消費者金融の返済方法

消費者金融の返済方法や上手に返していくポイントは?

消費者金融などのキャッシングやカードローンでお金を借りる前に知っておきたいのが『返済』についてです。

返済を完了させるまでがお金を借りるということです。

ですから必ず押さえておきたいポイントとなるので、当ページで返済方法の約定や随時返済についてや上手に返していくポイントなどを解説していきたいと思います。

「約定」と「随時」2つの返済方法について

カードローンの返済は、約定返済と随時返済という二つの手法があります。

この二つにはどのような違いがあるのでしょうか?

またどんなメリットがあるのかも考えてみましょう。

まず、約定返済と言うのは、まず毎月決められた日(期日)に決められた金額を返していく方法です。

約定返済日は、期日が決まっている場合と、会社が定めた指定日の中から選ぶ場合と、日にちを自由に設定できる場合の3つがあります。

各社でそれぞれ決められていますので、契約の際にしっかりと確認するようにしましょう。

自由に設定できるようなら、給料が出た翌日など、返済に比較的影響がない日にちを設定すればお金がなくて返せないという状況を回避することができますよね。

約定の場合、期日より前に返済を行うと返済日に再度返さなくてはいけませんので、それがデメリットとなります。

それとは異なるもう一つの方法が随時返済です。約定で返済しつつ、更に余裕があれば返していくという方法です。

随時のメリットは、随時で返した分は全部元金に充てられるので利息が軽減されるという事です。

約定返済を守りつつ随時に余裕がある時に返していくというのが先ほど記載した通り随時のメリットですので、自分の都合に合わせて活用していくのが良いですね。

毎月の返済額はどうやって決まるの?

残高スライド方式のリボ払いの借り入れ先なら、前月の返済日が過ぎた時点での残高に応じて返済額が決定されます。

具体的に幾らになるかは借り入れ先によって違いますが、借り入れ残高が10万円以下なら2000円、10万円超え20万円以下なら4000円の様な感じで設定されています。

中には限度額によって返済額が決定される「元利込定額返済」を採用している会社もあります。

これは限度額が50万円以内なら1万円、50万円超100万円以下なら2万円の様に借り入れ残高に左右されない方式です。

どのカードローンも一括や随時返済に対応してくれます。

申込先がどんな方法を採用しているかを事前に確認しておくことをオススメします。

利息はどうやって計算するの?

今月支払う利息は幾らなんだろう?

そう思った時は「借り入れ残高×金利×借り入れ日数÷365」という計算式で利息を計算してみて頂けたらと思います。

例えば前月返済後の借り入れ残高が5万円だったとして金利は10%が設定されているとだとします。

そして次の返済日まで31日間あるとすれば計算式は「50000×31×0.1÷365」となり、結果は約425円となります。

この計算式を覚えておけば容易に利息を求めることが出来ますね。

ネット上にはカードローンの利息計算が出来るサイトなどもありますし、借り入れ先のサイト上でシュミレーションが出来たりもしますので、それらも有効活用するのもオススメです。

上手に返していくポイントは?

どうすれば上手に返済していけるのでしょうか?

そのカギは「最短で借りて最速で返す」という鉄則を意識しすることです。

こうした業者はほとんどリボルビング方式で利息を計算するスタイルをとっています。

わかりやすくいえば、借りた日数に応じて返済を行っていくという形です。

そしてそれを毎月いくらと決めて返していくのですが、リボルビング方式の特徴は毎月の負担が非常に少なくて済むことです。

しかしその分、完済までの期間が長くなり、結果として支払う利息の総額も増えていくことになるのです。

ですから必要な時にすぐに借りて、資金の目途がついたなら素早く一日でも早く完済することが一番最適なスタイルなのです。

これは事業利用、個人利用を問わずすべてに当てはまる鉄則と覚えておいてください。

ですから業者を選定するときには、まずどれくらいのスピードで資金を受け取れるかと考えてみてください。

次に、繰り上げ返済ができるだろうかと考えてみてください。同時に自分がいつなら返すことができるかどうかも考えてみることです。

一度にすべてをまとめて返さなくても、毎月少しずつでも規定額よりも多く返すということを意識してください。そうするだけで最終的には大きな違いへとつながっていくことになります。

随時返済を上手に使おう

随時返済は、『繰上げ・追加・任意・早期』返済などとも言われており、毎月の決められた返済金額に加えて余分にお金を返済する事を言います。

月々の返済額を増やした分、完済までの期間が早くなるので利息が減るという安心メリットがあります。

随時返済には借入したお金の一部を返済する一部返済と、借入したお金全額を返す全額返済があります。

随時返済をするにはATMを使った形やネットからも選べるようになってきていますが、各消費者金融によって、一部返済の場合、全額返済の場合、普段の毎月の返済方法がATMなのか、口座引き落としによるものなのかで事前に電話連絡する必要があるなど方法が異なりますので注意が必要となります。

利用手数料を確認しよう

もう一つの鉄則は上記にあるような繰り上げ返済に関連した点ですが、返済や追加の利用の際に手数料がいらないことを確認するという点です。

多くの会社では自社のATM利用なら手数料無料ということが多いです。しかし大手業者の一部では、コンビニATMを利用した返済や利用でも手数料無料となっているケースもあります。

毎月1回だとしても100円以上の手数料がかかります。こまめに繰り上げて返すことをするならば手数料だけで500円くらい損をすることもあるわけです。

ですから特に個人利用で借りている場合にはこうした要素も検討しておくことが大切になってきます。

特に自分が良く使う銀行やATMを考慮してみると良いでしょう。夜間などの時間外手数料もしっかりと確認しておいてください。

多くの人はまず金利や利用できる上限の金額などを意識するのですが、地味ですが、繰り上げ返済や手数料は大切なポイントなのです。忘れずにチェックしてみてください。

そうすればノンバンクなどの新興金融機関の利用も怖くありません。

むしろ便利でメリットや利点の多いあなたのツールになるはずです。使いこなすコツはまず正しい情報を手に入れる事です。比較して比べてみるのも大切ですので、そうしたまとめサイトを利用するのも一つの方法です。

返済が難しい時にはどうすべき?

支払いできない状況で計画的な借り入れを行ったつもりでも、出費が多かったりして返すことが難しい時もあるはずです。

こんな時に最も良くないのは諦めて放置してしまうことです。

そんなことをしてしまうと信用情報に傷が付いてしまうことになりかねませんし、遅延損害金を支払う必要も出てきます。

返済が難しそうだと思った時は、まずカードローン会社のコールセンターなどに相談をしてみてください。

借り入れ先によって対応は違いますが、相談した結果支払日を数日遅らせてくれるかも知れませんし、利息のみの支払いでOKとなる可能性もあります。

これらは全て相談しない限りはありえないことです。

資金不足で支払いできない時や返済のピンチを感じたらまずは相談。これが何より大切です。

プロミスの返済について

プロミスの返済方法はいくつかあります。

インターネットや口座振替、店頭窓口、プロミスATM、コンビニでの返済は手数料「0円」で利用できます。

このように手数料が掛からずに返せる方法がいくつもあるので自分に合っている方法を選んでくださいね。

銀行振り込みは振り込み手数料が掛かりますので注意しましょう。

返済忘れが心配な方は、口座振替や「返済日お知らせメールサービス」を活用してうっかりミスをなくしていくと良いですよ。

毎月、口座から自動的に引き落としが行われるので振込よりも支払いを忘れる危険も少なく、その上で手数料も無料です。

便利でお得な口フリは、インターネット会員サービスから申込みが行えます。

ATMに出向く手間も不要となりますので、プロミスで借り入れを行うのならオススメの方法です。

返済方式について

現金を借りるのは一度としても返済はその後コツコツと行っていきます。ですから借入先選びにはどんな返済方式が採用されているかが大変重要です。

プロミスは残高スライド元利定額返済方式が採用されています。

この方式は借入れ残高に応じて毎月の返済額が変動していきます。

例えば5万円の借り入れ残高であれば返済額は2,000円でOKです。もし50万円の残高であれば13,000円となります。

この様に残高に応じた返済額ですので、無理無く毎月の返済が行なえ完済までの期間が長引き過ぎる可能性も少なくなります。

返済方法は上手に併用!

プロミスの詳細な返済方法を調べてみるとお得に使うコツが見えてきます。通常は毎月一度口フリやATMなどを使った返済を行うはずです。しかし詳細を見ると随時返済はいつでも受け付けていることが分かりますよね。つまりできる時には小額であっても随時返済を行うことで元本を効果的に減らしていくことができるわけです。これが利息を減らす賢い活用方法です。

アイフルの返済について

アイフルの返済方法は『残高スライド型のリボルビング払い』が採用されています。

毎月1回決められた日に返済をするか(約定日制)、35日ごとか(サイクル制)を選択します。

借入額が10万円以内の場合は、サイクル制であれば5,000円、約定日制なら4,000円が毎月の返済額となります。

借入額が40万~50万円の場合は、サイクル制であれば15,000円、約定日制なら13,000円です。

このように返済期日ごとに一定金額を返していく形が基本形です。

この一定金額は、現在借り入れをしている金額から決められます。これはもちろん利息も含まれた金額です。

そして設定された金額以上であれば、その際に多く返すことも可能です。

20万円貸してもらう際の利息は?

急な出費で20万円を1か月(30日)キャッシングしたとします。その金融機関の利息(実質年率)が18.0%だったとしましょう。

その場合の計算式は20万円×18.0%(0.18)÷365日×30日=2959円となります。

20万円を借りるとしても1か月くらいなら大した金額にはならないですね。

ただ、ここで注意しなければならないのがこの利子は30日後に一括で返済した場合の利子だということです。

もちろん一括で返済できればそれにこしたことはありませんが大変なことです。

なので、大半の人はリボ払いで返していく形をとると思います。

そのときの返済方法として元利均等と元金均等があります。

まず、分かりやすい元金均等について話しますと、その名の通り元金を均等に分けるので、毎回返済の時には一定の金額とそれにかかる利息を返済します。

そのため、返済当初の返済額が一番高く、だんだん少なくなるのが特徴です。

元利均等は返済額が一定で、返済計画が立てやすい方法です。

利息と返済方法について述べてきましたが、キャッシングやカードローンを利用される人は、今後の事を考えながらご利用は計画的に行ってください。



同ジャンル・関連ページ