生活費不足

ランキングはコチラから

頭を抱えている女性

生活費不足の非常事態の時の
対処方法は?

生活費がどうしても不足して緊急事態に直面したというツライ経験が皆さんもあるかもしれません。

学生時代とか新入社員として収入が限られていた頃などの貧乏体験談を聞くこともありますよね。

「キャベツやもやしが主食だった」という男の人も昔はよくいましたし、泣く泣く彼氏からもらったブランドバッグを質屋やリサイクルショップに持って行って現金に換えたという女子もいます。

緊急事態の対処法は人によってそれぞれですが、厳しい時期を過ごした方は少なくないはずです。

そんな「生活費が足りなくて困った時にどうやって乗り越えましたか?」という質問をしてクチコミを集めてみました。

その結果を見ると、ピンチを乗り切るための見事な生活の知恵がたくさん含まれていましたので、今回はご紹介したいと思います。

資金の悩みの対処法や解決策をお探しの方や、みんなの苦労話を読んでみたい方もぜひ活用してみてください!

プロミス

プロミス

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利 4.5%~17.8%
1万円~500万円まで

お申し込みはコチラ

アコム

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円まで

お申し込みはコチラ

SMBCモビット

モビット

最短即日融資
来店不要
バレずに借入
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円まで

お申し込みはコチラ

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。【プロミス】※30日間無利息サービスは メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。【モビット】※SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

食費を削ったけど限界がきて…

転職活動をはじめて10ヶ月が経過しました。せっかく就職を決めた会社では、入社したその日から激しいパワハラが始まってしまい、残念ではありましたが即退職しました。

心もそうですが、酷使した体が持たなかったのですが本当に初体験でした。その間アルバイトを生活費のためしていたのですが車の車検やらなにやらでバイトだけではどうしても資金が不足してしまいました。

何とかしようと思い一番削りやすいと思える食費を極限まで削ることにしました。

どうやって削っていたかというと、皆さんは栄養不足になるからやらない方が良いのですけど、究極的な食事の節約法とは、水分に関してはインスタントの味噌汁と水道水で過ごし、食べ物は素うどんか玉ねぎのスライス酢味噌和えのみと言う無茶な行動をしていました。

もやしを使うのもコストを考えると良かったのですが、個人的な好みで玉ねぎにしました。

これをやった際、周りの皆の反応が驚き過ぎで、面白い反応有難うございますと言う感じでした。

そんな感じだったので本当にこれではやばいと思い、その時にCMでもやっていた貸金業者からから現金を借りました。不安もあったので、よくよくネットでメリットとデメリットを調べました。

初めて貸してもらう時は利息が30日間0円だったのですぐに返済すれば問題ないなと思い貸してもらう事にしました。

とにかく急場を何とかしのげてよかったです。そして無事次の仕事も決まりました。あんな食事は2度としたくありませが、人生の良い勉強になりましたし、良い話のネタになりました。

今度は仕事を長く続けられるように自分も気を付けて頑張りたいです。

生活費不足の時に何回か・・・

幸せな女性最初はお金が不足した時や、飲みに行くくらいの金額を借りて給料が入ったらすぐに返していました。

しかし、だんだんと飲みに行く回数も増えていき給料だけでは追い付かなくなりそうな返済額になったため、1度自分の生活を見つめなおし削れるところは削るようにしたところ(飲みや代やタバコ、お菓子など)半年くらいで返済することができました。

今までどんだけ無駄なところにお金を使っていたか知ることができました。

それでも今も変わらずかなりお酒は大好きですw味が好きというよりは、アルコールが回ったときの酔い心地が好きなのです。それほど量を飲まずに済ますとか安い時にまとめ買いするとか、今は工夫して自分で決めた金額の範囲内で楽しんでいます。

私の知る限り最もコストパフォーマンスの良いお酒は、2リットルパックに入った合成清酒で、スーパーで450円程度で売られているものです。

このお酒を買って、自分の好きなおつまみを自宅で作り、家でゆっくりテレビの映画を観るのが趣味になりました。

お金を借りるための場所である消費者金融は、使い方や限度を間違えなければ利用することに問題は何もありません。

自分の収入と照らし合わせながら使えば、生活を助けてくれるとても便利なツールなんです。

実際私は、それからお金が不足した時など(親戚の結婚式やお年玉など)に何回か借り入れています。あのころとは違い計画的に使用していますので別に生活が返済に追われるというほどの苦労もしていません。

自分に合わせて使えるのがキャッシングの便利な所なので、少しの金額から使用できるところが私には一番あっているようです。

限度額内で何度も追加で使ったり、返済も毎月一度だけでなく余裕があればいつでも返せるので、本当に自分のペースで使えます。

ATM手数料が無料の会社を使っているのでコンビニで遠慮なく使えるのもありがたいです。業者の良しあしもあると思いますので、大手で令和でも注目をされ続けている所を選んでおくとまず間違いないかと思います。

コンビニのATMから借り入れをしていました!

大学生の頃、百貨店のクレジットカードに入会して初めてカードを持ちました。

初めはショッピングの為に使用していましたが、ある日友人と食事の際、お財布にお金を入れてくるのを忘れてしまっていたので、初めてキャッシングを使用。

コンビニで手軽に借り入れが出来る便利さのおかげで、その場で恥をかかずに済みました。

その便利さゆえ、返せる範囲内で費用不足の時や給料日前などに不足の1万借りることが増えて行きました。

コンビニのATMから借り入れをしていました。初めのキャッシング限度額は20万でしたが、しっかりと期限までに返していくと信用性が高まって限度額が高くなっていくんですね。最終的には限度額50万まで借金させてもらうことができるようになりました。

なので、仕事の時間が少なくなってしまった時に生活費代わりに少しだけですがキャッシングを使用しました。ショッピング枠と合わせて最終的に100万まで貸付可能になりましたが、少額の借入で済んでおりまだここまでの金額に至ったことはありません。

上手に活用すれば本当に助かる存在ですし、今はなくてはならない大事なツールの一つです。

クレカの機能だけでなく単体でキャッシングカードを作るとお得なサービスもあるみたいなので、今度はそうしてみようかなとも考えています。

何がいいのかっていうと維持費や登録料も必要ないみたいなので気軽に作れそうな点です。

本当に不足して困った時にすぐに助けになるわけなので、自分にとっての保険という感じで一枚契約しようかなと思っているんです。

最近は契約後すぐに無利息期間が付くサービスがあるみたいなので、不足して困った時に申し込むのもいいかもです。

ショックを受ける女性

生活費が不足した時の乗り切り方は
実際の体験談を聞いてみました!

上記では生活費が不足した時にキャッシングを使用した方の体験談を紹介しましたが、ここからはそれ以外の方法でどのように生活費不足を乗り切っていったのか実際の体験談を紹介していきたいと思います。

生活していると突然の出費や何かが重なったりしてどうしても給料だけでは不足してしまう事もありますよね。

そんな時に貯金があれば問題ないですが、それが不足していて自分で賄うのが難しい場合もあると思います。そんな時にどんな方法で不足した状況を乗り切っていったのか聞いてみましたので、生活費が不足して悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

生活費がマイナスに!!

青ざめる女性とある月のことなのですが、なんてことなの!!生活費が足りない。というのもお祝いごとが立て続けに起こってしまったのです、どうして結婚式ってラッシュがあるのかしら・・・。

その月は一万円くらい不足してマイナスになりました。食べ物は、漫画のような生活なのですが、パンの耳をかじったりしていました。あともやしは本当に安くってボリュームがあるので、食費の節約のたしになりました。

休日、(私は土曜日や日曜日が休みなのですが)に単発のアルバイトを一回したこともあります。なのでトータルでいうと、マイナスは三千円の不足くらいには抑えられましたが。その分休日働いているので、体力的にも精神的にもとっても辛かったです。

日頃からコツコツためていても、お祝いごとがあると一回で三万円ぱっとなくなってしまうので、喜ばしいことなのだけれど、心の奥底からおめでとう!!!と思っているのだけれど、どうして、どうして重なるの・・・・またなの・・・と思ってしまいます。

互助会に助けられました

子供が3人いますが一番上の子供が小学校4年生の頃でした。風邪を引いて病院へかかりました。この子だけで済んだら良かったんですがそうは行きません。他の子にも移り3人揃って病院通いです。

食事が思うように摂れないので、早く良くなるようにと思い、なるべく栄養価の高い食事や熱があってもそれなりに喜んで食べてくれる果物を買って与えました。冬だったのでメロンやイチゴは端境期で結構な値段がしましたが止む得ません。

3人の病院代を含め予期しない大きな出費です。当時は給料が安く毎月貯金をする余裕が無かったので蓄えは殆ど0です。

給料日まで10日もあるので少なく見積もっても5万円は確実に不足してしまいます。

そこで職場に互助会があるので貸してもらう事にしました。5万円借りて事務費と利子は3千円でしたが助かりました。

引越しは予想以上!

引越しは大きなお金が必要なイベントです。余裕をもって費用を用意していまいしたが、予想外のエアコンの故障や大きな家具の階段での運搬による別料金の発生で、ぴかぴかの新居に引越したものの今月の生活費にも困る始末でした。少なく見積もっても2~5万円は不足して足りない状況でした。

そこで新居の片づけをしながら売れるものをフリマサイトで売ることにしました。

一回しか着ていない結婚式用のドレスやサイズの合わなくなった服。読んでしまった本。さらに新居ですっきり広々生活するために椅子や多すぎる食器なども売りました。

高価なものを出したわけではありませんし、すべて売れたわけではありませんでしたが、それでもまとめると3万円ほどの収入になりました。

結婚式シーズンだったことやマニア受けする絶版本あったようで嬉しい値段で引き取られていきました。

本来は引越し前に持ち物を整理して出品するのが理想的ですね。フリマアプリやサイトによって違いはありますが、入札が決まり入金されればほとんどすぐに現金が手に入るのでとても助かりました。

不足の資金を賄う事ができましたし、荷物の整理もできたし、良い機会になったと思います。

転職して貧乏生活

私は、高給の仕事を求めて、昼間の仕事を辞めてから長く水商売を続けていました。でも、年齢の事もあって昼間の仕事に戻ろうと思い転職活動をしていました。

無事に昼間の仕事に就く事は出来たものの、お給料をもらってびっくりでした。水商売していた頃の三分の一しか振り込まれていなかったのです。

生活の癖も抜けずに外食をしたり、洋服や化粧品を買ったりと遣い方を変えなかったのでクレジットカードの返済が残高が不足して追い付かなくなってしまいました。

貯金を切り崩しながら生活出来たのも半年が限界です。思い悩んだ結果、お弁当を作って持って行くようにしたり飲み物も水筒に入れて持参するなどの節約生活を始めました。

洋服もリサイクルショップで買ったり、自分の不要になった物はネットオークションに出品してお小遣い稼ぎをしました。

人間は現金が不足する事態にならないと生活を変えるのは難しいんですね。

残高28円!!

その時私は、自給800円のアルバイトをしていました。お昼休みに通帳記入をして青ざめました。給料日まであと2日です。お金が不足して本当に困りました。2日間の生活費が不足したのです。1日500円として約1000円足りていません。

でも幸いなことに、私がバイトしていたところは飲食店でした。まかないが出ます。そして私は恥も外聞もなく、お店に戻り皆に伝えました。「残高が28円しかなかったです」スタッフは苦笑したり「まじか!」と激しくリアクションしたりしました。

キッチン担当の人は「夜もまかない食べて帰る?」と優しく聞いてくれて、帰りには年下のスタッフがアイスをごちそうしてくれながら「そんなことでは、ダメですよ。」と優しく諭してくれました。

素敵な人たちと仕事していたお陰で、私はなんとかお金が不足した2日乗りきることができました。

1000円のために!

実際食べるのに困るほどお金不足になったことはないですが、あと1週間を1000円で過ごすとか程度であればよくあります。お金に不足して困って切り詰めるのはまず食事です。

お菓子などの嗜好品を減らしてもやしや豆腐など何十円単位の食材を購入することに集中します。

時には実家で食べさせてもらうこともあります。究極は1日3食を2食に減らすなど食べること自体を減らし、飲み物で空腹を紛らわせます。

また、ガソリン代を節約するために出かける事を減らします。友人と会うなんてもっての外です。必ず外食になるので。

それでも困った時は自宅にある物を売って現金にします。それでも何百円とかいうレベルです。結局は貯金に手を出すのでが、借金はしません。借金は意地でもしないことがお金に困った時の究極の選択です。

独身時代の口座に助けられました。

以前生活費が不足して家計が赤字になることがありました。主人の会社は月末締めの翌月末支払いです。

3月のお給料日で支払われるのは2月に働いた分になるわけですが、2月は他の月と比べて日数が少ないからか普段よりも10万程お給料が少なく一瞬焦ったことを覚えています。

自由になるお金は主人のお給料だけが頼りでしたが、生活がギリギリマイナスにならないなというあまり余裕のない家だったので、どうしよう…と頭を抱えました。

とにかく家中をひっくり返してお金になるものはないかと探したら、押入れの奥の方に独身の頃に作ってそのまま放置していた自分名義の銀行口座を発見しました。

その時の赤字分を補填するには十分な金額が残っていて、自分に救われたなーと感動しました。存在すら忘れていた口座に助けられ、その時に管理をもっとしっかりしておかなければなぁと反省しました。

でも、口座にお金を残しておいた過去の自分のことは褒めてあげたいです。

生活費が危なくなった時の話

今から10年位前の話になりますが、当時の私は趣味でパソコンの収集をしていた事もあり、月々の出費がかなりかさみ、ついには不足を補っていた貯金も底をついた事がありました。

そうなると当然、光熱費や家賃も不足して払えなくなり、滞納までするようになりました。

その時の不足していた金額はひと月に8万程度でした。会社で給料の前借りができれば良かったのですがそんな制度は私の会社にはないし、かと言って同僚や友人に借金をするのも躊躇われました。

お金関係のトラブルは人間関係を壊す元になりますからね。金融業者でお金を借りるのも嫌だったので、考えた挙げ句に両親に貸してもらう事にしました。

怒られましたが何とか滞納分の不足したお金を振り込んでもらう事ができ、次の給料日までの生活費も貸してくれました。総額で15万の借金です。無論、2ヶ月程度で完済しました。

それ以降は借金する事なく慎ましく過ごしています。

困った!支払いが足りない…

若い頃、かなりお酒が大好きで…家で飲めばいいのに、わざわざ外に出て飲んだくれていました。

勿論仕事もバリバリしてましたし、給料もその年頃ではかなりいい方だったのですが、飲んでは払いを繰り返し、悪いことにお酒が入っているから気持ちも大きくなってバンバン払っていると当たり前ですがいつのまにか口座からお金が減っていきました。

あるとき、どうしてもどうしても支払いが足りない!どう計算しても不足があって払えない!さてさてどうしたものか…考えた結果、私がしたことは保険の解約でした。

しかも掛けていた保険全てです。今考えるとバカらしいし後先考えていない行為なのですが、そのときは支払額は減るし返戻金はあるしラッキーと思ってしまいました。

勿論今は主人と自分の保険代をきちんと納めて、安心した生活を送っています。

資金が不足した時にこそ落ち着いて考えないとだめですよ。

友人だからこその質草

生活費が十分だとは現在も言えません。何度かピンチが現実に有りました。そのうちの一つを書かせてもらいます。そう、あれはまだ私が大学生の頃の話です。

アルバイトの苦学生でしたから現金不足は常でしたが、あの時は本当に生活費に窮していまいた。そこで借金を親友に申し込んでみたところ、彼は快く貸してくれました。

ですが。それを常態としないため、私なりの決意を彼に見て貰いたかったのです。貧乏学生でしたからろくな品物を持っていませんでしたが、私にとっては価値のある物を差し出したのです。それは近所の年上の友人から貰った記念切手のアルバム2冊でした。

兄を通じて受け取ったそれは国立公園を中心としたコレクションで、当時は切手に興味が無かった私でも立派に思える物でした。親友は最初は質草なんていらないよ、と拒みましたが私の精一杯の誠意だと感じてくれたのか、受け取ってくれました。

私の申し出た額は小さい方の福沢諭吉1枚でしたが(充分返せる額にしたためです)、友は大きい方を2枚差し出してくれたのです。あの時は本当に有難かった。

やがて給料日、彼に感謝を込めて真っ先にその足で返しに向かいました。無事、コレクションは戻りました。他人では絶対に有り得ない事なのだと自分に言い聞かせたのは言うまでもありません。

残念なことに私の友人はある理由によりその後音信不通になってしまいました。切手も家を襲った不幸により、もう私の手元にはありません。

ですが、友の尊い厚意によって救われたことは私の胸の中で現在も生き続けています。

お金を借りたい時はアコムが一番です!

アコムは急いでお金を借りたい時に一番だと思います。わたしは衝動買いが激しく、沢山頑張ってお金を貯める時期もありますが、ある時期にはアコムで借りる羽目になるくらいスパッと浪費してしまう事もあります。

アコムは最短で当日中に振込をしてくれるので、週末に資金がなくなった時に便利に感じます。低所得者なので、利子が安い消費者金融はかなり嬉しく感じます。

ちなみに先ほどお話しした通り、私は昔から典型的な浪費家です。欲しいものがあると、お金のことは考えずについつい買ってしまいます。大学生の頃は特に激しかったです。

本当に残高のことは考えず「やりたいことはやる」「欲しいものは手に入れる」生活でした。

20日連続で飲み歩いたり、バイトの行き帰りにタクシーを使用したり、身分不相応な洋服を買ったりして給料日の前日には全て使い切るようにしていたほどです。

今思うと本当にもったいない使い方をしていましたし、戻れるものなら戻って貯金したいです。ある時、給料日前に資金がなくなってしまいました。

その時の私が起こした考えは『アコムでお金を借りたい!』でした。と言っても2万円ほどです。

もちろん2万円貸してくれたアコムにはかなり感謝してますが、二度とお金が足りなくならないように気をつけました。結婚して子どもができた今は貯金の大切さを痛感しています。収入に見合った使い方をすれば良いだけの話です。

やはり急いで借りたい時は安全面にかなり優れているアコムのような令和でも注目され続けている業者が一番だと今でも感じています。

みんなで乗り越えよう!

1か月6万円分足りなくて、節約術をあちらこちらからかき集めてきて、それを駆使しましたね。子どもたちも満ち足りた中よりは、工夫も感謝もできるという信念のもと、家族みんなで共有して、みんなで乗り越えよう!です。

紙類は学校のお手紙もごみでなく、古紙リサイクルです。魚などはシールが貼られるのに合わせて夕方買いに行きました。すぐ食べるのでノープロブレムです。

冷蔵庫の食材で何ができるか、クックパッド先生のさらに応用バージョンを作りだし、安い八百屋さんで旬のものだけを食べました。おやつは分け合うか手作りで愛に満たされていましたね。

お金がないなら時間をかけて頭を使って、なんて素晴らしい教育でしょう!

数か月間の我慢だと自分に言い聞かせた

一時期だけですが主人の仕事がうまくいかなくなり数か月間でしたがお給料が半分ほどになってしまったことがありました。

子供の幼稚園代や住宅ローンなど絶対に支払はなければならないものを優先しました食費や光熱費など、どんなに切り詰めても7万円ほどは足りませんでした。

子供が幼稚園に行きだしたばかりで下の子は生まれたばかりだったので私が働くことができなかったので、数か月間の我慢だと思いできる限り生活費を切り詰め貯金を少しづつ切り崩して生活していました。

少しづつでも貯金が減っていくのは不安でしたが主人が働くのが嫌いなわけでななかったので数か月間は我慢しました。

これ以上は貯金の切り崩しが難しいと思った頃に主人の仕事が順調に再開するようになり安心しましたができることなら二度としたくない経験でした。

貧乏大学生

私は大学生の時ひとり暮らしをしていましたが、自身のバイト代と奨学金で学費と家賃と生活費を払うのは本当にギリギリで毎月足りるか足りないかだったので貯金はほとんどありませんでした。

そのため友達との遊びもセーブしており、楽しい大学生活を過ごせませんでした。

ただ、卒業旅行にはいきたかったため、大学の4年生の時にいつも以上に働き毎月3万円の貯金をしました。旅行の計画が進み、支払いをするときに貯金額の全てを支払ったために給料日の1週間後には手持ちの現金のみになってしましたした。

その月の生活費等10万円ほど足りなくなり、仕方なしに両親に出世払いという約束で20万円を借り、その月だけは豪勢な生活を送りました。

その後、両親は卒業祝いということで返さなくてもいいと言ってくれたので助かりました。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる