資金融資

事業資金の融資をしてもらいたい経営者は!

資金融資を事業者ローンや消費者金融などでされている経営者の方もいるようですね。

確かに、事業者ローンや消費者金融は銀行と違い、即日融資に対応しているのでそのような考え方を持つ事業主も増えていて当然かと思われます。

もちろん会社設立以外にも会社を運営していく上で経営が難しい状況に直面することもありますよね。

その時でも事業者ローンなら借り入れまでの審査が素早く資金融資が可能になっています。

このサービスは、インターネットから手続きをすることができスマートフォン等から申込んだりすることができ、近年ではユーザーにとって利便性が向上しています。

忙しい経営者や社会人にとって、インターネット上から活用することができつので、日常生活や仕事上において資金が必要となる時には助かります。

また、昔からある金融会社は知名度が高いため、その他の金融機関と同じく使用する際は安心感を持つ事ができます。

コンテンツ一覧

おすすめの融資タイプは?

ネットで完結のお手軽タイプ

経営者の方におすすめの事業資金融資としてネットで完結できるタイプがあります。申込は24時間いつでも行えて店頭に行かなくても審査を受けることができます。大手業者では最短1日で審査が終わるなどスピードが最大の魅力です。

 
大口対応のしっかりタイプも

速さと同時に最大1000万円程度まで利用できるノンバンク系大手事業資金系業者もあります。やはりネットで申込みができますので、スピーディで大型利用もできるため中小法人の経営者にピッタリです。

 
個人事業主にはキャッシング

個人事業主の方には大手キャッシングもおすすめです。条件を満たせば最大30日間利息0円で使えるサービスがついているなどお得なサービスが魅力です。契約まで最短1時間とスピード面でも群を抜く速さです。

ビジネスローンについて

事業資金を調達する時にビジネスローンを利用する人も多いでしょう。

ビジネスローンは審査の難易度が低くなるので銀行と比べると事業融資を受けやすいと一般的に言われています。

しかし、中小のビジネスローンだとサービス面があまり良くない事もありますし、融資を受ける時の条件が悪くなってしまうケースも少なくありません。

ですから、ビジネスローンを利用する時はサービスが優れている大手の方がおすすめです。事業資金を調達する時は大手で借りる事を検討してみましょう。

利用する人が増加した理由

事業資金を調達する方法は、事業者向けローンやファクタリングなどがありますが、最近では大手のビジネスローンを利用する人が増えてきています。

大手のビジネスローンは融資という形で資金調達をする事が出来ますが、審査スピードが早いのが特徴です。

審査が可決されて契約手続きが完了すると融資可能の状態になります。

申し込みをしてから最短即日~数日で融資を受ける事が出来るので、早く事業資金を調達したい場合も大手で借りるのを選ぶ人が多いです。

担保や保証人は必要?

ビジネスローンの中には、担保や保証人を確保しなくても利用できるケースが増加しています。

どうしても担保や保証人を確保することができない法人や個人事業主にとって、申込に担保や保証人が要らないのはとても助かりますよね。

そして、そのように担保や保証人を必要としていない業者は、確保できなくても審査に悪い影響を与えないので安心してもらいたいです。

(※業者によっては法人の方には代表者様に連帯保証をお願いしている場合があります。)

ビジネス系カードローンの特徴

事業者系カードローン(ビジネス系カードローン)はビジネスローンとは違う特徴を持っています。

一つ目の違いは、「一括で借りる必要がない」という点です。

ビジネスローンなどは最初に一括で借りることになるので、追加で貸してほしい時はまた業者に申請しなければなりません。

しかし、事業者系カードローンならば、限度額の範囲ならば何度でも(申請なしで)利用できるようになっているので、最低限借りたい分だけその都度借りれば良く、借りる金額を最小限にできます。

理由の二つ目は、基本的に「カードに年会費や発行手数料不要」という点です。

事業者系カードローンはカードを必要としますが、基本的にはカードには年会費も発行手数料も必要ないので余分な出費がないので安全です。

カードは提携ATMなどで利用でき、業者によってはコンビニATMと提携しているところもあるので、そのようなところを利用すれば24時間使えるメリットがあります。

 

消費者金融からの資金融資

個人事業主の方が消費者金融の一般向けカードローンを利用するメリットとしては、借入までの手続きがシンプルで融資を受けられるまでの時間が早いことがあげられます。

ビジネスローンの場合は高額の融資の場合も多いこともあり契約から融資まで数週間かかる場合もありますが、一般向けローンでは早いところですと、最短で1時間ほどで契約から融資までを行う事も可能です。

ですので、例えば出費が重なって一時的にお金がピンチな場合などの少額の資金調達に向いています。

但し、注意点があります。

一つ目は、一般向けのカードローンは事業資金には使えない場合が多いので、使用使途をよく確認するようにしましょう。

二つ目は、一般向けのカードローンは総量規制の対象となっていて年収の1/3以上は借りられなくなっていることです。

このように一般向けの商品では、事業資金としては制限されていることがあります。

「事業資金として使いたい」「年収の1/3以上借りたい」と思っている個人事業主の方は、自営業者向けの商品が消費者金融から出ていますので、そちらを利用するのが良いと思います。

融資までの時間も最短即日ということが多く、事業費としても使えますし、総量規制の対象外となっているので高額貸付の可能性もあります。

実績を考えてください

多くの業者が「最短○○分」とアピールしてますが、あくまでこれは「最短」の場合です。小さな業者だと対応できる人員が少ないため、申し込みが多い時間帯などは待たされるケースも少なくありません。その点、昔からある業者ですと短い時間で契約まで至ったという多くの実績がありますので速さを信頼できます。

実質年率を必ず確認しよう

自営業(事業経営者)の方で、これから事業資金の補充のためにローン会社で契約する際には、当然実質年率をしっかりと確認する必要があります。

今は、警備員やベビーシッター、介護士など、様々な職業の方が早急な審査や申し込みができる消費者金融を活用していますよね。

信用のある職業の人なら借入限度額を高く設定をしてくれるカードローン会社もありますので、資金の悩みを抱えている方は是非ともご活用下さい。

利息に関しては、人気が高い貸金業者では実質年率3.0%~18.0%前後でという所も増えてきています。

そのような実質年率で早急に融資を実行して窮地を凌げることは助かりますよね。

ちなみに当サイトでは、実質年率が低い令和に注目のローン会社を選出し、その中でもおすすめできる貸金業者を紹介しています。

今後、早急に貸付をしてもらいたい人は、当サイトを参考にして自分に合った会社を選んでいっていただければと思います。

大事なポイントです!

 実質年率は比較する点で大切なポイントです。貸してもらう金額が大きかったり長期間使用していくほど、わずかな年率の違いも大きな影響となってくるからです。単に数字を見て比較するだけでなく、返済シミュレーターを使って実質年率を比較してみれば、実際の負担の違いもわかりますよ!

振り込みを依頼する方法

個人事業主の事業融資は、融資スピードが早い消費者金融の利用をおすすめします。

通常、経営者が事業融資を受けるためには銀行ローンの使用を検討する人が多いと思いますが、貸し付けまでに何度も店頭まで出向く必要があったり、提出する書類の準備が煩雑だったりと融資までに時間と手間がかかります。

ですから、急ぎで資金が必要となった時にはスピードの早さを考慮に入れて消費者金融を活用するのが便利なのです。

消費者金融の自営者向けローンの場合、事業資金として融資を受けることも可能ですし、限度額の範囲内であれば追加借り入れも自由にできます。

借入方法もキャッシングカードを作れば店頭まで出向かずに提携ATMなどで引き出せますし、口座振り込みで借入する方法もあります。

銀行ローンに比べると、借り入れ限度額は低めに設定されることが多いですが、消費者金融の早い貸付けと便利さを活用しない手はありません。

銀行ローンにも独自の良さがありますので、状況に合わせて銀行ローンと消費者金融を使い分けることが賢い選択ともいえるでしょう。

速ければ数秒です

口座振り込みは速ければ申し込んでから数秒でしてくれる業者もあるなど、スピード利用に適したサービスです。指定銀行であれば24時間対応で行ってくれるので、深夜や早朝などの時間帯でもあなたの要望に応じてくれます。方法もスマホやネットからすぐにできますのでおすすめです。

資金調達するならアコム?プロミス?アイフル?

個人事業主がキャッシングにより事業資金を調達する場合、銀行や貸金業者の多くが事業資金への利用は対象外としているケースは少なくはありません。

しかし、アコムとプロミス、アイフルでは個人事業主が資金調達できるキャッシングを取り扱っています。

アコムならビジネスサポートローンがあり、最高300万円の限度内で繰り返し利用することができます。

一方、プロミスでは自営者カードローンがありこちらも最高300万円の限度枠内で繰り返しの利用が可能です。

アイフルは事業サポートプランがあり、この3社の中で一番高い500万円の限度額となっています。

実際にどれが良いかと気になるものの、サービスにおける差はほとんどありません。

申し込んだ当日に利用できる可能性もあり、急な資金調達に対応できるキャッシングとして3社ともおすすめです。

金利で選ぶなら、プロミスは実質年率6.3%~17.8%となっており、アコムは実質年率12.0%~18.0%(100万円以上の場合、12.0%~15.0%)、アイフルは実質年率3.0%~18.0%、このように比べると違いが分かってきますよね。

一方、返済期間で考慮するのであれば、アイフルは最長10年(120回)となっており、アコムは最終借り入れ日から最長8年7ヵ月(89回返済)、プロミスは最長6年9ヶ月(80回)となっています。

資金を用立てるなら最大手で

資金融資を迅速にしてほしいと願う会社い経営者の方には有名なローン会社を考慮するようにおすすめします。個人事業者などでも利用できるサービスがあり、以前よりも低年利でスピーディな対応となり人気が増しています。近年注目されているのは無利息の貸付サービス期間が設定されている事です。ですから意外と少ない利息で済むケースもあります!

オリックスクラブカード

オリックス銀行が扱っているオリックスクラブカード。

このカードローンは個人事業主に非常に適した商品内容となっています。

消費者金融や銀行でカードローンを契約する際、個人事業主として申し込むと職業属性により審査可決が難しくなることがあります。

貸金業者が債務者に求めるのは所得の安定性ですが、個人経営者の所得はどうしても不安定になりがちですよね。

よって個人事業主の場合、一般的に「お金を借りる」という行為が難しくなります。

しかし、オリックスクラブカードは個人事業主の方々に照準を当てたカードローンとなります。これは個人経営を行う人にとって最大のメリットとなります。

審査に関しても非常にスムーズで、最短60分で審査を完了することができます。

また、確定申告書・事業計画書・収支計画書・資金計画書の提出し、これらの資料から返済能力を超えない範囲の借り入れであれば総量規制もクリアすることが出来ます。

つまり、指定された資料の提出をしっかり行えば年収の3分の1以上の借入が可能となる訳です。

申し込みも勿論ネットから行えますので、ウェブ環境にいれば場所や時間を問わず申し込むことが出来ます。

個人経営を行っているといつ急な設備投資や接待等が発生するか分かりません。

そんな時の支えになってくれるのがオリックスクラブカードです。個人事業主の人にマストなカードローンですよ。

契約の流れ

オリックス銀行のカードの簡易的な手続き方法を説明させて頂きます。

カードの種類によって、契約方法が異なる場合もあるかもしれませんが、一般的にウェブで必要になる書類を提出して、お申し込みをした後メールや電話にて返答が来ます。

その後カードが届いた後に契約内容の同意をし、カードの利用をすることが可能となります。

当然事業主、法人の方は早急な融資を希望されていると思うので、ウェブで完結ができるオリックス銀行のクラブカード「ORIXCLUBCARD」は効率を考えても魅力のある契約方法となりますよね。

もちろんオリックス銀行のカードによって、手続きの方法が違ったりするかもしれませんが、カードの手続きの画面はどれもわかりやすく丁寧な入力画面になっていますので、できるだけ早く資金融資をしてもらいたい方におすすめができます。

 

飲食店経営者の資金調達方法は?

「飲食店の集客資金を貸付けてもらいたいけど、とにかく忙しくて時間をかけている余裕がない」というのも事業主さんの本音ですよね。

少しでも時間を短く借りたいですし、少しでも手間を省いて早く振込して欲しいのは当然です。

その点でビジネスローンを選ぶ事にメリットが大きいですよね。

個人の事業者なら消費者金融の自営者向けのローンを選択するという方法もあります。

そうした会社を選べば査定時間が短い事や待ち時間も短くて済みます。

では借りる側が少し気をつけることで申し込みや審査の手間を省ける要素があるでしょうか?

とにかく早くシンプルに借りたいならインターネットで申し込むことです。

この方法が事業主さんにもおすすめなのは、お店の少し空いた時間などを活用してスマホやパソコンからすぐに申し込めることです。

しかもお金は指定した貴方の口座に振り込んでもらう事もできますので、お店を留守にすることなく借入まで終えることができます。

飲食店の方は特にお店を短時間とはいえ留守にするのが難しいケースが多いですから、ネットを使うのが一番便利で手間がかかりません。

集客資金のように飲食店事業のための振込でも、ネットからの申し込みを受け付けているビジネスローンやファクタリングは多いのでまずは大手から選んでみてください。
 

一般向けのカードローンのメリット

①一般向けサービスでお得に!

飲食店などの経営者も一般向けサービスを使って資金融資を受けることができます。基本的に用途は生計費に限られますが、30日利率0%で借りれるなどお得さで考えるとナンバーワンです。

 
②スピード面でも期待できる!

お得さに加えて、資金を貸してもらうまでの速さは条件が整っていれば60分で可能という速さも併せ持つのがキャッシングの長所です。土曜日曜でもネットからなら通常通りの審査を行ってくれるのも魅力です。

 
③限度額も高い!

一般向けサービスであっても限度額は500万円~800万円とまとまった利用も期待できます。大きな金額でもお店まで行く必要はありませんので、インターネットを使った契約が可能です。

当日融資を受けたい場合は?

飲食店を経営している個人事業主の方やスタッフとして働いている方でも、これから当日の貸付けを受けたいとお考えになった場合、まず早い審査ができるキャッシングで申込手続きをしよう!とご検討されるでしょう。

申込方法は、ウェブサイトでのオンライン申込、ローン申込機でその場で手続きをする方法、電話での申込などご自分がしやすい方法を選んで行うことができます。

来店不要にて本日中の貸し入れもできるのでかなり使いやすいと感じられる方も多いです。

またここ数年の間、女性のユーザー数も増加しているので家族や職場に内緒で利用できるのも人気の理由かもしれません。

カードローンも各社商品があり、ご自身が即日で利用したいと思っているようでしたら消費者金融の方が審査が早いこともありメリットも大きいです。

最短30分前後で審査結果が判りますし、指定した口座へ振込も令和でもできるので、急ぎでお金の準備をしたい時にはスピード対応している方が何かと好都合でしょう。

ウェブサイト内をしっかりと確認してミスのない素早い貸付をして頂けたらと思います。

個人経営でも利用できる

個人経営者でも融資までの時間が早いノンバンク業者を利用できます。事業資金として多額の貸付を考えているなら、ビジネス専業ローンを使う事もおすすめです。最近は当日対応もしてくれていますので、便利さでも引けを取りません。WEBから申し込めるので全国どこで事業をしていても利用可能です。

何度も査定を受ける時の注意点

キャッシングで借入の査定を通過したくて、一度にいくつものキャッシング会社の査定を受けたり、何度か査定を受けてうまく通らなかった場合、通るまで査定を何度も短期間のうちに受ける人がいます。

このように、短期間に金融会社の査定を何度も受けるというのはマイナスになってしまう事があります。

短期間のうちに何度も査定を受けてしまいますと、一時的に査定に通りづらくなってしまう事があります。

あくまで一時的ですのでそこまで心配は必要ないですけど、20~30分で査定を通過したい急いでいる人にとってはちょっとマイナスになってしまいます。

短期間に3社ぐらい査定を受けた場合は、もしまだ査定を受けたいという時でも少し間隔をあけてから査定を受けるようにしていきます。

また、なるべくキャッシングをの査定を受ける時には、自分が査定に通る可能性が高い金融会社の査定を受けることも大事になってきます。

そうする事によって、いくつもの金融会社で受ける必要がなくなる可能性が高くなってきます。

計画的に使おう

飲食店などの会社経営している個人事業主さんは、経営していく中で金銭的に苦しくなって苦労することもあるかと思いますし、事業資金が不足して新しい開拓、挑戦ができなくて困っている方も少なくはありませんよね。

会社経営は特にタイミングが勝負でもありますので、お金を借りてそのチャンスを逃さないのも大きな会社にしていくための手段にも思えます。

では、今すぐお金を貸してもらうためには何処のキャッシング会社を利用するのが理想なのでしょうか?

お金を借りるのは銀行が低金利でおすすめできますが、いかんせん時間がかかったり査定に落ちやすかったりと、自分の思う時間に対応してもらえないなんて事も考えられるので、その点を踏まえてもキャッシング会社をおすすめします。

最短1時間で借りれるプロミス

飲食店の方が資金調達をしてもらう時にプロミスもよく利用されていますよね。

プロミスはネットから申し込みを行い、その後の手続きを自動契約機で行えばカード発行までにかかる時間は最短で1時間ですので、飲食店の方に便利だと思われます。

カードを手にすることが出来ればコンビニATMから貸付を受けることが出来ますので、1時間以内でも現金を用意することが出来るかも知れませんよね!

くちこみなどでもわかるようにプロミスは速攻で借り入れするのに最適な消費者金融なのですが、注意点が1つあります。

それは「確実に借り入れをしたいからと他社を含めて一度に複数申し込みをしないこと」です。

たくさん申し込めばどれかは通るだろうと思いがちなのですが、一度に複数申し込みを行うのは信用情報的に良くはありません。

色々な所に申し込むと手続きの負担も大きくなりますし、スピード感抜群のこの商品一本に絞って申し込みを行うことをおすすめします。

アコムは飲食店経営者でも

アコムは飲食店を経営している個人事業主の方からの評価が高いですよね。

当日中に何とかしたいという時にもアコムなら審査が速いので、その日のうちに振り込み融資を行ってくれる可能性があります。

最近話題のWEB申し込みなどネットに強い消費者金融としても知られています。つまり最新のサービスを素早く受けることができるんです。

人気も急上昇しており、知名度は全国区なので、初めての方にも活用しやすいサービスです。

またアコムの評判の良さはお得さと便利さも大きなポイントとなります。

最大で800万円までの借り入れができ、返済の実質年率の低さに加え、最大で30日の無利息のサービス期間も加わっているので、返済時の負担をできるだけ抑えたい方におすすめができます。

 

急ぎの時に役立つビジネクスト

ビジネクストの貸し付けは、スピードや便利さにおいて法人や個人事業主から高評価を得ています。

ネットで24時間申込みができますし、原則、担保不要で最短即日で資金調達ができるので、急ぎで事業性資金が必要な場合にとても役立ちます。

またカードローンタイプのローンを契約しておけば、契約後は利用限度額の範囲以内でいつでも再融資を受けることができるので、いざという時の切り札となります。

加えて融資限度額は最高で1000万円(カードローンの新規取引時は500万円)までと高額なので、まとまった資金調達をする際にも便利です。

事前にスピード診断を活用しよう

ビジネクストなら来店不要で電話やインターネットで申し込むことができて、審査から最短即日での融資が可能になっています。

公式サイトではスピード診断を受けることができて、事前に融資のシミュレーションできます。

30秒ほどしか時間がかからないので、申し込み前に診断を受けておくとよりスムーズに申し込みから融資まで進めて行けます。

契約後は土日もローンカードでOK

ビジネクストでは、カードローン方式の貸付も実施しているので、契約後はセブン銀行や東京スター銀行、アイフルATMからローンカードで気軽にいつでも借り入れや返済が可能です。

セブン銀行は、ほぼ24時間いつでも利用できるので土日に急に資金が必要になった場合にも借り入れできて安心です。

個人向けカードローンと同じように利用できるので、返済や借り入れが手間なく気軽にできるようになります。

アイフルのグループ会社だから安心

ビジネクストは、資本金1億円の大手業者であり、“累計10万口座”の契約実績があります。

そして、事業者向けキャッシングを利用する為の提携ATMとして「セブン銀行」「東京スター銀行」「アイフル」のATMを利用できる“提携関係”にあるので安心できます。

ビジネクストは大手キャッシング業者のアイフルとはグループ会社という関係になります。

アイフルは創業1967年、東証1部に上場している企業となっており、たくさんの実績とノウハウがあるので借入先として安心できます。

 

アクト・ウィルのビジネスローン

最近は、様々な会社から事業資金の融資が受けられるようになっていますが、大口の融資を受けたい、中小企業の法人の方には『アクト・ウィル』がおすすめです。

アクト・ウィルで融資を受ける際には無担保・無保証で利用できます。

また、最大融資額が5000万円となっており、他社のビジネスローンを見ても遜色ない額となっているかと思います。

それでいながら金利も7.50%~15.00%と比較的低い金利となっていますので、無理のない返済を行っていくことができます。

スマホやパソコンから申込める

法人の融資の場合は、非常に手続きがややこしかったり時間がかかってしまったりすることも多いものです。

しかしアクト・ウィルならスマホやパソコンから申し込みができ、その後スピード審査(最短60分)があり、審査結果の連絡があります。

担当の方から連絡が入り、必要書類を郵送、またはFAXで提出して問題がなければ契約というをいう非常にシンプルな流れになっています。

申し込みから融資まで来店の必要などもないのでスムーズに契約まで進めることができます。

必要書類について

アクト・ウィルは銀行融資を断られた会社でも事業融資を受ける事が可能ですが、申し込みや審査の時に注意点があるのでしっかり把握しておく必要があります。

申し込みをする時に代表者本人を確認する書類や決済報告書の一部(買掛金内訳書、売掛金、損益計算書)などが必要になるので準備しておくと良いです。

そして、契約時締結費用として印紙代(実費)が必要となります。

またホームページで必要項目を入力する時に間違えてしまうと審査に時間が掛かってしまう場合がありますのでしっかりと確認するようにしましょう。

中小企業からの評価が高い

中小企業からも高い評価を獲得しているのがアクト・ウィルになります。

中小企業に対しても融資して問題ないと判断された場合、積極的な融資を実施しています。

お金に困った状況を乗り越える事ができ、事業を安定させられるようにサポートしています。

またネットを利用して、素早く融資の申込ができるのも中小企業から高い評価を獲得している要因です。

そして融資可能なのかどうか判断してくれるので、多くの中小企業が申込をしています。

 

トライフィナンシャルサービス

事業性融資を利用して初めて借りる場合、何度も融資の申請をする手間を省くために一度の融資でまとまった金額を借りたいと考える個人経営者や法人代表者の方は多数います。

そんな場合に特におすすめなのがトライフィナンシャルサービスのビジネスローンです。

銀行などの金融機関の場合、初めてお金を借りる際には高額の融資を受けにくいですが、トライフィナンシャルサービスでは300万円~5000万円まで一度の契約で借りられる可能性があるので、まとまったお金を借りたい場合におすすめです。

素早い対応をしてくれる

事業を営んでいると突発的に資金が必要になることは度々あるのですが、急に事業資金が必要となった際にもトライフィナンシャルサービスのビジネスローンは非常に役立ちます。

申込みはネットで24時間行えますし、申込みには借入希望額や住所、電話番号、勤務先名など基本的な事項ですので時間が掛からずに済むと思います。

申込みが済んだら担当者が内容を確認次第、連絡が届き、本審査へと進むので急いでまとまった資金を準備したい場合に安心で便利なローンサービスなのです。

必要となる書類は、本人確認書類や決算書2期分、法人登記簿などとなっています。

個人事業主の利用実績

法人に対して融資を実施しているだけではなく、トライフィナンシャルサービスは個人事業主に対しても多くの利用実績を積み重ねている会社です。

個人事業主にも融資を行うことで、事業の安定などをスムーズに行えるようにしています。

また融資を行っているだけではなく、できる限り満足できる結果を出せるように努力しているのも強みの一つです。

個人事業主だからといって、融資が受けられないということはなく、法人と同じように融資を行っています。

実質年率は?

事業者向けローンを利用して資金調達をする時は実質年率が高くなってしまう事も少なくありません。

実質年率が高いと加算される利息が多くなるので返済する時の事を考えると不安も大きくなってしまいます。

しかしトライフィナンシャルサービスは実質年率が6.8%~12.65%で設定されているので他の事業者向けローンより金利が安いです。

調達する資金が多くなっても返済する時にかかる負担も少なくなるのでおすすめです。

 

ビジネスパートナーで資金調達

確かな速さと手軽さ!

ビジネスパートナーの口コミを見ると、速さに関する評判が事実であることが分かります。最短1日で審査が完了する速さはビジネスローンとしては最速のレベルです。ネットで24時間いつでも手軽に申し込めるのもポイントです。

 
カード発行で便利に!

評判となっているのがATMカードです。契約後は提携ATMを使えば24時間いつでも限度額の範囲内で繰り返し使うことができますので、休日や夜間でも資金調達が可能になります。

 
最大500万円まで可能!

スピードが評判のビジネスパートナーですが、口コミでは最大500万円までの限度額に関しても多くの評価が集まっています。この速さで大きな金額を利用できる安全性の高いビジネスローンは珍しいのです。

総量規制対象外

ビジネスパートナーとは事業性融資を行う金融業者であり、年収の3分の1以上の借入は規制される総量規制を対象外でサービスを受ける事が出来る業者です。

審査は柔軟で銀行融資を断れた場合でも相談に応じてくれたり、保証人が用意出来ない場合でも連帯保証があれば保証人を立てる必要もなく、審査スピードについては最短で1日となっています。

審査は即日で行われてクリアしてから翌日の融資が可能になっており、事業性資金が必要なビジネスローンを希望する方にとって、スピーディーに対応してくれる業者です。

最短審査で素早く資金ゲット

評価も高く安全性においても信頼できるスピード系事業融資の大手といえばビジネスパートナーです。実体験などで評判を見てみると一番のメリットはやはり資金調達までの時間の短さです。ですから緊急時や一時的な資金需要の高まりに対処するにはベストな業者です。

4ステップで契約

ビジネスパートナーへは4ステップで申し込みが行えます。

まずはサイト上の”オンライン申し込み”のバナーから、続けて表示される申し込み用フォームに必要事項を入力します。

ここで入力したメールアドレスまで確認のメールが届けば申し込みは完了です。

では、その申し込みについてお話をします。基本的には先ほど記載した通りの4ステップの申し込みです。2期以上の経営実績があればまず申し込みが可能です。

2つ目のステップが仮審査の結果連絡です。

そして3ステップ目が必要書類をそろえたうえでの本審査です。

これをクリアすれば、4ステップ目として契約が完了し、いつでも貸し付け可能になります。

次に申し込み内容を元に審査が行われ、その結果が電話、もしくは先ほどのメードアドレスまで送信されます。

合格した場合、契約内容を確認の上、契約となります。契約後はすぐに指定した銀行口座まで振り込みで貸付を受けることができます。

嬉しい点、銀行で融資を断られた場合にも連帯保証人を立ててもらえれば条件次第で、貸付け可能ですし、最短一日で審査を終了し、貸し付けを開始できます。

さらに、店舗に赴くことなく、電話とFAX、インターネットだけでも手続き可能です。なお、カード発行手数料に関しては無料になっています。

次に返済に関してです。最長5年、60回以内となっています。方式としては借入時残高スライド元金定額リボルビング返済になています。

もちろん、繰り上げ返済も可能ですし、その際の手数料は必要ないルールになっています。

借入限度額は50万円から500万円で、限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し借り入れ可能になっています。

担保も連帯保証人さえ立ててもらえれば、必要ありません。利率に関しては実質年率で9.98%~18.0%。

遅延損害金については利率が年率20.0%になっています。

いずれにしても、ビジネスパートナーは中小企業、個人次号主の方々にとって、資金繰りが厳しいタイミング、回転資金がショートした時など簡単に手続きがとれるところが大きなメリットです。

カードを使用して借り入れもできます!

 また、キャッシング用のカードの発行も行っており、このカードを使用して、全国のセブン銀行のATMで借り入れが行えます。カードの発行手数料は無料なので、これは発行しておいて損はありません。振り込みでの融資を希望した場合、最短で申し込みの翌日に融資を受けることが可能です。

金利・限度額・年齢制限は?

金利については9.98%から18.0%、限度額については最大で500万円となっていて、融資対象になるのは法人や個人事業主で満20歳から満69歳までという設定です。

遅延損害金も20%までとなっていて、法律の範囲内で営業されている業者になっていますから、初めてビジネスローン利用する場合でも安心して利用可能になっています。

返済について

返済期間は最長で5年間、返済回数にして60回以内です。

契約は限度額制なので、その範囲内で何度でも追加の借り入れが行えますが、完済するまでは最初の借り入れ時からこの期間内での返済が求められます。

一度完済した場合、そこでこの返済期間はリセットされるので、次の新たな借り入れ時にも同じくこの期間内に返済を行ってください。

返済は残高スライド式の元金定額リボルビング払いになります。原則的に毎月1回の約定返済となります。

スモールビジネスローンとは?

手を握っている男性のイラスト「スモールビジネスローン」を展開する株式会社ビジネスパートナーのローンは法人・個人事業主専用のローンです。

50万円から最大500万円までの利用ができ、利用可能金額は審査の結果によって変化します。

総量規制という貸金業法の決まりでは年収の3/1以上を貸し付けしてもらうことはできませんが、スモールビジネスローンは規制の対象外となるので高額の借り入れもできます。

借りた資金に関しては事業性の融資となるので事業関係での利用は必須ですが、事業資金としての範囲内であれば資金用途は自由です。

細かく何を買うため・何に使うといった制限はありません。

店舗拡大といった今よりも事業を大きくするための資金にするのもありですし、リフォームや大型の機材の購入・なんらかの支払いで一時的に資金がなくなってしまった場合のつなぎとしての使用など様々な活用法があります。

経営をしているとなにかと急にお金が必要になることも出てきます。そのような場合に総量規制対象外で大きなお金を借りられるのは非常に便利です。

そのほかの業種でも

ビジネスパートナーでは、最短で翌日に審査が完了するのですが、通過後であれば、会社経営者や飲食店経営者、建設業経営者、卸売り小売業などといったように業態を問わず、手数料無料でカードの発行が可能となっています。

そのために、迅速な貸付を受けた後で、迅速に事業性資金の調達を可能としているのです。

一過性の審査に要する時間でなく、その後継続していくであろう、貸し付けや返済に際して利便性があるほうが使いやすいことが明らかです。

審査条件や仮審査・本審査とは?

申込みは原則2期以上経営実績がある事業者や個人事業主が対象で、必要事項を入力して仮審査を行い、そこから仮審査の結果が連絡されてきて、本審査へと移行するものです。

本審査は書類を揃えてから行われる事になり、結果次第で貸し付けを受ける事が出来るかが決定されます。

ネット経由の申込みも可能になっていますから、利便性の高いビジネスローンを利用出来る業者です。

ビジネスパートナーは最高レベルの評価

口コミで評判を見るとやはり目立つのは審査の速さと中小企業の利用の多さです。「最短で貸付けをしてもらえる場所」だという経営者もいますし、「小さな町工場でも使えた!」という驚きの声もよせられています。老舗でユーザー者数も多いので安全性でも問題は感じられませんので、中小企業の方のつなぎ融資にも最適です。

 

銀行融資が難しい場合はファクタリング

銀行の融資などの審査では赤字決算の企業や、税金を滞納している企業に対しては厳しい目で見られることも少なくありません。

そのような企業の経営者や、個人事業主の方にもファクタリングはオススメできます。

そもそもファクタリングは売掛債権を利用した取引で、売掛先や実際にファクタリングサービスを利用する企業が倒産しない限りは、サービスを提供する金融業者が不利益を被ることはありません。

そのため、赤字決算、税金の滞納という問題を抱える企業であってもファクタリングサービスを利用することが可能となっています。

資金調達はファクタリング東京

銀行融資は大手など信用が高い企業が利用する事が出来ますが、中小企業や個人事業主は断られてしまう事が多いです。

それで資金が必要な時に調達する事が出来ないので困ってしまう事も多いです。

しかしファクタリング東京は中小企業や個人事業主でも利用する事が可能になっているので資金が必要な時にしっかり調達する事が出来ます。

資金が必要な時に調達する事が出来ないと事業に支障が出てしまう事も多いので中小企業や個人事業主でも利用する事が可能なのはメリットになります。

調達までの時間は?

資金調達をする時に銀行融資を利用する場合は、必要な書類を準備したり厳密な審査を受けなければいけないので、申し込みをしてから融資可能になるまでの時間がかかってしまう事が多いです。

特に資金不足になっている時はなるべく早く調達したいものなので不都合になってしまいます。

しかしファクタリング東京は貸し付けまでの手続きをスムーズに行う事を心掛けているので最短翌日で資金調達をする事が出来ます。

少し遅れても申し込みをしてから3日前後で調達をする事が出来るので資金不足で悩んでいる企業にとっては大きなメリットになります。

赤字経営でも利用可能?

資金調達をする時に銀行に依頼すると審査で経営面を確認されます。

資金不足で困っている時は赤字経営になっている事も多いですが、銀行で資金調達をする時は赤字経営が原因で断られてしまう事が多いです。

しかしファクタリング東京は売掛金の存在が確認する事が出来れば赤字経営になっていても資金調達をする事が可能です。

赤字経営になっている時はすぐに必要な状態になっている事がほとんどなのでメリットに感じている企業も多いです。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる