎月の返済額は、161,336円となります。

このように事前に返済シミュレーションで計算しておくと返済計画も立てやすく、安全な借入れに繋がっていきます。

また、担当者に相談することでより細かく返済について知ることができますので気軽に連絡してみるのがおすすめです。



同ジャンル・関連ページ