事業資金補充

法人の事業資金補充のポイントや選び方

事業資金を補充する場合、経営者向けのビジネスローン、ファクタリング業者などを利用するとスピーディに補充ができますよね。

それぞれの金利や融資額、事業資金を貸付てくれるまでの期間はどれくらいなのかなど、わからない点がたくさんあると思います。

なので、今回は法人向けの最大手のビジネスローンの中で何処が一番適しているのか、何処がメリットがあるのかなどを説明させて頂きます。

ビジネスローンランキング

アイフル株式会社のグループ会社で安心!
日本全国どこでも利用ができる!
限度額が『1000万円』と高額に対応している!
実質年率が3.10~18.0%と低金利!
日本全国のATMから利用が可能!

契約まで実質年率限度額
4ステップ3.10~18.0%1~1000万円
使用用途来店不要総量規制
自由可能対象外

 法人や個人事業主でも利用できる事業者向けのビジネスローン、ビジネクストは限度額が1000万円までと高額になっているので沢山の経営者に利用され続けています。また『アイフル株式会社のグループ会社』なので安心感もあります。

ファクタリングランキング

最短で『当日中』の資金調達ができる!
日本全国どこでも利用ができる!
2社間契約に対応しているので安全性が高い!
保証人や担保不要なので使いやすい!
手数料が5%~なのでお得に利用できる!

スピード地域手数料
即日資金化全国対応5%~
2社間契約申込時間WEB完結
可能24時間365日対応

 最短で当日中に買取をしてくれるファクタリングのTRYは赤字決算、税金滞納時でも利用できますし、2社間契約にも対応しているのでかなり注目をされています。また日本全国に対応してますし手数料が『5%~』とお得になっています。

最短で3時間対応なのでスピーディ!
日本全国どこでも利用ができる!
最大で『5000万円』まで資金調達ができる!
赤字決算、税金滞納時でも利用可能!
保証人や担保不要なので使いやすい!

審査時間限度額赤字決算
最短3時間5000万円まで対応可能
地域2社間契約WEB完結
日本全国可能可能

 最短で3時間で対応してくれる株式会社オッティは最大5千万調達ができる便利なファクタリング会社です。2社間契約も可能ですし税金滞納、赤字決算の時でも素早く契約を進められるので緊急時の資金調達にピッタリです。

事業資金エージェント

最短で『3時間』後に入金が可能になる!
日本全国どこでも利用ができる!
最大で『3億円』までの資金調達が可能!
手数料が1.5%~と業界最低水準!
保証人や担保不要なので使いやすい!

スピード限度額手数料
最短即日最大3億円1.5%~
WEB申込地域2社間取引
24時間365日全国対応対応

 事業資金エージェントは最短1日で売掛金を現金化してくれますし、最大で『3億円』まで可能となっています。また『1.5%から』という業界最低水準の手数料で売掛金の売却が行えるのも人気の理由です。

最大で『3億円』までの資金調達に対応!
保証人や担保不要なので使いやすい!
インターネットで日本全国対応している!
最短『10秒』の無料診断も可能!
ご利用事業者数は1万社を突破している!

スピード限度額無料診断
最短即日最大3億円最短10秒
申込時間ネット契約つなぎ融資
WEBで24時間対応可能対応可能

 最大で『3億円』までの資金調達に対応している資金調達プロのファクタリングは無料診断はわずか10秒で行えますし、最短で即日取引ができるので便利です。利用事業者数も1万社を突破いる便利な業者です。

最短で補充するのに必要なのは?

最短で補充できる条件とは?

最短で事業資金を補充したいなら、原則無担保・無保証の場所を選ぶことです。そうすれば審査スピードは格段に速くなり、ノンバンク系金融機関なら最短1日で審査が完了する場所もあります。

 
WEB活用が断然早い!

最近増えているのがWEBを活用して契約を行う事です。このメリットは契約までが断然早いことです。来店不要で行えるというだけでなく、申し込み自体が24時間いつでも行えるというメリットもあります。

 
売掛金があるならファクタリング

売掛金を早期現金化することで事業資金を補充するのがファクタリングです。契約までの速さは貸付けを上回るものがあり、最短即日利用ができる大手業者もあります。リスケ中など銀行取引が難しくても利用の可能性があります!

法人経営者の非常事態に強い味方

事業資金を急いで補充するためには、令和でも高い評価の大手消費者金融やビジネスローンを活用することがおすすめです。初心者や初回利用の方でも安心して活用するためにはネットで相談から契約までできるタイプが最近は主流です。最短1日で審査回答などスピーディーですので非常時に強いサービスです。

多額の貸付について

説明をし始めている事業資金の補充の際、ファクタリング業者を利用するか、ビジネスローンなどで多額の貸付を利用するかというのは一つの悩みどころかと思いますが、1000万円以下の貸し入れ希望の場合なら、認知度が高いビジネスローンなどを活用するのもおすすめです。

キャッシングが比較的少なめの金額の現金貸付であるのに対して、ビジネスローンのほうでは高額の貸し付け金も用意されます。

そもそもこの名称の相違というのは元々の成立過程の違う所から生まれてきたもので、長きに渡っての償却が前提となるローンの性質と言ったところでしょう。

大きな金額を扱う使い道が決まっているローン(目的別ローン)の場合、キャッシングとは違って抵当が絶対に必要というものも有ります。

有保証での借入となるとさらに低利での活用も可能になってきます。

他には、金利が経済情勢や社会状況によって上下するタイプや均一方式のものなど、一口にローンと言っても種類は多様であり、目的に合わせて選択することがとても大切になってきます。

主に身近なATMやキャッシュディスペンサーを使用することで現金を借入するローン業者ですと、弁済システムは通常は一回払いです。

とは言っても、この頃はフレックス払いのサービスが一般化しており、カードローンと比較して相違は明確にはありません。

キャッシングシステムが存在するクレジットカードですと月給を貰う前の急にできてしまった出費などのお急ぎの時に助かります。

けれども、『借り入れたお金』というよりまるで『自分の持っているお金』という錯覚になってしまいやすいので、本当に困っている場合以外の時は軽々しく利用しない方が賢明と言えます。

現代では、お金を借入する事のできるカードには色々なタイプが用意されています。

現在ではビジネスローンや事業者向けのカードローンもだいぶ定着したサービスとして親しみ深いものとなりつつあります。

使用する時の手法に注意して有意的な資金の借入を心掛けましょう。

大口ってどれくらい?

今は大口の貸付ができる場所も結構ありますが、大口ってどれくらいの事を言っているか気になる方もいらっしゃいますよね。極度額は1000万円の場所もありますし、ファクタリング業者を利用することで最大3億円の資金調達ができる場所も存在します。(高額の場合は提出する書類の量が増える傾向もありますので、その点はご注意下さいね。)

