個人事業主の資金調達

個人事業主が利用できる資金調達方法は?

個人事業主が資金調達を検討する場合、利用目的や借入希望額などで申し込み先が変わってきます。

一般的なキャッシングやカードローンの場合、事業目的での利用ができない場合も多く、総量規制で借入額が制限されていることがあります。

なので、事業に使いたい場合は、銀行融資やビジネスローン、消費者金融の事業者カードローンなどを利用する必要があります。

このように、資金調達方法でも様々な借入先や商品があり、それぞれ個人事業主が申込できるのか、できないのか、メリットやデメリット、使用用途なども違ってきます。

このページでは、個人事業主の方がどのような方法で借り入れするのが最適なのか、それぞれの商品の違いについて分かりやすく説明していきたいと思います。

コンテンツ一覧

ビジネスローンと一般向けどっちが良いの?

個人事業主がカードローンを検討する際、カードローンとビジネスローンは一見すると似ているように考えます。

しかし、この2つでは利用目的に大きな違いがあり、事業資金としての借入の場合は銀行や消費者金融の一般向けとなるカードローンが使えないという問題があります。

一般向けの場合、利用目的が原則自由ではあるものの、事業性資金への利用が認められていません。

個人事業主の場合、ビジネスローンで申し込む、又は個人事業主向けの生計費と事業費、両方に利用できる商品を選ぶのが重要になります。

生計費 事業費 総量規制
消費者金融(一般向け) × 対象
消費者金融(自営業者向け) 対象外
銀行カードローン × 対象外(自主規制あり)
ビジネスローン × 対象外
国(日本政策金融公庫) × 対象外

一般的に消費者金融の自営業者向け商品は生計費と事業費、両方に利用できるようになっていますが、業者によっては生計費として使えない場合もあるので注意してください。

こんな時にはビジネスローンがおすすめ

個人事業主が事業資金を調達する際、短期間のうちに確保したい、保証人不要で申し込み手続きに手間が掛からない、そして繰り返し利用できるものがないか検討するケースは多くなります。

そこでおすすめなのが、ビジネスローンでカードローンタイプのものです。

特に貸金業者のビジネスローンの場合、インターネットから申し込み手続きを行うことができ、契約手続きも来店不要で行うことができます。

また保証人不要の商品なら保証人を親類縁者に頼むこともなくなり、資金調達までの時間を短縮できます。

さらにカードローンタイプなら利用限度枠内であれば、繰り返し借入することができ、その都度審査を受けたり、契約手続きを行うといったこともなく、必要なお金をスピーディーに調達することができます。

融資まで1ヶ月や2ヶ月も待っている余裕ないという際にはビジネスローンは有効な資金調達方法です。

社名 融資スピード 実質年率 限度額 個人事業主
専門業者 アイフルビジネスファイナンス株式会社 最短即日 3.1%~18.0% 50万円~1,000万円
アクトウィル 最短即日 7.50%~15.00% 5000万円
オージェイ 無担保融資 最短即日 30万円~2,000万円 10.00%~18.00%
MRF 長期間元金据置プラン 最短3日 4.00%~9.90% 100万円~3億円
ビジネスパートナー 最短5日 9.98%~18.0% 50万円~500万円
Carent 最短即日 7.8%~18.0% 1万円~500万円 ×
三鷹産業株式会社 最短即日 100万円以上:6.00%~15.00% 100万円未満:6.00%~18.00% 50万円~1,000万円
銀行 ジャパンネット銀行 ビジネスローン 4.8%~13.8% ~500万円
三井住友銀行 ビジネスセレクトローン 2.125%~ ~1億円 ×
みずほ銀行 スマートビジネスローン 1%台~14% 10万円~1,000万円 ×
りそなビジネスローン「活動力」 年6.0%、年10.0%、年14.0% 10万円~500万円
きらぼし銀行 スモールビジネスローン 年3.0%~8.0% 100万円~1,000万円
静岡銀行 しずぎんビジネスクイックローン 5.0%~14.9% 50万円~500万円
信販会社 オリックスVIPローンカード BUSINESS 最短即日 6.0%~17.8% 50万円~500万円
ユニーファイナンス 12.00%~17.95% ~200万円
オリコ CREST for Biz(個人事業主専用) 6.0%~18.0% 10万円~300万円
ノンバンク アイフル 事業者サポートプラン 最短即日 3.0%~18.0% 1万円~500万円
ニチデン 最短即日 4.8%~17.52% 50万円~1億円
トライフィナンシャルサービス 最短即日 6.8~12.65% 300万円~5,000万円
デイリーキャッシング 最短即日 5.2%~14.5% 200万円~5,000万円

事業資金以外に利用するなら一般向け商品

個人事業主の方が借り入れを検討する際、ビジネスローンが良いかカードローンがいいのか悩みます。

特に会社の信用状況を考慮するのであれば、一般向けでも自営業者に対応したものがおすすめです。

ビジネスローンのように会社としての借り入れと見做されることがなく、金融機関から融資を受ける際に審査への影響を抑えることができます。

一般向けの商品は個人事業主でも安定した収入があれば利用できるところが多いですが、事業性資金には使えないため注意が必要です。

一般向けカードローンの場合、専用ATMや提携ATMからカードを使って24時間365日利用可能なこと、振込融資サービスも充実し24時間いつでも短時間のうちに口座入金が行われるなど、借り入れ方法に困ることがありません。

名前 融資スピード 実質年率 限度額 個人事業主
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 10万円~500万円 詳細
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 10万円~800万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円
auじぶん銀行カードローン 1.7%~17.4% 10万円~800万円
ちばぎん クイックパワー 1.7%~14.8% 10万円~800万円
北洋銀行 スーパーアルカ 1.9%~14.7% 10万円~1000万円
プロミス 最短60分 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 最短60分 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 最短即日 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 最短即日 4.5%~18.0% 1万円~500万円
レイクALSA 最短60分 4.5%~18.0% 1万円~500万円
ベルーナノーティス 最短即日 4.5%~18.0% 1万円~300万円

条件の「安定した収入」とは?

