WEB完結のカードローン

即日対応・WEB完結のカードローン

現在、カードローンではWEB完結で契約できるのが当たり前になってきました。

WEB完結とは文字通り、スマホやパソコンなどを使ってインターネットのみで申し込みから契約手続き、借り入れ、返済までが完結することで、店頭窓口や自動契約機などに行って手続きをする必要がありません。

この契約方法が向いている人は「家族や知り合い、職場の人にバレずにお金を借りたい人」「店頭窓口や自動契約機までの交通手段がない人」「出掛けたくない、出掛ける時間がない人」などです。

自宅や外出先などのネットが繋がる環境ならばパソコンやスマートフォンのみでどこからでも手続きすることできて、申し込みだけでなく振込や返済など全てをWEBのみで行うことができます。

もちろんWEBでの取引になるのでカードが必要になることもありません。

これからの時代はキャッシュレスやカードレスがもっと進んでいくと思いますのでWEB完結によるキャッシングは時代に合った借り入れ方法と言えますね。

プロミス

WEB完結契約ならカードレス・郵送物なし!
WEB明細の利用で利用明細書の郵送なし
融資まで最短60分とスピード対応
50万円以下なら収入証明書不要
振込融資・コンビニATMから24時間借入可能

ばれない 郵送物 カードレス
なし 可能
審査時間 実質年率 限度額
最短30分 4.5%~17.8% 1万円~500万円

 プロミスはWEB完結で契約することによって郵送物なし・カードなしで利用することができるため、家族や友人に内緒にしたい時に最適です。また、第三者に契約内容を伝えることは絶対にないため安心です。

(※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。ランキングの付け方については借入可能になる時間や実質年率、口コミ体験談などでの評判等を総合的に判断した結果となっております。)
モビット

カードなし・郵送物なしのWEB完結申込可能
WEB完結申込なら職場への電話連絡もなし!※
融資までは最短60分とスピード対応
SMBCグループの一員だから安心安全
原則24時間最短3分で振込可能

ばれない 郵送物 カードレス
なしで可能 可能
審査時間 実質年率 限度額
最短30分 3.0%~18.0% 1万円~800万円

 SMBCモビットはWEB完結申込に特徴があり、他社にはない「職場への電話連絡なし」のサービスとなっています。よりバレる確率を減らすことができるため内緒にしたい時には特におすすめできます。

(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。審査状況によって電話連絡が来る場合があります。WEB完結申込は特定の銀行口座と社会保険証、または組合保険証が必要となります。)

WEB完結なら郵送物なし・カードなし!
最短『1時間』融資とスピーディ!
インターネットから24時間申込可能
事前に融資可能か診断できる
アプリを使えばセブン銀行ATMで借入可能

ばれない 郵送物 カードレス
なしで可能 可能
審査時間 実質年率 限度額
最短30分 3.0%~18.0% 1万円~800万円

 アイフルは、WEB完結ならカードレス・郵送物なしで契約できるのでバレずに手続きすることができます。また、急いでいる方にもスピーディに対応してくれる安心感があります。

融資スピードは最短60分!
カードの郵送を避けるなら自動契約機で受取を
郵送でなくWEBから明細書の確認が可能
急いでいる時はネットから事前申込を
振込融資は24時間365日即時対応※

ばれない 郵送物 来店不要
なしで可能
審査時間 実質年率 限度額
最短30分 3.0%~18.0% 1万円~800万円

 三菱UFJフィナンシャル・グループの『アコム』は、インターネットから申込をして自動契約機で契約することで契約書やカードなどの郵送物をなくすことができるため、家族バレを防ぐことができます。

(※ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。金融機関によって時間が異なる場合があります。)

最短即日で借り入れができる!
スマホやパソコンからのWEB完結契約
カードレス契約
限度額は『10万円~1,000万円』
金利(年)0.8%~15.0%と低金利!

融資時間 実質年率 限度額
最短即日 0.8%~15.0% 10万円~1,000万円
来店不要 年齢 土日祝日
満20歳~満70歳

 J.ScoreのAIスコア・レンディングは『ソフトバンクとみずほ銀行が作った個人融資向けサービス』となっています。最短当日で振込融資が可能となっているため、急ぎでお金を工面したい時にオススメができます。また、消費者金融の中でも金利が低く設定されているのが特徴です。

ウェブから申し込み

WEB完結でばれない

WEB完結のカードローンの申し込み方法はもちろん、スマホやパソコンを利用したインターネットからとなります。

現在は、スマホを利用している方が多くなっているので、それらを使用して借り入れするのがおすすめです。

インターネットから申し込みをすれば店頭まで行かずにカードレス・郵送物一切なしで借り入れができるところもあります。

カードレス契約が可能な消費者金融はプロミス、SMBCモビット、アイフルとなっています。

ですから近くに店舗や自動契約機がない時でも焦らずスマホでサクッと操作すれば申し込みや審査を受けることができます。

そして、早ければ最短30分程度で審査が完了しますので、急いでいる時ほど活用して欲しいのがスマホからの申し込みです。

契約の流れと注意ポイントは?

借り入れまでの流れ

WEB完結契約という事は、申込みから借入れまでを消費者金融の店舗や契約機に行かずに済ませられますし、上手くいけば今日中の契約も可能です。

契約までの一連の流れの中で手続きをする前に知っておきたいポイントや注意点などがありますので、紹介していきますね。

申込み

Webからの申込みは24時間365日いつでも受付けしているので、自分が都合の良い時に手続きができますし、手間がかからず思っているよりもスピーディに済ませることができます。

必要書類の提出

お店に行って契約する時はその時に必要書類を持っていき提出することになりますが、行かないWEB完結契約の時は「インターネットやアプリから必要書類の提出」をすることになります。

方法は難しくなく、各社によっても変わりますが、アプリや会員ページ、専用ページからのアップロード、FAXなどで提出することができます。

注意点として、写メなどで写真を撮った時に手振れでぼやけてしまわないように気を付けましょう。

内容が読み取れないと再度提出になり時間がかかってしまいますので、しっかりと撮れているか確認をしてから提出するようにしてください。

契約

契約書類などについてもWebから会員ページなどで確認することとなります。

来店不要の場合、会員ページでの手続きが主になりますのでIDやパスワードをノートに書いておくなどして忘れないようにしておきましょう。

借入れ

来店不要での借入れの際は、通常カードの受け取りは郵送になりますが、郵送されてくる前に振り込みキャッシングを受ける事も出来ますので急いでいる方はそちらを利用すると良いでしょう。

プロミスやSMBCモビットなどではカードレスで契約ができるので、カードは要らない方や自宅への郵送は困るという方などはカードレスで利用できるところをおすすめします。

振り込みキャッシングを受ける時には銀行口座が必要となりますので、事前に準備をしておきましょう。

必要書類は最小限で済む?

必要書類

インターネットからWEB完結で申し込みをする場合、契約書に印鑑を捺す必要がなく、最低限として運転免許証があれば、融資を受けられるようになってます。

所得証明書類については、50万円を超える借り入れ、他社を含め100万円以上となる場合に必要ですが、これ以下であれば、運転免許証のみで済みます。

そのため、勤務先からの申し込みなら、必要な書類を全て揃えることも可能であり、書類集めの手間が掛かりません。

WEB完結契約のメリット4つ

WEB完結のメリット

契約の際に消費者金融の店舗に行く必要がないインターネットでの契約は融資までのスピードも速く、多くの主婦に利用されています。

店舗にいかないで済むインターネット契約のメリットは非常に多くありますので消費者金融の申し込みのスタンダードなスタイルになっています。

ここで、そのメリットについて考えてみることにしましょう。

 
①いつでも自宅で手続きができる

メリットの一つは、何といっても店舗にいかないで済むので大幅に手間が減ることです。

これまでですと、忙しい家事や仕事の合間を縫って契約のために店頭窓口や自動契約機まで出向く必要がありました。

消費者金融の窓口が近くにないならその手間はさらに増加します。

しかし、店舗にいかないで済むインターネット契約ならそのようなストレスから自由になります。

自分の空いた時間にパソコンやスマホからいつでも申し込めますし、多くの消費者金融では24時間インターネットでの申し込みを受け付けているから営業時間を気にする必要もありません。

インターネットさえ使える環境ならどこに住んでいても問題ないのです。

 
②内緒で利用できる

もう一つのメリットは、店舗にいかないで済むインターネット契約なら、(例外はありますが)基本、誰にも知られずに申し込みができますので、内緒で消費者金融を利用できるというメリットがあります。

契約や審査のために窓口まで行く必要がないので誰かに利用している姿を見られる心配はありません。

コンビニに設置している提携ATMを使ったり、口座振り込みを活用すれば借入や返済の際にも行く必要がないのです。

それに加えてWEB完結契約を行っているところでは店舗にいかないで済むだけでなく自宅への郵送物やカードをなくすことも可能です。

契約書や利用明細を含めすべてのやり取りをメールやインターネット上で行いますので郵便物は基本的にありません。

キャッシングカードは用いず銀行口座への振り込みの形で融資と返済を行うのが通常ですのでキャッシングカードの郵送もありません。

ですから主人や親バレが心配な主婦は特にWEB完結契約をおすすめいたします。

WEB完結を取り扱う消費者金融も増えてきましたので当サイトからその便利なサービスの概要を調べてみてください。

 
③時間を短縮できる

そして店舗にいかないで済むインターネット契約の別のメリットは融資までのスピードが他と比べると断然速いことです。

店舗まで出向く時間をカットできるだけでなく、審査の時間も速く融資も非常にスピーディーです。

例えば、大手では最短1時間で手続きが完了し、口座への振り込みを行ってくれます。

ですからインターネット契約ならあっという間に申し込みから振り込みまで完了してしまいます。

 
④簡易審査や返済シミュレーションを活用できる

またインターネットなら消費者金融のサイトで簡易審査や返済シミュレーションを活用できますので不安を取り除く点でもメリットがあります。

それに加えてオペレーターと煩わしいやり取りを行う必要もありませんので、対人関係がちょっと苦手な方に店舗にいかないで済むインターネットを用いた手続き方法はとても有用です。

ばれないために注意することは?

家族や勤務先にばれないように貸してもらいたい場合に注意していただきたいポイントが幾つかありますのでここで紹介していきますね。

 
1.WEB完結申込を利用して手続きをする

ネットの発達とスマホの普及によって消費者金融もWEB完結で申込手続きをする事が出来ます。

申し込みから借り入れまでの手続きをネット上でする事になるので来店なしでお金を借りる事が出来ます。

 
2.カードレスで契約をする

カードレスとはその名の通りカードなしで融資してもらうことですが、カードを郵送か店舗で受け取る必要がないため「あり」の時よりバレにくいと言えるでしょう。

また、カードが見つかってキャッシングしていることがバレてしまうという事もないため、この契約方法はオススメできます。

 
3.郵送物をなくすこと

通常、振込キャッシングをすると明細書類が自宅へ送られてくるので、契約する時に明細書をWEBで確認するように設定を忘れずにしてください。

そうすれば自宅へ明細書が届くことがなくなるので安心です。

そのほかに、返済が遅れてしまったりすると電話連絡があったり、郵送物が届いてしまったりすることがあるので『返済を滞りなく行うこと』がばれないように使うには大切な事になります。

WEB完結契約が最適

今は家族に秘密で貸してもらえる場所はたくさんありますが、人気を集めているのがWEB完結契約対応の金融会社です。ばれないようにするときにとても便利ですので主婦や女性を中心に急速に人気が集まっています。その際の注意点を一つ上げるとすればパソコンやスマホの閲覧履歴も忘れずに消してくださいね。

在籍確認もばれないでできる?

在籍確認は社名は出さずに個人名で連絡

お金に困っているということはあまり大きな声では言いたくありませんし、できれば誰にもばれないでキャッシングしたいですよね。

大手金融会社なら初めての人にも利用しやすいだけでなく、身近な人にもばれないようにに借りれる配慮がなされた便利なカードローンです。

必ず必要になってくる職場への在籍確認も個人名で電話にて確認連絡をいれてくれますし、契約から借入や返済まで自宅にいながらでも利用することができるオンラインでの取引も行うことができます。

 
例として在籍確認がどんな感じで行われるか見てみると…

金融会社のスタッフ:もしもし、〇〇(スタッフの個人名)と申します。〇〇(申し込み者の名前)さんいらっしゃいますか?

会社の人:〇〇ですね。少々お待ちください、今代わりますね。

本人:お電話代わりました、〇〇(申し込み者)です。

金融会社のスタッフ:〇〇様ですか?

本人:はい、そうです。

このような感じで在籍確認が完了するので、不安に思うこともないはずです。

WEB完結契約ができるカードローンは?

大手のプロミスやSMBCモビット、アイフル、アコムなら申し込みから返済までWEBで全てを完結できるため、家族にも知られることなく借入することができます。

プロミスやSMBCモビット、アイフルはWEB完結(来店不要・郵送物なし・カードレス)で契約できるようになっているので、店舗に行かずに手続きを済ませたいという方は申込時に確認しておくと良いですよ。

また、アコムはWEB完結契約ができますが、プロミスやSMBCモビットとは違い、カードありでの契約となりますので郵送、または自動契約機(むじんくん)まで取りに行く必要があります。

来店せずに~と考えている方は郵送を選択すると良いですよ。逆に郵送は困るという方は自動契約機(むじんくん)での受け取りを。

ここまでは、大手消費者金融の場合を考えましたが、中小消費者金融となるとWEB完結で契約できるけれど、契約書などの郵送物があったり、申し込みしたその日のうちの融資が難しい場合もありますので注意が必要です。

プロミスの手続き方法は?

プロミスのWEB完結のポイント

プロミスは、WEB完結で申し込みから契約そして借り入れができ、郵送物なし・カードレスとなるため、家族や友人などにバレないように借りれる可能性が高くなっています。

申し込みは、パソコンやスマホからでき、申し込みフォームに必要事項を記入するだけです。

その時に、本人確認の方法を「金融機関口座でかんたん本人確認」または「アプリでかんたん本人確認」にすると郵送物なしで契約することができます。

また、利用明細書の郵送をなくすには、書面の受取方法を「プロミスのホームページにて確認」にするようにしてください。

必要書類もスマホのカメラで撮影した画像をアップロードするだけとなり、外出先や勤務先でもスマホ1台で誰にもバレずに申し込みが可能です。

それと、プロミスは振込融資にも対応しています。三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能です。

全ての手続きをその日のうちに済ませる場合は、24時間振込対応の金融機関の口座をお持ちなら審査対応時間の21時までに間に合うように申し込みする必要があります。

また、振込融資が難しい場合は身近にあるプロミスの自動契約機に足を運びローンカードを受け取るのが当日中に借りるポイントとなります。

振込キャッシングでの借入

WEB完結でカードレス契約をすると、借入方法が自分が持っている銀行口座を登録して口座にお金を振込んでもらう振込キャッシングになります。

その時に、プロミスが指定した銀行の口座を登録すれば24時間いつでも振込受付をしてくれて、受付完了後は最短10秒で振込が反映されます。

店頭に行くのは面倒だし誰かに知られるのは嫌だ、という方にはパソコンやスマートフォンからいつでもどこでも借り入れできてとても便利なサービスです。

このサービスは瞬フリと呼ばれており、三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能です。

年齢制限や職業や勤務先は?

プロミスのフリーキャッシングの申込年齢要件を見てみますと、満20歳以上69歳以下と、一般的な銀行カードローンよりも契約の上限年齢が高めに設定されています。

この年齢要件を満たしており、毎月安定した収入があると認められれば、職業や雇用形態、性別に関係なく契約ができます。

パートやアルバイトといった職業でも一定期間以上の雇用期間があれば契約は可能なのです。

なお審査の一環として勤務先へ在籍確認の電話がかかってくることがあるので、しっかりと電話を受けることが大切です。

特徴のあるSMBCモビットのWEB完結

SMBCモビットのWEB完結

SMBCモビットもプロミスと同様にWEB完結契約(郵送物なし・カードレス)ができるようになっています。

SMBCモビットかプロミスか、どちらを選べば良いか分からないという方もいると思いますので、この2社の違いを書いていきたいと思います。

プロミスと違う所は、SMBCモビットは「電話連絡なし※」となっている所です。勤め先への確認の電話が原則ありません。

職場への在籍確認は困るという方にとっては大変ありがたいサービスだと思います。

だた、SMBCモビットWEB完結契約は条件があり、「三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のどれかの口座を持っている」また、「社会保険証や組合保険証を持っている」この2つの条件を満たしている方がWEB完結の申込みできるようになっているので、少しハードルが高くなっています。

このような違いがあるので、自分に合っている会社で手続きするようにしてくださいね。(※審査の時に確認が必要な場合は電話連絡がある場合があります。)

アイフルもカードレスで契約可能

アイフルのWEB完結のポイント

アイフルのWeb完結契約(郵送物なし・カードレス)なら知り合いに見られることがなく、24時間いつでも自分の都合の良い時に申込みができるので、周囲を気にすることなく安心して利用することができます。

会社の始業前に利用することも夜勤明けに利用することもできますし、お昼休みを使ってアイフルを利用することもできます。

Web完結の申込みならば、インターネット環境が整っている場所ならばどこからでも申込みができます。

郵送物なしにする方法って?

その方法は、「Web完結」というサービスで本気でばれないようにキャッシングをするのに役に立ちます。

 
Web完結の利用方法

① Webで申込み

② 審査の結果を受け取り

③ 契約時には口座振替で契約をして、カードは不要を選択

④ 明細書の受け取り方法を「WEB」に設定

 
そうすることでカード無し、郵送物なしで契約することができます。

ですから、とても気軽に利用することができますし、郵送物以外にカードも自宅に送られてくる心配が無く、カードレスでお金が借りることもできるんです。

借入方法は、アプリを使えばセブン銀行ATMでお金を借りることができますし、振込融資でも可能となっていますが、明細書の郵送を避けたいならアプリを利用するのがオススメです。

カードレスならば、会員証でいっぱいのお財布をさらに重くカードでパンパンにする心配もありませんし、アイフルのカードが見つかることで利用がバレてしまう心配もないので、本気でバレることを防ぎたい方の役に立つこと間違いありません。

ばれないようにキャッシングするにはアイフルは便利で役に立ちます。

アコムのカードローン

アコムでキャッシングをする時は自動契約機(むじんくん)で申し込みをするイメージが強い方もいらっしゃると思います。

ですが、アコムでもスマホやパソコンなどのインターネットから申し込みをする事も出来るので心配する必要はありません。

但し、注意点としてアコムではカード有りとなっているので、カードの受取り方法を考えなければいけません。

WEB完結で契約するとカードは自宅への郵送になります。

その場合、郵送物に「アコム」と書かれることはなく「ACサービスセンター」という名前で送られてくるのであまり心配することはないと思いますが、それでも自宅へ送られるのは困るという方は、店舗かむじんくんまでカードを受け取りに行くと良いでしょう。

また、申し込みの時にWEB明細を利用するように設定すると自宅に明細が送られてくる事もなくなります。

このように家族に内緒にする事も出来るのでアコムを利用すれば安心です。

振込キャッシングは24時間対応

申込手続きをした時に他の人に内緒にする事が出来てもATMで借り入れしている時に見られてしまう可能性も少なからずあります。

コンビ二のATMを利用している時は誤魔化せますが、自社ATMを利用している時はさすがに誤魔化せません。

しかしアコムは振込キャッシングのサービスも提供しているのでその辺りの心配をする必要もありません。

アコムの振込キャッシングは24時間いつでも対応※してくれるので安全に借入をする事が出来ます。(※金融機関によって時間が異なる場合があります。)

準備する書類はなに?

アコムではお金を借りるために必要なものがあります。それは審査を受けるための本人確認書類です。

これは期限の切れていない「免許証」でもいいですし、「パスポート」でもいいです。

顔写真がない健康保険証などに関しては併せて住所のわかるもの、ガス・電気・水道等「公共料金の領収書」や「住民票」、「納税証明書」が必要になります(発行日、領収日から6ヶ月いないのもの)。

また、借入額が50万円を超えるようであるならば「収入証明書」も必要になります(「源泉徴収票」、または「給与明細書」がこれに当たります)。

以上のものを揃えていれば、審査の結果を受けて必要な分のお金を手にすることができます。

女性専用のアイフルのSuLaLi

アイフルSuLaLiの特徴

アイフルのSuLaLiはWEBで審査をしたい女性向けのカードローンです。

カードローンの限度額が高いとまとまった借入ができる代わりに必要以上に借入してしまう恐れがありました。

そんなときでもSuLaLiなら10万円と比較的低い限度額のため、借入し過ぎる心配があまり無いと言うメリットがあります。

また、見た目ですぐに分かるローンカードだと持つのに抵抗を感じることがありますが、SuLaLiはオシャレなデザインとなっているためにスマートに持てるのが良いところです。

先ほど記載した通り、WEB限定商品のためお申し込みからカードお届けまで自宅に居ながら完結します。

そのため誰にも知られたくないと言う女性にもピッタリです。何か分からないことがあっても男性では無く女性オペレーターによる対応が受けられるために安心です。

女性向けのカードローンだからと言って審査が緩くなるわけでは無いものの、安定した収入があれば限度額が低い分だけ受かり易いです。

まとめ

このように消費者金融によって申込時に気を付けることや利用条件などが変わってきますので、自分に合っている業者を選んで申し込みをすると良いと思います。

共通している事は、明細書の確認方法は「WEB」にしておくと自宅に明細書が送られることがないので安心ですし、どの消費者金融も利用者の情報を第三者に伝えることはありません。

また、WEB完結契約にもお得な各種サービスがありますので、気づかれないように貸してもらう事もできる即日振込と共にお得な金利ゼロ円のサービス期間などにも注目して選びを行ってください。



同ジャンル・関連ページ