資金調達ファクタリングのTRY

ファクタリングのTRYの公式ページを読む

最短1日で調達できるファクタリングのTRY(トライ)

ファクタリングのTRY(トライ)は、最短1日という頼りがいのあるスピードでの資金化が可能で、WEBからなら365日24時間、土日問わず問い合わせが行なえ、全国どこへでも対応してくれるファクタリング会社です。

最短1日での資金調達という銀行融資ではまず考えられないスピードは、『必要な時にお金が用意できる』という経営者様にとって嬉しいメリットを与えてくれます。

このようにスピードに特化したファクタリングのTRYですが、その他にも事前に知っておきたい特徴や詳細がありますのでここで掲載していきたいと思います。

ファクタリングのTRYの特徴

なぜそんなに早いの?

いつでも申し込めて最短1日で資金を調達できるのがファクタリングのTRY(トライ)です。なぜこれほど早いのかというと融資とは異なり売掛金の売買取引による資金調達だからです。それに加えて担保や保証人が不要なのも時短に役立っています。

スマホや事務所のパソコンから

パソコンやスマホなどインターネットを使って常時申し込みができますので、遠方の方でもすぐにアクセスができます。どこで事業をしている方でも素早い利用が期待できます。お店に行かないから秘密厳守で利用できます。

こんな事業者が使っています

赤字決算や税金滞納中の事業者でも利用の可能性が十分にあるのがTRY(トライ)です。売掛金を現金化することでバランスシートの改善がみられて企業価値が向上したという口コミ投稿も見られますので、あきらめずに申し込んでみてください。

現金化の時間 WEB申込 手数料
最短1日
24時間365日受付
5%~
2社間 対応地域 担保保証人
全国
不要
個人事業主 秘密 赤字決算・債務超過・税金滞納

申込方法は?

ファクタリングのTRY(トライ)は、平日土日問わずWEBからいつでも申し込みができます。

申し込みはスマホ対応の公式サイトの『お問い合わせ内容』から最小4項目の入力だけで行えます。入力事項が少ないのでパソコンを使わずスマホからでも容易に手続きが完了できますよ。

公式サイトからの手続きは24時間365日受け付けてくれており、深夜であっても全く問題ありませんので、ネットが繋がる場所からならどこからでも何時でも申し込みをしていただけます。

ノンリコースだから心配なし!

ノンリコースで安心のファクタリングのTRY(トライ)では、売掛金の買取が完了した後に『売掛先が倒産してしまった!』という緊急事態にも資金の返還を求められたりはしません。

TRYではノンリコース(償還請求権なし)で債権売却が行えますので、契約が終わった後の売掛金については何も心配する必要はありません。

2社間契約が行えて売掛先に知られずにこっそり債権売却ができるだけでなく、その後の売掛先との関係悪化などの心配もしなくて良いのは助かりますね。

もちろん無事に売掛金が回収できれば、そのまま支払えばOKです。融資を受けた場合は完済するまで様々な不安が付き纏いますが、ノンリコースでの売却ならば買取が終わり資金化が済んだ後は、得たキャッシュを基盤として再び経営に専念することができますよ。

連帯保証人や担保がいらない

担保も保証人も不要のファクタリングのTRY(トライ)は『手間も省けて審査もスピーディ』と評判です。審査を受ける際に準備するとなると大変なのが『担保・保証人』です。

まずは対象となる物件や人物などの選定から始めることになり、選定が終わり契約まで辿り着いたとしても『もしもの時には担保を失ったり、保証人に迷惑をかけてしまう』というプレッシャーを抱え続けることになります。

またこれらは選んだ対象が必ず承認されるわけではなく担保や保証人に相応しいかどうかの審査も必要となりますが、この審査の分だけ契約までにかかる時間が伸びてしまうということにもなるのです。

ですが、TRYならその心配はありません。担保も保証人も不要なのは手間やプレッシャーも減るだけでなく、資金化までに必要な時間短縮の効果もあるのです。

資金繰り改善で企業価値も向上!

ファクタリングのTRY(トライ)を利用することで、融資を受け続けるよりも資金繰りが改善され企業価値が向上するという効果が多くの企業の方に期待できます!

債券取引は『経営状況に関わらず利用可能』であることや『資金調達が短時間で行える』ということに注目されがちですが、他にも『融資では無い』ということも大きなメリットになります。

融資を受ける場合であれば、貸借対象表(バランスシート)の借入額が今より大きくなるのは間違いないわけです。

そのまま状況が悪化してしまうと債務超過となり、会社の評価は低くなってしまいますがファクタリングの利用では借入額が増えることはありません。

それどころか財務表情は資産が増えることになり、『信用アップ・企業価値の向上』という効果があるのです。

相手先企業には内緒で債権売却ができる!

ファクタリングのTRY(トライ)なら、信頼関係を考慮して相手先企業には内緒で取引を行うことができます。

資金繰りに困った時は、債権売却を行うことで資金を手にすることができ事業を円滑に進めることができるでしょう。

しかし、債券売却を行う際に気になるのが「相手先に、お金に困っていることがバレてしまうのではないか」という点ではありませんか?

資金繰りに困っていることが相手先に知られることで、いままで築いてきた信頼関係にヒビが入ってしまうことになりかねません。

そこでファクタリングのTRY(トライ)では、利用者のそのような考えをしっかりと考慮して『相手先企業には内緒で取引が行える2社間取引』に力を入れています。

相手先企業に知られることなく、調達できるのは信頼関係に影響を与えないだけでなく、現金化までの時間を短縮することにも繋がり一石二鳥です。

リスケ中でも可能性が!

ファクタリングのTRY(トライ)では、リスケ中でも再建実行に向けて資金を手にすることができる可能性があります。

リスケ中、つまり銀行からの債務を一時的に猶予してもらっている状態の会社に、お金を貸してくれる企業はまずないでしょう。

しかしリスケ中とはいえ、事業を諦めるのはまだ早いですし、元金の返済は猶予されても利息の返済は継続して続けていかなければなりません。

このように自分の会社が困窮状態に陥ってしまった状態で、経営を再建するために新たな資金が必要となった場合、どこからどのように資金を調達すれば良いのでしょうか。

ファクタリングのTRY(トライ)の特徴として『売掛金があれば、基本的には経営状況に関わらず申し込み可能』となっているため、赤字決算や債務超過・リスケ中であっても、債権取引をすることで資金を手にすることができる可能性が十分にあるのです。

リスケ中だからといって資金調達や経営再建を諦めるべきではありません!売掛金があればまだまだ巻き返す大きなチャンスは残っていますよ。

素早い対応をしてくれます

取引先から入金されるお金で従業員の給料を支払おうと思っていたのですが、仕事の遅延などが影響して入金が給料日までに間に合わないといった状況になってしまったことがありました。

このままではまずいと思い、ファクタリングのTRYを利用することにしました。

ファクタリングのTRYを利用したせいか、査定には思ったよりも時間が掛からず驚かされました。

銀行の場合だと、数週間かかると思っていたので、想像以上に素早く現金化できたので無事に従業員に給料を支払うことができました。

急いでいるときだけでなく、恒常的に利用したいと思う調達先の一つです。

これからも緊急時を含めていろんなシーンで利用していきたいと思っています。

小さいとはいえ会社を経営していると資金問題は日常のことですので、素早い対応をしてくれる会社があるということは本当に助かります。

私が業者を選ぶときに注意したポイントは、手数料がどれくらいかかるのかということを先に聞いておくことと、契約書の内容をよく確かめるようにすることの2つです。

銀行より全然早いです!

法人や個人事業主が資金、運営費を調達する際にはファクタリングも役に立ちます。

僕自身、12年安定して経営者として働いていますが、どうしても将来へ向けてやりたい事業があったので、それに向けて準備していました。

しかし、経営というのはなかなか予定通りには行かないものですね。

今の仕事の延期や入金のズレなどが重なり、やりたい事業のための資金確保が難しい状況になってしまいました。

そんな時に、知ったのがファクタリングのTRYでした。どうしてもお金が必要のなかで、銀行でもお願いしていたのですが、時間が掛かり過ぎていたのでその間につなぎとして利用することにしました。

おかげで自分の将来へ向けてのステップができ、今はまだ苦しい時期が続いてますが、前よりとても充実しており、楽しく過ごしてます。

ファクタリングのTRYは本当に自分がやりたいことや挑戦したいときにスピーディに手を差し伸べてくれます。また、全力で希望を叶える手助けをしてくれます。



同ジャンル・関連ページ