個人事業主もカードローンへ申し込むことは可能なのですが、今から申し込めるだけでなく手続きがスピーディという便利な商品もあるってご存じですか?

「個人経営者が利用できるカードローンはほとんど無い」とお思いの方が少なくないのですが、実際はそんなことは全然無いんです。

経営者が利用できる老舗カードローンが無いと勘違いされてしまう大きな理由は、申込み条件にある「安定した収入」という項目です。

会社員と違い収入が安定しているという証明が難しい為に、実際には審査に通れないと思ってしまう方が多いのですが、経営者の申込みを禁止しているわけではありません。

時には収入証明書の提出を求められることもありますが、きちんと提出を行うことによって『安定した収入』という条件をクリアすることが可能です。

『今から申し込める手軽さと手続きがスピーディに終わる便利さ』を持つ借入先に申込めば、普段の生活で急にお金が必要になった時も素早くお金を調達出来る可能性は大ですよ。

必要書類を用意してから申込みを

個人事業主やフリーランス、SOHOの方もお金が必要で借入したいと思う時はありますよね。

でも審査に通らないのじゃないかと不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、個人事業主の方でも安定した収入があれば借入は可能なのです。

もちろん申込みには必要な書類がありますが、メインのものでは本人確認書類と確定申告書ですよね。

本人確認書類はどのローンや貸し付けでも申請時には必要になってきますよね。

運転免許証やパスポート、健康保険証、マイナンバーカードのいずれかが主なものとなるでしょう。

次に収入を証明するものとして個人事業主の場合は確定申告書や所得証明書といった公的な書類の提出が必要です。

確定申告書は2年分が一般的ですが、業者によって1年分でよいところもあります。

まだ業歴の浅い方は事業計画書や収支計画書などの提出を求められることもあります。

ローン業者によって必要書類が異なりますので、用意ができる書類で貸付に備えたいですね。

必要書類は違いがあります

業者によって大きく異なるのが申込時の必要書類です。希望融資額や業歴によっても異なります。最近は必要書類を少なく抑えて少しでも早く契約をしようという金融会社も増えてきました。申込前にしっかりとチェックしておきましょう。電話で確認を取るのも良い方法です。

銀行カードローンのメリットは?

銀行カードローンを個人事業主の方が利用するメリットは何なのかとか、契約の際に提出するものなども気になるところですね。

個人事業主だと銀行での融資は難しいのではと思う人もいますが、最近は銀行の商品も個人事業者や自営業者を対象にしていますし、実際のところ銀行カードローンは個人事業主の方にも人気なんですよ。

理由はやはり低金利なところでしょう。また銀行ですから信頼ができますし、総量規制の対象外であるところが大きなメリットです。

銀行のカードローンは契約後すぐにその口座のキャッシュカードですぐ利用できるところも便利でうれしい点ですね。

ただし、個人事業主の方は申し込みの際に住民税決定通知か納税証明書、確定申告書など公的な所得証明書類が必要になるケースが多いです。

ですから、あらかじめ準備をしておく必要がありますね。銀行は事業性資金には使えないとしている商品も多いので、その場合は生活費に回して利用するとよいでしょう。

消費者金融での貸付は事業資金として使える?

通常、消費者金融を利用する場合、フリーキャッシングを利用することになると思いますが、その商品ですと上記でも記載したように、事業目的での利用が禁止されている場合が多くなっています。

個人事業主の方でも生計費などに使う分には全く問題がないのですが、事業資金としての借入を望む場合にはフリーキャッシングは使えないので注意が必要です。

事業資金として使いたい場合、プロミスなら「自営者カードローン」、アコムなら「ビジネスサポートカードローン」、アイフルなら「事業サポートプラン」とそれぞれ商品が用意されています。

これらについては事業での利用もできますし、総量規制の対象外となっていますので、高額の貸し付けを望める可能性もあります。

フリーキャッシングも事業者向けカードローンもそれぞれメリットデメリットがありますので、利用用途や状況によって使い分けて自分に合ったものを活用するようにしてください。

消費者金融の事業者ローン

先ほど書いたように、消費者金融のプロミス・アコム・アイフルは、それぞれ個人事業主向けのカードローンがあります。

プロミスは自営者カードローン、アコムはビジネスサポートカードローン、アイフルは事業サポートプラン(個人プラン)という商品名になっています。

どの業者も最短即日融資が可能であり、事業性融資となるので総量規制の対象外となっているので、通常の商品よりも高額の借入を望める可能性があります。

資金使途に関しては、それぞれ少しずつ違いがあります。プロミスは生計費および事業費に限りOK、アコムは自由、アイフルは事業資金のみとなっています。

その他にも違いがあるので、下記の表を参考にしてみて下さいね。

プロミス
自営者カードローン
アコム
ビジネスサポートカードローン
アイフル
事業サポートプラン
融資時間
最短即日
総量規制
対象外
融資額 ~300万円 1万円~300万円 1万円~500万円
実質年率 6.3%~17.8% 12.0%~18.0%
100万円以上:12.0%~15.0%
3.0%~18.0%
資金使途 生計費・事業費に限る 自由 事業資金
対象者 20歳以上65歳以下の自営者の方 個人事業主の方(業歴1年以上)でアコムの基準を満たす方 個人事業主
担保
保証人
原則不要
遅延利率
実質年率20.0%

アイフルビジネスファイナンス株式会社のカードローン

個人事業主のカードローンはユーザー支持と口コミ評判の高いアイフルビジネスファイナンス株式会社がおすすめリストの最上位にきます。

フリーランスや自営業だと審査を通過しにくいのではないかという不安を持つ方もいますよね。

しかしアイフルビジネスファイナンス株式会社は法人または個人業主を対象に事業者向け融資を行っていて、個人事業主や中小企業へのサポートが厚いと有名な会社です。

実際に多くの経営者の方が活用しており評判の高い会社ですので、自営業の方も安心して申し込みをすることができますよ。

フリーランスや小規模な会社の場合、他の金融機関では希望金額に達しなかったとか、相手にされなかった、断られたなどの経験を持つ方もいると思います。

その点、アイフルビジネスファイナンス株式会社ならネットで検索をしてみても、銀行では断られたが融資してもらえて助かった、急ぎで資金が必要な折りに希望額を融資してくれて乗り切れた等多くのユーザーの口コミがヒットします。

またスタッフの対応もとても親切だったという感想も見られ、多くの方に支持されています。

自営業の方の資金面のサポートをしてくれる頼もしい存在なってくれることでしょう。

最短で借りたい時に使おう

個人事業主に評判のアイフルビジネスファイナンス株式会社のカードローンはサッと手早く利用できて便利です。アイフルビジネスファイナンス株式会社を活用する大きなメリットのひとつは利便性の高さです。

この商品ではカード発行後は契約限度額の範囲内でなら、何度でも繰り返し借入することが可能となっています。

つなぎ資金や仕入れ、広告費、事業の拡大時など緊急に資金が必要になることもありますよね。

そんなときに、カードを持っていれば提携ATMからサッと手早く現金を調達することができます。

わざわざ何度も申し込んでその都度審査を受けるという手間がなく、必要なときにいつでも追加で出金できるのは大いに助かりますよね。事業資金の範囲でなら使途は自由となっています。

突発的に資金が必要になった時の安心材料にもなりますね。アイフルビジネスファイナンス株式会社は個人経営者や自営業者の心強い味方となってくれます。

担保や保証人が不要ってほんと?

個人事業主に好評なアイフルビジネスファイナンス株式会社のカードローンは迅速対応で手っ取り早い資金調達が可能です。

すぐに資金が必要と言う場合には何より素早い対応をしてくれる会社がありがたいですよね。

公的機関や銀行の融資では書類の準備や審査に大幅に時間がかかってしまうことが多いです。

一般的に保証人や担保が必要な場合もよくありますし、審査に関しては1ヵ月近くかかったという話もあるくらい時間を要します。

その点、アイフルビジネスファイナンス株式会社では原則担保や保証人は不要です。

ただし法人の場合ですと代表者が連帯保証人となりますが、保証人になってくれる当てを別で探す必要はありませんよ。

その分の手間と時間がかかりませんので迅速に手続きが進みますね。アイフルビジネスファイナンス株式会社では審査時間が最短1日と言うスピードです。

手っ取り早く融資を受けたいときに最適ですね。アイフルビジネスファイナンス株式会社への申し込みはパソコンやスマホからネットの公式サイトで行えます。

申し込みフォームに必要事項を記入して送信するのみですので、3分程度で来店不要で申し込み完了できます。

忙しくて時間の取りにくい経営者の方にもおすすめです。

個人事業主向けの消費者金融は?

個人事業主が消費者金融でお金を借りる方法

個人事業主が消費者金融で借入をする場合にはどのような点に注意をするべきなのか?

初めて消費者金融を利用する時に抑えておきたい点があります。

生活費として使う場合には、個人事業主の方でも通常のフリーローンを利用することができますが、基本的に事業資金として使うことはできません。

なので、事業資金として消費者金融を利用したいなら個人事業主向けビジネスローンが用意されている業者もありますのでそちらをご活用ください。

事業性資金として使いたいなら

一般的なキャッシング契約の場合、銀行や消費者金融に限らず、事業性資金に利用することが出来ません。そのため、ビジネスローンなどの事業に対して利用を限定したローンを契約する必要があります。

ですが、プロミスの自営者カードローンやアコムのビジネスサポートカードローンなどの場合は個人事業主であれば、生計費だけでなく事業費にも利用可能です。そのため、別の業者での契約やファクタリングサービスを利用することが無くなり、審査などに掛かる時間も短縮できます。

今日のうちに借りたい時は?

個人事業主の方も消費者金融を利用すれば、「今日のうちに」と急いでいる時でも大至急、借入することが出来るかも知れません。

融資を受ける場所や方法は幾つかありますが、スピード重視で借入場所を選ぶのなら消費者金融が最有力候補となるでしょう。

老舗の多くでは即日借入にも対応してくれますので、急ぎの場合も間に合わせられる可能性も大きく、会社員の方だけでなく個人事業主の場合でも借入が行なえます。

生計費としての範囲内の使用であれば使途は自由に使えるので、活用範囲は幅広く使い勝手はバツグンです。

例えば、急な約束が入ったので大至急お金を調達したい場合や、「明日はクレジットカードの引き落としだから今日のうちに資金を借りたい」という時にはスピード重視で借入場所を選ぶはずです。

ただ早いだけでなく、WEBからシンプルに申込めて借入返済の手続きも手間無く行える金融機関なら、契約後も便利に使えるのでおすすめです。

何時までに申込すれば当日中に間に合う?

何時までに申込めば当日調達可能かは申込先によって違ってきますが、即日融資とホームページに書かれている場所であれば午前中に手続きを開始すれば高確率で申し込みをした当日中に貸付けが受けられます。

また、早く手続きを完了したいとお思いなら、その中でもなるべく昔からある業者を選ぶ様にしてください。

大手はシステムも洗練されていますので、申込みや契約などの手続きがスムーズに行えるのはもちろんのことスピード査定という特徴もあります。

個人事業主の方は審査に通りにくいとも言われているのですが「大手に申込んだら通過出来た」という話もネット上のくちこみなどで度々見かけることが出来ます。

ですので、個人事業主の方も利用可能で素早く入れ出来る場所をお探しなら、CMなどでよく見かけるカードローン商品から選ぶようにしてください。

確定申告書などの必要書類

個人事業主の方が、消費者金融を『事業目的ではなく私的費用の為に』利用する場合、確定申告書や事業内容証明など、具体的にどのようなものが必要書類として挙げられるのでしょうか。

まずは、本人確認書類として運転免許証もしくはパスポートや住民基本台帳カードなど公的な書類が必要です。

次に収入を証明できるものが必要となります。会社員などであれば給与明細書や源泉徴収票を出せばOKですが、給与を支払う立場にある経営者の方は次に紹介する書類を用意しましょう。『確定申告書』や『住民税決定通知書』です。

これらは、経営者であっても国から確実に発行されているものになりますので、いずれか最新のものを1部提出します。

消費者金融によっては、最新1部(1期分)ではなく、2期分求められる場合もあるので申込の際に確認しておきましょう。

ビジネスローンと違い、個人の私的利用が目的での消費者金融への申込あれば、事業内容や会社の状態を証明する書類は必要ありません。

土日にも貸してもらえる?

個人事業主も消費者金融を使えば、休日に百万円など大きなお金が必要な時にも素早く借入を行うことが可能となります。

ATM利用ができることや土日の貸出に対応してもらえることが消費者金融の大きなメリットですよね。

消費者金融ならば他にも様々な方法で貸付を受けることが出来ますので、ネットからの手続きでもお金を借りられて便利です。

土曜日や日曜日の貸出に対応してもらえますから、休日に急用が入った場合の費用もすぐに調達出来ますね。

名前が知られている金融業者ならば最大限度額が数百万円もある場所も多いですから、まとまったお金が必要になった場合にも頼りになります。

コンビニATMやネットで手続きをしての振込融資を使用すれば、ほぼいつでも振り込んでもらうことが出来ます。

忙しい個人事業主の方も仕事の合間や夜の空き時間に借り入れできれば、生活費などのやりくりも容易になるはずですよ。

消費者金融で素早く借入

消費者金融では個人事業主向け商品もありますが、一般向けサービスも受けることができます。ですから一番短くて30分で回答をもらえるような老舗のサービスも受けることができるのです。大至急、生活に必要な費用を貸してもらいたいならスピーディな大手業者を活用するのがおすすめです。

アコムのビジネスサポートローン

アコムでは個人事業主でも借り入れが可能なビジネスサポートローンを取り扱っています。

事業性資金への利用も可能であり、繋ぎの運転資金を調達することも可能です。

ただし、会社経営者でも法人化している場合、個人事業主に該当せず、貸付対象とはならないため注意が必要です。

担保や保証人が用意できない人も

アコムは自営業者で、担保にできる物件がない方や他人に相談できない方も、信用して利用できる会社です。

自営業者の方がお金を借りたいとき、担保や保証人が用意できないから融資が受けられないと、悩んでしまっていることもあるようです。

確かにローンによっては保証人が必要な金融機関の話もよく聞きますよね。

しかし、アコムでは担保や保証人は不要で借入できます。

担保にするような物件がない場合も、保証人になってくれる人がいない場合も問題ありません。

保証人を頼むとなると、誰かに依頼する必要がありますから信用問題も絡んで気を遣ってしまいますが、アコムでは他人に頼まなくてもお金を借りられるので助かります。

最高限度額は300万円とされていますが、こういった大きい金額でも数万円だけだとしても、金額に関係なく不要なので安心して申し込めます。

プロミスの自営者カードローン

個人事業主の方は、プロミスの自営者カードローンという選択肢もあります。

プロミスの自営者カードローンは即日融資にも対応していますので非常事態に便利です。

生計費および『事業費』にも利用できるので、通常のフリーキャッシングより幅が広がるのではないでしょうか。

そして、総量規制の対象外となっているので、収入の3分の1以上の借入を望める可能性が出てきます。

ちなみに、限度額は300万円まで、実質年率は6.3%~17.8%となっています。

提出しなければいけない書類は、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)・収入証明書類(確定申告書類や青色申告書など)・事業実態を疎明する書類(営業許可証や受注書、納品書、領収書など)となっています。

プロミスは審査が早いので、急にお金が必要になったときにも便利です。

また、キャッシングをする時には家族に知られたくないこともあるかと思いますが、プロミスは担保や保証人が必要ないので安心して利用できます。

別の選択肢も考慮しましたか?

個人事業主の方が消費者金融を利用するメリットはこれまで考えてきたとおりです。でも別の選択肢があることもご存知でしたか?

例えば、ビジネスローンやファクタリングという方法で事業資金を得る方法です。

ビジネスローンは総量規制の対象外となっており、事業資金として有効に活用できます。

ファクタリングは借入ではなく売掛金の早期売却により資金を得るという方法です。

特にここ数年で便利さとお得さから人気が高まっています。

大手業者の行うビジネスローンファクタリングであれば一番短くて即日対応が可能ですし、当然ながら個人事業主の方でも使用できますよ。

事業資金をビジネスローンで調達するなら

事業資金が足りない場合、誰でも一度は悩むのがその調達方法ですよね。

ビジネスのアイデアやチャンスがあっても、肝心の投資資金がなければ成功を掴むことはできません。

ライバル企業に先駆けてチャンスをものにするには、アイデアをすぐに実行に移すスピードが大切になってきます。

「少しでも早く貸し付けをしてほしい」という切なる願いを実現させるなら、ビジネスローンを活用することは有効な経営手段です。

例えば、中小企業から人気を集めているアイフルビジネスファイナンス株式会社であれば、最短即日で貸付けとなるスピードの速さがあります。

しかも無担保・無保証で来店不要で全国から申し込めるというメリットがあります。

他にもビジネスパートナーという業者であれば、最短即日審査が可能となっています。

契約後の利用は提携コンビニATMを使って24時間、限度額の範囲内での借入が可能ですので、業種を選ばず便利に活用できるはずです。

成長を目指さない企業は生き残れないのが今の社会です。成長に向けた新たなチャレンジをするのに役立つ事業ローンを真剣に考えてみるのは時代に沿った考え方です。

ビジネスローンのメリット

ビジネスローン

最短1日で審査完了

最短1日で審査完了する業者もあるなど、速さで他を圧倒しているのがビジネスローンです。また担保が不要で準備が少なくて助かるというのもメリットの一つです。最近はつなぎ資金として利用する経営者が増えています。

 
WEBから24時間いつでも

人気の業者であればWEBから24時間いつでも申し込みが行えます。ですから困ったならばすぐにでもその場からアクセスしてください。来店不要で契約まで行えますので最小限の時間で済みます。

 
カード発行で利用は24時間

契約後はキャッシングカードを発行してくれる業者もあります。それを使えば提携ATMを通して24時間いつでも夜間や休日も限度額の範囲内で借入することが可能です。

最速で事業資金を調達する方法は?

最短即日融資もできるスピード対応のビジネスローンがおすすめです。どうしてもという緊急時にはスピードと利便性で選ぶのが事業経営の常套手段です。最近は年利も下がり活用しやすい環境がさらに整っていますので、信頼できるブランドのビジネス貸付を選ぶことです。

スピードを重視するなら

計算機を持っている事業資金調達の方法として新たな流れとなってきているのが、スピードを重視したビジネスローンの活用です。

昔からのつながりに頼った既存の地元銀行や信金は確かにベースとなる大切な存在ですが、急な要望に応える面ではビジネスローンも活用することで円滑な事業資金の調達が可能になるのです。

手元資金が潤沢にあればイザという局面に即座に対処することができますし、お金の面で不安がないというだけで大局的な立場に立って経営戦略を練ることもできます。

実際、近年多くの中小法人事業者がビジネスローンを利用するようになってきており、一般的なサービスとなってきています。

そして、ビジネスローンのサービスも一層充実してきているため、利用価値が高まってきているという側面もあります。

また、有名な会社であるアイフルビジネスファイナンス株式会社であれば最大限度額が1000万円ですので、単なるサブバンクでは終わらない利用方法を模索することもできるわけです。

こうしたビジネスローンのもう一つのメリットは年会費や保証料が無料のケースが多いことです。

ですから、万が一の事態に備えてカードを今からキープしておいても、更新料や年会費などのランニングコストがかからないのです。

事業経営に新たな風を吹き込み、可能性を広げることができるので一つの成長戦略ととらえてみる事ができるでしょう。

スピード重視で事業資金の調達を考えているなら

ビジネスローンを活用した方法が素早く振り込んでもらうことができると評判です。申し込みから手続きに至るまでネットを使って行うため、融資担当者との面会などをカットできる分、時間を短縮して調達することができるのです。また、追加の借入も電話やネットでの申し込みに加えて提携ATMを利用することも可能です。

アイフルビジネスファイナンス株式会社は個人事業主でもOK

経営者で銀行からの借金は不安がないものの、貸金業者からの借金が不安と感じるのであれば大手企業のアイフルビジネスファイナンス株式会社で資金問題を解決するのがオススメです。

アイフルビジネスファイナンス株式会社は会社規模も大きく、信頼性の高い会社となっています。

そのため、融資後の対応についても安心を得ることができ、小規模の貸金業者から借金をして、法令ギリギリの対応を受けるといったことを避けることができます。

また、オンラインで申し込みすることができ、借金に抵抗を感じる経営者も安心して利用することができます。

スピードも早いのが特徴

アイフルビジネスファイナンス株式会社なら利息が安いだけでなく、審査そして融資実行までのスピードも早いのが特徴です。

インターネットからオンラインで申し込みができ、最短で本日中に融資を受けることができます。

銀行の場合、融資審査に1ヶ月や2ヶ月、一般的な貸金業者では1週間ほどを要してしまいます。

しかし、アイフルビジネスファイナンス株式会社なら当日そして会社に居ながら契約手続きを行うことができ、融資を受けたいものの時間的に余裕がないという時にも安心を得られます。

アイフルビジネスファイナンス株式会社の事業者カードローン

事業者カードローンの中でも老舗中の老舗であるアイフルビジネスファイナンス株式会社の金利ですが、5.0%~18.0%となっています。

融資の限度額については、1万円~1,000万円であるために他社よりも優越しているといえるでしょう。

しかも、担保や保証人を要しないままこのような融資限度額となっています。

融資まで4ステップ

申し込みから融資まで4ステップで完結することができ、かなり早く対応してくれるのもメリットの一つだと思います。

1.まずはWEBから申し込みを行い、仮審査を受けます。

2.次に担当者から仮審査の結果が連絡されます。

3.その後必要書類を提出して、融資の本審査を行います。

4.本審査が終わり無事に審査に通れば取引開始になります。

以上の4ステップで完了しますので、事業資金が急に必要になってもスピーディーに対応できるので便利です。

ビジネスパートナー

法人向けでスピードに定評

法人向けサービスの中でスピードに定評があるのがビジネスパートナーです。個人事業主の方でも利用できる事業性融資としては異例の最短1日で審査が完了するスピードが高く評価されています。

 
最大500万円の高限度額

キャッシングカードが発行されるスピード融資の中では高い限度額を誇るのがビジネスパートナーです。最大500万円までの貸し付けに対応していますので、比較的大きな資金需要を賄う事も可能です。納税期やボーナス時期などにつなぎ資金としての利用も多くみられます。

 
WEB申込で全国対応

ビジネスパートナーのスピード審査を支えるのがWEB申込です。24時間受け付けていますので、困った時にすぐに手配することができます。また全国どこからでも利用できるため地方事業者のユーザーも多くみられます。

ビジネスパートナーの特徴は?

中小企業や法人・個人事業主に素早く事業に必要な資金を供給してくれるビジネスパートナーのカードローンは、原則来店不要で手軽に申し込みができるのが特徴のスピード型融資です。

事業性貸付は公的融資や銀行だけに頼る時代は終わったと言われています。

様々な選択肢がでてきている中で特に注目されているのは、申し込みから融資までの時間が短いビジネスローンです。

ビジネスパートナーはその中でも実績豊富な業者として知名度も高いので、初めての利用に最適といえるサービスです。

限度額の上限は500万円と中小企業にとっては喫緊の状況を打破するのに十分の金額です。

実質年率は9.98%~18.0%までとなっており、安心して利用できる範囲なのもうれしいですよね。

もちろん一般向けローンと同じように限度額の範囲内で繰り返し借入できるので、少額だけでなく状況に応じて即座に追加融資をお願いすることができます。

担保や保証をしてくれる人も原則不要で忙しい経営者にとっては助かる手軽さですので、繁忙期であっても大きな負担とならずに申し込めます。

サービスで選ばれているビジネスパートナー

法人や個人事業者向けの貸付は一般向けサービスと比較するとネームバリューが劣るように思われるかもしれませんが、その中で人気と知名度を誇るのがビジネスパートナーです。審査速度の速さや初回契約時の特典などサービスの良さで選ばれています。

申込や審査、融資まで4ステップ

まずは申し込み方法についてですが、お申し込みから融資まで4ステップになっています。

まず、最初に原則として2期以上の経営実績がある法人・個人事業主が対象となるのですが簡単な情報を入力をしていただく仮審査を行います。

2つ目のステップはこの仮審査の結果について担当者からの連絡です。OKの場合は必要書類を提出いただいたうえで、貸し付けの本審査に入ることになります。

これが3ステップ目になり、そして最後の4ステップ目が本審査の結果連絡、これでいつでも融資可能な状態になります。

成約条件や資格、基準について

ビジネスパートナーの審査基準や申し込み資格・成約条件について、しっかりと確認しておけば安心して申し込めますので、まずはその点をここで抑えておきましょう。

ビジネスパートナーのスモールビジネスローンとは、法人・個人事業主向けの商品です。

申し込み資格としては、原則として『2期以上の経営実績がある法人・個人事業主』となっています。

申込時の必要書類として、直近2期分の決算書が必要となるためです。

また、完全事業者向けのローンとなっているので、申込者が、会社から給与を取得している場合は不可となります。

つまり、給与を支払う側でなければならないということです。

審査基準としては、公式には公表はされていませんが、今までの業績・現在の状況・事業内容などを対象として総合的な判断を行っています。

成約条件としては、必要書類がきちんと揃っていること・審査を通過すること・審査後に郵送で送られてくる契約書類に記入・捺印後、ビジネスパートナー宛に送り到着確認後となります。

最低限準備しておくものは?

ビジネスパートナーの審査を受けるにあたって個人事業主の方が最低限準備しておくものには、印鑑証明などを含めどのようなものがあるのでしょうか。

注意点としては、まず法人・個人事業主で用意する書類が異なってくる点です。

個人事業主の方が、最低限準備しておくものは3つです。

まずは『事業主本人確認書類』そして、こちらも事業主本人の『印鑑証明書』(発行後3ヶ月以内のもの)『確定申告書』(原則として直近2年分)これら3点についてはあらかじめ用意しておく必要があります。

WEBより必要事項を記入して申し込みをした後に、担当者より受付確認の電話がきます。その際に、審査に必要な書類が詳しく説明されます。

上記3点以外にも、内容によっては提出を求められる可能性があります。担当者からの連絡が来た際は、聞き逃しの無いようにしましょう。

トライフィナンシャルサービス

経営者におすすめのビジネスローンの中でも、利用しやすいのがトライフィナンシャルサービスです。

トライフィナンシャルサービスは、フリーローンが主な商品となっていますが、ビジネスローンはもちろん、不動産ローンや多目的ローンなど、様々な商品を扱っています。

これは基本的なノウハウがしっかりしていると言えますので、安心してビジネスローンとしても使うことができると思います。

実質年率は6.8%~12.65%、融資金額は300万円~5,000万円と高額融資でも利息を抑えながら利用できるようになっています。

また、特におすすめなのが、トライフィナンシャルサービスでは原則担保や保証人が必要ない※というところです。

お金が原因でトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので、なかなか利用しづらかったりもしますが、原則無担保で保証人いらずのビジネスローンなので気軽に利用することができます。(※状況や条件によって必要になる場合があります。)

事業資金の調達は負債にならないファクタリングで

ファクタリング

会社の経営を行っていると、売掛金の回収までの期間に資金不足になったりという事は多いですよね。

そういった場合にファクタリングを利用することによって、既に売り上げて得る予定の売掛金を使うことができるので、売掛金回収を待たずに資金に回すことができ、安定した経営をしやすくなります。

また、業績不審を理由に他社で断られた場合や開業したばかりという方でも、売掛金さえあればファクタリングを利用することは可能です。

ファクタリングのメリット

ファクタリングを利用するメリット

多くの業者がファクタリングを実施していますがメリットの一つとして、スピードが早いことが挙げられます。

一般的な事業ローンの場合、融資を受けるまでに時間がかかってしまうことがあります。

しかしファクタリングならば、売掛債権があれば即日現金化に対応してもらえるケースが多いので、資金調達で悩んでいる経営者や個人事業主は、あっという間に資金を調達できます。

借金のように負債にならない方法になっているので、多くの人から高い支持を受けているのがファクタリングです。

事業ローンと比較した際のファクタリングのメリットのもう一つが、借金ではないので現状赤字決算だったり、税金を滞納していたり、経営が上手くいっていない状況でも利用できる点があげられます。

新たに資金調達が必要になる場合は余裕がない時がほとんどですし、余裕がない状況ではお金を借りにくくなってしまうことが多いですが、ファクタリングなら売掛金があれば素早く現金化ができるので、困った時に利用しやすいです。

また、ファクタリング業者を選ぶ際は、手数料や契約内容をよく理解してから選ぶようにすると良いと思います。

ファクタリングのTRYは即日現金化

ファクタリングのTRYは担保と保証人の必要なしで、早ければ即日で現金化ができるように迅速に動いてくれます。

日本全国どこでも応対してくれるので、非常に使い勝手の良い会社という事が言えると思います。

それと、ファクタリングにおいて手数料が高いか安いかによって今後の経営に大きく影響するのが事実ですが、ファクタリングのTRYは売掛金さえあれば5%~という安い手数料で資金を準備することができます。

手数料は売掛金の支払いの時点にかかるのみなので、利子と異なり経営状況に負荷がかかる事はありません。

個人の事業者も資金を有効に活用する事ができ、会社発展につながる可能性を秘めます。

金融機関を使用しようとすると、担保と保証人がいる場合が多く手続きが面倒なのですが、ファクタリングのTRYはそれらが一切必要ありません。

また零細企業でも活用しやすいのも特徴です。特に中小企業への対応に重点を置いているので即日で高額の資金が必要な時の対応は期待ができます。

最短3時間審査の株式会社オッティ

新事業のために事業者向けローンなどを利用した時、融資を受けるまでに長時間かかってしまったという方もいらっしゃいますよね。

個人向けとは異なり事業者向けでは高額の融資になることから審査も慎重になるので時間がかかりやすく手続きも複雑な場合が多いです。

しかし株式会社オッティのファクタリングなら、既にある売掛金を買い取ってもらうだけなので最短3時間ほどで審査も終わりますし、早ければその日のうちに契約も可能でスピーディーに現金化ができます。

次に、事業者向けローンではなくファクタリングを利用した時に危惧するケースとして、売掛先にファクタリングしている事が知られてしまって今後の取引に影響がでる可能性があるという事があげられます。

これは売掛先を含む3社間取引でファクタリングを行う際に起こってしまうことで、株式会社オッティのように2社間でファクタリングをする場合は売掛先に知られることなく秘密をしっかり守った上で資金調達することが可能なので、安心して安全に利用することができます。

迅速な対応のクイックマネジメント

ファクタリングはスピードを重視して選ぶのも一つの良い方法です。

クイックマネジメントは、最短なら30分で売掛債権を売却することができるほどスピードに定評があります。

ネット対応なので、24時間いつでも日本全国どこからでも申し込みができるのも大きな要素です。

必要となる書類は銀行融資に比べると少なくて済むのが特徴です。

例えば、担保と保証をしてくれる人が必要ないため、準備は少なくて済みますし、審査スピードも迅速なんです。

赤字決算や税滞納など厳しい経営状況でも売掛債権によっては十分に買取してくれる可能性があります。

また、クイックマネジメントのクチコミを見ても窮地を脱した経営者の経験談が幾つもありますし、新興事業者やリスケ中でもチャンスがあります。

即日現金化は資金調達プロ

ファクタリングをする場合は必ず審査が必要になるので、実際自分が利用できるか不安だという経営者の方がも多いと思います。

資金調達プロでは最小の入力だけで10秒で無料で行える簡易審査があるので非常に便利です。

即日で利用可能なファクタリング業者をピックアップしてくれるので、自分にあったものをすぐに探す事ができます。

もちろん全国対応!

即日対応のファクタリング選びに便利な資金調達プロを使う事で、都心部だけでなく地方都市でもそれぞれの条件にあったファクタリングを選ぶ事ができるのでとても便利です。

対応しているファクタリング業者は全国各地にあり、審査などの手続きもWEBから行えるものが多いので場所を選ばずに利用する事ができます。

また、経営者の方は特にお金のやり取りということで色々なトラブルに巻き込まれやすかったりしますよね。

資金調達プロならたくさんの業者の中から自分にあったものを周りに知られる事なく選んで使えるので安心してファクタリングする事ができます。

どうして早く対応できるの?

即日対応可能な資金調達プロの早さの理由は大きく2つあります。1つ目はファクタリングだという事です。

融資ではなく既に売り上げた売掛金を買い取ってもらうだけなのでスピーディーに手続きを進められます。2つ目は対応している業者が多い事です。

より早く対応できるところを選んでくれるので自然と時間を短縮できます。

即日利用したい時の注意点は?

即日中にファクタリングしたい場合の注意点としては、できるだけその日の早いうちに資金調達プロを活用する事。

即日対応してもらえる業者はたくさんありますが、それでもその日の遅い時間帯では即日中の利用が難しい事も多くなります。

早ければ早いほど即日中に利用できる可能性が高くなるので、思い立ったらすぐに行う事がポイントです。

事業資金エージェント

事業資金エージェントは株式会社モンキーポッドが運営しており、ファクタリングを実施しているのが特徴です。

すでに多くの実績を積み重ねていて、満足できる結果を出せるように最善を尽くしています。

また大切な情報を漏えいしないように秘密厳守のファクタリングを行っているので高い安全性が確立されています。

そのため初めてファクタリングを希望している法人や個人事業主の方も安心して申込できるので、満足した評判や口コミが多いです。

ネットで契約可能な手軽さが評判!

多くの経営者が納得した評判や口コミをしている事業資金エージェントなのですがオンライン上で完結できる強みがあります。

来店する必要はなくWebからすぐに申込をすることができ、審査を通過することができれば振込みをしてもらうことが可能です。

債権売却までにかかる時間は?

債権売却までにかかる時間は最短3時間ほどになっており、スピーディーなファクタリングを実現しているのが事業資金エージェントです。

その間に審査も実施しており、特に問題ない場合は、申込完了することができます。

この素早くファクタリングを行ってくれる部分も経営者の口コミで評価されている部分です。

最大3億円の大型契約も

素早い審査を行っている事業資金エージェントですが最大3億円の大型契約も可能になっています。

全ての法人もしくは個人事業主がこのような対応をされる訳ではありませんができる限り望んだ結果を出せるように取り組んでいるので、利用して納得した評判が目立っています。

秘密厳守のファクタリング

事業資金エージェントは2社間取引きを行っているので、秘密厳守を実現したファクタリングを実施しています。

内緒でファクタリングを実施したいと考えている法人や個人事業主の方が満足できる結果を出せるように最善を尽くしているので、良い口コミがとても多いです。

えんナビは初めての方でも

「えんナビ」というファクタリング業者もおすすめです。特に、“初めて”ファクタリングを行う経営者におすすめです。

その理由は“安心感”が抜群だからです。えんナビは公式サイトでユーザー満足度を公開しており、“満足度93%”という抜群の実績を記録している為に安心感が非常に高いファクタリング業者となっています。

また、えんナビと契約する際には、えんナビスタッフが地方であっても出張して対応してくれたりするので、えんナビの店舗に行く必要がない為により安心して利用できる業者となっています。

最短翌日で入金が可能

えんナビのファクタリングは情報機関などに審査を照会することがないので、過去に金融事故や赤字決算があった場合や税金の滞納をしていても借りられます。

ビジネスローンとは根本的に審査方法が異なり売掛金を担保にするだけなので、最短で翌日には銀行口座の方へ入金をしてもらえます。

売掛金があるのに手元に現金がないと、給料の支払いや仕入先からの買い入れができなくなってしまいます。そんなときファクタリングを利用すれば、売掛金を現金をすることができます。

キャッシュフローが正常化できる?

えんナビの手数料は業界最低水準なので売掛金が多くても会社に大きな負担がかかることはありません。支払いがあるのに期日まで返済できないと会社にとってもダメージを負ってしまうことになります。

キャッシュフローを改善することで企業の価値も上がるので信頼されやすくなります。一時的に現金が不足しているためにキャッシュフローが正常化にできないのは会社としてもったいないことです。

売掛金をなんとか現金にできないものかとお考えならファクタリングに相談すれば解決します。

ノンバンク系を利用しました

私は都内で小さなネイルサロンを営んでいます。先日最大手消費者金融を利用して生活費として5万円借りることに成功しました。

自営業って大変で仕事が来ない時は全くお金が入りません。その為、暮らしていけないくらいお金が無くってしまい、泣く泣く申し込みをしました。

ネットの体験談や紹介文などを読んでいると個人事業主の方はノンバンク系の金融機関が良い、と書かれていました。

ノンバンク系というとやはり手っ取り早いのが消費者金融です。特に大手の場合は体験談の評価も高く信用できたので選びました。

申し込みはネットからです。審査が通るか心配でしたが、申し込んで1時間経ったか経たないかで連絡が来て、審査に可決したことが判明しました。

ホームページには「最短」当日と書かれていたのでもしかしたら今日は無理かも、と思っていたらすぐに連絡が来て安心しました。必要書類は免許証と確定申告書類の写しをファックスして書類提出完了でした。

それから振込の手続きをして申し込みからわずか3~4時間足らずでいつも利用しているネットバンクの口座に5万円振込融資完了、という流れでした。

後はコンビニのATMでお金をおろしてその月の生活費として利用しました。個人事業主でも利用できるノンバンク系カードローンは大手消費者金融がおすすめだと感じました。

あの時、ネットに書かれていた体験談を見て救われました。今は金利が下がっていて利用しやすくなったみたいです。

総量規制法が実施された2010年の6月までは最大29.6%という非常に高い金利でしたが、その後大幅に引き下げられて現在はどんなに高くても20%までと決められました。

大手消費者金融は大抵18%に利率を止めています。昔に比べ約10%以上も引き下げられたことにより、以前のように借金返済で苦しむ方も少なくなりました。

これは総量規制法により利用金額の上限を年収の3分の1以下に抑えられたことも大きな要因といえます。更に一部の大手消費者金融では一定期間(約30日間)無利息サービスを実施しています。

勿論、初回申込限定という条件は課せられますが、無利息で利用できればこんなにお得なことはありません。

またノンバンク系の審査は非常にスピーディで早ければ1時間程度で契約を行うことが出来ます。ネットからの申し込みにより来店不要で行えることも魅力の一つですね。

個人事業主はどんな仕事があるの?

個人事業主をしている方は日本にも沢山いらっしゃいますが、個人事業主の仕事でどんなのが注目をされているのかも気になりますよね。ですので、ここでは個人事業主の仕事はどんなものがあるのかを下に記載しておきますね。今後経営をお考えの方は参考にしてくださいね。

自宅で出来る仕事

フリーライター
データ入力・文字起こし
プログラマー
Webデザイナー
イラストレーター
ブログ・アフィリエイト
カスタマーサポート
ネットショップ
ハンドメイド制作

一人、もしくは数名でできる仕事

農業・漁業
飲食業
建築業
小売業
ネット通販
理容・美容系事業
教育事業
クリエイティブ職種
IT系職種
コンサル業
講師
サロン経営
動画配信
せどり
運転手・宅配
CADオペレーター



同ジャンル・関連ページ