ビジネクストのビジネスローン

ビジネクスト株式会社は事業者ローンを主として運営しており、できる限り望んだ借入れを行えるように取り組んでいます。

また、10万口座以上という豊富な契約実績を持っているので、初めての方でも安心して利用することができます。

事業者ローンをはじめとして、不動産担保ローンや医療機関介護事業者向けローンなど個人事業主や経営者が利用できるローンを提供しています。

最大のメリットはスピードの速さ

気軽に手続きができるビジネクストが人気な理由として、融資までのスピードの速さがあげられます。

一般的にこういった事業者向けのローンの場合は数週間かかる場合がほとんどですが、ビジネクストの場合は最短で即日中の融資も可能なほどスピーディーに借入ができます。

事業の内容によっては資金調達の可否によって継続できたり事業拡大するか決まるような場合も考えられるため、いざという時に非常に頼りになります。

事業者ローンについて

ビジネクストの事業者ローンには、ビジネスローン・カードローンという2つの商品があります。

この違いは、ビジネスローンは1回の借入の後は返済のみをする商品となるのに対して、カードローンは利用限度額内なら何度でも借り入れできる商品となっています。

金利は、ビジネスローンが3.10%から18.0%、カードローンは5.0%から18.0%に定められています。

限度額は、ビジネスローンが50万円~1,000万円、カードローンは1万円~1,000万円(新規取引時は500万円まで)となっています。

数あるビジネスローンの中でも有名な会社ですので、すでに多くの人が申込をしており一定額の融資を受けている状況です。

年会費や保証料も無料

大手金融業者ビジネクストが、ビジネスローン・カードローンという二つの事業資金ローンサービスを提供していることはすでに述べました。

ここで心配になるのが、年会費や保証料です。

特に、カードローンタイプの事業資金ローンがあるので、カードに付き物な年会費などが心配になるところです。

ビジネクストは年会費や保証料が無料なので安心してください。しかも、カード発行の手数料も無料なのでとてもオススメとなっています。

契約までの流れ

事業者ローンでビジネクストを利用する際には、融資までのスピードが早いということが嬉しいポイントになってきます。

ビジネクストのサイトから申込をすることができ、仮審査後に必要書類を提出して本審査という流れになっています。

最短で即日中にも融資を受けることができるため、早急に資金を調達しなければならないといった急を要する時にでも安心して安全に利用することができます。

仮審査の結果もすぐにわかるので、審査に通るかどうか不安な方はまずは問い合わせや仮審査申込をしてみると良いです。

契約後はローンカードで土日も借りれる

土日祝日はビジネクストは休業日となっているので審査を受けるのは週が明けてからになります。

ですが、カードローンタイプですでに契約中であれば土日でもローンカードを利用して提携ATMからキャッシングをする事ができます。

セブン銀行や東京スター銀行、アイフルのATMなど身近なATMで借りれるので、土日に資金管理をされている事業者の方なども利用しやすくなっています。

そういった事から、できるだけ平日に審査を済ませておくと土日にゆっくり資金管理ができるのでおすすめです。

売掛金の現金化はえんナビで

売掛金は現金で回収するまでに時間がかかってしまいます。すると入金があるまでの期間、資金補充ができずに困ってしまいます。

えんナビでは最短1日で売掛金を買取し、入金してくれますのでスムーズに必要な事業資金を補充することができます。借りることなく資金の補充ができるため、一般的な融資よりもずっと早く調達ができるのです。

それと、手数料が安く済むのもえんナビの魅力ですよね。やはり売掛金はを現金化する時に、負担しなくてはいけないのが手数料です。これが高くては利益も減ってしまうため、のちのちの経営に響いてしまいます。

えんナビは業界最低水準の手数料5%のため、会社経営に対する負担も少なく済み無駄なく売上金から調達することができます。

信用情報へも影響はありません!

売掛金を利用しての資金調達は借りない融資という手段のため、通常の融資とは違うため信用情報へも影響はありません。バランスシート上では負債ですらないのです。さらに売掛先に資金調達したことを通知しませんので、バレてしまうこともありません。

ファクタリング東京で事業資金の補充

ファクタリング東京で事業資金の補充をされる法人の方も沢山いらっしゃいますよね。事業者が資金を補充しようと思った時に利用するのがファクタリングですがその中でも特に利用するメリットがあるのがファクタリング東京です。

それはどうしてかというとここから借りれば来店しなくても借りれます。来店しないと借りれない所が多い中でファクタリング東京はその必要がない点でかなり大きなメリットがあります。

そして、ファクタリング東京を利用して事業資金を補充するメリットは即日融資に対応しているというのがあります。事業をやっている人で資金を必要としている人は大抵はすぐに必要としているからです。

即日対応している東京ファクタリングを利用するメリットはかなりあるという事になります。また、事業主の借り入れは大抵はその金額も大きくなりますがここは少額の貸付にも対応しています。

最小10万円の借り入れにも対応しています。ですから事業主の方ですぐに少ない金額を借りいたいと思っている人にはここはありがたいです。

資金調達プロで資金繰りを改善

資金調達プロは、早さにメリットがあるファクタリング会社です。売掛金を売却する際には、数日ほどかかってしまう事例も多々見られます。

特に銀行などは時間がかかる事も多いですが、資金調達プロは非常にスピーディーです。銀行などと異なり、早ければ即日で売却できるからです。

また、対応地域の幅広さに特長があります。ファクタリングというサービスは、業者によっては地域が限定される事もあります。一部の地域では、売却が難しい事もある訳です。

ですが資金調達プロでしたら、基本的には日本全国の幅広い地域に対応しています。多彩な地域で利用できるメリットがある訳です。

90%以上の確率で資金繰り

ファクタリングの業者を選ぶ時には、実績の1つのポイントになります。資金繰りに関する過去の実績はどういう状況だったかは、業者の見極め基準になる訳です。その点資金調達プロは、過去の実績も申し分ありません。資金調達プロで手続きを行った各会社は、90%以上の確率で改善されているからです。

スピード審査で休日も対応可能な株式会社JTC

株式会社JTCでは、申し込みをしてから契約までのスピードがとても早いのがメリットです。

独自の審査システムによって、スムーズに手続きが進めば最短1日で資金調達ができます。

提出する書類を事前が揃っていた場合は、実際に所要時間1日で契約になった実績が多数あります。

また、株式会社JTCは、事業を開始してからすでに5年以上が経過していますので、たくさんの企業の資金補充をサポートした実績があります。

専門性が高く経験豊富なスタッフがサポートしますし、情報セキュリティの対策も強化していますので、安心して利用することができます。

それと、資金調達の依頼を土曜日曜にされたい方もいらっしゃいますよね。

株式会社JTCでは、土曜や日曜にもお問い合わせや審査の業務を行っていますので、急な事情が発生したときでも時間をロスすることなく手続きができます。

問い合わせや申し込みはもちろん、土曜日や日曜日に契約手続きができる場合もありますので、週明けすぐに振り込みで補充することができます。

土日でも利用できるので利便性がある

株式会社JTCファクタリングでは入金前払いシステムを導入しているので、急いで現金を振り込んでほしい時に非常に役立ちます。また日本全国どこの事業者の申込みにも対応していますし、土曜日曜でも対応しているので、ユーザーの都合でいつでも便利に利用ができる高い利便性を誇っているのです。

審査にかかる所要時間は?

株式会社JTCは審査もスピーディで、最短1日で申し込みから売掛金の買取までを行った実績も数多くあり「審査の所要時間も少ない一番早いファクタリング会社はどこ?」とお探しの企業様におすすめ出来る場所です。

具体的な所要時間については公式には明記されていませんが『最短で申し込みから入金まで1日』と書かれていることから審査結果が出るまでに必要な時間も株式会社JTCなら短時間で済む期待は大です。

売掛金を売る場所としてJTCがおすすめな理由の1つは『土日対応可能』なファクタリング会社だということです。振込に関しては平日対応となってしまうのですが、申し込み受付や契約手続きは土曜日や日曜日でも行ってくれます。

ですから、申し込みから契約そして買取が実行されてお金が振り込まれるまでのトータルタイムで他社と比較しても一番早い場所となる可能性はかなり高いですよ。

必要な書類は?

審査を株式会社JTCで受け契約する際には債権譲渡登記が必要となりますので、必要な書類を前もって準備しておくことが大切になります。

株式会社JTCでは、2社間ファクタリングと言われる売掛金の相手先企業に通知すること無く買取を実行する方法が選択出来るのですが、これを行うには債権譲渡登記が必要となります。

これを行うことで正式に債権が譲渡されたことを法的に証明することが出来る為、2社間ファクタリングでは避けて通ることは不可能なのです。

登記を行う際には代表者の資格証明書(代表者事項証明書)や印鑑証明などを必要な書類として提出することになります。

審査を受けファクタリング契約を行う為には決算書なども準備しなくてはいけませんので、株式会社JTCに確認するなどして後から慌てることが無い様に前もって必要な書類を準備しておくことをおすすめします。

様々な手続きをしなくて大変に思えますが、親切に対応してくれる場所ですから何かあればお気軽に相談してみてくださいね。

来店は必要?

株式会社JTCなら審査の為に来店する必要はなく、面談も出張対応してくれますので「地方企業にとっては利用しにくい」なんてことならずに安心です。

株式会社JTCは愛知県名古屋市に本社を構え、東京都中央区日本橋に営業所を持ちます。

ですので、お近くの企業であれば来店しての面談や契約手続きも容易なのですが地方企業となればそうもいきません。大切な仕事を休んで遠くまで来社することになっては大きな負担になってしまいますよね。

でもこのファクタリング会社は『全国対応・休日対応・出張可能』となっていますから、都合の良い日を選んでJTC側から面談に来てもらって審査や契約の手続きを行うことが出来るのです。

これなら負担に感じることはほとんどないはずですよね。全国どこからでもネットを使って申し込みが行なえますし、出張対応もしてもらえますので愛知や東京から遠くはならていても心配せずに問い合わせを行ってみてください。

個人事業主でも審査対象なの?

株式会社JTCでの審査は条件を満たす個人事業主も対象となっています。ファクタリングで資金補充を行いたいと思い株式会社JTCのホームページをチェックした時に対象企業が『法人企業』となっていることに気づいても、そこで諦めてサイトを閉じたりしないでください!!

注目していただきたいのはその下にある注意書きです。『個人事業主の場合は取引先の同意が必要』と書かれているはずです。つまり売掛金の取引先にファクタリングの利用承諾を取ることが出来れば問題なく審査を受けることが出来るんです。

ただ個人事業主の場合は株式会社JTCとの間だけで取引を行う2社間契約は選択出来ません。取引先を含めた3社間契約でファクタリングを行うことになることだけはご注意ください。

「3社間は嫌だなぁ」と思われるかも知れませんが、実は3社間の方が手数料が安くなる傾向がありますから、一層お得にファクタリングが使用出来るかも知れませんよ。

審査通過した取引事例は?

口コミで株式会社JTCの審査を通過した取引事例を探してみれば、ここでのファクタリングのおかげで会社のピンチが切り抜けられたという嬉しい体験談が幾つも見つかります。

「申し込みから2日間で300万円のファクタリングの成功して不渡りを回避することが出来ました!」

「つなぎ資金を確保する為に売掛金を買い取ってもらい1500万円という大型の資金補充が行なえた」という様な取引事例が幾つも見つかります。

株式会社JTCでは最短1日での入金が期待出来ますが平均でも2~3日での入金となっていますので、数日後に現金の補充が必要という状況でも頼りになります。

また、大型の資金補充も可能ですので審査を通過すれば1000万円、2000万円の様な額の大きなファクタリングも行なえます。

クチコミには他にもファクタリングに成功した取引事例は多くあります。

リピート率98.3%と言われる株式会社JTCなら満足できるファクタリングがきっと行えるはずですよ。

建設業や土木業の会社を含め多くの業種の方が活用されていますので、取引債権の種類も多岐にわたることも実体験を通して理解できるでしょう。

個人事業主はアコムから

アコムは個人事業主が事業資金を補充したい時に低金利なので便利ですよね。

もちろん個人事業主であっても最大三十日間の利子が無い期間があるので、お得に借りたい時に役立ちます。

また、低金利なのも大きな魅力ですが、対象年齢制限が幅広いのでかなり有効活用ができます。

基本的にアコムの年齢制限は20~69才以下となっています。

他の金融会社でもっと低い所が多いのを考えるとかなり良心的なのではないでしょうか。

また下限が20歳なのは未成年の場合は契約が無効になる可能性があるからだと思います。

例外として結婚していれば審査が通る可能性があります。考え方としては『安定収入があるかどうか』です。

個人経営や小規模事業者でも

個人経営や小規模事業者におすすめなのは今話題のビジネスローンの活用です。契約する場合は来店不要でネットから申し込めるため資金調達までのスピードが違います!法人や個人経営、小規模事業者にも活用できて、限度額は1000万円クラスのハイスペックもあるので、利用できる業態の方はたくさんおられます。

疑問にお答えします!

1.土日や祭日でもビジネスローンに申込できるのでしょうか?
 
今は土日や祭日などの休日を使って事業資金の補充のために申し込みをする方も増えていますよね。

事業者が貸し付けしてもらう際に、インターネットに接続できるパソコンやスマートフォンからであれば土曜日や日曜日、祭日を含めて24時間いつでも都合のよいときにビジネスローンへの申し込みをすることができます。

また、自動契約機を使っても土曜や日曜、祭日にもビジネスローンへ申し込むことができます。もちろん、すべての業者ではないのでその点はご注意下さい。

 
2.夕方や夜間でも申し込みできるのでしょうか?
 
ビジネスローンの営業時間外である夕方や夜間であっても、インターネットに接続できるパソコンやスマートフォンからであれば場所によって多少異なりますが、ビジネスローンの申し込みをすることができます。

 
また、法人でも利用可能の金融会社を利用する場合、自動契約機が設置されている無人店舗は夕方や夜間でも利用できますが無人店舗によって営業時間が21時、22時までと決まっていますので注意が必要です。

資金補充をスマートにしたい会社経営者に

資金補充を望んでおられるなら評判が良い有名な最大手を選ぶことが第一段階です。最大手であれば個人経営者などでも金利ゼロ円のサービスの付いた貸付を受けることができるからです。法人経営者のかたの事業融資でも最大手を選ぶことがベターです。スピード・実質年率・限度額のどれをとっても一番高いレベルのサービスを期待できるからです。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる