女性のファクタリング

ファクタリングも資金調達の時に役立つ

法人の方が資金調達する際、ビジネスローンという形以外にも売掛金を現金化して資金調達をするファクタリングも資金不足で悩む時、利用することができます。

法人の融資の際のビジネスローンとは特徴が全く違うので、最初は抵抗感があるかもしれませんが、ここでしっかりとファクタリングの詳細、ビジネスローンとの違い、メリットやデメリットなどを学び、法人の今後の事業展開に活躍させていきましょう。

ファクタリングは新たな資金調達のスタンダードプラントなりつつあります。従来のビジネスローンにはない魅力を持っていますので、従来型の融資と併せて活用していくことが望ましいでしょう。売掛金を有していることが必須条件となりますが、うまく使えばより少ない時間と負担で、必要な資金を得ることもできるとあって、急速に人気が高まっています。

最近のファクタリングの特徴!

1.数億の現金が手に入る!

ファクタリングは融資とは異なるため大型取引も可能です。例えば有名会社の一つでは最大三億円までの買取を行ってくれます。もちろん額面の小さな売掛債権の買取もしてくれます。

2.いつでもネットで申込みが!

大手ファクタリング会社ではネットから最速10秒で買取可能かどうかの簡易診断を行ってくれますし、24時間申込みを受け付けてくれていますので、来店不要で素早い契約が期待できます。

3.内緒でスピーディに!

2社間取り引きであれば、最短即日資金調達できるだけでなく、売掛債権の発行元に内緒で利用できるというメリットがあります。取引先の信用を大事にしつつスピーディに調達ができます。

手続きの速さ 売掛債権 詳細
資金調達プロ 最短即日 現金化可能 詳細はコチラ
ファクタリングのTRY 最短即日 現金化可能 詳細はコチラ
株式会社オッティ 最短即日 現金化可能 詳細はコチラ
クイックマネジメント 最短30分 現金化可能 詳細はコチラ

担保保証人を準備する必要は?

ファクタリングサービスは、借り入れ行為とならないため、担保や保証人を準備する必要がありません。

例えば、保証人の当てがない場合やお願いすることが出来ない状態でも資金調達に支障がありません。

また、価格変動の大きな不動産担保に対し、売掛金という資産が安定した金額となるため、必要な資金を調達することも可能です。

利益率の高い売掛金を効率よく売買出来れば、ビジネスローンよりもお得に利用出来る上、周囲に与えるリスクも軽減できます。

決算で不利になる事はある?

企業評価は四半期毎または1年毎の決算により、大きく影響されます。

その際、銀行や消費者金融などの借入金は負債となり、財務指標としてはマイナスの評価になってしまいます。

しかし、ファクタリングにより売掛金という資産を速やかに現金化することで赤字決算を回避することが可能です。

赤字決算を回避することで、銀行などの金融機関から新たに借り入れを行う場合でも悪い評価条件にはなりません。

3社間なら自社のリスクが軽減

3社間取引きの仕組み

売掛金の増加は、万一の場合、貸し倒れのリスクも増加します。その際、売掛金の総額に対し一定割合で貸倒引当金を計上する必要があり、その金額も増加してしまいます。

結果、貸倒引当金が増加するほど取引先に不安を抱えると判断される可能性があります。

しかし、3社間取引なら自社に売掛金が減少することで、貸し倒れのリスクが軽減出来ます。

そして、貸倒引当金も減少するため、販路拡大のため取引先を増やす上で相手方が悪い印象を持つリスクも軽減出来ます。

選べる2種類のファクタリング!

 ファクタリングには2社間取引と3社間取引の2種類があります。一般的には3社間取引は手数料が少ないというメリットがあり、2社間取引だと取引先と内緒でできるというメリットがあります。取引債権の種類や業者によっては2社間取引ができないケースもありますので、その点はまず確かめておくとおよいでしょう。

ばれないので信頼度を維持できる!

2社間取引は取引先の会社に本当にばれないで売買することができるので、公開しない方法をとれば信頼度を落としてしまう心配もありません。

会社として、危機的状況でなくとも、資金が必要になる場面は多々あります。

しかし、ファクタリングすることを取引先や得意先である売掛先の会社にしられてしまうことにより、信頼度が落ち、先々の関係性に影響を及ぼしてしまうことを恐れる法人の方もいます。

しかし2社間の取引であれば、ファクタリング会社と自社のみで契約ができますので『早めに資金を手にできる上に、取引先にはバレずに』済むというからくりです。

手数料が3社間での債権取引にくらべると多少発生してしまう場合もありますが、信頼度には変えられませんので、上手に利用していく会社経営者が多くいらっしゃいます。

ファクタリングのTRY(トライ)は2社間対応

ファクタリングは融資ではないので、毎月の返済に追われるようなことはありません。

ファクタリングは企業が保有している売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらって現金化するものなので、負債や借金とは異なります。

ファクタリングのTRY(トライ)なら売掛金を2社間取引で買い取ってくれるので、誰にも知られることなく売掛金をスムーズに現金化できます。

手数料も業界最低水準の安さなので使いやすいです。

全国どこからでも24時間365日対応してくれる!

ファクタリングのTRY(トライ)は全国対応しているので、全国どこからでも利用することができます。

フリーダイヤルとWEBから申し込むことができ、WEBからなら24時間365日いつでも送信可能です。

来店する必要がなく、連帯保証人や担保も用意しなくてよいのでスムーズに手続きを進めることができます。

秘密厳守で取引されて、売掛先への通知がないので影響が出ることはありません。

スピーディーに安全に現金を手に入れて、会社の経営状態を健全化できます。

赤字や債務超過、税金滞納がある場合でも?

ファクタリングのTRY(トライ)は法人だけでなく個人事業経営者でも利用することができます。開業したばかりで資金調達が難しい場合でも対応してもらえます。

赤字や債務超過、税金滞納がある場合でも『2020年』であってもできるのです。

利用経験がない方でも、経験豊富な専門の担当者が手続きをサポートしてくれるので、戸惑うことなく安心して手続きを進められます。

最短1日で現金化できるので、急いで現金が必要な場合でも頼りになります。

契約の流れ

売掛債権買取のファクタリングのトライは、契約までの手続きもシンプルで行いやすく必要書類の準備をしっかりしておけば即日買取も可能となるので、初めてファクタリングを利用しようとお考えの企業様にもおすすめの相手先です。

最短即日買取という素早さで人気のファクタリングのトライですが、申し込みが24時間WEBからいつでも行えるというのも、これから手続きを始めようとお考えの企業様にとってのメリットとなるはずです。

熟練のスタッフが売掛債権買取のサポートをしてくれますので「必要書類は何?」ということがないよう的確に指示してくれるため、どうして良いかわからないなんてことにはなりません。

『丁寧な対応と素早い買取』という重要な2つの要素を兼ね揃えていますので、初めて売掛債権を売ろうと考え買取先を探している企業様も、素早い資金調達の方法を探している企業様にとってもおすすめの相手先となりますよ。

秘密で資金調達ができる

 2社間という形で取引をすることによって売掛先の会社に通知をされずに資金を調達することができます。そのため周りに資金繰りが悪化していることを晒すこともなく、秘密で資金を調達することができます。

事業資金エージェントは最大3億円まで対応

事業資金エージェントの評判が良い理由は、限度額が最大3億円と高額なため、大口資金が必要な場合でもしっかりサポートしてくれるからです。

約束している事項として『柔軟な独自審査』というものが挙げられます。

金融機関などの信用情報を用いるのではなく、事業資金エージェントが定めた独自の審査基準で審査を行っていきます。

審査結果に応じて売掛金1社に対する取扱金額が決定され、最大で3億円まで対応してもらうことができます。もちろん少額の資金調達も可能で、30万円の売掛債権の買取実績もあります。

ファクタリング業務を行っている企業は、事業資金エージェント以外にも多数ありますが、最低取扱金額が100万円からである場合や、最高金額が1億円未満の企業が多く存在します。

その点、事業資金エージェントは取扱金額の幅が大きく、最大で3億円の限度額がもらえるため企業の様々なニーズに対応することができます。

クイックマネジメントの買取までのスピード

売掛債権の買取までのスピードが早いクイックマネジメントは最短30分買取に対応しているので、急いで資金調達を可能にしたい経営者の方にピッタリです。

銀行で融資を申込んだ場合は早くても1週間、時には融資まで数週間から1ヶ月という長い期間を必要としてしまうこともあります。

また、通常売掛金の入金サイトは1ヶ月から2ヶ月であり、資金繰りにとって大きな負担です。中小企業の資金繰りにとって『スピードは命』ですよね。

ほんの数日間の遅れがチャンスを逃すことにもなり、経営状況を大きく悪化させてしまう危険性もあります。

ですが、最短30分買取を行ってくれるこの場所は、チャンスを逃さずピンチをスムーズに切り抜ける手助けをしてくれます。

この買取スピードは銀行とは違い信用情報を用いない独自の審査基準のおかげです。数日中にも現金が必要とお急ぎなら、慌てずにクイックマネジメントの利用を考えてください。

即日現金化・保証や連帯保証人不要のえんナビ

ファクタリングの際に気になるのは、ファクタリングできる金額・手数料・現金化のスピード・保証や連帯保証人の有無・償還請求権の有無・売掛先への通知・利便性です。

「えんナビ」は、30万円~3,000万円まで可能・業界最低水準の手数料5%(えんナビは、手数料について下限しか公表しておらず、上限は非公表です)

最短即日現金化・保証や連帯保証人不要・償還請求なし・売掛先に通知しない2社間取引あり・全国どこからでもWEBから申込可能、となっており、総合力が抜群に高いのでオススメです。

えんナビなら『最短即日現金化』も可能

ファクタリング会社のえんナビは、総合力が高いので初めてファクタリングを使う経営者にオススメです。

特に、現金化スピードと対応金額の上限の高さがオススメな理由です。

お金をすぐに必要とするからファクタリング利用をするのに、現金化に数日必要としたら大変な事になります。

ところが、えんナビならば最短即日現金化も可能なので、初心者にありがちなミスをする可能性が著しく軽減されるのでオススメとなっています。

可能金額が3,000万円と上限金額が高くなっている!

ファクタリングは経営者が現金を急遽用意する場合に利用する事が多いサービスです。

資金調達の際に手数料を気にするあまりに、利用可能金額の上限確認を疎かにしてしまう場合がしばしばあります。

いざファクタリングをしようとして選んだ金融会社の利用可能金額の上限が必要とする資金を下回っていたら致命的です。

えんナビは、利用可能金額が『30万円~3,000万円』と、上限金額が高くなっているので多額の資金調達に最適な会社となっています。

えんナビで2社間取引を!

