おまとめローン評判

おまとめローンで口コミで評判が良い会社を探している方は!

「おまとめローン」は複数の金融機関からの借入をひとつにまとめることを指した言葉で、各金融機関では通常のキャッシングとは別におまとめローン用の商品が用意されているところもあります。

返済をしやすくするという観点から扱われているローン商品でもあるため、消費者金融であっても総量規制にかかわらず利用できる会社が多くあります。

おまとめローンが評判の理由は?

おまとめローンが評判となっている理由は、契約金利の引き下げ、返済先の一本化、計画返済により返済期間の短縮と返済総額の減少といったことがあります。

複数の貸金業者から金利18%や20%で総額100万円を超えている場合ならおまとめローンで返済することにより、適用金利が上限15%まで引き下げられます。

また、返済先を統一することで返済効率化だけでなく、返済時の手数料などの節約することができます。

さらにおまとめの契約後は返済のみとなるため、追加借入を行えないことから効率良く借入残高を減少させることができ、早期返済も可能になります。

スピーディな申し込み方法は?

おまとめローンを扱っている金融機関の中には、申し込みから審査まで最短で即日に結果を受け取ることができる会社もあります。

ネット申し込みなど手続きが簡素化されてスピーディな申し込みが可能となっているので、速やかに切り替えたいという方でも利用することができます。

口コミ情報で何を調べると良いの?

おまとめローンを申し込みする際には、口コミ情報で契約金利を比較するだけでなく、相手先の貸金業者が提示する返済計画も比較することが重要です。

契約金利は既存のキャッシングより低くなるものの、毎月の返済金額を低く設定し返済期間の長期化や総返済額の増加といったこともリスクとしてあります。

そのため、おまとめローンにより毎月の返済額はそのままに、返済期間と総返済額が大きく減ったという実績で比較するのがおすすめです。

また、契約前の説明や対応が丁寧か、返済中のサポートが受けられるかも比較するポイントです。

許可を得ているかが大事!

おまとめローンを契約する際には、貸金業者としての許可を得ているか確認することだけでなく、申し込み経験者や利用者の評判から安全性を確認するのも重要です。

おまとめは高額融資になる分、貸金業者にとっては融資リスクが生じるものの、融資額が高額になることから利息に収益も通常のキャッシングよりも高めです。

そのため、貸金業者として安全に利用できるだけでなく、利息制限法の上限金利を適用するだけでなく、低い金利での契約ができる可能性があるという信頼性評価も重要です。

また、おまとめができない場合には債務整理を提案されることがあります。

この際、提携する弁護士や司法書士を紹介するといった行為がない貸金業者を選ぶ必要があります。

貸金業者としての登録番号は各財務局や都道府県のホームページや日本貸金業協会のホームページで確認することができます。

評判の良いおまとめローンの探し方は?

おまとめローンを選ぶ際には、好条件で契約できるか評判の良い業者を選ぶことがポイントです。

取り扱いする貸金業者には、契約条件が大口融資のみということもあります。

ネット上での口コミ評判を確認し、小口融資から対応していることを掲げながら実際には大口融資に対応しているケースがないか確認する必要があります。

また、100万円を超える場合は利息制限法により上限金利が15%以下となっているため、おまとめローンが金利15%よりも低い条件設定になっていることを選ぶのもポイントです。

さらに、適用金利に幅があるのか、設定下限の金利で契約できた実績があるのかも評判からお確認することもポイントです。

そのほか、毎月の返済金額が完済まで一定であり、借入残高で段階的に金額が減少しないことも確認する必要があります。

金利が加算されるので早めに決断しよう

キャッシングの金利は日割り計算がほとんどなので、日ごとに金利が加算されていきます。

そのため借金は、一日でも早く返済してしまった方が返済総額を少なくすることができます。

おまとめローンを考えている場合でも申し込みの後は審査が行われるため、返済額少しでも減らすために審査のスピードで選ぶというのもひとつの方法です。

おまとめと借り換えローンの違いは?

おまとめと借り換えの違いは、複数社からの借り入れを一本化し返済のみと金利の低いローンを契約して利息削減と追加利用できるという違いがあります。

おまとめローンの場合、契約後は返済のみとなるため追加での借入れができません。

また、高額な借入残高があり、新規契約が難しいだけでなく、利用規約において新規契約が禁止事項となっていることが多く、他社で新規契約を行った場合、一括返済や解約といったリスクが生じます。

一方、借り換えはあくまで契約の見直しになるため、カードローンなら利用限度枠内であれば追加利用することができます。

そのほか、おまとめローンは貸金業法に基づくものであり、貸金業者が取り扱いする商品ですが、借り換えは貸金業者だけでなく、銀行や信用金庫なども取り扱いできる商品になっています。

利用する時に必要なものはなに?

おまとめローンを利用する時に必要なものは金融機関によって若干の差異はあるものの、本人確認書類と収入証明書類、また現在の借入状況が分かるような書類の提出を求められる場合もあります。

最低限の書類だけで審査や申し込みができる通常のキャッシングとは異なり、別途で書類が必要になるケースもあるので、事前に調べて準備しておくようにしましょう。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる