結婚式費用負担

ランキングはコチラから

結婚式をする2人

結婚式費用は
どっちがどれくらい負担する?

幸せな結婚生活のスタートとも言える結婚式ですが、色々な希望を叶えたり盛大に行おうとするとどうしても大きな費用が必要になってしまいます。

必要となるお金は結婚する2人で負担できれば一番なのは確かですが、どの様な割合でお金を出し合うのかは気になるところですね。

考えられるお金の分け方としては『夫婦(または両家)で折半』や『出席してくれる人数の割合で負担額を決める』などが一般的な様です。

しかしこの点は地域性によって考え方も変わってきますので、これから夫婦となる2人や家庭同士でトラブルにならない分け方を考えることが大切になってきますね。

コンテンツ一覧

意外とかかる結婚式の費用負担!

質素な結婚式を挙げようと考えるカップルもいれば、豪華な式を計画するカップルもいます。

ですから式を挙げる際の費用に大きな幅があるのは事実なのですが、相場としては『350万円程度』と言われています。

60人から70人の方を招待すると想定しての額ですので、家族と親しい友達のみで行うとすれば額はもっと抑えることは可能です。

ですが、結婚式を挙げるとなれば予想以上にお金がかかって大きな負担になってしまうのは確かです。

色々な夢を描きながら式場に行ったのに、見積もりを見た瞬間に現実に引き戻されるということも少なくはありません。

また最初の見積り額から最終的にはオプションの追加などで支払金額が大きく跳ね上がったというケースも少なからずあります。

費用を貯めるために結婚を延期するデメリットを考える

費用を抑え親に幾らかを負担してもらっても式に必要な額が用意できなかった場合、『結婚式の延期』を考えるかも知れません。

仕方が無いと言えますし、夢へ向かって貯金をしていくのも素晴らしいことです。

ですが式の延期をした場合、幾つかのデメリットも考えられます。例えば、いざ結婚式を挙げられる様になった時には希望した式場が一杯かも知れません。

またスケジュール面で知人に迷惑をかける可能性もあります。そして今は元気だとしても両親がいつまでも元気とは限りません。

状況次第では、先延ばしたことを後悔することになるかも知れないのです。

結婚式の費用を親や親族に負担してもらうデメリットは?

皆さんの周りにも『結婚式の費用を親や親族に負担してもらった』という方はいるのではないでしょうか?

そんな話を聞くと羨ましくなってしまいますよね。

ですが親にお金を出してもらうということは『結婚して二人で生活していくには力不足』と周りに思われてしまう危険があります。

自分から頼んで出してもらった場合には特にそうなりますし、親からしても「あの二人は大丈夫だろうか?」と思うかも知れません。

やはり2人の力を合わせてこれから生活していくと示すためにも、できる限りは『自分たち二人で結婚式費用を準備する』ことが大切だとは思いませんか?

費用を借りるメリットはある?

『結婚式の延期も親や親族に費用を負担してもらうのも避けたい』とすれば、『融資』を利用してみるのはどうでしょうか?

「式の為に借金をするなんて?!」と考えてしまうかも知れませんが、結婚後の人生の節目節目でマイカーローンや住宅ローンなど融資のお世話になることがあるはずです。

大切なのは、借りたお金の使い方と確実な返済計画を建てることです。

それさえできれば、お金を借りることで『誰にも迷惑をかけることもなく、自分たちだけの力で結婚式を挙げる』ことが可能になります。これは非常に大きなメリットになるはずですよ。

結婚式の費用を借りるならこんな業者を!

結婚式を挙げるために必要な費用を借り入れするのなら、『大手消費者金融』のカードローンがおすすめです。

消費者金融のカードローンは即日融資が受けられる場所が多いので、直近まで貯金などを行い不足している額だけを借り入れすることが可能となります。

お金を借りる上で重要な『必要な額だけを借りる』ということが容易に行えるのです。さらに担保や保証人も不要ですので、親や親族に迷惑をかけることにもなりません。

返済も段階的な定額払いでコツコツを返していける場所がほとんどですので、結婚後に大きな負担になりにくいのも特徴です。

プロミス

プロミス

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利 4.5%~17.8%
1万円~500万円まで

お申し込みはコチラ

アコム

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円まで

お申し込みはコチラ

SMBCモビット

モビット

最短即日融資
来店不要
バレずに借入
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円まで

お申し込みはコチラ

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。【プロミス】※30日間無利息サービスは メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。【モビット】※SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

結婚式の費用が借りれる
ローン会社で結婚式の費用を作る!

最近は結婚式の費用をローンの力を借りて準備する方が実はたくさんいらっしゃるということをご存知でしたか?

「お金を借りてまで結婚式費用に充てるなんて・・・」と思われる方がいるかも知れませんが、式に掛かる費用が増えっている最近ではとても一般的で普通なことなんですよ。それだけでなく実は賢い選択肢とも言えるんです。

車や家を購入する時にローンを組まれる方はたくさんいらっしゃいますが、結婚式にも多くのお金が必要になるのですからローンを組むことは全然おかしいことではありませんよね。

それに人生に一回きりの大事なイベントですから、妥協するよりも良い思い出になるようにした方が絶対に後悔しないはずです。またベストなタイミングで式を挙げたいと考えておられる事と思いますが、その最高のタイミングを逃さないためにも、そうしたものを活用するわけです。

カードローンなら原則的に使いみちは自由ですから結婚式場に支払う利用料だけでなく、披露宴や新婚旅行の資金に使うのも全く問題無しです。そうして面で専用のブライダルローンよりも一般的なカードローンの方が使い勝手がいいとも言えます。

もちろん引き出物や感謝の気持ちを表すためのプレゼントなどの準備をする為に使っていただいてもOKです。

結婚が近づいてきて改めて費用の計算をしてみると、思っていたよりも随分多くのお金が必要だと気付かされることもあるはずです。

そんな時に不足分だけを借入で補うのも良い方法です。「あ!足りない!」と思った時に即申し込みが行なえ、短時間で融資が受けられるのでとても助かりますよ。

結婚式の費用を急いで作るなら!

 結婚式の費用はすごい高いのは分かっていると思いますが、今の最新の結婚式費用等が借りれるローン会社の場合は一定期間金利0円で利用ができる場所も多々あります。ですので、披露宴、衣装代、ケーキ代等々色々と大きなお金が必要な時にはお得に安全に借入ができる有名な場所で結婚式の費用の補充をしていただけたらと思います。

金利無料の場所で!

借入先を探す時には金利のより低い場所が注目を浴びますが総合的なサービス比較を行う事が最もお得な貸金融会社選びには欠かせません。

金利が低いという事はそれだけ払う利息が少なくて済みますので、確実にお得であるのは間違いありません。

しかしそれだけでは本当にお得な貸付とは言い切れません!

例えばインターネット申し込みに対応していない場合、契約のために店舗まで出向く交通費や時間が必要です。

また返済の際に提携ATMを使うたびに数百円の手数料を必要とするキャッシングと必要のない場所ではトータルで必要なお金は変わってきます。

特に貸し付けの際の金利にあまり差がない現在の状況では金利だけでなく利用しやすさを十分に考えることが本当にお得なキャッシング探しにおいてとても大切なのです。

こうした点を踏まえてローン選びの際に注目して欲しい点としては、一定期間金利無料サービスの有無、インターネット申し込みへの対応、ATM使用時の手数料と提携数の多さ、上限金利が低いかどうか、などです。

こうした点を総合的に比較してみれば金利0円で借り入れをした後を考えてみても本当に良い業者を見つけることができるでしょう。

信頼できる場所で!

結婚式で利用するなら安心できる場所を選ぶのが一番です。やはり新婚当初から変なトラブルは抱えたくないですよね。利息や時間を節約したいという気持ちは分かりますが、怪しげな金融機関を使うことだけは絶対に避ける事をおすすめします。

そして事業規模が大きく知名度も高い業者を選べば、安心して使えるというだけでなく中小業者よりも低金利で借りる事ができるというメリットがあります。

ですからまずは良く知っている業者を幾つか思い浮かべてみてください。その中でさらに自分の状況にあったサービスを展開しているのがどこなのかを考えてみると、良い結論に達することができるでしょう。

ここからは主な大手業者の幾つかをおすすめとして取り上げてみたいと思います。

おすすめはプロミス!

初めての方が使うのに最適なローンとして一番におすすめしたいのはプロミスです。大手として知名度も高く安全性でも知られていますので、利用を躊躇するような不安な要素はありません。

特に注目していただきたいのが、最大30日間無利息サービスがある点です。プロミスを活用してブライダル関連のお金を一括で支払い、その後、結婚式などでいただいたご祝儀を使って返済も一気に行ってしまう事が出来れば、利息は0円で済ませるという事も不可能ではありません。

もちろんゆっくり返していくとしても、30日間は利息が発生しないため少なくない費用を節約することができますよね。

利用にあたってはお店まで行かずにすむWEB申込やWEB完結契約をおすすめします。そうすれば結婚に伴う忙しい時期に、ほんの少しの手間だけで資金を準備することができるからです。

プロミスなら結婚式の費用をまとめて借りれる!

結婚式を挙げる時は多額の費用がかかってしまうのでお金を借りる必要が出てくる事も多いでしょう。

消費者金融を利用する時は少額の借り入れをする場合はそれほど問題ありませんが、多額の借り入れをする時はいろいろな問題が発生してしまう事も多いです。

しかしプロミスは月に1回以上の収入を得ていてしかも限度額も高く設定されているので多額の借り入れをする時もしっかり対応してくれます。

結婚式の費用をまとめて借りたい時はプロミスを利用するのがおすすめです。

結婚式の費用も瞬フリを使って速攻口座に入金も可能!

結婚式の費用を早く用意しなければいけない場合にどうすればいいか困ってしまう人も少なくないでしょう。そのような時もプロミスはしっかり対応してくれるので問題ありません。

プロミスは振込キャッシングのサービスを提供していて融資の依頼をすると指定した口座に最短10秒で振込をしてもらう事が出来ます。

振込スピードが早いので瞬フリとも呼ばれていて早くお金を借りたい時に利用するとすごく便利です。結婚式の費用を早く用意したい時はプロミスの瞬フリのサービスを利用するのがおすすめです。

近くのコンビニで足りない費用をスグに引き出しも!

結婚式の費用が足りなくなった時にプロミスを利用すればすぐに対応する事が出来ます。プロミスは全国各地に自動契約機が設置されているので申込手続きをすると契約完了後にカードが発行されます。

カードが発行された後はコンビニに設置されている提携ATMを利用すればすぐにお金を借りる事が出来ます。

結婚式の費用が足りなくなった時に自宅近くのコンビニまで行けばすぐにお金を借りる事が出来るのもプロミスを利用するのがおすすめの理由になります。

最短30分で審査が終わるアコムなら急な追加費用も!

結婚式の費用を支払する際、準備した現金で足りないという時でもアコムなら安心して申し込みから契約が可能です。

審査結果は、申し込み後から最短30分とスピーディーであり、その日のうちに借り入れすることもできます。

そのため、結婚式の費用の支払期限当日でも間に合わせることも可能なため、安心が得られます。

また、契約する時間的な余裕が無いという状況でも、深夜や早朝にインターネットから申し込みを済ませれば、時間を有効活用することもでき、支払前に追加費用を調達することもでき安心です。

無利息サービスがあるから
大きく借りても安心!

アコムなら新規契約時には最大30日間の無利息サービスが受けられるため、返済の目途が立っている場合には負担を軽減することもできます。

特に結婚式の費用の場合、結婚式の会費もしくはご祝儀で30日以内に返済すれば、利息はゼロで済みます。

また、結婚式の費用の支払に余裕をもって多めに借り入れしても、無利息サービスが適用され、よりお得に借り入れすることも可能です。

30日以内に完済ができなくても、それ以降の利息は利用残高に応じて発生するため、金利は低いものの無利息サービスが無いキャッシングローンと比較しても総返済額を抑えることも可能です。

キャッシングの手続きをネットで

WEBですべての
手続きを行う事ができます!

結婚式の事前準備や事後処理で忙しいという方でも、アコムならWEB完結を利用することでその場に居ながら手続きが可能です。

申し込みから契約手続き、そして借り入れまでスマホもしくはパソコンだけで行うことができます。

例えば、結婚式の費用の支払が銀行振込という場合なら銀行口座へ振込融資を受け、インターネットバンキングでブライダル会社に支払うという方法も可能です。

また、ATMから現金を引き出す際の手数料や現金を持ち歩くリスクも回避することが可能です。

もし、結婚式でバタバタと忙しく、現金を持ち歩くのは不安という方ならアコムのカードローンはおすすめです。

結婚式費用の負担は
どっちがどれくらい?

結婚式は自分たちの好みに合わせて行いたいと思っても費用って結構かかりますし、親族や家族の都合もありますよね。実際のところ、他のカップルがどんな形で費用を賄っているのかという点や、新婦側、新郎側のどっちがどれくらい負担しているのか気になりますよね。

それぞれの事情でお金の負担の割合が変わると思いますが、おめでたい場ですしなるべくお金のことで家族や親族などともめたくないですよね。

ですから、これから結婚式を挙げようと思っているカップルの方や費用で悩んでいる方などは、この下に掲載している先輩方の体験談を参考にして最高の式を挙げてください。

挙式とパーティーで100万以下!

私たち夫婦は親族のみの挙式で30万、友人のみのパーティーで40万、合計70万の出費で済みました。ローンは一切組まず、挙式分は両親が、パーティー分は自分たちで支払いました。

挙式披露宴で300万越えは当たり前だと思っていましたが、意外にも式場任せにせず自分たちで出来ることは自分たちでしっかり準備すれば、費用を切り上げてこんなに安くできます。準備するのもいうなれば夫婦の共同作業ですから、より夫婦の絆が深まるので心からお勧めします。

花嫁側が9割負担してでも豪華挙式をして良かった

結婚する娘と両親私は初婚でしたが夫となる新郎がバツイチだったので当初は結婚式も披露宴も地味な式になる予定でした。

しかし私の花嫁姿を見たいと言う母の意見もあり式と披露宴の費用を9:1で新婦側が払うことと引き換えに豪華なものになりました。

お金はかかりましたがローンは組んでいませんし当日はヒロインになれて幸せでした。やはり一生に一度なので豪華挙式をして良かったです。

ざっくり分けました

挙式にかかるお金は主人とざっくり半分こにしました。ドレス代やアクセサリー類などの費用は基本的に私が出しましたが結局主人からのプレゼント品を着けたりしたので、出してもらったようなものでしょうか。総額で200万円程度だったので、現金一括で支払いました。

大きな出費ではありましたが、それでも事前に二人で計画をたてて貯金をしていたので大きな問題ではなかったです。でも新婚生活のための費用はさらにかかったので、結婚式後は二人とも残業を多めにしていました。

私が全て負担しました。金額は300万ほどです。

結婚式をしたのは3年前です。結婚関連の雑誌で大きく写真で取り上げてある、人気のある式場を予約しました。式を挙げたいとわがままを言ったのは私の方だったので、私が全て負担しました。

掛かった費用の総額は300万ほどでした。仕事に出だしてからは通常の貯蓄とは別に結婚資金を貯めていたので、ローンは組みませんでした。

結婚式や披露宴でもアイフルは利用できる!

式を挙げるカップル結婚式や披露宴などの時に、名古屋をはじめとした東海地方でも便利に利用できるとおすすめなのがアイフルです。一生に一度の結婚式、女性としては細かいところまでこだわって納得のいく式にしたいですよね。

男性としても、花嫁さんの希望は叶えてあげたいですし、綺麗な姿・可愛い笑顔で、式当日を迎えてほしいものです。今は結婚式の費用を安く抑えて、ご祝儀で逆に儲けよう・そのお金で新婚旅行という式もあるようです。

結婚式に参加したことがある方ならわかると思いますが、「参列者のことを考えしっかりとするところは節約せずちゃんとした内容のものを」とした式と「とにかく式代金を安く抑えよう」とした式とではすぐにわかってしまうものです。

ですから、自分たち夫婦はもちろん、自分たちを祝ってくれる大事な人達にも「いい結婚式だった」といってもらえるようなそんな式を挙げたいですね。そうなると問題なのがお金です。

豪華にすればするほど、こだわればこだわるほどオプションなどでお金がかかってきます。そんな時にアイフルでお金を借りている人も多くいます。

一時金や前金など大きなお金を一気に払わなければならない時など、アイフルから借りて、返済は生活に無理のない金額でコツコツと、というご夫婦もいます。

超地味婚&ワリカン婚

神前式をする2人豪華な式はせずに、神社で式、料理割烹でお食事会(ともに両家の両親兄弟のみ)という超地味婚でしたので、式代は完全折半、お食事会はご祝儀で賄えたという状態でした。

なので、式代は神主さんに払った10万円程度と、お食事会の余興(両家へのプレゼント等)だけでしたので、総額でも30万円程度です。正直いって神主さんにそんなに払う事にはショックでしたが仕方がないと思って払いました。

神主さんを除けば少ない金額で済ましたので、お互いの持ち金で賄えました。シンプルでありながら伝統にも従った形ですので両家とも納得してくれましたし、全てがうまくまとまって助かりました。

私と妻の二人で出しました

結婚式費用は私と妻の二人だけで支払い、お互いの両親からの援助は一切なしです。その代わり親からの口出しなしで好きなようにさせてもらうことにしました。トータル232万円、私が150万円だし残りの82万円は妻にだしてもらいました。

支払いは現金一括でローンは組んでません。元々予算は150万ぐらだって私は考えており、妻の希望にしたがって色々なオプションをつけたので必要以上にかかった分は妻が出すという感じで割り切りました。自分たちで納得のいくものを作れたので後悔もしていないですしよかったなと思っています。

すべて自分達が負担しました。

挙式の費用は、すべて自分達夫婦で負担しました。かかった費用は、挙式・披露宴合わせて総額で120万円ほどでした。両家の親族20名程度で取り行ったので、思ったより少ないその程度の額で収まりました。

ローンは組まずにすべて現金払いにしました。その理由としては二人とも共働きですので、貯金を十分にして備えをしていたからです。

海外で挙式

海外で式をあげました。妻と2人だけの地味婚です。式はフランスであげそのあと旅行という形でイタリアに行きました。

結婚式の費用は180万ぐらいかかりました。場所、衣装なども借りたりして思ったよりも結構掛かりました。妻と協力して、毎月コツコツ貯めた二人の結婚のための口座から一括で払いました。

相場より少し高いくらいで約380万でした。

式を挙げた時は世間の相場より少し高いくらいで約380万でした。費用は誰が出すかは両家でかなり話し合いましたが両家の折半で半分ずつ出してもらい、当事者である私たちはありがたいことに負担することなく、その分を2人のこれからの生活の諸々や新婚旅行費へと回すことが出来ました。

自己負担額は108万円

6年程前に、地元で結婚式を挙げました。私の住む地域では、結婚式は会費制で行うことが多いので、我が家もそのようにしました。

会費以外の部分での会場の使用料やドレス代・ビデオ撮影代などの自己負担額は108万円で、夫婦で貯めた貯金を使って全額支払いをしました。

お互い100万円ずつ負担しました。

ウェディングの費用は、だいたい200万円でした。お互い100万円ずつ出しました。支払いがクレジットカードが使用できず振込のみだったので、一時的に親に立て替えてもらいました。式場からは当日のご祝儀から払ってもよいともいわれました。

当時流行り始めたレストランウェディングでした

結婚する2人私の結婚式はレストランウェディングでした。当時流行り始めたもので、レストランウェディングをしていますという告知をしているところがあったのでそこで行いました。

人数も内輪で40人というとても小さなもので、ウェルカムボードや席次表、招待状、花とドレスとヘアメイクが自分でセッティングしなければいけなくて、プランナーをつけずに式を挙げるということは結構自分で頑張らなければいけないこともありました。

これに費やした費用は全てを含めて70万円くらいでドレスとヘアメイクで25万円くらいかかったのですが、それを私が払い、それ以外の金額は全て夫が払ってくれました。もともと100万円未満で挙げたいと思っていたので、その希望が叶いましたし、一括で支払いました。

けっこう生々しいです

私たち夫婦は最初、結婚式のお金は自分たち二人で出そうと決めていました。いい歳なのでそれぐらいの貯蓄はあったためです。ですが、両家の父母から昔は親が出すのが普通だったから費用は親持ちという話が出ました。

けっきょく両家の招待人数にも偏りがあったので、人数割りで両家から出すことになりました。私は両親と半分ずつ負担しましたが、夫の方は両親が譲らなかったようで全額両親が費用出してました。家族によって考えが違う部分なので、それぞれの親とよく相談することが大事だと思います。

ローンを組まないですべて現金払いです。

挙式の費用は70万円ほどでした。支払いには、ご祝儀を使いました。結婚式・披露宴が終わり着替えを済ませるや否や式場の個室に夫婦でこもり、ひたすらご祝儀袋を開けました。支払いはローンを組まないで、すべて現金払いです。

夫の招待人数は60人程度だった

私たちの場合、挙式にかかるお金は人数割りにしました。私の招待人数は20人程度で、夫の招待人数は60人程度だったためです。これでも私の方は頑張って人数を集めたのですが、夫は親戚の多い家系なので差が出てしまいましたね。

そのため料理や引き出物などは人数割りし会場などは半分、それぞれにかかった衣装メイク代などはそれぞれ負担しました。両家からの援助も頂けたので、私たち自身の支払いはさほど多くなくて済みました。

両家の両親からのご祝儀でチャラに

結婚式の費用は基本的に夫がしっかり貯金をしてくれていたので、そこから出してくれました。といっても、レストランウエディングで式場に支払ったのはほとんど持ち込みだったので100万円ほど。このほかに別に花などドレスなどは別です。

招待状などのペーパーアイテムは自分でキットを購入して作成。こちらは私の貯金から出しました。

ローンなどは組まずに済みましたが、当日受付に両家の両親からもご祝儀を出してくれ、それで十分に払いきることができました。二人ともお金に関して両親に相談することなく話が進んでしまい、今まで子供の結婚式で使う予定の貯金だったそうです。

今回はローンなど組まなかったのでよかったのですが、もしもローンを組んでいたら、利子分が無駄になるところでした。お金の話はあまり親としませんが、最初に相談しておいてもよかったかなぁと思いました。

基本は自分たちで負担しました

結婚式と披露宴は両家で80人招待で、350万円程かかりました。ローンは組まず、基本的には自分達で支払いました。参列者からご祝儀も頂いたので、実際に支払った金額は100万円程だったと思います。

式の前に私と主人のそれぞれの預金は一つにまとめ、お互いの両親、祖父母から頂いたお祝いもまとめました。

同時に家も購入した為、結婚式費用の他にも頭金や引っ越し費用、家具、家電代なども支払ったので、どちらがどのくらいの割合というのはあまり深く考えませんでした。

結婚式の費用をクレジットカードで支払う事が出来たので、ポイントがかなり貰えてお得でした。カード会社に事前に「結婚式なので」と言うと一時的に限度額を広げてくれます。ただ、式場によってはクレジットカードが不可な所もあるので、事前に確認することをおすすめします。

そして、パンフレットや雑誌などに書かれている金額はあくまで最低金額で、卓上のお花の装飾や、ケーキやドレスなど選ぶものによってはどんどん金額が増えていくので注意が必要です。

あと、実際かかった費用は350万円でしたが、当初の見積もり金額は360万円でした。

実は結婚式当日に音響トラブルがあり、音響代の10万円は返金されました。まさか自分達の結婚式でトラブルが起きるとは思いませんでしたが、それ以外は問題なく、とても素晴らしい結婚式を挙げる事が出来ました。

何回も足を運んで予算を抑えること!

一生に一度の結婚式なので、どうしてもホテルウェディングがしたい。それが私の希望でした。幸い彼は結婚式場は私に一存してくれるとのことだったので、新しくできた駅前のホテルを見学に行きました。

チャペルはホテルの屋上にあって、チャペルを出るとガラス造りの階段。屋上なので空が近く見え理想通りの式場でした。この式に掛かった金額は総額で350万円でした。

彼と私で話し合いをして招待客の割合で費用を負担することに決めました。なので60%を彼が、残りの40%を私が負担しました。私は貯金から、彼は貯金と親から100万程借りたようです。なのでローンは組む必要はありませんでした。

実際の式では結婚情報誌や打合せをしていくうちに気持ちが盛り上がってしまい、レンタルドレスを金額を考えずに決めてしまうこともあるので、レンタルドレスとアクセサリーなどはいくらまでと予算を決めて、その場で即決せず何回も足を運んで予算を抑えるようにした方がいいと思います。

予算決めは大事です!

私は夫婦ともに20代前半で就職してすぐに入籍し、あまり貯金がなかったため、結婚してから挙式のための貯金を開始して一年半後に結婚式を挙げました。結婚前の私の貯金は200万で、相手の貯金は50万ほどでした。

予算200万ほどの地味婚を予定していたのですが、貯金はある程度残したかったので相手の貯金から50万、私の貯金から50万出して、結婚後に共働きで一年で100万貯金して費用に充てたので、だいたい費用負担は半分ずつになりました。

実際に式を挙げて費用は総額200万以内に収まり、ローンを組まずに済みました。

私達は最初から予算200万と決め、オーバーするならいっそ挙式は延期して貯金を増やすと決めていたのですが、予算を決めないでプランを決めていたらもっと細かい出費がかさんでいたと思います。予算決めは大事だと思います。

合計500万円弱の費用がかかりました

招待人数は80名、式場へ払った費用は400万円です。また、遠方からの参加者が多かったため、お車代が50万円、招待客の宿泊費が20万円かかりました。

席次表などの手作りの費用や、その他細々した費用が10万円程度だったため、合計500万円弱の費用がかかりました。

招待人数に差があったため新郎が7割、新婦が2割、新郎両親が1割を支払い、ローンは利用しませんでした。式準備の最初に式場へ支払うおおよその費用が決まり安心していましたが、その他の費用がかかることを考えていなかったため、予定していたよりも費用がかかってしまいました。

二次会での衣装や景品などを準備するようであれば、さらに費用がかかります。式場への支払い以外に費用がかかることを考えて、式のプランを決めるべきでした。

4:3:3の割合で負担しました

結婚式費用については、夫婦、夫両親、妻両親がそれぞれ4:3:3の割合で負担しました。金額としては親族だけの小さな式だったため、100万円ほどでした。ローンは組んでいません。

結婚式を挙げるときに私たちが注意したポイントとしては、1規模、2場所でした。1について、まずどのくらいの「規模」でやるのかを決めることが重要であると思います。

親族だけか、会社や友人を呼ぶのかで結婚式の費用が変わってくるからです。

また2の「場所」についても、遠方でやれば当然参加できる人も限られてきますので、重要な要素であるといえます。逆にその2点さえ初めにはっきりさせておけば、あとは自然に決まっていくと思います。

経済的負担の少ない範囲で挙げましょう

結婚式費用は、主人と私で半分ずつを負担しました。金額は100万円ぐらいかかりました。ローンを組むことも考えましたが、主人と私は2人共、独身時代に貯めていたお金がありましたので、その貯金から出し合うことにしました。

結婚式では、見栄を張って豪華な衣装にしたり、趣向を凝らした演出にしたり、たくさんの人を招待したりすることがあります。

私達の場合は、主人側の招待客が少なく、私の方も同じような人数にしようと思いましたので、限られた人数でわりと安めで結婚式を挙げることができました。

結婚式は一生に1回の大イベントではありますが、あまり無理をせず経済的負担にならない範囲で挙げていくように気を付けるのがよいと思います。

プランナーさんとの相性がポイント!

結婚費用は親には頼らず私達夫婦ですべて捻出致しました。今回の費用としては祝儀で差し引きをしてもマイナス200万円ぐらいです。また自己資産があったためローンは組みませんでした。

キャンドルリレーやデザートブッフェなど自分のやりたい事を盛り込むと思ったより費用がかかってしまいました。

今回、結婚式を挙げる時に気をつけたポイントとしてはやはりプランナーさんとの相性がいいかどうかと言う点です。

プランナーさんはやはり20代、30代の人が多いと思いますが、そのなかでも私達と意見が合うのかどうかと提案力をどれだけ持っているのかという部分が大事であると感じました。

また契約をして欲しいという勢いだけで「どうですか?どうですか?」と来られるプランナーにはあまり良い印象が無かったです。

旦那の両親が費用を出してくれました

結婚式を挙げる事になり、小規模でいいと思っていて私の場合は旦那の両親が費用を出してくれました。総額で250万くらいでした。招待客もそれなりに呼んでこの額でした。ローンも組むことなく式を挙げる事が出来ました。

結婚式を挙げる時に悩んだのは、どの範囲の友達、上司、仕事場の人を呼ぶかでした。

あの友達を呼ぶならこの友達も呼ばないといけないよね?って考えるとあんまり関わりない人まで呼ぶはめになるので、ある程度関わりのある人を選定するのも大事です。

あと職場関係はお世話になった上司、一緒に仕事をした人達を主に招待しました。席順では親戚関係から友人まで色々考えないと行けなかったので悩みに悩みました。

みんなで楽しめる空間を♪

一生に一度、両家の両親も結婚式を望んでいたので挙げることにしました。私も友達の結婚式に列席して夢を持っていたのは事実でした。

両家合わせて60人ほどの式・披露宴でしたが、新郎新婦の衣装代や結婚指輪も式場が準備してくれたのでそれらを含め200万ほどはしました。

二人で出したのと新郎の親が式場の会社の会員になっていたのもあり、少し割り引きなどもありました。

新婦側もいくらか負担してくれました。式を挙げるポイントとしては、確かに悔いが残らないように細部にこだわりたいのはわかりますが、こだわり過ぎると費用が随分とかさむのが現実です。

また、列席者の配慮は決して忘れてはいけません。子供や妊婦さんお年寄り等、主役の二人が楽しいだけのものになってはいけません。みんなで楽しめる空間が必要です。

いろいろと盛り上がってしまった結果…

結婚式にはいくらほどかかるかご存知でしょうか。規模にもよると思いますが、私の場合は内容を決めているうちに「座席表はこの方がいいな」、「入場時にシャボン玉で演出しよう」、など盛り上がっていってしまい、「一生に一度だから」と400万円ほどかけることになりました。結構な額だと思います。

この費用は、妻との折半でお互いに200万円ほどになりましたが、今まで自分たちで貯めてきたお金だけでは足りず、両親にもその分を負担してもらうという少し情けない状態にもなってしまいました。

これから結婚式を挙げようとする方たちは、まずは自分たちが今どれだけの費用だったら払えるのか、その費用を払っても後の生活が困ることがないか、よく考えてみることをお勧めします。

例え一生に一度の大イベントだとしても、無理して大きな金額を出してあとの生活に影響するようでは元も子もありませんから。

思い出残して借金は残さない!

ドミニカ共和国での国際結婚でした。妻の家族はそれほど裕福ではありませんでした。なので費用はほとんど僕が出し、彼女はウェディングドレスのレンタル料を出すことにしました。

僕としては派手な披露宴などがちょっとした憧れでしたが、結婚式の出費が大きすぎて後が大変だったという経験を友達から聞いたので、無理はしないことにしました。

彼女の唯一の希望は写真撮影でした。結局この写真撮影が一番の出費でしたが、思い出が残るし、披露宴で食べて飲んで何も残らないよりはいいと思いました。

結局場所代や花代は友人たちが出してくれたので、写真代の30000ペソ(72000約円)とウェディングドレスのレンタル代が2000ペソ(約4800円)でした。合計約76800でそのうちの72000円を負担しました。

大きな写真がドーンと居間に飾ってあり、いい思い出が残りました。借金を残すことなく、いい結婚生活をスタートさせることができたと思います。

式場の下見をしっかりとしましょう

結婚式の費用はお互いに働いていることもあり、両家で折半しました。金額は約300万円弱で、資金が貯金できるまで結婚式は上げないつもりでいましたのでローンは組みませんでした。

結婚式を挙げるときに気を付けるポイントは、まず結婚式場の下見をしっかりとすることです。いくつかの結婚式場をピックアップして、費用なども鑑みた上で、何度も足を運ぶことは大切です。

ウェディングプランナーさんともしっかりと打ち合わせをして式までの計画を立てることは一番重要なことだと思います。

結婚式場の場所も気を付けたいところです。遠方から招待する友人や親せきのことも考えるとアクセスのよいところが望ましいと思います。

我が家の予算と値引き交渉のポイント!

私達は2年前に結婚式を挙げました。その際の予算や気を付けた点などを書いていきたいと思います。まず実際に挙げた結婚式の予算は披露宴・引き出物などすべて合わせて340万円でした。

参加した人数は子供も合わせて110人程度です。その金額を2人で出して両家の親からの援助は受けませんでした。出した割合は当時のそれぞれの収入比率に合わせて新郎3:新婦1で計算したので新郎が255万、新婦が85万を払った形になりました。

それぞれが結婚式に向けた貯金をしていた上で参列者からのご祝儀もあったのでクレジットカードの上限を1か月だけ上げてクレジット一括で支払いをしました。

ご祝儀はそれぞれが呼んだ人の分を使ったのでおそらく新婦側はご祝儀が余ったぐらいだと思います。

結婚式を挙げる際に金額をなるだけ抑えるポイントとして私達が行ったのが自分達が挙げたい本命挙式の価格帯が若干だけ下のライバルとなる所の見積もりを使って値引きをしました。

具体的に書くと挙げることに本命式場で見積もりを一度取ります。その後、ライバル式場に行って見積もりを貰ってもしも本命の見積もりに負けている点があれば本命の見積もりを見せて値引きをしてもらいます。

その後、値引きしたライバル式場の見積もりをもって再度本命式場へ行き、ライバル式場の見積もりを見せて値引き交渉を再度します。

私達はこのやり方で値引きやサービス追加で40万程得をしました。ぜひ参考にしてみてください。

両親からお金を借りて行いました

世間では晩婚化が問題になっている今、私は20代半ばと男性では少し早い時期に結婚しました。男性が若い時期に結婚するのはやはりいろいろと大変でした。

一番の大変で困ったのがはやはり結婚式の費用でした。私は当時社会人になりまだ数年で貯金はそれほどなかったので結婚式の費用を自分ですべて払うのは無理がありました。

そこで両親に相談をし、必ず返すという約束で費用の半分を借り、式を挙げることにしました。ローンを組むという方法も考えたのですが、両親がローンを組むくらいなら貸してやると言ってくれたので、ローンを組むのはやめました。

それから、式を挙げるときに一番気を使ったのが日にちです。聞いたところによると今の若い人たちは気にしない人も多いらしいのですが、私は両親からしつこく言われていたので慎重に式の日を決めました。

結果いい結婚式が挙げられたので両親にお金を借りてでもやったかいがあったなと思いました。

基本的には男性側が多めに出す!

結婚式の費用はトータルで250万円くらいでしたが、ご祝儀はまるまる親に渡して親が支払うという形にしました。

うちの親は基本的に結婚式費用は男性のほうが多く持つという考えのため、夫の両親に相談をされたときにそのように話をしたそうです。

割合としては男6:女4という具合でした。ちなみに私の兄が結婚式をしたときは景気のいい時代だったことと女性側がシングルマザーだったこともありうちの両親が全額負担し、かつご祝儀は兄夫婦がもらったそうです。

夫の両親も節約家だったのでご祝儀と貯金でキャッシュ払いでしたし、うちの方はご祝儀だけでまかなえたのでローンはなしです。

女性はドレスだけで30万円くらいするのでお色直しを何度もすると費用は跳ね上がりますし、イベントを増やすとどんどん増えていくのでスピーチを増やすとか歌を増やすとか歓談の時間を多めに取るといいと思います。

料理とお酒をケチるとすぐうわさになるのでそこだけは普通以上にした方が後々いいです。

人生の晴れ舞台!お金のあれこれ

ほとんどの人が人生で一番スポットライトをあびるのは結婚式ではないでしょうか。新郎、新婦の晴れの舞台。絶対後悔のないものにしたいですね。

さて、結婚式で気になることの一つにお金のことがあげられるでしょう。私が結婚式を挙げた10年前は、結婚費用の平均が300万円くらいといわれていました。

現在は、地味婚ブームで100万円くらいから式を挙げることができます。それでも100万円単位のお金が飛ぶというのは若い二人には大きな出費ですね。

昔は、両親が若い二人のためにと結婚式費用をすべて持ってくれるということもあったようですが、最近はあまり聞きません。実際、私たち夫婦も結婚式費用は自分たちで平等に折半しました。

そこで気を付けたいことは、最初に予算を提示されても引き出物や料理のグレードを少しあげるたびに予算をどんどん超えていくことです。しっかりと貯金をして結婚式に臨むようにしましょう。

結婚式を挙げる時に気を付けるポイント

①準備の際に気を付けること:「パートナーとのコミュニケーション」結婚式準備は、いわばこれから人生を歩んでいく2人の初めての共同作業。とは言え、そのやるべき事の多さから仲たがいをしてしまうカップルも少なくありません。

式場、ドレス、料理など、お互いにこだわりが存在するのは当たり前ですが、大切なのはパートナーとしっかり話し合い、2人で協力して結婚式を作り上げていくことではないでしょうか。

②結婚式本番で気を付けること:「ゲストへの感謝の気持ちを忘れない」結婚式では、家族・友人・職場の人など、今まで2人を支えてくれた方々がゲストとして多く訪れます。

そして彼らが何よりもうれしいのは、2人のたくさんの幸せの瞬間に立ち会うこと。最高の日にふさわしいとびきりの笑顔で、ゲストへの感謝の思いを伝えましょう。

300万円くらいかかりました

私が選んだ会場ではメイン料理の標準が鶏肉でした。そこから黒毛和牛のソテーに変更したのすが、一人当たり約一万ぐらい費用がかさんでしまいました。

勿論余興や演出も結婚式では大事な部分だとは思いますが、来てくれる方々にとって料理も魅力的な部分だと思い結婚式を開く上で一番気をつけたのは料理内容になります。

あまり料理内容を気にしない方は標準のままでも良いと思います。私は味が気になったためしっかり試食をさせていただきました。

また全費用としては祝儀で差し引いたとしてもローンは組まず300万円はかかっていると思います。またお金は両親が100万円負担してくれたため私達が出した金額としては200万ぐらいになります。

割り切ることが必要!?

年月は経過していますが、兄の結婚式の時のことです。費用は花嫁側と総額人数割りで負担することになっていました。

兄はもちろんお金は出しませんでした。両親が結婚式の費用をすべて出していました。金額は200万円弱、現金払いでした。挙式後に事務処理に時間がかかり、父が支払いをしていたのを覚えています。

しかし、いざお支払いの段になると、花嫁側の父親が出し渋ったようで、お花代、音楽演奏代、演出料など挙式の雑多な費用はわが家で余分に出すことになりました。

結婚式では両家の釣り合いもあり、食事内容一つとっても難しいものがあります。嫌な思いをさせずに上手に付き合わなければなりません。

とても気を遣いますが、それも浮き世の義理と割り切ることが必要です。

父プロデューズの式になりました…

今思えばよかったなと言えますが、結婚が決まって式を挙げ、披露宴まではらはらした半年を私たちは過ごしました。お嫁に行く私でしたがシンプルなパーティー形式を望んでいた為、100万の予算内から前撮りでウエディングドレスを着ることにし、費用は主人側が負担してくれることになりました。

ところが式が近づくにつれを跡取りとして入社することになっていた主人と私に立場上は嫁に行くにしても、皆さんに報告が必要と父にすべての段取りをひっくり返され3ヶ月前に式場変更招待人数も200人程になり、私が養子をもらうような雰囲気になってしまいました。

おかげで費用も3倍はかかるようになり、言い出し始めた父がほぼ現金で支払うならと私たちも折れることとなったのです。3ヶ月で全てを決め、最後は父プロデューズの式になりましたが、主人が入社してからの人間関係は構築しやすかったようですし、たくさんの人にお祝いしていただけたことは素敵な思い出になりました。

準備をする際は何度もめんどくさいと思うことこそしっかりと連絡相談が必要だと痛感した結婚式でした。


同ジャンル・関連ページ


当サイトで掲載しているランキング等はクチコミでの集計結果、利息や借入れ限度額などを含め、総合的に判断した結果となっております。当サイト及び、当サイトのリンク先のサイトを利用したことにより、発生される『あらゆる問題、トラブルに関して』当サイトでは一切の責任を負いかねます。ですので各社のサービスのお申し込みや審査、ご契約などにあたって、提携事業者(リンク先のサイト)等の利用規約を必ずご確認の上、各自の自己責任の元、利用いただきますようお願いします。また当サイトを利用する場合、別ページにあるプライバシーポリシーについて理解、承諾されたものとさせて頂きます。 (C)2017.07.01 お金の学校 即日融資キャッシング お金を借りる