えんナビでは、2社間取引において、取引先にファクタリングをした事実が発覚するようなことはありません。この点、秘密保持が甘いファクタリング会社の場合であれば、自社がファクタリング会社であることをやすやすと漏らしてしまうこともあり得るようです。

しかし、えんナビでは、この点につき充分に斟酌してくれるために安心感があるのです。

それと、えんナビの良い点は即日調達に対応しているというのがあります。なのですぐに事業資金が必要という経営者の方にはこのえんナビを使ってすぐに調達できるというのがあります。

なので最短で1日で融資を受ける事も可能なえんナビはすぐに現金が必要な経営者にはありがたい存在です。

税務署

赤字決算・債務超過・税金滞納の
困難の時はえんナビで

自社が赤字決算をしてしまったり、債務超過をしている場合、銀行から融資を受けるのは非常に困難と考えられます。

しかし、えんナビの場合、売掛金さえあれば、税金を滞納していたとしても、債務超過となっている場合でも融資をしてくれるので、資金繰りに窮したときには非常に便利なサービスといえるのです。

それと、企業様が発行された請求書の払い込み日は、翌月もしくは翌々月の入金となることが多いですが、ファクタリングという新しいシステムをご利用頂ければ先ほど記載した通り、即日現金化し、企業様が発行された請求書の入金を待たずに現金化ができます。

最速の経営改革

即日の資金調達をすることで経営改革を目指すならえんナビでのファクタリングもおすすめです。

えんナビはバランスの取れたサービスが特徴となっており、取引は最短1日のスピードの速さを持ちます。

限度額は最大5000万円までと個人事業主や法人企業にとっては十分な金額に対応しています。秘密を守った取引にも定評があります。

また初心者に向けたメリットを多く解説しているなど、公式サイトはとてもみやすく分かりやすくなっているので、初めての利用となる方にとっては使いやすい設計がなされていると言えるでしょう。

えんナビを使う事でキャッシュフローの改善や信用情報の向上にも役立ちますし、銀行取引の再開に漕ぎ着けたという利用者のクチコミも寄せられているので、経営改革をして財務体質の強化を図りたい方にはおすすめです。

連帯保証人や担保なしで

すでにお分かりの通りえんナビは売掛金の買取を行っている業者です。

銀行やカードローンからの融資と違い、借金ではないので連帯保証人や担保を用意する必要もなく、信用情報にも影響することはないので安心・安全に使用できます。

法人と個人事業主が対象になっていて、最短1日というスピードで売掛金を現金化することが可能なので、急いで事業資金が必要な時に頼りになります。公式サイトから24時間365日いつでも申し込むことができます。

赤字決算時や税金を滞納している場合でも

えんナビは赤字決算の法人であっても申込が2020年もできるようになってます。税金を滞納している場合でも問題ありません。

融資では赤字決算や税金滞納があると審査に通過することは困難ですが、ファクタリングは融資とは異なり売掛金を重視した審査になるので、赤字決算や税金滞納がある法人でも審査に通過することができます。

申込から契約まで担当者がサポートしてくれるので、初めて利用する方でも安心です。

女性経営者でも利用可能

えんナビは女性経営者など、法人の資金不足の非常事態に役立つファクタリング会社です。

そのえんナビは何といっても現金化の早さに人気の理由があります。

事業を行うのにあたって、様々な資金が必要になることがありますが、えんなびは24時間365日対応しているので、急に資金調達が必要になったときには非常に助かります。夜間での対応もできるのもメリットです。

銀行の融資などを受ける場合、融資の申込みをしてから数日待たされることがよくありますし、待たされている間に資金繰りに窮してしまうこともよくあります。

しかし、えんナビなら売掛債権さえあれば女性経営者でも最短当日で現金を得ることができるので、資金繰りに窮してしまうリスクを最小限に抑えることができます。

手数料が安い!債務超過や赤字決済時でも

借り入れをするとその借入額や借入期間に応じて利息の支払いが必要になってきます。

ですがこのえんナビなら1回の借り入れで1回の手数料を払えば済むのでかなり借り入れの手数料を抑える事ができます。

なので法人の高額資金の借り入れも安心です。

当然、銀行などの金融機関に融資を申込んだ場合、厳しく審査が行われ、もしも債務超過や赤字決済などをしていた場合には途端に融資実行が難しくなってしまいます。

しかしえんナビであれば、債務超過であっても、赤字決済であっても、融資実行に対応してくれるので、中小企業や女性起業家などの法人の心強い味方と考えられます。

ビジネスローンとは審査方法が違う?

一般的なビジネスローンでは審査に時間がかかり、急ぎに間に合わないのが大きなネックとなります。

ところがえんナビでは、独自の審査方法を採用していることにより、資金を調達できるスピーディーさは銀行などで融資を受けるときと比べものになりません。

手元に売掛債権がある場合は、なんと申し込んだその日のうちに譲渡できる可能性さえあります。

法人の資金調達方法にはいろいろありますが、これほど早いものは他にないでしょう。

4ステップで資金調達が可能

4ステップで資金調達が可能なえんナビですが、女性経営者などの法人でもそれは変わりません。

まずはお客さまから取引先に請求書を発行します(売掛債権の発行)。その後、ファクタリング会社からお客さまに請求金額の先払いが行われます。最短では、わずか一日という驚きの早さです。

そして取引先からお客さまに売掛金が入金され、お客さまはファクタリング会社に入金後のお支払い。このように、たったの4ステップで資金調達が可能です。

こんな手軽さと早さは、他の方法に比べると信じられないものですね。

キャッシュフローの改善ができる

会社破綻を招く要因の一つに「黒字倒産」というものがあります。

黒字と倒産って相反するように思いますが、これは売り上げが安定している一方、現金が足りなくなってしまうという状況です。

現金が不足すると言うまでもなくあらゆる支払いが滞納し、会社は倒産に追い込まれてしまうのです。

そこでえんナビを利用すればそのような事態を免れ、キャッシュフローの改善が実現します。その結果、財務の体質も改善され、一石二鳥です。

株式会社オッティのサービスの特徴

株式会社オッティが提供しているサービスは「ファクタリング」です。

ファクタリングとは、ファクタリング会社(オッティ)が利用経営者から回収期日を迎えていない売掛金を安く買い取って、売掛金の回収期日を迎えてから売掛金を回収して自社の利益とするサービスです。

利用経営者は売掛金を割引売却する事によって回収期日前に資金を確保できるメリットがあります。

このように融資ではなく、使用した資金は売掛先から回収するので(回収不可能な場合も株式会社オッティは売掛金売却企業に償還請求しません)、社歴が短く信用力が低くても審査に響きません。

売掛金を売却して調達したお金の使途に制限なし

経営者が融資を利用する場合、真っ先に思い付くのが公的融資業務機関である日本政策金融公庫です。

しかし、ここで融資を受けるにはしっかりとした事業計画書を提出しなければなりません。つまり、使途に制限があるのです。

民間のビジネスローンサービスでも、法人経営者の場合は生活費などに利用できないなど、使途に関する制約がある場合が沢山あります。

しかし、ファクタリングは融資ではなく売掛金売却による資金調達方法です。

この為、株式会社オッティに売掛金を売却して調達したお金の使途に制限はありません。

株式会社オッティは審査費用無料で審査

ファクタリングを利用する際に気になるのは審査費用や売掛債権譲渡に関する登録料です。株式会社オッティは、審査費用無料で審査をしてくれます。

そして登録料ですが8万円が実質的に必要になります。これは、ファクタリングを利用するならばどの会社でも必ず必要になる費用です。

「実質的に」としたのは、登録料の名目で請求される事はないからです。

株式会社オッティをはじめとしたファクタリングサービスでは、登録料は手数料内訳の基本料金に含まれている為です。

中小企業や個人事業主に

株式会社オッティとは、資金繰りの悩みを売掛金の買い取りによって解決してくれる中小企業や個人事業主の強い味方です。

全国どこからでも利用が可能で、申し込みは公式サイトからの無料相談フォーム(24時間受付)に入力して送信するだけでOKです。

銀行で融資を受けるのとは違う審査基準を採用していますので、「銀行へ融資を申込んだけど断られてしまった・・・」という企業様でも利用できるケースも多くあります。

買い取り方法として、売掛金の相手先企業への承認が必要な『3社間取引』だけでなく、株式会社オッティと申し込み企業の間だけで取引が完了する『2社間取引』にも対応していますので、取引先に知られずに買い取りをしてもらうことが出来ます。

最高で5千万円までの売掛金に対応しており、最短3時間審査・即日買取が可能となっているため、緊急で現金をなんとか工面したいという経営者の方に最適なファクタリング先となるはずです。

お急ぎの方のために資金調達プロを徹底分析

資金調達プロは、全国24時間対応をしています。更に、審査を経てから最短で即日調達することも可能です。

通常、資金繰りのために銀行から融資を受けようとした場合、銀行の査定が下りるまで数日かかることが多いです。

しかしそれを待っていられない時もありますので、これは大きなメリットの一つです。

 
簡単な無料診断が可能!

資金調達プロでは簡単な無料診断ができます。ですので今現在いくら調達できるかが素早くわかるので、資金繰りにお困りの経営者の方にかなりおすすめができます。(※無料診断は24時間可能となっています。

 
最短即日入金もできます!

非常事態でどうしても早急にお金が必要な会社経営者にとって最短で即日入金ができるとかなり嬉しい話ですよね。そんな大問題に資金調達プロは素早く対応してくれます。もちろんインターネットにも対応しています。

 
国も認めてます!

売掛金を活用したファクタリングは会社経営者、中小企業における資金調達の課題として、国もしっかりと認めていますので安心して即日入金などの手続きができますので、即日を希望される方は気楽に申込みをしてください。

迅速な2社間で取引が可能

すぐにでも、資金を調達したいときに、2社間で取引が行える資金調達プロは役立ちます。

ファクタリングという方法は、売掛金を買い取ることで、入ってきていない売上を迅速に現金化してくれます。

通常の融資と違い、業績などがなくても利用可能で、売掛金さえあれば、最短即日で現金の補充ができるのです。

3社間より2社間の方が絶対良い!

 ファクタリングで2社間と3社間での取引のどちらが良いのかが分からない経営者の方もいらっしゃると思いますが、2社間の取引の場合では売掛債権のお取引先に承諾をもらう必要が一切なく、ファクタリング会社に売掛債権を買い取りしてもらい、取り引き先から入金があったら場合にファクタリング会社に支払う契約となっているので、3社間の取引より、かなりスピーディに現金の補充を行う事ができるので、かなりの大きなメリットとなります。

スピーディな無料診断!

資金調達プロは、簡単な無料診断で100万から3億まで、いくらの調達ができるかがわかります。

サイト上でたった10項目を入力するだけで審査ができるのは経営者の方にとって大きなメリットです。

すぐに最適な現金の補充方法を提示してもらえるので、迅速な調達が令和でもできます。

取引先相手に知られる危険もありません!

売掛金を利用したファクタリングは、国にも認められた手段です。資金調達プロは提携している会社の数も一番多く、安心して利用いただけます。

また、売掛先への通知もないので、取引先相手に知られる心配もありません。

融資ではないので、融資履歴や信用情報にも影響はなく、金融機関への融資にも響きません。

経営資産を担保にしない!

銀行や貸金業者から高額な融資を受ける場合、不動産や設備などを担保にする必要があります。

この場合、資産価値に応じて融資を行けらるものの、資産価値が予想を下回る査定になってしまいます。

しかし、資金調達プロならファクタリングによる現金の補充となるため、売掛金が大幅に下がるということがありません。そのため、適切な2社間による現金の追加が通常であればできるのです。

調達する事が出来る金額がすぐ分かる!

事業で資金が必要になった時にファクタリングなどで調達をしなければいけなくなりますが、どのぐらい現金を補充する事が出来るのか分からない事が多いでしょう。

そんな時に資金調達プロを利用すると希望金額や翌月の売掛金などを入力するだけですぐ診断してくれます。それで現金の補充する事が出来る金額がすぐ分かります。

売掛金先に情報がいかない!

ファクタリングで人気が高い資金調達プロは、嬉しいことに売ってもらった売掛金先に通知することはしません。

もしも売掛金を誰かに売ったことが取引先に知れると、「あそこはもう資金繰りが危ないのでは」と思われてしまい、取引先からの信用が傷つきます。

そして企業に仕事が来なくなることも、十分あり得ます。2社間で取引が行える資金調達プロは、その心配がないために、経営者の方の大きな味方であると言えるでしょう。

利息が長期間発生しない!

資金調達プロは、ファクタリングによる調達方法となり、利用手数料が発生するものの、金融機関の借り入れの様に利息が発生しません。

つまり、高額な融資を受けた場合、返済期間中は利息が発生し続け、経営の圧迫や債務超過というリスクが伴います。

しかし、ファクタリング会社なら手数料のみで済み、将来的に利息によるリスクを回避することができるのです。

資金繰り改善率93%以上!

ファクタリングによるつなぎ資金での資金繰りの改善ができます。また、キャッシュフローの改善で企業価値も上がります。

財務コンサルティング後、その他の現金の補充も可能となり、銀行融資の再開も出来るようになり、多方面での資金調達・経営サポートが可能となります。

利用企業社数も1万社を突破しており、資金繰り改善率も93%以上です。

信用情報に影響なし!

銀行や貸金業者から融資してもらう場合、法人の場合は会社の信用状況、自営業であれば会社経営者自身の信用状況が審査に影響してしまいます。

特に、自営者の場合は短期間に申し込みをすると、信用情報に照会履歴が残り審査に不利になります。

法人の場合でも同様に信用情報機関に申し込み履歴が残ってしまいますが、ファクタリングで人気の2社間での取り引きが可能な資金調達プロなら信用情報機関を利用しないため、問題にはなりません。

資金調達プロを利用するメリットは?

資金調達プロを利用し、資金調達をする方法はファクタリング(売掛金売買)となるため、金融機関からの負債とは異なります。

売掛金自体は実態があるモノと同じ考えになるため、商品の売買と同様になります。その結果、既に負債が多く、金融機関の審査に心配がある場合でも売掛金の価値と同等の金額を得ることが可能です。

また、より高額な融資を銀行から受け、設備投資などに充当したい場合は負債が審査結果に影響することを回避出来ます。

決算書に履歴が残らない

ファクタリング(売掛金売買)は負債とならないことは、金融機関の審査だけに影響を与えるものではありません。負債額は、決算報告書に記載されるため企業の業績を判断する指標にもなります。

ですからファクタリングにより資金調達をすることで、負債が増加しないため自社の株価や対外的評価への影響を軽減することが可能です。負債だけで業績を判断されるといったリスク回避には、メリットとなります。

自社に合った業者を見つけられる

資金調達プロは、提携事業者数が国内で1000社以上と多く、利用する側に最適なファクタリング会社やコンサルタント会社を選択することが可能です。

審査を受けようと検討したものの、対象としない事業内容であったため、相談を断られる心配が無くなります。

多数の会社が登録しているため、得意とするファクタリングサービスを受けることが可能です。

この分野のトップランカー!

 資金調達プロはビジネスローンやファクタリングなどの法人向けサービスのトップランカーと言ってもいいメジャーなサービスを展開しています。特に提携数の多さや契約までのスピードの早さなどファクタリングの世界においては間違いなく日本有数の大手と言えるでしょう。最大3億円までの取引ができるのも魅力です。

登録事業者数や無料診断について

資金調達プロは無料診断により最適なファクタリング会社を見つけることが出来るサイトです。

このサイトを利用すれば会社の選択に必要となる情報収集の手間を大きく減らすことが出来ます。

資金調達プロの無料診断は売掛金の額や資金調達の希望額などを選び、社名や電話番号などを入力するだけで利用可能となっています。

それだけですぐに審査結果を見ることが出来るのですから、ご自身の手で会社を探し、情報を得るのとはかかる手間が格段に違ってきます。

最大で3億円もの現金が即日で調達出来るのも大きなメリットです。ファクタリング会社を紹介してくれるサイトは他にもありますが、登録事業者数においてもこの業者はナンバーワンを誇ります。

登録数が少なくては、本当に良い会社を薦められているかが怪しくなってしまうので、登録事業者数は経営者様にとって重要な要素です。

ファクタリング会社を紹介するサイトとして最大手だからこそ、資金調達プロは最良のサービスが行える。これは間違いの無い事実です。

会社選定が一番大事!

 安全に行うなら何と言っても会社選定が最も重要事項になります。なぜなら会社によって手数料にかなりの開きがあるからです。取り扱い実績の多い資金調達プロなら手数料も良心的ですし手続き対応も早いので安心して利用することができるのでおすすめしています。

ファクタリング東京で資金調達

特殊な売掛金債権にも対応!

商品やサービスに対する売掛金債権に対応している会社は多いものの、特殊な売掛金債権すなわち工事請負代金債権や運送料債権の買取に対応する会社は限定されます。

ですが、ファクタリング東京は、工事請負代金債権および運送料債権の買取、現金化にも対応しており、幅広い業種の会社が資金調達することが令和でもできるようになってます。

また、売掛金債権も最低10万円からとなっており、取引先が多い運送業者でも必要な運転資金をスピーディーに確保することができ、大口案件の事業を財源難で諦める必要が無くなります。

また、工事請負代金債権の買取も行っていることから、建設会社が複数の工事請負を同時に受注しても、材料調達費が支払えず工事が中断するといったリスクが回避できます。

少額売掛金債権に強みがある!

銀行系のファクタリングの場合、審査が厳しいだけでなく、買取対応する売掛金債権の最低金額は高めに設定されています。

また、中堅クラスのファクタリング会社では、最低100万円からというケースが多く、少額かつ売掛先が多い経営者にとってはハードルが高くなっています。

特に、小売業や商社、サービスを提供するベンチャー企業にとっては売掛先の総額は多いものの、個別の売掛金が少なく、資金調達に悩まされてしまいます。

ですが、ファクタリング東京は最低10万円から、そして複数社の売掛金を同時に売却できるため、多くの会社がより多くの資金を調達することができます。

特に個人事業主でも大手企業との取引が多ければ、低い手数料で利用することが期待できます。

スピード買取が可能

経営者が事業を展開していく時には資金調達が必要になりますが、銀行を利用する場合は審査に時間がかかってしまうので遅くなってしまいます。

しかしファクタリング東京を利用すればスピード買取が可能なので最短即日で調達する事が出来ます。遅くても数日で出来るのでメリットになります。

それと、これもお分かりだと思われますが、赤字になっていて銀行で融資を受ける時は審査が否決されてしまう可能性があります。赤字になっている事で返済する事が出来ないと判断されてしまうのが主な要因です。

しかしファクタリング東京は独自審査をしてくれるので赤字になっていても使用できます。資金調達をする時は赤字になっている事も多いのでメリットになります。

やはり経営者が財源の調達をする時に銀行で融資を受ける場合は返済能力を重視するので高額なお金を受けるのはなかなか難しいです。

しかし、最大1億円の高額融資にもしっかり対応してくれます。新しい事業を始める時は高額な元手となるお金が必要になる事もあるのでメリットになります。

知られずに売掛債権をスピード売却!

 取引先に知られずに現金調達する方法は2社間取引を活用することです。会社と取引先を交えた3社間での売却となると、取引先に迷惑をかけるのではないかと心配される会社経営者の方もおられますが、取引先を介さない2社間取引なら安心して利用できます。最大で三億円までの取引もいけます!

最短で当日の支払いが可能

一般的な融資では申し込みから実際に資金を調達するまでに一定の日数が必要となります。

ファクタリング東京では諸事情により早急に必要とする利用者の為に、審査後から最短で当日の支払いを行なっています。一刻の猶予もない状況に陥っている場合、非常に頼もしいシステムであると言えるでしょう。

余分な費用が発生しない?

売掛金を売却した場合、手数料が発生するものの、金融機関からの借り入れの様に毎月または毎年利息が発生しません。

そのため、利益が多少減ってしまうものの、会社自体の負債の増加や支払利息といった費用の継続的な発生を避けることが出来ます。

独自の審査方式と徹底した秘密厳守

ファクタリング東京では自社で独自の審査基準を設けています。

この審査では金融機関における信用情報は参照されないので、過去に融資を断られてしまった利用者でも現金の調達が可能となる場合があります。自社が赤字決済であっても利用は可能なので、一度相談してみると良いでしょう。

最大どれくらいまで調達可能?

ファクタリング東京では少額から最大1億円までの高額資金を提供しています。

そして、審査を通過すれば1億円であっても最短で当日調達する事が可能です。

さらに自社との2社間取引を行えば取引先に知られる事なく資金を調達することも可能です。

ファクタリング東京の特徴

 ファクタリング東京は比較的新しい業者ではありますが、既に人気が高まっておりサービスの質が高いことがうかがえます。当日審査でスピーディな対応でも知られており、比較的少額の債権の買取も行ってくれてますので、入門編としてとても使いやすいでしょう。東京以外の場所からの利用ももちろんできます!

得られるメリットは?

最高1億円の資金調達が可能!

ファクタリング東京は、取引先1社あたり最高で1億円まで対応しています。そのため、取引先が多いほど、金融機関よりも高額な融資を受けることが可能となり、資金繰り改善が可能です。

また、評価されるのは既に発生している売掛金となるため、銀行や貸金業者の様に希望額に対し、大幅に融資額が減ってしまうというリスクも少なくなっています。

赤字決算でも利用可能!

銀行や貸金業者から融資を受ける場合、赤字決算の状態では信用度が低く、融資リスクを伴うため融資を受けることが難しくなります。

しかし、ファクタリング東京は赤字決算でも柔軟な審査対応を行っており、売掛金があり回収可能であれば資金調達が可能になります。金融機関からの融資とは異なり、赤字決算でも売掛金さえあれば、会社の運転資金をより高い確率で得ることが出来ます。

無料相談が可能!

会社の資金調達について相談をする場合、コンサルティングを利用することがあるものの、コンサルティング費用が発生すること、相談でも時間当たりの相談料が発生してしまいます。

しかし、ファクタリング東京はコンサルティング業務を行っているものの、資金調達に関する相談が無料で行うことが出来ます。

無料相談は、公式ホームページから24時間申し込みが出来るため、資金調達に困った際でも相談費用を気にする必要が無くなります。

また、プロから適切なアドバイスを得た上で、利用出来る魅力があります。

取引先に知られない!

 ファクタリング東京を利用する際に、売掛金を売買しても、その事実を取引先に知られることはありません。当然ながら、秘密をしっかり厳守しています。そのため、取引先との今後の取引に支障が出ることはありません。ファクタリング東京なら安心して利用することが出来ます。

融資と異なる審査基準

ファクタリング東京の審査は融資とは異なるため、銀行や公的助成の申請を諦めていた法人や個人事業者にとってもチャンスがあるかもしれません。

そもそもファクタリングは『資金の貸付』ではなく『債権の買い取り』ですので、審査においては債権の信頼度が一番重要視されるといわれています。

ですから公式HPでも赤字決算や税金滞納、リスケ中であっても契約の可能性があることを述べています。

こうした独自のメリットがあるため経産省も、中小企業にとっての有効な資金調達方法であるというレポートを作成しているのです。

具体的な審査に関して少し考えてみますと、まずネットの24時間対応フォームから申し込み相談を行いましょう。

ネットからですのでいつでもどこからでも申し込みができます。

その後、担当者からの連絡がありますので、担当者との打ち合わせや相談を行うことになります。

そして審査により買取成立という事になれば売掛金額から手数料を引いた金額が指定口座に振り込まれます。

ですから来店は一切不要ですし、譲渡売却まで最短であれば当日買取を実行してくれますのでとてもスピーディです。

また融資とは異なり買取をしてもらう訳ですので、資金用途は自由です。

税金の支払いや社員の給与やボーナス、新規投資やキャッシュとしてプールしておくこともできます。

全ては独自審査だからこそ可能になるシステムで多くの法人企業や個人事業者が実際に活用しておられます。

ローンでは得られないメリットが!

 ファクタリング東京など売掛債権の売買を行う会社を利用するメリットの一つが、銀行融資が難しいと思われる経営状況でも利用が可能なケースが多々あるという点です。法人ローンの場合は借入状況や経営状況が主な判断材料となりますが、ファクタリングでは売掛債権の信頼度と質が最も重要なファクターとなるからです。

業績が悪化している時でも利用できる?

ファクタリング東京を利用する場合、通常の融資に類する審査はしないために、たとえ税金の滞納があったり、企業の業績が思わしくなくても利用することが可能です。

ファクタリング東京以外の会社のなかには、通常の融資のような審査を実施するところもあるようですが、ファクタリング東京ではそのようなことはなく、取引先の状況に照らして審査するのです。

もし他社で自社の業績が思わしくないことによって、契約を断られた経緯があるならば、活用してみてはいかがでしょう。

審査対象となるのは?

ファクタリング東京を利用できる審査対象となるのはどんな企業なのでしょうか?

公式サイトを見ると、『売掛債権をお持ちの法人・個人事業主』となっています。

さらに創業一年未満やベンチャー企業でも利用できると書かれていますので、大半の事業者の方は、女性経営者の方でも利用のチャンスがあると考えることができます。

また先ほども述べたように赤字決算であっても申し込みが可能となっていますので、経営を一気に盛り返したいと願っている女性経営者の方にとっては大きな可能性のある資金調達方法と言えますね。

他社と比較してみると、個人事業主からの申込みを受け付けていない業者もいますので対象範囲が広いと言えるでしょう。

次に買取対象債権について考えてみましょう。この点も公式サイトで確認してみると『売掛金債権(事業者に対する売掛金債権)』となっていますので、幅広い債権が対象として含まれることが分かります。

例えば、建設業や運送業、介護報酬や医療報酬などもこうした債権に含まれると考えることができるでしょう。

債権に関してはケースバイケースですので必ずしも上記の債権であっても譲渡が難しいケースもあります。

もし御社のお持ちの債権が対象となるかどうか不安であれば、無料の相談メールを送ってみることもできます。

いずれにしても審査対象を調べてみて言えるのは、他社と比較しても多くの法人企業や事業主の方が利用可能ですので、緊急で資金を必要とされるなら絶対におすすめだという事です。

創業から間もなくても!

 ファクタリング東京では創業からまだ歴史が浅い企業や事業者であっても取引に応じてくれる可能性があります。実際開業から1年未満の個人事業主や女性経営者であっても利用しているという体験談が寄せられています。IT関連の事業者など近年開業される方も多くいますが、そうした新興経営者の方でも使えるのは大きなストロングポイントです。

最大いくらまで買取対応してくれる?

ファクタリング東京では、最短で当日にして資金が調達できることがメリットです。これは業者の間でも相当迅速といえます。

しかもその金額は最大で1億円もの買取ができるというのです。

そして、1億円のような大金のみならず小規模な債権であっても譲渡できます。

また、ファクタリングを用いている業者で顕著なのが建設業、それから人材派遣業とされていますが、どのような業種であっても売掛債権さえあれば譲渡可能なのです。

事実上の入金が先であればあるほど、早期に売掛債権を買い取ってもらう利用価値は高いのです。

内緒にしたい経営者はこの方法で

ファクタリングでは取引先に対する売掛債権の譲渡を行う3社間取引を基本とします。

しかし、債権を勝手に売却してしまって、大事な取引先を失わないかと心配される事業主様もおられると思います。

ファクタリング東京では、『必要に応じて2社間取引として融資を行い』取引先には融資のことは秘密にします。

内緒にしたい女性経営者の方も安心してご相談ください。

また、赤字決算や債務超過と財務状況が悪い場合でも、相談に乗ってもらえます。

また、他の会社や金融機関の審査に通らなかった場合でも独自の審査基準がありますので、支払期限内の売掛債権さえあれば譲渡可能です。そのため、事業の回復のために利用することができます。

株式会社JTCは緊急の法人に

株式会社JTCは緊急の法人に最短当日となっているので人気が高いですよね。

株式会社JTCでは一般的なファクタリング会社とは違い、契約時に利用者様の取引先に売掛金を売却したことを通知することなく「入金前払い」が可能です。

このシステムにより取引先との信頼関係を良い状態のままファクタリングを行う事ができるので、利用者様のさまざまなご事情のニーズにお応えすることのできるファクタリング会社によるサービスを利用する事が可能となるのです。

もちろん取引先に承諾を得る形での現金化を行う事も可能です。

申込に必要な情報は?

株式会社JTCでの申し込みを行うには、公式サイトから少々の情報を打ち込むだけでスムーズに手続きを行う事が可能です。

申し込み情報は「会社名」「連絡先」「希望する金額」だけとなっており、個人のプライベートに深入りするような情報を打ち込む必要はありません。

短期間で手続きが完了することになるので緊急で利用したい方の負担を減少させることができ、お仕事で忙しい場合にも片手間に行う事が可能な入力フォームとなっています。

事前に無料査定を行いましょう

株式会社JTCでは、申し込みを行う際に資金の調達額が分かる「無料査定」を行うか選択することができます。

一連の査定は申し込みフォームを利用する際に利用でき、どれくらい売掛金を売却すればどれだけ現金化をすることができるのだろうという結果をその場で出すことが可能です。

無料審査は煩わしい人を介した手続きが存在せず、審査用の入力フォームに情報を打ち込むだけで行えるので手間なく査定を行う事ができます。

利用するメリット

手数料が安くなる!

金融機関から融資を受ける時は手数料がかかるので負担に感じる事も多く出来るだけ安く抑えたいと考えます。

そこで株式会社JTCでファクタリングをすれば金融機関で融資を受けるより大幅に手数料を安く抑える事が出来ます。

株式会社JTCを利用する時の手数料は売掛金が支払われた時だけ発生します。

地方でも利用しやすい!

資金調達をする時に地方だとすごく不便になってしまう事が多いので困っている法人も少なくないでしょう。

しかし株式会社JTCを利用する時は全国各地に対応していてスタッフに出張してきてもらう事も可能です。

それにより地方の法人の方でも便利に利用する事が出来ます。

信用情報に問題あっても利用可能!

信用情報に問題がある時は金融機関からの融資を受ける事が出来ませんが、株式会社JTCなら売掛金があれば信用情報に問題があっても資金調達をする事が出来ます。

また担保や保証人も不要で資金調達する事が出来るので金融機関で融資を受けるより準備に手間がかからない事が多いです。

土日対応、全国出張、「わかりにくい」をフォロー!

平日だけでなく、土日もご相談・対応いたします。

また、問い合わせフォームで24時間ご相談を受け付けております。

JTC独自の審査基準で審査・提案を行いますので、必要書類さえ揃っていれば最短一日で契約・実行可能です。

スピード感のある対応をいたします。

土日を含めて全国出張が可能ですので、平日にお時間を取れない事業者様や遠方にいらっしゃる事業者様でも対応いたします。

昨今情報漏洩などの不安があるかとは思いますが、情報のセキュリティにつきましては国際規格(ISO27001)の取得に至っております。

安心してお気軽にご相談ください。また、歴史としてはまだまだ新しい会社ではございますが、多くの企業様のサポートをしてまいりました。多くの経験を積んだスペシャリストが対応いたします。

わからないこと、不明な点などがありましたらご相談ください。「わかりにくい」をフォローできるよう、説明・アドバイスいたします。他社との比較のための見積りだけでも構いません。

本日中の売掛債権の現金化なら!

 業界最速と噂されるファクタリング取引で実績のある業者を幾つかピックアップして当サイトではご紹介しています。最短なら本日中の取引成立も可能ですし、介護債権や建設関連の売掛債権など多種多様な取引ができる大手ですので、個人事業主の方を含め多くの方利用できるはずです。現金化によりすぐにでも経営に新たな力を注入できます!

女性起業家でも安心して利用できる?

地方の女性起業家でも安心できる理由は、株式会社JTCは全国の企業が利用できるからなのです。

株式会社JTCは沖縄から北海道までサービスに対応できるように体制を整えており、実際に利用する際には地方に出張して手続き、契約をしてくれることもしてくれます。

それで、わざわざこちらから出向かなくても良いのです。地方の女性起業家でも費用を抑えることができます。

担保、保証人が不要

株式会社JTCでは担保、保証人が不要です。ファクタリングというのはあまり聞きなれないかもしれませんが、実は最近、増えている資金の調達法です。

ファクタリングというのは売掛債権を売却譲渡して現金化したお金を企業に入金してもらうサービスのことです。

そのため、融資ではないので当然担保や保証人が不要です。

株式会社JTCは全国の中小企業の業者や女性経営者から利用されており、最短で1日で資金を入金してもらえます。

取引先企業に知らせなくても良い?

ファクタリングというのは売掛債権を譲渡して、資金を調達する方法です。

通常であれば取引先の企業、売掛先に対して承諾を取るか、その旨を通知する必要があります。

しかし、株式会社JTCでは取引先企業に知らせなくても利用することができます。

それで、取引先に知られることなく利用することができるので、信用を保ちつつ資金を調達できるのです。



同ジャンル・関連ページ