低金利ローン

低金利のローンは?

低金利で利用できるカードローンがあればいいな~と検討する方もいるのではないでしょうか?

生活している中で、予想外の出費(冠婚葬祭、職場の飲み会、電化製品が壊れたなど)は必ずあると思います。

特に、結婚式がある場合はご祝儀以外にも式、参列用のドレス、バッグ、靴など購入しなければいけなくなり、まとまったお金が必要になりますからお給料のやりくりだけでは賄えない人もいる事でしょう。

このような時にカードローンが利用できると便利なはずです。

理想的な借り方としては低金利で必要な分だけ借入ができると何かと(臨時の出費があった時でも)安心できます。

審査は現在の年収、職業や雇用形態、他社からの借入状況など総合的に判断をした上で行うので必ずしも全ての人がご利用頂けるものではありませんが、それだけ会社としてしっかりとした判断をしているので安心して申し込みができると思います。

「金利」と「利息」をしっかりと理解しよう

計算機を持っているキャッシングをした時は、契約によってあらかじめ決められた「金利」をもとに【利息】を支払う必要があります。

銀行カードローンやクレジットカードを利用する場合も同様ですが、金利の設定が高いか低いかによって返済の負担が大きく変わるため、出来るだけ低い設定のものを選ぶようにしましょう。

ところで、一口に「金利」と言っても内容を詳しく理解している方は意外と少ないものです。

お金を借りるうえで金利を理解していないと、後で後悔してしまうという事態も考えられますので、基本となる金利について少し考えてみましょう。

基本的に、金利とは【年利】という言葉で言い換えられます。

借入れ時点から「12か月間」に必要となる費用の総額が年利です。

その為、金利(年利)10%で10万円の借り入れをするする場合、12か月間元金の変動が無かった時には1万円の利息が発生するという事です。

これは月に換算すると約800円ちょっとです。

しかし、仮に借入れ翌月に完済した場合は10万800円の返済で済むため、同様の取引でも実際に支払う利息には差があります。

後者の場合、金利に換算すると0.8%程度となり、この数値を【実質年率(実際にかかった金利の割合)】として捉えておくことが必要です。

利息計算のやり方

利息を知る計算式は「借りた金額×年率×借りた日数÷365日」です。これを覚えておけば返済をイメージすることができます。この計算式を見るとわかるように金利が低い、あるいは借りる日数が短いと同じ金額を使っても利息は少なくなりますよね。負担を減らすにはその二つの点を覚えておくことです。

カードローンの金利一覧

カードローンは冠婚葬祭が続いたり、給料日まであと数日の生活費が足りないなんていう、家計のピンチのときに上手に活用するのがおすすめです。

もしものときのためにあらかじめ時間のある時に作っておくというのも良いですよね。

銀行が発行するカードローンは消費者金融に比べると、審査が厳しい部分がありますが、その分低金利に設定されているのでお得に借りることができます。

カードローン 実質年率 融資限度額
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 1.8%~14.6% 10万円~500万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 1.59%~18.0% ~1000万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 10万円~800万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 10万円~800万円
楽天銀行 スーパーローン 1.9%~14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円
auじぶん銀行カードローン 1.7%~17.4% 10万円~800万円
りそな銀行プレミアムフリーローン 5.7~6.0% 500万円
キャレント 7.8%~18.00% 1万円~500万円
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8% 800万円
住信SBIネット銀行カードローン 1.99~7.99% 1000万円
ゆうちょ銀行カードローン したく 7.0~14.9% 500万円
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
銀行の利用者拡大中

利便性が高くなっているので、これまで以上に銀行カードローンの傾向が強くなっています。例えば、金利の低さはそのままに提携ATM網の整備で全国で利用可能になっているサービス面での進歩が際立っています。信頼度も高い銀行は最注目です。

10万円貸してもらう時は?

借入金利が17.8%のフリーキャッシングで10万円借りた場合、利率はどのくらいなるのかシュミレーションしてみました。

12ヶ月借りた場合は9,158円ずつ返済することになります。

利息は月によってまちまちで最初の月に利息分をいっぱい返して徐々に減っていき12ヶ月目には100円台になります。元本は逆です。

一方、返済額は毎月ほぼ同じです。ほぼ一律、9,158円、12ヶ月目は2円安くなります。別の見方で計算すると10万 / 12ヶ月 = 8,333円です。

次に9,158円 – 8,333円 = 825円という計算をして825円 × 12ヶ月 = 9,900円。利息はおよそ9,900円になります。

借入利子が17.8%ってすごい額のように見えますが、借りた額の1ヶ月分程度です。利息で月々の返済額が変わるよりも一律の方がわかりやすいです。

15%で借りる際の計算は?

ちょっとここでも利子の計算をしてみます。急いで借入をされる人も参考にしておいてください。

お金を借りる前にどのぐらいの利息を支払うのか確認しておくことによって、計画的な利用・返済計画を立てることが出来ます。

契約条件を確認すると「3%」や「18%」など利息を確認することが出来ます。これは、一年間借りた場合になります。

例:15%で10万円を1年間借りた場合10万×15%=15000円となり、15000円が業者に支払う利子になります。

返済期間が短くなると、それに応じて支払う利息も少なくなります。

(※例:利息18%で10万円を60日借りた場合で10万×(15%÷365日)×60日間=2465円)

お分かりの通り少額の2465円が業者に支払う利子になります。

この様に、借り入の期間が短くなればなるほど支払う利息も少なくなります。

また、利息は日単位で計算する業者が多いので、余裕があれば一日でも早く返した方が総支払額は少なくなります。

最近では、自分で計算しなくても公式サイト上に利息シミュレーターといった利息がいくらで総支払がいくらになるか簡単に計算できる機能を公開している業者が多いので、利用している業者のホームページをチェックしてみるのも良いと思います。

主婦でも使える範囲内です

計算してわかるように利息はそれほどでもないですよね?20万円という比較的主婦にとって高額であってもこの程度の利息ですから、もっと少ない金額の利用ならもっと安心して使えます。もちろん5万円や3万円など少ない金額での利用もできますから、ちょっと困った時に活用するのに最適です。

無利息サービスがあるかどうかを確認しよう

無利息サービスについて

銀行カードローンの方が金利面では有利であることが分かりますが、それだけでは測れないのがカードローンなのです。

それで次のポイントにも注目しなければなりません。それは無利息サービスがあるかどうかという点です。

無利息サービスとは一定期間利息が無料になるサービスのことで、消費者金融では多くの会社がこのサービスを行っております。

また、30日間利息無料になるものもありますので、こうしたサービスを積極的に活用すれば少し利子が高くても総合的にお得に借入れができることもあるります。

ですから、金利の比較と共にこのサービスの有無も抑えておく必要があります。この3つのポイントを比較するだけで初心者の人でもお得に借入れ先を選ぶことができるでしょう。

180日間金利なしのカードローン

計算機を持っているカードローンでも金利なしでお金を借りれる会社があります。

テレビや雑誌などでも有名な大手消費者金融や、銀行系のキャッシング会社なら、主婦でも学生でも条件をクリアし審査が通れば無利息でキャッシングできます。

しかも大手なので安心、対応も早くてすぐにお金が借りれたと口コミでも高評価です。

無利子の期間や条件は各会社によって違いますが、初めての利用限定で借入金額が5万円までの場合は、180日間もなしで貸してくれる会社もあります。

短期間だけお金を借りたいという人にはとてもおすすめのサービスです。

低金利を後押しする無利息サービス

大手消費者金融で最近イチオシのサービスといえば無利息期間サービスです。30日間の間であれば追加借り入れ分も含めて無利息になるというものや、180日間一定額を無利息にするなど各社が知恵を絞っています。審査が早いことで非常事態に助かる大手はサービス面でも安心して使える優良業者なんです。

金利が低い+αで選ぼう

お金が必要な時にどこの会社を利用するかで、後々、大きな差が出てくる場合があります。

それで、金利が低いかどうかなどをよく考えて選ぶことが大切です。

では、目立たないけど重要な選ぶ際のポイントとして、ほかには何があるでしょうか。

たとえば利便性はどうでしょうか。

審査に通った後にお金を借りたり返したりする時に利用出来るATMが自宅や職場の近くにあるかどうか、また、それらのATMの利用時間帯はどうか、ということは利便性に大きな影響を与えることでしょう。

さらに、それらのATMを利用する際の手数料も重要な要素です。

この手数料は、時間帯によって、また平日か休日かによって、さらには利用金額によっても変わってくる場合があります。

そして、手数料が異なると当然最終的に負担する金額が変わってきます。

ですから、カードローンを選ぶ際には利用出来るATMに関して調べておくようにしましょう。

このように+αのサービスに目を向けることで、金利が低いことに加えた恩恵を味わう事ができます。

借りた後も返済が終わるまでお付き合いがあるわけですから利便性も重要なポイントなのです。

みずほ銀行

 
WEB完結の申し込みが可能!

パソコン、スマホ、タブレッド等での来店不要のWEB完結申込も可能となっていますので、どうしても店頭に入って契約をできない方でも気楽に申し込みを行う事ができます。

 
年2.0%~14.0%・極度額 10万円~800万円

みずほ銀行カードローンは金利が年2.0%~14.0%と業界内では極めて低く設定をされていますし、最大の借り入れ限度額が10万円~800万円までとなっていますので、大口の貸付を希望される方にも高い評価を得ています。

(※住宅ローンのご利用で、金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後は年1.5%~13.5%です。)

申し込み方法は?

みずほ銀行カードローンは申し込み方法が多様で便利です。

カードローンの申し込みと言いますと、面倒な手続きがたくさんあってややこしそうだと思っている女性の方も多いのではないでしょうか。

みずほ銀行では便利なWEBからの申し込みができるので都合のいい時間と場所を選択できます。

平日に時間をあけるのが難しいかたはスマホ、パソコンを使って時間を選ばずできるWEBでの申し込み方法が便利ですね。

インターネットからの申し込みに不安を持つ人も電話で相談したり、「よくある質問」を参照するなどすれば楽々できてしまいます。

全国どこからでもアクセスできる!

ネット申し込みがありますので全国どこからでもアクセスできますし、みずほに既に口座をお持ちの方であればスピーディーに手続きを進めていくこともできます。わかりやすい申し込み方法は好評です。

申し込みできる時間は?

みずほ銀行カードローンは夜間でも申し込みが可能です。

それはWEBで24時間申込みを受け付けているからです。

店頭に行かなければならないとなると銀行が営業している平日昼間に出向科なければいけませんから、仕事に支障が出る心配がありますが、WEBからですとパソコンやスマホを使って夜間でも、会社の休憩時間や移動中などでも、あいた時間に申込みができますね。

申込みはみずほのサイトにアクセスして、申込フォームに必要事項を記入し送信します。

その後、審査になりますので、あとは審査の結果が送られてくるのを待つだけです。結果はメールで受け取ることができます。

しかし銀行のサービスですので、休業日にあたる土日祝日や夜間の申し込みですと審査結果は翌営業日以降になります。

平日でも午後の申し込みですと、翌営業日以降になりますからこのことも気にしておくと良いですね。

みずほ銀行は夜まで働くことも多い、看護師や警備員、時間の不規則な水商売の関係の方にもおすすめできる銀行カードローンです。

口座なしでも契約できる?

みずほ銀行カードローン、口座なしで申し込みを行った場合は契約までに口座を開設することになります。この場合の手続きも口座開設との同時申し込みが可能ですので、大きな手間は必要としません。

安心して利用が出来て金利などのスペックも魅力的なこの大手は、用意しなくてはいけない書類も本人確認の書類など、少ない書類の数で済むのがみずほ銀行の魅力です。(詳しくはウェブサイトを確認してください。)

口座なしでも申し込めるなど、いままで金融機関と関わることが無かった方も全く問題はありません。

夜に手続きをしたい時でもインターネットを利用すれば、24時間申し込みが可能で必要な準備も少なくて済むこの金融商品なら助かりますよね。

スペックを重視される方も、手間をかけずに手続きを行い方も、この商品ならば安心です。

実質年率と信頼性が魅力的!

信頼性が極めて高いみずほ銀行カードローンは実質年率が年2.0%~14.0%と低くなっているのも魅力の1つですよね。大半は上限金利が年18.0%なので返済時の負担が大きいので10万円~800万円の高額貸付で長期的に利用する際にみずほ銀行はフル活用できます。もちろんご存知の3大メガバンクのひとつですので安全に貸入できますよね。

どんな職種の女性でも

開業医や司法書士、会計士などの士業と呼ばれる仕事をされている方にも人気なのが「みずほ銀行カードローン」です。

限度額も非常に高く、極度額が10万円~800万円ですから、よほどのことでなければ不足する心配はないはずです。

設定される限度額は年収に大きく左右されますが、司法書士や会計士などの仕事をされている方であれば高い限度額を設定してもらえる期待が持てますね。

この商品はインターネットから申込みを行いローンカードの受取も郵送で可能ですから、診療時間の延長などで日々お忙しい開業医の方でも気軽に申込みが行なえます。

ご利用の際にはみずほ銀行の口座が必要となりますが、口座をお持ちでない方もサービス申込みと同時に口座開設の申込みをすることも可能です。

忙しいみなさんの時間を無駄にせずに済むのも、みずほ銀行カードローンが人気の理由の1つです。

スルガ銀行

お金を貸してもらう時に考えておかなければならないのが、金利がどれくらいなのかという点です。支払いに直結する部分ですから真剣に考えるべきポイントです。

ではこの点で優れているのは何かというと銀行カードローンです。

ワンランク低い金利で貸し付けを行ってくれる事から最近特に人気となっています。

スルガ銀行カードローンの金利面は言うまでもなく、利便性・安全性が高いサービスを兼ね備えています。

特に注目していただきたいのですが、年利3.9%~14.9%の低金利で貸してくれるという点です。

下限の低さはもちろんのこと上限も15%を切る数字ですから長く借りても安心です。

便利さに焦点を当ててみると、ネットからの申し込み受付で店舗に来店する必要がないので手間いらずです。

このように金利・便利さがそろったスルガ銀行は人気の面でも急上昇していますのでおすすめです。

がん保障特約付き消費者団体生命保険について

スルガ銀行の独自のサービスとしてがん保障特約(がん保障特約付き消費者団体生命保険)があります。

これは大病であるがんにかかったときにこの大手が保険金を出してくれるサービスです。

あなたはローン利用中にがんのような大病にかかることを想定していますか?

がんにかかると長期的な治療費の負担が大きく、万一の時は残された家族に大きな迷惑がかかります。

2人に1人が患うといわれるがんは誰にとっても無縁とは言いきれません。

できれば保険で備えておくとカードローンを使う際のリスクを軽減できます。がん保障特約は他社にはないこの大手の大きな強みです。

ちなみに保険料を支払う必要はないので、特約利用に当たって新たな負担を心配する必要はありません。

お得ながん保険付きで人気!

スルガ銀行は低金利で人気なだけでなく、がん保険付きでクレジットカード機能も付けられることで人気となっています。保険料は銀行側が負担してくれるのでお得に使えます。大病に遭っても家族に負担をかけたくないという願いを叶えてくれるのはスルガ銀行のこのサービスです。

対象年齢、ATMについて

スルガ銀行カードローンは先ほど記載した通り、がん保障特約付きとなっています。

保険料は銀行負担、保険適用期間は、満76歳になった月の末日までなので、まだがん保険に入っていない方でカードローンを検討している方ならぜひ利用してみたいサービスです。

融資の条件はご契約時の年齢が20歳以上70歳以下の方で、安定した収入のある方であればどなたでも限度額10万円~800万円(50万円超の申込みには、収入証明書が必要になります。)の幅広い金額で様々な場面や用途に使えます。

融資は来店不要で、免許証もしくは保険証などの本人確認ができる証明書はアップロードするだけでOKとなっています。

金利は年利3.9%~14.9%の範囲で決められます。

カードは1週間ほどで送られてきますが、Visa機能付きも選択可能(年会費無料)です。

出金は近くにスルガ銀行の店舗やATMがなくてもゆうちょ銀行や、コンビニエンスストアでできるので、必要な時にいつでも気軽に出金できるので便利です。

返済に関しても同様のATMで月々3000円からと自分のペースで返済できますので、無理のない返済計画が立てられます。

幅広い対象の女性の方がお得に使える!

リザーブドプランは低金利だけでなくがん保険付きなのでこれまで以上に幅広い年齢の方がお得に使えるというメリットがあります。40代や50代でご家族をお持ちの方であればおすすめしたいのがこの商品です。クレジット機能も付帯させることができますので、20代や30代などの海外出張や旅行が多い方にも最適です。

低金利や口座維持費ゼロ

比べてみればわかるのがスルガ銀行のサービスです。

まず利率比較してみるとわかるように、最低金利が3.9%、上限も14.9%ですから利率比較ではノンバンクに優っているという形です。

銀行の中でもお得に使えるとして口コミでも評価されていますのでメガバンクにも負けないサービスといえます。

次に比べてみるのはトータルコストです。リザーブドプランは、WEB完結申込ができるので、来店コストはゼロ、時間ロスもゼロです。

そして年会費や口座維持費も当然ゼロです。コストという点でいえば0円で付加できるサービスの多さも魅力です。VISA機能を付けることができますが、これも年会費ゼロです。

団体信用生命保険に加入できますが、保険料はスルガ銀行側が負担してくれますのでやはり負担はありません。

こうして考えてみるとわかりますが、トータルコストが優れているだけでなく付加価値が高いのが特徴です。

そして団体信用生命保険やクレジット機能を付けることなどは、他社にはない独自のメリットですので、「得したい!」という女性の方にはメリットのあるサービスといえるでしょう。

WEB申込手続きの方法は?

スルガ銀行カードローンリザードプランの申込対象者は契約時の年齢が20歳以上70歳以下で安定した収入のある方です。

パートやアルバイトの女性の方も申込可能です。

申込の手続きはたったの3つです。WEB上で必要事項を記入し、本人確認資料をスマホ・携帯でアップロードして、契約・振り込みをするだけで来店は一切不要です。

書類の郵送、記入もありませんし、すべてWEB上で手続きが完了しますが、電話申込の場合は書類の郵送が必要です。

限度額は10万円~800万円ですが、500万円超の申込の場合は収入証明書が必要になります。

借り入れはゆうちょ銀行、セブン銀行ATM、イーネットのあるコンビニATMに専用カードを入れて暗証番号と借入金額を入力するだけでできます。

タウンネットワークATM、イオン銀行、借入時のみ全国提携金融機関のATM・CDでも利用可能です。

また、iPhone・Androidアプリからカードローンリザードプラン専用アプリをダウンロードすればスマートフォンから使う事もできます。

またVisa機能付きカードの場合は利用方法が広がります。Visa加盟店のお店であればレジで支払いやネットショッピングやオークションなどの支払いも可能です。

さらにVisa加盟店に限り、海外の提携ATM(「Visaグローバル」「プラスシステム」)で現地通貨での借り入れができます。

その際の海外ATMの引き出し手数料と海外取引事務手数料は無料ですが、一部ATMにおいて現地金融機関の所定の使用料がかかることがあります。

がん保険付きは他ではない独自のサービス!

地方銀行は独自色がでていて最近人気が高まっていますが、スルガ銀行のリザーブドプランはがん保険付きのクレカとして発行されますので、特徴のあるサービスを受けることができます。キャッシング機能だけでなくクレジット機能やがん保険までついてくるのでお得であると言えるかもしれません。

じぶん銀行

じぶん銀行カードローンは、auのスマホなどを利用していれば最大で0.5%の金利引き下げが行われるのがメリットです。

コンビニやゆうちょ、提携銀行のATMでの借り入れや返済などの利用手数料が無料であるのも助かりますね。

ただ、じぶん銀行にもデメリットはあります。下限の金利は年2.2%と大変低いのですが、上限は17.5%と特別低くはありません。

消費者金融と比較した場合は低金利と呼べる数字ですが銀行カードローンに絞って考えた場合は、じぶん銀行カードローンよりも上限の低い商品は存在します。

また口座を持っている場合の融資までのスピードはとても早いのですが、そうでない場合は1週間程度の日数がかかってしまうのはお急ぎの方にとってはデメリットと言えます。

この様に少なからずデメリットもありますが、800万円と高い最大限度額などメリットも多い商品であることは間違いありません。

来店不要で審査はスピーディー

全国どこからでもネットで契約できるじぶん銀行カードローンは最短即日融資もできるため、急いで貸してもらいたい時に助けになるサービスです。気になる金利も年2.2%~と低設定です。徹底的にコスト削減しているネット銀行ならではのサービス金利といえます。

24時間365日利用できる!

インターネットバンキングである「じぶん銀行」のカードローンは、店舗なしであってもコンビニATMから借入可能なので使える場所は幅広く対象エリアは全国と呼べますし、24時間365日コンビニATMが使えますので晩でも真夜中でも問題なくお金を貸してもらうことが出来ます。

ネットバンキングに対して、どうしても何となく不安を感じてしまう方は今も少なくはありません。

店舗が無いので不便そうに思えてしまうんですよね。でもじぶん銀行はネットバンキングだからこそ、ネットでの手続きやATMを使った借入返済がとても便利に出来る様になっています。

とくにコンビニATMが365日24時間いつでも使えるのは大きいはずです。

他社では土日は利用時間が限定されていたりすることもあります。

お金が必要になるのはいつでも突然なのに、その時に借入が出来ないのでは便利とは言えませんよね?

このカードローンは晩であっても夜中であっても、利用できるATMがあるコンビニさえ近くにあれば大丈夫です。

コンビニは全国どこにでもありますから使える場所の心配もなく、時間も気にせずに済むのでお金を貸してほしいと思った時にスグに借入が行なえますね。

対象エリアのことは心配する必要はありません。

「店舗なし」であることをメリットとするじぶん銀行カードローンは、とても便利で頼りになりますよ。

千葉銀行

ちばぎんカードローンは千葉銀行の商品であり、大手銀行と比べても安心感で引けは取りません。

そして金利も1.7%~14.8%と期待に応えてくれる数字です。

ただ、これだけだと他の銀行でも良いのでは?と思われるかも知れませんが、銀行の中にはインターネットの振込に対応してくれないものが多くあります。

ちばぎんカードローンは安心安全の振込対応であり、千葉銀行に普通預金口座をお持ちの方が利用出来るWEB完結申し込みを使えば手続きの手間も少なくなり安全な振込も受けやすくなります。

1つだけで無く多くのメリットを持つからこそ、ちばぎんカードローンは多くの方に利用されています。

お得なのは金利計算してわかる

千葉銀行カードローンならコンビニATMなどを利用して夜間にお金を引き出したとしても支払う利息は思ったよりも少なくて済みます。

ちばぎんの融資方法はコンビニATMだけでなく、インターネットや電話からも手続きが行えます。この便利さから気軽に利用できるのですが気になるのは利息ですよね。

後々、返済に苦労しては後悔することになりかねないのですから。

ですが金利が1.7%~14.8%と低いこの商品なら、計画的に利用すれば便利に活用できるはずです。

例え10万円をこの金利で1年間利用し続けていたとしても発生する利息は8,192円でしかありません。1年間でこれだけですから負担は少なくて済無かと思います。

もし50万円と大きな額を貸してもらったとしたら1年間での利息は40,977円。

こうして計算してみれば夜間でもいつでも必要な時に利用しやすいと思います。

千葉銀行カードローンは千葉や茨城、埼玉の首都圏で夜間日中問わず活躍してくれます。

くちこみでは首都圏近郊で利用できるローンではトップクラスの高評価を得ていますので、この地域の方には特に注目の商品です。

北洋銀行スーパーアルカ

カードローンに求める第一の要素は金利の低さとお考えなら、北洋銀行のスーパーアルカがオススメです。ここの金利は1.9%~14.7%です。

上限に関しても14.7%と、スーパーアルカだからこそ出来る金利の低さで安心です。

もしかすると下限の金利と比べるとあまり低くない様に思えてしまうかも知れませんが、この14.7%で30万円を1ヶ月借りたとしても利息は3,700円ほどです。

少ない利息だと思いますが、これもこの商品の金利が低いからこそです。

やっぱり借入先を選ぶには金利が重要。だからこそ、この大手の商品は人気があり、多くの人に利用されているのです。

アイフル ファーストプレミアムカードローン

アイフルには特定の方向けの融資のための商品としてファーストプレミアムカードローンというものがあります。

このカードは23歳以上の方で一定の収入がある人で、初めてのご利用の方に限られるのではありますが金利面での優遇がよく、適用金利額が3.0%から9.5%と消費者金融としてはかなり低い適用金利でご利用いただけます。

また、融資限度額も高く800万円までとなっていますが、借入するにも最低100万円から借り入れしないといけないようで、そこまでの額を返済ができない方には最初からすすめられないような商品にもなっていますね。

ちょっとリッチな感じの人向けの金融商品と言えます。

大きめの額を有利に借りたいときには、このサービスはいいかもしれませんね。

ローン選びを無利息サービスで比較すると?

無利息サービス

サービス期間の長さで比較

無利息サービスの長さは各社異なります。老舗であれば最大30日というのが最近の標準です。しかし中小業者では最大7日間や実施していない場所もありますので、選ぶなら知名度の高い老舗です。

 
繰り返し無利息期間が使える

大手の中には独自のポイントサービスを使って、繰り返し無利息期間が使えるようにしている所もあります。また老舗なら手数料不要で利用できる場所が多いなどの付加的な特典もあります。

 
やっぱり速さも大事

ローン選びの際には速さもしっかりと考えておきましょう。最短30分で審査が終わるかどうか、来店不要でスマホで手続きを行えるかどうかといったポイントは速さに直結する重要な点です。

無利息期間のあるローン業者は?

業者によって利息ゼロ円になる期間が違う

評価の高い名前が知られているローン会社の多くは、初めての契約者であれば一定期間無利息でキャッシングができるサービスが付帯しているため、給料日前に少しお金を借りたいときなどにお得に貸し付けができるという共通点があります。

無利息キャッシングの期間については会社によって様々ですが、人気の業者では概ね30日程度無利息キャッシングができるので慌てて返済する必要がなく、ゆとりをもってキャッシングができます。

無利息サービス 無利息期間 条件
プロミス 30日間
(初回借入日の翌日から)
初めての方・
メアド登録とWEB明細ご利用の方
アコム 30日間
(契約日の翌日から)
初めての方
アイフル 30日間
(契約日の翌日から)
初めての方
ベルーナノーティス 14日間
(初回借入日の翌日から)
初めての方
SMBCモビット × × ×

プロミス

プロミスのキャッシングローンの場合、新規契約時にメールアドレス登録とweb明細利用の登録することによって無利息サービスを受けることが出来ます。

多くの場合では、無利息期間は最大30日となっており、契約日の翌日からの適用となります。

結果、直ぐに借り入れをしなければ、無利息期間がどんどん短くなってしまいます。

ですが、プロミスの無利息期間は初回借入日の翌日から30日間となり、無駄にすることが無くなります。

また、会員サービスも充実しており、貯まったポイントを利用し、金利0円のサービスを再度使用することが可能です。

毎月会員ページにログインし、毎年所得証明書類を提出するだけで最低でも7日間の金利ゼロ円のサービスを利用することが可能です。

アコム

アコムは融資スピードが優れている消費者金融なので早く資金調達をする事が出来るのが最大のメリットになります。

しかしアコムはサービス面でも優れているので多くの人が利用しているのです。

消費者金融は実質年率が高く設定されているので、初めてお金を借りる時は不安になってしまうものです。

しかしアコムは初めて利用する時に金利無料のサービスが適用されてサービス期間は金利なしでお金を貸してもらう事が出来ます。

返済する時に加算される利息が少なくなるので資金調達をするのに安心です。

ただし、アコムはプロミスとは違い契約日の翌日から30日間となるので、借入したいと思う直前に契約したほうがお得に使えますので、注意が必要です。

アイフル

アイフルのカードローンもプロミスとアコムと同様に「30日間無利息サービス」が利用できるようになっています。

最大30日間無利息でキャッシングできる為にお得に利用できます。

また、このサービスの適応条件は、初めて契約の方ということだけですので、手間がかからず手軽に利用できるのが特徴です。

ただし、アコムと同じように30日間金利0円のサービスは「契約日の翌日」からサービスが自動スタートします。

契約完了してからすぐにキャッシングしないと30日間きっちり利用できず、無駄になってしまうので注意が必要となります。

ノーローン

低金利のキャッシング会社を選ぶ事によってお得感がでますが、ノーローンのように借入日の翌日から一週間無利息になるようなサービスをしている所もお得感があります。

ノーローンは一週間無利息を利用して無事に返済が終わった後、翌月にまた借入をした場合その借入日の翌日から一週間無利息になるという何度も一週間無利息になるお得なサービスもありますので、そちらも有効に使われると良いと思います。

もちろん短期(一週間内)で返済すると完全無利息になるので、○○を購入して5日で借入を返済しよう!と思っている人にとっては利息がかからず、最高にお得な返済方法だと思います。

ノーローンは一週間無利息というお得なメリットがありますが、その他にも楽天のポイントが利息に応じて貯まっていくサービスも行っておりますので万が一、一週間以内に返済ができなかったとしても、楽天のポイントがたくさん貯まっていくというケースもあります。

ただ低金利のところを狙うのではなく無利息や楽天ポイントなどが貯まるようなメリットのあるサービスを展開しているキャッシング会社を利用することで返済も負担なく行えると思います。

借り入れ金額  8万円
ボーナス返済割合  0.00%
年間利子率  4.500%
貸付期間  1年
返済総額  81,957円
年間返済額  81,960円
月額返済額  6,830円
支払利息総額  1,957円

無利息の借入ができるところがおすすめ

ローン業者を選ぶ際には金利ゼロ円のサービスがあることを確認してみてください。そうすればスピード融資もできますし、お得に使用することもできるからです。またこうしたサービスを実践しているのは大手業者ですので、こうした金融サービスに慣れていない主婦の方でも使用しやすいでしょう。



同ジャンル・関連ページ