自営業年収

自営業の職業や年収、
なるために必要なことを聞いてみた

脱サラして自営で仕事をすることに

大学を卒業してから求人広告や求人雑誌を作成する出版系の会社に入社しましたが、営業のノルマが新人でもきつかったということや、入稿前日や急ぎの仕事が入った時の、夜中の3時過ぎまで続くサービス残業に嫌気がさして、数年で脱サラして自営で仕事をすることにしました。

そこで始めたのはお好み焼きを中心とした鉄板焼きの店です。物件を探していると、居ぬきのいい物件があったので、開店資金は思っていたよりはかかりませんでした。

客が自分で焼いてくれるので、さほど料理の技術を要さないと考えたからお好み焼き屋に決めました。また粉もので利益が高いことも理由としてありました。

しかし現実は甘くなかったです。客単価が思っていた以上に低いし、回転率も悪いです。なので、今の所の年収は300万円前後といったところです。脱サラした時の目標年収とは程遠いですが、サラリーマン生活よりは自分に合っていると思います。

もしも自営業を始めたいと思っている方は、高収入を望み過ぎずに、自分に合った働き方を探してやることが良いと思います。

自営業のキーワードは「餅は餅屋」

私はwebサイト運営を始めて3年になります。きちんと会社として届け出も出しておりますので自営業という感じです。webサイトの運営って、やってみたいけど腰が重かったりしませんか?

プログラムや広告関係に明るい人なら手っ取り早いですが、大半の志望者はHTMLもままならないし、何から始めたらいいか分からないという感じでしょう。

でも始めてみると意外と簡単なことに気がつきます。なぜかというと、私の中のキーワードは「餅は餅屋」なんですが、世の中にはいろんなプロフェッショナルな方がいまして、自分はサイトの方向性だけを念入りに考えて、それを作り上げる作業に関しては、そういったプロの方に任せてしまえばいいんです。

ホームページのシステムの構築をする人、デザインをする人、コンテンツを制作する人など、自分の浅い知識で行き当たりばったりでやるよりかは格段に効率も利益率も良くなります。費用もかかりますが、それ以上の利益はあります。

私の例ですと、経費を差し引いた純利益で年収は500万程度なのでさほど夢はないかもしれませんが、会社に縛られるのが苦手でしたので、自分的には満足しています。

最後にもう一度言いますが、自営業を始めるにあたって必要な考えは「餅は餅屋」。任せられる事は任せてしまう。自分だけで全てをやろうとしない気構えが大事です。

一人親方からなるには結構大変な事も

個人で設備の仕事を始め、最初は一人親方で良かったのですが、何人かの人を使う様になってからは一人親方では駄目で事業主に変更して仕事をしていました。

最初は設備工事の会社で働いていましたが、独立と言う形で個人で事業を始めながら形を少しずつ変えて行きました。

年収に関しては一人600万円程で良い時と悪い時が在りますが、平均でこの位でした。

ただ、最近の大手ゼネコンは一般の事業主では作業が出来なくなり、自営業として正式に登録をしなければ工事が出来なくなりました。自営業として何々設備工業としての登録するには500万の資本金が入ります。

色々な手続きにも時間が掛かり、自宅を会社として写真を撮って提出するなど結構大変でした。役所の手続きで書類の提出の多さにびっくりしています。

大きな仕事をしようと思うと、それなりに会社の体裁を整える必要があるので労力も必要になるという事は覚えておくといいと思います。

SOHOとしての設計製図業務について

私はCAD製図の下請け業としての開業をしました。元々は建設会社のOLからのスタートでした。設計部で製図の補助や申請業務、建売住宅も展開している会社だったので定期的に出す広告用のパースCGの作成などが主な業務でした。

業務に慣れてくるとやはり補助ではなく、自分で設計に関わりたい思いが強くなり、その会社は1年半で退職して個人の設計事務所でのアルバイトをしながら建築士の免許取得に向けて勉強しました。

アルバイトをしながら夜は建築士免許試験対策の学校に通う日々を過ごしました。体の辛さは明確な目標があったので乗り越えられました。

2級建築士の免許を取得したことで、当時アルバイトしていた設計事務所から「独立しないか」とのお話があり、悩んだ末に設計事務所として開業に至りました。

主とする仕事は下請けの構造設計図のCAD製図で、A2サイズ一枚の図面作成料が約15,000円から18,000円だったので年収は約300万円くらいです。

自営業を始めるのは簡単ですが、生計を立てていくためには粘り強く仕事に打ち込む熱意が必要だと思います。

また相手あっての商売なのですから、クライアントの要望にしっかり応えていくという覚悟も必要です。あきらめなければ必ず道は拓けると信じて進むことではないでしょうか。

ネクタイを締めてする仕事がしたい

家業が稲作、野菜栽培の農家です。幼少から嫌々手伝いをしてきましたが、農業は汚れるし地味だし、ネクタイを締めてする仕事に就くと決めていました。

大学を卒業後、建設資材を扱う商社に就職しましたが、長男ということもあり家業を継ぐことにしたのです。

ニンニクを栽培していまして年収は平均800万円です。その年の気候や相場で利益に変動があるので、品質が良いものを出荷した年は1,000万円を超えます。

自営業になるきっかけは家業で長男だからだったかもしれません。でもまさか農業を営むとは考えてもみませんでした。自営業になるために必要なことは「やる気」と「運」と経験を無駄だと思わないこと。

「やる気」があれば壁にぶつかった時にどうしたらいいかまわりに聞くという行動をします。やる気を見せるとまわりは手伝ってくれます。家業が農業で勤めをやめて継いだのは運だと思います。

すべては嫌々やっていた手伝いや、商社に就職した経験が今につながっています。ネクタイから汗を拭くタオルを巻いてする仕事に生きがいを感じています。

結婚と同時に農家デビュー!

職種は農業です。始めたきっかけは恋人が農家だったので結婚と同時に農家デビューしました。旦那の家は専業の農家で米、大豆、麦まで作っていて年収に換算すると400万ほどになります。

自営業自体初めてでしたので、最初は確定申告などに苦戦しました。他の自営業はどうかわかりませんが農業は何年か繰り返すうちに、大体毎年同じことの繰り返しという感じで慣れてきました。

自営業と一概に言っても一人で行うのか夫婦二人なのか家族で経営するのか方法は様々です。私自身農家に嫁いで、旦那それから旦那の両親、地域の方々、色んな方に支えられてきました。

私自身が自営業を立ち上げたわけではないですが周りのサポートはありがたく大切だと思いました。

情熱と決断力が大切!

私は、とある能力開発システムを販売する会社に正社員といて勤務していた時に類似するアメリカに本部のある能力開発系のシステムを取り扱う会社の代理店をしている中国人女性に出会いました。

そして、その女性がその仕事で多くの収入を得て、成功している話を聞いたことがきっかけで自分もそれまでの会社を辞めて、独立して能力開発の販売の自営業を始めることに決めました。

当時、周りの人から反対されましたが、自分の直感で「これはいける」と感じたので、すぐに決断して行動しました。人の意見にふりまわされることなく、頭を切り替えて自分自身の決断を信じてやっていったので、その仕事である程度の成果を出すことができました。

年収は、経費を差し引けば400万円位でしたが、その仕事に情熱をもって取り組み、自信をもってできる仕事ができたので、自営にチャレンジする決断をしてとても良かったと思っています。

自営に必要なのは、仕事に対する強い情熱と優れた決断力だと思います。

飲食店を開業しました!

私は、飲食業のお店の経営者です。夫婦2人の小さなお店です。自営業を始めたきっかけは、元々会社員(SE)で、後にフリーランスの仕事をしていました。

当時付き合っていた現在の妻の仕事が、飲食に関する仕事(現場ではなく、企画部門でメニューの開発や店内のレイアウトなどの企画)をしていたので、元々自営業に憧れていた私は思い切って、結婚を機に飲食店を開業することにしました。

年収は毎年上下しますが、おおよそ300万くらいです。収入は決して高くはないですが、毎日お客さんの笑顔を見ながら自分の好きなことができるので、毎日充実しています。

さて、自営業になるために必要なことですが、これは「忍耐力」だと言い切れます。開業から今まで15年たちましたが、特に最初の頃は「忍耐力」が必要でした。

開業前は資金集めや物件の選定で悩みながら、それから開業後も最初の頃は資金繰りでいつも頭を悩ましながら、あとはお客さんの意見などを聞きながら、日々を過ごします。

最初は今まで普通にできていたことができなくなったり、生活リズムが違ってストレスも溜まります。そこを耐え抜く忍耐力さえあれば、自営業を続けていることそのものが喜びと変わりました。

自分のペースで仕事ができます

脱サラして事務所を開設しました。当時は結婚もしていなかったので、一人で暮らせる分の収入があればいいと思いました。会社員時代に社労士とFPの資格を取ったので、それはとても良かったです。

大きな会社ですと資格取得のための助成金や報奨金がもらえる場合もあります。開業すれば、自分のペースで仕事ができます。自分のライフプランに合わせて月にいくらくらい稼げば暮らしていけるか、誰でも計算できると思います。

必要以上に仕事に追われなくてすみますし、苦手な分野の仕事が来た時は、他に開業している仲間に振ったり教えてもらっています。意外と資格試験の専門学校で知り合った仲間とも連絡を取り合って、近況報告をしたりしています。

フリーランスとして仕事をしています

私は、平成28年12月に外での仕事を退職し自宅でできる在宅ワークの仕事を始めました。病気を患ってしまったので在宅ワークをしています。年収としては100万円に満たない金額です。

この仕事にしてからは、誰に気を使うこともなく自宅で作業ができ、体調に合わせて自分のペースで作業ができるので良かったと思っています。

自営業として活動していくためには、自分ですべてを管理する意識を持つことが必要だと思います。経費として計上する為に領収書等を必ず受け取ります。

仕事を受注する為の意識付けとして、直接顔を会わせない方にでも印象をよくする為、常にコミュニケーションを取るように報連相を大事にすることだと思います。

専業主婦でも個人事業主に!

私は主にランサーズでお仕事をお引き受けしている在宅ワーカーです。始めは何かの足しになればという気持ちで始めましたが、プロジェクト方式のお仕事に提案を一生懸命考えて書き、初めてお仕事を頂いてクライアント様に評価を頂いた時の充実感や達成感が嬉しくて、いつしか腰を据えて取り組むようになりました。

長期のお仕事を何本かご依頼頂いたところで、専業主婦でも「開業」という方法で職業にできることがわかったので、思い切って開業届を出して個人事業主になりました。

役所への届け出や銀行口座開設など、いくつか煩雑な手続きはありましたが、これでしっかりと職業として成立させることができたのは気分的にすごく良かったです。

年収は、今年開業のためまだ何とも言えませんが、扶養の範囲内に収める予定ですので、多くても130万円以下です。

経営者はお金持ち?事業者が稼ぐ年収は体験談から

経営者になったらやっぱり今よりお金持ちになれるの?事業者の稼ぐ年収っていくらくらいなの?なんて気になる方も多いんじゃないかと思います。私ももちろんその点がとっても気になります!

ですので、今回は色んな職種の経営者の方がだいたい年収としていくら稼いでいるのか?どんな職業が儲かるのか?バブルの頃から見たら経営者の年収はどれくらい落ちたのかなどの口コミや体験談を集めさせて頂きました。

将来的には自営業をしてみたい!今すぐにでも独立経営をして大儲けをしたい!という大きな夢や野望をもっておられる方は参考にしてみてくださいね♪

売り上げは2億ぐらいと聞きました

知り合いがショーなどで着るようなドレスの専門ショップを経営しています。売り上げは年間トータルで2億ぐらいと聞いた事があります。

しかし売り上げがそれだけあっても半分以上は仕入れや販売会などの経費として出て行ってしまうと言っていました。

商品自体が日常で使える普遍的なものではないので、古くなった物はネットなどで中古で売ったり、カラオケ大会や色んな催しに出ることもあるようなお金持ちのマダムに売ったりしているみたいです。

月に3000万くらいは稼いでます

知り合いの旅行関係の会社を経営している社長さんがいるのですが、たぶん月に3000万くらいは稼いでいると思います。しかし、現状はもっと増えています。

どうしてかというと、最初は1件だったお店が5年で3箇所に増えているからです。

社員の給料は分かりませんが、ボーナスで社員には年間100万くらいあげているという話もしていたので、経営は安定してうまくいっているんだろうなと思います。

年収4億のデイトレーダー

デイトレーダーをやっている友達がいます。その友達の年収は約4億です。一日中部屋に閉じこもり朝9時から15時までデイトレーダーとして頑張ってます。

また取引が終了すると彼は音楽家に変わります。作詞作曲をして歌を歌ってます。こちらは現在までの年収は0円だそうです。これが彼の仕事であり趣味や息抜きにもなっているようです。

オンとオフのバランスを取りながらうまくやっているなぁとおもいました。デイトレーダーは昼も夜も一瞬も気が抜けないそうなので気持ちの切り替えが必要なんでしょうね。

年収は1200万~1400万くらい

小さな田舎街の1人で経営者兼作業員として事業を営む今年60歳の男性の仕事状況です。年がら年中同じ仕事量では無く、古くから信頼を積み重ねて獲得した得意先の仕事で、多忙期にはひと月で1000万近くになっているようです。

その他の仕事も入れると、年間5000万くらいの受注額で年収は1200万~1400万くらいらしいです。受注額が多くても結局仕入れなどがあるので年収はその④分の一くらいみたいです。

割と身近にいる経営者の実態!

元経営者が一人、会社から社長にならないかと言われた方が一人と身内に2人居ます。両方とも会社からの持ちかけで社長業をし始めたようです。

実際どれくらい稼いでたかと言えばバブルの時は年商2000万円ほどですね。もう一人に関しては月商だけなら70万ほどと言っておりました。どちらの経営者も社員を何人か雇ってたようです。

電気工事業で♪

従業員二名ほどの小さな会社です。開業してからは5年と3ヶ月ほどたちます。仕事は年間で8割稼動していました。吹けば飛ぶような零細家内事業とでもいえるほどの規模ですが、稼働率の高さは結構自慢できるかなと思っています。

前年度の年収は700万円くらいでした。社員2名の零細企業としてはかなり優秀な部類に入るかなと思っています。

主な仕事内容は新築の電気工事と工場や街の外灯交換と電気土木も少々あるくらいです。でも地域に密着すればまだまだ伸びそうな感じです。

夫婦チームワークで設計事務所

知り合いの夫婦は、ご主人が定年退職後に独立して元気で経験豊富なご主人と世話好きで明るい奥さんの二人で設計事務所を経営しておられます。二人はいつも一緒に行動し積極的に走り回っています。

事務所からの年収は少なくとも数百万円です。奥さんが車の運転からご主人の健康管理(あまりお酒を飲まないようウォッチング)をしっかりして、アイデアやお客さんに話題提供などをして好感を持たれています。

新築設計からマンションなどの修繕・管理などの仕事も増えているようです。やはり設計の技術はもちろんですが、人柄や人格が愛されていることが個人事業では大事な事ですよね。

Cafe&BARを経営している友人

大学時代の友人がCafe&BARを経営しています。午前10時から夕方の18時まではCafeとして、コーヒーや軽食などを提供しています。

夜の20時から朝の1時まではBARとしてお酒やおつまみを提供しています。大学時代は経営学部だった友人は「ノウハウの基盤はあるから大丈夫。」と自信満々でしたが、実際に仕事を始めてみると計画通りに順調にとは行かなかったみたいです。

現在は月に50万円ほどの利益は出ているみたいですので軌道に乗るとスムーズだといってました。でも昼も夜も営業しているので睡眠時間の確保や体調維持が難しいといってました。

昼か夜のどちらかの営業にゆくゆくは絞りたいようですが、どちらか一つにするとなるとまた難しい面もあるそうです。

1000万円くらいは稼いでいると思います

友人が飲み屋を経営していて自分もたまに友達と一緒に飲みに行きますが、いつも満席で繁盛しています。

具体的に年収を聞いたことはありませんが月一で旅行に行ったりしているので、1000万円くらいは稼いでいると思います。

単に料理を作るというだけでなく、人相手の商売なので会話の技術が一番大切だと言っていました。

それもあって月に一度はリフレッシュで人の少ない場所に旅行に行くんだそうです。

身近な経営者について

私の身近には色んな業種の経営者が結構います。どのくらい稼いでいるのかまでは把握していませんが、おおよその見当はつきます。

私が学生時代に知り合った人を例に挙げると、年収は1000万円くらいです。ベンチャー企業を経営しているのですが、かなり稼いでいるようです。

その分大変なのことも多いそうですが、経済的には豊かです。

純利益は約400万そこそこらしい

2年前に甥っ子が居酒屋を始めました。店舗は親の家を改造してテーブルが3卓とカウンターが5人分のコジンマリした居酒屋です。

従業員は本人夫婦と両親が手伝っているので外部の人を雇う人件費は殆どかかりません。月平均50万円程度の売り上げらしく年収(純利益)は約400万そこそこだと話していました。

最近ランチを始めたので利益は順調に伸びているらしいです。でもこれ以上の利益を増やそうと思うと、場所を移設したり人を増やしたりする必要もあるので、経費と労力との兼ね合いを考える難しいとのことでした。

ネイリストの友人

ネイルサロンを開業している友人がいます。大学に通いながらダブルスクールで22歳までにネイリストになる為の資格は取ったそうです。

そして資金を貯めて25歳の時に開業して、毎月店舗家賃として8万円程、開業資金は50~60万円程だったそうです。それまで就労していた所では月収18万円程度だったのですが、翌年には月40万円が手取り収入になったと言っていました。

口コミや紹介で成功する業界だそうで、元々かなり友人の多い女性なのでそれがどんどん繋がってどんどん儲かっているそうです。

父が弁理士として働いています

父親が弁理士で、定年退職後に個人事業主として仕事をしています。仕事の量は変動がありますが、平均で月に30万円程度稼いでいます。

事務所で雇われていたときの約半分の収入ですが、個人事業主の場合サラリーマン時代の年金が貰えるので、手取りは同じくらいになっています。

月に40万くらいの利益がでている

友人が脱サラして趣味だったダーツを活かしてダーツバーを開店して経営しています。もともと顔が広い人間だったので、表通りのテナントをみつけて借り、ほぼ居抜きの状態で開店にこぎつけました。

駅前でビラを配ったり大変そうでしたが、いまでは順調にお客さんんもついており、大体月に40万くらいの利益がでているそうです。

夕方開店で朝方まで営業しているので、朝方人間の私にはとてもまねはできませんが、趣味を仕事にできるというのはちょっとうらやましいです。

経営者はやっぱりお金持ち!?

個人事業主で会社を経営といっても、様々な事業がありますので、一概に「儲かる」「儲からない」とは言えないでしょうが、看板屋で年収600万円ほど稼いでいる友人がいます。

新しい技術がどんどん入ってくる世界で、プリンターやプログラムなど、その都度新規のシステム投資も随分と必要なようです。でも新たなシステムを早くに導入するとやはり新たな顧客もつくようで先行投資が大事だといっていました。

儲かった分は次に回すので、結局それほど手元には残らず黒字でも家計は厳しいと言っていました。

結局、どこの会社でも同じのようですが、安定して長く収益を上げようと思うと、新たな投資や商品を生み出さないと難しいので、利益の割には楽にならないと言っていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする