個人事業主消費者金融

個人事業主が消費者金融を利用するなら!

個人事業主が消費者金融で大至急借入をする場合にはどのような点に注意をするべきなのか?

初めて個人事業主の方が消費者金融を利用する時に抑えておきたい点があります。

基本的には、融資条件、年齢制限、年収、運営年数などが審査基準になりますが、大きな金額を貸してもらうとなると有名で安全面に優れている消費者ローンを選ぶのが最適です。

大至急、個人事業主が借入をするとなると、スピーディで有名な老舗が一番ですので、それらの話をこれからしていきたいと思います。

消費者金融利用のメリットは?

来店不要でネットで完結!

消費者金融のカードローンは『満20歳以上で安定した収入があれば利用可能』であり、もちろん個人事業主の方もしっかりと申し込みの対象となります!

来店不要で書類提出を含めネット上の手続きで契約が完了出来るので、仕事への負担をかけることなく契約していただけます。

 
休日も使える便利さが!

原則年中無休で利用出来るので、条件を満たせば休日祝日で申込から契約までの手続きを行うことが可能です。借入返済もメンテナンス時間などを除けばWEBから年中手続きが行なえます。『いつでも申し込めて、いつでも使える』のは経営者の方にとって大きなメリットですね。

 
利息ゼロで負担が少ない!

無利息期間のある金融会社を選べば利息ゼロでの利用も可能です!金利ゼロ適用期間中は借入額が幾らであっても利息は発生しませんので、大きな額の貸付けを受ける時には効果は抜群です。短期間の借入先をお探しなら無利息期間のある金融業者が最適と言えます。

プロミス

プロミス

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利 4.5%~17.8%
1万円~500万円まで

お申し込みはコチラ

アコム

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円まで

お申し込みはコチラ

SMBCモビット

モビット

最短即日融資
来店不要
バレずに借入
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円まで

お申し込みはコチラ

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。【プロミス】※30日間無利息サービスは メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。【モビット】※SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

今日のうちに借りたい時は?

個人事業主の方も消費者金融を利用すれば、「今日のうちに」と急いでいる時でも大至急、借入することが出来るかも知れません。

融資を受ける場所や方法は幾つかありますが、スピード重視で借入場所を選ぶのなら消費者金融が最有力候補となるでしょう。

老舗の多くでは即日借入にも対応してくれますので、急ぎの場合も間に合わせられる可能性も大きく会社員の方だけでなく個人事業主の場合でも借入は行なえます。

生計費としての範囲内の使用であれば使途は自由に使えるので、活用範囲は幅広く使い勝手はバツグンです。

例えば、急な約束が入ったので大至急お金を用意したい場合や、「明日はクレジットカードの引き落としだから今日のうちに資金を借りたい」という時にはスピード重視で借入場所を選ぶはずです。

ただ早いだけでなくWEBからシンプルに申込めて借入返済の手続きも手間無く行える昔からある大半の金融機関なら、契約後も便利に使えるのでおすすめです。

確定申告書などの必要書類

個人事業主の方が、消費者金融を『事業目的ではなく私的費用の為に』利用する場合、確定申告書や事業内容証明など、具体的にどのようなものが必要書類として挙げられるのでしょうか。

まずは、本人確認書類として運転免許証もしくはパスポートや住民基本台帳カードなど公的な書類が必要です。

次に収入を証明できるものが必要となります。会社員などであれば給与明細書や源泉徴収票を出せばOKですが、給与を支払う立場にある経営者の方は次に紹介する書類を用意しましょう。『確定申告書』や『住民税決定通知書』です。

これらは、経営者であっても国から確実に発行されているものになりますので、いずれか最新のものを1部提出します。

消費者ローンによっては、最新1部(1期分)ではなく、2期分もとめられる場合もあるので申込の際に確認しておきましょう。

ビジネスローンと違い、個人の私的利用が目的での消費者金融への申込あれば、事業内容や会社の状態を証明する書類は必要ありません。

土日にも貸してもらえる?

個人事業主も消費者金融を使えば、休日に百万円など大きなお金が必要な時にも素早く借入を行うことが可能となります。

ATM利用ができることや土日の貸出に対応してもらえることが消費者金融の大きなメリットですよね。

消費者金融ならば他にも様々な方法で貸付を受けることが出来ますので、ネットからの手続きでもお金を借りられ便利です。土曜日や日曜日の貸出に対応をしてもらえますから、休日に急用が入った場合の費用もすぐに用意出来ますね。

名前が知られている大半の金融業者ならば最大限度額が数百万円もある場所も多いですから、まとまったお金が必要になった場合にも頼りになります。

ATM利用ができるコンビニやネットで手続きをしての振込融資を使用すれば、ほぼいつでも振り込んでもらうことが出来ます。

忙しい個人事業主の方も仕事の合間や夜の空き時間にお金を借り入れできれば、生活費などのやりくりも容易になるはずですよ。

個人事業主も消費者金融で素早く借入できる!

 消費者金融では企業向けローンもありますが、個人事業主の方であれば一般向けサービスも受けることができます!ですから一番短くて30分で回答をもらえるような老舗のサービスも受けることができるのです。大至急生活に必要な費用を貸してもらいたいなら断然スピーディな大手業者を活用するのがおすすめです。

個人事業主に人気のアコム

アコムは個人事業主や法人でも利用ができるので便利ですよね。

当然キャシングの多くは、事業性資金への利用が出来ないため、個人事業主の方は借入先で悩むことがあります。

消費者金融だけでなく、銀行も事業性資金への利用が出来ないため、選択肢が限られてしまいます。

しかし、アコムでは個人事業主でも借り入れが可能なビジネスサポートローンを取り扱っています。事業性資金への利用も可能であり、繋ぎの運転資金を調達することも可能です。

ただし、会社経営者でも法人化している場合、個人事業主に該当せず、貸付対象とはならないため注意が必要です。

別の選択肢も考慮しましたか?

個人事業主の方が消費者金融を利用するメリットはこれまで考えてきたとおりです。でも別の選択肢があることもご存知でしたか?

例えばその一つはファクタリングという方法で事業資金を得る方法です。

ファクタリングは借入ではなく売掛金の早期売却により資金を得るという方法です。

特にここ数年で便利さとお得さから人気が高まっています。

大手業者の行うファクタリングであれば一番短くて即日現金化することが可能ですし、当然ながら個人事業主の方でも使用できますよ!

ファクタリングという方法も

個人事業主の方に消費者金融以外の選択肢としてファクタリングをおすすめするもう一つの理由は、高い限度額での取引が可能な点です。

一般的な消費者金融であれば最大500万円~800万円というのが通常の限度額になっています。

もちろんこれで十分という時もあるでしょうが、状況によってはもっと多くの金額が必要という事もありますよね。

お持ちの売掛金が額面の大きなものであれば極度額が高いファクタリングはとても役立ちます。

ある認知度が高いファクタリング業者は最大3億円までの取引を一度に行う事ができます。

ですから単に当面の運転資金というだけでなく、新たな設備投資や土地や設備の購入を行う事もできるはずです。

つまり金融会社にもメリットはありますし、ファクタリングにも独自の良さがあります。

大事なのは現時点で活用可能で自分にとって最も価値ある方法があるのかを見極める事です。

>おすすめのファクタリング会社はこちらから


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる