出産費用

出産費用は
どれくらいの金額がかかるの?

子供が生まれた女性生活していると何かと想定外のお金がかかったりしますよね。

食費や家電を買ったり、結婚、引っ越し、出産、育児、教育費、進学費用などなど・・・。

そんな時に何とかやり繰りして、節約や工夫をしてお得にお金を使いたいって思いますよね。

また自分が未経験の分野に関しては、予めどれくらいの費用や予算が必要なのかを知っておけば、そうしたイレギュラーな事態に対処する方法も考えておくこともできそうですね!

生活費と言っても細分化すると多くの分野がありますので、ここからは女性の多くが生涯に一度は経験する出産費用に論点を絞って記載したいと思います。

実際に経験した方に出産費用ってどれくらいかかるのか、お祝いでもらった金額がいくらぐらいだったのか、などを聞いてみました。

妊娠出産のときは保険がきかないので自己負担になっていますが、その代わりに一時金や給付金など様々な制度があるのでそれを最大限活用すると良いですよね。

実際に経験した人の話を聞いてみれば費用に関してどのような感じになっているか分かると思いますし参考になると思いますので読んでみてくださいね。

何かとお金が掛かる

妊娠・出産には結構お金が掛かります。毎回の妊婦検診は助成金があるといっても一回につき2000~5000円支払いました。出産も診療時間内か時間外かで費用が断然違ってきます。

私の場合は夜間に陣痛のピークが来て分娩が明け方だった為、夜間診療等の費用が加算されました。又、赤ちゃんが低体重児だった為入院扱いになり赤ちゃんの入院費も加算されたので総額は58万円になりました。

しかし、一時金42万円が直接病院に支払われるので退院時の支払いは16万でした。また、赤ちゃんの入院費も保険証が出来てから病院に行って手続きしたら戻ってくるので実際の費用は8万程でした。といっても一時的には支払う必要もあるので現金はある程度用意しておかないといけないです。

産んだ後は親兄弟、親戚や友人そして職場の上司や同僚からたくさんのお祝いを頂き、全部で20万程になりました。少し落ち着いたころに、ご祝儀の中から内祝いを送ったりして、最終的に手元に残った10万は子どもの貯金になりました。一人目の時はたくさんお祝いを頂きましたが二人目以降になると半分以下になり物凄い差を感じました。

キャッシングという選択肢も

出産費用は意外に高額であり、今では健康保険による出産費用の補助が受けられるといっても現金が足りないということがあります。

しかし、キャッシングなら利用目的は自由であり、産婦人科などの費用に利用することも可能です。

例え、健康保険からの補助支給は出産後となり、一時的な立替が発生した場合でもキャッシングにより費用を負担することができます。

発生する利息は利用した日数分だけ、大手消費者金融なら30日間の利息が無料と負担を抑えることができます。

また、健康保険や医療保険による支払までの繋ぎとして利用することもでき、保険会社からの支払後に一括返済しても発生する利息は最小限に抑えられます。

もし、手元に現金が少なく、予想以上の支払になる際、保険支給までの繋ぎ融資としてキャッシングは利便性があります。

 結婚式の前に借り入れをしたい方は? 

出産費用をお考えの女性も多いと思いますが、その後の結婚にもお金がかかりますよね。

でも長期的に利用できる場所で借り入れをしなければ後々不安になると思いますので、そんな時は結婚式の費用を低金利で借り入れできるローンを利用してくださいね。

>結婚式の費用を低金利で借り入れできるローンで

基本的に自由に使える

大手消費者金融のキャッシングなら利用目的は原則自由に使うことができ、出産費用に利用することができます。

目的別ローンの場合、利用目的が明確になっているだけでなく、支払先へ直接入金となります。

そのため、産婦人科の受診費用の場合、病院に支払う費用以外には利用できなくなってしまいます。

しかし、利用目的が自由なキャッシングであれば、病院への支払だけでなく、産前や産後に必要な物を買い揃える資金に充てることも可能です。

そのほか、病院までに移動する交通費にも利用することができ、急な陣痛でタクシーを利用する、勤務先へ公共交通機関を利用しているお父さんがタクシーを利用して病院へ駆けつけることも可能です。

全国各地に提携先がある大手

出産費用は予想外の金額になることもあり、用意した現金では不足することがあります。

このような場合でもキャッシングなら足りない分を補うことができ、短期間の借り入れなら無利息サービスを利用したり、それを超えた場合でも利用した日数分だけの負担で済みます。

また、全国展開する大手消費者金融であれば、日本全国に提携先があり、銀行ATMやコンビニATMから借り入れすることができます。

そのため、出産後の退院日になって遠くのATMまで足を運ぶ必要がなく、直ぐに退院の手続きを行うことも可能になります。

また、退院日の前日まで仕事で忙しく、残業していたという方でも24時間利用できる提携ATMを利用することで退院日当日に慌てることがありません。

アコムなら免許証だけで契約可能

アコムなら急いでいる時でも安心の運転免許証だけで契約できるといったメリットがあります。

運転免許証だけで契約できる条件として、50万円を超えないもしくは他社借り入れを含め100万円を超えないということがあるものの、初めてなら問題がありません。

特に急な出産で費用を用立てる必要があるといった場合でも、手元にある運転免許証だけで契約できるというのは安心感があります。

スマートフォンを利用してWEB完結で契約できるため、時間的な余裕が無いといった状況でも安心して申し込みすることができます。

さらに、審査時間は最短30分とスピーディーであり、当日中に借り入れすることも可能です。

全国どこでも利用できるATM

アコムなら利用目的は原則自由であり、出産費用として利用することもできます。さらに利用できるATMが充実しており、提携する金融機関ATMやコンビニATMも数多くあります。

最近では、大きな病院であれば金融機関ATMが設置されているだけでなく、コンビニにもあり、コンビニATMが設置されています。

そのため、病院で出産費用を支払する際に予想を超える金額だったとしても、速やかに現金調達できるケースも多く、わざわざ病院の外に現金を借り入れするために出るといった手間も無くなっています。

また、小さな病院でも近くにコンビニがあれば、遠くまで足を運ぶ必要がありません。

クレカ機能付きを作るのもアリ

出産費用は病院への支払だけでなく、入院に必要なものを買い揃える、出産前後に子供のために必要なものを準備するとったことがあります。

そして、アコムならクレジット機能付きのカードもあり、キャッシングよりコストを抑えることも可能になっています。

クレジット機能のカードなら、キャッシングのように利息を発生させないといったこともできます。

さらに利用した金額に応じて一定割合でのキャッシュバックが受けられるため、特に必要な物を準備することができます。そのため、出産費用を節約したい方にはおすすめです。

済生会病院での体験談

長男が生まれたのは、2007年5月です。私は肥満妊婦だったので、ハイリスク出産として、当時新設だった済生会病院での分娩を勧められました。微弱陣痛だったため、分娩時間は48時間で、2日間陣痛室に軟禁のような状態でした。46時間経過ごろに、陣痛促進剤の点滴を一本打ち、それで無事に生まれてきてくれました。

入院予定は通常の出産と同じ五日間の予定で、寝間着やタオル類、新生児のおむつや産着は全て病院の物をレンタルでした。ただ、産後三日目に、黄疸が強いということで血液検査後、長男のみ急きょ別入院となりました。二日ほど紫外線治療で、新生児室に隔離されました。最終的に母子ともに同時に退院できましたが、費用はおよそ64万円の請求で、当時はその支払いに大変苦労しました。

お祝いは、夫婦のそれぞれの親からと祖母からです。またお互いの叔父や叔母からのものと友人からのもので、合計するとおよそ12万円ぐらいでした。たまごクラブのような雑誌に、お祝いメモ帳がついていたのがとても便利で、いただくたびに記載していました。

そうした人たちへのお祝い返しに、バウムクーヘンや米などのカタログから選びましたが、正直お祝い金とトントンになってしまいました。

個室が落ち着きます

長男を出産するときは長女が幼稚園に通っているので、自宅から通える場所にある産婦人科の中から一番通いやすく評判の良い産婦人科を選びました。個人病院の産婦人科ですが、院内もとても綺麗で掃除も行き届いており、先生も助産師さんも親切で安心できる病院でした。

二人目なので5泊の入院でしたが最後の2日間を個室にしてもらって費用が40万円程でした。個室でなければもう少し安くなったと思いますが長女がお見舞いに毎日来ていたので個室にしてよかったです。

お祝いは長女の時と同じように義両親や親族の方たち、主人の会社の社長さんや社員の方たちからいただき全部で約40万円ほどでした。こちらも長女の時と同じようにすべて貯金に回しておいたので必要な時に使わせていただきたいと思っています。

お祝いを30万円いただきました

昨年春に娘を無事に産むことができました。実家の近くの産婦人科病院で、トータルで55万円ほどかかりましたが、健康保険組合から一時金が42万円支払われましたので良かったです。

また、直接支払制度を利用したので、私が窓口で払ったのは約13万円でした。分娩・入院費の基本料金は2人部屋利用で50万円だったのですが、娘を生んだのが18時を過ぎたので夜間加算として1万5千円かかりました

その他、娘が生後4日目に新生児黄疸になったので、その処置料なども上乗せされ、結果として5万円が基本料金にプラスされました。

そして、お祝いは双方の実家や親戚、友人、ご近所さんから計30万円ほどいただきました。実家からは10万円ずつ、それ以外の方からは1万円ずつもらいました。

妊婦生活のときは節約しました

妊娠している女性私たち夫婦が出産にかかった費用は全部で20万弱くらいでした。これには妊婦検診、出産費用、赤ちゃん用品を含んでいます。何度もある妊婦検診は助成チケットをつかってだいたい2000円くらいで、1度だけたくさん検査をして12000円かかりました。

費用は一時金で大半をまかなえますが、10万円ほどしました。妊婦検診と分娩費用トータルで15万円くらいでしょうか。

妊婦生活のときは極力節約を心がけて、マタニティ用の服などはほとんど買わずサプリメントやカフェインレスのお茶やコーヒーくらいしか買わなかったのも節約の面で大きかったです。

お祝いは赤ちゃん用品をいただくことが多く、自分達では赤ちゃん布団とチャイルドシートで2万円出したくらいでした。あとは親戚から現金で20万円ほどいただきました。

ロシアでの体験

ロシアでの出産は制度上は無料です。保険に加入し、かつ国立病院のみを利用した場合に限りますが、妊娠中の各種検査はもちろんのこと、出産・入院費も無料です。私自身も保険に加入し、国立の病院・産院を利用したので、費やした費用はほぼ無料でした。

なぜ”ほぼ”だったかというと、私は外国人なので、出産時に起こりうるトラブルを事前回避するため、赤ちゃんをとりあげてもらう助産医と”個人契約”を組んだからです。払ったお金は日本円にして3万円ほどでした。

お祝いは親戚・友人からおもちゃやお下がりの服、おむつなど色々なものをいただきましたが、現金はもらわなかったので0円です。その代わり、夫の両親には新調予定だった5万円ほどの日用品を買っていただきました。お金を送ることがおおい日本とは異なるロシアの習慣で、みんなが色々考えて送ってくれたのが分かるのでうれしかったです。

我が家の出産お金事情!

私が利用した病院では頭金10万円・一時金48万円の他に退院時に5~6万円は支払ったと思います。

地元でもサービスが良いため入院費が高いという話は聞いていましたが、スタッフの方々の感じの良さや食事やおやつのおいしさを考えると十分だったかなと思っています。

初めての出産だった事もあり、出産準備は私の実家でいろいろ援助してくれました。ベビーベッドから布団・衣類・ベビーチェアなど一通り揃えてくれました。

ベビーカーは主人の実家で買ってくれたので、自分達で買った物はチャイルドシートと抱っこ紐位なので約8万円位です。お祝いは両家や親戚からは現金で総額30万円位は頂いたと思います。

友人からは物のプレゼントがほとんどでした。方祝いというわけにもいかないので、親戚・友人への内祝いを用意すると残りは半額位になってしまいました。残った分は子供の口座開設の際に全額入金しました。

ちょっと得した気分に

私は双子を産んだのですが、だからと言って倍の費用が掛かったというわけではなく、一人産むのとほとんど費用は変わりませんでした

ですから出産そのものの費用は25万円くらいだったのですが、これ以外に出産までの2か月間、私が入院していたのでそれも含めると80万円近く掛かってしまいました。

そしてお祝いに関してはお金ではなく、ベビー用品でいただくことも多かったので、お祝いに頂いたお金だけを合計しても10万円にも満たなかったと思います。ただ助成金や保険で掛かった金額はほぼ全額返ってきました。

それに一回でも二人分の出産育児一時金を受け取れたので、ちょっと得した気分になった覚えがあります。でも一番幸せだったのは、可愛い我が子が一度で二人も我が家にやってきたことです。

以外とかかるものですね…

子供が生まれるのを楽しみにしている女性出産費用は、全体で45万ほどかかりました。親戚から使わなくなったベビー服をいただいたり、詰められるところは詰めました。マタニティ服は買わずに乗り切りたかったのですが、おなかがどんどん大きくなって無理でした。

下着もマタニティ用を買いましたし、以外と高いものですね。母乳が出なくて、調乳用のポットも必要になりましたし。ベビーバスなどレンタルで済ませたものもあります。

お祝いは合計30万くらいになりました。そのうち、夫の両親がくれたのは、10万円ですごく助かりました。子供のために全額貯金してあります。出産がゴールでは無くて、これから大きくなってくると、どんどん費用がかさむとおもいますから、しっかり貯めてあります。

サービスも含まれる

二人の子供を産んでいますがどちらの子供も個人病院を利用し、費用は約42万円ほどでした。もっと金額が安い病院も高い病院も探せばあったと思いますが口コミサイトで産婦人科を探したときに歩いて通える範囲にある評判の良い産婦人科に決めました。

評判が良いだけあって高額でもご飯もおいしく助産師さんも優しかったので満足しています。主人の両親から特に多くお祝いをいただきましたが二人の子供とも主人の両親と親戚、主人の会社の方々からのお祝いを合わせると40万円ずつはいただいていると思います。

出産は入院費だけでなく検診費や準備するものも多いのでいただいたお祝いはすべて子供たちのために貯金しておきましたがかなり助かりました。

一時金の有難さを実感しました

私の場合、費用は47万円程でした。妊娠前はとにかく出産にはお金がかかるというイメージがあり、通常分娩で大部屋で、と基本的な出産の場合どれぐらい支払うのか調べてみましたがやはりお金がかかるな、というのが印象でした。

また私は市外の病院で希望していたのでその場合はさらにに金額が上がる、また入院するタイミングが夜間や祝日だった場合にも金額の変動があると聞かされていたのでお金は少し多めに準備をしていました。

実際は出産育児一時金で42万円はサポートがあった為、退院日の支払いは実質5万円ほど。さらに超過した5万円分は後日付加金として振り込みがあったので、かかった費用はほぼ0円でした。

ありがたいことにお祝い金も親族から貰ったもの、旦那の会社から、親しくしていたご近所の方からトータルで20万円ほどいただきました。

また金銭ではなくかわいい洋服やスタイといったベビー用品をお祝いとしていただくこともありましたので、内祝いでお返しを出すのに半分以上は使っていますが、使わなかった分はようやく会えたかわいいわが子のおむつや洋服代に使わせてもらいました。

ホテルのようなサービス

先月子供が生まれました。30歳にして初産です。ドキドキの。姉や友達から話は聞いていたので、産婦人科選びはこだわりました。ホテルのような扱いをしてくれるお食事などがでるところです。なので、40万円くらいはかかりましたが・・・・。

ですが、人生に一度あるかないかの出来事なので、それくらい贅沢してもいいかな?と思い奮発しました。結果は、奮発してよかったです。出産が楽しみで恐怖とかそういうものがなく、楽しくお産にのぞむことができました

たくさん友人からお祝いをいただいのですが、お返しがけっこう大変でした。ありきたりなものばかりお返ししてしまいましたが。合計で200万円くらいいただきました。というのも、親、祖父母から、たくさんのお祝いをいただいたからです。

このお金は生まれてきた子供のために、貯金をして大切に使っていきたいと思います。

友人からのお祝い

私は26歳まで独身で、彼女は私より6つ年上の32歳でした。二人が出会ったのは友人の紹介で、第一印象ですぐにお互いが気に入りました。それからとんとん拍子で交際、同棲に至ったのですが、付き合って3年ほど経ち結婚しようという話になりました。

お互いの両親に挨拶し、式の段取りを決め、友人たちに祝われながら結婚しました。その後私たちは子作り、所謂「妊活」に入ったのですが、1年ほどでめでたく子供を授かりました。私が欲しかった男の子です。

友人らからお祝いをもらったのですが、だいたい5000~1万円くらいの間の金額が多かったと思います。それらを元でに私たちはベビーカーなどの育児に必要なベビー用品を買い、金銭的にあまり苦労することなく子育てに専念できています。

帝王切開の場合は?

私は身長が小さいのですが、赤ちゃんの頭が大きく、予定日を10日過ぎても陣痛が来なかったので帝王切開でした。市からの援助が40万程度でしたが不足分として8万程度払ったので50万弱かかりました。

後から生命保険で、帝王切開でも手術の場合は、保険が適応されることが分かり22万受け取りました。またお祝いは、友達や女性は服や物が多かったですが、親戚や会社の方はお金を頂くことが多く20万弱になりました。

内祝いで8万程使ったので、手元には12万程残り今後のために貯金しました。手術後は後陣痛も重なり、想像以上に痛みが激しかったですが、赤ちゃんは産道を通る苦しみは無かったので元気に産まれてくれて本当に良かったです。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる