中絶費用初期

中絶費用初期の段階で
急いで資金が必要な時には!

初期段階の中絶費用として急いで資金が必要なんだけど、絶対に家族や知り合いにだけは知られたくない!とお悩みの女性の方もいらっしゃると思います。

今は急いで資金が必要な時でも、お金を貸してくれるカードローンや消費者金融もあるので迅速にお金を揃える事も可能です。

しかし、絶対に家族や周囲の友人に知られたくない時には特別に注意する点もありますし、銀行カードローンや消費者金融といっても各社で特徴が違うのでその点もまず最初に把握する必要がありますよね。

今回は、初期の中絶費用がどれくらいの金額がかかるのか、中絶費用を素早く借りれるカードローンや消費者金融の探し方、抑えておくポイントなどを説明していきたいと思いますので、今後急いでカードローンや消費者金融を利用したい女性の方は参考にしてくださいね。


 
レディースプロミス

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利 4.5%~17.8%
1万円~500万円

お申し込みはコチラ

アコム

最短即日
来店不要
30日間無利息
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円

お申し込みはコチラ

アイフルSuLaLi

最短即日融資
30日無利息
内緒で契約が
保証人不要
可愛いカード

お申し込みはコチラ

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資が できない場合があります。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。【プロミス】※30日間無利息サービスは メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

初期の中絶費用を用意するなら!

中絶費用は初期だと検査や入院費に交通費などを含めて15万円から20万円程度が必要だと言われていますが、親や知人にも妊娠している事や堕胎を行うことを絶対に知られたくないと思うのなら、消費者金融を利用するのが時間的にも負担的にも最適な方法です。

中絶手術を行うことは家族を含めて誰にも知られたくないですよね。そう思うなら自分1人で急いで資金を準備しなくてはいけません。

でも15万円や20万円という資金をすぐに用意するのが難しい方がほとんどのはずです。

そんな時は融資を受けるという選択肢があります。

大手の消費者金融を利用すれば即日でお金を借りることが可能ですし、利用目的は基本的に問われないので何の為に使うのかなど細かに聞かれたりする心配もありません。

交通費など必要となりそうなお金を全て借入でまかなうことも不可能では無いですよ。

返済は毎月数千円ずつ行うことも出来ますから、大きな負担にはなりません。

問題を後伸ばしにせずに急いで対処が必要な時には役立つシステムです。

レディース専用の金融商品や店舗に行かずに誰にも会わないで済むウェブ申し込みもありますから、妊娠時の体調に配慮しながら申し込めます。

手軽さにビックリ!

 初期の中絶費用を借りる時でも最近のカードローンはコンビニに行くときと同じようなスタイルで申し込みが完了してしまうので便利ですよね。免許証一つで申込に必要な書類が整ってしまうのもありがたい話だと思います。もちろん店舗に行かずにできるので、中絶費用を借りにいくために、わざわざ着飾ったりする必要もありません。手軽さと気楽さも一つの特徴ですので、初期の堕胎費用の借入れ時もスムーズに気負わずできるのが助かりますよね。

親バレしない貸し付けは書類郵送なしで!

初期の中絶費用を借りる時に親バレしないカードローンを利用すると便利ですが、書類の郵送などの複雑な手続きなしで手続きができるのか等の疑問も湧いてきますよね。

最近は、書類郵送なしで親バレしない秘密厳守の消費者金融が増えています。

やはり消費者金融の申込をしたいけど、申込した後や利用した後にカード会社から何か郵送物はこないかどうかが気になるので、申込をためらっているという人も多くいらっしゃいます。

貸金業者はお申し込み、ご利用後、何も書類郵送なしですのでご安心頂けるようなシステムになっています。

上手に活用することで生活のピンチも避けることができ、親バレしないですし、書類郵送なしで貸し付けしてくれます。

妊娠初期の堕胎にはこうした便利な金融機関を通じて費用を揃えるというのも一つの大きな選択肢となるでしょう。

ポイントはスピードの早さと内緒で利用できる便利さです。こうした要素を満たすのは業界でも最大手の数社に限定して選ぶことで十分に実現可能です。

中絶費用の借入はアコムで

アコムは婦人科系などの病院のために借入をしたい女性の方にも好評なサービスです。

初期段階での堕胎を行うとしても、低所得者にとっては処置や入院や通院にかかるコストはかなりの高額ですよね。

当然ある程度まとまった高額のお金を借りるとなると、返済時の利息が大きくなってしまいそうで心配になってきますよね。

特に初期段階であったとしても施術後の体調の回復などに不安をもつ方にとっては、返済の心配は大きいかもしれません。

そこで考えていただきたいのが大手が行っているような金利無料の期間がある場所を利用して利息負担を減らすという方法です。

例えばアコムでは30日間金利無料サービスを行っています。これは契約の翌日から30日間は金利0円で借入ができるサービスです。

この金利が0円になるサービス期間の始まりや適用条件はしっかりと覚えておいてください。

まず適用条件ですが、アコムでの契約がはじめての契約をした人が対象となっています。

もし30日以内に返済できれば金利は0円なので利息がつかず借りることができます。

ですから施術代を一時的に借りて、その後早い初期段階で完済すれば、早めに処置することで母体に生じ得る危機を乗り切ることもできますし、金銭的な面でも大きな負担を抱えずに済みますよね!

返済までの期間によっては、より金利が安いといわれる銀行系ローンを使うよりもアコムの方が利息が少なくて済む可能性もあるわけです。

大きな病院などであればATMなどが併設されているケースもありますが、場所によっては追加借り入れや返済も病院内で済ませる事も可能です。

スピードの早さとあわせて考えるとこの方法を選択する方が得をする可能性もありますよね。

少しでも負担を減らしたいなら物事を色んな観点から考えてみるのが大事だという事です。

ですからアコムの提供するサービスを総合的に考えると、特に短期的な利用を考えている人にはとてもおすすめの業者です!

スマホですぐに申込ができるプロミス

何らかの理由で中絶をしなければならない時があります。

そんな時に中絶費用を用意するはならば、大手消費者金融であるプロミスがオススメです。

中絶費用は妊娠してからの時間が経過すれば経過する程に高くなってしまうので、妊娠初期での施術が望ましいと言われています。

しかし、何があっても絶対に中絶をすると決心したにもかかわらず、妊娠初期ならば中絶不可能になるまでにまだ時間に余裕がある事もあり、躊躇いや迷いが生じて中絶をズルズルと先伸ばしにしてしまう場合があります。

プロミスならば病院に行くと思い立った瞬間に土日祝日であってもスマホやパソコンから利用契約申込をし、キャッシング申請をして中絶費用の用意をできるので躊躇いや迷いが生じる暇もありません。

最短即日融資とスピード対応

お金を貸してもらう時は、消費者金融ではなく、金利の安い銀行から借りる人も多いのですが、それでもあえてプロミスを選ぶ理由は契約までのスピードや瞬フリの即効性でしょう。

中絶などで費用を借りる必要が出て、できるだけ早急に用意しなければならない時もありますよね。

大手の消費者金融であるプロミスのカードローンでは、大手ならではの安心して安全に借りられるサポートとサービスがあり、更に資金を借りるまでのスピードも評価が高いです。

時間がかかりがちな審査も業界でもトップクラスの最短30分という早さで終えることができるるため、いざという時にとても頼りになるサービスです。即日融資も可能です。

また、携帯やスマホから振込を申し込めば、土日や祝日の夜だろうが最短10秒で振り込まれるという早さは、銀行では真似できません。

中絶までの予定が近付いてくると時間的な余裕がなくなるので、どこからでも申し込めて即座に振り込まれるという早さは、非常に助かるでしょう。

そして、プロミスの大きな特徴としてWEBで全ての手続きが完結してカードレスで契約できる方法があります。

この方法を取れば、郵送物もありませんし、カードの受取り方法に悩む必要がありません。

カードや利用明細書が自宅に郵送されてくると家族にキャッシングをしている事がバレるのでWEB明細を利用するとメリットになると感じている人も多いです。

わずかな時間で契約まで進める!

中絶費用を用意するならば、業界最速の審査時間である最短30分、そして諸手続きの時間を入れても最短1時間でキャッシングが可能になるプロミスがオススメです。

妊娠初期とは妊娠0週~11週までをいいます。しかし、人によっては妊娠3ヶ月や4ヶ月でも自分が妊娠している事に気がつかない人もいます。

堕胎費用を安く済ませられる初期に施術したいにもかかわらず、妊娠に気がつくのが遅れたため初期段階での施術の期限が目前にまで迫ってしまっている人でも、最短1時間で契約完了して即日キャッシング可能なプロミスならば中絶費用をすぐに用意して中絶手術を受けられるようになります。

返済負担を減らすサービスが充実!

妊娠初期段階での中絶費用は約15万円が相場とされています。これに施術前に行う診察や処置、施術後の通院などの諸費用が加わるので20万円ほどが必要になります。

プロミスは金利が17.8%となっており、消費者金融業界の中でも金利が安めの消費者金融です。

しかし20万円を全てキャッシングで賄った場合、金利が35,600円となり、馬鹿に出来ない負担となってしまいます。

ところが、利用者に上質なサービスを提供するプロミスならば、返済負担を減らすサービスを用意してくれているので安心してください。

プロミスは初めてキャッシングした場合など諸条件を満たせば、30日間無利息になる無利息キャッシングサービスを用意してくれています。

さらに、会員向けのポイント制度を導入しているので初めてのキャッシングでなくとも、ポイントを貯める事で無利息キャッシングサービスを受ける事ができるようになります。

金利が低いから安心して使えるアイフルスラリ!

 
金利は一律だから安心!

アイフルスラリは年利18.0%の均一金利ですので、計算しやすく安心して使えます。この金利設定も数年前と比較すると低くなっており断然利用しやすい環境が整っています。

 
金利が0になる!

話題の30日間金利が0になるサービスをアイフルスラリでも実施されています!ですからこれまで利用に踏み切れなかった女性の方も今がチャンスです!スマートフォンからの申し込みでもシンプルな手続きで契約を行えます。

 
ちょっとの金額をスマートに!

アイフルスラリは使いすぎを防ぐ工夫がなされており、初心者の女性の方が安心して利用できるようになっています。そして身分証明だけで契約が可能となっているなど手軽にスマートに利用する点で優れています。もちろんその日のうちに契約可能です!

最短『即日』で契約が可能になる!
来店不要で契約できるのでバレない
カードがオシャレで利用しやすい!
初めての方なら最大30日間利息0円!
使い過ぎる心配がない限度額設定

スピード 実質年率 限度額
最短即日融資 18.0% 10万円
対象年齢 保証人・担保 来店不要
20歳~70歳未満 不要 可能

 知名度が高いアイフルのレディース向けカードローンSuLaLi(スラリ)は安全に利用したい女性にピッタリの商品です。カードのデザインもキャッシングカードに思われないくらい可愛らしく作られているのでお財布の中を見られても安心です。

(※既にアイフルをご契約中のお客様は、ご利用いただけません。)

アイフルスラリ(SuLaLi)の金利は?

アイフルスラリは女性向け金融商品として特に安全で分かりやすいシステムだと評判になっています。

金利設定が分かりやすくなっていますので、その点を掘り下げて考えてみましょう。

アイフルスラリでは均一の貸出年率が導入されています。つまりいくら利用しても同じ貸出年率が適用されるいうことです。

通常であれば、他の金融会社では〇%~〇%と上限と下限の年利が設定されていて、利用期間や限度額によって適用される年利が状況によって変わるのです。

しかし、スラリは限度額が10万円までですので、「ちょっとだけ使いたい」という主婦やOLさんのための商品となっており、誰がどれだけ利用しても均一貸出年率で問題ないのです。

むしろ計算しやすくわかりやすいので利用者や初めて使うという初心者の女性の方からの評価は高くクチコミでも満足度が極めて高い結果となっています。

最短即日融資なので安心!

 アイフルSuLaLi(スラリ)は最短即日融資でスピードにも自信のあるサービスです。でもそれだけじゃないんですよ!低利で安心して使えますし最大30日間利子0円の無利息サービスなどお得に使うための工夫もなされていますので、メリットの大きなサービスなんです。

5万円を1か月借りた時の計算は?

では実際にアイフルスラリを使ってお金を借りた時の返済事例を考えてみましょう。

まず貸出年率は統されており年利18.0%です。ここでは5万円を1か月借りたと仮定して計算してみましょう。

スラリで30日後に一括返済したとすると支払う利子はおよそ740円程度です。とても少ないですよね!

仮に同じ金額をもっと貸出年率の低い他社で借りたとします。その会社では金利が14%だったとすると、この場合の利子は、およそ575円です。

4%の金利の違いでも支払う利子の違いはたったの165円しかありません!

つまり借りる金額が少ないケースでは、わずか数%の貸出年率の違いは支払う利子にそれほどの違いを生まないということなんです。

むしろ得られるメリットや総合的なサービスを考えると計算しやすい均一貸出年率を採用しているアイフルスラリを使う方がお得とさえいえるのです。

もっと言えばスラリでは初めての利用の女性の方であれば最大30日間無利息のサービスを提供していますので、銀行系ローンよりも短期間の利用ならお得に使えますので、それも魅力ですよね。

スラリの賢い使い方

均一金利を採用しているアイフルスラリを上手に使う方法についてここでは考えていきたいと思います。

先ほども考えたように少ない限度額では、わずかな金利の違いはそれほど差を生まないということです。

ではどうするのがお得な方法かというと、少しでも早く返すことです。そうすることで金利差を埋めることができるのです。

例えばアイフルスラリで5万円を1か月借りた時の返済時に必要な利息はおよそ740円でしたね。

では返済期間を半分の15日間とした場合はどうでしょうか。利息はおよそ370円です。

つまり年利14%の業者で借りた時よりもよっぽど負担は少なくなるんです!わずか2週間返済を速めるだけで他社を利用するよりもお得になるわけです。

これが賢く使うために一番覚えてほしい大切な事柄です。

アイフルスラリでは、できる時には多めに返済するという繰り上げ返済も可能になっていますので、これをうまく使って返済負担を減らしていきましょう。

初めての女性の方がちょっと使うのに最適

大喜びしているアイフルスラリの優れている点は、初心者に分かりやすく「ちょっと使いたい」という女性の方にピッタリのサービスを提供している点です。

均一貸出年率はその一つの例ですが、それ以外にも初心者に有り難いサービスがいくつかありますのでご紹介していきたいと思います。

まず初心者にうれしいサービスの代表が最大30日間無金利サービスです。

これははじめての利用の方が対象で契約翌日から最大で30日間貸出年率が0円になるというサービスです。

ですから「ちょっと短期間」だけの利用を考えている女性の方であれば、ほぼ利息負担ナシで使う事も可能なのです。

またアイフルスラリはWEB限定商品ですので、店舗に行くことに不安を感じる初めての女性の方にとっては、とても申し込みしやすい商品となっています。

おしゃれなカードデザインを採用するなど細やかな気遣いも初心者の女性の方にはホッとするものでしょう。

全体的に初心者の女性にうれしいサービスがちりばめられていますので、「ちょっとだけ使いたい」と考えている女子にはお勧めの安心と安全を兼ね備えたローンです。

利息をちょっとでも減らすためには?

適用貸出利率が低額のここで利息をちょっとでも減らすためにはどんな方法が有効となるのかも考えておきましょう。

利息は適用される貸出利率と借りる期間、借りた金額が関係しています。

言い換えれば一日でも早く返せば返済総額は少なくなりますし、借りた金額が少なければ少ないほど利息負担は大きく減ります。

限度額も10万円までと決まっている事を考えると、負担を減らすための最大の方法は一日でも早く元金を減らすことです。

そこで注目してほしいのが返済方法です。基本的にはリボルビング払いで毎月一定の金額を返していくことになりますが、余裕がある時には『随時返済』を利用するようにしてください。

随時返済とは、決められた毎月の返済日以外の時に返済することです。そうすることで効果的に元金を減らすことが可能になってくるのです。

でも注意してほしいのが返す際に発生するかもしれないATM手数料です。

わずか110円だったとしても利息負担を上回る出費になる可能性がありますので、口座振替などインターネットでの返済を選択するのも賢い方法です。

でも元々の貸出年利が低いここであれば、大きな借り入れ負担にはなりませんので安心して利用する事ができますね!

最短利用もできて無利息サービスも!

 女性向けサービスというと何となく安全性だけに目が行きがちですが、アイフルSuLaLi(スラリ)は金利も低く無利息サービスもあります。そしてスピーディーな利用も期待できるWEB限定商品でクイック審査を行う事でも有名です。口コミランキングを見てみると特に無利息サービスを行う業者に人気が集まっているようですが、その中でも安全性と低金利を兼ね備えたアイフルは常に上位にくる人気業者なんです。女性の方の利用に最適な使いやすさがありますのではじめての利用に最適です。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる