【お金の学校】金銭面の知識を短時間で|マネースクールでお金を学ぶ

10年後の会社生存率は10%以下になる?

法人や個人事業主などを含め、新しく起業した会社が一定期間後も無事に生き残っているかを示すのが『会社生存率』です。

このデータでは1年後には40%と半数以下になり、10年後には10%以下しか生き残っていないと言われているのをご存知ですか?!

ですからすぐにでも生存率を上げる対策を取ることが特に新規事業者には大切になってくるんです!

長続きしない理由は何か?

1.競合業者が多い!

どんな業界にも『競合業者』は存在します。

価格やサービス内容で競い合い生き残った企業は大きくなっていきますが、競い合いに負けていくということは会社としての力を失ってしまうことになり廃業へと近づいていってしまいます。

2.新鮮味がなくなる!

法人でも個人事業主でも企業したての時には『他社にない強みやアイデア』を持っているはずです。

ですが、その強みも年数を重ねるごとに新鮮味を失っていきます。

何年も継続して他社に負けない強みをキープし新たなアイデアを産み出し続けるのは容易ではありません。

3.経営者の意欲の喪失!

会社経営というのは選択と決断の連続です。

経営者は毎日の仕事の中で大きなストレスを感じ続けていくことになり、いつしか経営者としての意欲を維持できなくなってしまう方も少なくはありません。

これも生存率を下げてしまう要因の1つです。

4.資金の円滑供給が難しい!

会社が立ち行かなくなる一番の理由が『資金不足』であることは間違いがありません。

資金の円滑供給は法人・個人事業主問わず多くの企業が抱える悩みであり、会社生存率を下げる一番の原因になっているのです。

長続きする会社の特徴は?

1.独自のメリットを持っている!

中小企業でも長く続いている会社には『他には無い特徴』があります。

小さな町工場が世界に誇る技術を持っていたりすることもありますが、そんな風に「この仕事はあの会社に頼めば大丈夫!」と言われる様な独自のメリットがあることが大切です。

2.魅せる工夫を怠らない!

他社には無い強みを持っていても、それを世間や業界に知らしめることができなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

つまり『魅せる工夫』を考え実行する行動力も、法人や個人事業主の方が会社を維持し発展させる為の重要なポイントになるのです。

3.成長する意欲を常に持つ!

会社経営はストレスとの戦いです。

そんな中でもモチベーションを高く持ち、会社全体で成長する意欲を持ち続けることで勢いが付きます。

これは法人・個人事業主のどちらにも言えることであり、会社生存率を高めることに繋がっていきます。

会社生存率を上げるカギは『チャレンジ』すること!

ネットサービスは積極的に取り入れよう!

時間や労力を大きく消費せずに『チャレンジ』できるのがネットサービスです。

ネット上で手続きやサービスが利用ができるのは、企業にとって大きなプラスになります。

逆にインターネット社会の現代でネットサービスを活用しないで会社生存率を高めるのはほぼ不可能です。



同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。