夜職がお金を借りる方法

夜職がお金を借りる方法は?

キャバクラ嬢やホステス、水商売などの夜職の方が利用できるお金を借りる方法を掲載していきたいと思います。

お金がなくてどうしようもない時に節約して何とかなれば良いですが、それではどうしようもない時がありますよね。

そのような時は親や友人などに頼んでお金を借りたり、キャッシングやカードローンなどの金融機関から借入するという方法も考えられます。

しかし、夜職の方がキャッシングなどで借入する場合、審査に通るだろうか…と心配になる方もいるかもしれません。

ですので、キャッシングやカードローンの審査基準や利用できる職種や職業、雇用形態なども解説していきたいと思います。

それ以外にも使えるお金を借りる方法を夜職の方がを紹介していきますので、夜職の方は参考にして下さい。

夜職がお金を借りる方法一覧

夜職の方がお金を借りる方法として考えられる方法はこのようになっています。

・質屋
・消費者金融
・銀行カードローン
・クレジットカード
・郵便局
・親や友達、勤務先
・ビジネスローンの活用(経営者向け)

まだまだ方法があると思いますが、当ページではこの6つについて下記で解説していきたいと思います。

質屋

お金がなくて困っている時には質屋でものを売ったり、質預かりをしてもらってお金を借りるという方法も利用できますね。

キャバクラ嬢やホステスなどの夜職の方はお客様からプレゼントをもらうことがあると思うので、一般の人よりも質屋を有効的に利用することができるのではないでしょうか。

お客様からもらったアクセサリーやバッグ、腕時計、コスメ、お財布などを質屋に売る、または預け入れすることでお金を手にすることができますね。

質屋で買取りをしてもらう場合、お店や品物の種類、ブランド、状態、人気モデルかなどによって買取り金額が変わってきます。

最近はインターネットで調べれば自分が持っている品物がどれくらいの値段で売れるのかがおおよそで分かるので質屋に持って行く前に確認しておくと良いでしょう。

ブランド品の人気モデルで新品なら7割から8割、状態や品物によっては1割から6割というのが一般的のようです。

また、売りたくない大切な物だという場合は質預かりをしてもらうと良いでしょう。

質預かり(質受けとも言う)とは品物を担保としてお金を貸してもらうサービスです。

メリットとしては品物を持って行ったその日に短時間で融資してもらえることが多いです。早ければ15分というところもあるので急いでお金を工面したい夜職の方にも最適な方法ですね。(品物やお店によって違ってきます。)

デメリットとしては預かり期間が3ヶ月間と短いこと、その間に返済しないと預けた品物は質屋のものとなって流れていってしまいます。

また、質屋にも悪質な経営を行っているお店がありますので、そのようなところを利用しないように注意しましょう。

消費者金融

キャバクラ嬢や水商売関係の人ですと自分が審査に通るのか不安に思う方もいらっしゃいますが、キャッシングやカードローンの審査の際の一つのポイントは安定した収入が見込めるかどうかという点です。

ですので、キャバクラ嬢やホステスなどの夜職の人もお金を借りれる可能性があります。

キャバクラ嬢や水商売の人は仕事柄、化粧品や美容院代、衣装代やエステ費用などに投資されることが多いため、その分どうしても必要になるのがお金ですよね。

今月は少しお金に余裕がないという時にはどこかから借りたいという時もあるかと思いますので、このような消費者金融でお金を借りるというのも一つの方法です。

先ほど「可能性がある」と言ったのは安定した収入が条件となっているためです。もし、収入が多い月があるけれど全く収入が入らない月もあるといった場合にはこの条件には当てはまらないので、借入できる可能性が低くなります。

しかし、安定した収入は継続して勤務しているかどうかとも言い換えられますので、一定期間同じお店に在籍していて毎月少なくてもお給料を得ていれば可能性があると言えます。

キャッシングやカードローンでお金を借りる夜職の方はこちらから

銀行カードローン

銀行カードローンも消費者金融と同様に、安定した収入があることというのが条件となっている場合が多いので、毎月定期的な収入(給与)を得ていれば夜職の方でも審査を受けることが可能です。

銀行カードローンの特徴は、消費者金融よりも低金利で高限度額な商品が多いのですが、融資には数日から数週間かかることもありますのでもし利用するなら余裕をもって手続きをしましょう。

銀行とよく似た金融機関に信用金庫がありますが、信用金庫のカードローンも銀行同様、利便性が高いローン商品です。

しかも信用金庫は地域に密着した金融機関ですので、場合によっては銀行よりも有利な条件で借り入れを行うことも出来ます。

もしも自分に手頃なカードローンを探すならば、地元の信用金庫もチェックしてみると良いでしょう。

そして、一般的に銀行カードローンは消費者金融に比べると審査が厳しいと言われています。

なので銀行カードローンの審査に通らなかった夜職の方は、消費者金融の活用を検討するというのも一つの考え方ですね。

夜職におすすめのカードローンは?

カードローンといっても銀行や消費者金融、信販会社などが提供している商品が様々ありますが、キャバクラ嬢や水商売などの夜職の方におすすめしたいのが消費者金融を利用して借入することです。

なぜなら貸金業は銀行に比べると審査が柔軟でパートやアルバイトの人でも契約可能なケースがあり、キャバクラ嬢やホステスなどの夜職関係の人にも多く利用されているからです。

そして、消費者金融をおすすめする別の理由は女性向けの大手は女性に優しいサービスがあるからです。

インターネットから24時間申し込めるので勤務時間が変則的なキャバクラ嬢にも申し込みやすいというのも消費者金融の優れた点です。

もし既に他の金融機関から借り入れがある場合でも、消費者金融ならさらに借入ができるケースもあります。

その場合どうしても借り入れ金額は低めに設定されることが多いですが基準は各社異なりますので探してみてください。

しかし複数社から借り入れとなると返済スケジュールを管理するだけでも大変なので、くれぐれも計画的に借入を行い完済することを最優先に考えた借入をするようにおすすめします。

急いで利用したい夜職の方は?

申し込みをしたその日のうちにお金を借りたいなら場合は、銀行カードローンでなく消費者金融を利用しましょう。その理由は銀行カードローンでは平成30年1月から実質、即日融資が不可能となったためです。特にコマーシャルでも宣伝しているプロミスやアコムは安全ですし、最短60分融資も可能なので今すぐ貸し付けを受けたい際に利用してみてくださいね。

契約はインターネットが便利

キャッシングもインターネットから手軽に契約できますので、急いでお金を借りる事を希望される夜職の方には特にありがたいですね。

インターネットで申込から契約まですべてが完結している会社もたくさんありますので、「あの人があそこのカードローン会社に入って行ったのを見た」と噂される事もありません。

したがって、キャッシング会社を選ぶ際にインターネットで契約できるのかは要チェックです!

インターネットでも、申込の時間によっては即日が不可能な場合もあるので、申込される際には申込受付時間も合わせてチェックが必要です。

急いで借りる時はココに注意!

急がなければいけない!と気持ちが高ぶって、利率や貸付限度額などを見逃したり、メールアドレスを間違えて入力してしまう可能性がありますので、その点は十分に気を付けるようにしましょう。また、急いでと考えている人には安全な大手のプロミスやアコム、アイフルなどの業者がオススメです。返済シミュレーションも使えるので、計画的に利用していくようにしましょう。

必要書類は免許証だけで済む?

インターネットで申込み、審査時間の事も把握したら次は必要な書類を用意しておきましょう。

いざという時に急いで申込み、即日に借入できるように普段から用意しておくと慌てなくて良いですね。

では夜職の方がお金を借りるのに必要な書類とは何でしょう?市役所に行って手続きして貰わないといけないものはあるのでしょうか?

答えはいたって簡単です。少額の場合は、運転免許証があれば借入れ可能なところがほとんどです。

借入額が増えると、収入証明書のような書類が返済能力があるかどうかの判断材料となるため必要になってきます。必要書類が運転免許証だけで無理だとしても、市役所に行っての手続きは不要です。

運転免許証がないという場合は、健康保険証やパスポート、マイナンバーカードなども利用できますので自分が使いやすいものを選んで提出すると良いですよ。(但し、健康保険証はプラスして1点書類が必要な場合が多くなっています。)

免許がない時は?

急いでお金を借りる事を希望しても運転免許証がなくて無理かもって思われる夜職の方もいらっしゃいますが、身分を証明できるものがあれば今すぐにでも審査に入ることができます。また身分証明ですとマイナンバーカードやパスポートなども入りますよね。

バレないようにお金を借りたい時は?

家族や身内にバレないようにお金を借りたい夜職の方もいらっしゃると思いますが、どのような行動をしたら家族や身内にバレてしまうのかをもう一度確認してみましょう。

問題点として、郵便物や契約に関わる書類が自宅に届いてしまったという問題が一番にあげられます。

もちろん郵送物なしで大手の消費者金融なら借入ができますので、その点は心配しないでも大丈夫ですが、中小消費者金融は郵送での手続きが必要な場合が多いため注意が必要です。

上記で必要書類のことを記載しましたが、必要書類は各会社によって異なります。何が必要なのかをしっかりとウェブサイトで把握して安全な借入を試みて下さい。

こそっと貸してもらうための注意点

夜職の方もお金を貸してもらうことは家族にも知られたくないプライベートな部分ですよね。

だからこそ気になるのは郵送物や電話連絡で家族や会社の人にばれてしまうのかどうかということです。

有名なキャッシング会社はそうした悩みをよく理解しているので、こそっと内緒で貸してもらいたいという相談にしっかりと対応してくれます。

例えば、自宅への連絡を携帯電話への連絡に変えてくれたり、自宅への郵送の代わりにWEBで対応してくれることもあります。

また銀行口座を活用して借入れすることでお店への出入りをしないで済む方法もありますので、心配な方はまず電話やメールで相談してみてください。

そして、せっかくキャッシング会社と話し合ってこそっと貸してもらったとしても、返済が遅れてしまうと督促の連絡が来てしまう事もあるので、ばれずに借りるなら返済は遅れないようにしっかりと計画しておくことも大切なポイントです。

このように今は家族にも内緒でこっそりと貸してもらう事ができる時代なので遠慮せずに相談してみてください。

返済計画をしっかり立てよう

生活をしていると急にお金が必要になる場面はでてきますが、しっかりと返済計画をきちんと立てて借り入れすることで非常事態も回避されます。

上手に活用することで生活も潤ってくるので日常的にインターネットで借り入れができるキャッシングを活用している夜職の方も多くいらっしゃいます。

返済計画を立てたいけど計算が面倒だなと感じている人は返済シミュレーションが公式サイトに掲載あるので使用してみると良いです。

借入額、返済期間を入力するだけでOKなので便利です。計算が苦手でいつもどんぶり勘定だという人もぜひお使いください。

生活の中にキャッシングを取り入れることで快適な生活を過ごせるようになりますし、お金の心配をせずに過ごせることで毎日安定した精神状態になります。

緊急時の女性の借り入れにも

以前は店舗や自動契約機に足を運ばないとお金の借り入れはできませんでしたが、今では夜職の女性でもインターネットを利用すれば今すぐにでも即日融資ができます。

まずできるだけ早い時間に申し込みます。審査に対応してくれる時間が決まっているのでその前に申込をしておく必要があるからです。

なぜインターネットで手軽になったかというと、本人確認書類の提出はインターネットで可能となるからです。

スマホやデジカメなどで撮影したものをアップすればすぐに提出完了となり、即日融資が手軽にできるようになっています。

夜職の女性でも一定の収入があれば融資も可能になっている業者も多いので、現金が必要で早急に借りたい方は大手の貸金業者で借り入れして頂けたらと思います。

お金を借りるなら無利息サービスを活用しよう

お金を借りるなら無利息サービスのあるキャッシングがお得です。

「利息を払わなくていいの?」と驚かれる方もいるかもしれませんが、大手キャッシングなどが実施する一定期間無利息サービスを使えば、最大30日間は利子が0円となります。

無利息でお金を借りられるお得なサービスを実施しているのは大手キャッシングが中心です。

例えば、アコムやプロミス、アイフルなど知名度も高い場所ですのではじめての方でも安心して使えますよね。

中小キャッシングの一部でも実施していますが全体的なサービスを比較して考えると、大手の中から無利息サービスを実施している業者を選んで使うのがおすすめです。

このサービスの条件は?

無利息でお金を借りる事ができる条件は、各社の定めた基準によります。

しかし多くのキャッシングで共通しているのは『はじめての契約である』事なので多くの人が利用可能なんです。

プロミスはこれに加えてメルアド登録とWEB明細登録が必要になります。

でもこうした条件を満たすことはそれほど難しくありませんので、ほとんどのケースで初めての契約となる多くの方が無利息でのお得な利用を活用しておられるようです。

インターネットでの契約手続きでも十分に行えますので、一番早くてストレスの少ないネット申込から行うと良いでしょう。

プロミス

大手消費者金融のプロミスならスマートフォンやパソコンから24時間365日、土日祝日など関係なくその場に居ながら来店不要で申し込みが可能です。

仕事で忙しく休みを取れないという夜職の方でも、出勤前もしくは勤務中、勤務後でも申し込みができます。

また、審査や契約手続きだけでなく、融資も来店不要で行うことができ、急いでいる時でも安心することができます。

WEB完結サービスを活用すれば、窓口や自動契約機に足を運ぶ必要が無いだけでなく、友人や知人、会社の上司や同僚に目撃される心配もプロミスは通常無いといったメリットもあります。

振り込みキャッシング

プロミスの振り込みキャッシングは、「三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも最短10秒で振込み可能」となっています。

プロミスは時間制限はありますが、「瞬フリ対応口座」以外の口座であっても、振り込み依頼をしてから最短10秒というスピードで振り込み依頼をした当日にお金を振り込んでもらう事ができます。

準備するものはシンプル

プロミスは運転免許証やパスポートを本人確認書類として提出することができるので、急いでお金を借りる時も手間がかからずに準備できます。

シンプルな準備で収入や信用情報などに問題がなければ、お金の融資をしてくれるのがプロミスの特徴なのです。

また最短60分で全ての手続きを完了させる事ができ、融資を受けられる環境を作ってもらえます。

急にお金が必要になった時も問題なく対応することができるようにサポートしてくれるのが特徴になります。

カードレスでも利用できる?

プロミスでの借入れ方法は大きく2つあって、一つはプロミスのカードを使ってATMから借入する方法、もう一つはオンラインでの振込キャッシングを使って借入する方法です。

WEB完結契約をすることでカードレスでの利用も可能になり、カード発行を待つ必要もなくなるので、申し込みから借入までの時間をかなり短縮することができます。

もちろんだからといってデメリットがあるということもなく、利用明細もWEB上で確認できるので不自由なく便利に借りることができます。

口座の残高不足を解消できる

深夜や早朝に銀行口座の残高不足に気付き、急いで対応したいという時もプロミスの振込サービスはメリットがあります。

振込サービスなら会社や自宅に居ながら、残高不足により支払不能を防ぐことができます。

また、専用カードでコンビニATMで借り入れし、口座へ入金する際に発生してしまう手数料の無駄もありません。

振り込みサービスなら振込手数料となるため、急いでいる時でも節約することができます。

そのほか、プロミスの振り込みサービスの特徴である24時間365日対応の10秒振り込みが利用できる金融機関(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関)が多く、近くにプロミスATMがない、コンビニATMがないという際でも借入方法に困ることもありません。

アコム

急いでお金を借りる時にアコムを利用される夜職の方もいらっしゃいます。

アコムは申し込みをしてから最短30分で審査結果を知ることが可能ですので、急いでお金を借りたい方にピッタリです。

また、回答が出た時間にもよりますが、即日振込融資も可能となってきます。

自動契約機(むじんくん)や来店での契約の場合でも、事前に電話やインターネットで申し込みをしておくことによって、待ち時間の短縮が可能となります。

審査回答時間は、朝9時から夜の9時までとなっています。

アコムは返済をきちんとしてくれる人に対しては、きちんと評価してくれるので上限額を上げてくれます。

初めて利用する人は色々と不安を感じる部分があると思いますが、分からない事があった時には問い合わせをすると丁寧に対応してくれますし、対応の良さがアコムのメリットだといえます。

年利0円のサービス期間

アコムと言えば初回利用時、年利が0円になる30日間のサービス期間も嬉しいポイントです。

ただ、この期間が終わった後も実質年利そのものが3.0%~18.0%なので、返済プランがしっかりとあるのなら気軽に利用することができるでしょう。

また、返済が遅延してしまった場合にかかる延滞利息も1ヶ月ごとではなく日割で計算されるため、いきなり高い遅延損害金を請求されることはありません。

万が一返済の入金が遅れたとしても大幅に負担が増える心配をする必要がないので、夜職の方でも安心してお金を借りられるはずです。

日本全国利用ができる

アコムは全国で店舗や自動契約機を営業しているだけでなく、さまざまなコンビニエンスストアや銀行のATMとも提携しています。

そのため、北海道から沖縄まで日本国内であれば場所を問わずにキャッシングを利用できるでしょう。

ネットに接続できる環境であれば振込キャッシングを使って銀行口座経由で現金を手にするという方法もあります。

旅行中や出張中など遠出した先で資金不足になったときも、アコムならすぐに対応してもらえるのでとても助かります。

借りる時に準備するものは?

アコムでお金を貸してもらいたいという場合の必要書類としては、運転免許証やパスポートが必要です。

運転免許証やパスポートをお持ちではない場合は、個人番号カードまたは健康保険証などが必要です。

また、顔写真付きの書類ではない場合、追加で書類が必要になることもあります。借入れしたい金額によっては、収入証明書が必要になる場合もあります。

こうした書類はスマホから提出できますので郵送したりする必要はありません。

アイフル

アイフルは当日融資を受けられる可能性がある点がメリットです。

審査申込は、店舗・ホームページ・自動契約機・電話などからでき、店舗や自動契約機に行かなくても契約を完了させる事も可能です。

ウェブ申し込みならカードレスの振込キャッシングを利用することもできるので、アイフルの契約機や店舗が近くになくても契約後すぐにお金を借りることができます。

また、カードレスということはカードの郵送がないということですから、同居人に秘密で借り入れたいという夜職の人にもおすすめできるでしょう。

アイフルの実質年率は?

では利息を決める要素である実質年率はどれくらいなのでしょうか?

一般的な消費者金融では上限年率が20%という所も少なくありませんが、アイフルでは実質年率3.0%~18%で借りることができます。

他社よりも低い金利だけでなく、数年前と比べると格段に金利が下がって使いやすいものになっていることにも注目することができます。

利息負担がますます減ったというサービス精神の豊かさと、申し込みスピードが速いこともあって、緊急に借りたい人だけでなくお得に借りたい人にも支持されているのです。

また、おまとめローンにも応じてくれますが、このサービス「かりかえMAX」や「おまとめMAX」を利用すれば、実質年率は最大でも17.5%で消費者金融系カードローンとしては低い金利で借金をまとめることができますので、複数社からの借り入れで悩んでいる人にもおすすめできるサービスです。

クレジットカード

消費者金融が提供するキャッシングカードに関して一番のメリットは素早い審査時間、最短即日融資、必要書類の少なさ等の条件が際立っています。

収入証明書がいらないというのは心理的な負担も少ないですよね。

それに対してクレジットカードの場合には利用によるポイント還元が大きな利点となるでしょう。

もちろんこの還元率はカード会社によって異なりますので、お得かどうかは各自が調べてから入会しましょうという条件がつくのですが、一部には現金に近い使い方を出来るものも存在しています。

それだけでなく大手の会社のクレジットカードの場合、そこでの利用で現金より大幅にお得というのはもちろん、通常なら決して割引などがない公共料金なども、ポイントとして還元されるので少しお得な気持ちになれます。

また公共料金以外にも、最近では定期券などもカードで購入が可能となってきました。

この定期をカードで購入することで、やはりポイントが貯まり、定期で購入することの割引に加えてさらにお得に購入できるわけです。

他にも一部では優待割引があったり、海外旅行などをした際に満たすべき必要な条件がありますが無償で旅行保険がついてきたりと、かなり色々な特典があります。

そうはいっても年会費とかかかるんでしょう?と思われるかもしれませんが、最近は色々なカード会社が永年年会費無料という形で、無料発行をしています。

また一部の有料カードはその分、優待も強く、空港のラウンジが無料で使えたりもするので、多く旅行などをされる方でしたら有料年会費を払っても損はしないでしょう。

また、大手のキャッシングサービスにおいては、最近は関連する法律の改正により貸付金利が以前よりもグンと下がり利用がかなりしやすくなってきました。

無利息サービスを活用するなどケースによってはクレカでリボ払いをするよりもコチラの方がより少ない負担で利用できる可能性があるわけです。

それらを上手く使って賢く生活に取り付けていけば、これから更に満足のいく生活ができるようになるかもしれませんね。

大切なポイントは自分に一番あっているのはないかと考えてみる事です。使いすぎが心配であれば限度額を低く設定するなど対策を立てればそれほど大きな問題とはならないはずです。

郵便局(貯金担保自動貸付)

郵便局でも担保として総合口座で管理している担保定額貯金、または担保定期貯金を利用することでお金を借りれるんです。

引落としや引出しで通常貯金残高が足りなくなった時などに自動的に借入ができるサービスとなっています。

総合口座の通帳1つにつきまして限度額は最大300万円、預入金の9割以内となっています。この方法で10万円を貸してもらうには担保定額貯金、または担保定期貯金に約12万円以上を預入している必要があります。

例:担保定期(または定額)貯金に100万円預け入れしている状況の時は約90万円以内で借り入れできる

貸してもらった分は通常貯金の通帳にマイナス〇〇円と記載されます。

例:通常貯金に1万円預けてあって5万円引き落としがあった時は-40,000円と記入されます

WEBからの手続きは不可となっているので、郵便局やゆうちょ銀行に直接行って手続きをします。お店によっては平日のみの営業ということもあるため事前に営業時間をホームページで確認してから出掛けるのが良いですよ。

必要な書類は届け印、本人確認書類、総合口座通帳の3点です。

貯金担保自動貸付の金利は下記のようになっています。

・担保が担保定額貯金の時→返済時の約定金利(%)プラス0.25%
・担保が担保定期貯金の時→預入れ時の約定金利(%)プラス0.5%

利息の計算は「利息=借入金額×金利÷365×借入日数」となります。

足りなくなったらその不足分を自動で貸し付けしてくれますし、返す時も通常貯金に入金すれば自動で返済ができるため手軽に利用できます。ですが、使い過ぎや返済忘れなどがをしないように注意しましょう。

ビジネスローンの活用(経営者向け)

水商売などの経営をしている事業者の方もいらっしゃるかと思います。

個人として生活費などに利用する時には個人向けのカードローンを利用すれば良いのですが、そのような商品は事業資金として利用できなくなっています。

なので、事業資金として利用するならビジネスローンや銀行融資、日本政策金融公庫などをおすすめします。

急いでいる場合はビジネスローンがインターネットを利用してお手続きが可能ですし、借入金額にもよりますが無担保、保証人なしでお手続きるので最適だと思います。

特に短時間で融資を受けたい方向けにはノンバンク系がオススメです。

中小企業向けにバックアップ体勢もしっかり行っていますし、ご利用しやすいようにサービスを提供しています。

融資もすぐできるよう審査項目も銀行系と比べるとより早く行えるようになっています。

スピード面での優位性だけでなく、融資への積極性という観点から見てもビジネス向けノンバンクローンは注目すべきといえます。



同ジャンル・関連ページ