【お金の学校】金銭面の知識を短時間で|マネースクールでお金を学ぶ

離婚費用として掛かる慰謝料・養育費などの口コミや体験談!

離婚費用っていくらくらいが相場なの?養育費や慰謝料ってどれくらい渡すものなの?

このような疑問も結婚生活の見直しを考えている方には出てきますよね。

早くこの人と離婚をしたいんだけど、どれくらいの期間で成立するのかな?なんて思っている方もいらっしゃるかもしれません。

離婚を考えている方であれば、養育費用や慰謝料や財産分与などでどれくらいのお金がもらえるのか、あるいは逆に費用の支払い義務があるのかなど、気になりますよね。

そうした皆さんの疑問や悩みに答えるべく、今回は『実際に離婚を経験された方の体験談』を集めました。

離婚費用や養育費用、慰謝料等のお金がどれくらい掛かったのか、などを聞きましたので細かく知りたい方は参考にして頂けたらと思います。

もちろん理由やそれに至る状況によって掛かる費用や金額は全く異なりますので、あまり期待しすぎないことも大事ですよね。

それに結婚を続けることができるならそれに越したことはないというのも忘れないでくださいね!

離婚には財産分与によって当座のお金がもらえるだけではないという事もぜひ覚えておいてください。

心に負った傷は大きい…

かなり長い付き合いの親友が離婚しました。ありがちですが当時の旦那が社内不倫をしていて親友が実家に帰っているときに家に呼びそれがばれて別れることになりました。

自宅に残った証拠品を集め当時の旦那が寝ているときにメールの転送などを行い弁護士に依頼。探偵を雇ったら簡単に証拠写真が撮れたそうです。初めは二人とも知らんぷりしていましたが実家に証拠写真を弁護士が送りどうすることもできなくなり裁判になる前に元旦那が観念したそうです。

慰謝料は元旦那が400万円、相手の女が200万円と聞きました。数年前に離婚が成立しましたが結局その二人も別れたようで悪いことをするとバチが当たるなと当時は思いました。

親友に子供がいなかったのが何よりの救いだと思いましたがもう結婚はしないと言っており今も独身です。ふっきれてはいるようですが旦那に不倫されたことの心に負った傷は彼女にとって大きかったようです。

悪条件でも最悪には至らずに済んだ

妻をなだめる夫親戚の娘が離婚しました。夫婦とも一流大学(国立)を出て、夫は超大企業勤務、妻は地方公務員という恵まれた立場でしたが、結婚後1年足らずですれ違いが生じて程なく別居し、妻は実家へ戻りました。

その間に一人娘が誕生しましたが、妻は夫に見せることを拒み続けました。

相手方が頑なに拒否したために協議が長引きましたが、結局は妻の主張が裁判所に認められました。

当然、親権は妻の物ですが、養育費用は結局支払われなかったようです。

原因は夫の投資の失敗(詳しく聞いた訳ではありません)による多額の負債にあったようです。

私と違って恵まれた環境で育って来て、順調に人生を歩んでいるように見えたのに。とても残念です。

救いはその一人娘がとてもいい子に育ってくれたことです。

老骨に鞭打って二度目の子育てに奮闘してくれたその両親に私も感謝しています。

奥さんの家出

私の幼馴染(男性)の話です。約1年の同棲期間を経て、晴れて夫婦になりました。

元々喧嘩は多い方でしたが、それなりに幸せにやっている様でした。

結婚から2ヶ月が経った頃、奥さんが夜飲みに行く事が増えてきました。

友達との付き合いも大事だし…と思い、初めは気にしてはいませんでしたが、毎月だったのが毎週へと増え、ついには全く家に帰って来なくなりました。

話し合いをしようにもメールの返信もなく、電話を鳴らしても出ず…どうしようもなく奥さん側のご両親に連絡を取り、ようやく顔を合わせて話し合う機会を持つ事が出来たのは家を出てから3ヶ月後でした。

奥さんからは一旦距離を置きたい、1人で考えたいとの一点張りでした。

しばらく友達の家で冷静に今後について考えたいというばかりです。私の幼馴染も仕方なくそれを了承し、少し距離を置くことにしました。

そこからさらに3ヶ月が経ちましたが、その間も連絡が取れず話し合いも出来ず、さすがの幼馴染も呆れて離婚を決意しました。

最終的にご両親を経由してその旨を伝え、一度も合わずして役所に届けを出す事になりました。

幼馴染から切り出す形になりましたが、決意してから約半年で正式に別れる事に。

結婚して間もなく別居状態だったので、子供もいなかった為養育費用の支払いもなく、また出て行った奥さん側もすぐに応じた為慰謝料も特にありませんでした。

結婚後に一緒に住んだ期間が短かった為、共有の財産もほとんどなく、財産分与等揉め事もなく済んだのは不幸中の幸いでした。

でも結婚してすぐにこんなことになるなんて、私からしたら不思議な感じです。

帰宅すると記入済みの離婚届があった…

離婚する夫婦31歳男性です。私は5年程前に離婚を経験しました。

子供はおらず、また協議離婚だったので養育費や慰謝料の問題は生じませんでした。

兆候が表れ出したのは結婚11カ月目のことでしたので、その時点から数えると要した期間は3か月ほどでしょうか。

妻がMLMに生活費を使い込んでいた事実を知り、話し合いの場を持とうとしたのですが妻が逆上。

それから3カ月間は夫婦間の会話も無く、最後の1カ月は完全に別居状態でした。

別居状態になった月の下旬、妻が一時帰宅して置いていったのでしょう、私が仕事から帰宅すると記入済みの離婚届がありました。

私の方も精神的に限界が来ていたので迷うことなく自分の分を記入し、確実に提出されたことを双方が確認できるよう最後は二人で市役所に提出し、これにて無事に離婚となりました。

別れるとなると大変苦労される方が多いと聞きます。

私達のように自然の流れで、しかも最後は二人で離婚届を提出しに行くという一見平和的な終わり方ができたのは不幸中の幸いだったのかもしれません。

ショックを受けるよりも今は一人で落ち着いていられることの方がありがたいです。

要した期間は5年以上!

友人が離婚しました。二人の娘に関しては養育権・親権共に奥さんが持ちました。

慰謝料などの詳細は聞いていませんが、常に金銭的に困窮していてそれが家庭崩壊につながったから、おそらく渡せていないのだと思います。

失業(会社倒産)さえしていなけば防げたはずの悲劇でした。要した期間は5年以上だったと思います。

生活費の支払(おそらく十分な額ではないでしょう)に時々は元の家庭へ訪れているようで、来訪を拒んでいるのではないことに救いを感じています。

もしできるならば一日も早い復縁を望んでいます。

結婚期間一年未満でのスピード離婚

参考にならないかもですが…。昔、私自身が離婚をしまして、結婚期間が一年未満のスピード離婚でしたので子供もおらず、いわゆる性格の不一致によるものでした。

そうした流れから、養育費は勿論の事、慰謝料も財産分与も無しです。

財産分与にしたって二人で築き上げた期間そのものが短い為に基本は無しです。

双方に有責行為が無かったので、掛かった期間も一ヶ月未満で、届けを出した後は速やかに残りの必要類等の処理をして終了…そして、早々に新たなる再出発をさせて頂きました。

大学卒業まで毎月10万円

高校卒業してすぐ結婚し約1年での離婚でした。

成立までの期間約3か月でした。子供の親権や養育費、慰謝料色々と話した結果子供の親権は母親になりました。

慰謝料は無し養育費は大学卒業まで毎月10万円との内容です。

もしも怪我や病気で入院、手術の場合元旦那が7割負担、子供との面会は生命の危機など余命宣告をされた時だけということで成立しました。

子供にとっては申し訳ないなと思いますが長い将来を考えた時にはベストの選択だったと考えています。

2年程掛かったみたいです

喧嘩する夫婦数年前、兄夫婦が離婚しました。

子供が二人居ましたが、父母それぞれ一人ずつ親権を持ち育てていく、兄は借金が多いので慰謝料や養育費は免除、という事で納得して貰えたようです。

かなり前から関係が悪化し話し合っていたようですが、実際に別れるまでは2年程掛かったみたいです。

300万請求され支払いました。

友人(男)に、不倫をして離婚をした人がいます。不倫をしたのは友人です。

奥さんが興信所を利用して不倫が発覚しました。

不倫が発覚して別れるまで丁度1ヶ月かかり、慰謝料として300万請求され支払いました。

子供は小学3年生の男の子が1人いるので、養育費として現在も月に10万円支払っています。

自業自得とはいえ不倫の代償は大きいですね。

1ヶ月もかからず正式に離婚

私だけではないと思いますが、もうこの人とはやっていけない!と思ってからは、同じ空間で同じ空気を吸うのさえ嫌になりました。

1日も早く別れたかった事もあり、慰謝料や養育のための費用は貰っていません。

お陰で相手も承諾が早く、切り出してから1ヶ月もかからず正式に法的な手続きが済みました。

お互いに気持ちが切れてしまったら早く決断するのも一つの方法ですよね。

月々8万円の養育費

知人夫婦の離婚ですが夫の方の浮気が原因でした。子供が2人いたのですが2人とも母親に引き取られました。

慰謝料などの費用や詳しい金額はわかりませんが、裁判を起こしたので夫と浮気相手から数百万の支払いと子供が20歳になるまで月々8万円の養育費用を支払うことで決着したようです。

3年目の終止符

友達が離婚したのですが、養育費用はもらっていない代わりに、まだ終わっていない家のローンを夫が払ってくれていて、その家に友達は住んでいます。

もともと浮気して出ていったのが夫だし、2年くらい外で暮らしていろいろともめていましたが、解決しないといけないのではと、家出3年目にして法的な結果を求める事にしたようです。

養育費・慰謝料はありませんでした

2年前の12月に兄が離婚しました。理由は詳しくは知りませんが、性格の不一致だと聞いています。

結婚生活は8年でしたが子供はおらず、そのことも原因ではないかと思います。

なので、養育費用・慰謝料はありませんでした。

『子はかすがい』と言いますが、子供がいないとダイレクトにぶつかるみたいですね。

疲れてしまったと旦那に言われた…

大学時代の友人が離婚しました。5歳年下の旦那さんを持つ友人でした。

原因は、結婚生活4年目の時に不妊治療をしていたそうですが、なかなか結果が出ないし、お金もかかってしまうので、もう疲れてしまったと旦那に言われたそうです。

ですので養育費用や慰謝料はないそうです。

事業に失敗して生活能力が皆無に

娘婿が事業に失敗して生活能力が無くなりました。娘の貯金を借金に回しましたがどうにもなりません、旦那の借金が娘に来たら大変なので協議の上で離婚しました。

成立するまで3カ月程度かかりました。

こんな状態なので子供2人の生活費用も慰謝料も全くありませんでした。

浮気が原因で

去年、友人が浮気をしてそれが原因で別れたのですが、その奥さんは発覚の1週間後に別れを決意しました。

子供がいたので慰謝料100万円と月々の養育費用として毎月55000円で解決したそうです。

週に一度子供と面会

友人が別れたときは、慰謝料は0で、子供の養育費用が、月に20000円でした。

親権をめぐっての裁判で、妻側の親権が決定するには約3ヶ月かかりました。

裁判後、友人は養育費用の支払いを条件に、週に一度子供と面会しています。

半年ほどかかっていました

友人が妻の浮気に気づき別れました。

子どもはいなかったので養育費用は発生せず、浮気の慰謝料として300万円を相手からもらっていました。

両家の親の反対や説得などもあり、離婚するまでには半年ほどかかっていました。

高額で300~500万円位

成立するまでの期間は人それぞれですが、子供がいるいないでかなりその期間が変わるように思います。

子供がいるならかかる期間が長くなる傾向にあるようです。

養育費用ですが、収入に左右されますが子供一人に付き~7万円位です。

内容で慰謝料が変わります。浮気や不倫の場合は高額で300~500万円位です。

性格の不一致とかはそこまで高くはないとのことですが、DVは賠償費用の意味合いも強く100万円程度になるようです。



同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。